上田市出身なんで真田一族の評価が高く、ゲームで高い能力を持っていることは悪いきしません。でも冷静に考えるとそんなにすごいのか疑問に思います。
真田昌幸は武田家再考を目指していたが実現的なかった。また、領土はそれほど広げていない。秀忠の軍勢を引きとどめ関が原に影響を与えたが、秀忠に勝ったわけでも家康に勝ったわけでもない。関が原後は隠居し紐を作る程度の功績しか残していない。一言で言うと大きな功績を残していない。
幸村は関が原の戦いではそれほど目立った功績を挙げていない。大阪の陣で大活躍したことが知られているが、所詮二度の戦いであり戦をたくさん経験したわけではないから戦上手と評価するのは尚早、まぐれで家康に突っ込んだ可能性もある。元もと真田家の武将であり秀頼に大恩があるとは考えにくく、趨勢は完全に徳川に傾いている時期に秀頼のために命を懸けたのは無駄死に近い。
どう思いますか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

真田一族の評価が高いのは


1 一度、戦に負けて領土を追放されたのに見事一代で中興した事。
海野平の戦で武田晴信に負け追放されたがその後、幸隆が晴信に随身して再興させた。一度壊滅した一族郎党を再興させ、あまつさえ家中で一方の将になるというのは並大抵のことではできないでしょう。ましてや仕えた相手は一族壊滅の張本人なのですから、なかなか信用してもらえないばずなのに。
これは凄くないですか?

2 2回に及ぶ上田の合戦で徳川軍を撃退した事。
第1次では1200人VS7000人 第2次では3500人VS38000人。2回とも取り巻く状況は違いますが、単純に数の割合からいっても平凡な小国領主では出来ないことです。
これは凄くないですか?

3 2回の大阪の陣で徳川幕府軍に一泡ふかせた事。
確かに豊臣方は負け、信繁は討死しましたが、冬の陣では真田丸にて寄せ手を散々に斃し、夏の陣では家康本陣に突撃を繰り返し2度まで後退をさせたといいます。
これも凄くないですか?

幸隆は恩讐を越えた先見の明と智謀で真田一族を興し、昌幸は柔軟性に富んだ機略と戦術眼で真田の名を世に馳せ、信繁は大局的な戦略と義侠心で真田の名を不滅のものとした。これの何処が凄くないですか?

昌幸嫡男 信之も信州松代にて名君として讃えられていますし、信繁の次男、三男、四男も他家の家臣として存続しています。
徳川の御世が始まる時代に誰が敵方の評価の低い人物の忘れ形見を拾いますか?
どうです?
    • good
    • 0

関が原の戦いの信州版の上田城の攻防戦は


徳川軍が数を圧倒していたが城を落とせなかった
理由は、徳川方の指揮官が、本多正信で、この人は
官僚や策士の才、政争で相手をハメて失脚
させる能力は大きかったが戦場で指揮するのは
苦手な人で、あやまった攻城指揮をしたため
真田に、してやられた形となったという話
    • good
    • 0

少し 気になりましたので 再度



わたしの後の回答者さんでしたか
真田が何千騎 徳川3万騎 でしたか 騎というのは 騎馬武者をいいます 何人の間違いですよね 大阪夏の陣で 騎馬の割合は 総兵力の1割と文献にあります そんなものです 戦国の初期は特に 軍用馬 は高価で 戦闘時は後方にさげ 徒歩での戦いになります

主に逃走用か 上級武者のステータス用 時速6か8KMぐらいです
信長も清洲から熱田まで 尾張西三河国境紛争戦(桶狭間戦) 3時間強かかっています当時12、3Kmぐらいの距離です  日ごろから相当 馬を責めていまして それでも それぐらい それ以上走ると間違いなく死ぬか使い物にならなくなります  ナマクラな殿様なら 馬ははしれません 現代に氾濫している 戦国物は勇ましく サラブレッドかアラブ馬を使用しての 西部劇みたいです 秀忠も 上田は基本的に城攻めですので簡単には落とせません 参謀もおとなたちもそんなことはわかっていたはずです 家康から遅参せよとの意図が内々あったか
確かな資料がでてくるまでなんともわかりませんが 若気の至りで 昌幸の術中にはまったなんてこと ひとりで指揮しているわけがないのでありえないでしょう 真田のすごいのは 国人地侍のクラスで
末裔が大阪の役で 戦闘において 名が残っているということだとおもいます 漫画や安物の戦国話とちがって 現実の話として それはすごいことだとわたしはおもっていますけど     
    • good
    • 0

