日本薬局方 一般試験法 6.07 注射剤の不溶性微粒子試験法
第1法 光遮蔽粒子計測法 に定める校正の粒径分解能の項目に
試験粒径と総計数の16%及び84%計数する閾値粒径との差が10%以内であること。
とあるのですが、どういう式でこの結果をもとめればいいのでしょうか?
ちなみに粒径分解能:7.9%となる場合、

16%計数する閾値粒径:11.224(μm)
84%計数する閾値粒径:9.972(μm)
だそうです。

どなたかご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「試験粒径と総計数の16%及び84%計数する閾値粒径との差が10%以内であること。

」という文章は、不溶性微粒子試験法第1法の粒径分解能に関する基準です。「粒径分解能」という用語の定義とは無関係だと思われます。従って質問文の後半で記載されている例題は、問題となっている文章とは無関係な気がしますが、どこからの引用でしょうか?

 問題となっている文章を数式に訳すと、
100×([試験粒径]-[総計数の16%])/[試験粒径]=<10
AND
100×([総計数の84%]-[試験粒径])/[試験粒径]=<10
となります。ただし、「10%」が何に対しての百分率なのか書かれていないので、試験粒径に対する百分率を取りました。

参考URL:http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/
    • good
    • 0

すみません。


JPTI2006のP.211~212辺りに詳しく出ていますので、
ご覧下さい。
    • good
    • 1

試験粒径は、10μmのPSLを用いるので、


試験粒径を10μmとすると、
(11.224-10)/10×100=12.24%
(10-9.972)/10×100=0.28%
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問者です。
情報不足で申し訳ございません。
PSL粒子は10.35μmを使用します。
あと粒分解能は7.9%になるということなのですが.....

お礼日時:2009/05/14 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバーコードの分解能

バーコードの分解能について教えてください。
バーコードスキャナの仕様に分解能1.0mmなどの記載がありました。
この分解能1.0mmとは、バーコードのどの部分が1.0mmなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バーコードリーダーのメーカーの者です。

最少分解能はバーコードの細いバー太さのことです。1.0mmは太いですよね。細バー1.0ではバーコード自体がずいぶん大きくなってしまう気がします。(太い方のバーが3mmくらいになってしまう。)

一般的にスーパーのレジなんかで読ませているコード(JANコード)なんかは細バーが0.25~0.4mmくらいで構成されていますから・・・かなり性能的には大雑把なスキャナーのようですね。(もしかして0.1mmの間違いでは?)

Q面心立方について。HRTEM(高分解能透過型電子顕微鏡)について

HRTEM(高分解能透過型電子顕微鏡)を用いて実験をしている文献をよんでいるのでいて、この文献ではAg/Si/SiOxカプセルナノ構造についてしらべています。そこで、面心立方のAg(111)面やダイヤモンド型立方Si(111)面などの表記があるのですがこの意味がよくわかりません。
ネット上や本を調べてみたのですがわかりませんでした。もし参考になるページがあれば教えていただけるとありがたいです。おねがいします。

Aベストアンサー

ミラー指数ですね。添付のHPをご覧下さい。
このHP「物理のかぎしっぽ」(悪魔のことか?)は非常に役立つのでお薦めです。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/ksp/solid/millerIndex2/

QTEM、STEMの分解能

電子顕微鏡をこれから仕事で扱うことになりました。

そこでわからないことがあるのですが、
TEMは収束させた電子線を拡大させるのに対し、STEMは収束した電子線を
走査すると習いました。

TEMは拡大するのですから、STEMよりも分解能が落ちると思うのですが、
結晶性の物質を高分解能でみるにはTEMがいいといわれました。

実際、高分解能観察にはTEMとSTEMのどちらがいいのでしょうか。
また、TEMは拡大させるのに高分解能で観察できるのはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを使うかはケースバイケースです。

SEMは分解能に劣りますが取り扱いが楽です。通常のルーチン測定なら、数時間レクチャーを受ければ測定できると思います。試料の前準備もそれ程手間ではありません。また試料の立体的なデコボコにも強いです。

TEMは単原子層を区別できる高い分解能がありますが、試料の薄片を用意するのがとにかく面倒くさいです。経験者にレクチャーを受けつつ、しばらくは標準的な試料で練習する必要があります。いきなり本番では、実験で得た貴重なサンプルを台無しにしてしまう可能性が高いです。

通常のルーチン測定はSEM、検討を重ねた結果どうしても原子レベルでの位置分解能が必要な場合のみTEM、こういった運用をしている所が多いのではないでしょうか。


仕事で必要で今から勉強するということであれば、「表面分析技術選書」シリーズから実務向きの入門書が出ているのでお勧めします。

http://www.amazon.co.jp/dp/4621073613
http://www.amazon.co.jp/dp/462108156X

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを...続きを読む

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。

QAD変換器の分解能について

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞いた時と同じように再現される

③分解能が高いと何が悪いのか
→細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。データ容量が増加する。

