教えて下さい。

裁判官は,自分の下した判決に控訴・上告がされた場合,控訴審判決・上告審判決は必ず読むものなのでしょうか。

A 回答 (4件)

原審裁判所に送付されてきても、担当裁判官が読むことは原則としてないでしょうね。



裁判官は3年くらいで移動してしまいますから、地裁に判決が送られてきても、その裁判官が移動しているなんていうケースも珍しくありません。

なお、第一審裁判所に上訴審の判決が送られてくるのは、記録の保管といった事務手続きのためです。民事の確定記録は、第一審裁判所で保管されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。記録の保管のためなんですね。

お礼日時:2009/05/17 11:58

>これって理由は何なんでしょうかね。



刑事訴訟法上の上訴審の役割は「原審のチェック」です。
(だから実際には珍しがられる「差し戻し」は法的にはむしろ原則。上訴審が自ら判決を下すほうがむしろ例外)

チェックの結果をチェック元に知らせるのはごく自然のことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。民事とは違うんですね。

お礼日時:2009/05/17 11:55

裁判官個人が読むかどうかは分からないですが(普通は読むと思うけど)、少なくとも原審裁判所に上訴審判決は送られてきますので、原判決を出した裁判所は把握しています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「控訴状は原審に出す」のは知っていましたが,上訴審判決が原審に送付されることは知りませんでした。これって理由は何なんでしょうかね。「原審は控訴審がどう判断したか知りたいはずだから」でしょうか。

お礼日時:2009/05/15 17:44

そりゃ必ず読むでしょう。


上告審での判決文は必ず送られてきますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうでしたか。判決文が原審に送付されるんですね。

お礼日時:2009/05/15 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの部屋は何畳でしょうか

自分で考えたのですが計算が苦手なのでお知恵を貸してください。
一畳とは普通0.9×1.8メートルとのことですが、3.45×2.7の部屋は何畳相当でしょうか。
(3.45×2.7)÷(0.9×1.8)で、5.75畳でしょうか?もう少し広いと思うのですが...。
エアコンを購入するため、何畳用を買えばいいのか知りたい次第です。

Aベストアンサー

 その計算でおおよそあっています。正確には、

(3.45×2.70)÷(0.91×1.82)=5.62

ですね。クーラーであれば6畳用でいいでしょう。

Q裁判=判決: 請求棄却・控訴棄却・上告棄却・・・訴え却下

基本的なことを教えてください。

行政訴訟の為に”判例集”なるものを素人ながら読んでいます。
内容的には、すべて”原告敗訴”ですが、判例要旨にタイトルのように”○○棄却”とあります。内容(本です、判例の原文ではない)を読むと、争点毎に判決要旨がかいてあり、審理された上で”原告敗訴”となっているようですが、この場合でも”○○棄却”となるのですか?特に最後の”訴え却下”が気になります。言葉だけ捕らえれば、「訴えそのものを却下する、審理もしない」様な気がします。

実際、最高裁では審理せず二審に戻すあるいは、一審二審に事実誤認はない、よって二審の判決を確定する、っていうのもありますよね。

また、行政訴訟の場合”・・・原告適格は無いというべきであり、本件訴えは不適法とするほかない”という判決要旨も見られます。この場合、訴えの内容の審理=合法か非合法か・更に合法でも違憲か、の判断はされないことになるのでしょうか?

私が目指すところは、行政に対する損害賠償ではなく、現行法では合法であることが、違憲である可能性が高いことを多くの国民に知らしめることなので、”審理されない”というのが一番問題なのです。

基本的なことを教えてください。

行政訴訟の為に”判例集”なるものを素人ながら読んでいます。
内容的には、すべて”原告敗訴”ですが、判例要旨にタイトルのように”○○棄却”とあります。内容(本です、判例の原文ではない)を読むと、争点毎に判決要旨がかいてあり、審理された上で”原告敗訴”となっているようですが、この場合でも”○○棄却”となるのですか?特に最後の”訴え却下”が気になります。言葉だけ捕らえれば、「訴えそのものを却下する、審理もしない」様な気がします。

実際、最高裁では審理せず二審...続きを読む

Aベストアンサー

日本には違憲立法審査制度がありません。(違憲立法審査権はあるので訴訟制度に乗っかる形で審査されます)
つまり貴方の考えを遂行するには行政裁判をするのではなく、マスコミへの働きかけや市民運動等で目的を達してくださいと言う事です。
ちなみに日本にもし違憲立法審査制度があったとしても目的が「現行法では合法であることが、違憲である可能性が高いことを多くの国民に知らしめること」では審査されず却下となりますね。

Qリビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかり

リビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかりません。

縦5.75m横3.5mだと何畳くらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>リビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかり ません。


            ↓
平方メートルと坪、畳の相関関係は・・・(畳は5・8間サイズとか本間サイズ等の基準が全国で違う)


3.3平方メートル=1坪
1坪=2畳


リビングの面積は=5.75m×3.5mなので20.125平方メートル

20.125÷3.3×2=12.2畳となります。

Q 裁判員裁判で1審の判決が不服で控訴した場合

 裁判員裁判で1審の判決が不服で控訴した場合
2審(高等裁判所)では、裁判員は、いないのですか?

