無機陽イオンの系統分析をやりました

検液に入っている陽イオンはNi2+,Cd2+,Ba2+だったのですが、Cd2+を検出後、しばらくたってから試験管に黒色沈澱が現れました。
NiSかなと思ったのですが、実験上ほとんどありえないと思います。
なので、CdOか、Cd(OH)2だと思うのですが、これらの色は黒色ですか?
また、ほかに黒色の物質でありうるものがあれば教えてください

A 回答 (3件)

ご承知と思いますが、NiSの沈殿は酸性では生じません。


なので、溶液の状態でNi2+が共存していいて、それがこの時点で生じたのかもしれません。
この辺りのことは『可能性としては、沈殿を洗わなかったことが考えられますが、3回は洗ったので、そんなに多くのNiSが生成する理由が見つからないのです。』と書かれていることから、否定的に考えておられるのでしょうが、少量でも残っていればNiSが生じる可能性があると思います。黄色の沈殿に黒いものが混ざると、実際の割合以上に黒が多く見えるということもあるかもしれません。
また、洗浄の際には十分に水は除けていたでしょうか。ろ過をしているわけはないでしょうから、遠心分離でもなさったのでしょうか。それであれば、かなり奇麗になっているでしょうが、そうでなければNi2+が残っていた可能性は否定できないと思います。

また、まったく別の可能性としてイオウが遊離してくる可能性もありますが、この場合にはかなり質感が違うと思います。

いずれにせよ、上記のことは単なる想像ですので、実際のところはわかりませんね。

この回答への補足

濾過をして、沈殿を1mlの水で3回洗い(水を入れるたびに加圧バルブで押し出す)ました。
>実際の割合以上に黒が多く見えるということもあるかもしれません。
確かにそうですね
>イオウが遊離してくる可能性もありますが、この場合にはかなり質感が違うと思います。
なるほど、個人的にはこっちだと思います。そういえば、結果を先生に見せに行く時かなりきつい硫黄の匂いがしましたし、時間がたってから現われてきたことに対する説明ができるような気がします

補足日時:2009/05/15 19:34
    • good
    • 0

NiSだと思います。


実験上、ほとんどあり得ないかどうかは、操作によりけりとしか言いようがありません。
すくなくとも、条件によってはNiSの沈殿が生じることはありますし、それがCdSの沈殿生成よりも起こりにくい反応であることは言えると思います。

この回答への補足

>実験上、ほとんどあり得ないかどうかは、操作によりけりとしか言いようがありません。
その通りなんですが、最終的に生成した黒色沈澱は黄色の部分の2倍ほどもありました。
NiSが入る要因として(実験は半微量法)
直前に酸性条件でチオアセトアミドを加え加熱した段階で、黒色沈澱は全く見られず、分離時にも、沈殿に黒色のものは見られなかったので、可能性としては、沈殿を洗わなかったことが考えられますが、3回は洗ったので、そんなに多くのNiSが生成する理由が見つからないのです。

補足日時:2009/05/15 13:09
    • good
    • 0

酸化カドミウムはこんな色、↓


http://en.wikipedia.org/wiki/Cadmium_oxide
カドミウムヒドロキシドは白色結晶、↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Cadmium_hydroxide
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/14 22:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電極に使用されるカドミウム、鉛について

環境規制物質であるカドミウム、鉛が人体に悪いというのは知っていますが、なんのために使用されているのでしょうか?
現在、私の使用している電子部品の電極部に用いられているAgペーストの中にカドミウムと鉛が含まれています。
もし、カドミウムや鉛が含まれていないと機械的強度が保たれないのかなあ、と想像しますが、そうなのでしょうか?

Aベストアンサー

両方とも、主には電池の材料に使われています。カドミウムはニッカド電池の電極材料です。鉛は自動車のバッテリーなどの材料です。いずれも、回収・処理をしないと廃棄できないようになっています。あとは、鉛は昔からよく鉄砲の弾に使われて、それが鳥の体内に入って・・・、という話がありましたね。カドミはイタイイタイ病の原因物質とされています。これは、工業排水中にかなりの量が入ったまま廃棄されたので、かなりの汚染になったと考えられます。電池をそのまま廃棄しても、すぐには水に溶け出しはしないですが、長い年月を得て徐々に流出することで環境汚染につながるため、「毒」のように即恐ろしい、というものではないですが、悪玉として扱われます。
銀ペースト中のカドミ・鉛はよくわかりませんが、合金にすることで、強度・耐食性などの向上をはかることが金属工学では積極的に行われていますので、そのような理由があるのだと思います。

Q高一 ・陽イオンと陰イオンのイオン式について

今、テスト勉強をしているんですが・・・
()=小さい右上にある文字
H(-)、Be(2-)とかじゃないですか。
では、C はどうなるんですか?(4-)または(4+)ですか?

