対抗勢力から必ず出る言葉は「財源はどうするんだ」ですよね
これって順序が逆だと思いませんか
まず国家を憂う政治的な理念があり、それに基づいた政策が提示されるのが正道だと思うのです
理念や道理の論議も成さないうちに、何か新しい、今までと違う変わったことを言い出すとすぐさま間髪を入れず「で、財源は?どこにそんなお金があるの?」と言う批判、反対意見が出ます
そういうことを言う人に私は言いたいのです
「で、あなたの国家運営の理念は? 政治=財源? 国民、国家像、国の将来に付いて考えたことは? 財源が無い=何もしないの? と」
どんなことも財源が必要なのはわかります、しかしそれをいつも思考の先頭に持ってくるのは営利企業の考えです、国家は営利企業なのでしょうか。
まず一番最初に財源ありきで、政策は二の次ならば政治とは何なのかと思うのです。
国家百年の見通しを持った、大きな理念、政策こそ最初に来るべきであって、それを実行するに必要な財源を「作り出す」ことこそ真の政治ではないでしょうか?

A 回答 (12件中1~10件)

確かに質問者様のおっしゃる通りだと思います。



>「財源はどうするんだ」
は「説明責任があるのではないですか」と同じで、敵を攻撃するのに使いやすくて、安易に口から出てきますが中身が無いのですよね。

今回の予算の質疑は民主党の責め方がダメダメなのもありますが、予算が酷い内容なのに関わらず、攻め手に欠いているからです。バラマキになっていればまだ良いのですが、景気対策という名の霞ヶ関へスポンジのように巧妙に吸い込まれていく予算って誰の為なのでしょう。官僚の方々は実に頭が良くディベートのうっちゃりが巧妙です。官僚が質疑を答えていると(自民党の大臣が答えるのも官僚が耳打ちしてそのまま答えているので同じことです)いつの間にか「財源はどうするんだ」という意味のない蟻地獄にハマるのです。

>それを実行するに必要な財源を「作り出す」ことこそ真の政治ではないでしょうか?
その通りだと思います。
そして、それは官僚からは作れません。国民の代表たる政治家のみができることです。そして、国民に未来を見せる為のビジョンって必要ですよね。バブル直前ごろからそういったものは見えなくなりましたよね。まあ昔は所得倍増という分かりやすいもので良かったというのもありますが。

>国家は営利企業なのでしょうか。
それは、そうではありませんが、そもそも財源を気にするのは単に金が無いという意味ではありません。変な言い方ですが金は無尽蔵にあります。官僚という生き物はそういう奴等です。知らないうちに国民に借金背負わせてありもしない金を作ってきます。巧い言い方も他にあるかもしれませんが、このときの「財源はどうするんだ」は増税するのか、国債を充てるのかといったような意味合いです。
予算を通して終わりだからダメなのです。企業ではありませんが、そのために国にも決算は絶対必要です。

私自身予算委員会など見ていて、一緒に官僚に不満を言いたくても、私自身も一緒に攻め手を欠いておりますので、何か意味の分からない回答になっており申し訳ございません。
    • good
    • 0

財源を消費税の値上げで補って、穴の空いた国の財布に金を入れても


常に新しい政策を実行する財源は有りません。今の官僚、与党にとって都合の悪い政策などする気はありません。
    • good
    • 0

おかしな質問とは思いません。




>大きな理念、政策こそ最初に来るべきであって、

そうです。

>何か新しい政策を実行しようとする時に
>対抗勢力から必ず出る言葉は「財源はどうするんだ」ですよね。

ですからこういう流れになるのが自然です。
大きな理念に基づいて政策が提案されたから、その次として財源をどうしようかという流れは普通の流れではないですか?



