DCOUNTA関数で複数のデータ範囲を対象とする場合、それぞれ別個にDCOUNTA関数で値を出して合算する、という方法ならできたのですが、
複数の範囲に名前を設定して一個の関数だけで算出しようとしたら、できませんでした。
例)できたやり方
  =DCOUNTA(B2:D52,"氏名",V2:W3)+DCOUNTA(F2:H52,"氏名",V2:W3)
例)できなかったやり方
  名前の定義で参照範囲
     =B2:D52,F2:H52
  にデータ範囲という名前を付けて、
  =DCOUNTA(データ範囲,"氏名",V2:W3)
名前の定義の方法が違うのか、DCOUNTAで複数範囲を対象とすることができないのか、何が悪いのでしょうか?

A 回答 (1件)

》 DCOUNTAで複数範囲を対象とすることができないのか



そのとおり!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「凹」という字の書き順

1画目 左上の横棒から短い縦棒、下に降りて右へ横棒
2画目 これに接する中右・短い縦棒
3画目 右上横棒
4画目 左側、大きいカギ(縦棒→横棒)
5画目 最後に右側・長い縦棒

なぜ、3画目の小さい横棒を書いたときに、そのまま下に下げて、大きい縦棒に入らないのでしょう?
この方が合理的だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

>「凵部三画」の意味は、「凵部(二画)に三画が加わる(合計五画の)文字」という意味ですか?

そうですね。 ですから、「凶」は「凵部二画」、「函」は「凵部六画」ということになりますね。

Q=IF(ISNA(VLOOKUP($A1,sheet2!$A$1:$B$12,2,FALSE)),"",VLOOKUP($A1,sheet2!$A$1:$B $

いつもお世話になってます。
以下の関数式について、お時間がありましたらどうぞご教示ください。

=IF(ISNA(VLOOKUP($A1,sheet2!$A$1:$B$12,2,FALSE)),"",VLOOKUP($A1,sheet2!$A$1:$B $12,2,FALSE))

「シート2の範囲指定した表にA1セルの値と同じ値の右隣になる値を返せ。ただし該当なき場合は空白とせよ。」

純粋になんでこのような構文になるのかが解りません。

1.ISNAってそもそもなんでしょう?
2.同じ式を繰り返すのはなぜ?
(模範式で、このように同じ式を繰り返す構文があまり無いように思えたのです。)

・参考となる他所のページがあれば教えて下さい。
・素人です。お手柔らかにお願いします。

(エクセル2003)

Aベストアンサー

1.ISNAってそもそもなんでしょう?
ISで始まる情報関数の一つで、#N/A!エラーのみを判定する関数
結果はTRUE(真),FALSE(偽)のいずれかになります。
エラー判定のIS関数には他に
ISERR:#N/A!を除くすべてのエラーを判定する関数
ISERROR:すべてのエラーを判定する関数
があります。

2.同じ式を繰り返すのはなぜ?
ISNAの判定する値がセルでなく数式の結果だからです。
A2=VLOOKUP($A1,sheet2!$A$1:$B$12,2,FALSE)
なら
A3=IF(ISNA(A2),"",A2)
ということになります。A2のように計算の為のセルを省略する為に
=IF(ISNA(数式),"",数式)のように同じ数式を2回繰り返しになってます。

Qこどもの書き順

夏休みになり3年生の息子の書き取りを見ていると書き順がメチャクチャなのに気づき唖然としました。字の形自体はあっておりテストは正解とはいえ、書き順が書き順なので美しさは皆無です。

ドリルには書き順が書いていますが本人はあまり重視していないようです。

・学校では書き順は重視しないのでしょうか?
・今からでも書き順の矯正をすべきでしょうか?
・本人に書き順を覚えさせる動機付けはないものでしょうか?

※基本的な字形の書き順さえマスターすればあとは応用だと思えるのですが・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学生の低学年時代から「習字」教室に通っていたものです。
書き順は慣れも大いにあると思いますよ。
お習字は、ほぼその書き順を慣らすために通ったような物です。
お陰で、一般人ですが皆からは文字は褒められます。
後々履歴書などで大きく効力を発揮しました。

昔なら書き順のテストもあり、間違うと点が貰えないことも有りましたが現在はどうでしょうね。。。

書き順が正しければ自然と文字もつながりよく書けるので、文字が上手く書けるのですから。読めれば良いというものだけでも無いと思います。

Qエクセルで同じA列の中に、1,2,3,4,5,6,2,3,4,2,1,3,2,2,2,3,1という

エクセルで同じA列の中に、1,2,3,4,5,6,2,3,4,2,1,3,2,2,2,3,1,3,1というような順番で数字が並んでいます。

その数字の中で、1→3と3→1になるものがいくつあるか求めたいのですが、出す関数・マクロがわかりません。
教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

>A列の中に
とは行方向に数値が入っている!というコトでしょうか?

