質問が重複していたら申し訳ございません。

今日金魚を飼っている水槽をみると、水泡眼が濾過器の吸い込みの細い所に水泡を吸われていました。
すぐに電源をとめ、救出したのですが左の水泡が割れてしまいました。

泳ぐ事は出来ていますが、心なしかいつもより動きが少ないような気がします…。

この後、放っておいたら水泡はまた出来てくるのでしょうか?また怪我とみて薬浴をさせた方が良いのでしょうか?(>_<)
ご存知の方、いらっしゃいましたらアドバイスお願い致しますm(_ _)m

A 回答 (2件)

1度破れた「水泡」は元に戻らないみたいです。


中はリンパ液が溜まって大きく膨れていますから、それが破けると言うのは…かなりの致命傷で、実際に即死する事も多いみたいです。

購入元の業者や専門家などと相談した方が良いと思います。
ただ…あまり良い結果は期待出来ないと思いますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。お店に行って聞いてみようと思います。ありがとうございました★

お礼日時:2009/05/15 07:01

水泡が破れた場合は、破れたままで元通りになる事はありません。


このような特殊の金魚を飼育する時は、水槽に入れた備品には十分注意
をしないと取り返しのつかない事になります。
念のため細菌感染防止のため、薬浴をさせた方がいいかも知れません。

今は片方しか水泡がありませんから、もしかしたらバランスを崩して、
それが原因で死んでしまう事も考えられます。
金魚を専門に扱う店や、飼育販売している店に相談をされ、今後はどう
すれば良いのかを聞かれた方が確実かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お店に行って聞いてみようと思います。ありがとうございました★

お礼日時:2009/05/15 07:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水泡眼を飼っている方あるいは金魚に詳しい方に質問です

水泡眼を飼おうと思うのですが、あのぷよぷよした部分が
フィルターに吸い込まれて割れてしまうことがあると聞きました。
そこで実際に飼っている方にお聞きしたいのですが、
どのようなフィルターを使っていますか?
また、ぷよぷよが吸い込まれないために何か対策をしていますか?

ちなみに私の予定している飼育環境は
60cm水槽+大磯砂+投げ込み式フィルター1個という感じです。
吸い込まれ対策にフィルターを編み目の細かいネットで包もうと思っています。
この方法でぷよぷよは大丈夫でしょうか?
あと、ネットで包む事によって濾過能力が落ちたりすることはありますか?

Aベストアンサー

ずんぐり系の金魚の濾過設備は、低水流で高い濾過能力が期待できる、低面濾過器が最適だと思います。
掃除するは大変ですが、一度設置したら詰まらない限り、1年以上掃除の必要はありません。
たまに、美観を損なうゴミを拾うだけで維持できます。

水槽への設置の順番は次のとおりです。

(濾過能力重視、ポンプ式向き)

・大磯砂
・ウールマット薄目
・荒大磯(パワーハウス・ソフトSなどの濾過材を使用することもあります)
・ウールマット
・低面濾過器(ニッソーバイオフィルターなど)


(エアリフト式)

・大磯砂
・ウールマット
・低面濾過器(ニッソーバイオフィルターなど)


こちらの下の写真が参考なると思います。(写真はポンプ式)
http://aquasystem-service.com/breed.html#sub2

参考:
・パワーハウス・ソフトS
http://www.ph-clion.com/product/filtration/products/01.html
・バイオフィルター
・スライドベースパワー + スライドベースフリー
http://www.rakuten.co.jp/biotop-jp/317253/1834207/1834208/

> 60cm水槽+大磯砂+投げ込み式フィルター1個という感じです。
投げ込みフィルターだと
「水作 ニューフラワー DX」を金魚の数により1個か2個。
でしょうか。
http://item.rakuten.co.jp/chanet/13591/
底砂に埋め込むフィルターなので、吸い込まれることは無いと思います。