後、原子量についてで・・・
H=1、He=4、Cl=35,5とかじゃないですか。
じゃぁ・・・Li{6,941}=7ですか?B{10,81}=11ですか?
Na{22.99}=23ですか?Mg{24,31}=24ですか?

教えてください

Aベストアンサー

ええと、なぜそうなるかを押さえましょう。
H^-はあるにはありますが、高校ではまず出てきません。
Be^2-なんてまず間違いなく、普段の環境では存在できません。

「価電子が少ないもの(金属)はその価電子を放出する」
のだから、価電子が1個のHはH^+に、価電子が2個のものは2+になる。
「価電子が多いもの(非金属)は希ガスの電子配置になれるよう、電子を取り込む」
のです。
炭素はどっちでもないからイオンにはなりにくい存在です。
(もし"仮に"なったとすれば4-か4+なのは確かですがね。)

原子量は、原子量を求めよという問題以外は必ず問題文中に与えられるものなので覚える必要はありません。(覚えておいたほうが計算が速くなるけど、それは問題を"たくさん"こなすうちに自然と覚える。)

原子量はLi=6.941なんですが、計算しにくいのでLi=7とすることもありますし、厳密なことをやりたければ6.9や6.94を用いることもあります。そのときそのとき必要に応じてです。

Qカドミウム系顔料を製造している会社を教えて下さい

カドミウム系の顔料(セレン化カドミウム、硫化カドミウム)の仕入れを行いたいのですが、
小売店ではなく、製造、販売を行っているところをご存知でしたらお教え下さい。

販売単位は1~数kg単位ですと有り難いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうでしたか、日本では多分製造が禁止されているようですね、ロシアですが日本から注文出来そうです、注文方法と言う欄が右上に有ります、FAXにて***と書かれていました、あればいいですが、取り扱いは気を付けてくださいね。

http://crystals.jp/CdS.html

Q高校の化学についてです 多原子イオンで例えば、NH4+とかは、Nが-3,Hが+1で4個あるから、一価

高校の化学についてです
多原子イオンで例えば、NH4+とかは、Nが-3,Hが+1で4個あるから、一価の陽イオンなのはわかるのですが、陰イオンのNO3-では、NもOも陰イオンなのになぜ一価なのでしょうか?
そもそもの考え方が違うのでしょうか?
解答よろしくお願いします

Aベストアンサー

>そもそもの考え方が違うのでしょうか?
半分ですね。硝酸の場合は非常に分かり難いので暗記した方が良いです。つまり酸化数が普通じゃないのです。硫酸などは分かり易いのでそっちで説明すると、H-O-S-O-Hの真ん中の硫黄の非結合電子対(ローンペア・lone pair)が二つの酸素に配位しています。亜硫酸だと酸素が一つ少ない。この配位は無機化学では降る星の如く(笑)出て来ますから、待っていて下さい。なお濃硝酸、希硝酸と銅の反応は構造と関係無いので丸暗記して下さい、プロも丸暗記します、細かい反応機構を説明しづらいから。

Qカドミウムについて

カドミウムがどんな体内に入るまでの過程を教えて下さい(イタイイタイ病)。
またアメリカでのカドミウム汚染について、体内に入るまでの過程、症状、教えて下さい。
イタイイタイ病、アメリカのカドミウム汚染はそれぞれ金属Cdですか?イオンCdですか?それとも化合物ですか?またそれぞれどのようなところに使われているか教えて下さい。

Aベストアンサー

イタイタイ病とカドミウム中毒は別です。前者は.カドミウムのほかになにかのぶしつ(多分.ビタミンD摂取不足)か関係していますが.慶応大学のたしか土屋教授が長期カドミウム投与試験中のサルを廃棄させたので.研究が中止され.葉っきりとしていません。はっきりした結果が出ていないことから.政府では.イタイタイ病はカドミウムが原因ではなく.風土表であるとしています。が.湖のような発言を国際会議でして.ふくろだだきにあった日本の研究者がいました。

米国でのカドミウム汚染は.主に化石燃料の燃焼に伴う粉塵が原因です(日本の最近のカドミウム汚染もまた.中国からの黄砂と共にくる粉塵が原因.ただし.しばらく前は.色々ありました。顔料とか農薬とか食器とか)。
化学種としては.酸化カドミウムシリカアルミノ塩でしょうか.酸化カドミウムでしょうか.このあたりは.燃焼温度に依存します。
症状は覚えていません。ただし.米国の場合には.
カドミウム単体
鉛単体
かどみうむと鉛の複合
汚染を受けた胎盤が報告されています。ただし.胎盤は成長が激しく.汚染を受けた部分の成長が抑制されるために.同一サンプルであっても部分的に濃度が異なるので.汚染指標としては適切でないとされています。
出産後数週間で死亡したれいや死産の場合.鉛・カドミウムの血中濃度が高いとの内容がありますが.これら重金属の影響であるという内容はありません。

