現在、比較優位について勉強しています。 
しかしよく理解できていません。

何か分かりやすい具体例を何個か挙げてもらえないでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

■比較優位とは、


国内の「『商品間』の生産性」と、相手国の「『商品間』の生産性」を比べ、より『商品間』の生産性が高い商品。

■比較優位理論は
国内の「『商品間』の生産性」と、相手国の「『商品間』の生産性」を比べ、より『商品間』の生産性の高い商品に特化して生産・輸出することで、最大数の財を得ることができる
ということです。

<『商品間』の生産性とは・・・>
(例)車1台作るのに10人必要、小麦1kg作るのに5人必要。
⇒小麦生産の車生産に対する生産性=0.5人/0.1人=5人。この生産性を両国間で比較する。

■例
下記のアメリカと日本の例を考えます。人口ともに100人と仮定。

アメリカ:車1台(労働10人)、小麦1kg(労働1人)
日本:車1台(労働20人)、小麦1kg(労働5人)

だと考えます。

このとき、結論からいうと、
アメリカは小麦生産に特化し、日本は車生産に特化することで両国ともにより多くの商品を得ることができます。

<重要なポイント>
日本の車生産はアメリカの車生産よりも生産性が低いにも関らず、日本は車生産に特化することで、日本もアメリカもハッピーになれる。⇒商品の「絶対的な」生産性を比べているのではない。

■比較優位理論の証明
前提⇒価格は労働量で決まる(需給は無視)。
仮定⇒1人分の労働=1ドル=100円。

アメリカの車1台の価格=10ドル、小麦1kgの価格=1ドル
日本の車1台の価格=200円、小麦1kgの価格=50円

とすると、

日本では、車の価格は小麦の4倍だが、
アメリカでは、車の価格は小麦の10倍の値段。

日本は
車を日本で生産しアメリカに輸出すると、その車は10ドルでアメリカで売られます。10ドルは、アメリカでは10kg(10ドル=1,000円分)の小麦に相当します。日本は車を1台輸出しただけで、10kg(1,000分)の小麦をゲットできます。
ということで、日本は小麦を独自で作るより、アメリカに車を輸出することで、アメリカから小麦を効率よく輸入できます。

アメリカはその逆で小麦生産に特化することで、日本から車を効率よく輸入できます。

■終わりに
これが比較優位(理論)です。

絶対優位も重要な単語なので、ぜひ理解してください。
比較優位の理解がいっそう深まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい解説ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/20 19:24

あくまでも例として示します。



男女を比べた場合、一般的に男性の方が力が強く、料理もその気になれば女性より巧くできます(一流の料理人は男性ばかりです)。

ただ、力仕事よりも料理の方が男女の力関係の差が小さいので、男性は力仕事に、女性は料理に特化した方が双方にとってハッピーということです。

注意:あくまでもわかりやすい例として示しただけで、ジェンダー論について言及する気持ちは全くありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のシートカバー 保険がおりない?

宜しくお願いします。

母が自家用車の座席に手作りのシートカバーをしていました。
(特殊なものではなく、清掃しやすいように、寸法を計り白い布を縫ったものです。)

家族に『メーカー純正?のシートカバーじゃないと事故等にあったとき、保険がおりない』と言われました。

がっかりしながら結局シートカバーはしていない状況なのですが、手作りのシートカバーをしていると本当に保険がおりないのですか?

保険会社の約款等を見れば良いのですが手元にないので質問させて下さい。

保険会社は確かJAだった気がします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造が免責とされるのは、道路運送車両法に規定された規格を越えて改造された場合で、かつ、その改造によって損害が発生したと判断される場合に限定されます。
つまり、消音器を外した改造車で追突事故を起こしても、不正改造が損害発生の原因ではありませんから、車両保険は支払われます。

従って、手作りのシートカバーを付けていて、対人・対物賠償保険が支払われないということはありませんし、車両・人身傷害保険等も同様です。

しかし、シートカバー自体の損害は、車両保険では支払われません。
車両保険は、車本体のほか、車に定着された付属品が対象ですから、純正品であろうとシートカバーはそもそも車両保険の対象外です。

シートカバーを保険(共済)の対象とするには、車両諸費用保障特約という特約を付けてておく必要があります。
この特約は時価額評価で保険金(共済金)を支払うというものですから、手作品の場合、原価(材料費)ベースで時価額を算出することになりますが、実務では材料のレシート等が残っている方が珍しいので、「自己申告」という形をとります。