ずんぐり系の金魚の濾過設備は、低水流で高い濾過能力が期待できる、低面濾過器が最適だと思います。
掃除するは大変ですが、一度設置したら詰まらない限り、1年以上掃除の必要はありません。
たまに、美観を損なうゴミを拾うだけで維持できます。

水槽への設置の順番は次のとおりです。

(濾過能力重視、ポンプ式向き)

・大磯砂
・ウールマット薄目
・荒大磯(パワーハウス・ソフトSなどの濾過材を使用することもあります)
・ウールマット
・低面濾過器(ニッソーバイオフィルターなど)
...続きを読む

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Qらんちゅうを大きくするには。

最近、らんちゅう飼育を始めた初心者です。
らんちゅうは基本的には上見と言う事ですが、自分は横から見た方が可愛く愛嬌が感じられるので横見が好きです。そのため、今は90×45×45センチ水槽、上部フィルターで8センチ程度の個体を4匹飼育しています。(らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが)
餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。
素人なりにらんちゅうを大きくしたいのですが、この飼育環境で大きくする事は可能でしょうか?
大きくするための飼育方法などアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

> らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが

日本観賞魚フェアの品評会は水槽展示なので、横見を意識したフェア・品評会のようですよ。らんちゅうも観賞魚なので横見で楽しむ人も多いのだと思います。

> 餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。

今の飼育密度なら大きくすることはできると思いますが、1年で大きくするのと、2年で大きくするので飼育のしかたが変わると思います。2年で大きくするなら給餌は2~3回/日の方が魚が病気になったりするリスクが下がると思います。

人間でもそうなのですが、背の高い人は親も背が高く、ご飯を食べてればどんどん大きくなるのですが、親の背が低い人は同じ量を食べても大きくならなかったりするのはらんちゅうも同じです。
15cm以上になって、そのあとあまり大きくならないのは親が小さいんだなと念頭に置いて無理なく飼育された方がいいかもしれません。

らんちゅうは雑食性なので、ペレット・赤虫・アオウキクサなど複数種類の餌をバランスよく与えた方がいいと思います。また、ペレットには、高蛋白・低蛋白の餌、高脂肪・低脂肪の餌、粒の大小など違いがあり、高蛋白・高脂肪は消化に悪いとか、粒が小さい方がよく食べるとかあるので、2種類ぐらいのペレットを魚の状態とかで使い分けた方が良い結果があられることが多いと思います。
他の方も話されていますが、食欲や糞の観察をして餌の量を調節された方がいいと思います。

水深は、当歳魚から2歳ぐらいの場合、水深が20cmと40cmだと20cmの方がよく泳いでくれるように感じます。水深に対して、なるべく水面の面積が広い方がらんちゅうが活動的なので、らんちゅうの成長度合いに合わせて水深を深くするとかがいいかも知れません。
よく泳いでくれる方がおなかがすくのでよく食べ大きくなりやすいです。15cmぐらいまでになると1mとか2mといった極端な話でなければ水深はあまり関係ないように感じます。

水槽の場合、らんちゅうが十分に泳がない場合があるので、泳がすために水流を強くしたり、泳がせないようにするために弱くしたり、体調や食欲に応じて調節する場合がありますので、排水のところに靴下とかで水受けを作るとかで調節して、水流の強弱で食欲、いる場所がどう変わるか観察してみてください。なお、夜間消灯後、魚が水面や底にいつもいるようだと水流が強すぎか、具合が悪いかなので、魚の状態に合わせて水流はよわめにした方がいいと思います。

それと、水流を強くすると、5分で食べきる量の餌をいつも通り食べきれない(うまく食べられない)場合があったり、運動量に対して2回、3回の給餌では不足気味になるということもあるので、この辺は、よく観察して調節してください。このあたりでうまくいっていないのが、水槽飼育で大きくならない原因の一つだと個人的には思っています。

あとは、他の回答者も話されているとおり、魚の状態、水の匂いや色をみて適時水換えですが、なるべく水を長持ち(1週間ぐらい)させるような飼育方法を見つけた方がいいと思います。