>どんなことも財源が必要なのはわかります、しかしそれをいつも
>思考の先頭に持ってくるのは営利企業の考えです、
>国家は営利企業なのでしょうか。

営利企業も国家もそんなことはしていません。
一切の政策や経営計画無しに、まず財源や予算を立てるなんてありえません。だいたいの理念などとセットで予算を出します。

自民党が出した補正予算だって、政策とセットで14兆円と出しました。それに対して野党が「財源はどうなっているんだ?」と質問しています。
すでに自民党(麻生総理)は経済対策が第一という理念と政策までセットで提示しています。ですから次のステップの財源やより詳細な議論に移ります。
    • good
    • 0

今あるものを続けるという前提に固執してるから、財源は?などというくだらないことばかり聞くんです。


新しい政策を行うと同時に古くていらないのをやめれば済む話なのに。
そんなことだからいつまでたっても官僚と同じ前例主義から脱皮できないんじゃないですかね。
    • good
    • 0

自民党の鳩山氏→民主党の鳩山氏、でした。


2連投で書き込んで誤字、恥ずかしいです。ごめんなさい。
    • good
    • 0

もう一つ言えば、自民党の鳩山氏はここ数日、「税金のアップなど議論すらしてはいけない」などと言ってますが、麻生総理は3年後の消費税アップを譲ろうとしませんでした。


それは麻生総理には将来の日本の姿がしっかりあり、その目標は2020年を目標とする成長戦略構想として発表しています。
そのために消費税のアップが必要だと言える麻生総理にこそ信念があり、それを反対する他の自民党議員、議論すら許さない民主党に信念・理念などあり得ないと思います。
無駄遣いが多いのは確かですし、麻生総理の描く日本に賛同するかどうかは別問題ですが、現在総理候補の中で信念が見えるのは麻生総理だけだと思ってます。
    • good
    • 0

国家とは一般企業と違い目的のために必要なお金をきっちり徴収できます。


それが税金です。
つまり、本当に国家にとって必要な事をする、そのために現在お金が足りないなら「そのための税金を取る」以外あり得ません。
よって一つの政策に対し「財源は?」と言う反論があった場合、本当に理念があり、それが国家にとって必要だと思う政策なら「そのための税金を取る必要がある」と答えれば良いのであって、そのように答えられない事自体が信念・理念の弱さを物語っています。
    • good
    • 0

与党は常に国会で


「財源は?どこにそんなお金があるの?」と言うことを野党に聞かれています。

与党であろうが野党であろうが、聞かれて当たり前です。

野党には質問してはいけないということですか?
    • good
    • 0

長年そういう政治を続けてきたから、今の国の借金があるんじゃないの?

    • good
    • 0

最近だと自民党は政策をする時にその財源を説明してますが、民主党の財源は一切説明がない。



 自民党は、特別会計の一部一般会計化と消費税を財源にと財源を説明してます(消費税上げるといって叩かれてるわけですがw)
 民主は自民がちゃんと説明してるのに
 『『財源はどこから持って来るんだ!』と怒ってるわけです。

しかも自民は景気対策費用として75兆円を計上してるわけですが
民主は生活保護の為の支出、しかも自民より多いわけです
 しかも財源がはっきりしないw

これに騙されてる馬鹿な国民が多いことが一番の問題でしょうかw
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの部屋は何畳でしょうか

自分で考えたのですが計算が苦手なのでお知恵を貸してください。
一畳とは普通0.9×1.8メートルとのことですが、3.45×2.7の部屋は何畳相当でしょうか。
(3.45×2.7)÷(0.9×1.8)で、5.75畳でしょうか?もう少し広いと思うのですが...。
エアコンを購入するため、何畳用を買えばいいのか知りたい次第です。

Aベストアンサー

 その計算でおおよそあっています。正確には、

(3.45×2.70)÷(0.91×1.82)=5.62

ですね。クーラーであれば6畳用でいいでしょう。

Q【政治と政策】日本人は政策の議論が下手ですよね。政治批判はするけど、1つずつの政策に対する議論は

【政治と政策】日本人は政策の議論が下手ですよね。

政治批判はするけど、1つずつの政策に対する議論はあまりしない。

なぜなんでしょう?