私が回答する事ではないのですが、


2千騎(1200騎?)で徳川軍を「溺死させる」とか、
3500騎で3万8000騎を翻弄させるとか、

普通じゃありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0% …

ただ、問題は石川数正の出奔の件です。
沼田の土地を渡せと言うのは、北条との親和政策の一環でした。

秀吉に臣下の礼を遂げず、徳川、北条、伊達連合軍を組織して
徹底抗戦しようと言うもくろみです。
(連合軍と豊臣軍の戦力はほぼ互角であった。)

出奔と敗戦が大きくこたえたらしく、家康は臣下の礼を遂げます。
伊達も後々服従。
北条は最後まで戦う決意を固めます。

>趨勢は完全に徳川に傾いている時期

上田城合戦の折、
「沼田の土地は実力で勝ち取った土地。もはや主君でもなければ家臣でもない。そんなに欲しければ実力で奪い取れ。」

と、昌幸は家康にきっぱりと離縁状を叩き付けていたのです。
昌幸は徳川が嫌いであったのです。

また、
「上田城でなら徳川には絶対に負けない。いざ、尋常に勝負せよ。」
と九度山で大声を発したと言われています。

徳川は親子2代で痛い目を見ていたのです。
出奔される。
合戦に遅刻させられ、危うく負けそうな時もあった。
真田2代は伝説になりました。
    • good
    • 0

地方の豪族としては 抜きん出ている方でしょう


先祖伝来の土地を守るのも 本能に近いでしょうし
上杉や武田 北条に挟まれて よく持ったもんですよね
昌幸と毛利元就と比較したら 気の毒です 毛利よりはるかに厳しい
旧帝国日本みたいに アメリカと1年2年は戦えても それ以上は無理と同じで 秀忠を撃退しても 趨勢は変わらない しかし後の条件闘争は有利 いずれにしても 盟主のような 代表者にならなければ
大阪の陣のように 多少戦闘に勝利しても これも 勝利者側の余裕で相手を立てることでの後世の語り草のひとつとしての 材料にされている 大阪の役の当時  主役は秀頼であり 豊臣の閣僚であったはず
恩も何もないところでのことで単なる戦闘上の一師団長にすぎなかったでしょうね 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陶器製のビーズをさがしています

陶器でできたビーズで、漢字が書いてあるものをさがしてます
「富」とか「貴」とか・・・
通信販売で購入できるサイトなどあれば教えてください

Aベストアンサー

チャイナビーズ、中国ビーズ、陶器ビーズとか言われていますね。

私の知っているサイトを張りますが、漢字はあったと思いますが、
お探しの文字があるかはちょっと判りません。

見つかると良いですね。

http://www.hello-space.jp/beads/CH/

参考URL:http://chi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=21651&csid=5&sort=n

Q関が原の秀忠の遅参は家康の陰謀?

 関が原の合戦で、中山道を進んだ秀忠は、上田城の真田昌幸に手古摺って、合戦に間に合いませんでした。
 ところが、この遅参は【ワザと遅らせたもので、家康の陰謀だ。秀忠の軍勢を温存するためだ。】とする説があるようです。
 たしかに、実際の合戦に参加した家康の家来は少なく、大方、豊臣系大名同士の戦いになって、それぞれダメージを受けています。

