江戸時代、飛脚を使ってお中元やお歳暮は贈られていたのでしょうか?
そうだとしたら、やはり東海道でも飛脚は走っていたのでしょうか?
すみませんが、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中元、歳暮というのは元々季節・日付を表す言葉です。

その日(時期)に自分の主人の家に伺候する(挨拶する)という習慣自体は鎌倉時代の武家で、既にありました(おそらく平安時代からあったはずです)。

大切なのは、伺候する・挨拶する方で、その際に手みやげとして持参したのが贈り物としてのお中元・お歳暮の始まりです。ですから、今のように品物を贈ることが主となっている事とは、考え方が全然違います。

大事なのは本人が行って挨拶をすることですから、手みやげ自体は、例えば白扇一本でも構わないのです。ということは、逆にモノだけを贈って済ませるというのは、非常に失礼なことになります。

商家なら主人が行けない、或いは行かなくても良いところなら番頭が代行する。武家なら用人・家老級の人間が代理で行く、というのが普通でした。もちろんそれとは別に贈り物(賄賂も含めて)をする習慣はありましたが、その場合は高額ですし、人に頼むようなものではありません。

ということで、どちらにしても飛脚を使うという発想自体が考えられなかったでしょう。

ちなみに、私の両親も昭和30年代には、当たり前のようにお世話になったお宅には、中元・歳暮を持って出かけていましたよ。それだけで数日を費やすので、結構大変でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お中元とは夏のご挨拶という意味合いの強さがよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:16

<江戸時代、飛脚を使ってお中元やお歳暮は贈られていたのでしょうか?



現代の感覚で言う「お中元・お歳暮」を飛脚を使って届けることはまずありません。
もともとは飛脚は公用のもので、重要な幕府の通信手段でした。
現代の宅配便ように気軽に庶民が飛脚を利用することはありませんでした。
たとえばどこかの大名が将軍につけ届けをするとしたら、自ら家臣を伴い江戸にあがり、直に届けるのが武士の作法だったでしょう。
武士でなくても贈り物というのは直接届けるのが礼儀で、昭和中期まで宅配で贈答品を送るような習慣はありませんでした。

<そうだとしたら、やはり東海道でも飛脚は走っていたのでしょうか?

ご質問の意図がわかりません。
そうだとしたら?いや、そうではないけど、東海道でももちろん飛脚は走っていました。
まあ、詳しくはこちらでもお読みになってください。
http://www.japanpost.jp/teipark/display/museum_s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:17

まず、生活地域があまり離れなかったです。

江戸に住んでる人はずっと江戸に居る。
だから贈呈先も江戸の中

次に贈答は自ら出向いて贈る物であって、誰かに託すのは恥ずべき行為となります。

で、飛脚
主に通信文などの小型軽量な物が主体でした。

で、金持ちな人も居ましたので、中には贈った人も居るでしょう
江戸から大阪まで4両です、庶民の年収が25両の時代です。
今の年収が500万円として、送料が80万円
すんごい金持ちなんでしょうね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

飛脚便って、そんなに高いものなのですね!!
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:18

飛脚は現在の郵便で言うところの封書を運ぶ役割です。


現在の宅配便とは意味合いが全く違うものです。

お中元・お歳暮のような慣習は江戸時代の商家の
年2回の集金が終わると主人が神棚の前でお供え物を
して「無事あきないが出来たこと」のお礼の神事を行い、
そのお供え物のお下がりをお世話になった人に配ったのが
始まりです。

また、重い荷物は飛脚が運べるようなものでは有りません。
さらにいえば、お中元やお歳暮を宅配便を使って贈るように
なったのは、昭和の時代からであり、江戸時代にはそういうことやっていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファッションショーモデルの歩き方

パリコレとかのファションショーのモデルの歩き方、
カクッカクッと歩いていますよね。
どうすればああいう歩き方になるか、歩き方を知っている方いますか?
それから、ファッションショーでのあの歩き方のメリットというかあの歩き方をする理由というか、教えて下さい。
なんだか腰や膝の関節に悪そうだなあと気になっただけですが。