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造...続きを読む

Q比較優位の計算

比較優位論を学びましたが、よく分かりませんでした。

生産1単位当たりの労働時間

北 (織物) 50   (穀物) 100
南 (織物) 200  (穀物) 200

だとすると、

特化すべきなのは、北が織物で、南が穀物であり、そうすると、北は25時間の労働時間を、南は約67時間の労働時間を節約できると習いました。


しかし、なぜこういった結果になるのかが、全く分かりません。

よろしければ、どなたか教えていただけないでしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

これだけでは問題は解けません。
北と南にはそれぞれ労働力がどれだけ存在し、特化する前には労働力をそれぞれにどのように配分していたかと言う前提を明らかにすることが必要です。
仮に北も南も織物と穀物をそれぞれ1単位、両国合計で穀物と織物を2単位生産していたとします。その場合必要労時間は50+100+200+200=550時間。それが北が織物に南が穀物に特化し、それぞれが2単位づつ生産するとすれば 50×2+200×2=500時間となり、北のみ50時間の節約になります。

Q車のシートカバー

車のシートに
シートカバーをつけようと
考えています。

シートカバーの
メリット・デメリットを
おしえてください。

それとシートカバーをつけている方は
なぜシートカバーをつけているか
なんの目的でつけているのか

つけていない方は
なぜつけないのかを
おしえてくださいm(__)m

Aベストアンサー

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが乗っているのも不潔で嫌でした。

最近のシートの生地は丈夫で優れモノですから20年乗っても殆ど変色も無く擦り切れもありません。

本革風なども有りますから見かけは少し変りますが、高いお金を掛けて未だに最初からシートバーを付ける人が理解できません。

10年以上も乗って、シート自体が痛んでくればシート生地を張り直す事も出来ますが、それよりはカバーを掛ける方が安いですから、その時で良いように思います。

オリジナルのシート生地や色も車の開発の段階から内外装等とのバランスを考えてプロが選んであります。

それをわざわざ違う色のカバーを掛けて壊す事も無いようにも思います。

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが...続きを読む

Q垂直貿易・水平貿易と比較優位説

垂直貿易・水平貿易も比較優位説によって説明されるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 垂直貿易・水平貿易も比較優位説によって説明されるのでしょうか?

はい。することもできます。
例えば垂直貿易は製造工程内の各部分における差異(労働と資本の比率など)、水平貿易は質的に異なる財の存在として、説明が可能です。

勿論別の理由として、例えば産業立地論や関税の存在によって説明することもできます。

Q車のシートカバー

車のシートカバー

MT車取り付け不可というシートカバーをよく見るんですがどうして付けられないんですか?
ATと何が違うんですか?

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e101773404

Aベストアンサー

さっそくのお返事ありがとうございます。
実はekワゴンの5MTに乗ってまして、同じくATとMTでシートカバーが異なっているのですよ。
ATの運転席アームレストは可動式なのですが、そのタイプのカバーをMTにつけるとアームレストが無いので、アームレストの根本が付く部分に穴が開いてしまいます。
それで「付かない」としていると思っております。多分、シート形状は共通でしょう。

Qリカードの比較優位説に基づく貿易後の状態について

国際貿易の講義でリカードモデルの勉強をしているのですが教科書やネットで調べてみてもよく分らなかったので教えて下さい。

リカードモデルに基づく貿易の後、
1.impact on national income
2.impact on labor
3.impact on wages
は結局どうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。ご参考までに。

1.二つの異なる財について生産性の比率が異なる所与の二国が貿易をおこなうとそれぞれの比較優位産業に特化し、その生産物を通じて交換すると、生産技術や世界全体に存在する生産要素量が不変であるにもかかわらず、全体としての生産量はいずれの財についても増加する。→つまり(この)世界全体の国民所得は増加する。(一部引用:「国際経済学」小宮隆太郎・天野明弘・岩波書店)参考箇所:16頁~21頁
引用部分:上記書籍の21頁

2.貿易を行う二つの国で、それぞれ生産を比較優位産業に特化するため生産要素(労働力)は比較劣位である産業から比較優位である産業へ移動する。

3.わかりません。

Q車 シートカバー

ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
枕の部分だけが合いませんでした
レザーシートカバーで枕だけ買えるとこってありますでしょうか?
車はエブリィワゴン24年式です

Aベストアンサー

>ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
>枕の部分だけが合いませんでした

現物を持ってお店に相談に行くのが良いと思います。

実はちゃんと付くという可能性も有りますし
全く付かないのであれば
お店さんが何かしら対応して下さると思います。

店頭で、店員さんに相談して購入すると言うことは、
こういう事態のためでもありますので
是非一度お店をお尋ね下さい。

Q比較優位と生産関数

比較優位と生産関数には何らかの関係はあるのでしょうか??