④分解能が低いと何がいいのか
→デジタル表現する際の計算時間が短く済む。データ容量が小さくなる。

⑤分解能が低いと何が悪いのか
→もとのアナログ信号の再現性が低くなる。例:音がバリバリ聞こえる等(ここが特に漠然としている)


どんな小さなことでも構いませんのでご指摘をいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞...続きを読む

Aベストアンサー

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは級数的に高価になります。データ容量に関しては、その通りです。デジタル化したbit数と共に、単位時間当たりのデータ量が増加します。
④ "デジタル表現する際の計算時間が短く済む。" ← 分解能が低い場合は、サンプリング周波数が低くて済みますので、能力の低いコンバータでも十分間に合います。データ容量に関しては、その通りです。
⑤ "例:音がバリバリ聞こえる等" ← サンプリングの間隔が広いので、いわゆる音飛びが生じているのでは。分解能が高い場合は、滑らかに変換されるので、アナログデータの急激な変化にも対応できますが、低い場合は、レベルの変化が激しくなるのでしょう。

通常は、サンプリングしてA/Dコンバータでデジタル化、マルチプレクサで出力してマイコンに読み込みますが、そのデータ列に応じた取り込みができないと、波形に欠落が出ます。私が組んだときは、取り込み部分だけ割り込みを使って、アセンブラでプログラムを書きました。かなり昔の話です(笑)。

https://www.contec.co.jp/product/device/analog/basic.html

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは...続きを読む

QMSの分解能ってなんですか?

GC-MSの入れ替えで各社のGC-MSのスペックをいろいろ調べています。 各社、分解能3Mとか2Mとか書いてあるのですがそれはどういう意味ですか?それが3Mだと何がよいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

MSでいう「分解能」でしたら「質量分解能」ですね。
簡単に言えば、マススペクトルのピーク群をm/zに応じてどれだけ細かく分離できるか、ということです。

MSで測定するときに一度に何種類もの物質を測定しようとする時に、各物質のm/zが離れていればいいですが、非常にm/zが近い物質、夾雑物が多い検体などを測定するときには、分解能が低いとm/zでの分離が不十分なため、真値が得られないことがあります。

分解能が高いことに越したことはないですが、若干値段に響いたり、メンテナンスが複雑になる可能性もあるので、闇雲に高い分解能にするよりは測定目的、測定物質など考慮して決めるのもよろしいかと思います。

Q【難質問】圧電素子の時間分解能について

衝撃波管実験に圧電素子とチャージアンプを利用しているのですが、

・チャージアンプの測定時間分解能に与える影響

圧電素子は原理的には、結晶の圧電効果から生まれる電気信号なので、時間分解能は高いように思えるのですが、「チャージアンプ」を入れることで、どれだけ時間分解能が鈍るのか?
つまり積分回路的な効果、時間積分されればそれだけ、時間分解能が下がるように思えます。
いわゆる圧電素子の固有振動数は、素子の構成部品に依存するはずですから、
トータルでどれだけの時間分解能になるのかが気になります。

つまり、「ピーク圧力=衝撃波先頭圧力」としてよいのか?

この問いに関わってくるのですが、どなたか電気回路・もしくはこの類の測定に詳しい方がいらっしゃればご教授お願いできませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「時間分解能」というのは曖昧な言い方ですが、
・高周波特性(カットオフ周波数): どれくらいの周波数の圧力変化まで信号として取り出せるか
・時間遅れ: 圧力が変化してから、信号に変化するまでの時間遅れ
のどちらの意味でしょうか?

>「ピーク圧力=衝撃波先頭圧力」としてよいのか?
かどうかを気にしているということは、インパルス入力等の非常に高い周波数成分を持っている入力信号がどれだけ正確に、出力信号に表れるかを考えている、ということで、主に、高周波特性についてですかね。
とりあえず、そうしておきます。

>チャージアンプの測定時間分解能に与える影響
まず、チャージアンプが内部で電流を時間積分していること自体は、高周波特性には全く影響しません。
チャージアンプというのは、電荷を測るものなわけですが、通常、電荷をいったん電流として流して(i=dQ/dtなので、ここで微分している)、測定した電流を時間積分して電荷に戻しています。(Q=∫idt)
というわけで、チャージアンプ内で時間積分するのは、元の信号(電荷Q)を(測定の都合上)いったん微分したものを元に戻すためなんで、理想的には、元の信号(電荷Q)が完全に再現される(全く影響を与えない)はずです。

チャージアンプの高周波特性を決めるのは、主にチャージアンプ内の電流測定回路の高周波特性です。もちろん、その後の積分回路の高周波特性が、電流測定回路の高周波特性よりも大幅に悪ければ、積分回路の高周波特性が、チャージアンプ全体の高周波特性を決めることになりますが、通常、あまり考えられないと思います。
とりあえず、お使いのチャージアンプの周波数応答特性(横軸:周波数、縦軸:ゲイン)を調べてください。