飼育スタイルは人それぞれでどれがただしいいというものはないかもしれません。今の飼育環境にあった飼育をいろんな方から得た情報を参考にして自分自身で見つけてゆくというのを一つの楽しみとするのがいいと思います。

> らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが

日本観賞魚フェアの品評会は水槽展示なので、横見を意識したフェア・品評会のようですよ。らんちゅうも観賞魚なので横見で楽しむ人も多いのだと思います。

> 餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。

今の飼育密度なら大きくすることはできると思いますが、1年で大きくするのと、2年で大きくするので飼育のしかたが変わると思います。2年で大きくするなら給餌は2~3回/日の方が魚が病気になったり...続きを読む

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む

Q金魚の色が抜ける?のはどうしてですか?

らんちゅうを飼っています。一匹がみるみるうちに色が抜けてしまい、ヒレなどは赤いですが、ウロコの部分はみんな白くなりました。

一匹だけならまだしも、最近またもう一匹も色が抜けはじめました。

もともとカラダに白い部分がない、真っ赤な子達はそんなに色が落ちたとか、薄くなったという印象はありませんが、白と赤のブチ??の子は薄くなってきた感じです。

消えた色はもう戻らないとは思いますが、今の色を保つにはどうしたら良いでしょうか?餌も一応「色揚げ用」みたいなのをあげています。病気でもないと思います。何が原因かなど詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必要になってきます。
水槽で飼うなら直射光は絶対避けて、レース越しなど柔らかい光で日光浴させて下さい。
でも、当てっぱなしは駄目です。
池などと違って水槽は、届く太陽光が強烈なので過度のストレスになり得ます。
イヤがっていると思ったら、もっと弱くしたり時間を短くしたり工夫して下さい。

庭の池などで藻がたくさん繁殖したグリーンウォーターでは、適度な日光と栄養豊富な藻のおかげ
でかなり綺麗に色が出ます。

もう一つは水です。
水換えでストレスを与えると見る間に色が薄くなっていきます。
ほんとに見てる間にです。
質問者さんの仰る白と赤のブチ柄だと顕著ですね。
少なくとも換え水の温度は合わせて下さい。
フィルターにちゃんと濾過バクテリアが繁殖していれば、そんなに頻繁に水換えをしなくても大丈夫
なので、1週間に一度1/3くらい換えれば充分水質は維持できます。
驚かせたり水換えのストレスが頻繁にあると色の為にも金魚の為にも良くないので注意して下さい。

それと、真水での交換は避けたほうがいいです。
ペットショップなどでは魚の体を保護する効果のある添加剤が売られているので、水に適量混合し
てあげるとストレス緩和になります。

金魚は熱帯魚より遥かに強健ですが、ストレスは少ないにこしたことはないです。
強健でも苦しい物は苦しいと思います。

僕が金魚を飼っていた経験上で、色についてのアドバイスが出来るのはこの程度ですが、参考にな
ればうれしいです。

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必...続きを読む

Q金魚の塩浴いつまでやれば?

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。塩浴2日目、3匹中1匹はひれがほうきのようになって(おそらく尾ぐされ病?)死んでしまいました。残りの2匹は白い点々の数が多くなってきて、治るどころかよけい大きくなって、しかも多くなってきて、ひどくなってきているように感じます。市販の薬は近くの店に売っていなくてすぐに手に入れることはできないのでできれば塩浴でなおしたいのですが、もっと長く浸けておけば治るものなのですか?水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。あと、一度金魚を入れた水槽の水はかえた方がいいのでしょうか?菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?アドバイス、お願いします。

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。...続きを読む

Aベストアンサー

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅(短時間で2~3℃以上の差)に変化するような状況では、魚そのももの免疫力が低下し、菌に感染し易くなります。
>菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?
水カビ菌その物は空気中にも漂っておりますので、あまり気にしなくても良いです。
>購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。
生物濾過バクテリアの定着(増殖)を考えられての事と思われますが、バクテリアは生体から出る糞や死骸など、餌となる物が無い以上生物濾過としての効力はありませんので、生体投入前での水槽の立ち上げ(塩素除去の目的は除く)は、何の意味もありません。逆に生体投入と同時に水槽を立ち上げ、少量又は絶食と少量づつの毎日の水換え又は活性炭などでの吸着濾過の併用が有効です。