 この説は珍説の部類にはいりますか? それともうなづけるところがありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私は以前件の説を聞いた時に「なるほど、そのような可能性もあるか」とひたすら感心してしまったものですが、今は「家康は積極的にそのようなことを行うような人物だったのか」ということを考えてみたりしております。
時代劇などのフィクションですと、本当に家康という人はかなり前から虎視眈々と天下を狙っていたかのように描かれていることが圧倒的に多いですが、詳細に見ていきますとそのようなイメージとは大分違う「守勢の人」であったということがわかるという話もあります。
生来持っていたものがそうであったのかもしれませんが、信玄に大敗してからはその傾向が一層強くなっているように感じられるとか。
まあ若いうちに勢いでどうかしようとしたことで手痛い目に遭いますと、どうしてもそうなってしまうものかもしれません(まったく懲りない人もいますが)。
関ヶ原後の諸大名の配置にしましても「天下を徳川家のものに」というよりは「関東だけは守り抜く」という消極的なものであるという評価もあるようですし、諸大名との婚姻についても「着々と地歩をかためる」というよりも「焦り」の証拠ではないかとも見られているようです。
そういうことから考えますと「謀略」というよりは「たまたま上手くいった」ということではないかというようにも思えてきます。
蒲生氏郷の評価などもあるように家康がケチ(性格からくるものだけではないので「ケチ」という言葉は妥当ではないかもしれませんが)だったことは確かなようなので、消極的な姿勢と相俟って結果見事兵力を温存することにもなったということなのではないでしょうか。
フィクションなどでは遅れてきた秀忠に激怒したのもお芝居であるかのように描かれていることもありますが、その時身を挺して弁護した榊原康政に秀忠は本気で感謝しており(ご存知の通りこのことによって榊原家は数代を経た後の改易を免れておりますし)、単に秀忠が本当の意味でお人好しだっただけなのかもしれませんが、個人的には康政ぐるみで騙していたとは考え難いようにも思います。
結果家康によって幕府が開かれているので後世から見ると「とるべくして天下をとった」というように思ってしまいがちですが、本当のところはいつどっちに転ぶ可能性もあったのではないかと最近は再度そのように考えてみたりすることが多いです。
当の家康には「ここにもワシの権謀術数を理解出来ない輩がおる」と思われているかもしれませんが・・(笑)
相変わらずあまり参考にならない意見ですみません。

昨日は冬至ということで、ご近所から頂いた柚子をお風呂に浮かべて良い香りのお湯で温まりました。
質問者さんもくれぐれもお身体を冷やされることなどありませんように。

こんにちは。

私は以前件の説を聞いた時に「なるほど、そのような可能性もあるか」とひたすら感心してしまったものですが、今は「家康は積極的にそのようなことを行うような人物だったのか」ということを考えてみたりしております。
時代劇などのフィクションですと、本当に家康という人はかなり前から虎視眈々と天下を狙っていたかのように描かれていることが圧倒的に多いですが、詳細に見ていきますとそのようなイメージとは大分違う「守勢の人」であったということがわかるという話もあります。
生来持っ...続きを読む

Q陶器のカビ・・・?

陶器に黒いカビがついてしまいました。
とる方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

仕事上、実際に行う方法ですが…。
1、よく洗う。
2、太陽の日にあてる。
3、熱湯にキッチンハイターを多めに入れて、器を漂白する。
4、ガスの火に直接あてる。

4、はおすすめできません。材質にもよって結果が違い、危険な場合もあります。大抵は、3で解消できるかと…

Q真田昌幸

今の大河ドラマの第二の主人公みたいな人物真田昌幸。
ゲームでの能力はずば抜けて高く、謀略の達人のイメージがあり、結構好きです^^
昌幸の外交手腕、謀略手腕等いろいろお聞かせ願えればうれしいです。結局謀略は成功したのでしょうか?
一点気になるのは、謀略を張り巡らしすぎて、わが子ですら疑心暗鬼になって真田家はまとまっていなかったのではないかという疑惑です。これはどうなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

途中まで、真田昌幸の表裏比興的な謀略が成功したと思います。

さらに、関ヶ原時での、嫡男信之の徳川方、昌幸・信繁(幸村)が石田方、というのが、真田家永続のための仕掛け・策略だったとするなら、真田昌幸の謀略は成功、と言ってもOKでしょう。