Aベストアンサー

あのファッション・モデル独特の歩き方は、キャットウォークとか言われたりしますね。
確かに健康に悪いです。しかし、あれは真似してみると分かりませが、
滅茶苦茶疲れるので、モデルさんも普段はしないから、大丈夫です。

最近のショーでは、キャットウォークをあまりしないようですよ。
無愛想に歩く歩き方が主流のらしいです。

真似するだけなら簡単です。綺麗に見えるかどうかは別問題ってことで。
要するに、腰を大きく振って歩けばよいのです。
そうすると、手も一緒に付いてって、あんな感じになります。
難しいのはターンですね。
あれは、私もビデオで研究しましたが、ついにマスター出来ませんでした・・
テレ東の「ファッション通信」(まだやってんのかな?)とか録画して、何度も見るとよいです。

あんな歩き方をする理由・・ やっぱりカッコイイからじゃないでしょうか。
私もかつて虜になりましたし・・

Q江戸時代、飛脚が襲われて信書を奪われた事件はありますか。

江戸時代、飛脚が襲われて信書を奪われた事件はありますか。
あったとすれば、その顛末はどうなったのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の回答にある通り飛脚の一部は公による御免状を持っていたため
賊連中も手出ししにくく、また手出ししたとしてもバックがバックですので
通りかかりの商人・侍と比べて襲うリスクは相当高かったと思われます。

加えて、藤村潤一郎氏による興味深い指摘があります。(「紀州七里飛脚について」1990)
江戸時代以降の町飛脚はふだん街道沿いの駅宿に巣食い、
そのため駅宿は半分博打小屋のような飛脚小屋となり果てており、
街道で地理的に明るいことと無宿者とのつながり、加えて先の御免状持ちとのことで
博打をはじめ近隣住民へのゆすり等の無法をはたらくため
いわゆる雲助連中とおなじく人々からはかなり煙たがられていたようです
(なかには度が過ぎて獄門となった飛脚衆もおり紹介されています)

そういうわけで、山賊や盗賊連中と飛脚は、襲う・襲われるの関係よりも
どちらかといえば、つかず離れずのような関係にあったような印象を受けます。
遅う場面があったとしてもアウトロー同士のいさかいのほうが想像しやすいでしょう。

具体的な襲撃記録を挙げられず申し訳ありません。
ですが、Cinii上に藤村氏ほか飛脚に関する論文がたくさんあり、一部はPDFで閲覧できますので
参考にされればと思います。

参考URL:http://ci.nii.ac.jp/search?q=%E9%A3%9B%E8%84%9A&range=1&count=20&sortorder=1&type=0

#1の回答にある通り飛脚の一部は公による御免状を持っていたため
賊連中も手出ししにくく、また手出ししたとしてもバックがバックですので
通りかかりの商人・侍と比べて襲うリスクは相当高かったと思われます。

加えて、藤村潤一郎氏による興味深い指摘があります。(「紀州七里飛脚について」1990)
江戸時代以降の町飛脚はふだん街道沿いの駅宿に巣食い、
そのため駅宿は半分博打小屋のような飛脚小屋となり果てており、
街道で地理的に明るいことと無宿者とのつながり、加えて先の御免状持ちとのことで
博打...続きを読む

Qぴょんぴょん跳ねるような歩き方。 子供に多い、よく見られる歩き方だとは思いますが、高校生になっても

ぴょんぴょん跳ねるような歩き方。

子供に多い、よく見られる歩き方だとは思いますが、高校生になってもぴょんぴょん跳ねるような歩き方をする人は何故でしょうか?
高校生になるとある程度落ち着いた歩き方になるとは思いますが、子供の時は跳ねるような歩き方じゃなくても高校生になったら急にぴょんぴょん跳ねるような歩き方になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まだ精神的に子どもなんでしょう。たまにオトナでもいますよね。本人はまず気づいてないですよ。

Q江戸時代の飛脚

江戸時代の飛脚は、各大名家の城下にも隈なくネットワークがあったのでしょうか。
どのような整備がされていたのでしょうか?