Aベストアンサー

政治が批判しやすいのは現象について感想を述べれば良いだけだから。
政策を議論しづらいのは論理的に一から構築しなければならないから。
要するに、できあがったものに対してケチを付けるのは得意だが、新しく構築するのは不得意、ということなのでしょう。

Qリビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかり

リビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかりません。

縦5.75m横3.5mだと何畳くらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>リビングの大きさを知りたいのですが、メートルで出ているので何畳かわかり ません。


            ↓
平方メートルと坪、畳の相関関係は・・・(畳は5・8間サイズとか本間サイズ等の基準が全国で違う)


3.3平方メートル=1坪
1坪=2畳


リビングの面積は=5.75m×3.5mなので20.125平方メートル

20.125÷3.3×2=12.2畳となります。

Q小沢一郎氏の政治実績や政治理念を教えてください。

小沢一郎氏の政治実績や政治理念を教えてください。

私は個人的に彼が嫌いです。それをここで述べる訳では
ありません。
ただ最近になって彼への悪感情がメディアの影響を受けて
いるのではないかと疑い始めました。
そこで伺いたいのです。

彼は過去どんな良い政治実績を残したか?
彼の政治理念でプラスに評価出来るものは何か?
その他何でも結構です。彼をプラスに評価する意見があれば
教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

 政治実績については、簡単にウイキや他の情報源で詳しく手に入ると思います。

 分からないのは、「政治理念」です。
 本人の著書などと、実際の行動との整合性があまりなく、『理念』が読めません。

 政治家は、本人の発言などと実際の行動の不一致の多い人もあり、「今までやってきたこと」から、理念を読むべきなのでしょうが、彼の場合は『乱世の小沢』のたとえのごとく、政局に際しては、「政治理念」よりも「政治力学」を優先してきたように見えます。

 ですから、私には彼がどのような政治を目指しているのか、全く分かりません。

 民主党が政権の座に就いた後も、「政治理念」に基づいた政治を行うことによって、国民の支持を拡大し、参議院選挙に勝つという方向ではなく、参議院選挙に勝つためにはどのような政策を打ち出すべきかという視点で、政策決定を行っていたと私には見えました。

 ですから、どのような「政治理念」と聞かれても、不明という答えになってしまいます。
 個人的なうがった見方ですが、彼にとって「政治理念」は政治権力を握るための道具と見ている可能性さえあるかと思っています。
 もしそうなら、政治を客観的に見る能力に関しては、現在の日本の政治家として一級品と言えます。

 『政治能力は一級品だが、方向性は不明』、彼を使えば、ハイリスク=ハイリターンと言えそうです。 国民に政治能力があれば、使い得る人材かもしれませんが・・・
 

<参考>
 歴代首相経験者で「政治理念」が不明だったのは、森氏でしょうか。人間性に屈折したところがなく、包容力もあり、人の話を素直に聞くという徳のある人であったと思うのですが、政治家なのに個人的「政治理念」が全くなかった存在ではと思っています。
 政治理念がなかったからこそ、彼の人間的美徳が保持できたのかもしれません。

 政治実績については、簡単にウイキや他の情報源で詳しく手に入ると思います。

 分からないのは、「政治理念」です。
 本人の著書などと、実際の行動との整合性があまりなく、『理念』が読めません。

 政治家は、本人の発言などと実際の行動の不一致の多い人もあり、「今までやってきたこと」から、理念を読むべきなのでしょうが、彼の場合は『乱世の小沢』のたとえのごとく、政局に際しては、「政治理念」よりも「政治力学」を優先してきたように見えます。

 ですから、私には彼がどのような政治を目指し...続きを読む

Qこれは何畳?

こんにちは。空気清浄器を買おうと思うのですが部屋が何畳なのかわからないので質問させて頂きます。

1Kロフト付で、床面積が20m2とあります。
これはロフトの床面積+下の床面積なんでしょうか?

