主人が自営業で青色申告しています。
妻の私は青色専従者です。

最近不況で主人の仕事が減り、生活が苦しいのでよそへパートに行こうかと考えています。

もしパート先で青色専従者の事を秘密にして給与をもらい、主人から青色専従者給与をダブルでもらったとしたとして、その事が税務署や役所にバレた場合、脱税や重加算税などの罰則はあるのでしょうか?

青色専従者は6ヶ月以上事業に従事しないといけないのは知っています。

でも生活が苦しいんです・・・

どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

広い意味では「脱税」といえるでしょうが、青色専従者が専従義務に抵触してたぐらいで「脱税だ、脱税だ」と大騒ぎはしないでしょうね。

「非違あり」ぐらいです。

ご主人の申告上での青色専従者控除額が否認されますから、否認額に5%から10%の所得税がかかります。納める日までの延滞税がかかり、過少申告加算税もかかります。

資料から分かる非違があるのですから、税務調査の端緒を与えるようなものです。
ついでにと帳簿調査もされて、専従者否認以外の非違が見つかるかもしれません。痛くない腹をさばかれる可能性があるということです。

専従者給与分のご主人の税負担を減らそうと考えて「不正」をするよりも、専従者控除を受けずに働いて、控除対象配偶者になれるようでしたら同控除を夫に受けてもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても役立ちました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/10 11:50

>その事が税務署や役所にバレた場合、脱税や重加算税などの罰則はあるのでしょうか…



スーパーで、小さな商品をポケットに入れて、【その事がレジ係や警備員ににバレた場合・・・・】と聞いているのと全く同じです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>でも生活が苦しいんです…

だから、専従者給与は赤の他人がくれるお金ではないのです。
家の中で親から子へ、夫から妻へと巡り回っているだけなのです。
夫の金を取ることなど考えず、よそへパートに出たほうが、家族全体の収入は増えるに決まっています。

専従者給与の目的は、事業主の節税にあるのみです。
専従者給与を払わなければ夫の税金は若干増えますが、パートに出れば夫の増税分の何倍も稼ぐことができます。

しかも、今年はもう 7ヶ月ちょっとしか残っていませんから、パートの給与が 103万以下に終われば、夫はこれまで取れなかった「配偶者控除」を取ることができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
したがって、専従者給与を今年は払わなくても、びっくりするほどの増税にはならないでしょう。

今年すでにもらった専従者給与は、「事業主貸」に振り替えればよいです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて

臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて
分かりますか?

Aベストアンサー

何点か挙げてみますね

・羊頭狗肉(ようとうくにく) = 見せかけと実質とが一致していないこと
・風声鶴?(ふうせいかくれい) = ちょっとした事にもおじけづくこと
・八方美人 = 誰からも悪く思われない様、要領よく人と付き合うこと
・薄志弱行(はくしじゃっこう) = 意志が弱く、物事を判断する力に欠けること
・小心翼翼(しょうしんよくよく) = 気が小さくてビクビクしていること
・因循姑息(いんじゅんこそく) = 決断力に欠け、グズグズすること

以上6つのうち、一番近いのは「小心翼翼」でしょう。参考になったでしょうか?

Q白色申告での専従者控除と青色での事業専従者給与

白色で妻を事業専従者とし、専従者控除86万円をできると知りました。会社かの給与以外の、賃貸収入とコンサルタント等での副収入部分を事業として妻を専従者にできると理解していいのでしょうか?事業申請してるわけでないので、確定申告時の記載だけになるので、心配です。事業申請し青色にして妻を事業専従者とし給与を払った方が節税できると言われますが、給与を払うと事業主が源泉徴収し税務署に払う義務が生じるのでしょうか?給与をもらったら、妻も配偶者控除からはずれ、妻自身が国民保険に入る必要があるのでしょうか? 妻が週1回のパートにでてても、専従者控除や専従者給与はできるのでしょうか?教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>副収入部分を事業として妻を専従者にできると理解していいのでしょうか…

妻が実際にその仕事に従事していることが最低条件ですよ。
家事育児だけなのに名目だけ専従者というのではだめです。

>事業申請してるわけでないので…

開業届は必須です。
自宅のプリンタで印刷し、税務署へ郵送するだけです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

>青色にして妻を事業専従者とし給与を払った方が節税できる…

白色なら 86万が限度、青色なら上限はなく赤の他人を雇った場合と同じレベルの給与まで経費になるという違いです。

>給与を払うと事業主が源泉徴収し税務署に払う義務が生じるのでしょうか…

青色専従者給与なら、赤の他人を雇った場合と全く同じです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm
白色専従者控除は、源泉徴収など必要ありません。

>給与をもらったら、妻も配偶者控除からはずれ…

専従者給与を 1円でも払えば、配偶者控除も配偶者特別控除も対象外になります。

>妻自身が国民保険に入る必要があるのでしょうか…

税と健保は別物で、連動するものではありません。

>妻が週1回のパートにでてても、専従者控除や専従者給与はできるの…

1年のうち 6ヶ月を超えてもっぱら事業に専念するのが条件です。
「もっぱら事業に専念」とは、パートなどには一切でないということです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>副収入部分を事業として妻を専従者にできると理解していいのでしょうか…

妻が実際にその仕事に従事していることが最低条件ですよ。
家事育児だけなのに名目だけ専従者というのではだめです。

>事業申請してるわけでないので…

開業届は必須です。
自宅のプリンタで印刷し、税務署へ郵送するだけです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

>青色にして妻を事業専従者とし給与を払った方が節税できる…

白色なら 86万が限度、青色なら上限はなく赤の他人を雇っ...続きを読む

Q定年退職者に贈る言葉(四字熟語)

みなさん、こんにちは。
 定年退職者へ贈る言葉として、どのような言葉が
ふさわしいか教えてください。
在職者一同から色紙に記入するので、
出来れば『四字熟語』で簡潔に表したいのです。
勝手いってすみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職後 社会に関わるのであれば
「率先垂範」
第二の人生が未定であれば
「深謀遠慮」
などいかがでしょう

Q青色専従者給与と確定申告

親の仕事を手伝い、青色専従者としての扱いを受けています。
年に200万以上の給料があることにされているのですが、
実際には10万円にも満ちておらず、給料を丸々貰えない月も多々あります。
かれこれ500万以上支払ってもらってません。
なのに税金だけはきっちり取られ、流石に限界になり他にバイトを考えています。

1.実際の支払いが追いついていないのに、給与を多く支払っているように見せるのは
ダメではないのですか?

2.親からは「青色専従者には給料の明細書が出せない」といわれ、ずっと貰っていませんでした。
なので細かい事は分かりませんが、青色専従者給与の場合、源泉徴収はどうなっていますか?私に負担はありますか?

3.バイトをするのはいいのですが、2つから給料を貰うときは確定申告が必要ですよね?
それには給料明細書は必要ですか?(給料自体、殆ど貰ってませんが・・・)
必要な場合、どうすればいいのでしょうか?

4.また、200万以上の収入があると見られている以上、税金が増えるんでしょうか?
「実際に貰ってないから減らしてくれ」は通用しませんよね・・・
なんとか減額する方法はありませんか?

バイトしても税金でゼロ、もしくはマイナスになるんじゃないかと不安です。
親の仕事をやめて他に就職してしまえば話は早いのですが、「大変だ大変だ」と言われると放っておけません。
誰か助けてください。

親の仕事を手伝い、青色専従者としての扱いを受けています。
年に200万以上の給料があることにされているのですが、
実際には10万円にも満ちておらず、給料を丸々貰えない月も多々あります。
かれこれ500万以上支払ってもらってません。
なのに税金だけはきっちり取られ、流石に限界になり他にバイトを考えています。

1.実際の支払いが追いついていないのに、給与を多く支払っているように見せるのは
ダメではないのですか?

