今日、SEグループ(正式社名:新エネルギー合同会社)という所から
電話が掛かってきました。「丸の内の方でやっている」会社だそうです。

3年物の既発債で残存期間が約2年半の社債の購入を勧められました。

アメリカのエコロジー関連会社の社債で金利は、年利7.5%で
為替変動リスクもないそうです。元本は、保証されているそうです。

数日前にも同じ所から電話が来ました。その時は、「金融庁の許可を受けて
いますか?」と尋ねたら怒って「当たり前です。」と言って相手の方から
先に電話を切りました。

これって詐欺でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

詐欺ですね。


そもそも取引や過去に取引のない相手に、
金融商品の勧誘TELすることは違法になったはず(金融商品取引法)

まったくお付き合いもないところから
電話勧誘で金融商品の話してくるは、みんなイカサマですよ。
立派にみえるように、パンフレットとか、名刺や社章とかもつくるけど
先物ながれのいんちきです。
最近はHPつくると足が付くから、つくる会社も減りましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日、またSEグループの営業担当「もりぐち」という男性から電話が来ました。
年利7.2%で毎月、月中を目安に配当するのだそうです。
「環境開発の債券のご紹介させていただいておりまして」
「株式と異なり変動のリスクがない」のだそうです。
平成23年9月までやっていると言っていました。

最初の電話は、女性で次から男性が電話してくるようです。
もっともらしいけれど全部嘘なのでしょう。

残存期間が約2年半なら平成23年9月まで募集しているわけがないでしょう。

#ご回答有難うございました。

お礼日時:2009/06/08 13:16

つい今さっき、名駅(名古屋駅)にある「エネルギーグループ」と名乗る女性から電話があり、途中で男性と電話を代わり説明されました。


(その電話をしながらweb検索したところ、このサイトに当たりました)
社債が年利7.2%で毎月配当だそうです。会社は立ち上げて半年で合同会社とのこと。

みなさんのコメントを読みながら

「元本って保証ですか?」
と聞いたところ
「元本は確保します」
と言ってました。確保って・・・(^^;)

結局、良いも悪いもわからないので断りましたが。

この回答への補足

本日また電話が来ました。

最初に新人の中田という女が出て途中から営業担当「もりぐち」という
男にかわりました。

アスパイア・ジャパンという企業名で米国OTCBB市場に上場している企業の
債券だそうで平成21年9月までの利用になっているそうです。

満期は、2年1ヶ月で満期まで持てば元本が返ってくるそうです。
月利0.6%(年利7.2%)で一口50万円からで、50万円の場合、毎月、指定の口座へ
3千円が振り込まれるそうです。

変動リスクがないそうです。

SEグループの所在地は、東京都新宿区西新宿だそうです。

電話番号は、03-666*-505*だそうです。

補足日時:2009/08/07 15:10
    • good
    • 0

金融商品取引法違反の疑いがあります。


また、自分で金集めしている場合は、出資法違反の疑いがあります。

本当に社債だとしても、2年半で7.5%では発行会社自体が危なく、デフォルトの恐れがあります(会社が破たんし元本が戻らない)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このご時勢に年利7.5%を大幅に上回る本業…ないでしょう。

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/06/08 13:19

社債で元本保証で年利7.5% ?? 


詐欺でしょうね

それ以前に”新エネルギー合同会社”って会社を検索しても見つかりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなんですね。検索しても見つかりません。

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/06/08 13:21

元本保証の時点でウソついてるので...

    • good
    • 0
この回答へのお礼

元本保証の金融商品ってないですよね。

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/06/08 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合同会社のメリット

株式会社の場合、役員の給料は一年間変更はできない(予定より利益が出てきたので、年度途中で給料を増やしたいなど)と聞きました。
では合同会社でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

合同会社も株式会社と同じ法人であり、法人税法の規定によりそのように言われております。

ただし、役員給与の定期定額給与の原則のほか、事前確定給与という手続きを行うことで、株式会社でも合同会社でも、定期定額給与でない役員報酬にすることが可能です。明確な基準とともに税務署へ事前に手続きが必要となります。

可能な限り税理士に相談のうえで進めるべきです。
後から届け出が否認されてもいけませんからね。

Q元本保証での預金で金利の高いところ

1週間程前、新聞の広告のところで7月末までの申し込みで、金利がアップするどこかの信託銀行の預け入れを見たのですが、現在2年-3年くらいの預け入れで、元本保証で金利が良いところを教えてください。

Aベストアンサー

100万円以上なら1年もので0,8%の特別金利のジャパネット銀行が良い利率です。
http://www.japannetbank.co.jp/campaign/2007/campaign_fixed17.html

金利は上昇局面にある中、昨年は3年もので1,5%のものがあったことと比較すると、今は魅力的な金利がまだ出ていません。
ボーナス時期をにらんでもう少し、待った方が得策です。
また、1%行かない場合は、6ヶ月など短期で考えた方が良いです。

Q株式会社から合同会社へ

大手レコード会社ユニバーサルミュージックが、株式会社から合同会社へ組織変更していた。
株式会社から合同会社にする事で、経営上どんなメリットがあるのだろうか?

Aベストアンサー

 株主から口だしされなくなる・・・ よく言えば、経営判断に長期的な視野を持ち込んで、堅実な経営を営むことができるようになるみたいですね。

 悪く言うと、経営者の保身が楽にできるようになる。

 私が習った時はそんなものはなかったのですが、以前チラリと調べた時の印象を一・二言でまとめると、そうなります。

 具体的な話は、会社法という法律に書いてあるので正確に知りたければお読みください。そんなに難しい言葉はつかってありませんから。

 それではそっけないので2・3例を挙げると、例えば会計監査なんて必要なくなりますし、配当や議決権配分なども株式数に応じて(比例的に)行う必要はなくなる、決算公告の必要もなくなるとか、とにかく、定款で自由に(と書いたら書きすぎだが)会社のあり方を決めることができたと記憶しています。

 エンタ系の会社は栄枯盛衰が激しいようです。かかえた歌手が大賞などを取ったりすば大賞賛。逆にちょっとミスすると大きなブーイングになって世間に広まります。

 すると、株価が乱高下したりして経営がうまくいかなくなるということで決断したのではないでしょうか。
 

 株主から口だしされなくなる・・・ よく言えば、経営判断に長期的な視野を持ち込んで、堅実な経営を営むことができるようになるみたいですね。

 悪く言うと、経営者の保身が楽にできるようになる。

 私が習った時はそんなものはなかったのですが、以前チラリと調べた時の印象を一・二言でまとめると、そうなります。

 具体的な話は、会社法という法律に書いてあるので正確に知りたければお読みください。そんなに難しい言葉はつかってありませんから。

 それではそっけないので2・3例を挙げると、例え...続きを読む

Q2週間満期の定期預金の年利回りはいくら。

2週間満期の定期預金の年利回りはいくら。
今、新生銀行で2週間満期の定期預金が、年利0.35%でありますが、これは年利回りだとどれくらいになるのでしょうか。
ご存知のかた、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2週間ごとの利息/税金の端数がどのように計算されるのか分かりませんが、仮に元金100,000円の2週間×26回(364日に相当)後の元利合計の計算式は次のようになります。金利0.35%は税抜きでは0.28%になりますので

100,000×(1+0.28%×14/365)の26乗=100,280

他方、0.28%の1年単利の場合は=100,280

全く差は出ません。この預金は1年定期預金を途中解約しても定期預金並の利息が付く点が買いと考えた方がよいです。

Q日本版LLCとして「合同会社」についてお願いします。 ありがとうございます。

日本版LLCとして「合同会社」ができましたが、合同会社を持株会社(holding company)にできるのでしょうか?
例えば、コンサルタント会社と貿易会社を2社、合同会社として設立して、その2社の株を100%他の合同会社に持たせ、その会社が2社の持株会社となる。 

こういう会社形式は株式会社でなく、日本版LLCとしての「合同会社」でもできるのでしょうか?  

よろしくお願いします。 ありがとうございます。

Aベストアンサー

>株式会社でなく、日本版LLCとしての「合同会社」でもできるのでしょうか?

合同会社を持株会社として、合同会社を傘下にする事は可能です。
同様に、株式会社を傘下に持つ事も可能ですよ。
何ら、法的に違反する事はありません。
逆に、メリットの方が多いと思います。

Q年利0.6%、10年の円定期預金は買い?

銀行から、再三勧誘があります。
年利0.6%、10年の円定期預金で、詳細は銀行でお話しを…
ということです。

確かにお金の出入りはあっても、一定額までは変動が無いので、
その金額までなら、10年預けても支障は無いのですが…

10年… 今まで定期でも5年がMAX。10年は長い気が…
    何か社会的に、10年内で大きな変動が見込まれるか?

年利0.6%… 税引き前の数字だと思いますが、高いのか低いのか?

後、円定期、元本保証、途中解約は4年後以降「可」(利息無し)…
だったような気が…

勧誘のオバちゃんに約束してしまったので、話だけは聞きますが、
どうせ、都合の良いことしか言わないだろうし、
上記内容は、一般的に見て「買い」なのかどうか、
宜しければ、お教え下さい。
約束の日が迫っていますので、お願いします。

Aベストアンサー

どうでしょう?
探せばもうちょっとありそうな気がしますが。

たとえば、楽天銀行のパーカッション10。
http://www.rakuten-bank.co.jp/bonus/index.html

はじめの5年が0.65%、その後段階で引き上げられ、10年で1.1%になります。
5年の時点で継続するかしないかを銀行が一方的に決めるのですが、
少なくとも5年でも0.65%ならこちらの方がよさそうですよね。

今は見極めが難しい・・・。
とりあえず遊んでいるお金なら長期でもいいのかなと、私も悩みつつ定期にしていますが。

Q合同会社設立の名義貸しのデメリットは?

起業について詳しい方、ご教授お願いします。

親戚に合同会社を設立するので名義を貸してほしいと頼まれました。
4人揃わないと設立できないと言われたので、協力できるならと思い承諾しました。
しかし、自分でも浅はかながらネットや本などで調べたところ、
合同会社は1人でも設立できるとのことだったので疑問に思いました。
4人揃えるということから事業協同組合と間違えてこちらに伝えてしまったのかとも
思ったのですが……

契約手続きはこれからなので、その際改めて詳しく聞いてみるつもりですが、
少しは私の知識もなくては、話しにならないと思いますので教えてください。

(1)合同会社は複数人揃わないと設立できない場合があるのですか
(2)合同会社、事業協同組合ともに名義を貸した場合のデメリットはありますか
(私は実務をするつもりがないので報酬などのメリットは期待していません)
(3)合同会社、事業協同組合ともに負債を抱えた場合、私にも負担がありますか

その他、何か知っておいた方がよいことなどありましたら教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

合同会社の設立は、どんな場合でも1人で出来ます。

合同会社は、業務執行社員制度を活用することにより、名義貸しに近い状態にすることが出来ます。ただし、監督権等に伴う責任を免れることは出来ません。事業協同組合の名義貸しは制度がありません。

合同会社の場合、出資を超えた債務や負担はありません(有限責任)。ただし、担保や保証をしている場合、社員としての責任を負う場合には、相応の債務や負担が生じます。事業協同組合も同様です。

なお、代表社員であっても、それを理由として無限責任になることはありません。無限責任になるとする回答があるようですが誤りです。もちろん、代表社員は連帯保証等を求められうる立場にありますが、そうして負う保証責任等は代表社員だからではなく連帯保証人等になったため生じるものです。

Q銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか? 私は今

銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか?

私は今まで3年定期0.5%なら1年でつく金利は0.5÷3=0.16%
3年後の満期まで置いておけば1年0.16%の定期3年するのと同じ(税金などは考慮せず、大体という考えで)と思っていました。

でもある銀行の広告に年利1年もの0.45%、年利2年もの0.475%、年利3年もの0.5%
とありました

となると私の考え方は間違ってたかなと思っています。

3年定期0.5%は0.5%が3年間もらえるという意味ですか?

ズバリ正解を教えてください

Aベストアンサー

一般的に、金利は年利率で表しますので、特に断りがなければ3年定期で金利0.5%と言われれば年利0.5%と解釈します。
もっとも、銀行の説明書や広告にはしっかり年とか年利とか記載されていると思います。
ちなみに、3年物で利回り0.5%と言われれば3年後に0.5%増える、年利換算すると0.166%程度の商品となります。

100万円で3年利回り0.45%とすると、満期時の受取利息は税引き後3600円になりますので、7000円ということであれば年利約0.166%よりは多いと言えます。

Q株式会社と合同会社について

株式会社と合同会社の違いを教えてください。
できればメリットとデメリットに分けて頂けるとありがたいです。

あと、経理事務の違いなど教えてください。

Aベストアンサー

設立時の考え方、資本金規制、役員の任期などでしょうかね。

株式会社の場合は認知度が高いですが、合同会社は認知度が低いため、取引先などからの評価が悪いでしょうね。

設立時だけを考えれば、定款作成後に認証を受ける必要性があるかどうかですね。また、設立登記の際の登録免許税が異なります。

設立後については、株式会社の役員は最長10年の任期があります。任期ごとに登記が必要ですね。

各種税金の申告は、法人はすべて共通です。経理事務もまったく同じでしょう。

Q元本確保型

年金運用について考えてます。
元本確保型でミズホ、三井住友、労金の預金か
生保 ニッセイ、第一か
損保 東京海上、三井住友のどれが良いか迷ってます。

私は労金が良いと思ってますが、どうでしょうか?
何分知識も乏しいので、アドバイスいただければと思います。

Aベストアンサー

確定拠出年金で、元本保証型ではどこも大きな差は無いと思います。
心配であれば、格付けを調べると良いでしょう。

ただし、元本保証型は、最初は良いと思いますが、だんだん、物足りなくなる可能性があります。その時に他の消費が充実しているかどうかとアドバイスの対応がどうなっているかです。

ノーリスクというのは老後リスクになるということは良く考えておくと良いでしょう。

他に家計の見直しと、お金の勉強をしておくのが一番です。
確定拠出年金は最初から、あまり増やさない方が無難だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報