以前飼い犬のことで相談したことがあるのですが、よく「虹の橋」について明記があったので興味が沸きました。
有名なお話のようですね。今度読んでみようと思っています。

私自身は犬と一緒にいたいので「虹の橋」の存在を信じたい!というか
待っていてくれるととっても嬉しいのですが、皆さんはどうですか??

思いは1番大事なものだと思うので、信じていたらきっと叶う!!と思っている方っていらっしゃいますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

信じたい、と思っています。



17年前に亡くした柴犬、10年前に亡くなったウサギ(前後の柴犬と大の仲良しでした)半年前に亡くなった柴犬が
虹の橋で出会っているんだと思うと心が休まります。
また現在15歳の犬を飼っているのですが、この子が数年後にいくところも私たち家族が大切にしていた仲間の所だ
と考えると少しは安心できます。

何十年か後に、私が亡くなる時には、先に旅立った大切な動物たちが会いに来てくれることは
なぜか確信しています。
    • good
    • 1

そういう場所があるんじゃないかな?と思いますけど、


たぶん、心の中ででも呼べばすぐ近くに魂がいそうな気がします。

例えば、「ゴースト~天国からのささやき~」のアドバイスをしてる、
霊能力者、ジェームス・ヴァン・プラグさんは、
身内で先になくなった人が犬の世話をしてくれると
「もう一度会えたら」と言う本で書いていましたし、
ドラマ、ミディアムの元になったアリソン・ディボワ本人の本
「愛する人はいつもあなたのそばにいる」でもそれに近い記述が
どこかにあったみたいで、どうも自分でメモ残してます。。。

私などは14才のゴールデンが亡くなった夜、
星を見ていたら「ボクここにいるのに!」っていう感じで、
後ろから吠えられました。空耳だったのかもしれませんが。汗

一番の飼い主だった妹の一人も空耳吠え声を数回聞いてますし、
49日まで生きている時は行った事もない妹の家に気配が来てたそうで、
死んだ時の夢見て犬の名前絶叫して旦那さんがビックリするも、
当人起きても覚えてないし。。。

翌日、米国に行く別の妹と喧嘩した朝は、
父が空にゴールデンの形の雲を見たとか言ってました。。。
私などはその話を聞いて、気遣いの犬だったから米国まで
なだめにひとっ走りしてくれたのかも?なんて思いました。

たとえ死んでも想えば虹の橋からすっ飛んできて近くにいる感じがしますよ。
    • good
    • 1

こんばんは、虹の橋は、大切なパートナーとの、別れを経験した方が、


 たどり着く先だと思っています。
 虹の橋の、存在を信じている人たちのパートナーは、待っていてくれると思いますが。
 信じていない人や、知らない人のパートナーは、虹の橋には、
 いないと思います。
    • good
    • 0

私も信じている派です。


愛犬を亡くして知った話です。
だから余計そう思うと思います。

愛犬にしてあげたかったことがまだまだあったので虹の橋で逢えたらしてあげようと思います。
    • good
    • 0

はじめまして :*:・( ̄∀ ̄)・:*:



http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

私にも虹の橋で、待っていてくれるワンニャンがたくさんいます。

いつか再会したら・・・大喜びして、たくさん抱き合って・・・えーんえーんって声を出して泣いて、涙がたくさんこぼれてしまいそうです。
:*:・・・:*:・:*:・( ̄∀ ̄)・:*::*:・・・:*:
    • good
    • 0

信じる・信じないの問題じゃなくて、


大好きだった犬の事を思い出したり、
辛くてめげそうになった時、死にたくなった時、
「いつまでもあの子が虹の橋で待っててくれてる、
だから自分も頑張ろう!」っていう気になります。
    • good
    • 0

>皆さんはどうですか??