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅...続きを読む

Q金魚、江戸錦の急死について

お尋ねします。
三週間ほど前江戸錦を二匹購入しました。二匹とも6センチ強の大きさです。まだ子供だと思います。
昨晩までまったく異常がなかったのに朝見たら死んでいました。
体は普通の状態で1匹は水槽中央に浮いて、もう1匹は水草の根っこの
あたりで死んでいました。見た目は生きているのではと思う状態でした。一匹は腹の一部が紫、もう一匹は目が若干白く濁っていました。
水槽から出し確認しました。
状況は
水槽30センチタイプ、
水底に置くろ過器、
水質はOK、水温20度、エアーもOKでした。
死んで原因で思い当たる事は1週間ほど前に海に行った際
貝殻、さざえの殻などを拾ってきて、水洗いし水槽に入れた事と、
水槽が小さくストレスを与えたのか、
この江戸錦を購入する前に和金が3週間前に白点病で死んだので
水槽を綺麗に洗い1日おいて江戸錦を購入し同じ水槽に入れました。
しかし、江戸錦の体には白い点などはありませんでした。
思い当たるのは以上です。
娘(5歳)が気に入っていて、かわいがっていました。娘には見た目では死んでいる様に見えなかったので、病気として病院へ預けたとしています。和金からまだ間がなったので今回は嘘をつきました。明日にでも新しく江戸錦を購入し今度は60センチ水槽で飼おうと思っています。
しかし、今回の原因がわからないので困っています、何かわかればアドバイスお願いします。
以上です。

お尋ねします。
三週間ほど前江戸錦を二匹購入しました。二匹とも6センチ強の大きさです。まだ子供だと思います。
昨晩までまったく異常がなかったのに朝見たら死んでいました。
体は普通の状態で1匹は水槽中央に浮いて、もう1匹は水草の根っこの
あたりで死んでいました。見た目は生きているのではと思う状態でした。一匹は腹の一部が紫、もう一匹は目が若干白く濁っていました。
水槽から出し確認しました。
状況は
水槽30センチタイプ、
水底に置くろ過器、
水質はOK、水温20度、エアーもO...続きを読む

Aベストアンサー

残念でしたね。
江戸錦やランチュウ、桜錦などの背びれの無い金魚は死ぬとひっくり返らず、そのまま水面に浮かんでいる事が多く、哀れさを誘いますね。

>状況は水槽30センチタイプ、水底に置くろ過器、水質はOK、エアーもOKでした。
この状況で水質がOKとはどの様な事でしょうか?
濾過器の名前は水作エイトですかロカボーイでしょうか?30センチ水槽での濾過器はこの二つ、どちらでも良いですよ。

底砂は入っていないのでしょう?入っていれば大磯砂ですか?

原因を考えてみましょう。
ふつうは3週間生きればその後は順調にいくはずですが、一週間前に入れた貝殻、さざえの殻が可能性があります。これは水換えしない飼育水はpHが徐々に下がります、そこへ前記の貝類を入れるとカルシウム分が溶け出し、硬度を上げpHを上げて、水質の急変を招きショック死が一つ。pHが上がった為に猛毒アンモニアの発生が考えられます。pHは低い水質ではアンモニアが発生してもアンモニウムとなり毒性は無くなりますので金魚はできるだけ、pH6.0近辺で飼育された方が無難です。多少濾過不足になって亜硝酸が発生しても死ぬ事は無く、長期に発生していると病気にはなりやすいですが、これは考えられませんね。

