精神的な病で通院中です。

これから傷病手当金の申請をするところですが、
まず、先月4月5日~4月9日まで仕事を休みました。
これを第一回の申請しようと思っています。

次に、5月25日~31日まで休む予定でおり、この期間も申請したいと思っております。

そして、5月31日付けで会社を退職する予定でいます。
退職後も傷病手当金の受給を希望しています。

そこで質問なのですが

(1)私のような場合、3回に分けて申請するということでいいのでしょうか?

(1)第一回目の申請が受理されるかどうかの結果を待たずに二回目の申請をする事になりますが問題あるでしょうか?

(3)退職後の申請の窓口は、在職中に加入していた健康保険組合のままでいいのでしょうか?

詳しい方、教えてください。
他にも、私がやろうとしている事で何かアドバイスがあれば教えていただきたいです。いまいち良くわからないもので・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> (1)私のような場合、


>  3回に分けて申請するということでいいのでしょうか?

これは一概に、これという答えはありません。
健康保険組合へ直接お問い合わせください。

ちなみに、私のケースでは、
1ヶ月単位で請求書を提出して、
翌月、傷病手当金が支払われる形になっています。

あまり細かく請求すると、既払いの給与の額が大きくなり、
不支給になる場合があります。
ご注意ください。

アドバイスですが、5月分の請求については、
5月25日というよりも、5月23日から請求をしたほうが、
より多くの傷病手当金を受けられます。
傷病手当金は土日が関係ございませんので、
参考にしてみてください。



> (1)第一回目の申請が受理されるかどうかの結果を待たずに
> 二回目の申請をする事になりますが問題あるでしょうか?

問題ございません。
私も、第1回目の審査中に2回目の請求書を出しました。


> (3)退職後の申請の窓口は、
> 在職中に加入していた健康保険組合のままでいいのでしょうか?


その通りです。
但し、5月31日迄の分は、事業主の証明が必要です。
6月以降に会社へ書類を提出してください。

6月以降の請求分については、
事業主の証明が不要になりますから、
直接、健康保険組合へ請求書を提出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても詳しく回答していただき、よくわかりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/16 22:33

まず4月5日から9日までの分の請求についてこの期間については2日しか請求できません。

ひとまず請求できるのは3日以上の休みでなおかつ4日目以降についての保証になりますので。請求するならば8日と9日分とのみになりますね。

そして保健は社会保険ですか?社会保険事務所の保健ならば3回に分けても請求は出来ます。
2の1回目を待たずに2回目の請求についても可能です。
ただ、労災とはちがうので書類を医師に記入して貰うための料金はかかります。ですからもし1回目の結果を待たずに2回目をだしてしまうと万が一1回目の申請も却下された場合書類の料金のみ無駄になりますよね。
3の退職後の請求はもちろん加入していた保険組合にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。よくわかりました。
1回目の申請が却下されない事を祈ります。。

お礼日時:2009/05/16 22:32

>退職後も傷病手当金の受給を希望しています。



継続給付を受けるということですね。

>(1)私のような場合、3回に分けて申請するということでいいのでしょうか?

それは健保によって異なります、例えば月単位で請求するように指示される健保もありますし、退職前と退職後に分けて請求するように指示される健保があります。

>(1)第一回目の申請が受理されるかどうかの結果を待たずに二回目の申請をする事になりますが問題あるでしょうか?

第一回目の申請が認められなければ、二回目の請求も認められないと思いますが。
第一回目の申請がきちんと認められたことを確認してから、二回目の請求をしたほうが良いと思います。

>(3)退職後の申請の窓口は、在職中に加入していた健康保険組合のままでいいのでしょうか?

当然そうなります。
例えば退職後の健康保険は任意継続でも国民健康保険でもかまいませんが、国民健康保険に加入したとしても傷病手当金の請求は国民健康保険ではなく在職中に加入していた健康保険組合になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
大変参考になりました!