Aベストアンサー

 江戸時代、町飛脚の問屋同士の提携があり、全国ネットで郵便物が伝わったか・・・というご質問と思います。
 下のURLは飛脚問屋のご子孫のページです。
http://www.interq.or.jp/gold/waki/edoyubin/index.html
 おそらく江戸末期のものと思いますが、印刷物の広告があったり、集荷日がヒト月に11日もあったり、なかなかのものです。
 飛脚制度全体についての概要はご存知と思いますので(感じはNO.1さんのおっしゃる通りです)、町飛脚についてのみ、お話しさせてもらいます。
 17世紀後半、江戸、京都、大坂の商人たちが幕府の免許を受け、三都市間の飛脚営業を始めました。依頼主から料金の前納を受けて書状や荷物を運びました。
 営業範囲も五街道(東海道、中山道、日光街道、甲州街道、奥州街道)から九州、東北へと順次広がって行き、江戸末期には全国的になったようです。
 質問者さんのおっしゃる1万石程度の大名というと、お城もなく陣屋の殿様がいる田舎町だと思います。江戸末期であれば、飛脚問屋はあったと思いますね。専業の飛脚問屋でなくても、別の業種の商店が兼業でやっていたと思います。
 飛脚問屋同士の提携があった、と明確に記載している資料は見つかりませんでしたが、当然提携していたはずです。1社では全国規模のものは無理です。日本通運は、五つの飛脚問屋が維新後合併して、あの全国規模の会社になったと、聞いていますのでネットワークはあったものと思います。
 以下余談ですが・・・。贅沢な与力の実情については下のページがよく描けていると思います。
 

 江戸時代、町飛脚の問屋同士の提携があり、全国ネットで郵便物が伝わったか・・・というご質問と思います。
 下のURLは飛脚問屋のご子孫のページです。
http://www.interq.or.jp/gold/waki/edoyubin/index.html
 おそらく江戸末期のものと思いますが、印刷物の広告があったり、集荷日がヒト月に11日もあったり、なかなかのものです。
 飛脚制度全体についての概要はご存知と思いますので(感じはNO.1さんのおっしゃる通りです)、町飛脚についてのみ、お話しさせてもらいます。
 17世紀後半、江戸...続きを読む

Q正しい歩き方

正しい歩き方、かっこいいと思う歩き方を、
具体的に教えてください。
また、歩き方で日ごろ注意していることなど
ありましたら、教えてください。
 私は、すごい内股で歩き方が変です。仲のいい友達に
きづいたら「内股になってるよ」と注意してもらうようにしています。

Aベストアンサー

かっこいいと思う歩き方は個人々々で多少違いがあると思います。また、正しい歩き方というのも、目的によって違ってくると思います。ショーモデルのような歩き方はショーのときはかっこいいし正しいのでしょうが、街中であんな歩き方をしていれば変な人だと笑われそうです。
ある学者によれば、アフリカのある地域の頭の上に水瓶を載せて歩いている姿が機能的で美しいそうな。
歩くという機能を全身で行えるようになると、足がみぞおちから生えているような感じがする人が結構います。さらに機能的に優れた歩き方ができる人は、首の下/耳の下から足が生えているように感じる人も実際にいます。

歩くときに内股になるのでしたら、仰向けに寝たときはどうでしょうか?