金魚飼育の裏技
熱帯魚店でソウル系の底砂(アマゾニア等)を2センチ敷き、先の水作エイトかロカボーイの投込みフィルターとエアポンプを繋ぎ強すぎないブクブクをします。
水草としてマツモかアナカリスを入れ照明時間8~10時間点け、水草が伸びることが条件です。

この状態で1週間水を廻した後、金魚を入れてください、これで水がコナレpHは7.0を下回り徐々に下がります。30センチ水槽でしたら2匹までこれで長期の飼育が可能となります。
金魚にソイル系の砂を使用する方はいないと思いますが、私はこの方法が一番良い方法と思っています。ちなみに土佐金を飼育していますが、水換えは2ヶ月に1度3分の1です。

金魚を買うときの注意点
必ず良く泳いでいる金魚を選んでください。
下に沈んでいる魚は絶対に選んでは駄目です。落ち着きが無く泳ぎ回っている金魚は寄生虫を持ってる可能性があります。

頑張ってください。

残念でしたね。
江戸錦やランチュウ、桜錦などの背びれの無い金魚は死ぬとひっくり返らず、そのまま水面に浮かんでいる事が多く、哀れさを誘いますね。

>状況は水槽30センチタイプ、水底に置くろ過器、水質はOK、エアーもOKでした。
この状況で水質がOKとはどの様な事でしょうか?
濾過器の名前は水作エイトですかロカボーイでしょうか?30センチ水槽での濾過器はこの二つ、どちらでも良いですよ。

底砂は入っていないのでしょう?入っていれば大磯砂ですか?

原因を考えてみましょう。
ふつ...続きを読む

Q元気だった金魚が急に☆になる原因

8/9から飼っている金魚がいます。
初めは、7匹いたんですがもう残り2匹になってしまいました・・
3匹は飼い初めて、私も飼い方など充分しっていないのに飼ってしまったので、すぐに死んでしまいましたが、残りの4匹はつい最近まで凄く元気でいました。
が、1匹急に4日ほど前に弱る様子もなく朝みたら死んでいました。そして、昨日の晩、又1匹死んでしまいました。
飼い初めてすぐ死んでしまった金魚は、初め上の方で浮かんだり、下でじっとしてるなど、段々弱ってきたのがわかったので、塩浴などをして一応やる事はやったんですが、死んでしまいました。が、ココ最近死んでしまった金魚は弱る様子も何もなくて、凄い元気だった感じだったので、残り2匹の金魚のためにも、何が原因だったのか、知りたいです。
・投げ込み式のろ過フィルターがろ過効力が弱いのが原因でしょうか?
・水が透明でも汚れているのが原因でしょうか?
・餌は一日一回少量をあげています。
・水変えは1週間に一度~2・3日に1/3など、水の汚れ具合からしています。
・水変えの度に麦飯石を入れています。
・水槽は12リットルです。
・温度は30度前後です。
・水草は入れていません。隠れる壷みたいなのは入れています。

何か原因わかりますでしょうか??

8/9から飼っている金魚がいます。
初めは、7匹いたんですがもう残り2匹になってしまいました・・
3匹は飼い初めて、私も飼い方など充分しっていないのに飼ってしまったので、すぐに死んでしまいましたが、残りの4匹はつい最近まで凄く元気でいました。
が、1匹急に4日ほど前に弱る様子もなく朝みたら死んでいました。そして、昨日の晩、又1匹死んでしまいました。
飼い初めてすぐ死んでしまった金魚は、初め上の方で浮かんだり、下でじっとしてるなど、段々弱ってきたのがわかったので、塩浴などをして...続きを読む

Aベストアンサー

何が原因だったのか知りたい...とのことですので、次のように回答します。

濾過はゴミを集めるより重要な役目があります。
水槽内に硝化バクテリアというものを繁殖させ、排泄物などから発生するアンモニアや亜硝酸を生化学分解して貰うのです。
濾過装置とは、そのバクテリアのマンションと言って良いでしょう。