もちろん、信じてますよ。
でないと死んだときに行き場がなくなるもの。

きっと、待ってくれていると思う。
    • good
    • 0

こんばんは



うちは猫ですが
信じています

犬とも仲が良い子だったので
たぶん皆さんと仲良くしてくれているかと
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛犬が亡くなりました。。。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、呼吸が苦しそうで本当に辛かったです。最後に大きく息を吸い込んだと思ったら突然亡くなってしまいました。でも、苦しそうだったにもかかわらず、最後は眠ったような表情で亡くなりました。

わが子も同然可愛がってきましたので、深い深い悲しみからなかなか抜け出せません。いなくなって寂しいという気持ちはもちろんですが、天国で幸せに暮らしているのか、(人見知りな性格だったので)お友達はできたのか、(目も耳も不自由になっていたので)守ってくれる誰かはいるのか、等々心配でたまらないのです。

また、火葬をしたことで後悔していることがあります。人間は死後丸一日以上火葬しませんが、犬もそうすべきだということを知らず、死後たったの4時間程度で火葬をお願いしました。獣医さんやお寺の方にお尋ねすればよかったものの、早くしてあげなければいけないものと思い込んでいたのです。亡くなった姿を見ていられなかったし、早くきちんとした逝き場所に連れて行ってあげなくてはという勝手な思いが起こした行動です。

冷たくなり手足は少し硬直していましたが、もしかしたらしばらくして息を吹き返すこともあったのではないかと思うと、なんだか自分が殺してしまったような錯覚をおこし、恐ろしくてたまりません。
辛くてもきちんと現実を受け入れ、十分なお別れの時間を取って、それから火葬してあげるべきでした。取り返しての付かないことをしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

混乱して気持ちの整理がつきません。私の考え、行動はやはり間違っていたのでしょうか。
また、とっても可愛がっていたけど、すぐ埋けて/火葬してあげた、という方もいらっしゃったら、お話を聞かせていただきたいと思います。

長文で申し訳ありません。アドバイスをよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、...続きを読む

Aベストアンサー

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い出として残すものは箱に詰め、押入れの奥のほうに即しまいこみました。
病院関係のもの、治療に使ったもの、食欲が亡くなったので試行錯誤でたくさん買い込んでいたえさ、
亡くなる日にたくさん使って汚れてしまったタオルや毛布などは、なくなった夜のうちに処分しました。
ワンコにとても似合っていた洋服や、ぬいぐるみ、リードやハーネスなどは
ワンコと一緒に火葬してもらいました。

もしかしたら、後悔するかも?と思いましたが、半年たった今ではそれでよかったと思っています。
しばらくは、亡くなる直前のワンコの辛そうな姿ばかりが思い出されて辛かったのですが、
時間とともに、一緒に過ごした20年弱の楽しかった事、ワンコの素晴らしかった事、
ほんとうにかわいらしかった姿・・など、本当の意味でのワンコとの想い出ばかりが
思い出されるからです。
もし、亡骸の写真をとっていたら、あんなにすばらしかった月日よりも、あの辛く悲しい
場面がいつまでも私の心を占めていたかもしれません。
ワンコが大好きだったものは、手元に残したい気持ちを抑えて火葬してもらいましたが、
月日がたった今は、寒い日でもあの服があるからさむくないね、とか
お気に入りのぬいぐるみを咥えてお空を走っているのかな?とか考えると心がやすまります(涙)

質問者様も、今はまだワンちゃんが旅立って日も浅いので、亡くなった衝撃の印象が強いのは
当然だと思います。
でも、わんちゃんはあなたに別れの悲しみを与えるために15年間一緒に過ごしてくれたわけでは
ないですよね。
一緒に暮らした日々がどれだけ、素晴らしくあなたを成長させてくれたか、そしてワンちゃんが
とても幸せだった事が、月日とともにあなたの心を満たしてくれると思いますよ。

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い...続きを読む

Q愛犬の初七日

今日は愛犬の初七日なのですが、
自宅で行う予定なのですが、やはりお寺などに行った方が良いのでしょうか?
また、自宅で初七日などを行う場合、どのような事をすればよろしいでしょうか?
何かお分かりになる方がいらっしゃいましたら、
ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

わんちゃんの亡骸はお寺か霊園に入っているのですか?
マメなところなら、先方の方から49日や1周忌法要、お盆やお彼岸などを連絡をしてくるところもあります。
勿論、人間のと同様お線香をあげて、手を合わせに行くかたも大勢いらっしゃいます。

でも一番大切なのは、可愛がっていたワンちゃんが天国へ行って、また飛び跳ねながら遊んで欲しいと願う事じゃないでしょうか?