Aベストアンサー

二審は裁判員はいません、プロの裁判官三名のみです。

Qこれは何畳?

こんにちは。空気清浄器を買おうと思うのですが部屋が何畳なのかわからないので質問させて頂きます。

1Kロフト付で、床面積が20m2とあります。
これはロフトの床面積+下の床面積なんでしょうか?

何畳になるのか、何畳用のものを購入すればいいのかわかりません。
アドバイスください。

Aベストアンサー

一般サイズの京間(91cm×182cm)として考えると1畳辺り1.66cm2なり約12畳となます。
ただロフト4畳床8畳となると8畳用となってしまいます。
床面積を概算で実寸し何m2になるか計算されたらよろしいかと思います。

Q1審で裁判官に不等な判決を言い渡されそうです。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わしています)
私には何の問題もありません。独立扱いの実態があるのに、門題が起これば傘下を理由にして責任をとらせる会社に対して昨年9月に訴えを起こしました。今年9月25日で結審です。
内容は相殺に使用された2カ月分の報酬返還と、契約が解除されてから当9月までの逸失利益、慰謝料を要求しました。数々の証拠も提出しています。
しかし裁判官は、独立の実態があっても直接契約がないという形式でしか判断しておらず、前回和解の提案が出されたのですが、2カ月分の報酬金額が告げられただけでした。
問題も起こしていないのに仕事を失って、どれだけの将来不安、屈辱を覚えたか知れません。解除後も嫌がらせさえ受けているのです。
本日9/6も期日だったのですが、新たな証拠を提出しても提出(当日付)が遅れたからという理由だけで却下されました。文句を言うと「貴方には有能な弁護士がついているのだから・・・」と意味不明なことを言われました。
それは高裁へ行けといっているのか、弁護士に対する感情があるのか?・・・失望しました。
こんな状況ですから高裁で戦うしかないと思っています。(正直キツイですけど) 
この先どうやって戦っていったらよいのか分からなくなってしまいました。
どうかアドバイスをお願いします。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わ...続きを読む

Aベストアンサー

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責めに帰すべき事由により解除になった場合、その結果として、下請が仕事を失うことになっても、それは注文者が下請に責任を取らせたことにはならないわけです。ですから、これと御相談者との事例が違うことを裁判所に納得させる必要があります。それが、会社と御相談者と何らかの契約関係の存在です。

>私に不利になることなら何でも言っておこうという考えです。こちらが覆すと以降は一切その件には触れてこなくなります。

 そのようにどんどん主張してくれた方が良いのです。これにいちいち反論するのは疲れますが(相手方を疲れさせるというのも裁判の常套手段です。)、反論に成功すれば、それだけ相手方の主張の信憑性が薄れますから、裁判所の心証形勢に有利になります。

>主張しないほうがいいのですか?心証が悪くなりますか?

 心証が悪くなることはありませんので、主張してください。事実の主張は事実審(1審と2審)でしかできません。

>再び証言台に立って質問されるのですか? 

 1審の本人尋問で十分だと考えれば、本人尋問を行いません。

>期間はどのくらいかかりますか?(1審は約1年2ヶ月)

 控訴審(高等裁判所)は1回の口頭弁論で終結することも多いです。(およそ半年ぐらい)

>1.5倍の費用がかかると聞きましたが、弁護士にも新たに着手金を支払うのですか?

 訴額の1.5倍が控訴の訴訟手数料です。(控訴状に貼る印紙)
 弁護士に着手金に払うかどうかは、弁護士との契約によりますが、通常は、あたらたに払う事になると思います。

>掻い摘んだ話で恐縮ですが、貴方様ならばどのような判定をされますか?

 ご質問者の請求は難しいなという印象はあります。なぜ難しいかと言えば、オーソドックスな事例ではないので、オーソドックスな考えを持つ裁判官(よく言えば法解釈の王道を歩んでいる人、悪く言えば頭の固い人)を説得するのは骨が折れると思うからです。しかし、あきらかに無理な請求だとは思いませんでした。

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責め...続きを読む

Q12m2 何畳 何帖

12へーべは 何畳 何帖ぐらいの広さですか? 帖と畳の広さは同じ意味ですか?

Aベストアンサー

7.4畳です。畳と帖は、同じ意味です。

Q裁判途中又は控訴審から弁護士に相談・依頼について

私は、現在進行中の裁判で、裁判途中又は控訴審から弁護士に相談・依頼を考えています。

被告である私は、自分のこれまでの裁判資料と原告から提出された裁判資料のほか、相談・依頼を無駄なく行う為に、弁護士から見て、必ず必要なもの、用意するべきもの、依頼主として、気をつけるべき事などがありましたら、教えて頂けないでしょうか?