ところが、真田家が、関ヶ原で敵味方に分かれることが、打ち合わせ済み、のことだったか否かは、全く立証されてはいない(裏付け史料が無い)ようで、これは残念なこと。

で、骨肉相食む戦国乱世では、珍しく、家族・一族が仲が良い、これが真田家の実態だった、諸記録からは、そう判断できるのです。

昌幸の度重なる心変わり、これらを大河ドラマは、リアルに、時にコミカルに、描いて強調、そのたびに、信幸・信繁などの周囲が、あっけにとられて、コケル、わけですが、これはあくまで、ドラマ(作り話)。

ドラマではなく、記録からすると、真田家・一族は、小領主として、かなり、まとまっていた、このように私は感じているのですけど。

Q陶器製の石焼ビビンバボウル

石焼ビビンバを家庭で作りたいと考えています。
石でできたものより陶器製石焼ビビンバボウルが軽いのでそれを購入しようと思いますが、使い勝手はどうでしょうか。
もうひとつ、コンロでボウルをあぶる時間はどのくらいでしょうか。

Aベストアンサー

石製を持っています。
陶器製は自分で使ったことはなく、
レストランで食べただけですが
使い勝手はよいと思いますが、
すぐに冷めてしまうし、
焦げ目もつきづらそうでした。
やはり石の物のほうががおいしくできますが、
熱いうちに水をかけたりするとひびが入りやすいですし、重くて洗うのも大変です。
おいしさを重視するなら、絶対石だと思います。
あぶる時間は先に3分くらい、ご飯と具を入れて
中火で5-6分です。最後に1分強火にすると
焦げ目ができておいしいです。

Q“真田昌幸は、主家が5度(たび)変わったが、彼の方の裏切りによるものは、一度もなかった。”は事実?

最近、真田家の話題が多いですが、私も乗ります。
ラジオで次の説明がありました。聞き間違いもあるかと思いますが。
“真田昌幸は、主家が5度(たび)変わったが、彼の方の裏切りによって変わったことは、一度もなかった。”
戦国時代を生き抜くためには、裏切らないことは容易でなかった、と同情します。
しかし、この説明は事実ですか?

Aベストアンサー

まぁ、基本的に国人勢力なんで配下になるというか、自分たちの盟主を誰にするかといった感じですね。

武田家→武田家が滅亡
織田家→本能寺の変で滝川一益が近畿に戻ったため織田勢力圏外に
上杉、北条、徳川→本能寺の変後の混乱の中、最初上杉の庇護下にあったものの北条、徳川の勢力争いの戦場となりかかったため、攻めて来た方と対立する形で盟主を変えた。

この段階で主家というよりもほぼ独立勢力なわけで。
まぁ、結局表向き臣従だったけど独立勢力として動いていたんで裏切りとはまた違う話かなと思ってます。特に上杉、北条、徳川に関しては。

Q[東京・神奈川周辺]沖縄陶器・琉球ガラスのお店

東京・神奈川周辺で沖縄陶器や琉球ガラスを豊富に販売しているお店がありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
沖縄県物産公社が運営する店「わしたショップ」に行けば確実にありますよ。

首都圏で一番大きいのが、銀座(有楽町)にある
「銀座わしたショップ」
http://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/index.html

ほかにも
神奈川県内には、川崎・大和・横須賀にもあるようですが
品揃えは銀座が一番だと思います。
(上記のサイトをみれば、各店舗の地図も載っています。ご参考に)

Q真田安房守昌幸や、伊達陸奥守政宗など、姓と名の間に入る官位について

歴史に詳しい方にお聞きします。
今年の大河ドラマを視聴し始めて疑問に思っていたことがありまして、真田安房守昌幸の安房守という位(なのでしょうか?)は、どんな理由で付けられたのですか?また、どのような役割を果たす位なのでしょうか?
昌幸自身が安房国の出身ならば納得が出来るのですが、彼が生まれ育ち、そして治めていた国は信濃国だったはずです。
一応他のサイトも閲覧したのですが分からなかったので質問させていただきます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>昌幸自身が安房国の出身ならば納得が出来るのですが
そういうケースは逆にレアかも知れませんね

それに、官職には○○守とか××介とか以外にも様々なモノがあります
例えば、石田三成さんなんかは治部少輔という職名ですから、地域や国を表してはいません

という事で、地名は出身とは無関係なのです

室町後期~戦国時代ともなると、朝廷は経済的に非常に困窮した状態となります

その朝廷に対して、献金をすればある程度の自由に官職を得ることが出来ます
また、朝廷に頼らずとも自分で勝手に好きなのを名乗ることも可能です

自称・僭称したとしても、周囲が皆同じ様に勝手に名乗っているのでその点をとやかく詮索する人はいません
※一応、公式に交付された場合には、証明する書類などを受け取ってますが

取りあえず、『彼が生まれ育ち、そして治めていた国は信濃国だったはずです。』
という点に関しては、出身地とは連動しません
ということになります

また、実効支配している地域とも必ずしも連動しません

実質的に対象の国全域を支配しているような場合には、公式に○○守として名乗ることもありますが

>昌幸自身が安房国の出身ならば納得が出来るのですが
そういうケースは逆にレアかも知れませんね

それに、官職には○○守とか××介とか以外にも様々なモノがあります
例えば、石田三成さんなんかは治部少輔という職名ですから、地域や国を表してはいません

という事で、地名は出身とは無関係なのです

室町後期~戦国時代ともなると、朝廷は経済的に非常に困窮した状態となります

その朝廷に対して、献金をすればある程度の自由に官職を得ることが出来ます
また、朝廷に頼らずとも自分で勝手に好きなのを名乗るこ...続きを読む

Q陶器やガラスのリサイクルってあるのでしょうか?

こんばんわ。
家では使わなくなった食器が結構あります。
中古ですし、このさい資源として有効活用してくれる方がいたら、送料当方負担で寄付しようかとかんがえております。

どなたか、陶器やガラスを資源として再利用する団体等をご存じでしたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

送料を負担されるくらいなら、その金額くらいでフリーマーケットに出店されるのはどうでしょうか?
ついでに不用品も売ってしまいましょう。
うまくいけば、豪華な夕食が食べれるかも?

Q関が原の戦い

ご存知関が原の戦いなのですが、疑問点かあります。
豊臣秀吉が亡くなったあと、家康が大老の身にありながら専横の限りをつくし。。。
ということで戦いが始まったと思うのですが、

いくら主がいなくなったとはいえ、大阪には淀殿と小さいながらも秀頼公がおり、関が原合戦当時、直轄地が240万石ほどあったと認識しております。
片桐且元などは家臣と家臣の戦いだからということでノータッチを貫くよう言っていたようですが、
単純に、豊臣家として「家康の暴走」を止められなかったのでしょうか?
また合戦当時の豊臣直轄の軍隊はどれほどだったのでしょうか?
詳しい方お願いします。

ついでに、関が原の合戦では小早川秀秋の裏切りがクローズアップされひどい極悪人扱いされていますが、どの家もお家大事であり、つぶさに見ていくとみんなあまり変わらなく卑怯のような気がします。(特に毛利)
この辺もついでに、ご意見いただければと思います。

Aベストアンサー

大阪城の秀頼公直属の部隊は・・・
御小姓衆・・・・・・7500人
御馬廻衆・・・・・・8300人
御弓・鉄砲衆・・・5900人
前備・後備・・・・・6700人
総計・・・・・・・・・2万8400人
これには豊臣恩顧の大名の兵力は含まれておらず、あくまで秀頼公直轄の兵力です。

家康の暴走を止められなかったのは、豊臣恩顧の大名達の内部の争いを家康にうまく利用され、豊臣恩顧の大名が一つにまとまらなかったのが原因です。
特に福島正則などの武断派と石田三成らの文治派の対立が致命的でした。