お礼日時:2009/05/16 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。まず私の給料はとある商品

傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。

まず私の給料はとある商品を作った数×単価となっており、毎月同じ給料ではありません。

例えば月に30万円の時もあれば60万円の時もあります。

ですが給料はまず基本給が設定されていて、

設定されている基本給以上の金額になった場合、そのプラス分は会社に貯まっていって年に2回精算できることになっています。

例えば基本給が25万円と設定されている場合

今月の金額が50万円になったとすると25万円は会社に貯める分となります。

毎月振り込みされる金額は基本給の25万円から税金や保険料などが引かれた金額となっています。

年に2回はプラスの分を一気に受け取ることもできますし、そのまま会社に貯めておくこともできます。

※もし基本給よりマイナスになった月はそれまでに貯まっているプラス分から引かれます。

なので基本給以外のものは会社側にあってプラスマイナス管理されて年に2回の精算となります。

説明が下手でしたらすみません…

このような給料体制の場合

傷病手当金がもらえるのは基本給の25万円の部分だけと考えるべきでしょうか?

また6割と聞いたのですがそれは税金や保険料などを引いた金額の6割でしょうか?

傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。

まず私の給料はとある商品を作った数×単価となっており、毎月同じ給料ではありません。

例えば月に30万円の時もあれば60万円の時もあります。

ですが給料はまず基本給が設定されていて、

設定されている基本給以上の金額になった場合、そのプラス分は会社に貯まっていって年に2回精算できることになっています。

例えば基本給が25万円と設定されている場合

今月の金額が50万円になったとすると25万円は会社に貯める...続きを読む

Aベストアンサー

下記URL参考までに。東京都の場合の保険料額表です。都道府県によって、保険料額が違うので、ご自分のが知りたければ全国健康保険協会のHPから調べて下さい。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan/13tokyo.pdf

表をみてもらったらわかる通り、自分の総支給額がどこにあたるか見て下さい。
例の25万なら、報酬月額が250,000円以上270,000円未満という所に当てはまって、標準報酬月額が260,000円ということになります。
標準報酬月額を決めるのは、総支給額です。

質問者様の場合、多分基本給のみが標準報酬月額になっているのではないかと推測します。
プラス分の精算が年2回ということは、その分の支払は賞与扱いになっているとか、継続して毎月支払われていないので、標準報酬月額を変更する要件(固定した賃金の変動が3か月間続き、その額が2等級以上の差が出た時に変更します)に当てはまっていないので、基本給が標準報酬月額となっていると思う理由です。

ちなみに、厳密には6割ではありません。
標準報酬月額を30で割った金額(10円未端数は四捨五入)が、標準報酬日額となります。その日額の2/3が支給日額となります。
支給日額×休んだ日数(歴日)=支給される傷病手当金です。
例えば、12/1~1/31まで休んだとしたら、12/1~12/3が待機期間となるため、休んだ日数は12/4~1/31になります。休んだ期間は12/4~1/31の間は59日間となります。(土日祝は関係なくカウントします)
例の25万円なら 標準報酬月額が260,000円になりますので、標準報酬月額は8,670円。支給日額は5,780円
5,780円×59日=341,020円が支給されるという計算になります。

下記URL参考までに。東京都の場合の保険料額表です。都道府県によって、保険料額が違うので、ご自分のが知りたければ全国健康保険協会のHPから調べて下さい。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan/13tokyo.pdf

表をみてもらったらわかる通り、自分の総支給額がどこにあたるか見て下さい。
例の25万なら、報酬月額が250,000円以上270,000円未満という所に当てはまって、標準報酬月額が260,000円ということになります。
標準報酬月額を決めるのは、総支給額です。

...続きを読む

Q傷病手当金申請に伴う空白の5日間

傷病手当金の申請-転院による空白期間の証明について教えて下さい。
※経緯(長文で失礼します)

