日本薬局方 一般試験法 6.07 注射剤の不溶性微粒子試験法
第1法 光遮蔽粒子計測法 に定める校正の粒径分解能の項目に
試験粒径と総計数の16%及び84%計数する閾値粒径との差が10%以内であること。
とあるのですが、どういう式でこの結果をもとめればいいのでしょうか?
ちなみに粒径分解能:7.9%となる場合、

16%計数する閾値粒径:11.224(μm)
84%計数する閾値粒径:9.972(μm)
だそうです。

どなたかご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「試験粒径と総計数の16%及び84%計数する閾値粒径との差が10%以内であること。

」という文章は、不溶性微粒子試験法第1法の粒径分解能に関する基準です。「粒径分解能」という用語の定義とは無関係だと思われます。従って質問文の後半で記載されている例題は、問題となっている文章とは無関係な気がしますが、どこからの引用でしょうか?

 問題となっている文章を数式に訳すと、
100×([試験粒径]-[総計数の16%])/[試験粒径]=<10
AND
100×([総計数の84%]-[試験粒径])/[試験粒径]=<10
となります。ただし、「10%」が何に対しての百分率なのか書かれていないので、試験粒径に対する百分率を取りました。

参考URL:http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/
    • good
    • 0

すみません。


JPTI2006のP.211~212辺りに詳しく出ていますので、
ご覧下さい。
    • good
    • 1

試験粒径は、10μmのPSLを用いるので、


試験粒径を10μmとすると、
(11.224-10)/10×100=12.24%
(10-9.972)/10×100=0.28%
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問者です。
情報不足で申し訳ございません。
PSL粒子は10.35μmを使用します。
あと粒分解能は7.9%になるということなのですが.....

お礼日時:2009/05/14 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバーコードの分解能

バーコードの分解能について教えてください。
バーコードスキャナの仕様に分解能1.0mmなどの記載がありました。
この分解能1.0mmとは、バーコードのどの部分が1.0mmなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バーコードリーダーのメーカーの者です。

最少分解能はバーコードの細いバー太さのことです。1.0mmは太いですよね。細バー1.0ではバーコード自体がずいぶん大きくなってしまう気がします。(太い方のバーが3mmくらいになってしまう。)

一般的にスーパーのレジなんかで読ませているコード(JANコード)なんかは細バーが0.25~0.4mmくらいで構成されていますから・・・かなり性能的には大雑把なスキャナーのようですね。(もしかして0.1mmの間違いでは?)

Qヒ素試験(日本薬局方)の原理について

現在、食品会社に勤務しています。ヒ素試験(薬局方・第4法・装置B)を担当することになったのですが、薬局方を見ても原理がいまいちわかりません。原理について詳しく教えていただけないでしょうか?
また、操作(酢酸鉛試液含有ガラス綿)について、薬局方では「酢酸鉛試液及び水の等量混液で均等に潤した後、排気管Bの下端から弱く吸引して、過量の液を抜く」とありますが、何か吸引装置みたいなものはいるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

第4法の方法により前処理をして
発生瓶に入れて、試薬を入れるとサンプル中に含まれるヒ素が
ヒ化水素として発生します。
そのヒ化水素をジエチルカルバミン酸銀の液に通じると遊離コロイド状の銀(赤色)が発生します。
発生量は、ヒ化水素量に比例するため、その色の濃さで判定できるわけです。

「酢酸鉛試液及び水の等量混液で均等に潤した後、排気管Bの下端から弱く吸引して、過量の液を抜く」
については、トラップを付けたアスピレーターで軽く吸引すればOKです。

Q日本薬局方試薬とは何ですか?

