気管切開手術の件ですが、今診てもらってる病院では出来ないと言われました。どこか良い病院を教えてください。名医といわれるところならなおさら助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

気管切開というのは比較的簡単な手術なので、耳鼻科のある総合病院なら


どこでもやってくれると思いますよ。
ただ、気管切開をするということは重い病気を抱えているはずですから
それを受け入れてくれるかどうかはわかりません。

気管切開の名医は、一番キャッチボールがうまいプロ野球選手をあげろ
といわれるようなもので、難問ですね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入院中の父親ですが、誤嚥や肺機能の低下、喘息などで心肺停止になったりし

入院中の父親ですが、誤嚥や肺機能の低下、喘息などで心肺停止になったりして心配です。前兆や原因がハッキリすれば良いのですが、肺気腫があるので仕方ないところもあるのかも知れません。何度か回復しているので体力はあると思います。今の内に気道と食堂を分けて心肺停止の心配が無くなる方法は無いでしょうか?一つには、言語聴覚師(ST)さんにリハビリで誤嚥を無くしてもらう。今、遺漏で食べられないのですが少しプリンとか食べられれば本人の気も晴れると思います。もう一つは気管切開してバルーンを入れれば誤嚥も減るし呼吸器もそうかんせずに付けられ吸引もしやすい、逆に気管が不衛生になったり痰が多くなるマイナスもあるようだが。食べたり、声が出るのか、嚥下の部分がふさがら無ければ結局誤嚥することもあるのか分からないけど何か良い治療は、ありませんか?

Aベストアンサー

現役STです。

(1)気管と食道をわける手術
あります。気管喉頭分離術(気管食道分離術)といいます。
これをやると声を失いますが、食べることは可能です。
しかし、全身麻酔で行う手術であることや実施している病院が少ないことから
まず、うけることは難しいでしょう。
そして心肺停止とは関係がありません。

(2)誤嚥をなくす方法
(1)以外ありません。どんなに頑張ってリハビリしても誤嚥をなくすことはできません。

(3)気管切開について
気管切開をすれば、特殊なカニューレ(管)を使わなければ声はでません。
そして、バルーンを入れたからといって誤嚥の軽減にはなりません。
むしろ嚥下機能は確実に低下します。
ので、気管切開と口から物を食べることは相反したことなのです。

呼吸を重視すれば口から食べるのは難しいですし、
口から食べる方を重視すれば呼吸状態が悪化しやすいです。

どちらが重要視されるかというともちろん、呼吸の方ですが。

簡潔にまとめると残念ですが、
呼吸・摂食・心肺停止を治す万能の方法は現在の医学では存在しません。

地道に口腔ケアを行っていくしかないです。

現役STです。

(1)気管と食道をわける手術
あります。気管喉頭分離術(気管食道分離術)といいます。
これをやると声を失いますが、食べることは可能です。
しかし、全身麻酔で行う手術であることや実施している病院が少ないことから
まず、うけることは難しいでしょう。
そして心肺停止とは関係がありません。

(2)誤嚥をなくす方法
(1)以外ありません。どんなに頑張ってリハビリしても誤嚥をなくすことはできません。

(3)気管切開について
気管切開をすれば、特殊なカニューレ(管)を使わなければ声はでませ...続きを読む

Q病院で、紹介状を書いてもらったら始めに診てもらった病院はもう診てくれないのですか?

大学病院で網膜剥離の手術をしてもらいました。その後通院しているのですが、主治医の先生が、ほとんど病気や症状について
説明してくれないので、ものすごく不安です。
週一の再診なので、空いている日に、近くの眼科に検査の予約をして、行ったのですが、紹介状を持参しないとこちらもはっきりしたことは言えませんよ。といわれ、
診察もなにもしないで、金だけ取られて
帰りました。
今度大学病院に、紹介状を貰おうかと
思うのですが、紹介状を書いてもらうと、
元の病院は、診察してくれないようなこと
を聞いたのですが、本当でしょうか?
また、書いてもらうと、対応が変わったり
することってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

医療はサービス業なのに、多くの医師は平均 会話が下手です(時間の制約も多く有りますが・・・)