>圧電素子は原理的には、結晶の圧電効果から生まれる電気信号なので、時間分解能は高いように思えるのですが
圧電素子自体にも高周波特性があります。圧力素子のカットオフ周波数(これより高いの周波数の圧力変化は、そもそも圧力素子の表面電荷の変化として見えてこない)は、単純には、圧力素子の音速で決まります。
こちらも、圧電素子の仕様を確認してください。

おそらく、物理的に決まる、圧電素子のカットオフ周波数のほうが、チャージアンプのカットオフ周波数より低い(より問題になる)と思います。

「時間分解能」というのは曖昧な言い方ですが、
・高周波特性(カットオフ周波数): どれくらいの周波数の圧力変化まで信号として取り出せるか
・時間遅れ: 圧力が変化してから、信号に変化するまでの時間遅れ
のどちらの意味でしょうか?

>「ピーク圧力=衝撃波先頭圧力」としてよいのか?
かどうかを気にしているということは、インパルス入力等の非常に高い周波数成分を持っている入力信号がどれだけ正確に、出力信号に表れるかを考えている、ということで、主に、高周波特性についてですかね。
とりあえ...続きを読む

Q質量分析の分解能について

質量分析器の分解能の善し悪しが、測定結果にどう影響するのか、いろいろ文献を調べてみたのですがよくわかりません。
詳しい方に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

最近の質量分析器はほとんどデジタル化されているのでなかなか分りませんが、ピーク面積が正しくデジタル化されていると仮定して話をします。
例えば分子ピークM+を見たとき分解能が高ければM+1^+とM+との比で同位体含量が分かる事になりますが、この値の精度は分解能が高ければ信頼度が上がります。
一つの例として、ヘリコバクター・ピロリ菌の胃内での有無を調べる方法に13Cラベルした尿素を用いる方法があります。ピロリは自分の身体を守るため胃内の尿素を分解しCO2とNH3に加水分解するウレアーゼ活性を持っています。そこで13Cラベルした尿素錠剤を飲んでしばらく横になり、15分後に呼気検査をします。呼気中に13Cを含むCO2が12Cを含むCO2の中に「有意に」多ければピロリが居ることの証拠となります。このときも二つのピークの面積が信頼できるか否かが問題になります。
さらに高分解能質量分析器では元素の各種安定同位体質量の整数からのずれの大きさから各々のピークの元素構成が分かり、不安定化合物では元素分析の代わりとして報文に載せることも可能です。この場合ピークの分解能は1ドルトンの十万分の一程度が必要です。

最近の質量分析器はほとんどデジタル化されているのでなかなか分りませんが、ピーク面積が正しくデジタル化されていると仮定して話をします。
例えば分子ピークM+を見たとき分解能が高ければM+1^+とM+との比で同位体含量が分かる事になりますが、この値の精度は分解能が高ければ信頼度が上がります。
一つの例として、ヘリコバクター・ピロリ菌の胃内での有無を調べる方法に13Cラベルした尿素を用いる方法があります。ピロリは自分の身体を守るため胃内の尿素を分解しCO2とNH3に加水分解するウレアーゼ...続きを読む

Qカメラの分解能について

カメラの分解能は現在最高はいくらですか?

分解能の逆数は感度ですが感度は0になる場合がありますか?

感度の変化は0付近で0に無限接近しているような感じですか?

Aベストアンサー

ご質問の意味が解りかねます。
おそらくほとんどの閲覧者も意味がつかめず、回答をためらうことと思いますので、補足説明をされた方が良いでしょう。

カメラに関して「分解能」と言えば、ふつうはどれくらいの大きさ(小ささ)まで識別できるかと言う目安であり、
「感度」と言えばふつうは、どれくらいの明るさ(暗さ)まで識別できるかと言う目安ですよね。
ですので
> 分解能の逆数は感度ですが
の関係がよく解らないのです。

デジカメの場合なら、分解能はレンズの焦点距離とCCDなど受光素子面の大きさ&画素数で決まり、
感度の方は素子自体の感光性能とレンズの口径で決まるのだと思います。

もしかして銀塩フィルムの場合の、感光した粒子の大きさと感度との関係をご質問されているのでしょうか?

Q同位体 質量分解能について質問です。

下の画像の問題の解答でわからないところがあるので質問させていただきます。
問題↓
http://www.fastpic.jp/images.php?file=8875134473.jpg

解答が以下の通りになっていましたが、1点疑問があります。
80Kr++の質量を2で割るのはどうしてですか?
http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=7144429162.jpg

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質量分析器(おもにMSと略されるもの)の原理はわかりますか?
質量分析器はイオン化した原子または分子を電磁場で分離することにより、質量を区別します。
このことから、質量分析器で測定できる量というのは、実際には質量/電荷(よくm/zの記号であらわされる。)なのです。
80Kr++を2で割るのは、電荷が二倍になると電磁場による分離能力が二倍強く働くため、実際の質量の2分の1の値のところにスペクトルが検出されるためです。
(詳しい原理・理論については教科書や文献をあたってください。)

以上、参考まで。


人気Q&Aランキング