外人作家の児童文学の名作を探しています
幼児向けの絵本ではなく、児童が読む文学を読もうと思っています
しかし児童文学には手をつけたことはなく、何が大人でも読める本かわからない状態です

できれば
「大人になって読み返したら、こんなこと言いたかったんだ」
など大人になって読み返して好きになった作品
(子供の時には気づかないことだけど大人になって初めて気づく表現や
内容)
例えば星の王子様のような作品です

原本は英語の作品ならベストですが、日本語以外の欧米作品なら大丈夫です
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ロバート・アトキンソン・ウェストール「猫の帰還」


児童文学ではありませんが、ル・グウィン「空飛び猫」「帰ってきた空飛び猫」「素晴らしいアレキサンダーと空飛び猫たち」「空を駆けるジェーン」絵本です。
「烈々たる日本人」よしだみどり著、吉田松陰の伝記を書いたスチーブンソンのお話です。「ヨシダトラジロウ」という作品をスチーブンソンが残しているようです。幕末から明治維新、明治時代の日本の近代化にスチーブンソン家の灯台技術がもたらされたこと、スチーブンソンが土木工学(灯台建設、灯台設計、灯台管理)から作家へ針路変更する悩みなど、面白いでした。
    • good
    • 0

ロバート・ウェストール「クリスマスの猫」「かかし」

    • good
    • 3

岩波書店「児童文学論」

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/2/0009220.html
「六月のゆり」バーバラ・スマッカー作、いしいみつる訳。
    • good
    • 0

私が大人になってから読み返して良かった本は、なんといっても『赤毛のアン』シリーズですね~。


子どもの頃は、アンと等身大で、面白おかしく読んで大好きな1冊でした。
大人になって子どもを生んでからまた読んでみると、印象が違っていてところどころ涙が止まらなくなりました。

ですが、これはどちらかというと女性向な本なので、(質問者さんが女性とは限らないので)男性向きと考えますと
フィリップ・ターナー『シェパートン大佐の時計』『ハイフォースの地主屋敷』『シーペリル号の冒険』
古き良き時代、少年時代を思わせてとても楽しい本です。男の子だったらこんな生活憧れるだろうなと。
大人になってから読むと、周りの大人の目線の優しさにハッとさせられます。

どちらも質問者さんの求める『星の王子様』のような「深イイ話」とはまた違う世界かもしれませんが、どちらも読後感清涼、名作文学だと思います。

「深イイ話」を求めるのであれば、童話をお薦めします。
イソップ、グリムあたりはなかなか読み返すと味わい深いですよ~。
と来ると、トルストイの『イワンのばか』も外せませんなぁ(笑)

あ、あと見かけ絵本ですが、アクセル・ハッケ『ちいさなちいさな王様』お薦めです♪
    • good
    • 3

大人になってからびっくりしたのはルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』でした。


小学校四年生くらいに読んだときには変てこりんな本だなあという印象しかなかったんですが、
後年、「最近感動した本は?」という問いかけに詩人の吉岡実がこの本を挙げているのが意外で、
早速読み返してみて、、、やっぱりわからず(笑)それから徐々に面白さがわかってきました。
姉妹作の『鏡の国のアリス』、物語風ナンセンス詩『スナーク狩り』も併記しておきます。

ウォルター・デ・ラ・メアの短編集『デ・ラ・メア物語集』は三分冊で大日本図書から出ていて、
いずれも不思議な雰囲気。編中の一編『ルーシー』の主人公の悲哀感なんて子供にわかるんでしょうか。
『白い鳥のおとずれ』『かかし』『ハエになったマライア』あたりなども興味深く読みました。

それから、イタリアのロベルト・ピウミーニ。
『アマチェム星のセーメ』はもう一つの『星の王子』でしょうし、
『光草-ストラリスコ』も忘れがたいところです。
『ラウラの日記』は、むかし少女だった人には殊に魅力がありそうな気がします。