バクテリアは自然に繁殖しますが、水槽を立ち上げた当初は数が全く足りておらず、魚は自らの排泄した毒物によりエラをやられ死亡します。
ですので、生物濾過が機能していないための、アンモニア,亜硝酸中毒の可能性が高いと思いますよ。
8/9の立ち上げなら、まさに死に時でしょう。

これ以上死んで欲しくないのでしたら、少々高価に思えるかもしれませんが、亜硝酸試薬を購入してきて、計測してください。
アンモニアを分解するバクテリアより亜硝酸を分解するバクテリアの方が繁殖が遅いですので、濾過の完成を把握するために、一般的には亜硝酸試薬を購入する人が多いです。
水替えは周期的に考えるのではなく、濾過の完成までは亜硝酸試薬の結果に従います。

麦飯石はアンモニア等の吸着能力を持つことになっていますが...死亡するようでは、全く役に立っていませんね。
どうせ頻繁に水替えするわけですので、今の段階では不要です。
バクテリア類の購入は、時既に遅しで、効果は期待できたりできなかったり、だと思いますよ...
魚を中毒死させながらも、硝化バクテリアは増加していますので、そこに別のバクテリアを入れると喧嘩する可能性もあります。

フィルターの濾過能力は、知識のある人が上手く使用すれば、投げ込み式も使えないことはありませんが、濾過について知識がないと何処かでミスしてしまいます。
エアポンプがあるのでしたら...底面濾過に変えると安く上がりです。
外掛けフィルターは勧められませんので、他の選択肢は小型外部濾過でしょう。

ブクブクもバクテリアのマンションです。
濾過装置を変えれば、バクテリアも一緒に捨てることになります。
暫く併用が望ましいのですが、せめてウールマットの絞り汁を水槽内に戻してください。

何が原因だったのか知りたい...とのことですので、次のように回答します。

濾過はゴミを集めるより重要な役目があります。
水槽内に硝化バクテリアというものを繁殖させ、排泄物などから発生するアンモニアや亜硝酸を生化学分解して貰うのです。
濾過装置とは、そのバクテリアのマンションと言って良いでしょう。

バクテリアは自然に繁殖しますが、水槽を立ち上げた当初は数が全く足りておらず、魚は自らの排泄した毒物によりエラをやられ死亡します。
ですので、生物濾過が機能していないための、アンモ...続きを読む

Q琉金水槽に、らんちゅうを入れてもいいでしょうか?

*現在の環境

60cm水槽(底砂上面から水面まで25cm程度)
全長6cm程度の琉金3匹
外部フィルタ テトラ75
底砂
水草3種類
水は出来上がっています
違う魚を飼っていて、水槽を移しました。
上記の3匹はうちに来て1週間です。
餌はまだ1度も与えていません(多量の水草はありますが)。

らんちゅうは泳ぐのが下手ですし、後から投入するのはまずいでしょうか?
ジュゴンみたいな可愛い顔をした、黒らんちゅうを飼いたくなってしまいました。
大きさは、同じかやや小さめだったように思います。

色々調べたつもりですが、混泳については調べられませんでした。

ちなみに、うちの琉金達は、2匹がおっとりタイプ、1匹がやんちゃタイプだと思われます。

当然、投入前に塩水浴でトリートメントさせるつもりですが、混泳は難しいでしょうか。

可能ならすぐ連れて帰りたいので、赤マークで質問を立てさせていただきました。
当方、金魚初心者です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はオランダとランチュウを同居させています。
別に普通に飼育していますけど大丈夫ですよ。
うちのランチュウは「ぼにょ」みたいな顔して可愛いです。
オランダの方も、顔はランチュウそっくりで、ぽにょみたいです。

注意は混泳自体は問題ありませんが、それぞれの水槽には
独自のバクイテリアや雑菌が繁殖していますから、一緒に
した時に相手の金魚に与える影響が心配です。
私は別の水槽から金魚を混ぜるときは、必ず水を
全交換します。

