米Intelに独禁法違反で10億6000万ユーロの制裁金を科したことを受け、
歓迎のコメントを発表した。
欧州委員会は、IntelがAMD製品を市場から締め出すために、
PCメーカーや小売業者にリベートを提供したとの裁定を下した。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

シェアが均衡するとそう高価にはならなくなります。



良い例が最近のビデオカード
AMDが高性能グラボを低価格で投入した結果Nvidaも対向せざるを得なくなり、高性能グラボが低価格で購入できるようになりました。
(おかげでNvidiaの戦略が迷走をすることにもなったが)

ただし、CPUの価格ってパソコン本体の中でそう大きな割合占めているとも思えませんので、下がったと実感するほど価格が下がるとは思えませんし、今でもそう高いとも思えませんが。
大した影響はないんじゃないかなあ と思う。
    • good
    • 0

変わらないと思います。



パソコンのCPUってAMDが出しているのも結局Intel互換ですよね。
独自のCPUで競争できるようにならない限り、互換メーカーは値段でしか勝負できませんし、後追いしかできません。

しかしWindowsもOS-Xも基本IntelのCPUの上で動くOSなので、難しいですよね。
CPUメーカーが独自のものを出してもOSが対応しないと。

CPUに依存しないOSやソフトができれば未来は明るいのですが。。


ずーっと長い目で見れば、「勢者必衰のことわりをあらはす」のごとく、何か変革が来るとは思います。
    • good
    • 0

まずCPUは1社が独占してもダメです。


大切なのはお互いのCPUのシェアが拮抗している状態ですね。

 INTELは過去、各国で(日本でも独占禁止法をくらいました)あくどい事をくりかえした汚い会社です。
 AMDは元々安いのできつい状態ですが、IntelのCPUは多少は安くなるとおもいます
    • good
    • 0

CPUの値段はほとんど変わらないんじゃないかと思います。


まぁ、AMDはIntelとは違い安さ(コストパフォーマンス)で優れている商品が多いですから、
AMDが少し増える事により、安くなったようには見えるかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング