私は株初心者の者なのですが、とある雑誌でみた文に引っ掛るものがありましたので投稿させていただきました。
[その文章]
ある日、大型株が軒並みストップ安をつけた局面では、Cさんは思い切って、”全力買い”で臨んだという。それは、困り果てた機関投資家が先物に過敏なヘッジ売りを入れてくると予想したからだ。

・私が引っ掛った文は↑の文章なのですが、なぜ、ストップ安になった株をCさんが”全力買い”すると機関投資家が困り果てるのですか?

・あと、その困り果てた機関投資家が先物に過敏なヘッジ売りを入れた、という文章がありますが[先物に過敏なヘッジ売りをする]って何ですか?

株の事に詳しい方ぜひ、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

時系列で整理しても良いです。


1.大型株が軒並みストップ安をつけた
2.困り果てた機関投資家が先物に過敏なヘッジ売りを入れてくる
3.それを予想したCさんは思い切って、”全力買い”で臨んだ

先物売った利益で現物の損失をカバーしようとするのがヘッジ。思惑通りに行くかどうかは相場次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ヘッジ売りとは損失をカバーする為に行うものなのですね。これで、疑問が解けました。

お礼日時:2009/05/15 01:11

日本語としては…


『大型株が軒並みストップ安をつけた局面で、困り果てた機関投資家が先物に過敏なヘッジ売りを入れてくると予想したから、Cさんは思い切って、”全力買い”で臨んだ』と解釈するのが正しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。時系列を正して判断してようやく理解できました。

お礼日時:2009/05/15 01:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報