Q金魚の尾びれ背びれの付け根部分が充血したように血がにじんだようになって

金魚の尾びれ背びれの付け根部分が充血したように血がにじんだようになってます。
あと眼の黒眼部分にクスミが見えます。

色々金魚のレスキュー系サイトで調べましたが、尾ぐされ病・・・細菌症・・・
金魚店に聴くのが一番早いと思うのですが、近隣にないので困っています。
病名がわからないので、治療に踏み込めません。とりあえずバケツに隔離したところです。

水換後 3日目に症状を確認
水質は気にかけているので、少なくとも週1で汲置き水と水換してます。
毎日欠かさずチェックしてるので、突然症状が現れ気づいた時には
全数(水槽内の4匹)に症状が見られました。
運動量も少なくなり弱ってる感じがします。

考えられる原因
水換時に金魚が5匹が新しく仲間入りにてストレス?
新しく入居した金魚に細菌が?
餌量が多すぎる?(日/3~4回)

病名及び、治療法を教えて頂きたいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 金魚サイズ
> 水槽
・現在の大きさの金魚ならば、過密飼育ではありません。

> 低床材
・砂や小砂利ならば問題なし。

> 水換え
> 48時間汲置き水にて水変え
・問題なし。

気になる点は、濾過器と換水量

> 濾過器
・飼育環境を見る限り、濾過器が弱いと思います。
また、2.5Wの水中ポンプは発熱源ですから、水量27Lの場合0.7℃~1℃程度の水温を上昇させています。

> (周期5~7日 水質を見て70~100%)
・換水量が多すぎです。

水槽サイズからも、換水は週に一度で充分です。
換水量も25%~33%まで。
「水質を見て」と書かれていますが、大量換水を行わないと濁りなどが発生する事があるのならば、水量と飼育魚から勘案して濾過能力不足です。
現行の濾過器と併用するのならば、濾過器の上に低床材を被せることにより、底面濾過器として機能し、驚異的な濾過能力を発揮する「水作ニューフラワーDX」(エアポンプが別途必要)の追加。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112090000&itemId=13591
濾過器の交換ならば外部濾過器。
エーハイム2211(セラミックリング濾過材は別途必要)
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112010000&itemId=10080

・飼育環境は、マメに大量換水を行っている。
・伝染性の強い病気。
・全身の部位に発生する病気。
・濾過不足で水質が不安定。
以上を考慮すると「カラムナリス菌」による疾患の可能性が高いと思います。

・尾ビレや背ビレは「鰭(ヒレ)腐れ病」「尾腐れ病」の症状。
・眼の黒眼部分にクスミは「皮膚病」の症状。
以上は「カラムナリス菌」による疾患の症状です。

治療方法
「カラムナリス菌」は塩水浴が良く効きます。
第一段階(0.8%高濃度塩水浴)
1・50%程度の水換え。
2・エアポンプによるエアレーション。
3・薬浴と同時に0.8%の塩浴。
4・濾過器の活性炭は取り外す。
5・治療期間は24時間。
第二段階(0.5%塩水浴)
6・水替えにより塩分濃度を0.5%まで下げる。
7・水替えにより希釈した薬剤を規定濃度まで追薬。
8・エアポンプによるエアレーション。
9・治療期間は5日間。
10・魚に食欲がある場合は、少なめに餌を与えて良い。

使用薬剤は次のいずれか。
・グリーンFゴールドリキッド
・パラザンD
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース

> 金魚サイズ
> 水槽
・現在の大きさの金魚ならば、過密飼育ではありません。

> 低床材
・砂や小砂利ならば問題なし。

> 水換え
> 48時間汲置き水にて水変え
・問題なし。

気になる点は、濾過器と換水量

> 濾過器
・飼育環境を見る限り、濾過器が弱いと思います。
また、2.5Wの水中ポンプは発熱源ですから、水量27Lの場合0.7℃~1℃程度の水温を上昇させています。

> (周期5~7日 水質を見て70~100%)
・換水量が多すぎです。

水槽サイズからも、換水は週に一度で充分です。
換水量も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報