家庭用品の有害物質の検査で日本薬局方試薬を使用するように記載されています。日本薬局方試薬とは何ですか?
また、その試薬が日本薬局方試薬かどうかどのようにして調べればいいのでしょうか。JISの特級、1級とかはよく使いますが、日本薬局方というのはなじみがありません。

Aベストアンサー

まず日本薬局方というのは、日本で製造・販売されている医薬品の規格や試験法等が記載されているものです。現在第十五改正まで出ています。
この日本薬局方において規格が設定されている試薬が、日本薬局方規格の試薬です。
薬局で売っている精製水などがあります。
日本薬局方のホームページのURLをあげておきます。
「第十四改正日本薬局方」をクリックして目次へ進み、「第十四改正日本薬局方第二部」の「第二部医薬品各条」に進んでください。
生薬などとともに試薬が記載されています。
ちなみに第十四改正日本薬局方第一部の「70. 標準品,試薬・試液,容量分析用標準液,標準液,色の比較液,波長及び透過率校正用光学フィルター及び計量器・用器」には日本薬局方の試験等で使用する試薬等が記載されています。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/yakkyoku/

Q日本薬局方の乾燥減量試験について

乾燥減量をする際の条件にシリカゲルや、硫酸、五酸化りんなどを使いますが、これらの使い分けは何によってされてるんでしょうか?
水分の吸収(吸着?)の度合いなのでしょうか?

この原料は水分が多いからこの条件で。。。みたいな感じで作られて
るんでしょうかね~??????

Aベストアンサー

乾燥減量試験は、温度、時間、減圧度、デシケーターの乾燥剤などの指定がしてありますが、
その水分が完全取れる方法をバリデートして検証して結果により条件を設定しています。

したがって、それらの実験の結果により正しく水分の測定できる方法によるものです。

QTEM、STEMの分解能

電子顕微鏡をこれから仕事で扱うことになりました。

そこでわからないことがあるのですが、
TEMは収束させた電子線を拡大させるのに対し、STEMは収束した電子線を
走査すると習いました。

TEMは拡大するのですから、STEMよりも分解能が落ちると思うのですが、
結晶性の物質を高分解能でみるにはTEMがいいといわれました。

実際、高分解能観察にはTEMとSTEMのどちらがいいのでしょうか。
また、TEMは拡大させるのに高分解能で観察できるのはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを使うかはケースバイケースです。

SEMは分解能に劣りますが取り扱いが楽です。通常のルーチン測定なら、数時間レクチャーを受ければ測定できると思います。試料の前準備もそれ程手間ではありません。また試料の立体的なデコボコにも強いです。

TEMは単原子層を区別できる高い分解能がありますが、試料の薄片を用意するのがとにかく面倒くさいです。経験者にレクチャーを受けつつ、しばらくは標準的な試料で練習する必要があります。いきなり本番では、実験で得た貴重なサンプルを台無しにしてしまう可能性が高いです。

通常のルーチン測定はSEM、検討を重ねた結果どうしても原子レベルでの位置分解能が必要な場合のみTEM、こういった運用をしている所が多いのではないでしょうか。


仕事で必要で今から勉強するということであれば、「表面分析技術選書」シリーズから実務向きの入門書が出ているのでお勧めします。

http://www.amazon.co.jp/dp/4621073613
http://www.amazon.co.jp/dp/462108156X

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを...続きを読む

Q日本薬局方・フェノールの確認試験

フェノールの確認試験で、塩化鉄((3))試液を加えるとキレートを形成しますが、どのような形なのでしょうか?図の描いてあるサイト、本などあったら教えてください。(サイトは探したのですが見つかりません…)

また、臭素液を加えると白色沈殿を生じ、揺り動かすと初めは溶けますが、過量を加えると溶けなくなるというのは、最初にできる2,4,6-tribromophenolは溶けるけれど、2,4,6,6-tetrabromo-cyclohexadien-(1,4)-one-3は不溶であるということであっていますか?

どうか回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

> フェノールの確認試験で、塩化鉄((3))試液を加えるとキレートを形成しますが、どのような形なのでしょうか?