2.親からは「青色専従者には給料の明細書が出せない」といわれ、ずっと貰...続きを読む

Aベストアンサー

>1.実際の支払いが追いついていないのに、給与を多く支払っているように見せるのは
>ダメではないのですか?

だめとは言い切れないでしょう。ただ、その名目と実態が社会通念上から逸脱していたり、実態とあっていなければ、税務調査等で問題視されるかもしれません。

>2.親からは「青色専従者には給料の明細書が出せない」といわれ、ずっと貰っていませんでした。
>なので細かい事は分かりませんが、青色専従者給与の場合、源泉徴収はどうなっていますか?私に負担
>はありますか?

給料明細が出せないわけではありません。ただ家族従事者を守るような法律はありませんので、親に義務はないだけでしょうし、それだけの事務負担を抱えられないのではないですかね。
ただし、給与天引きの源泉徴収は、帳簿上の支給額に合わせた金額を天引きした形にして、事業主として親が納付していることでしょう。ですので、専従者給与だけの収入であれば、あなた自身に負担は無いことでしょうね。ただし、住民税が天引きされているのであれば良いですが、そうでなければ、納税負担はあなたに来ることでしょう。
税理士に依頼しないで、いい加減な知識で申告だけをしているような場合には、給与支払者としての給与支払報告が怠っていたりして、住民税を不当に免れている可能性もあります。
専従者ということですので、同居なのでしょうかね。同居であれば、親の住民税などの関係で市役所などの税務課に親の確定申告の内容が通知され、その中に同一世帯のあなたがいることで、住民税を不当に免れるようなことは少ないことでしょう。

>3.バイトをするのはいいのですが、2つから給料を貰うときは確定申告が必要ですよね?
>それには給料明細書は必要ですか?(給料自体、殆ど貰ってませんが・・・)
>必要な場合、どうすればいいのでしょうか?
>4.また、200万以上の収入があると見られている以上、税金が増えるんでしょうか?
>「実際に貰ってないから減らしてくれ」は通用しませんよね・・・
>なんとか減額する方法はありませんか?

確定申告に必要なのは、給与明細ではなく、源泉徴収票(A4の4分の1程度の用紙)が必要です。専従者給与であっても必要でしょうね。所得税や住民税は超過累進課税方式といって、所得が高いほど税率が高くなります。さらに給与所得控除や基礎控除などを引くこととなりますが、これは収入単位ではなく人単位ですので、おのずと実態のない給与とバイトを合算すれば、バイトだけの時に比べてあなたに負担が大きくなることでしょう。

さらにいえば、専従者給与は専従であることを理由に例外的に経費参入が認められているのです。ですので、バイトなどで働けば、専従でなくなりますので、親の事業上の経費として認められなくなる可能性は高いでしょうね。経費に算入されないということになれば、あなたの収入として申告は不要となることでしょうがね。

間違っていたら申し訳ありませんが、専従の一例として、1年の半数以上といわれますが、この1年が申告の単位と同一出なくても良かったと思います。ですので、専従の予定で働き始めたが、数カ月で事業や家庭の事情などで専従が出来なくなった。このような場合も説明が出来れば、認められるのではないですかね。
これがまかり通れば、今まで専従として働いたが今後は違うと考えれば、今までの給与は専従者給与として認められるでしょう。そして、来年の10月にバイトをやめ、来年の10月などに専従者へ復帰したとなれば、来年の10月以降の部分は専従者給与として認められるかもしれません。
ただ、ころころ変わるようであれば、不当なものの可能性があるとして調査の対象となったり、認められなかったりする可能性もあるでしょうね。

>バイトしても税金でゼロ、もしくはマイナスになるんじゃないかと不安です。

税金は、稼いだ以上に取られることはありません。しかし、実態のない給与の金額がはっきりしないことにはわかりませんね。バイトの金額が少なく数十万円しか今年は稼げなかった。そして、合算しての確定申告で数十万円の納税不足として納付が必要となることもあるでしょう。

親とよく相談をされることですね。
親の手伝いより、外で働く方が小遣いになる。小遣いなどが足らない。だからバイトに出たい。
専従者を調べたら、バイトをすると専従者給与の経費算入が出来ない。
源泉徴収票のことを含め、今後はしっかりと計画的にわかりやすくしよう。
と相談することですね。

どうしても、親は経費に算入したい。あなたも経費に算入させたい。しかし、バイトにも出たい。
ということであれば、親とあなたの生計を別にすることですね。わかりやすく生計を別にする必要があると思いますので、住まいなども分けることですね。
そうすれば、親子であっても、専従者ではなく、通常の雇用のアルバイトの扱いで経費に算入することも出来るでしょう。

親の申告などで税理士が関与しているのであれば、親から税理士に相談するように仕向けるべきですね。

最後に言わせてもらえれば、あなたが求めて親からの収入を増やしてもらっているのでなければ、親は税金対策であなたの名前を使っているという部分もあるのでしょう。
悪く言えば、あなたの名前で税金の負担を減らして、その分生活費に入れているのです。であれば、その分のお金をあなたにある程度回してもよいのではないでしょうかね。

>1.実際の支払いが追いついていないのに、給与を多く支払っているように見せるのは
>ダメではないのですか?

だめとは言い切れないでしょう。ただ、その名目と実態が社会通念上から逸脱していたり、実態とあっていなければ、税務調査等で問題視されるかもしれません。

>2.親からは「青色専従者には給料の明細書が出せない」といわれ、ずっと貰っていませんでした。
>なので細かい事は分かりませんが、青色専従者給与の場合、源泉徴収はどうなっていますか?私に負担
>はありますか?

給料明細が出せな...続きを読む

Q未熟者を表す熟語、ことわざを教えてください

若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、
経験したこと、今思っていることを表現するのに、言葉の引き出しが見つからないことを熟語や諺で表現できますか。

Aベストアンサー

>未熟者を表す熟語

→若輩、未熟者、青二才、駆け出し、浅学非才
もっとくだけた言い方なら、「洟垂れ小僧ですが」「まだ尻の青い小僧(青二才)ですが」「まだ修行中の身なので」もあるかな。

→未熟者を表すことわざ・・・・・・・思いつきません。井の中の蛙は、ちょっと違うと思います。


>若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、

→普通に「上手い言葉が見つかりませんが」「この表現で良いのかわかりませんが」「上手く表現できないのですが」
などではダメなのですか?
よくわかっていない難しい言い回しを使って滑ったら、かえって失礼になると思いますが。ときどき理系の友だちがやらかしますが、容赦なく「意味、わかって使ってる?」と突っ込むと、だいたい撃沈です。その友だちは国立の有名理系大卒ですが、私のみたところ、国語は中学一年生レベルで止まってます(爆笑)

Q青色専従者のパート収入にかかる税金について

私は、個人事業主である夫の青色専従者です。
私が今後、パートに出たら専従者をやめなくてはならないのでしょうか。夫の収入が少なくなるそうなので、短期のアルバイトなどしようと思っています。
また、その会社で源泉徴収で税金を納めた場合、それらの税金を今後、確定申告で夫の税金から控除することはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

>パートに出たら専従者をやめなくてはならないのでしょうか…

専従者は、6ヶ月を超えて事業に専念する必要があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>それらの税金を今後、確定申告で夫の税金から控除することはできるの…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉は載っていません。
妻の税金は、夫の申告とは何ら関係ありません。
専従者給与も含めて、妻自身の「所得」が 38万円以下であれば、妻自身が確定申告をすることによって、還付を受けることができます。
条件によっては、確定申告でなく夫に「年末調整」をしてもらうことで済ませる場合もあります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q英語の熟語

英語の熟語をお聞きしたくて 投票しました。
高校1年生の者です。
辞書で調べてみても 熟語をみつけることが出来なかったので
よければ教えていただきたいです。

take a look around
catch the moment
plenty of

Aベストアンサー

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・・とか)、ということだってあります。

次の
catch the moment ですが、
「moment」を「catch」するんですから
瞬間を捕まえるわけです。
これも文脈から考えて
例えば写真家の話だったらシャッターチャンスの話でその瞬間をとらえることでしょうし、株の話なら売り時、買い時の話でしょう。
いずれにしろその瞬間を捕らえるということですね。

plenty of
は辞書に載ってないですか?
確認してませんが
たくさんの~
という意味です。
plenty of sugar でたくさんのお砂糖という意味です。