・「医師には、どんどん自分の症状や、聞きたい頃を言う事!」 が必要です。
・両目のドライアイも話し「目薬(ジクアスなど)を出して下さい」と訴えて下さい。
  ドライアイだと眼球に傷がつきやすい状態ですから、自分のため です。

・硝子体種手術だそうなのでとても不安 ⇒ 逆に考えましょうょ~~
毎日毎日、目の状態を気にしながら過ごすよりは早目の手術の方が安心出来ます。

眼の奥の痛みは、度の低いメガネに変えたら軽減 ⇒ 気が付かず申し訳有りません。
全体的には良い方に回復されている様で安心しました。ありがとうございます。

 私は大学病院の予約待ち3か月で11月頃に両眼(片眼づつですが)の水晶体を除去しレンズを入れます。
失明などのリスクは有りますが70・80才に成ると大抵、白内障の手術をする、なら早い内に済ませ緑内障の原因と成る眼圧を少しでも下げた方が得策と単純な理由です。この手術で半年でも進行を遅らせられれば良いと考えてます。

Qパーキンソンで気管切開をした方

父(71歳)がパーキンソン病で入院しています。
きっかけは熱中症で入院したのですが、
入院以前には食事も普通に出来ていたのが、あれよあれよのうちに
経口で栄養が取れなくなり、現在は経鼻で栄養を取っています。
その後誤嚥性肺炎になり、医師から「今は看護士が痰を吸引しているがもしこれ以上悪くなった場合、
痰の吸引のために気管切開をしてもいいか」の
確認をされました。

ところが数日して薬が効いてきたのか、肺炎の数値が良くなり、
少しづつですが痰もつばも以前ほどからまなくなり、吸引の回数も減りました。
そうしたら今度は医師が「今比較的安定しているうちに気管切開しないか?その方が楽になります」と言われました。どうやら転院して欲しいという意図もあるようです。

このまま人の手で痰を吸引しながら回復を待つ(といってもさほど大きな回復ではないとはわかってますが)のがいいのか
確かに気管切開したほうが本人のためなのか。
私のイメージですと気管切開したら今よりよくなるものも体が甘えてしまって悪くなる気がするのですが・・
延命という視点で考えたときに、
医師の言ってる通りにするほうが長く生きれるのか、
それともただ単に体を楽にするだけの行為であって
実際は徐々に弱っていくほうにむかうのか、
専門の方、ご経験者などの客観的なご意見をお待ちしています。

父(71歳)がパーキンソン病で入院しています。
きっかけは熱中症で入院したのですが、
入院以前には食事も普通に出来ていたのが、あれよあれよのうちに
経口で栄養が取れなくなり、現在は経鼻で栄養を取っています。
その後誤嚥性肺炎になり、医師から「今は看護士が痰を吸引しているがもしこれ以上悪くなった場合、
痰の吸引のために気管切開をしてもいいか」の
確認をされました。

ところが数日して薬が効いてきたのか、肺炎の数値が良くなり、
少しづつですが痰もつばも以前ほどからまなくなり、吸引の回数も...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。医療関係者です。少しずつ回復されているみたいで何よりです。

気管切開の詳しい説明は医師の方からもされたと思いますが…
(1)気管切開の方法によっては孔を塞ぐことができる(千原Jrの喉に痕がありますが…一時的な切開だとふさがります)
(2)声が出せなくなるが、気管切開の部分に使う管の種類によっては喋る事が出来る
(3)パーキンソンの症状が悪化し、飲み込みが悪くなっても誤嚥し肺炎になるリスクはなくなる。(手術方法によりますが…)
(4)気管切開の部分の感染・炎症が起こる可能性。(そんなすぐに感染している人は見たことないです。自分で汚い管などを孔から入れたりすれば、別ですが…)
(5)見た目の変化(首に孔をあけるのですから、首を出していると目立ちます)
(6)コツをつかめば上手に孔から痰が出せて楽(同じパーキンソンの方が気管切開してから、痰を出す練習し、管を入れて痰を取る事はなくなりました。口より出口が短くなったから、出しやすくなったみやいです)
(7)体力が弱くなることはないと思います。(悪化する方法を医師もすすめないと思います。)ただ、気力はどうか…です。
(8)ご飯は食べられます。

以上、簡単に思いつく点を記入しましたが違う点もあるかも知れませんので、手術方法・手術した後の経過・手術する利点・リスクについてはしっかり医師や看護師に聞いた方が良いと思います。