 薬学部の方でしょうから図書館で「有機分析」等の有機化合物の定性分析の本を探してみて下さい。図はともかく説明は見付かる可能性があります。

 例えば,手元の「有機分析 第六改稿版」(百瀬勉・著,廣川書店,平成3年11月,手元の15刷は平成14年2月)によると,『鉄イオンの水和分子にフェノールが置換し,鉄イオンの影響を受けて酸性を増したフェノールがプロトンを失って錯塩を作ると考えられる』とあります。

 反応式では,

  Φ-OH + [Fe(H2O)6]3+ ⇔ H2O + [Fe(H2O)5(Φ-OH)]3+
  [Fe(H2O)5(Φ-OH)]3+ + H2O ⇔ H3O+ + [Fe(H2O)5(Φ-O)]2+

> 最初にできる2,4,6-tribromophenolは溶けるけれど、2,4,6,6-tetrabromo-cyclohexadien-(1,4)-one-3は不溶であるということであっていますか?

 こっちは,図書館に「日本薬局方解説書」というものがあると思いますので,その「フェノール」の所を御覧下さい。

 私の手元にあるのは「第十一改正日本薬局方解説書」(廣川書店)ですが,お書きの事が構造式入りで出ています。つまり,お書きのもので【合っています】。

> フェノールの確認試験で、塩化鉄((3))試液を加えるとキレートを形成しますが、どのような形なのでしょうか?

 薬学部の方でしょうから図書館で「有機分析」等の有機化合物の定性分析の本を探してみて下さい。図はともかく説明は見付かる可能性があります。

 例えば,手元の「有機分析 第六改稿版」(百瀬勉・著,廣川書店,平成3年11月,手元の15刷は平成14年2月)によると,『鉄イオンの水和分子にフェノールが置換し,鉄イオンの影響を受けて酸性を増したフェノールがプロトンを失って錯塩を作る...続きを読む

Q日本薬局方でスキンケア

毎日スキンケアで使うものを近所の薬局でも買えるようなるべくシンプルにしたくて調べてるんですが、日本薬局方の商品は医療の現場でも使われてるみたいで基本的に安心して使えると思うのですが、日本薬局方の商品を使ってどんなスキンケアができますか?
ここのサイトでリンス代わりにクエン酸、オリーブオイルがクレンジング代わりになるのは知りました!ほかに「OOは洗顔代わりになる」「△△で美白効果あり」など日本薬局方の商品を極めてる方やスキンケアはオール日本薬局方のもの使ってるよって方、アドバイスおねがいします!

Aベストアンサー

安全、かつ経済的なので、薬局方ケアにハマリ中です
今やっていることを簡単にあげてみますね

・精製水 
 (1)洗顔後にふきとると水道水の塩素除去ができる
    http://oak.zero.ad.jp/~zab11733/kirei/fr-kirei.htmでも紹介されてました
 (2)お風呂でウォーターマッサージ、コットンパックを湿らせる  
    佐伯○ズさんのメソッドの内のひとつで、やった直後は肌がふっくらと白くなります
    化粧水の浸透も良くなるようです

・グリセリン
 (1)精製水に混ぜ、化粧水に
 (2)クエン酸リンスに加えて、潤いUP

・炭酸水素ナトリウム(重曹)
 (1)よく泡立てた洗顔剤にごく少量を加えてよく混ぜ、スクラブ洗顔
   または、グリセリンで練ったもので小鼻の毛穴詰まりケア
 (2)入浴剤に(大さじ3杯くらいをバスタブに入れる)
    何も入れないときよりもよく温まり、浴後さっぱりとします

・クエン酸
 (1)ごく少量(クエン酸リンスを小さじ1杯弱)加えて洗顔のすすぎ→簡易ピーリング
    ツルリとむき卵みたいになります

他にも参考URLで「薬局方」と入れて検索すればたくさん出てきますので
お好きなものをどうぞお試し下さい
楽しいですよ(^^

参考URL:http://www.cosme.net/login/login/bmodule/my/baction/index

安全、かつ経済的なので、薬局方ケアにハマリ中です
今やっていることを簡単にあげてみますね

・精製水 
 (1)洗顔後にふきとると水道水の塩素除去ができる
    http://oak.zero.ad.jp/~zab11733/kirei/fr-kirei.htmでも紹介されてました
 (2)お風呂でウォーターマッサージ、コットンパックを湿らせる  
    佐伯○ズさんのメソッドの内のひとつで、やった直後は肌がふっくらと白くなります
    化粧水の浸透も良くなるようです