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・...続きを読む

Q青色専従者と配偶者控除

自分ではないのですが、
相談されてわからなかったのでここで質問させていただきます。

母と夫婦が一緒に住んでいて
母はお店をやっています(毎年青色申告)
夫(息子)は会社員(他僅かに不動産収入あり)
妻(嫁)は主婦
母が高齢のため妻が普段店番をしていますが、今までは無給。

(1)さて妻を母の店の青色専従者とすることが出来ますか?
その場合例えは年間給与が103万以下なら
(2)夫の配偶者控除は受けられるでしょか?

変な質問で申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)さて妻を母の店の青色専従者とすることが出来ますか?
出来ます。
ただし事前の届けが必要ですから、昨年度の分は無理です。
今年からであれば可能です。

>その場合例えは年間給与が103万以下なら
>(2)夫の配偶者控除は受けられるでしょか?
受けられません。金額にかかわらず、専従者となる人は、控除対象配偶者等にはなれません。

つまりどちらか一方をお選び下さい。

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q青色専従者から外す時の申請について

恐れ入ります。
青色申告初心者です。

身内を青色専従者にしていましたが、
正社員として外で働くことになり専従者から外すことになりました。
その際に税務署に新たに申請しなければいけないのでしょうか?

お給料を渡すつもりで、専従者の申請は届出済みで
源泉徴収書が送られてきましたが
結局給料を渡していないのですが
どのようにすればいいのでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
所得税法上、事業主の「所得税の青色申告の取りやめ届出書」はありますが、青色事業専従者給与に関する取りやめ等の届出書はありませんので専従者から外れることになっても届出書や申請書は必要ありません。

控除対象配偶者の判定時においても、青色専従者は控除対象とはなりませんが、それは給与を支払っている場合であり、給与の支払いが皆無で合計所得金額が三十八万円以下である場合は青色専従者であっても控除対象配偶者となります。(所得税法第二条三十三)

つまり、青色事業専従者としての給与の支払があれば青色事業専従者となりますが、青色事業専従者としての給与の支払が皆無であれば青色事業専従者とは見なさないということです。

青色事業専従者給与に関する届出書(変更届出書)に関しても、これは青色事業専従者給与額を必要経費に算入しようとする場合や、過去に提出している届出書に記載した専従者給与の金額の基準を変更する場合及び新たに専従者が加わった場合等の手続きであって、青色事業専従者の「取りやめ」等の手続きや届出書ではありません。

送付されて来ている源泉徴収票は青色事業専従者給与の届出時にその給与の金額も届け出ていると思いますので、その給与が支払われていると想定して送付されてきていますので、実際に給与の支払いが無ければどこにも提出する必要もなく何もする必要はありません。


(所得税法第二条三十三)
控除対象配偶者 居住者の配偶者でその居住者と生計を一にするもの(第五十七条第一項(事業に専従する親族がある場合の必要経費の特例等)に規定する青色事業専従者に該当するもので同項に規定する給与の支払を受けるもの及び同条第三項に規定する事業専従者に該当するものを除く。)のうち、合計所得金額が三十八万円以下である者をいう。
 

 
所得税法上、事業主の「所得税の青色申告の取りやめ届出書」はありますが、青色事業専従者給与に関する取りやめ等の届出書はありませんので専従者から外れることになっても届出書や申請書は必要ありません。

控除対象配偶者の判定時においても、青色専従者は控除対象とはなりませんが、それは給与を支払っている場合であり、給与の支払いが皆無で合計所得金額が三十八万円以下である場合は青色専従者であっても控除対象配偶者となります。(所得税法第二条三十三)

つまり、青色事業専従者としての給与...続きを読む


人気Q&Aランキング