何畳になるのか、何畳用のものを購入すればいいのかわかりません。
アドバイスください。

Aベストアンサー

一般サイズの京間(91cm×182cm)として考えると1畳辺り1.66cm2なり約12畳となます。
ただロフト4畳床8畳となると8畳用となってしまいます。
床面積を概算で実寸し何m2になるか計算されたらよろしいかと思います。

Q政治公約よりマクロの政治理念の検証が行われているのか?

 質問というよりも、ヒアリングに近いもので申し訳ないのですが、

戦術は戦略に従属しましすが、逆はあり得ません。
政治では、まず政治理念(国家戦略)の実現のために、政治公約があると思います。
 つまり、政治理念が戦略であり、政治公約は戦術だと思っています。

 では、最近の有権者が選挙で政治公約に執心しているように思えるのですが、その方々は、政治理念を精査した上で、政治公約を語っているのでしょうか?
 政局よりは政策ですが、その政策論も極めて目的が場当たり的・緊急性の低い緊急避難措置に思えてしまいます。

 マニフェストの検証は結構だと思うのですが、マニフェストの母体になる政治理念(民主党でいえばマグナカルタ、共産党なら綱領)の検証作業が行われたように思えません。

 極論すれば、今の政治論争は、国家戦略というマクロ規模の政治理念・政治哲学が欠如していると思うのです。

私の考えすぎでしょうか?
プライオリティの順序の問題でしょうか?

Aベストアンサー

うーん。突き詰めて言えば、国民の大半はその事にはまったく興味ないと思いますよ。

データを精査していないので反論はあるかと思いますが、浮動層で民主党に投票した有権者の多くは「だらしない自民党を棒で打ってこらしめてやれ!」というくらいの意識しかないと思います。
で、その自民党を棒で打ってこらしめたあとのことは、まったく考えていないと。(苦笑)

さらに言えば、自民党への批判もマスコミの刷り込み効果が大半のように思います。
本当は、この辺のデータをきちんとリサーチして、数字として出せればよいのですが。

民主党自身、そういう事情を踏まえてのことか、政策論争を真剣にしていない面も見られます。下手に政策論争すると党がわれるから、まずは打倒自民で結束しているだけかと。
よく言われるのが、自分たちが政権とってから経済対策どうするのか。
まったくしていませんよね。

私としては、民主党の理念、そしてそこから出される政策方針、さらに細分化されたマニフェストときっちり出して欲しいですが(これは民主党だけでなく、自民党や他の政党も同じ)、今の団塊の世代があの世に行くまでは難しいかもしれません。

うーん。突き詰めて言えば、国民の大半はその事にはまったく興味ないと思いますよ。

データを精査していないので反論はあるかと思いますが、浮動層で民主党に投票した有権者の多くは「だらしない自民党を棒で打ってこらしめてやれ!」というくらいの意識しかないと思います。
で、その自民党を棒で打ってこらしめたあとのことは、まったく考えていないと。(苦笑)

さらに言えば、自民党への批判もマスコミの刷り込み効果が大半のように思います。
本当は、この辺のデータをきちんとリサーチして、数字と...続きを読む

Q12m2 何畳 何帖

12へーべは 何畳 何帖ぐらいの広さですか? 帖と畳の広さは同じ意味ですか?

Aベストアンサー

7.4畳です。畳と帖は、同じ意味です。

Q【政治】上西小百合の元政策秘書が名誉毀損で刑事告訴しましたけど、元政策秘書ってあの暴力団構成員みたい

【政治】上西小百合の元政策秘書が名誉毀損で刑事告訴しましたけど、元政策秘書ってあの暴力団構成員みたいなヤクザみたいなあのゴッツイおっさんですか?

上西小百合はあの担ぎ上げたヤクザにも見捨てられたというか金銭を脅し取られようとしてる?

名誉毀損であのおじさんが上西小百合から金をむしり取る?