すでに名前の挙っているオトフリート=プロイスラーの『クラバート』は大人にとっても大変な、大汗をかかせる一冊だと思います。

1970年代からでしょうか、児童書は急激に多様多彩、豊富になりました。
岩波はもとより、いま思いつくだけでも偕成社、ポプラ社、小学館、福音館、理論社、岩崎書店などなど、いい本を目白押しに出しているという印象です。
絵本にも侮りがたいものが山ほどある。
質・量ともに子供に独占させておくのはもったいない。
大人もどしどし横取りして読み耽りたいですね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんな本を詳細に紹介していただき
とても参考になりました
時間が取れ次第読んでいこうと思います
回答ありがとうございます

お礼日時:2009/05/21 17:00

>児童文学には手をつけたことはなく、何が大人でも読める本かわからない状態です



子供の頃にもあまり読んでいないと言う意味ですか?それとも大人になってからは児童文学に目を向けなかったという意味ですか?
もしも児童文学をあまり読んでいないのなら、岩波少年文庫(優れた作品が厳選されています)を次々読んでみるとか。
前の回答者の方がおっしゃるように、ケストナー、リンドグレーン、あとプロイスラーなどはどれを選んでも面白いです。英語圏ならフィリパ・ピアスとかカニグズバーグなど。
それとフォレスト・カーターは私もぜひおすすめします。児童文学というよりも大人が読んだ方がさらに面白い作品だとおもいます。
私自身は子供の頃読んだのがほとんどが日本の作品だったので、大人になって海外の作品を読み始めて、子供の頃だったらどんなふうにかんじたかなあと思ったりします。優れた作品は大人になって出会っても、わくわくしたり心が暖かくなったり、出会えてよかったと思えます。

この回答への補足

>子供の頃にもあまり読んでいないと言う意味ですか?それとも大人になってからは児童文学に目を向けなかったという意味ですか?
後者ですね
岩波少年文庫が名作ぞろいなんですね。調べてみようと思います
その中でもこれはというものがあれば私的でかまいません。どしどし募集中です

補足日時:2009/05/16 09:17
    • good
    • 0

Winnie-the-Pooh クマのプーさん、プー横丁にたった家 The House at Pooh Corner


ですかね、小学生の時に買ってもらった本をいまだに時々読んでいます。

ケストナーの本もわからない部分があったので読んでみたい。
リンドグレーンは今読んだらどう思うのだろう。
やはり翻訳というと岩波少年文庫の本が多いですね。(なぜ「少年少女文庫」という名称ではないのでしょうか)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ぜひ読んでみようと思います

お礼日時:2009/05/21 16:56

図書館の司書、児童文学の専門家に聞くのが一番良いのですが。


岩波少年文庫の第1冊目が「星の王子さま」?岩波書店の児童文学。
福音館書店の古典童話シリーズ。
書店で聞いてみてください。「あしながおじさん」「ハイジ」「二年間の休暇」(十五少年漂流記)「宝島」・・・
岩波ジュニア新書「児童文学を英語で読む」?百々佑利子著。
「リトルトリー」フォレストカーター著。

この回答への補足

なんといいましょうか
児童文学という言葉は児童の本という意味も入り
裾野が広すぎるので限定する意味をこめて「できれば~」という表現を上の質問に含めました。子供のころはただ楽しい本なのに、
大人になると考えさせられる本に変わってる。そういう意味の面白さといいましょうか。
児童文学という形態ですが文学としてもみれる作品を探してます
専門家よりもっと私的でかまいません。
どしどし募集中です

補足日時:2009/05/15 09:53
    • good
    • 0

英語圏の作品ではないのですが、トーベ・ヤンソンの「ムーミン谷」のシリーズ(7巻くらいあると思います)。


「ああ、あのムーミンね」と誰でも知ってるキャラクターですが、文学としてすばらしい作品です。子供はこどもなりに大人は大人としての読み方ができます。奥が深~い作品です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
順番に読んでみようと思います

お礼日時:2009/05/15 10:02

ミヒャエル・エンデが好きです。


映画にもなった「はてしない物語」の作者です。
(映画は浅い話になっちゃいましたね。)
児童文学の形をとりながら、文明論になっています。
「モモ」もいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ぜひ両方読んでみようと思います

お礼日時:2009/05/14 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤い鳥

大正時代(?)の「赤い鳥」という雑誌について教えてください。
芥川の「くもの糸」が掲載されたそうなのですが、他にはどんな作品が掲載されたのでしょう?