そうであれば
表示したいセルに
=COUNTIFS(A1:A1000,1,A2:A1001,3)+COUNTIFS(A1:A1000,3,A2:A1001,1)
としてみてください。

「1」の次の行が「3」の場合と
「3」の次の行が「1」の場合をプラスしています。m(_ _)m

Q漢字の書き順が書いた本

漢字の書き順が詳しく載った本ってなんですかね?
きちんとした書き順で漢字など書きたいのですが、いざ電子辞書とか(漢字辞書付き)買ったはいいものの、書き順がついておらず(なんとなくそんな気がしましたが)いざ、きちんとした書き順を調べようと思っても何を見ればいいのかわからなくなってしまいました。児童用の漢字辞典とかじゃないと漢字の正しい書き順とか載ってないのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたので、
参考URLをチェックしてみてください。
回答者さんの中には、電子辞書に書き順が表示されるものが
あるそうです。ソフトがあったら、探してみてはいかがでしょうか。

書き順は・・・私も不正確に覚えていることが多いです。
最近、クイズ番組や一般常識クイズ番組が増えて、書き順では、しょっちゅう間違えています。(汗)
ただ、誰かに見張られているわけではないですし、最終的には美しく完結していれば良いと思いますので、学校時代ほど、ストイックに書き順にこだわってがくがくするより、自分の慣れた書き方で美しく書ければいいと思うのですが。
そう言いながら、よく、本屋の子供用コーナーで、漢字の書き取り、や算数、などの問題集をついぱらぱらめくってしまいます。

参考URL:http://okwave.jp/qa1778308.html

QEXCEL2000 SUMIF(範囲,"TODAY()",合計範囲) だけでは出来ないので

本日契約成立の株の売買が1個の場合→売買手数料3150円です。
複数売買の場合→売買手数料は3150円を分割します。(機械的にセルの数だけ均等分割可。1日が終了し金額確定してからその金額で計算式を上書き訂正します。別案として契約金額に応じて按分出来ればなおうれしいです)
ただし手数料は1日の契約合計300万円ごとに3150円となる。300万=3150 301万=6300円 601万=9450円
帳簿の現状
セルB買い年月日 C買い数量 D買い単価 E支払金額手数料含む F品名(銘柄) G売り年月日 H売り数量 I売り単価 J売上金額手数料含む K売買損益

過去から未来に渡る売買帳です。Eの支払金額欄とJの売上金額欄に前もって数式を入れて置きたいのです。

Aベストアンサー

約定金額を300万以下、600万以下、900万以下、900万を超えるにしました。

当日以外の日は、スペースにしました。

それとこの式は、ファイルが重くなる見本のような式なので(電卓でこの式どおり計算するとわかります)、変えました。

E2に・・・
=IF(TODAY()<>B2,"",IF($B$1=0,,IF($B$1<=3000000,C2*D2*3150/$B$1,IF($B$1<=6000000,C2*D2*6300/$B$1,IF($B$1<=9000000,C2*D2*9450/$B$1,C2*D2*12600/$B$1)))))

L2に・・・
=IF(TODAY()<>I2,"",IF($B$1=0,,IF($B$1<=3000000,J2*K2*3150/$B$1,IF($B$1<=6000000,J2*K2*6300/$B$1,IF($B$1<=9000000,J2*K2*9450/$B$1,J2*K2*12600/$B$1)))))

B1に=SUM(A:A)・・・(B1はA列以外だったらあいてるセルならどこでもいい)C1だったら、上の式は$C$1にしてください。

約定金額を300万以下、600万以下、900万以下、900万を超えるにしました。

当日以外の日は、スペースにしました。

それとこの式は、ファイルが重くなる見本のような式なので(電卓でこの式どおり計算するとわかります)、変えました。

E2に・・・
=IF(TODAY()<>B2,"",IF($B$1=0,,IF($B$1<=3000000,C2*D2*3150/$B$1,IF($B$1<=6000000,C2*D2*6300/$B$1,IF($B$1<=9000000,C2*D2*9450/$B$1,C2*D2*12600/$B$1)))))

L2に・・・
=IF(TODAY()<>I2,"",IF($B$1=0,,IF($B$1<=3000000,J2*K2*3150/$B$...続きを読む

Qタイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語を勉強しています。子音の書き順は全部インターネットで見つけましたが、母音の書き順はなかなか見つからないようです。吉田英人氏の「タイ語の基本ー初級から中級まで」という教科書を使っていますが、書き順が描いてないのです。母音の書き順をディスプレーする動画などのリンクを教えていただければと思います。まことにありがとうございかす。

Aベストアンサー

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

は、出版元のサイトです。私の所持本と同じ著者です。別のサイト(通信販売サイト)で見ましたら、266ページとあり、これも同じです。多分、基本的には改版されていないものと推定します。

