相手の過失100の追突事故の被害に会いました。
相手の保険会社が見積もった修理代は約130万円でした。
しかし、相手の任意保険会社が修理代として支払える限度額が
同等車の市場価格+50万円であるということを言われました。
市場価格が例えば50万円しかなければ、全額で100万円までしか
支払ってもらえないということになるようです。
差額の30万円は自腹で出すしかないのでしょうか?
それとも、加害者本人に要求すべきなのでしょうか?
ちなみに私の任意保険の車両保険金額は50万円です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

この場合に重要となるのは、損害を受けた自動車の、時価額になります。



損害賠償における損害の認定は、修理代だけ出なく、時価額と言う物を考慮し、どちらか低いほうとなります。

時価額と言うのは、同年式、同形式、同程度の車両を再度購入できる価格という意味です。
50万で同程度の車が購入できるのに、120万掛けて修理する必要は無い。損害としては同じ程度の車を持って来れば良いので、その車が購入できる金額と言う事になるわけです。


ただし、保険会社の言う時価額と言うのは自分に都合の良い金額を出してきます。
その部分で貴方の側がきちんと立証でき提示できるかで大きく変わります。
保険会社は車の時価として算定する時に、車の買い取り価格表を基準にします。
しかし再取得する場合は、実勢販売価格になります。
当然その差は、店の儲けと言う物が加味された物で差額が出来るわけです。
本来請求できる再取得額は、店の販売額であって、買い取り金額ではありません。

この部分を考え、同形式、同年式、同程度の車を中古車情報誌などから出来るだけ沢山(10台程度)見つけ出し、その資料を纏め、保険会社に対して、「この車の時価額は、この金額である」と主張する事です。
そうすれば、車両の時価額が上がって行きますので、保険会社の言いなりの時価額を採用する必要も無くなります。

被害者意識だけで自分で動かない人は、そういう部分で大きな損をします。
正当な賠償をしてもらうにはどうすれば良いのかを、考えられながら行動していく必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
賠償の仕組みの内容はよくわかりました。
愛着のある自家用車だったので修理したいと
考えています。
ただ、こちらは何も悪く無いのに
修理代の不足分(30万円)を支払うというのは
はやり何か解せないです。
この精神的・金銭的な苦痛はどうしようもない
のでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 14:56

車両保険が50万円付いているとのことですので、


その車の本来の時価額はもっと低いような気がします。
相手保険会社は時価額の提示を50万円以下で言ってくる可能性が
高いと思いますので、それに対抗できる資料を集めることですね。
加害者への30万円の要求はすべきでははいでしょう。
回答としては、修理せずに買い換えるですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 14:57

相手さんは対物超過費用まで支払うと言ってくれているのですね!



すでにあなたは50万円も焼け太りできるわけですから、
はっきり言ってラッキーです。

ちなみに
相手に要求する権利はありません。
それは単なる恐喝です。
    • good
    • 0

>差額の30万円は自腹で出すしかないのでしょうか?


そのとおりです。
>加害者本人に要求すべきなのでしょうか?
加害者法的賠償義務は保険屋が賠償するものです。それ以上の要求は不当・過剰請求というべきものです。
>私の任意保険の車両保険金額は50万円です。
対物賠償されるものが50万以上なら車両保険の出番はありません。

なお、NO2さんの回答のとおりプラス50万は対物超過費用と思われます。修理が前提で支払いされるもの。
したがって修理しない場合の賠償は50万が限度と推測します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
賠償の仕組みの内容はよくわかりました。
愛着のある自家用車だったので修理したいと
考えています。
ただ、こちらは何も悪く無いのに
修理代の不足分(30万円)を支払うというのは
はやり何か解せないです。
この精神的・金銭的な苦痛はどうしようもない
のでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 14:55