たぶん今の児童文学にも影響があると思うのですが、もし「赤い鳥」の雰囲気(特に文体)を受け継いでいるような本があれば、それも教えてください。

Aベストアンサー

私もよくわかりませんがこれを参考し探してください

参考URL:http://www.hi-net.ne.jp/~asaba/index.html

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q♪ 五つの赤い風船 赤い鳥 ハイ・ファイ・セット・・

♪ 五つの赤い風船 赤い鳥 ハイ・ファイ・セット・・
皆さんこんにちは!!今回はこれらのアーチストです
紙風船も含んでお答えお願いします。
みなさんのお気に入り教えていただけませんか。
僕もあまり知りませんので すみません

参考になさってくださいね 
☆五つの赤い風船~
遠い世界に・恋は風にのって・遠い空の彼方から・まぼろしの翼と共に
☆赤い鳥
翼をください・誰のために・・
☆ハイ・ファイ・セット
冷たい雨・卒業写真・・・
☆紙風船
冬が来る前に・・・

Aベストアンサー

またまた古いのが出て来ましたねぇ~
私の年代でも既に記憶の彼方と言うか‥
マジ三、四十年前ですよねぇ~

ハイファイセット・紙風船・赤い鳥はちょっと大人っぽいバラードを唄うグループで、
五つの赤い風船は、ちょっとアクのあると言うか、クセのある、いかにもフォークって感じのグループでした。

私の好きなのは五つの赤い風船ですね。

余り知られていない曲ですが‥
《たまには一度は》歩いてみるのもいいものです
僕にはこんな時もいるんです‥‥

って歌が有りまして、そののんびりテクテク歩いている感じが大好きでした。

それから‥
《もしも僕の背中に羽が這えてたら》
って曲は、歌声がスピーカーの右へ左へと移動して、演奏がグルグル回るんですよね。
聴く度に楽しくなります。

レコード未だに持ってますけど、しっかりケータイの着うたフルにも入ってます。

でも、たま~にしか聴いてないなぁ‥
だって、私一番好きなのヘヴィメタなんですよ、歳に似合わず。
それとアニソンとか。
今好きなのはEIZO Japanかな。
あ、段々質問から遠退いて来たので、もう止めます。

いつも質問楽しく読ませて貰ってますよ!
楽しい質問ばかりで大好きです。

またまた古いのが出て来ましたねぇ~
私の年代でも既に記憶の彼方と言うか‥
マジ三、四十年前ですよねぇ~

ハイファイセット・紙風船・赤い鳥はちょっと大人っぽいバラードを唄うグループで、
五つの赤い風船は、ちょっとアクのあると言うか、クセのある、いかにもフォークって感じのグループでした。

私の好きなのは五つの赤い風船ですね。

余り知られていない曲ですが‥
《たまには一度は》歩いてみるのもいいものです
僕にはこんな時もいるんです‥‥

って歌が有りまして、そののんびりテクテク...続きを読む

Q古典文学の原本を読むには?