日本の場合.たしか.風邪薬にカドミウムが配合され.この薬を飲んだ人の場合.「歯が黄色い」と.一生悩むことになります(中高年の方で歯が黄色い人は多分.子供の頃に飲んでいるはずです)。最近は使われなくなったので.「白い歯」が宣伝されるようになりました。

イタイタイ病とカドミウム中毒は別です。前者は.カドミウムのほかになにかのぶしつ(多分.ビタミンD摂取不足)か関係していますが.慶応大学のたしか土屋教授が長期カドミウム投与試験中のサルを廃棄させたので.研究が中止され.葉っきりとしていません。はっきりした結果が出ていないことから.政府では.イタイタイ病はカドミウムが原因ではなく.風土表であるとしています。が.湖のような発言を国際会議でして.ふくろだだきにあった日本の研究者がいました。

米国でのカドミウム汚染は.主に化石燃料の燃焼に伴う...続きを読む

Q陽イオンと陰イオンの組み合わせ

教科書によく、陽イオンと陰イオンの表がのっています。イオンの価数の帳尻が合えばその物質は現実に存在するのでしょうか。(その物質がイオン結合であるか、共有結合であるかは別として)たとえば3価の陽イオンであるアルミニウムイオンと、2価の陰イオンである炭酸イオンを組み合わせたAl2CO3(炭酸アルミニウム?)は存在するのでしょうか。
どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「物質が存在する」という言葉の意味にもよりますが, 例えば炭酸アルミニウムは不定組成として得られている (つまり Al2(CO3)3 と Al(OH)3 の混合物として得られている) そうです. 「単離されている」という意味では「炭酸アルミニウムは (今のところ) 存在しない」としてよいでしょうが, この水溶液は Al^3+, CO3^2-, OH^- を含む水溶液であり, これはある意味で「炭酸アルミニウムの水溶液」と言ってよいと思います.
で, イオン結晶として単離できるかどうかについては, 要素となるイオンの大きさも影響するようで, 極端に大きさに差があるものは不安定になりがちです. そういう意味では Li(I9) なんてのは存在しにくそう.

Q酢酸カドミウムを除去したい

カドミウムメッキ上に出来た白い固形状の酢酸カドミウムを除去したいのですが、どうしたら良いかわかる方いらっしゃいましたらお教えください。

有機溶剤洗浄ってできるのでしょうか?できるのなら、どういうのでできるのでしょうか?

Aベストアンサー

水によく溶けますから、水で洗うだけで良いはず。

ただし、カドミウムは有害な重金属ですし、酢酸カドミウムも劇物です。

どのような場面で、どの程度の量の酢酸カドミウムを除去するのか分かりませんが、
法律に触れるようなことになる可能性もあります。
こんな所で聞いた生半可な知識で作業するのは止めて、
専門知識を持った人に相談して作業することを、お勧めします。

Q水溶液中の陽イオンと陰イオン

電解質の水溶液に電極を入れて電圧をかけると、陽極には陰イオンが、陰極には陽イオンがそれぞれ引き寄せられ、電極との間で電子のやりとりがおこる。~電気分解~
ところで、この電気分解中に陰極付近の水溶液をすくい取った場合、その中には陰イオンより陽イオンを多く含んでいることになるのでしょうか。

Aベストアンサー

>>電解質の水溶液に電極を入れて電圧をかけると、陽極には陰イオンが、陰極には陽イオンがそれぞれ引き寄せられ、
ここの掲示板でも幾度も指摘されている様に、この様なことは起こっていません。
実際に起こっていることを例えば銅イオンの陰極上での還元による金属銅の析出で説明すると、陰極上で銅イオンが金属銅へと還元されると陰極の近傍では銅イオンの濃度が下がります。すると今まで溶液内に均一に存在していた銅イオンが陰極近傍だけ減ったため陰極近傍から外へ出て行く銅イオンと外から陰極近傍へ寄ってくる銅イオンの釣り合いが崩れ、「拡散」によって陰極近傍へ銅イオンが供給される形になります。
電極周囲2分子程度の厚味にしか電場は存在しません。
>>この電気分解中に陰極付近の水溶液をすくい取った場合、その中には陰イオンより陽イオンを多く含んでいることになるのでしょうか。
陰極近傍2分子の厚味程度でしたら陽イオンが多いとも言えます。そんな1ナノメートル程度の厚さの液体を取り出すのは困難ですし、取り出すとき電極の陰電荷や溶液中の陰イオンとの間に莫大な静電力がかかりますので、イオンを中性でない状態で取り出すのは事実上不可能です。