今年1/5(初診日)から「体調不良」で自宅近くの開業医にかかっていました。開業医(以下、A病院)では「不明熱」と言われ、
1週間に1回、点滴通院しましたが、血液検査の結果が芳しくなく大きな病院(B病院)へ詳しい検査を行う為に紹介されました(2/28)A病院での最終診察日が2/28。その際に、A病院からB病院へ予約を取りましたが、B病院の都合で3/6まで予約が取れずでした。A病院にて2/1~2/28の傷病手当金申請書の記入と紹介状の作成をお願いし帰宅しました。2月分の傷病手当金は健保へ提出していますがまだ手当金審査結果が出ていません。
紹介先の病院(B病院)へはA病院からの予約通り(3/6)に受診し3/14と3/17に検査の為3/6の受信日に予約を取りました。
二度目に受診した3/14にB病院へ行った際、「結核」疑いが出ました。
より細かな検査を同日受け、結果は3/17に全て揃うとの事でしたので17日に傷病手当金の記入をお願いしようと考えています
この場合B病院での初診日が3/6で紹介元のB病院の最終診察日が2/28で3/1~3/5はどの医療機関にも掛かっておらず空白の期間となってしまいます。
この場合傷病手当金の申請は支給対象でしょうか。
3/6にA病院で、薬の処方箋を貰っています。
この場合傷病手当申請書は3/1~3/6 A病院の医師に依頼
3/6~3/20 B病院の医師に依頼という事になるのか、3/1~3/6までの空白期間は無視してB病院の3/6~3/20までの申請書の身で良いのでしょうか?
双方の医療機関へ記入の依頼はお願いできるのかもしれませんが3/6が重複するのですが、そこは深く考えなくても良いのかどうかご教授頂ければ幸いです。
個人的には3/1~3/5の空白が出来てしまうと不支給になるのではと不安です。
ご教受の程どうぞよろしくお願い致します。

傷病手当金の申請-転院による空白期間の証明について教えて下さい。
※経緯(長文で失礼します)

今年1/5(初診日)から「体調不良」で自宅近くの開業医にかかっていました。開業医(以下、A病院)では「不明熱」と言われ、
1週間に1回、点滴通院しましたが、血液検査の結果が芳しくなく大きな病院(B病院)へ詳しい検査を行う為に紹介されました(2/28)A病院での最終診察日が2/28。その際に、A病院からB病院へ予約を取りましたが、B病院の都合で3/6まで予約が取れずでした。A病院にて2/1~2/28の傷病手当金申...続きを読む

Aベストアンサー

では、3/6はA病院とB病院には行っているんですね。
書類としてはその日付で提出するのは問題ないかと思います。ただ、3/6はA病院で受診しているわけではないのでそこが保険者の判断になるでしょう。
後は出してみないと何とも。

Q傷病手当金について

傷病手当金を申請している者です。本日会社に書類を提出し来週手術を受ける為、退職しました。傷病手当金の計算方法判ってるよね。と担当者から言われ判っているつもりなので、はい。と言いましたが不安になったので確認の為、教えて下さい。
基本給を30で割った2/3で良いのでしょうか

Aベストアンサー

>公務員ではありません。会社員です。偶々受給している知り合いも会社員

民間の会社員であれば協会健保あるいは組合健保のはずで、協会健保あるいは組合健保の場合は下記のように健康保険法で標準報酬日額の3分の2と規定されている。
公務員は共済組合であり共済組合の場合はそれぞれの共済組合法で規定されているのでこの限りではないと言うこと。

「健康保険法」

(傷病手当金)
第九十九条  被保険者(任意継続被保険者を除く。第百二条において同じ。)が療養のため労務に服することができないときは、その労務に服することができなくなった日から起算して三日を経過した日から労務に服することができない期間、傷病手当金として、一日につき、標準報酬日額(標準報酬月額の三十分の一に相当する額(その額に、五円未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとし、五円以上十円未満の端数があるときはこれを十円に切り上げるものとする。)をいう。第百二条において同じ。)の三分の二に相当する金額(その金額に、五十銭未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとし、五十銭以上一円未満の端数があるときはこれを一円に切り上げるものとする。)を支給する。

経験者はただ経験したと言うだけで、筋道を立てて全体を理解してるわけじゃなく一部をつまみ食いをするように覚えていてしかもそれを我流に解釈しているだけだから鵜呑みにするのは要注意。
このサイトでも経験者がウソやデタラメや間違いを回答することなんて日常茶飯事、質問する方はそもそも知らないから経験者と言う言葉の魔法にかかってそれを真に受けているけど危ない危ない。