自宅で行う場合でも、定義的なことはありませんが、お皿などに1本のお線香を3つくらいに折って、写真の横に好きだった食べ物などと一緒に置いてあげたら、喜んでくれると思いますよ。
(人間とは違うのでお線香は必ず折ってからあげてくださいね)

ご冥福お祈りします。

Qペットロスが理解できないです。

ペットロスが理解できないです。

結婚して、嫁さんの実家の犬が死にました。犬も13歳まで生きてそれなりに大往生ですが
今嫁さんペットロス状態です。
食事中や何かの作業中に突然泣き出します。
自分が支えてあげたいとと思いますが、どうしたらいいかわかりません。
正直、ほんとは冗談のひとつも言えないそんな暗いムード漂う家に帰るのも
いやです。自分もペットを飼ったことがあり、悲しいのはわかるけど、
そこまで沈むのが理解できません。こちらも気が滅入ります。

気晴らしにどこか行こうと誘っても、喪が明けてないからといいます。
そのような言葉を犬のときに使うのはものすごい違和感を感じるし、
そのうえ、私が休日に遊びに行くのも嫌がり、なんて私は不幸なんだなんて言う始末です。
私は若いときに両親をもうすでに亡くしてるせいか(それこそ、そのときの大変さなんていったら・・・)
そんなことで甘ったれんなといいたいのをかろうじて、抑えています。
悲しんでいる彼女を支えたいという気持ちともういい加減にしてくれという気持ちが
交差してます。どうしたらいいでしょうか?

広く意見を求めます。
たぶん非難を受けるとわかっていながらも質問します。

ペットロスが理解できないです。

結婚して、嫁さんの実家の犬が死にました。犬も13歳まで生きてそれなりに大往生ですが
今嫁さんペットロス状態です。
食事中や何かの作業中に突然泣き出します。
自分が支えてあげたいとと思いますが、どうしたらいいかわかりません。
正直、ほんとは冗談のひとつも言えないそんな暗いムード漂う家に帰るのも
いやです。自分もペットを飼ったことがあり、悲しいのはわかるけど、
そこまで沈むのが理解できません。こちらも気が滅入ります。

気晴らしにどこか行こうと誘っても、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。既婚30代女性です。

どちらの気持ちも理解できます。
まずは私なりの回答から申し上げます。

「悲しんでいる彼女を支えたい」
この気持ちを大事にしたらいいと思います。
現時点で、奥様は心から悲しんでらっしゃいます。
そして奥様の事を愛しているから、支えたいという
気持ちが間違いなく質問者様にはおありです。
ならば、それを大事にしたらいいと思います。

黙って話しを聞いて、痛みや悲しみを共有して
差し上げれば十分だと思います。
奥様が今欲しいのは、励ましのことばや
早く元気になるための方法ではないと思うのです。
痛みや悲しみを分かち合って、一緒に悲しんで
くれることだと思うのです。

「愛犬を失った悲しみ」は理解できないかもしれません、
でも「悲しむということ」は理解できるとおもうので
悲しむということそのものを受け止めて差し上げればと思うのです。
大事なのは、奥様が悲しいと思うことをそのまま受け入れて、
かなしいんだね。といってあげることだと思うのです。

質問者様の「甘ったれるなよ」という気持ちもとても
私にはわかるのですが、それは一旦置いておいて
自分の心より、相手の心をまずは考えて差し上げたらどうでしょう。
なぜなら、今の時点で心が弱っているのは奥様の方だからです。
余裕があるほうが守ってあげるべきではと私は考えるからです。

とはいうものの、質問者さまの気持ち、私も判る気がいたします。
なぜならば、私も家族を失うという経験をしているからです。
5年ほど前、姉を亡くしました。
本当に、そのときの大変さっていったら・・・です。
25歳という年齢でしたが、辛かったです。
ましてや質問者様は、頼りに思うご両親を若いうちに
失っているのですから・・・その大変さは察するに余りあります。

反面、私にはペットを亡くした悲しみもわかるのです。
私にだけ物凄くなついている猫が死んだ時は
それはそれは悲しかったです。
1週間経っても2週間経っても一ヶ月経っても悲しかったです。
3ヶ月は、夜な夜な泣いていたと思います。

でも・・・家族が死ぬことの重さと、ペットが死ぬことの
悲しさって、全然別種なんですよね・・・。
ペットの死は、純粋に悲しめばそれでいいのですが、
家族の死はなんというか・・・現実と悲しみの狭間で苦しくて
本当に辛いし、キツイですよね。