完全にヤクザじゃん。。。

違う人ならごめんなさい。

Aベストアンサー

http://live.nicovideo.jp/watch/lv278219769

今日午後の記者会見です。

上西がむしり取ろうとしているみたいですね。

でも話では被害届出してないので、メインは。例の旅行事件の情報漏洩の名誉棄損です。

でもね。
記者会見で弁護士が「初動対応のミス」とか言い訳してますけど、はじめに橋下党首に対して、きちんと「事実は違う」とその時に立証できないのが汚名回復できなったということなので、それを名誉棄損とは言えないと思われます。
この弁護士もボンクラだっただけですね。

ま~来年改選になったら、見事に落選するでしょう。

足立議員を道連れにしたいみたいですけど、国会質疑で断然の人気のある足立議員に勝てるとは思えませんけどね。

Q19平方メートルって何畳?

19平方メートルって何畳でしょうか?

おそらく11畳半ぐらいとみてるのですが。
畳の大きさはごく一般的な大きさです。

Aベストアンサー

畳一枚は0.91*1.82=1.656...m2
なので
19/1.656=11.4...

なのであってるとおもいますよww
以上ww

Q【政治・公明党のばら撒き政策】公明党の地域振興券や軽減税率などのばら撒き政策って本当に社会の役に立っ

【政治・公明党のばら撒き政策】公明党の地域振興券や軽減税率などのばら撒き政策って本当に社会の役に立ったんでしょうか?

公明党は一貫して貧困層救済といって国民から集めた血税を再度ばら撒くというばら撒き政策で低所得者層(高齢者限定)の政策ばかり自民党に要求してきます。

血税の再分配で、資本主義の富の偏りを無くそうとしているのは分かりますが、それなら最初から低所得者に対しての税をもっと軽くすればいいだけの話なので選挙アピールにしか見えません。

選挙アピールのために税を徴収するにも税を投じてコストが掛かっているのに、税金を投入して税金を徴収して税金をばら撒く(しかもばら撒くのにもコストが掛かる)という非常に非効率なことをやっている気がします。

なぜ最初から低所得者の税金を下げないのでしょう。

そうしたら、徴収コストも配布コストも浮きますよね?

公明党の考えていることが分かりません。

本当に低所得者層のためにばら撒き政策をやってますか?

何がしたいんでしょう?

本当に低所得者に還元されたのか事後報告もない。

何なんだこの政党は。

【政治・公明党のばら撒き政策】公明党の地域振興券や軽減税率などのばら撒き政策って本当に社会の役に立ったんでしょうか?

公明党は一貫して貧困層救済といって国民から集めた血税を再度ばら撒くというばら撒き政策で低所得者層(高齢者限定)の政策ばかり自民党に要求してきます。

血税の再分配で、資本主義の富の偏りを無くそうとしているのは分かりますが、それなら最初から低所得者に対しての税をもっと軽くすればいいだけの話なので選挙アピールにしか見えません。

選挙アピールのために税を徴収す...続きを読む

Aベストアンサー

創価学会に対するポーズという見方が大勢でしょうね。
言うまでもなく、公明党は安保法案では自民党に与して学会員のヒンシュクを買いました。
立党精神が「大衆とともに」でしたから、大衆が疑問を抱く法案に賛成したことは、平和を掲げる公明党としても、どうしても挽回するカードが欲しいわけです。
そのカードが振興券であり軽減税率であり、今回の低所得高齢者に対する給付なわけですね。
そうすることで、創価学会に対しては、「大衆とともに」ということをPRできますし、票をもらうことで安泰。自民党に対しても、“学会票は安泰ですよ。お宅にも配れますよ”という、いわば「国民は利益を得る」「自民党も参院選で勝つ」「公明党も学会票で安泰」という、いいことずくめの構図を描いているのだと思います。
仰るように、軽減税率によって発生するコストをどう考えるかは選挙後ですから、国民は自公が勝ったあとに、煮え湯を飲まされるという算段です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報