ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

4ヶ月のイタグレを飼っています。
(飼いはじめて2ヶ月半です)

餌のことなんですが、
犬種的に骨折が心配なので、
カルシウムを多めに与えています。

ショップで言われたのは、
ドライフード(SGJのパピー用)をふやかして
粉ミルク(小さじ1杯)とささみフレーバーを混ぜるというもの。

それに、個人判断でカルシウムを小さじ1杯
与えていました。

今は、ドライフードをナチュラルハーベストに変えて、
半分ふやかし、半分ドライのままで、
粉ミルク・カルシウム・ささみふりかけを同量
与えています。

最近、カルシウム過多も良くないと聞いて、
やめたほうがいいのか判断に迷っています。

確かにペットフードは総合栄養食だとも思うし、
しかしイタグレはよく骨折するコが多いみたいだし・・・。

どうなんでしょう?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手持ちの本には、


犬の食餌にあるべきカルシウムとリンの割合は2:1で(および吸収のための微量のビタミンD)、
割合が偏ったサプリを摂ると骨に異常な石灰化が起こる、
という記述があります。

また別の本には、カルシウム剤を長期にわたって投与すると、亜鉛欠乏症を起こしやすくなることがある、とあります。
また同じ本には、一種特定のミネラルを大量に与えると、別の栄養素の力を弱めるので、危険なことがある、必要な場合は総合ビタミン剤が安全である、とあります。

要するに、ミネラルはバランスが大事なので、
サプリによって偏らせると危険が生じることがある、ということです。

十分以上に与えて骨がより丈夫に成長するということはないと思います。パピー用フードには十分な量が含まれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、そうですか。

ありがとうございます。

ちなみに、粉ミルクやささみフレイバーも
不要なんでしょうか?

お礼日時:2009/05/14 16:32

粉ミルクやささみフレーバーについては、わたしにははっきりしたことはわかりません。



ただ、子犬をあまりに栄養過多にするのは、骨の成長が追い付かなくなるため、よくない、としている記述も見たことがあります(小型犬にそれほど当てはまるかどうかはわかりません)。
粉ミルクは総合栄養食なので、バランスの偏りの心配はなさそうですが。
個人的には発育が悪い場合以外は、与えなくてもよいような気がします。
パピーフードはもともと栄養豊富ですものね。

ささみフレーバーについてはそれほど神経質になる必要はないと思いますが、
成長についてではなく一般的な話として、
タンパク質は運動量が多い場合には、必要量の20%増しくらいまでなら大丈夫だろうと言われているそうです。(乾燥肉は、少量で高タンパクなので注意が必要らしいです。)
運動量を多くし、タンパク質を多めにすると、筋肉の形成に役立ちます。(ただ言うまでもなく、子犬は過剰な運動は禁物です。)
また肉はリンが多いのでカルシウムとのバランスが悪くなるとこれもまたよくないそうです。

しかし、こうしたこともあまり厳密なことではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねてありがとうございます。

お礼日時:2009/05/15 10:10

参照できるような情報を持ち合わせていませんので先にご了承を。



カルシウム(イオン)は生体内の細胞レベルから必要な物ですから、
気を使って食餌することは大変良いことだと思います。

しかし、ビタミンもそうなのですが、
補助食品(サプリメント)やクスリで与えた場合は尿中ビタミンや尿中カルシウムが多量に排泄されます。
身体によい物といって与えても、過多の場合は排泄されるのが身体の仕組みです。
これはヒトにもイヌにも言えることです。

質問者さんもご心配なさっているカルシウム過多は腎臓、尿管系の結石のことも仰っていると思うのですが、カルシウムを食餌に入れることと、
カルシウムを体内に採りいれることは別物で、
適度な運動量とともに骨カルシウムの吸収量が増える(尿中カルシウム減少)、寝ている時間が長い・運動量が少ないと骨カルシウム吸収量は減少(尿中カルシウム増加)ということがわかってきています。

高齢犬介護の「寝ている時間が長い」「尿中カルシウムが増える」「結石等の膀胱排泄障害」のワンセットもこのような一因があると言うことで説明できると思います。

どうしてもカルシウム量にこだわる必要があれば、
年齢(月令)・体重・運動量とともに総合判断するしかないのですが、
個人レベルでは突き詰めることができないことが多いような気がします。

適正な食餌とカルシウムを与えると決めたら、
健康でいることをありがたく思う一方で、
結石などの病気がないかのチェックをお願いする事の方が現実的のような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明、ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/14 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトイプー7ヶ月 前足を骨折しました

こんにちは。土曜日にうちのトイプーがソファから飛び降りた際に着地失敗し前右足の真ん中あたりをきれいにポッキリ折ってしまいました。すぐにかかりつけの獣医に連れていきましたが検査し骨折と判明すると(診察時間内でしたが)週末だから月曜にまた連れてきて手術ということになりました。
土日痛みで鳴き続ける犬をどうすることもできず見守っていましたが、今日金属の棒を骨に沿って埋め込む手術をしていただき、一晩入院となっています。
医師は手術すれば元通りになるといっていますが心配でたまりません。ケースバイケースなのは分かっていますが、今まで飼い犬を骨折されたことがある方、今後のケアで気をつけた方がいいことなどありましたら教えて下さい。
あと、病院の対応として、骨折してから2日間、手術しなかったことの影響はないでしょうか?一応抗生剤と痛み止めの注射を打って添え木みたいのはあててくれたのですが・・。
なにかアドバイス等ありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

外に骨がとびでたりする複雑骨折じゃなければ、普通の骨折なら、すぐ手術はしないようですよ。
化膿止めの薬や注射をして、骨折による炎症や化膿がないか数日予後をみてから手術するのが普通らしいです。

骨が完全に元に戻るまでは、普通は3ヶ月ほどかかるようですが、骨折の箇所や靭帯をいためたり、その個体差によって半年や1年以上かかることもあるようです。
金属によって固定されれば、よほどのことがなければちゃんとまっすぐ戻るはずですが、もっと幼い成長期の子犬では骨も成長するので手術できません。
ギブスだけだと固定がうまくいかず、治りも悪いうえに骨が曲がってしまうことも多々あるようです。

今後は完治するまで補助する固定する添え木などを外さない様、また外れてもすぐに付け直すよう心がけてください。
自分で固定したテープなどを噛んでとってしまわないよう、よく監督してください。
せっかく治りかけた骨にひびでも入ったら、その方が治すのが時間もかかって大変らしいですよ。
お医者さんのOKがもらえるまで、なるべく走りまわったりしないようケージや一部屋だけとか狭い範囲にとどめ、あまり上り下りさせないよう安静にするように心がけてください。

外に骨がとびでたりする複雑骨折じゃなければ、普通の骨折なら、すぐ手術はしないようですよ。
化膿止めの薬や注射をして、骨折による炎症や化膿がないか数日予後をみてから手術するのが普通らしいです。

骨が完全に元に戻るまでは、普通は3ヶ月ほどかかるようですが、骨折の箇所や靭帯をいためたり、その個体差によって半年や1年以上かかることもあるようです。
金属によって固定されれば、よほどのことがなければちゃんとまっすぐ戻るはずですが、もっと幼い成長期の子犬では骨も成長するので手術できま...続きを読む


人気Q&Aランキング