それと比べると、純粋に死を悲しめることは、ある意味で
すごく幸せかもしれないとすら思います。
親でも兄弟でもない動物を失ったくらいで、自分を不幸だ
なんて、甘ったれるな。私も思ってしまいそうですが
奥様の気持ちを考えたら、やっぱりそれは
言うべきじゃないと思います。
だって、奥様はきっと肉親を失う悲しみをまだ
経験したことがないのだから。
経験したことがないことは、誰でもきっとわからないですよね・・・。

私の夫は、家族と死別したことがありません。祖父母も、健在です。
対する私は、父方、母方の祖父母に姉と死別しました。

あるとき夫に姉のこと、その死に関することを話しまして、
辛くなり泣いてしまったことがあったのですが、
夫は、自分も辛いことがあったということを示すために
「飼っていた犬が死んだ時の話」をしたんですね。
夫にとっては、唯一とも言える家族の死の体験が
愛犬の死だったわけです。すごくすごく悲しくて辛かった、と。

でも・・・正直私がその話を聞いたときの気持ちは
私の姉の死と、愛犬の死を同列に語ってくれるな。でした。

気持ちは判る。その悲しみも理解できる。
でもあなたは何にもわかってない、知らない。
そんな甘いもんじゃない。と。

でも、やっぱり、口には出せませんでした。
彼にとって経験してないことなんだからわからないのだろうな。
と、それだけです。悲しかったですけどね。

今は奥様は愛犬を失ったことでいっぱいなんだと思います。
それ以上の悲しみやいい様のないきつさを味わったことが
おありでなかったら、それがやっぱり一番なんですよ。

ひどいことを申し上げますと、やっぱり私からしたら
奥様は人生の本当にキツイ部分を味わっていない、
甘ったれだと思いますし、愛犬が大往生したことで
不幸だというのであれば、すごく幸せな人生を
歩んでいることに気付いていないだけだよ、と
いう気持ちにもなります、
(喪が明けるまで、という気持ちは判るけど
質問者様の気遣いに感謝の気持ちを持てばいいのに!
とかね。でも、やっぱり今はそこまで気持ちが
いかないのでしょうね。)

でもやっぱり、奥様は今現在辛いだけだと思います。
辛い時には、支えあうのが夫婦だと思いますので。
話を聞いてそばで支えてあげたら、と思います。
いつかは奥様もきっと悲しみから復活しますから。
長文失礼いたしました。

こんにちは。既婚30代女性です。

どちらの気持ちも理解できます。
まずは私なりの回答から申し上げます。

「悲しんでいる彼女を支えたい」
この気持ちを大事にしたらいいと思います。
現時点で、奥様は心から悲しんでらっしゃいます。
そして奥様の事を愛しているから、支えたいという
気持ちが間違いなく質問者様にはおありです。
ならば、それを大事にしたらいいと思います。

黙って話しを聞いて、痛みや悲しみを共有して
差し上げれば十分だと思います。
奥様が今欲しいのは、励ましのことばや
早く元気に...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む

Q死の近い犬は吠えるのですか?

ゴールデン雄14歳で、28日にてんかんで倒れて以来食事や水も受け付けなくなりました。
与えてみても嘔吐してしまいます。
寝たきりが続き、おしっこもうんこも自分で出来なくなってしまいました。

昨日の深夜から声はもう出ないけど吠えるようになりました。なでると吠えるのを止めて横になりまたすぐ吠えてなでて泣き止む、吠えてなでて泣き止むの繰り返しです。おしっこもうんこも出てなくて苦しくてなのか、何かに怯えて吠えているのか…もともとむだ吠えする犬ではなかったので何を訴えているのでしょうか?
かわいそうで撫でてあげることしか出来ません(;_;)

Aベストアンサー

おつかれさまです。
数年前に柴mixを18歳で老衰で亡くしました。
最期の半年は介護をしました。

まずお医者さんには行かれていますよね。

ウチの犬もボケているのか死を恐れてか夜泣き旋回する事が多くなっていきました。
最期の一ヶ月は自力で飲み食い出来ず、スポイトなどで与えようとしても拒んでいました…。
生きて欲しいのに生きたくないと言われているようでした…。
でも随分と軽くなった愛犬をバックに入れ外に連れ出すと(自力ではおすわりも伏せも出来ませんでしたが…。)
いろんな匂いを嗅いで少し元気になるんです。
ゴールーデンをカートに乗せるのは大変ですけどね。
無理のないよう試して見て下さい。^^


