ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

江戸時代、飛脚を使ってお中元やお歳暮は贈られていたのでしょうか?
そうだとしたら、やはり東海道でも飛脚は走っていたのでしょうか?
すみませんが、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中元、歳暮というのは元々季節・日付を表す言葉です。

その日(時期)に自分の主人の家に伺候する(挨拶する)という習慣自体は鎌倉時代の武家で、既にありました(おそらく平安時代からあったはずです)。

大切なのは、伺候する・挨拶する方で、その際に手みやげとして持参したのが贈り物としてのお中元・お歳暮の始まりです。ですから、今のように品物を贈ることが主となっている事とは、考え方が全然違います。

大事なのは本人が行って挨拶をすることですから、手みやげ自体は、例えば白扇一本でも構わないのです。ということは、逆にモノだけを贈って済ませるというのは、非常に失礼なことになります。

商家なら主人が行けない、或いは行かなくても良いところなら番頭が代行する。武家なら用人・家老級の人間が代理で行く、というのが普通でした。もちろんそれとは別に贈り物(賄賂も含めて)をする習慣はありましたが、その場合は高額ですし、人に頼むようなものではありません。

ということで、どちらにしても飛脚を使うという発想自体が考えられなかったでしょう。

ちなみに、私の両親も昭和30年代には、当たり前のようにお世話になったお宅には、中元・歳暮を持って出かけていましたよ。それだけで数日を費やすので、結構大変でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お中元とは夏のご挨拶という意味合いの強さがよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:16

<江戸時代、飛脚を使ってお中元やお歳暮は贈られていたのでしょうか?



現代の感覚で言う「お中元・お歳暮」を飛脚を使って届けることはまずありません。
もともとは飛脚は公用のもので、重要な幕府の通信手段でした。
現代の宅配便ように気軽に庶民が飛脚を利用することはありませんでした。
たとえばどこかの大名が将軍につけ届けをするとしたら、自ら家臣を伴い江戸にあがり、直に届けるのが武士の作法だったでしょう。
武士でなくても贈り物というのは直接届けるのが礼儀で、昭和中期まで宅配で贈答品を送るような習慣はありませんでした。

<そうだとしたら、やはり東海道でも飛脚は走っていたのでしょうか?

ご質問の意図がわかりません。
そうだとしたら?いや、そうではないけど、東海道でももちろん飛脚は走っていました。
まあ、詳しくはこちらでもお読みになってください。
http://www.japanpost.jp/teipark/display/museum_s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:17

まず、生活地域があまり離れなかったです。

江戸に住んでる人はずっと江戸に居る。
だから贈呈先も江戸の中

次に贈答は自ら出向いて贈る物であって、誰かに託すのは恥ずべき行為となります。

で、飛脚
主に通信文などの小型軽量な物が主体でした。

で、金持ちな人も居ましたので、中には贈った人も居るでしょう
江戸から大阪まで4両です、庶民の年収が25両の時代です。
今の年収が500万円として、送料が80万円
すんごい金持ちなんでしょうね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

飛脚便って、そんなに高いものなのですね!!
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:18

飛脚は現在の郵便で言うところの封書を運ぶ役割です。


現在の宅配便とは意味合いが全く違うものです。

お中元・お歳暮のような慣習は江戸時代の商家の
年2回の集金が終わると主人が神棚の前でお供え物を
して「無事あきないが出来たこと」のお礼の神事を行い、
そのお供え物のお下がりをお世話になった人に配ったのが
始まりです。

また、重い荷物は飛脚が運べるようなものでは有りません。
さらにいえば、お中元やお歳暮を宅配便を使って贈るように
なったのは、昭和の時代からであり、江戸時代にはそういうことやっていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む

Q江戸時代の飛脚の料金

江戸時代,飛脚で江戸から大阪まで,普通便でいくらくらい料金がかかったのでしょうか。
現在のお金で換算して分かると大変助かります。
宜しくお願い致しますm(._.)m

Aベストアンサー

下記#1のsayapamaさんのご回答を参照すれば、
書状の場合、2000円ほどのようです。
荷物なら3、4kgで3500円ぐらい。

以下に、実際のご回答内容をそのままコピペしておきます、
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7062952.html
【当時の飛脚の料金は、荷物一貫匁(3.75キロ)につき、江戸ー大坂間で9匁5分(今の3500円ほど)、書類は、2000円もしなかった。
緊急用に、大坂から江戸まで3、4日で届く”速達便”もあったが、こちらは値段がとんでもなく高かった。(こちらは馬も併用したようです)
文化年間(1804~18年)ごろで、金4両2分というから36万円ほどもしていました。】

下記サイトもご参考に。
【江戸から大坂間は並で八日から一ヶ月、速達便は六日間、特急便は三日半で届く。料金は享保年間(1716から1735)では速達便が重さ百匁(375グラム)の書状で二両二朱、特急便は七両二分だそうだ。】
http://homepage2.nifty.com/kenkakusyoubai/zidai/syobai.htm

下記#1のsayapamaさんのご回答を参照すれば、
書状の場合、2000円ほどのようです。
荷物なら3、4kgで3500円ぐらい。

以下に、実際のご回答内容をそのままコピペしておきます、
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7062952.html
【当時の飛脚の料金は、荷物一貫匁(3.75キロ)につき、江戸ー大坂間で9匁5分(今の3500円ほど)、書類は、2000円もしなかった。
緊急用に、大坂から江戸まで3、4日で届く”速達便”もあったが、こちらは値段がとんでもなく高かった。(こちらは馬も併用したよ...続きを読む


人気Q&Aランキング