また、お父さまが話せるのであれば、本人の意思を尊重するのもとても大事です。本人が嫌がるまま気管切開し、後に「しなければ良かった。」と責められ、御家族のなかにわだかまりみたいな事が残ってもいけないと思います。
肺炎を繰り返して体力が低下していっても本人が嫌で家族も本人の意思を尊重し手術しなかった人もいれば、家族の説得で気管切開したパーキンソンの方もいらっしゃいます。どちらの家族も家族・本人・病棟スタッフと長い話合いした結果です。

しっかり話をきいて、何を1番にするか。だと思います。回答が遅くなってしまったので、何かしら決断されているかも知れませんが…。
色々悩んだり、お見舞いなどで大変だとは思いますが、1日でも早くお父さまが元気になるといいですね(^^)

こんばんわ。医療関係者です。少しずつ回復されているみたいで何よりです。

気管切開の詳しい説明は医師の方からもされたと思いますが…
(1)気管切開の方法によっては孔を塞ぐことができる(千原Jrの喉に痕がありますが…一時的な切開だとふさがります)
(2)声が出せなくなるが、気管切開の部分に使う管の種類によっては喋る事が出来る
(3)パーキンソンの症状が悪化し、飲み込みが悪くなっても誤嚥し肺炎になるリスクはなくなる。(手術方法によりますが…)
(4)気管切開の部分の感染・炎症が起こる可能性。(そんなす...続きを読む

Q気管切開の後閉鎖できず、大学病院への転院を勧められましたが…

60代の母が急性大動脈解離で入院して2ヶ月になります。呼吸不全で人工呼吸器管理が必要となり、気管切開をしました。現在、大動脈解離のほうは落ち着いたのですが、担当医の話では気道狭窄のおそれがあり、切開したところを閉鎖する状態になかなかなれないとのこと。理由は母が肥満で喉の周辺の脂肪が付きすぎていることと、長年にわたる喫煙が原因とのことでした。その病院は関東のある県の中では有名な総合病院で、テレビにも登場したことがあります。その病院の耳鼻科の医師とも相談したらしいのですが、そこではもうどうすることもできないとのことで、東京都内の大学病院への転院を勧められました。

大動脈解離は治療できる病院が、気管切開の閉鎖に対応できないというのは、とても意外に思いました。「大学病院にしかできないような、そんな難しいことなのですか?もっと近くに対応できる医師や病院はないのですか?」という問いに、担当の医師は「わりと専門的な処置なので、大学病院しかできない」との説明でした。私の疑問は

1.本当にそんなに難しい処置なのですか?

2.「耳鼻科の医師と相談しながら様子を見ている」との説明でしたが、耳鼻科の医師の専門分野なのでしょうか?

3.勧められるまま大学病院に転院するのが妥当なのでしょうか?

の3点です。どなたかお詳しい方のアドバイスをお待ちしております。
よろしくお願いします。

60代の母が急性大動脈解離で入院して2ヶ月になります。呼吸不全で人工呼吸器管理が必要となり、気管切開をしました。現在、大動脈解離のほうは落ち着いたのですが、担当医の話では気道狭窄のおそれがあり、切開したところを閉鎖する状態になかなかなれないとのこと。理由は母が肥満で喉の周辺の脂肪が付きすぎていることと、長年にわたる喫煙が原因とのことでした。その病院は関東のある県の中では有名な総合病院で、テレビにも登場したことがあります。その病院の耳鼻科の医師とも相談したらしいのですが、そ...続きを読む

Aベストアンサー

ひとまずは大病を乗り越えられて良かったですね。

1.状況が良く把握出来ない為何とも言えません。
  可能性としては、気道の狭窄をきたしている・気道に肉芽が生じている。
  簡単な処置ではないです。

2.耳鼻科の専門分野です。

3.大学病院の転院の目的が、「気管切開の閉鎖」であり、治療法があるなら転院を考えてみれば如何でしょうか?