市場価格というのは、同等のものが買えるという金額です。


つまりあなたの車の一般的価値です。

わかり易く例えると、ご質問者が100円ライター壊され、修理の見積をとったら200円でした。
200円賠償して下さいというのは無理です。
100円で買えるのですから、賠償義務があるのは100円です。

+50万というのは、相手方の保険に対物超過特約がついていたので、修理することを条件に+50万までは出しますということです。
これ以上の請求は裁判しても勝てません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
賠償の仕組みの内容はよくわかりました。

お礼日時:2009/05/16 14:55

賠償は時価額(市場価格)が法的にも限度です。



従って時価額が50万円なら、それが限度ですが
現実に修理する事を条件に相手が+50万円
支払われる特約に加入していたので、100万円と
なったのです。

相手が特約に加入していなかったら、時価額の50万円
で終わりです。

なお、あなたの方の車両保険の50万円は関係ありません。
それは相手が賠償してくれなかったときに使えるものです。
二重には出ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
賠償の仕組みの内容はよくわかりました。
愛着のある自家用車だったので修理したいと
考えています。
ただ、こちらは何も悪く無いのに
修理代の不足分(30万円)を支払うというのは
はやりどうしても解せないです。
この精神的・金銭的な苦痛はどうしようもない
のでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責

【新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責任になってるのは施工会社の下請け会社の汐義建設工事が責任になってるんですか?

責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

ただ単に中抜きして問題も下請けに投げるんですか?

いつ三井住友建設はケツ拭きしてくれるんですか?

汐義建設工事は施工会社の下請けですよ。

ニュースで名前を出すなら大元の元請の三井住友建設では?

施工会社の下請けの汐義建設工事は、施工会社の横河ブリッジに中抜きされて元請会社の三井住友建設に中抜きされて、さらに自社で中抜きして協力会社に投げて、協力会社は職人に中抜きして給料を渡す。

どんだけ中抜きしてんねんって話ですよ。

なぜニュースに三井住友建設の大元の元請会社の名前が出ずに下請けの下請けの名前を全面に出すの?

三井財閥がケツ拭きするのが筋では?

Aベストアンサー

とりあえず、お前が世間知らずなのはわかった。
(それにしては、随分わかったような質問をしているようだが)


A:>責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

雲隠れしているという根拠は?
それから「責任問題」というのは、「誰がどこにどのような責任を負うかと言う事」だというのを理解しているか?

お前がどう思っているかしらないが、この件で三井住友建設は発注主(横河ブリッジ?)に責任を負う筈。
そして「施工会社の下請け会社の汐義建設工事」は「三井住友建設」に責任を負う。
(下請けの契約内容が不明なので、どこまでの責任になるかは不明)



B:>施工会社の下請けの汐義建設工事は、施工会社の横河ブリッジに中抜きされて元請会社の三井住友建設に中抜きされて、さらに自社で中抜きして協力会社に投げて、協力会社は職人に中抜きして給料を渡す。

何を言いたいのかわかりません。
Bからは、「汐義建設工事」が「横河ブリッジ」と「三井住友建設」の両社から中抜きされていると読解できてしまいます。

もしかして、↓の事を仰りたいのでしょうか。

元請会社の三井住友建設は中抜きして横河ブリッジに下請けさせて、
横河ブリッジは汐義建設工事に下請けに出して、
汐義建設工事は更に協力会社に下請けさせて、
協力会社は職人に給料を渡す。

「協力会社は職人に中抜きして給料を渡す」という文章はピンハネの意味になります。
誤った文章表現なので注意して下さい。

そもそも、利益(中抜き)がなかったら下請けには出しません。
それで受けるかどうかは下請けの問題です。



だいたいなあ・・・

>新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責任になってるのは施工会社の下請け会社の汐義建設工事が責任になってるんですか?