・グリセリン
 (1)精製水に混ぜ、化粧水に
 (2)クエ...続きを読む

Q生分解性高分子の分解率の分析法

土壌中に生分解性高分子を埋設しその分解率を調べる方法として、現状高分子の成形体(ダンベル)を土中に埋めてその重量変化や物性(引っ張り強度など)の経時変化で見ていますが、分解していく状態を定量的に分析する手法は他にありませんか?よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

生分解高分子の分解度の評価方法は、次の日本工業規格(JIS)に定められています。
JISK6950
JISK6951
JISK6953

このうちご質問の内容に近いものは
JISK6953「プラスチック-制御されたコンポスト条件下の好気的究極生分解度及び崩壊度の求め方-発生二酸化炭素量の測定による方法」
でしょう。

JISの内容は次のホームページより検索、閲覧できます。
http://www.jisc.go.jp/app/pager?%23jps.JPSH0020D:JPSO0010:/JPS/JPSO0020.jsp=

また、生分解プラスチック研究会のホームページも
参考になります。
http://www.bpsweb.net/

以上

参考URL:http://www.jisc.go.jp/app/pager?%23jps.JPSH0020D:JPSO0010:/JPS/JPSO0020.jsp=

QAD変換器の分解能について

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞いた時と同じように再現される

③分解能が高いと何が悪いのか
→細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。データ容量が増加する。

④分解能が低いと何がいいのか
→デジタル表現する際の計算時間が短く済む。データ容量が小さくなる。

⑤分解能が低いと何が悪いのか
→もとのアナログ信号の再現性が低くなる。例:音がバリバリ聞こえる等(ここが特に漠然としている)


どんな小さなことでも構いませんのでご指摘をいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞...続きを読む

Aベストアンサー

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは級数的に高価になります。データ容量に関しては、その通りです。デジタル化したbit数と共に、単位時間当たりのデータ量が増加します。
④ "デジタル表現する際の計算時間が短く済む。" ← 分解能が低い場合は、サンプリング周波数が低くて済みますので、能力の低いコンバータでも十分間に合います。データ容量に関しては、その通りです。
⑤ "例:音がバリバリ聞こえる等" ← サンプリングの間隔が広いので、いわゆる音飛びが生じているのでは。分解能が高い場合は、滑らかに変換されるので、アナログデータの急激な変化にも対応できますが、低い場合は、レベルの変化が激しくなるのでしょう。

通常は、サンプリングしてA/Dコンバータでデジタル化、マルチプレクサで出力してマイコンに読み込みますが、そのデータ列に応じた取り込みができないと、波形に欠落が出ます。私が組んだときは、取り込み部分だけ割り込みを使って、アセンブラでプログラムを書きました。かなり昔の話です(笑)。

https://www.contec.co.jp/product/device/analog/basic.html

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは...続きを読む

Q示差熱分析の分解能について

示差熱分析(DTA)の分解能について調べているんですが、用いる試料の量と分解能には何か関係があるそうで、それを知りたいのです。
本を読んでいるのですが、なかなか見つかりません。
乗せているサイトや、文献があったら是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分解能ですか・・・DTAですと、どんなけ小さな温度差を分析できるか、つまり熱電対の性能を表すのかな?

 発熱・吸熱が大きければ分解能が低くても検知できるでしょうから、装置に決められた試料量で極微少の発熱・吸熱しか示さないような場合に、分解能が~という話にはなると思います。

 分解能はそのままで、この極微小の吸熱・発熱を検知するには、
   (1)試料の量を増やす
   (2)昇温速度を早くする
 といった対策が考えられます。分解能が低くても、試料を増やしてやれば発熱・吸熱の量は大きくなりますから、検知しやすくなると思います。

 どれだけ、吸熱・発熱するかが、検知できるかどうかの決め手になります。吸熱・発熱の量は試料量に依存するので、試料量と分解能に関係が有ると言えるのかもしれませんが・・・少し乱暴な気がします。


人気Q&Aランキング