源氏物語の原本、青表紙本を読めるようになりたいのです。どんな方法があるか、教えていただけませんか。書道から、あるいは国文学から進むのか、などをお願いします

Aベストアンサー

P2B-Bさんの「最初は、活字の本を横に並べて、「対訳本」的な役割を担わせながら、本文を読み進めていくのがベターかもしれません」という方法に賛成です。例えば、新典社の「影印校注古典叢書1『桐壺』」(850円、他の巻もあります)などは、上段の翻刻と下段の影印を対照させてありますから、coco61さんの目的にかなうだろうと思います。


さらに、「変体かなの手引き(武蔵野書院)」「変体かな字典(おうふう)」といったものを一冊お求めになって、適宜字体や字母を参照なさるとよいでしょう。

参考URLは、大正大学付属図書館蔵の源氏物語の写本です。「桐壺」の冒頭部分を活字に翻刻すると以下のとおりです。雰囲気を感じてくだされば幸いです。


いつれの御時にか女御更衣あまたさふら
ひ給ける中にいとやむことなきゝはにはあら
ぬかすくれてときめき給ありけりはしめ
より我はと思あかりたまへる御かた\/めさ
ましき物にをとしめそねみたまふおなし
ほとそれより下らうの更衣たちはまして
やすからす朝夕の宮つかへにつけても人
の心をうこかし恨をおふつもりにやあり
けむいとあつしくなりゆきもの心ほそけに

参考URL:http://www.lib.tais.ac.jp/genji/

P2B-Bさんの「最初は、活字の本を横に並べて、「対訳本」的な役割を担わせながら、本文を読み進めていくのがベターかもしれません」という方法に賛成です。例えば、新典社の「影印校注古典叢書1『桐壺』」(850円、他の巻もあります)などは、上段の翻刻と下段の影印を対照させてありますから、coco61さんの目的にかなうだろうと思います。


さらに、「変体かなの手引き(武蔵野書院)」「変体かな字典(おうふう)」といったものを一冊お求めになって、適宜字体や字母を参照なさるとよいでしょう。
...続きを読む

Qよく学校などで歌われる歌の、「翼をください」は、もともと「赤い鳥」とい

よく学校などで歌われる歌の、「翼をください」は、もともと「赤い鳥」というフォークグループが歌っていたのですか? 「紙ふーせん」というグループが歌っていたのですか? 申し訳ありませんが教えてください。

Aベストアンサー

 赤い鳥がオリジナルです。紙ふうせんは元赤い鳥のメンバー同士が結婚した後に結成した夫婦デュオで、こちらも「翼をください」をカバーしています。

Q大人が読んでも感動できる児童文学ありますか?

感動系の児童文学を探しています。
文学系でもファンタジー系でもSF系でもかまいません。
大人の鑑賞に堪えるものがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

感動・泣けるなら
フランダースの犬 とか・・・
黒馬物語
ああ、無常(レ・ミゼラブルor銀の蜀台)
楽しむのなら
15少年漂流記
流行ものなら
ハリポタとか、今度映画化される ナルニア国物語
女性向けなら
赤毛のアンシリーズ
若草物語(続編は一気に大人向のような気が・・・)
日本モノなら
ごんぎつね とか・・・
少年探偵団シリーズとかも、推理好きなら好いか?
SFなら
アシモフの 何かが道をやってくる 
ヴェルヌの 海底二万マイル

古典的なタイトルばかりですみません・・・

Q童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。

童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。
鳥類の進化が今後も続くとすれば、南天やピラカンサの赤い実を好んで啄むヒヨドリも数千万年の後に、赤いヒヨドリに進化する可能性はあるのでしょうか?
年中、赤い実を食べていないと、その可能性はないですかね?
ふとそんな疑問を感じたので投稿します。
どなたか進化の可能性を教えてください。

Aベストアンサー

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作が必要です。(自然界の遺伝子操作とは、細胞分裂時等に何らかの原因で遺伝子のコピーミスが起きることです)。
↑人間が米になるには、米を食べるのではなく、人間の遺伝子を米の遺伝子に置き換えなければいけないのと同じです(実際はそんなことはあり得ませんが)。


フラミンゴは赤い色素を摂取することで「フラミンゴ色」に染まっていますが、食べなければ白いフラミンゴです。それは何万年経っても同じです。これは乱暴に言えば、体に色を塗っているようなもので、遺伝子とは何も関係がありません。

仮にその色素を摂取しなくても「フラミンゴ色」になるフラミンゴが出現したとしても、その原因は赤色色素を摂取したからではありません。遺伝子が偶然そのような突然変異を起こしただけのことです。

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作...続きを読む

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。

Q赤い鳥はどうなったか?