あるお医者様は、神様は飲み込むことだけは最期まで機能するように人間(動物)を創ったと言っていたそうです。
残念ながらその機能が弱って来るとすこし覚悟をしないといけないという事なのかもしれません。

愛犬は何も訴えて(望んで)いないと思います、そしてあなたが判断行動したことに従順に従いたいと
思っているだと思います。
犬に取ってあなたが全てなのです。

どうぞ悔いのない介護、
そして出来るだけそばにいてあげてくださいね。

おつかれさまです。
数年前に柴mixを18歳で老衰で亡くしました。
最期の半年は介護をしました。

まずお医者さんには行かれていますよね。

ウチの犬もボケているのか死を恐れてか夜泣き旋回する事が多くなっていきました。
最期の一ヶ月は自力で飲み食い出来ず、スポイトなどで与えようとしても拒んでいました…。
生きて欲しいのに生きたくないと言われているようでした…。
でも随分と軽くなった愛犬をバックに入れ外に連れ出すと(自力ではおすわりも伏せも出来ませんでしたが…。)
いろんな匂いを嗅いで少し元...続きを読む

Q愛犬の死後の不思議な体験

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそっちのけで側にいました。ここまで密に彼女と過ごせた数日間は本当に幸せの連続でした。おばあちゃんになった彼女の穏やかな表情に私の方が癒されていました。

彼女(愛犬)を看取ってから、精神状態が異常な事は私自身も家族もわかっていて、確実に「ペットロス症候群にむかうだろうな私」、と思っていました。

ですが他界してから3日目の夜中、私は極度の疲労と寝不足で心身共におかしかったのか、寝ているか起きているかの狭間の様な状態の時に、一瞬ですが視界がピカッと真っ白になり、その後なんとも言えないとても心穏やかな気持ち、感覚になり、体中が安心に包まれるといいますか(言葉ではうまく表現できずごめんなさい)そんな感覚に陥りその後寝てしまったと思います。

そして翌朝目覚めたときに彼女の姿は当然あるわけもないのですが、なにか(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)につつまれていて、わたしはそれからひたすら落ち込み、泣き続けることがピタリと止まったのです。もちろんほろりとくることはありますがそれでも、(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)によって「またお散歩行こうね」とか「少しは身体、楽になった?」と私は話しかけます。

これはいったい何なんだろうと・・・。
このような質問をさせていただいても(正解)はないのかもしてませんが、
愛犬が旅立っていく経験は初めてでしたので、同じような経験をされた方が
いらっしゃるのかなと思い質問させていただきました。

あまりのショックに脳が自己防衛本能で何かを遮断しているのかもとも
思っています。
ほんの数日まえの親友の死で悲しくて仕方ないはずなのに
この短期間で事実を受け止め前向きにいけるほど強じんな精神力をもっていない私が、なぜかケロっとしてるのが不思議でしかたないのです。
若しくは、まだ現実を直視できずにいるままなのか。

なんなんでしょうね・・・^^;
不思議でたまりません。

まとまりのない文章でもうしわけありませんが
似たようなご経験をされたことがあったり、なくてもなにかお言葉いただけたらなと
おもいます。
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそ...続きを読む

Aベストアンサー

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神的に自立している。
だから、人間が犬のためにしてやれることなんて、たかが知れてる。
所詮は、ただ飼って看取るだけ。

あなたはちゃんと、それがわかってる。
そして、ワンちゃんがくれたものを、今味わってるんだよ。
「ごめんなさい」じゃなくて、「ありがとう」と思いながら。
まだ、ワンちゃんの気配がそのまま残っている生活の中で。
まだ部屋は、当分は片づける気にはならないよね?

それにしても、16歳9か月とは、すごく長生きしてくれたねえ。
あなたは、本当に良い犬と出会い、良い別れ方をしたのねえ。
そんな人は、ペットロスになんかならないよ。
絶対に。

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報