by someone I think was named Simon と言う句を見かけました。解説にはsomeoneの後ろに主格の関係代名詞whoが省略されているとのことでしたが、目的格以外でも省略されることがあるのでしょうか?何かルールでもあるのでしょうか?ちなみに、解説には後ろにI thinkが来れば省略できると書いてありました。I believe でもできるのでしょうか?解答お願いします。

A 回答 (3件)

「先行詞+SV」という構造をとれれば関係詞を省略できる、あるいは接触節が形成できる、ということです。



by someone(先行詞)I(S) think(V)
He is not the man(先行詞)he(S) used to be(V)

質問文の例では I think は挿入節ですがこれがあるため was が someone と並ぶことを防いでいます。

逆の言い方をすれば「先行詞+V」という構造になるときは違和感が生じ(ねじれ文)関係詞を置くことでこれを解消しようとするのです。

There is a man wants to see you. のような場合は例外ですが、 there is は SV ではなく特別な語感があると思われます。(これを従来の5文型とは別の提示文と考える人もいます)

関係代名詞の省略ができるかどうかを決めるのはもはや「格」ではないでしょう。現代英語には名詞に格変化がなく格は語順で決まります。人称代名詞には格変化がありますが、それも厳密には格というより動詞の主語になっているかなっていないかが支配する傾向があります。(例:It is I よりも It is me が普通であることや He is taller than me という言い方があるなど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。もう格にこだわるのではないのですね。丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 08:18

よくあるパターンは3つ



◎補語の主格
I am not the man (who) I used to be.

◎there is を含む文
There is a girl (who) wants to see you.
This is the highest building * there is in Tokyo.

◎関係代名詞の直後に<I(you, etc) think (know, believe, etc.)>
Choose someone (who) you think is the right person.

例文は that の省略と考えても可。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔にまとめた、わかりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 08:19

はい。


ルールは、I think などの「挿入句」が入れば、関係代名詞は主格であっても省略できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今までは目的格だけかと思っていました。

お礼日時:2009/05/15 08:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関係代名詞を使って

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The colege Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします。

Aベストアンサー

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The college Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします。

回答
(1) この場合は、The member of our club spend a long time preparing for it.の部分を関係代名詞で書き換えれば良いことになります。
preparing for itのitは、The college Festivalとan important occasionのいずれかを指すと解釈可能ですが、ここではいずれにしても、for it(そのために準備する)を前置詞 + 関係代名詞の形にしてこの文の先頭に持ってきて、for which~の形にすればOKです。
(2) which is held in autumn every yearは、以下のようにしたほうが簡潔です。which is held in autumn every yearを使う場合は、whichの前にカンマを置いて ,whichの形にしないと制限用法になって秋以外の大学祭も存在することになります。

参考例
The college Festival, held in autumn every year, is an important occasion for students for which the members of our club spend a long time preparing.

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The college Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします...続きを読む

QI believe that I was

I believe that I was lucky enough to receive good things!

この人は good things を受け取ったのですか、あるいは受け取ったかどうかは分からないのですか。

Aベストアンサー

>I was very lucky ......
なら私にもよく分かるのですが、enough にするとどういうニュアンスの違いがあるのですか。

http://eow.alc.co.jp/search?q=lucky+enough+to

尚他の方々がおっしゃるように、
仮定法表現の可能性も十分に鑑みられる文章ですので、
どういったコンテクストでの表現であるのかが、
示されて初めて、この授受の真偽が明らかになろうかと思います。

Q関係代名詞節の文型

関係代名詞節の文型について第4文型にならず第3文型になるのはなぜなのか誰か教えてください。
例)He is the man. + I sent the man a letter.
→ He is the man I sent a letter to.
→ ×(?) He is the man I sent a letter.

Aベストアンサー

何だか,ご質問の意味を誤解されているようです。
文全体の文型ではなく,関係代名詞節の部分のみでご質問されているのですよね。
I sent the man a letter. と第四文型なのに,
the man I sent a letter to のように,なぜ,to がついているのか。
第四文型のまま
the man I sent a letter ではだめなのか?
それに SVC は第二文型でしょ?

理由は二つあります。(根は同じことかもしれません)
まず,SVOO というのは,OO 二つ並ぶのが基本で,分断される時には用いない方がいいのです。
たとえば,A letter was sent me. のように受身になる時も,OO が分断されますので,to をはさんだ方が自然です。
A letter was given to the man (by me). は
(I) sent a letter to the man. と勝手に書き換えたものの受身と説明されますが,実際には受身の段階で to がついた方がいいのです)

もう一つ,SVOO の場合,後の O の方に重点がおかれます。
関係代名詞節で修飾する場合,先行詞の the man の方に焦点が当てられますので,to をはさんだ方がよくなります。

何だか,ご質問の意味を誤解されているようです。
文全体の文型ではなく,関係代名詞節の部分のみでご質問されているのですよね。
I sent the man a letter. と第四文型なのに,
the man I sent a letter to のように,なぜ,to がついているのか。
第四文型のまま
the man I sent a letter ではだめなのか?
それに SVC は第二文型でしょ?