ソースを要求する。(責任と明言しているニュースはあったのか?)
ヒント:事故を起こした = 責任がある ではない。

社会に対する責任が「汐義建設工事」にあるのは事実だとは思うが。

とりあえず、お前が世間知らずなのはわかった。
(それにしては、随分わかったような質問をしているようだが)


A:>責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

雲隠れしているという根拠は?
それから「責任問題」というのは、「誰がどこにどのような責任を負うかと言う事」だというのを理解しているか?

お前がどう思っているかしらないが、この件で三井住友建設は発注主(横河ブリ...続きを読む

Q人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない 人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず 分からないこ

人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない

人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず
分からないことが多いので教えて下さい。
事故の詳細は
加害者は2.5tトラックで、私はトラックの外に立ち
助手席のドアを開けて運転手の方と話をしていました。運転手の方の操作ミスにより、車が発進してしまい私の左足を左前輪で轢いてしまいました。
骨折はしませんでしたが、左足甲の打撲と左膝の捻挫及び半月板損傷で全治10日となりました。
相手は仕事中でしたし、会社の任意保険が使えるので
きちんと対応しますとの事で安心していました。
しかし、2日後、相手の会社の方から連絡があり
会社の任意保険は使わせないので、あとは本人とやり取りしてくださいと言われました。
本人に確認したところ、自分の任意保険も使えないみたいだから自賠責で対応することになりますと言われました。
私は自分の入っている保険会社に連絡を取り、事故受付をし、自分の人身傷害保険と障害一時金特約を利用出来ることを知り、書類を提出しました。

質問は、私はいくら病院に通ってリハビリ等をしても
保険金は受け取れないのでしょうか?
もちろん、病院代は自己負担0で通えています。
人身傷害保険から病院代を保険会社が立て替えてくれるんですよね?
相手が自賠責しか使えないということは、自賠責の限度額を超えたら加害者の実費になるんでしょうか?
示談や、損害賠償の請求はどうしたら良いですか?

本当に無知で不安だらけです。
よろすくお願いします。
乱文失礼いたしました。

人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない

人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず
分からないことが多いので教えて下さい。
事故の詳細は
加害者は2.5tトラックで、私はトラックの外に立ち
助手席のドアを開けて運転手の方と話をしていました。運転手の方の操作ミスにより、車が発進してしまい私の左足を左前輪で轢いてしまいました。
骨折はしませんでしたが、左足甲の打撲と左膝の捻挫及び半月板損傷で全治10日となりました。
相手は仕事中でしたし、会社の任意保険が使えるので
きちんと対応しますと...続きを読む

Aベストアンサー

No.1に対するご質問について
あなたと話をしていた事がプライベートな事案だから任意保険を使わないといっても、事故が勤務中にプライベートな雑談をしたとしても全体的には業務中の事故と考えられます。
仮に業務外だったとしても、会社所有の車(リース車を含む)であれば、盗難や無断運転でない限り車の保有者として運転者と連帯して自賠法により損害賠償責任が生じます。
相手の会社が任意保険を使わないのであれば会社が自己負担をするだけのことです。任意保険が使えないから自賠責保険の範囲でしか補償を受けられないということにはなりません。
賠償額の計算は素人には難しいので、弁護士特約を付けておられるなら、すべて弁護士に委任されることをお勧めいたします。
あなたはあなたの保険会社に連絡をし、人身傷害保険金以外を加害者に請求したい。その際、弁護士特約を使いたいので弁護士を紹介してほしいと言えばいいのです。
賠償請求に必要な書類(事故証明書や診断書等)は保険会社から弁護士に渡してくれますから、あなたは弁護士から送られてくる委任状と要求される書類(わからなければ保険会社に言えばよいです)を提出すればよいだけです。

No.1に対するご質問について
あなたと話をしていた事がプライベートな事案だから任意保険を使わないといっても、事故が勤務中にプライベートな雑談をしたとしても全体的には業務中の事故と考えられます。
仮に業務外だったとしても、会社所有の車(リース車を含む)であれば、盗難や無断運転でない限り車の保有者として運転者と連帯して自賠法により損害賠償責任が生じます。
相手の会社が任意保険を使わないのであれば会社が自己負担をするだけのことです。任意保険が使えないから自賠責保険の範囲でしか補償を受...続きを読む