また比較優位についてのこれを用いることでの長所や短所など
分かれば教えてください。


比較優位
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E8%BC%83%E5%84%AA%E4%BD%8D

Aベストアンサー

wikiに例示されている
・小国は労働者一人当たりでワイン2単位、毛織物4単位生産できるとする。
・大国は労働者一人当たりでワイン10単位、毛織物30単位生産できるとする。
は生産関数そのものですよね。生産要素が1つ(労働のみ)、1次関数という最も単純な生産関数です。
例えば小国のワインの生産関数は
Y=2L 
です。

比較優位は、貿易によって両方の国がともに利益を得ることを教えてくれます。
比較優位を知らないと、貿易を自由化した場合
・生産性の低い小国は輸出するものがなく貿易赤字で富が流出、大国からの輸入で国内産業は壊滅する。
というように思いがちですが、上記の例では、小国は相対的に優位なワインに特化してその一部を大国に輸出し、その見返りとして毛織物を大国から輸入することで、全体として消費が改善されます。

Q新車にシートカバー 新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな

新車にシートカバー
新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな気がします。
着けてる理由と着けてない理由を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

20年~25年前はつけてましたね。でもそれ以降はつけなくなりました。

つけていた理由:
・シートの汚れを防ぐ
・直射日光によるシート地の日焼けや劣化を防ぐ
・いろんな色やデザインのカバーが楽しい → 暑い時期と寒い時期で変えたり

つけなくなった理由:
・取り付けや取り外しが面倒
・シートのデザインが豊富になり、自動車用品店で売っている汎用製品だとピッタリつかないシートが多くなった
  → ピッタリ装着できる純正品は高い
・シートのデザインや色が綺麗になり、つけない方がデザイン的にまとまっていて良いと思うようになった
・車が生活上の楽しみから普通の道具に変化した

そんな感じでしょうか。
参考まで。

Q比較優位について(スティグリッツ入門経済学)

今、経済学をスティグリッツ入門経済学(第2版)で勉強しているのですが、比較優位についての例でひとつ気になることがあります。わかりましたら教えてください。

アメリカと日本のコンピューター1台の生産に必要な労働費用と小麦粉1トンの生産に必要な労働費用を比較するのですが、このとき、アメリカの数値は100と5で日本は120と8になっています。
計算によるとアメリカの相対的生産費は100÷5=20、日本は120÷8=15となって、コンピューター一台を生産するのに、小麦1トンを生産する労働の15倍を必要とする。アメリカでは20倍を必要とする。
この結果、日本はコンピュータ生産に関して、絶対劣位ではあるが、比較優位を持っていると書いてあるのですが、なんとなく納得がいきません。

個人的には、日本はアメリカに小麦もコンピューターも生産費に関しては負けている(アメリカよりも高い)ので、比較しても優位はないと思うのですが・・・。これがもし、小麦生産(コンピューターでもいいのですが)に関する値が日本とアメリカが逆なら、日本は比較優位を持つと思うのですが・・・。この考え方はどこが間違っているのでしょうか?教えてください。

今、経済学をスティグリッツ入門経済学(第2版)で勉強しているのですが、比較優位についての例でひとつ気になることがあります。わかりましたら教えてください。

アメリカと日本のコンピューター1台の生産に必要な労働費用と小麦粉1トンの生産に必要な労働費用を比較するのですが、このとき、アメリカの数値は100と5で日本は120と8になっています。
計算によるとアメリカの相対的生産費は100÷5=20、日本は120÷8=15となって、コンピューター一台を生産するのに、小麦1トンを生産する労働の15倍を必要とする...続きを読む

Aベストアンサー

>ここで使っているのは、費用(労働費用)なんです。
>費用ってことは、15に増加してしまってはいけないのではないの
>でしょうか
だから、同じ労働費用なのに小麦が1トン増えましたよね。労働価値が上がっているんですよ。逆に同じ生産量のままにするのなら、小麦1トン分の労働費用が減りますよね。


人気Q&Aランキング