徳川家康の石高は255万石に対し・・・
豊臣秀頼の石高は220万石で、この他に金山、銀山を直轄地とし、他の大名の領地にある金山、銀山以外の鉱山からも運上(税)をとり、大きな貿易港も押さえていました。
そして、豊臣恩顧の大名がいたわけですが、秀吉一門の扱いを受けた五大老の一人、宇喜多秀家が57万石。
武断派の福島正則が20万石、黒田長政が18万石、加藤清正が25万石、加藤嘉明が10万石、細川忠興が17万石、浅野幸長が22万石、池田輝政が15万石、藤堂高虎が7万石、蜂須賀家政が18万石。
文治派の石田三成が19万石、小西行長が20万石、大谷吉継が5万石、増田長盛が20万石、前田玄以が5万石、長束正家が5万石。
この他にも秀吉の親戚筋である木下一門で10万石、青木一矩が20万石、小早川秀秋35万石などがあります。他にも秀吉に古くから仕えていた山内一豊らもいます。
こうした豊臣恩顧の大名だけで300万石を超えているわけで、秀頼の220万石と合わせれば500万石を軽く超え、徳川の2倍以上の石高があり、数字の上では押さえる事が可能の筈でした。
そしてこの他に秀吉の盟友前田家100万石もありました。
しかし、武断派と文治派の対立で豊臣恩顧の大名はまとまらず、前田利家も亡くなり、関が原で西軍で上記の豊臣恩顧の大名で最後まで戦ったのは石田三成の19万石、小西行長20万石、大谷吉継5万石、長束正家5万石、宇喜多秀家の57万石の106万石です。
豊臣恩顧の約三分の二の200万石は東軍についています。
全ては豊臣内部の分裂とそこに付け込んだ家康のうまさでしょう。
残念な事に秀吉の死後、豊臣を一つにまとめておく事のできる人物がいませんでした。
五大老の一人の宇喜多秀家は秀吉に目をかけられたとはいえ、福島正則などより約10歳も若く、お家の内部がごたごたしており、その手腕にも限界がありました。小早川秀秋の器量もそれほど高いとは思えず皆をまとめる事は無理でした。そして他の秀吉子飼いの大名は皆、石高がとても高いとはいえず、同じような石高の者も多く、誰にしても豊臣を一つにまとめる力量に欠けました。
秀頼公はわずか7歳。淀君にも諸大名を心底敬服させる求心力はありませんし、その力量もありませんでした。
そして徳川家康の力があまりに大きすぎました。
外様大名で徳川の次に石高の大きい大名は毛利と上杉で、どちらも120万石で徳川の半分の石高しかありません。
これでは外様の大名が徳川の顔色を伺うのも無理からぬ事です。
結局、豊臣を一つにまとめ徳川家康の器量に対抗できる人物が豊臣方にいなかったという事が問題だったのでしょう。
せめて秀頼公があと10歳歳をとっていれば、状況は変わったかもしれませんが・・・

小早川秀秋は関が原の戦いを決定付けた人で、その裏切りも分かりやすいから叩かれるのでしょうね。
皆、生き残るのに必至になったという事でしょうが、石高の低い大名ならその気持ちも分かります。何せ自分の力で戦局を動かすなど殆どできないでしょうから、生き延びるために勝つ側につくために右往左往して日和見したり、時間を稼ごうとするのは理解できます。ですが毛利をはじめかなりの石高を持つ大名が、戦局を変えるだけの力を持つ大名が日和見するのは、いくら生き残るためとはいえ情け無い限りだと思います。

大阪城の秀頼公直属の部隊は・・・
御小姓衆・・・・・・7500人
御馬廻衆・・・・・・8300人
御弓・鉄砲衆・・・5900人
前備・後備・・・・・6700人
総計・・・・・・・・・2万8400人
これには豊臣恩顧の大名の兵力は含まれておらず、あくまで秀頼公直轄の兵力です。

家康の暴走を止められなかったのは、豊臣恩顧の大名達の内部の争いを家康にうまく利用され、豊臣恩顧の大名が一つにまとまらなかったのが原因です。
特に福島正則などの武断派と石田三成らの文治派の対立が致命的でした。

徳川家康の石高は255万...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報