理由は二つあります。(根は同じことかもしれません)
まず,SVOO というのは,OO 二つ並ぶのが基本で,分断される時には用いない方がいいのです。
たとえば,A...続きを読む

QI was a person who thinks

① I was a person who think
② I was a person who thinks

どちらが正しいでしょうか? 文法チェックソフトは②を推奨してきます。
”I was a person who thinks” を、Google検索すると約 560,000 件 ヒットします。

Aベストアンサー

I = person ではあっても
先行詞が the person である以上、
who は the person に合わせた人称・数となるので
thinks です。
the person who thinks ...
ここだけで thinks と決まるので、
その前が I am だろうが、He is だろうが同じです。

Q関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

よろしくお願いします。

関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか?
例えば次の文において、
関係代名詞はwhoで先行詞がwho、
peopleにwho live in New Yorkがかかっています。

この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、
whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。
I know a lot of people who live in New York.

同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

I know a lot of people who live in New York.
先行詞…people
関係代名詞…who

whoを含めて、それ以降が関係代名詞節です。

節というのは、主語+述語(動詞)を含んだ語句のことをいいます。who は people と同じ意味で、節の中では主語の働きをしています。

that節にも that は入ります。ただ、省略されることも多いです。

Q歌手の歌い間違え: I used to think you "was" on my side

これは英国人の著名な歌手がコンサートで歌ったときに、

you were on my sideと歌わずに

you was on my side と歌ったものです。

歌詞をみても明らかに歌い間違えです。

ところで、聞く側からすると、ネイティブの観衆には、どのように聞こえるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1&5です。ロッド・スチュワートね。初来日公演、行きました。

ロッドの歌う「Bady Jane」なら「you was」でイケます。確かにオリジナルの歌詞は「you were」のようですが、日本語の歌で「するのです~」を「するんです~」とか、アドリブで「するんだよ~」と歌うようなものですから。

たぶん、自然に出た表現だとは思いますが、意図があるとしたら、ジェフ・ベック・グループ時代にさかのぼるキャリアを誇る、まだまだブルースに根ざしたロックを忘れていない往年の不良ロック・オヤジぶりをアピールしたのかもしれません。ロッド、お好きなんでしょうか。楽しんでくださいね。

ちなみに、英語についてネットで各国の人に軽く質問するなら、以下のサイトなどがおすすめです。私は英語が第二母国語です。
http://groups.yahoo.co.jp/group/eikaiwatable/

Q関係代名詞のwhoseは前置詞+の形で使えますか?

どうもこんばんは。お世話になります。

whoseには関係代名詞の用法がありますが、これも他の関係代名詞と同じように「前置詞+関係代名詞」の形で使われるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 例えば,his という所有格は his father のように後に名詞を置きます。そして,この his father はひとかたまりの名詞句として,主語にもなれば,動詞の目的語にも,前置詞の目的語にもなります。
 His father is a doctor.
 I know his father very well.
 I talked with his father yesterday.
 このように,his という所有格は形容詞のように名詞にかかり,その名詞が主役となり,主語になったり,目的語になったりします。所有格というのは,後の名詞との関係が「所有」なのであって,所有格はそれ以上の役目はありません。「所有格+名詞」セットで,文の主要素になったり,前置詞句を形成したりするのです。
 これは,疑問代名詞の whose という所有格,関係代名詞の whose という所有格についてもあてはまります。
 I have a friend whose father is a doctor.
「私には,その父親が医者である友人がいる」his father is a doctor が内在
 Tom is a boy whose father I know very well.
「トムは私がその父親をたいへんよく知っている男の子です」I know his father very well が内在
 Tom is the boy with whose father I talked yestereday.
「トムは,私がその父親と昨日話をした男の子です」I talked with his father が内在
 このように,前置詞+ whose +名詞という形で用いられることもあります。

 例えば,his という所有格は his father のように後に名詞を置きます。そして,この his father はひとかたまりの名詞句として,主語にもなれば,動詞の目的語にも,前置詞の目的語にもなります。
 His father is a doctor.
 I know his father very well.
 I talked with his father yesterday.
 このように,his という所有格は形容詞のように名詞にかかり,その名詞が主役となり,主語になったり,目的語になったりします。所有格というのは,後の名詞との関係が「所有」なのであって,所有格はそれ...続きを読む

Q関係詞 主格の省略 be動詞でなくても・・・

こんにちは!

関係代名詞 【主格】の省略に関して、教えて頂きたいことがあります。


LogmanのGrammerのテキストに
主格の関係詞の省略の場合、関係詞のあとがbe動詞でなくても省略できると習いました。

【Be動詞+~ingの場合】
I know that girl playing the piano (I know that girl who is playing the piano)

【Be動詞+過去分詞の場合】
Today I have pictures taken by Hiromi. (Today I have pictures which was taken by Hiromi)


↑ ここまでは 関係詞+Be動詞を含む省略です。


I know that movie. + the movie stared Ms.Carol.
I know that movie staring Ms.Carol.

関係詞 以降がたとえBe動詞でなくても 動名詞に切り替えることで省略は可能だと・・・

他では

This cat having blue eyes is my cat.

