ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

学校のレポートの宿題で、すぐに回答がほしいと思っています!


1 赤ワインの蒸留によって取り出せたものがエタノールであると確認するぬは、どのような方法を用いればよいか。

2 混合物の分離について、その原理と注意点についてまとめよ。

3 ヨウ素の実験をする際に、なぜドラフト内で行わなければならないのか。


それと、ヨウ素と石英の昇華の反応で出てくる毒についても調べています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

赤ワインの蒸留だけ書いておくが、 どのような実験装置を組んで、実験条件を書いて欲しい。


ワインを蒸留しても、100%エタノールは出来ない。共沸もすると思うが???
同定は、ガスクロ、検知管でも可能と考えますか。
どの程度の、化学の知識が有るのだろう。 この問題を出した先生にも、イエローカードですね。!!!


私は、化学実験は、ドラフトで行うべきだと思う。 引火性溶剤、有害ガスが出るものは、吸引、排気しないとね。

貴方の質問は、設題がアバウトすぎて、答えられないです。 背景が見えてないから。

コメントはちゃんと、返しましょうね!!!!
    • good
    • 0

宿題であれば、授業で習ったり、実験を行った範囲内で書くべきことです。

それを書かずに回答を求めるのは無理というものです。しかも、いわゆる『丸投げ』質問で、削除対象になるかも知れません。

1に関して言うならば、そもそもエタノールが主成分である保証はありません。水かもしれません。
2に関して言うならば分離方法は数多くあり、それらのいくつかはあなたには想像すらできないものかもしれません。範囲を限定せずに述べろと言っても無理な注文です。
3実験内容によります。必ずしもドラフト内で行う必要があるとは思えません。

それと・・・・石英を昇華できるとは思えません。それと昇華というのは固体を気体にし、それを固体に戻すということなので、その間の化学変化はありません。したがって、ヨウ素はヨウ素のままです。なので、『出てくる毒』などというのが意味をなしません。
    • good
    • 1

1.


高校生以下か大学生以上かによって回答が変わってきますが…
大学生なら”NMRスペクトルを調べる”だけでOK。

NMRを知らなければ、物性をヒントに思いついた方法ですが
エタノールには独特のにおいがあるので、匂いがあって無色の液体かどうか。
80度で沸騰するか、等。
さらに、水でないことを確認したいのなら、燃えるかどうか。とか。
化学構造を知りたいのなら、元素分析をしてみる、とかですかね。

2.
混合物の分離には様々な分離法があります。
抽出、蒸留、各種クロマトグラフィー等々。
時間がなければこれらをWikipediaで調べて自分なりにまとめてみてはいかがでしょう。

3.
ヨウ素は固体ですが昇華性があって、その蒸気の毒性が非常に強いからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨウ素・ヨウ化カリウムの有害性と無害化について

ヨウ素及びヨウ化カリウムの有害性について。
又その有害性を無害化(分解)する方法等ありましたら是非お教え願いたい。

Aベストアンサー

 ヨウ素ヨウ化カリウム溶液(ヨードチンキ)については、参考URLの様に毒性がかなり高く、医薬品(消毒剤)や防腐剤として使用される。(間違ってもうがい薬を飲んではいけません。)緊急時の対処法:片栗粉やメリケン粉を水に溶かしたもの、牛乳、卵などを飲ませる。小児の誤飲で、極少量の時はすぐ水分(牛乳など)を十分飲ませ様子みる。
 ヨウ化カリウムは毒性が低いが、いろいろ影響があるようです。
 http://www.sosb.com/toukou/toukou_txt/goiken/00006.htm
甲状腺ホルモン(チロキシン)はヨウ素含有する特異的なもので、体内に吸収されたヨウ素の30%はこの甲状腺に集まる。ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)は、放射能で汚染されたヨウ素が甲状腺に集まり甲状腺癌を起こす前に、飲用して甲状腺でヨウ素を飽和状態とするものですが、副作用についてはまだまだ研究が必要とのことです。
 単体のヨウ素は他のハロゲン族と同様に酸化性・腐食性が強いが、化合物では毒性はほとんど見られない。とされています。
 ヨウ素の中和には、還元剤である、チオ硫酸ナトリウムなどが適切でしょう。

参考URL:http://city.hokkai.or.jp/~satoshi/TOX/tox179.html

 ヨウ素ヨウ化カリウム溶液(ヨードチンキ)については、参考URLの様に毒性がかなり高く、医薬品(消毒剤)や防腐剤として使用される。(間違ってもうがい薬を飲んではいけません。)緊急時の対処法:片栗粉やメリケン粉を水に溶かしたもの、牛乳、卵などを飲ませる。小児の誤飲で、極少量の時はすぐ水分(牛乳など)を十分飲ませ様子みる。
 ヨウ化カリウムは毒性が低いが、いろいろ影響があるようです。
 http://www.sosb.com/toukou/toukou_txt/goiken/00006.htm
甲状腺ホルモン(チロキシン)はヨウ素含...続きを読む

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む


人気Q&Aランキング