Q建設現場(公共工事)で下請け作業員の死亡事故が起こった場合

建設現場(公共工事)で下請け作業員の死亡事故が起こった場合
当然、現場代理人は責任を問われるのですが、主任(監理)技術者はどうなのでしょうか。
やはり同等の責任を問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

現場代理人=統括安全衛生責任者
現場=事業所には責任者は一人しかいない。
直接の原因を作って加害責任がある場合を除けば
事業所の責任は統責者にある。
主任技術者は統責者のスタッフであり現場責任者ではない。
統責者の上は任命した人=社長或いは支店長であり
課長、部長は社長或いは支店長のスタッフで責任者ではない。

Q相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいの

相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいのか?

連投失礼します。
交通事故の被害者です。

加害者の任意保険の会社からの問い合わせで
「自賠責保険と任意保険とありますが、我々の任意保険(加害者側)の会社で自賠責の方の処理も一括していいですか?」
と聞かれたのですが、これもお願いした方がいいのでしょうか?

なんだか、任意保険の担当の人が印象悪いので
自賠責保険と任意保険と別々の窓口にしてもらったほうがいいのかな?なんて思っています。
結果は同じですか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

印象が悪かろうとなかろうと、今では一括払いが常識ですよ。

自賠責の保険会社は事故に関しての処理は何もしてくれませんよ。
また事故の報告もする必要はなく、貴方が自賠責の保険会社に勝手に
請求すればよいだけです。

ただし、他の回答にもあるように、事故処理のノウハウもない貴方
には無理でしょう。

Q建設労働災害で死亡事故の相談を受けました! 加害者は無免許でバックホー

建設労働災害で死亡事故の相談を受けました! 加害者は無免許でバックホーを運転していてヘルメットを着用していない作業員と接触し事故を起こしました! わざととかではなく起こりました      遺族側との示談は誠意でついておりますがバックホー運転者に実刑はくるものでしょうか
  教えてください友達なんです  詳しい方お願いします

Aベストアンサー

業務上過失致死ですが、被害者もヘルメットを被らない等安全義務を怠っていたということで恐らく執行猶予、但し・・・
加害者は無免許ということですが、雇い主側にそのことを隠していたならばもっと罪が重くなる可能性があります。
一方本人は無免許ということを申告していたにも関わらず、雇い主から運転を強制されたならば情状酌量ということもあり得ると思います。

Q任意保険の一括請求の相手方任意保険会社のデメリット

任意保険の一括請求を相手方(加害者)任意保険会社にすると
任意保険会社は病院に直接、月々の診断書や診療報酬明細書を請求、
受領し、被害者の治療内容等を把握でき、
賠償の見通しが立ち、示談交渉等のペースを握ることができるなど、
メリットがありますが、
逆にデメリットもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責の上限を超える(可能性がある)場合は、
後から「200万円でした」と請求されても
スンナリ「はい、わかりました」と支払う訳ではないので、
「モメるリスク」が高くなります。

Q気難しい韓国の建設現場の事故について内情を深読みする

韓国の建設現場は、雇い主(財閥)へのいやがらせで傾かせたりグシャらせたり、後々のために落とし穴を仕組んだりと、いろいろご苦労が多いようなのですが、このことは、あちらでは労働者は、強制労働を強いられていて、劣悪な環境で働かされている不満へのはけ口としての事故が多発していると見て間違いないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

深読みも面白いですけど、「そのまま」でも充分に面白く、もっと面白いかも?