また、控訴から弁護を依頼する場合、1審での審理の内容など、裁判所から取得しなければならない資料や何らかの手続きが必要でしたら教えて頂けないでしょうか?

アバウトな質問で申し訳ありませんが?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

東京で弁護士をしています。参照までに。

弁護士は一般的にこのような「途中からの依頼」を敬遠します。なぜなら、訴訟の冒頭から自己の戦略で訴訟を組み立てられないからです。

それでも受任してくれる弁護士が現れたとしましょう。一刻も早く相談されることをお勧めします。

その際は、貴殿の取捨選択の識眼は弁護士にとって、有害になりかねないので(逆に貴殿の眼からは些細な資料と思っているものが法的に重大なこともあり得ます)、「関係あるかどうかわからなくても一切合財の資料」を弁護士に渡してください。

その上でも不足がありがちなのが、素人の訴訟資料の管理というものです。その際は、貴殿が依頼した弁護士が、貴殿の代理として、裁判所に提出した資料は謄写(有料)できますので問題ありません。

Q19平方メートルって何畳?

19平方メートルって何畳でしょうか?

おそらく11畳半ぐらいとみてるのですが。
畳の大きさはごく一般的な大きさです。

Aベストアンサー

畳一枚は0.91*1.82=1.656...m2
なので
19/1.656=11.4...

なのであってるとおもいますよww
以上ww

Q控訴上告の場合に1審の主張内容を一から訴状に書くか

控訴上告の場合に1審の主張内容を一から訴状に書くか

現在本人訴訟にて1審中です
今後控訴上告した場合に1審の訴状等に書いた
主張内容を一から訴状に書く必要がありますか?

・主張及び根拠を概略として書く
・新たな主張及び根拠とそれにともなう証拠

以上で足りないのでしょうか?

控訴上告の場合は上廷に書面を回すと聞いたもので」・・


よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

控訴審においては、不服事由についてと、1審において主張できなかった新事実を主張することになります。

民事訴訟法296条2項に「当事者は、第一審における口頭弁論の結果を陳述しなければならない。」とありますので、主張及び根拠を概略として書くのはそれはそれで問題は無いと思います。

不服事由としてや、口頭弁論や判決文において解釈の誤りや看過(見過ごし)があった場合、指摘・強調、訂正を求めるためには記述する必要があります。


>>控訴上告の場合は上廷に書面を回すと聞いたもので」・・

そのとおりです。

民事訴訟規則
174条(控訴提起による記録の送付)
 控訴の提起があったときは、第一審裁判所による控訴却下の決定があった場合を除き、第一審裁判所の裁判所書記官は、遅滞なく、控訴裁判所の裁判所書記官に対し、訴訟記録を送付しなければならない。




上告については、その理由が厳しく制限されており、主に、

・判決に憲法の解釈の誤りがあることその他憲法の違反があることを理由とするとき

・裁判が法律の手続きに反して行われた場合
                     の2通りです。

「記述してはいけない」という規定や決まりは無いので、ご自由にどうぞとしかいえないのですが、訴訟の明瞭化(民事訴訟規則53,79,80,81,179,189条)という観点からすると、不要とされる場合もあるでしょう。

そのように判断されたからといって、不要な部分は無視されるだけで、判決に不利に働くということは無いと思います。

民事訴訟法
312条(上告の理由)
  上告は、判決に憲法の解釈の誤りがあることその他憲法の違反があることを理由とするときに、することができる。

2  上告は、次に掲げる事由があることを理由とするときも、することができる。ただし、第四号に掲げる事由については、第三十四条第二項(第五十九条において準用する場合を含む。)の規定による追認があったときは、この限りでない。
 一  法律に従って判決裁判所を構成しなかったこと。
 二  法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与したこと。
 二の二  日本の裁判所の管轄権の専属に関する規定に違反したこと。
 三  専属管轄に関する規定に違反したこと(第六条第一項各号に定める裁判所が第一審の終局判決を   した場合において当該訴訟が同項の規定により他の裁判所の専属管轄に属するときを除く。)。
 四  法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をするのに必要な授権を欠いたこと。
 五  口頭弁論の公開の規定に違反したこと。
 六  判決に理由を付せず、又は理由に食違いがあること。

3  高等裁判所にする上告は、判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反があることを理由とするときも、することができる。

控訴審においては、不服事由についてと、1審において主張できなかった新事実を主張することになります。

民事訴訟法296条2項に「当事者は、第一審における口頭弁論の結果を陳述しなければならない。」とありますので、主張及び根拠を概略として書くのはそれはそれで問題は無いと思います。

不服事由としてや、口頭弁論や判決文において解釈の誤りや看過(見過ごし)があった場合、指摘・強調、訂正を求めるためには記述する必要があります。


>>控訴上告の場合は上廷に書面を回すと聞いたもので」・・

その...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報