大学病院の判断と治療法を良くお聞きになり、決められたらいいかと思います。
どうぉお大事になさって下さい。

Q誤嚥性肺炎の発病期間について

老人介護施設に勤めています。質問なのですが、誤嚥をした方が、高熱を出し誤嚥性肺炎を併発されるのは、どのくらいの時間がかかるものでしょうか?そういう入院例があったため、ふと気になりました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

起因菌にもよりますが、たいてい24時間以内です。

Q切実です・・・心臓手術の名医がいる病院を教えてください!!!

今日実家の父(58歳)が狭心症のため、入院することになりました。
かなり危険らしく来週手術をすることになりました。
しかし今入院している病院には心臓血管外科がなく、手術をするとなると転院となるようです。
先生が紹介状を書いてくださり手術ができる病院へ転院をするらしいのですが、
やはり心臓手術ということと、何せ身近な人がこんな重大な病気になるのは、
私たち家族にとって初めてのことなので高度な技術がある病院で、手術するにも安心してうけさせたいと思っているんです。

どなたか・・・心臓手術の名医がいる病院を教えてください。

ちなみに現在入院しているのは横浜市です。
状態が状態なのでそう遠くには転院はできないと思います。

切実に・・・よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「絶対!!」という先生(医師)を知っています。
須磨久善医師です。

この医師はあのNHKの「プロジェクトX」で取り上げられた「新しい手術方法」を開発し、執刀した心臓外科医です。
物凄い「腕の良い心臓外科医」です。
そして、又、「とことん患者の立場になって物事を考えて下さる『人間性の豊な』医師」でもあります。
「私が心臓病にもしなったら、この先生に命を預けよう」と思ったほどです。

この須磨先生はいま「医療法人社団愛心会・葉山ハートセンター」という病院の院長をしていらっしゃいます。

下記「参考URL」にその病院のホームページのアドレスを記しておきます。
どうぞ御覧になって、御参考になさって下さい。


御質問者様が「心臓の・・・」と書かれているのを見た時、最初に思い浮かんだのは「東京女子医大の心臓血管センター」でした。

しかし、「はっ」とこの須磨先生のことを思い出し、「今、日本で一番の心臓外科医が葉山にいる!!横浜からも遠くない!!」と思い、書かせていただいております。


以上、私の知っている限りのことを書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。
お父様の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

参考URL:http://www.tokushukai.or.jp/hsp/hayama/index.html

「絶対!!」という先生(医師)を知っています。
須磨久善医師です。

この医師はあのNHKの「プロジェクトX」で取り上げられた「新しい手術方法」を開発し、執刀した心臓外科医です。
物凄い「腕の良い心臓外科医」です。
そして、又、「とことん患者の立場になって物事を考えて下さる『人間性の豊な』医師」でもあります。
「私が心臓病にもしなったら、この先生に命を預けよう」と思ったほどです。

この須磨先生はいま「医療法人社団愛心会・葉山ハートセンター」という病院の院長をしていらっし...続きを読む

Q父親が誤嚥するので、遺漏を作ったのですが、現在も誤嚥することがあります

父親が誤嚥するので、遺漏を作ったのですが、現在も誤嚥することがあります。何か食べる時だけ鼻と気管を直結して誤嚥の心配をなくす方法など新しい考えは無いでしょうか。又、経管食を遺漏に流しているのですが、何か高カロリーの栄養を動脈に入れるような方法を聞いたことがあるのですが、されは健康保険面でもあまり広がりを見せていないとも聞いたのですが情報ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。都内で看護師をしている者です。

胃ろうを作られたということですが、確かに誤嚥するリスクは0ではありません。
お父様のお年がわからないので何とも言えませんが、高齢になると食道や胃の入口の締りが悪くなり、胃に入った食物が口の方へ逆流することがあります。それを誤嚥する可能性はあります。

鼻と気管を直結する方法は挿管チューブを入れる方法がありますが、これは呼吸管理をするもので、誤嚥予防のものではありません。
挿管するということはご本人にとっては侵襲的なものであり、違和感が伴います。

他に方法としては液体の栄養剤自体にトロミ剤でトロミを付けてから、注射器で直接胃ろうへ注入するという方法もあります。
栄養剤自体にトロミを付けることによって液体から半固形状になり逆流しにくくなるというものです。