亜麻色の長い髪の乙女 という歌が最近 よく耳にします。
家内と 最近は亜麻色の髪の人ばっかりになったなぁ と話から
ヴィレッジシンガースの頃の話題になり、流れ流れて 
次の疑問にて止まってしまいました。
皆様、流れがわかる方 宜しくお願い申し上げます。

赤い鳥というグループ と高橋真理子さんがおられたペドロ&カプリシャスというグループは 紙風船・サーカス・ハイファイセットに分かれていった? 家内と私も記憶は曖昧でちょっとした論議になってしまいました。

Aベストアンサー

赤い鳥の当初のメンバーは、
   後藤悦治郎(ギター)
   平山泰代(ピアノ)
   新居潤子(ギター)
   山本俊彦(ギター)
   大川茂(ベース)  ですね。
後藤さんと平山さんが結婚されて、「紙ふうせん」に・・・
新居さんと山本さんも後に結婚されましたが、大川さんと3人で
「ハイファイセット」を結成されて、それぞれ活躍されました。

ペドロ&カプリシャスの最初のメンバーは・・・
検索の結果、メンバー順不同ですが、列挙します。
   リーダー、パーカッション  ペドロ梅村
   ヴォーカル  前野曜子、高橋まり、加藤なお(NAO→松平直子)
   フルート、サックス  ヘンリー広瀬、河野温
   エレクトリック・ギター  古城マサミ、佐藤誠
   キー・ボード  関森 清
   エレクトリック・ベース  佐渡岩男
   ドラムス  鈴木正夫、佐藤 仁、渋谷 明、前田富博
   バス  宮本博敏  岡田祥希
   パーカッション  後藤嘉文

現メンバー
   リーダー、パーカッション  ペドロ梅村
   ヴォーカル  松平直子 
   バス  宮本博敏
   フルート、サックス  河野温
   ドラムス  前田富博
   エレクトリック・ギター  佐藤誠
   バス  岡田祥希
   パーカッション  後藤嘉文

初代ボーカルの前野曜子さん(別れの朝は大好きでした)も
2代目ボーカルの高橋真梨子さんも、すごく上手で大ファンでした。
カラオケの持ち歌にしています(笑)。

そう言えば、高橋真梨子さんもメンバーだった広瀬さんと結婚されたんですよね。

と、言うことでサーカスは別グループでした(結論まで長すぎ!)
   

参考URL:http://home4.highway.ne.jp/araik/akaitoriinterm.htm

赤い鳥の当初のメンバーは、
   後藤悦治郎(ギター)
   平山泰代(ピアノ)
   新居潤子(ギター)
   山本俊彦(ギター)
   大川茂(ベース)  ですね。
後藤さんと平山さんが結婚されて、「紙ふうせん」に・・・
新居さんと山本さんも後に結婚されましたが、大川さんと3人で
「ハイファイセット」を結成されて、それぞれ活躍されました。

ペドロ&カプリシャスの最初のメンバーは・・・
検索の結果、メンバー順不同ですが、列挙します。
   リーダー、パーカッション...続きを読む

Q文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。

しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。
他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。
その東洋文化系の必修科目や専門科目は、
・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語
・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学
がほとんどという印象でした。
国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。
さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。
教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。
京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。

これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか?

古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。
文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。
それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか?