膝も内股気味なら、股関節が無意識の緊張を起こして太ももから内股になっていると考えられます。その場合は仰向けで両膝を立てて、片方の膝を外側の床に倒すことを繰り返します。そのときにもう一方の立てている足で軽く床を押すようにするとその側のお尻がちょっと浮いて、膝が床により近づきます。何回か繰り返して、反対側でもやって下さい。(何日も続ければ股関節の無意識の緊張が取れて内股の習慣が解消されてきます。)
無理に床につけようとせずに気長にやってください。床にバタンと倒すのではなく静かに動かします。倒すときも戻すときもずっと同じ速度でできるようにすると、コントロール能力がついて、気をつけなくてもいいようになります。

膝が外を向いているのに、つま先だけ内に向いているなら、膝から下を無意識に内転させているのだとおもいます。椅子に座って片方の膝を両手で持って足首を廻したりひねったりを繰り返してください。それから膝から下をぶらぶらさせて前後左右に動かします。その後、前後にぶらぶらさせるて、その動きにつま先とかかとの向きが合うように調整して下さい。一通りやったら片側もやります。
(膝を倒すのと足をぶらぶらさせるのを両方やるともっとよいです。)

歩き方を変えたいなら、歩くときに注意するだけでは効果が低いので歩いていないときの工夫も大切です。
(試合のときだけバットを振る野球選手はバッティングがへたくそでもかまわない人でしょう? 普通はバットの素振りをするし、そのためのウエイトレーニングもするし、バッティング動作を分解して練習します。そこまでやってやっとバッティングフォームを改造できるのです。
歩き方も同じように考えると、歩くときに注意してもらうのは関心ですが、まだまだ工夫の余地がたくさんあります。そう考えると将来の美しい歩き方への可能性が拡がってくるとおもいませんか? 詳しくは参考URLからフェルデンクライス等を探して調べると工夫ヒントが得られるかもしれません。)

参考URL:http://www.pureness.co.jp/

かっこいいと思う歩き方は個人々々で多少違いがあると思います。また、正しい歩き方というのも、目的によって違ってくると思います。ショーモデルのような歩き方はショーのときはかっこいいし正しいのでしょうが、街中であんな歩き方をしていれば変な人だと笑われそうです。
ある学者によれば、アフリカのある地域の頭の上に水瓶を載せて歩いている姿が機能的で美しいそうな。
歩くという機能を全身で行えるようになると、足がみぞおちから生えているような感じがする人が結構います。さらに機能的に優れた歩き...続きを読む

Q江戸時代。東海道の一里塚。

Wiki「一里塚」によれば、
25里、36里、54里、55里、81里の地点には「なし」ですが、なぜ無いのですか。
54里地点は「金屋城下?」、81里地点は「岡崎宿内?」となっていますので、町中や宿場では休む場所があるのでわざわざ一里塚を作らなかった、と想像しています。
36里地点や55里地点は、大きな川の中でもないようです。
よろしくお願いします。

一里塚 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%87%8C%E5%A1%9A 

Aベストアンサー

36里は富士川の河川敷、
54,55里は街道の改修で廃止、金谷宿から次の日坂宿まで1里25町とされていますが金谷宿の一里塚が53里で日坂宿の手前にあるのが56里です。
25里、55里も同様と思われます。

Q「正しい歩き方」を英語で表現すると?

「正しい歩き方」「最も望ましい歩き方」「真の歩き方」をキャッチーな英語にするとすれば、
どのような表現になりますか?

true walking ってのを考えたのですがいかがでしょうか?

ニュアンスとして、正しい歩き方は、美容と健康の面からみて望ましいということを表現したいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なにか商売などにお使いのように見えましたので、
受け取る方からみればどのように考えるかという回答です。

難しく考えなくても
  Smart Walking
で通用しましょう。

歩き方というのはそれぞれ個人の勝手ですから、真 (true) とか誤 ( wrong ) 
とか言うのはおかしいのじゃないかしら。

若者は若者なりに、老人は老人なりに、
「恰好よく」が smart の意味です。

ヤフー(米国)でも
How to walk smartly?
正しい歩き方は (格好のよい歩き方は)?
stand up straight with good posture and head held high!
正しい姿勢で、まっすぐ立って、頭をあげることだ。

と個人が質問し、個人が答えていてベストアンサーになっています。
日本語で「正しい」はよいのですが
英語で true というと正誤の「正」になってしまって如何なものでしょう。

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20060629110232AAw6a30

なにか商売などにお使いのように見えましたので、
受け取る方からみればどのように考えるかという回答です。

難しく考えなくても
  Smart Walking
で通用しましょう。

歩き方というのはそれぞれ個人の勝手ですから、真 (true) とか誤 ( wrong ) 
とか言うのはおかしいのじゃないかしら。

若者は若者なりに、老人は老人なりに、
「恰好よく」が smart の意味です。

ヤフー(米国)でも
How to walk smartly?
正しい歩き方は (格好のよい歩き方は)?
stand up straight with good postur...続きを読む

Q江戸から大坂間の飛脚はどのルートを通っていましたか?