それからもっと言えば

>と担当者から言われ

このサイトの回答者にも会社で健康保険や雇用保険の担当者と言うのがいるけどやはり怪しげな回答が結構多い、要するに会社の担当者なんて大企業の専門職でもなければ他の仕事の片手間にやっている連中が多いから素人に毛の生えた程度で無知な連中が多いということ。
だからその担当者も他人に念を押したくせに自分が間違っているという可能性も十分あるかもしれない。

>公務員ではありません。会社員です。偶々受給している知り合いも会社員

民間の会社員であれば協会健保あるいは組合健保のはずで、協会健保あるいは組合健保の場合は下記のように健康保険法で標準報酬日額の3分の2と規定されている。
公務員は共済組合であり共済組合の場合はそれぞれの共済組合法で規定されているのでこの限りではないと言うこと。

「健康保険法」

(傷病手当金)
第九十九条  被保険者(任意継続被保険者を除く。第百二条において同じ。)が療養のため労務に服することができないときは...続きを読む

Q退職日が近いため傷病手当の申請は急いだ方がいいですか?

退職日が近いため傷病手当の申請は急いだ方がいいですか?
現在、休職中(数週間だけ)の者です。
社会保険には1年以上加入しています。
もし休職後にすぐ退職(1日も勤務せずに、休職最終日が退職日。)となった場合、
傷病手当の申請は休職期間中に、済ませる必要がありますか?
その場合は、会社とは郵送で書類のやり取りをして、申請手続きを行えばよいのでしょうか。
退職日までに申請先(社会保険事務所?)まで申請書類を送り終えておく必要がありますか?
そうだとすると、早めに手続きに取り掛からないと間に合わなくなるのではと心配なのですが…
退職後も病状が治まらなければ、継続受給できたらと考えています。

会社側は休職明けは出勤すると思われているため、傷病手当の申請もそれからで良いだろうと
思われているかもしれません。
でも、数週間の休職で治るような病状ではなく、また休職期間の延長も恐らく難しいと思われます。。

このような状況の場合はどうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

退職後も傷病手当金を受給する為には、
健康保険組合の被保険者期間が1年以上
3日の待期期間(有休、無休、会社の休みを問わず会社を休む)があり
4日目以降無給欠勤で
私傷病の為に就労不能
の全ての条件を満たした場合、最大で1年6ヶ月受給できます。
現在すでに無給で、医者より就労不能の証明が貰える状態であるなら、すでに傷病手当金の請求資格があります。
退職、復職に関わらず請求すべきです。
貴方の会社の健康保険組合から、傷病手当金請求書を貰い、自分で記入する所を記入し、医者に記入して貰う所を記入して貰った上で会社に提出して下さい。
退職されるなら、在職中に傷病手当金の請求資格を得ておくべきです。

Q障害者年金を受給したら傷病手当金は返す必要がありますか?

障害者年金を受給したら傷病手当金は返す必要がありますか?

うつ病で2年間休職し、傷病手当金を貰っていました。
今年の9月より復職する事ができ、傷病手当金の受給は終わりましたが、
以前申請していた障害者年金を今年の2月にさかのぼって受給されることになりました。
この場合、2月から8月まで貰っていた傷病手当金は返還する必要がありますか?
傷病手当金と障害者年金は同時受給できないと聞いたことがありまして…。
ご存知の方、ご教示頂けると幸いです。

Aベストアンサー

まず、以下の計算式を頭に入れて下さい。
なお、障害厚生年金や障害基礎年金に加算(配偶者加給や子の加算)があれば、
その加算も含めた額で計算して下さい。

● 計算式

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

ここで「標準報酬月額 ÷ 30」の結果については、
5円未満の端数は切り捨て、5円以上10円未満の端数は10円に切り上げます。
その上で、2/3を掛けます。
2/3を掛けた結果については、50銭未満の端数は切り捨て、
50銭以上1円未満の端数があるときは1円に切り上げます。

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷360

360で割った結果に1円未満の端数が出た時は、その端数を切り捨てます。
障害厚生年金3級のとき(障害基礎年金がないとき)も同様に考えます。
また、先述したように、加算があれば、その加算額も含めてから360で割ります。

次に、具体的な併給調整のしくみです。
以下のとおりとなります。

● 調整のしくみ(傷病手当金の返却)