最寄りの書店でお探しになるか、あるいは図書館でお借りになってはいかがでしょうか? ちなみに、その図書館に在庫していなくても、同一の県内の図書館に在庫していれば、取り寄せてもらえます。すべての県かどうかは知りませんし、東京や大阪でも可能かどうかは分かりません。私の住んでいる埼玉県では可能で、ほかに2つの県でも同様であることは確認しています。問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&...続きを読む

QMID(A3,3,1)={"都","道","府",

下記のエクセル関数について。

=RIGHT(A3,LEN(A3)-4+SUM((MID(A3,3,1)={"都","道","府","県"})*1))

MID(A3,3,1)={"都","道","府","県"})*1
この部分は、何を意味しているのでしょうか?
特に、イコールの機能が分かりません。



お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

神奈川県、鹿児島県の時以外は
切り出しの文字数を1文字増やすためで
条件を満たす場合に”1”が返ります。

後ろの*1は、データを数値化するためです。

Q漢字の書き順 (筆順) の不思議

先日、親戚の子供にある漢字の書き順を説明したところ、今では 「×」 との事で驚きました。

確認のため家内に聞いたところ、私と同じ書き順で書いていました。

聞けば何年か一回の割合で文科省から委託を受けた学者たちが集まり、書き順をどうするか相談し 「今回はこんな風に変えようか」 というノリで決められるとの事。

従って、世代毎に学校で教えられる 「正しい書き順」 が変ってしまうのだと ・・・

そこで、ムムムと疑問を感じました。

1.かりに美しく書けるのが目的としても、そもそも漢字発祥の国である中国に 「正しい書き順」 を示す古代の文献や資料があるのか?  あるいは韓国では?  (正しい書き順の学術的根拠?)

2.中国の小学校では、日本と同じように書き順を教えられ、またその度にテストが行なわれ、一ヶ所でも間違うと 「×」 となるのか?

3.中国でも何年に一回の割合で、学者のアソビと思われるような 「書き順の変更」 が行なわれるのか?

4.何の学術的根拠のない (?) 「正しい書き順」 を、算数や理科の定理のように普遍の真理と同じ扱いにして、テストで採点する事に意味があるのか?

5.書き順を変えるという事は、その前の審査で 「この書き順で正しい」 とした国語学者の判断を 「間違い」 と断ずるわけですよね?  となれば、先に正しいとした学者との間で激しい論争になるはずと思うのですが、実際そんなケースはある?


どなたか詳しく教えて頂けないでしょうか?

先日、親戚の子供にある漢字の書き順を説明したところ、今では 「×」 との事で驚きました。

確認のため家内に聞いたところ、私と同じ書き順で書いていました。

聞けば何年か一回の割合で文科省から委託を受けた学者たちが集まり、書き順をどうするか相談し 「今回はこんな風に変えようか」 というノリで決められるとの事。

従って、世代毎に学校で教えられる 「正しい書き順」 が変ってしまうのだと ・・・

そこで、ムムムと疑問を感じました。

1.かりに美しく書けるのが目的としても、そ...続きを読む

Aベストアンサー

面白いお話ですね。
実は私の手元にある電子辞書(学研漢和大辞典)には漢字の筆順のムービーが載っています。容量をとるばかりで何の役に立つのかと思っていましたが、この時とばかりに引いてみました。
すると...なんと、長には筆順が2つ載っていました。他にも耳など複数の筆順が載っているものがあります。

この辞書には、
・筆順は人々の長い間の経験から生まれたものであり、ひとつの文字に対して、いくつかの筆順があることがある。
・文部省が1958年(昭和33年)に『筆順指導の手引き』を発表して、筆順の統一を図った。
・けれども『手引き』にもことわられているように、示された筆順だけが正しいというものではない。
という説明(要約しています)が載せられています。
これからは『手引き』自身にも、「示された筆順だけが正しいというものではない」と書かれているようです。
この辞書に複数載っているのは「『手引き』の筆順から類推した標準的と考えられる筆順」「その他の筆順のうち代表的なもの」だそうです。

Q"$B$32:$H$32,$K$32:$N$32,$P$32:$AH$32" を変数に置き換えたい

こんにちは。よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています。
エクセルは2013です。どなたか教えてください。

質問内容
Wクリックの範囲指定が現状はこのようになっています
If Not Intersect(Target, Range("$B$32:$H$32,$K$32:$N$32,$P$32:$AH$32")) Is Nothing Then

行を指定する32を
Dim shg as long
shg=32
とした場合、上記の範囲指定を & と変数 shg でつなげていくと、あまりにも長くなってしまいます
もっとスマートな書き方はないでしょうか

Aベストアンサー

If Not Intersect(Target, Rows(shg), Range("$B:$H, $K:$N, $P:$AH")) Is Nothing Then


人気Q&Aランキング

おすすめ情報