すなわち、OECD加入を機に、「先進国の仲間入り!」とうそぶいている大韓民国様の建設,建築の技術が、実際の実力は「発展途上国並み」か、「それ以下?」ってコトですから。

建築,建設の技術のみの話ではなく・・。
そもそも受注能力や施工能力があるのか?とか、それらの検証能力があるのか?も疑わしいです。
仮に労働者の質やレベルの問題であるとしても、それなら受注能力が無いってコトです。

それ以前に、西側先進国では当たり前の「売買契約」に関わる法令規則の知識とか、契約上のルール,マナー(商道徳),常識などの存在まで疑われます。

F1ーGPやらUAEの原発など、違約金騒動がある中、更に国際社会に「新幹線を敷く!」とウソを言って、五輪を受注した国なので、それらも「疑い」と言うよりは、「明らかな事実」だし。
これらの規模になれば、国家レベルであることも間違いありません。

それとモチロン質問者さんの深読みの要素などもあると思うのですが、日系企業でも欧米企業でも、海外での建設などでは、現地人を多く使ってるワケでしょ?
同じ現地人を使っても、日系や欧米では問題は無く、韓国企業だけは問題を引き起こします。

やはり企業レベルの問題なのか?
それとも「朱に交われば赤」で、韓国企業の下で働けば、それだけで労働者の質やレベルが下がるのか?
あるいは現地労働者も、韓国企業に対しては、いやがらせ?(^^;)

実際も、中国企業や韓国企業が海外進出すると、現地スタッフとのトラブルが絶えないと言う話は、良く聞きますが。
現地スタッフなど奴隷扱いに近く、強制労働などを要求する結果、中国や韓国の経営者などが、銃で撃たれたりするそうです。

深読みも面白いですけど、「そのまま」でも充分に面白く、もっと面白いかも?

すなわち、OECD加入を機に、「先進国の仲間入り!」とうそぶいている大韓民国様の建設,建築の技術が、実際の実力は「発展途上国並み」か、「それ以下?」ってコトですから。

建築,建設の技術のみの話ではなく・・。
そもそも受注能力や施工能力があるのか?とか、それらの検証能力があるのか?も疑わしいです。
仮に労働者の質やレベルの問題であるとしても、それなら受注能力が無いってコトです。

それ以前に、西側...続きを読む

Q相手から保険支払い額が足りないので相手が個人的に払えという場合

自動車同士で、信号のないセンターラインもない交差点での出会いがしらの事故です。双方とも通院状態で人身事故です。過失割合は8:2です。双方とも保険会社同士で交渉はしてます。こちらが8みたいなんですが、保険会社では相手への補償は結局(ほぼ全損)相手の車は旧年式ということで、修理代にもほとんどならないし、到底新車を買うお金も出ないそうです。それで、相手が直接私に電話してきて、代車の代金や、保険でまかなえないはみ出た車の修理代あるいは新車購入費を払ってくれないかと言ってきてます。こちらが全部悪いから保険外でも補償するのだと認めさせるような言質をとろうというのが話のふちぶちにあり、危うくこちらも悪いものと思ってそう答えそうになります。いちおう保険会社にクレームはお願いしますと言ってはいるのですが。やたら電話を断れず、どうすればいいでしょうか。また、こういう場合、実際どううまく解決されたか経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

「賠償問題については私にはわかりません。保険会社に申し伝えておきますので、保険会社とお話して下さい。」
終始一貫してこれ以上話さないで下さい。
自分の保険会社には、直接電話が来て困ってる。なんとかして欲しいと苦情を入れましょう。
あまりにひどいようなら保険会社が弁護士対応にします。