江戸から大坂間は並で八日から一ヶ月、速達便は六日間、特急便は三日間で届く。料金は享保年間(1716から1735)では速達便が重さ百匁(375グラム)の書状で二両二朱、特急便は七両二分だそうだ。
http://homepage2.nifty.com/kenkakusyoubai/zidai/syobai.htm

上記サイトでは、最速東京、大阪間の飛脚が三日だそうですが、
これは中山道ルートでしょうか?
東海道だと川止めなどがあり無理そうです。
また、三日で着くためには一日200キロを移動したわけですが、どうやいう方法で行っていたのでしょうか?
一人の人間は何時間くらい馬に乗っていましたか?

もう一つ、赤穂浪士の劇では、浅野家の江戸の家来が三日程度で赤穂にやってきますが、これは可能でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東海道ルートの話ですね。
江戸から大坂まで最速の場合は、東海道を利用すれば、3日間、時間にして70時間前後で運んでいます。
一日に200キロほど走る計算になりますが、幕府公用の飛脚である継飛脚は、次の宿場までが受持ちですから、58次を平均すれば、一人が走るのは10キロほどになります。
継飛脚は、夜間でも関所を通行できました。

継飛脚は幕府だけが使用できたと思いますので、ご質問中のサイトの内容には疑問があります。

http://www.japanpost.jp/teipark/display/museum_shozou/museum_shozou_13.html

なお、中山道の場合は、40キロ以上長いので、また山道が多いので、東海道よりは長くかかります。
川止めのおそれのある時期は、少し日数がかかっても中山道を利用したのではないでしょうか。

次に、赤穂事件。
赤穂事件の早駕籠は、3月14日夜出発して、19日未明に到着していますから、4昼夜余りになります。
ざっと680kmありますから、三日程度で走破するのはムリだと思います。
馬は、馬子が付いて曳かねばならず、また疲れて振り落とされるおそれがあるので、駕籠にするより他ないと思います。
4人または6人で担いだのだろうと推測されています。

東海道ルートの話ですね。
江戸から大坂まで最速の場合は、東海道を利用すれば、3日間、時間にして70時間前後で運んでいます。
一日に200キロほど走る計算になりますが、幕府公用の飛脚である継飛脚は、次の宿場までが受持ちですから、58次を平均すれば、一人が走るのは10キロほどになります。
継飛脚は、夜間でも関所を通行できました。

継飛脚は幕府だけが使用できたと思いますので、ご質問中のサイトの内容には疑問があります。

http://www.japanpost.jp/teipark/display/museum_shozou/mus...続きを読む

Q歩き方

歩き方がいまいち分からなくて家の中でもかかと歩きが癖になってなおせません、良い歩き方はありませんか?

Aベストアンサー

かかとから付け、きちんとつま先で蹴ることです。
地面の着地時間(かかとから入ってつま先が離れるまでの時間)を長くするイメージ。

私はいつも、つま先の指先で地面をしっかり蹴る意識をしながら歩いています。
歩き方って非常に大事な、そして常に意識しないとバランスの悪い歩き方になります。
歩き方の意識だけでカロリーの消費量が違います。ふくらはぎもキュッと引き締まってきます。

しかしよくそんな事に疑問を抱かれましたね。良い質問だと思います。
私も意識していることなので、なんだか嬉しくなりました^o^

私が、ある陸上競技経験者に聞いた単純なやり方ですが、ほんの少しでも参考にして頂ければ幸いです。

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む


人気Q&Aランキング