などと、、、

他のサイトでもいろいろ探したのですが
★Be動詞と一緒に省略できる
★There is , It is などのときはそのまま省略できる  などなど。。

そのサイトにも

もしBe動詞でなければ・・・という例文が見つかりませんでした



かといって・・・
I know the man wanting a new house は少しへんな気がします・・・
I know the man + he wants a new house.

The man discussing some problems was my dad.
The man was my dad. + the man discussed some problem.

I have a dog travering a lot.


これでも可能なんでしょうか?
時には,変だな、、と思うような時もあります。

本来は省略しなければいいのですが、、、気になったのでお伺いさせて頂きたいと思いました!

こんにちは!

関係代名詞 【主格】の省略に関して、教えて頂きたいことがあります。


LogmanのGrammerのテキストに
主格の関係詞の省略の場合、関係詞のあとがbe動詞でなくても省略できると習いました。

【Be動詞+~ingの場合】
I know that girl playing the piano (I know that girl who is playing the piano)

【Be動詞+過去分詞の場合】
Today I have pictures taken by Hiromi. (Today I have pictures which was taken by Hiromi)


↑ ここまでは 関係詞+Be動詞を含む省略です。


I know that m...続きを読む

Aベストアンサー

省略,と考えるからそう思えるのです。
関係代名詞を使った表現と,分詞を使った表現は別です。

the boy running over there という分詞の表現は
the boy who is running over there と(ほぼ)同じ。

the boy living in the city という分詞の表現は
the boy who lives in the city と(ほぼ)同じ。

現在分詞で名詞を修飾する場合,普通は「~している」と進行形的になるのですが,
実は,進行形というのは英語の歴史の中でも比較的新しいものです。

だから,必ずしも,進行形的意味になるとは限りません。
1つには上で述べたように,living という分詞による修飾が,
関係代名詞を用いる場合に進行形とはならない。
live は進行形で用いることもありますが,
普通に「住んでいる」は進行形にしないのが普通です。

でも,the boy living in the city とはいうのです。
この分詞表現=進行形的意味,と考えると
the boy who is living in the city と思えてしまう。

that movie starring Ms. Carol (-r は重ねます)キャロルさん主演の映画
こういう分詞表現が可能だけど,進行形的ではありません。

関係詞の省略,というのなら
that movie which starring Ms. Carol の which の省略となるはず,
でもこれは誤りです。

that movie which stars/starred Ms. Carol という現在形・過去形と
that movie starring Ms. Carol という分詞表現で同じ意味です。
これは関係詞を省略したのでなく,分詞表現への変換です。

star は進行形でなく,which stars/starred ~だけど,
分詞は starring とできる。

とにかく,現在分詞による名詞修飾=進行形的意味による修飾,とは限らないということです。

省略,と考えるからそう思えるのです。
関係代名詞を使った表現と,分詞を使った表現は別です。

the boy running over there という分詞の表現は
the boy who is running over there と(ほぼ)同じ。

the boy living in the city という分詞の表現は
the boy who lives in the city と(ほぼ)同じ。

現在分詞で名詞を修飾する場合,普通は「~している」と進行形的になるのですが,
実は,進行形というのは英語の歴史の中でも比較的新しいものです。

だから,必ずしも,進行形的意味になるとは限りません。
...続きを読む

Q関係代名詞

関係代名詞

関係代名詞は

who whoes whom which that 以外にありますか?

あったら教えてください。

Aベストアンサー

what があります。
複合関係代名詞として whoever, whomever, whatever, whichever

擬似的なものとして
as, but, than
というのもあります。
高校の参考書には出ていますが、ここまで含めて考える必要はありません。

QWhat I meant was that it was missin

What I meant was that it was missing something.
メールの中のこの意味がわからないと送ったら、下記のように説明してくれました。
仕事で疲れて、電車にゆられてぼーっとして・・・という感じだと思うのですが、missing somethingが、どういうことなのか、よくわからないので、教えてください。
よろしくお願いします。

The ride on the train has a feel about it, the swaying of the cars, the click and clack of the train over the track, The look of the outside and all the people inside. gives it personality. Well that day the train felt it had no personality, I guess I was tired work is very busy, I really need to find a better job with better hours.

What I meant was that it was missing something.
メールの中のこの意味がわからないと送ったら、下記のように説明してくれました。
仕事で疲れて、電車にゆられてぼーっとして・・・という感じだと思うのですが、missing somethingが、どういうことなのか、よくわからないので、教えてください。
よろしくお願いします。

The ride on the train has a feel about it, the swaying of the cars, the click and clack of the train over the track, The look of the outside and all the people inside. gives ...続きを読む

Aベストアンサー

通勤のために乗る列車の揺れや音や乗客やらには独特な感じがあるが、ある日、あんまり疲れていて、その感じを感じることができなかった。もっとまともな時間帯の仕事を探したい。といった趣旨の文章だと思います。
何かが欠けている、というのは、そのある種の感じで、それを感じることが出来ないほどに消耗しきってしまう仕事なんか辞めて他の仕事を探したい、ってことではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報