含水率85%の、100KGの土に、0.5%の養分があります。

この土を乾燥させて、含水率5%に落とすと、養分は何%になりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

<含水率85%の土の内わけ>


・水  85kg
・土  15.0kg(栄養0.5kg,その他14.5kg)

土 15kgに対して、5%となる水の量は、
水 xkgとすると

x/(x+15) × 100=5(%)
x=0.78947368…≒0.79kg

より、含水率5%の土の量は
15+0.79=15.79 kg

栄養は0.5 kgなので、
栄養の含有量は、

0.5/15.79 ×100=3.16665611…
        ≒3.2%

となります。
    • good
    • 0

>もともとの栄養分が0.4%なら、乾燥後は、2.5%でしょうか?



そうですね
    • good
    • 1

と思ったら勘違いで


3.2%

この回答への補足

もともとの栄養分が0.4%なら、乾燥後は、2.5%でしょうか?

補足日時:2009/05/14 21:07
    • good
    • 0

2.5%

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水分計算

基本的なことが出来なくって困っています。

(253+A)/(1572+A)=20%
今1572kgの液体中に253kgの水が含まれています。
割合で16%位です。
水分量を20%にする為、Aの水を追加します。
76kg位で達成しますが、A=○○の式を導き出せません。

恥を忍んでお尋ねします。
教えてgoo!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

B1*B2で液体の重さが出ます。
これにB3をかけたB1*B2*B3が液体中の水分以外の重さです。
(百分率のところを100で割るのか割らないのかはExcel使わないんで分かりません。適当に処理してください。)

一方目的の水分量にする際、入れるのは水だけなので、
水分以外の重さは変わっていません。
つまり、水分以外の重さを(1-B5)もしくは(100-B5)%にするので、
B1*B2*B3/(1-B5)が水を入れた後の全体の重さになります。
よってあとはもとの液体の重さB1*B2を引けば、入れた水の量が出ます。

水の量は、B1*B2*B3/(1-B5)-B1*B2で。
百分率が数値そのままならB1*B2*B3/(100-B5)-B1*B2で。

私はExcelの数式に変換はできないので、適当に処理してください。

Q比重の計算

本当にバカな質問してすいません。

ある溶剤の比重が1.2とします

10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?


もう一つ比重が0.8とします

10ml取った場合8グラムでいいのでしょうか?

バカな質問ですいません。頭がこんがらがってきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合ってますよ^^

 比重の単位は、g/cm3です。
 cm3とmlは同じ単位ですから、g/mlと置き換えてもかまいません。


>ある溶剤の比重が1.2とします
>10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?

さて、こういう場合は、単位もまとめて計算するといいです。

10ml×1.2g/ml = 12g

「ml」に「g/ml」をかけるということは、
「ml」に「g」をかけて「ml」で割るということです。
「g」だけが残りますよね。

0.8の場合も正解です。

Q体積含水率と液相率

おはようございます。
体積含水率について質問があるのでお聞きします。


大学指定の教科書に
「定容積(V)の土の重量(W)を測定し、乾燥させたあとの重量(Wd)を測定する。この時、W-Wdは土に含まれていた水の重量である」とあり、

体積含水率=(W-Wd)/V

とありました。
更に、その先に
Vw=W-Wdとして

液相率=Vw/V×100

とありましたが、
体積含水率も単位は%ですよね。液相率と体積含水率は同じではないんでしょうか?

Aベストアンサー

回答がないようなので,回答します.定義式をみると
体積含水率の単位は%(百倍していません,ですから比です)ではありません. 液相率の式は明らかに%(百倍しています)です. …私はこの分野が専門でないので,式が正しいかどうかは分かりません.
あなたが分からなくなった原因は,分母と分子の単位が同じでないためでないでしょうか? 

Q土木の土(含水比)に関する計算

含水比125 %の土の質量は4.5 tであった。この土に含水比60 %で、8 tの土を混ぜたら

その混合土の含水比はいくらになるか


計算してみたのですが83.4になって答えでは78.6になっています。
計算する方法を教えてください!

Aベストアンサー

最初の4.5t中の土と水の量を計算。含水率=水/土x100% 計算は100省略します。
含水率125% ですから 土1tに対し水1.25t 合計2.25t
比例計算で4.5t中の土と水は
「土=4.5x1/2.25=2t」 「水=4.5x1,25/2.25=2.5t」

次に8tが含水率60%ですから 土1tに対し水0.6t 合計1.6t 同様に計算
8t中の土と水は
「土=8x1/1.6=5t」 「水=8x0.6/1.6=3t」


合計すると 計=4.5+8=12.5t この中の
土=2t+5t=7t 水=2.5+3t=5.5t
含水率=水/土=5.5/7=0.7857 で 少数2位四捨五入して78.6%

含水率での土の量と水の量の計算が勘違いで間違っていませんか。

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Q10m2の大きさ。

10m2ってどれくらいの大きさなのでしょうか??

畳でいうと何畳ぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

1坪=畳2枚分が3.3平方メートルですので、
10平方メートル≒3坪=畳6枚分
ですね。

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む

Qキログラム(kg)を立米(m3)に直すと?

初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
250kgと1400Kgを立米m3に直すといくらになるか教えて頂きたいのですが?

Aベストアンサー

単位の換算には前提条件が必要です。
今回の場合は比重ですね。

比重は対象の温度次第で変化しますので、温度もわからないと正確な換算はできません。
例えば水の場合、比重が1なのは4℃の時で100℃では0.958まで下がります。
1400kgなら1.4m3と1.46m3と結構な差が出ます。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q堆肥の含水率を上げたいのですが計算が分かりません。

堆肥:100キロ 含水率:45%

これを含水率60%に上げるには。。。

水の量と堆肥の量をどのように決めたら堆肥100キロ含水率60%になるんでしょうか??

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

100kgの堆肥の含水率45%ということは、100kgのうち45%が水、55%が水以外 ということです。
水が45kg、水以外が55kgということですね。

この含水率を60%に上げるために、Xkgの水を足します。

水以外は足さないので、水以外の成分の量55kgは変化しません。
堆肥は、Xkgの水を足されるので、100+X kgに増えます。
含水率60%ということは、水以外の成分は40%です。
100+X kgの堆肥の中で、55kgの水以外の成分の割合が40%なので、次式が成り立ちます。

55/(100+X)=0.4

これをXについて解くと、X=37.5 が求まります。
すなわち、水を37.5kg=37.5リットル足してやると、含水率が60%の堆肥が出来上がります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報