法的賠償義務のあるものは保険会社が支払いしますので、ご質問者が悪いと思っても、保険会社から出る以上の金銭の要求に応じる必要はまったくありません。

Q私は建設業をしております。 会社の置き場で、上からパイプが多数降ってきて事故に遭い、現在車椅子生活を

私は建設業をしております。
会社の置き場で、上からパイプが多数降ってきて事故に遭い、現在車椅子生活を余儀なくされています。
現在、労災の手当てを受けています。
会社の専務が友人なので、今まで会社に慰謝料の請求などをしなかったのですが、私には子供がおり、子供の将来や私の今後の人生などを考えると、不安になり慰謝料の請求などを視野に入れ考えています。
その際もし会社に慰謝料などを請求した場合、友人に負担はかかりますか?
また、慰謝料を請求した場合に会社はどのようになりますか?具体的に教えて下さい。
他のサイトで質問したら、被告になって応訴するでしょうと答えが返ってきました。
そんな当たり前な答えは求めておらず、もっと具体的な答えが欲しいです。
また、慰謝料を払うことになった場合、支払うのは保険会社でしょうか?
会社が負担することになるんでしょうか?
その辺も教えて下さい。

Aベストアンサー

社員として会社に籍を置いている。
 会社はケガを負った現在のあなたを雇用してる事になるんですよね?
 貴方を雇用しておくと国から助成金制度等が、あなたの会社に優遇されている等聞いた事はありませんか?

この身体で仕事への復帰は不可能です。
 雑用でも事務でも他にも役に立てれば良いと考えています。

休業補償もなく会社からの保証は現在、無給。
 無給では不安で当然です。
 
子供の将来や自分の今後の人生を考えると、慰謝料の請求をした方が良いのかと考えがグラつきます。
 本気で子供の将来や自分の今後の人生を考えて下さい。
 会社があなたに譲歩(示談金交渉)したとします。
 良くても数百万の示談で終わる可能性があります。
 友人(専務)の顔は立つでしょうが、あなたは納得できませんよね?

友人(専務)も社員として頑張ってて当たり前なんです。
 「それはそれ」「これはこれ」でなければ子供が可哀想ですよ。
 
 ① 真っ先に弁護士に相談(友人に泣きつかれると厄介です)
 ② 弁護士との話で労働基準の再確認・概算金等の確認
 ③ あなたがある程度、法律や知識を持った上で専務に一報
 ④ 友達(専務)に理解を求めるのではなく子供やあなたの未来のために決定した事項を告げる
 ⑤ 弁護士に正式依頼

友人も大切ですが子供と貴方が苦しんでいるのでは話になりません。

上記を全て理解してくれるのが本当の「親友」と私は思います。

全てを選ぶのは貴方ですが行動しなければ結果は出ません。

弁護士(先生)さんは意外と親切なので相談だけでも、するべきです。
更に選択肢も増えるかも知れません。

頑張って下さい。

お子様に誇れるパパでいて下さい。

社員として会社に籍を置いている。
 会社はケガを負った現在のあなたを雇用してる事になるんですよね?
 貴方を雇用しておくと国から助成金制度等が、あなたの会社に優遇されている等聞いた事はありませんか?

この身体で仕事への復帰は不可能です。
 雑用でも事務でも他にも役に立てれば良いと考えています。

休業補償もなく会社からの保証は現在、無給。
 無給では不安で当然です。
 
子供の将来や自分の今後の人生を考えると、慰謝料の請求をした方が良いのかと考えがグラつきます。
 本気で子供の将来...続きを読む

Q火災保険(地震保険)の評価額と契約額の決め方

現在居住中で自己所有のマンションの火災保険(建物対象)の見直しを検討中です。
現在の保険:時価額契約で火災1000万(地震500万)を
新しく新価(再調達額)契約で、出来れば2000万円くらいにしたいと考えています。

いろいろ調べたのですが、評価額の決め方についていまひとつはっきりしません。
建物について、新価方式で数社から見積もりをとると、(1500~2000万)と評価額に
ばらつきがあります。

保険会社のサイトなどをみると、
契約額が評価額より低いと一部保険とみなされて実際の支払いが減額されるとあり、
逆に、契約額が評価額より多い場合は実際の支払いは評価額が上限となるので
保険料が損することになる。
とのことです。
更に、最終的に評価額が決定するのは実際に罹災した時点であるとも聞きました。
また、地震保険は最高で火災保険の50%までしか加入できないとのことでした。

そこで質問です。契約を新価方式で行うとして、
1.保険会社の評価額が例えば1500万だとしてその額で契約し、
実際の罹災時の評価額が2000万であった場合、一部保険とみなされて
減額されてしまうのでしょうか。
たぶんおよそ1500万×(1500万/2000万)=1125万 では?