あとは文中にもありましたが、高カロリーの点滴を使用するという方法です。
これは動脈ではなく、鎖骨の下や足の付け根から太い静脈に点滴のチューブを入れてそこから高カロリーの点滴を入れるというものです。
とても痰が多く誤嚥のリスクが高い方や、消化器に問題がある方などはこの方法をとる場合もあります。
しかしこの方法にもリスクがあり、感染や入れ替えによる苦痛などがあります。

健康保険面などの費用の部分はわかりませんが、胃ろうの場合は定期的な交換費用(4~6ヶ月に1度)、食費的にも1日1000円以下程度だと思います。
点滴の場合は感染が疑われる場合交換はその都度ですし、それでなくても1カ月に1回は入れ替えしていると思います。
もっと長く入れておける方法もありますが、主に在宅向きで病院などで入れている方はあまりいないような気がします(私がみたことないだけかもしれませんが・・・)。
その交換と点滴が原価1本1200~1500円程度だったと思います。交換の頻度が高ければそれだけ費用はかさみます。

とりあえずどのリスクが1番高いのかによって選択する方法は違うと思います。
いずれにしても医師に相談してみてはどうでしょうか?

はじめまして。都内で看護師をしている者です。

胃ろうを作られたということですが、確かに誤嚥するリスクは0ではありません。
お父様のお年がわからないので何とも言えませんが、高齢になると食道や胃の入口の締りが悪くなり、胃に入った食物が口の方へ逆流することがあります。それを誤嚥する可能性はあります。

鼻と気管を直結する方法は挿管チューブを入れる方法がありますが、これは呼吸管理をするもので、誤嚥予防のものではありません。
挿管するということはご本人にとっては侵襲的なものであり、違和...続きを読む

Qすい臓がんの名医 専門病院を教えて

タイトルのとうりです。すい臓がんの名医、専門病院を探しています。至急 教えてください

Aベストアンサー

私の親が膵臓癌だったので(現在も入院中)病院探しは苦労しました。
やはりどれだけの膵臓癌患者を手掛けたかが重要になると思いますよ。
私は東京なので東京以外は分かりませんが参考に。
癌研中央有明、東京女子医大、都立駒込、慶応、神奈川でしたら横浜医科大・・・これらが他を抜きん出て膵臓癌患者を診てます。
ですがこういう有名病院は順番待ちも凄く多いので順番を待つのをとるか、信頼できなくてもすぐ入れる病院にするか、正直私も悩みまして、1ヶ月待って上記の病院に入れました。
まずいくつかを受診してすぐ入院出来るように頑張ってください。絶対妥協はダメですよ。

Q慢性の呼吸器疾患のため気管切開を勧められています。

85歳の母です。肺機能が衰え、酸素の取り込み、二酸化炭素の排出能力が落ちているため、気管切開を勧められています。少し認知症がありますが、意識はしっかりあり、食欲もあります。酸素マスクを食事の時間以外は外して貰えません。お喋りをしながら、食事をしている母を見ていると、切開はさせたくないと思うのですが、この状態で受け入れてくれる病院が近くに有りません。選択の余地はないのかもしれませんが、長時間のマスクもとても辛そうです。気管切開がベストな方法なのかずっと迷っています。意識のない方の話はよく見かけますが、母のような容態でもやはり切開をすすめますか?教えてください。

Aベストアンサー

私の父も慢性閉塞性肺疾患で入院していて
昨年の9月に74歳で亡くなりましたが、気管切開はしなかったです

理由の1つは、気管切開をすると言葉を喋るのが難しくなり意志の疎通がしにくくなる事

2つ目は、体の機能が回復しないという事は年齢的にも体自身が終焉へと移行しようとしていると思ったからです

最終的には本人の意志次第ですが
全部を理解する事は難しいかもしれませんが、気管切開のメリットとデメリットを話して本人の意志を確認してみるのも良いと思います

Q腎臓内科で有名な関東の病院か名医を教えてください

祖母が腎臓を悪くして現在 病院に通っています。(83歳です)

ですが一向によくならず このまま悪くなれば人工透析や入院を
しなければなりません。自分が付き添いで行っていないので
詳しくはわからないのですが 有名な病院か名医に診てもらいたい
のです。

埼玉南部に住んでいて できれば都内、有名であれば関東圏内
で教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1:横浜 昭和大学藤が丘病院 出浦照國教授
2:茨城 取手協立病院
お大事に


人気Q&Aランキング