>>電解質の水溶液に電極を入れて電圧をかけると、陽極には陰イオンが、陰極には陽イオンがそれぞれ引き寄せられ、
ここの掲示板でも幾度も指摘されている様に、この様なことは起こっていません。
実際に起こっていることを例えば銅イオンの陰極上での還元による金属銅の析出で説明すると、陰極上で銅イオンが金属銅へと還元されると陰極の近傍では銅イオンの濃度が下がります。すると今まで溶液内に均一に存在していた銅イオンが陰極近傍だけ減ったため陰極近傍から外へ出て行く銅イオンと外から陰極近傍へ寄っ...続きを読む

Q水彩絵の具でカドミウムやコバルトは?

水彩絵の具でカドミウムやコバルトは?

知人との何気ない会話での疑問ですが
油絵の具では鉱物を含んだ独特の色合いを「コバルトブルー」とか
「カドミウムレッド」などと言うのだと思います。

子供の頃の水彩絵の具で「カドミウム」ありませんでしたが
コバルトブルーは結構印象深かったです。

あれに、希少金属のコバルトは入ってるのでしょうか?
また、カドミウムは4大工業病の原因でおなじみですが
たとえば絵の具を食べたりした場合、イタイイタイ病などの
病気かかる心配はありませんか?

絵画に関して全くの素人ですが
ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんな心配無用です。学童用とか一般用の安いものには使われてませんから。
あんな高価な絵の具はプロ用です。
油絵の具のコバルトなど40ml1本で2000円近くします。
毒性があるかどうかは別にして岩絵の具の群青は15g5000円位でアクセサリー並み?です。

コバルトブルー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

カドミウム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC

Q陽イオンをプラスイオンというのは正しい?

陽イオンという言葉はプラスイオンといっても差し支えないのでしょうか?また、陰イオンに対するマイナスイオンも同様に、どうでしょうか?
「化学小事典」(三省堂)で調べても、プラスイオンという言葉は当然ながら掲載されていませんでした。
厳密にはプラスイオンという言葉はないのでしょうか?
どなたか、ご教授頂ければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

>ただ、Wikipediaはとても有益なのですが、どの程度の信憑性なのかが私にはわかりません。
どうなのでしょうか?
-------
確かに、書いてある事の信憑性は、何を信じれば良いのか常にまよいますよね。 でも、それは原著論文を読んでいても常につきまとうことで、最後はその妥当性を自分の判断力で決めなければいけません。Wikipediaの場合は、比較的多数の人の意見が入って、権威者の独断に陥りにくい長所がありますが、多数の人の意見を集約する難しさも同時に存在します。しかし、常にアップデートされる事(知識が古くならない)と、無料で使える事のメリットは大きいと思いますよ。
 定義は、約束なので、信じるしかありませんね。他の人の意見で、「通じれば使用しても良いのでは無いか?」というのがありましたが、確かに日常会話等で使用する分には問題無いと思います。しかし、本当に科学的に考察して、議論したいときは、共通の単語(定義がしっかりした言葉)を元に、議論が構築されますから、”プラスイオン”というような曖昧な言葉を使用すべきではありません。「プラスイオンというのは何ですか?」という質問に対して、同じ明確な回答が帰ってくるようでないと使用するのには無理が出ます。土台が異なると、議論の食い違いの元になります。だから、時と場合によって使い分けるのが良いのでしょうね。
あなたが、専門家の卵だったら、、今から用語の定義はすごく大切に覚えてください。大体こんな感じでは無くて、明確な定義をしっかりと身につけるよう努力してください。そのためには、用語集(百科事典)も併用すれば良いでしょう。今回の場合では、化学辞典(東京化学同人)などが役立ちます。(まだまだ紙は便利で、役立ちます)。

>ただ、Wikipediaはとても有益なのですが、どの程度の信憑性なのかが私にはわかりません。
どうなのでしょうか?
-------
確かに、書いてある事の信憑性は、何を信じれば良いのか常にまよいますよね。 でも、それは原著論文を読んでいても常につきまとうことで、最後はその妥当性を自分の判断力で決めなければいけません。Wikipediaの場合は、比較的多数の人の意見が入って、権威者の独断に陥りにくい長所がありますが、多数の人の意見を集約する難しさも同時に存在します。しかし、常にアップデートされる事...続きを読む


人気Q&Aランキング