2.保険会社の評価額が例えば1500万だとしてその額で契約し、
実際の罹災時の評価額1000万であった場合、1000万しか
支払われないのでしょうか。

3.罹災時に決められる額とは、どのように決定されるのでしょうか
いったい誰が決めるのですか。それとも実際の再取得額なのでしょうか。
(実損?)

4.地震罹災の場合も火災保険と同額になるような保険はないのでしょうか。


以上、よろしくお願いします

現在居住中で自己所有のマンションの火災保険(建物対象)の見直しを検討中です。
現在の保険:時価額契約で火災1000万(地震500万)を
新しく新価(再調達額)契約で、出来れば2000万円くらいにしたいと考えています。

いろいろ調べたのですが、評価額の決め方についていまひとつはっきりしません。
建物について、新価方式で数社から見積もりをとると、(1500~2000万)と評価額に
ばらつきがあります。

保険会社のサイトなどをみると、
契約額が評価額より低いと一部保険とみなされて実際の支払いが...続きを読む

Aベストアンサー

私は数社の基準を知るわけではありませんので、
特約名や支払い基準に若干の違いがあるかもしれません。
しかし、現在保険会社ごとに商品の特約は殆ど同じと思われますので、
それを踏まえた上で代理店か保険会社に確認をして頂ければと思います。

私の勤務する保険会社では、以下の支払基準が存在します。
支払基準は全損時の対応と思ってください。

(1)時価評価特約
羅災時に保険目的の評価が的確かを評価し、
再調達価額を調査した上で、
その再調達価額に減価償却を行った評価額分をお支払します。

2000万で建築した建物が実際に減価償却を行うと1000万円ということもあり、超過保険の可能性が一番高いです。
現在では古い評価方法であり、
お客様からクレームも多いので、
保険会社としてお勧めはしていません。
(昔ながらの代理店ではこの評価方法が主流のところもあります)

(2)価額協定特約

お客様と再調達価額を「協定」する特約です。
羅災時には保険金額相当をお支払いします。
再調達義務や、保険会社による羅災時の再評価はありません。

(3)新価特約

建て直しを前提にした特約です。
羅災時には、お客様が建て直した建物の再調達額を、
保険金額の範囲内でお支払いします。
「建て直しをしなければならないこと」
「建て直し時の必要金額が必ずしも理論上の評価額と一致しないこと」
などから、クレームが発生する場合があります。
工場など、特殊な物件以外にはお勧めしない特約です。


これらの特約内容はひょっとしたら他社では若干の違いがあるかもしれませんが、
基本的には保険会社ごとにあまり差はないと思います。
保険会社としてもお客様からのクレームは避けたいですから、
価額協定特約に似たものは必ずあるはずです。

総括して、「全損時には契約時に協定した評価額を全額支払う」
という特約を付帯すれば、
地震など一部の場合を除き、
羅災時に保険金支払額の心配をしなくて済みます。

一度代理店や保険会社に照会をしてみて下さい。

私は数社の基準を知るわけではありませんので、
特約名や支払い基準に若干の違いがあるかもしれません。
しかし、現在保険会社ごとに商品の特約は殆ど同じと思われますので、
それを踏まえた上で代理店か保険会社に確認をして頂ければと思います。

私の勤務する保険会社では、以下の支払基準が存在します。
支払基準は全損時の対応と思ってください。

(1)時価評価特約
羅災時に保険目的の評価が的確かを評価し、
再調達価額を調査した上で、
その再調達価額に減価償却を行った評価額分をお支払します...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報