文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学、政治学などの社会科学はもとより心理学や哲学といった思想系、時には人間が対象として観察している自然科学分野にまで及びます。そしてそうした全てをひっくるめた歴史にも脚を踏み入れねばならないことも普通です。
 「小説を読むのが好き」と仰る質問者からすれば、近代以前の作品は「小説」ではないのかもしれません。けれど『蜻蛉日記』や『更級日記』も解釈次第では「小説」でもあるとの事実を忘れてはならないでしょう。両者は共に「私小説」です。それは「私に降りかかった事象」を私の目線で見たこととして「自己対象化」の要件を完璧にクリアしていることによります。
 この要件を近代以後の作品に適用してみるならば、漱石、竜之介、そして公房や由紀夫、健三郎といった作家全てにあてはまることにもなります。
 こうしたことを考えてみると、最初の質問である「文学を学ぶ」とはどの様な意味を持ってくるといえるでしょう。そして具体的な内容はどの様な言葉として説明することになるでしょう。ここまで来た時、一先ずの定義を示すこともできます。少なくとも「文学なるもの」を研究対象とする時にしか、この言葉を使うことが出来なくなるとの話です。
 恐らく今後もノミネートされることはあっても村上春樹さんがノーベル賞を受賞することもないでしょう。それは文学が時空を越えて数多くの人と感動や認識を共有することで認められているからとの「文学の存在理由」との間でかなりの隔たりがあることも作用しています。
 『青が消える』が普遍の問題を扱っているといえるでしょうか。この作品をどの様な視点からターゲットとして観察することができるでしょうか。少なくとも僕には公房と類似するテーマを扱いながら彼の一連の作品を凌駕するとも考えられません。春樹が書いているのは「僕にとっては大切なもの」が他から見れば「さほどの意味はないもの」であるとの描写に留まっている点で、公房の足下にすら及ばない。だからどうしたの?で終わってしまうほどの作品ともいえます。
 質問者は「同時代の作家を対象とした」と肩に力を入れて力説していますが、戦後そして1945年以前の作家が同時代の空気を採り上げていないとの考えならば、それは大間違いともいえます。彼らは全員「自分の目線」とのフィルターを通じて社会そして世界を観察し、それを「言葉」として再び世界に放ち、読者(研究者も評論家も)に投げ返してきた、「社会とは…」「世界とは…」「私とは…」そして「これら私を取り巻くものと私の関係は…」との形で。
 少し厳しい言い方になりますが、質問者は「文学」を全く知らないといっても過言ではありません。公房が海外でF.カフカやS.ベケットさらにはA.カミュ、健三郎がG.グラスなどとの同時代の観察者として考察の対象になっていることをご存知でしょうか。またなぜ和歌や俳句に関する研究で外国の研究者の方がより本質的な部分にまで切り込むことができるのか考えたことがあるでしょうか。
 芭蕉の旅は西行の旅と重なる部分が数多くあります。清少納言や兼好の言葉には李・杜、白居易をはじめ多くの言葉がちりばめられてもいます。これはなぜでしょう。それを読む人からすれば、まさに現代の言葉でもあるからです。雪降る朝の光景が「香炉峰の雪」を想起させると清少納言が感じたから、それを言葉にしたのであり、そうした姿をペダンティックと評するのも一つの解釈です。けれどもそれは「清少納言という人物像に対する評価」であり「『枕草子』に対する評価」とは異質なものといえます。
 どうやら質問者は「大学で学ぶ」ことを勘違いしている可能性も多分にあります。専門の教員がいないから学ぶことができないとなれば、質問者の文学に対する姿勢は常に受け身といえ、そこから何を引っ張り出すかとの最も大切な作業を放棄することになります。このような生半可な姿勢では理論構築のない分野とはいえ、何を求めるかとの自らが立てた問いに対する答えを見つけることは到底叶わないともいえます。
 「京都大学の学風に惹かれる」とはあっても、文学部に学風は無関係です。京大文学で「学風」と呼ばれるのは歴史学での「内藤史学」や哲学での「西田哲学」といった「研究スタイル」や「アプローチ視角」での特色です。老婆心ながら誤解されませんように。
 なお「日本文学科」や「国文科」が対象領域として扱うのは必ずしも古典だけではありません。近代以後、「第三の新人」と呼ばれる作家までは対象範囲に含まれます。志望選択をする以前に少なくとも、近代文学史の概要程度は頭に叩き込んでおいていただきたいですね。それが常識ですよ。

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学...続きを読む


人気Q&Aランキング