1)「障害厚生年金の日額 > 傷病手当金の日額」のとき

 傷病手当金は出ない。
 したがって、障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 いままでに受け取っていた傷病手当金は、重複期間分を全額返却。

2)「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」のとき

 重複期間分の傷病手当金については、実際には、
 1日あたり「元の傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」
 しかもらえない。

 言い替えれば、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 1日あたり、
 障害厚生年金の日額の分だけ多くもらい過ぎているわけだから、
 いままでに受け取っていた傷病手当金から
 「障害厚生年金の日額 × 重複期間日数」を返却。

● その他の注意事項

健康保険の傷病手当金を受け取っているときに、
同時に、報酬(給与や賃金)の一部を受け取れる場合があります。
例えば、いわゆる「休職給」などがこれに当たります。

これは「報酬の日額 < 傷病手当金の日額」となる場合で、
「傷病手当金の日額 - 報酬の日額」を傷病手当金として受け取れる、
というものです。

このとき、「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となっていて
同時に障害厚生年金も受け取れる場合には、少しややこしくなります。

このようなときには、
「傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」と
「傷病手当金の日額 - 報酬の日額」とをくらべて、
どちらか額の少ないほうが、実際に受けられる傷病手当金の額となります。
そのため、そのようなときには、
「実際に受けられる傷病手当金の額」を上回っている分の返却が必要です。

● 障害基礎年金だけの受給者は、どちらも満額受け取れます

障害基礎年金だけを受給しているときには、
上記のような「健康保険の傷病手当金との調整」はありません。
障害基礎年金も傷病手当金も、どちらも満額受給することができます。

● 障害共済年金のとき

障害共済年金と傷病手当金との間にも、上記と同様な調整があります。
但し、「障害共済年金の日額」の計算方法が違います。

障害共済年金の日額は、以下の計算式で計算します。
360で割るのではなく、264で割ります。
1円未満の端数が出たときは、その端数は切り捨てます。

(障害共済年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷264

以上の併給調整は、同一の支給理由に対して行なわれます。
したがって、支給理由の異なる傷病(傷病名などが異なる傷病)だったときは、
たとえ支給期間が重複していても、どちらも満額受給できます。
 

まず、以下の計算式を頭に入れて下さい。
なお、障害厚生年金や障害基礎年金に加算(配偶者加給や子の加算)があれば、
その加算も含めた額で計算して下さい。

● 計算式

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

ここで「標準報酬月額 ÷ 30」の結果については、
5円未満の端数は切り捨て、5円以上10円未満の端数は10円に切り上げます。
その上で、2/3を掛けます。
2/3を掛けた結果については、50銭未満の端数は切り捨て、
50銭以上1円未満の端数があるときは1...続きを読む

Q傷病手当申請を退職届を出す日にしたら失礼にあたりますか?

在職中ですが、病気になり先週から休みをとっています。
心療内科でもらった診断書を休む初日に提出しました。

人間関係で心の病気になったのですが、心療内科の先生に傷病手当の説明を受けました。
会社で記入してもらう欄があるみたいなのですが、現在の心境では退職を考えています。
有給は1カ月ほどありますので退職届提出後、1か月くらいは籍があると思います。

経理関係の人たちとの人間関係も病気になった一因でもあるのであまり関わりたくありません。
おそらく傷病手当の話をすると顔色を変えてくると思います。

それで、仕事復帰or退職を決意した場合、前日に電話連絡を入れるように会社から言われています。
退職をする場合、会社へ行ったその日に退職届を持参することになるのですがそうなると傷病手当の書類を依頼するのは失礼だったり無謀だったりするのでしょうか。
籍は有給消化分あるので可能なのでしょうか。
健康保険の会社に電話で聞いてみましたがやはり事業主記入がないとダメだと言われました。

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

No1です。

私も一緒。
会社のことはみじんも考えたくなかった。
だから早く辞めたくて、私なんて休む前に退職届け一回出してるんですから。
でも運良く会社の重席にいたから、引き留められて休職になったんですよ。
今では本当にそうして良かったと思いますから。
で、総務の人とかは、ちゃんと保険事務局とかの講習でそうやってメンタル面での求職者にどう接したら良いかを学んでいるから、休職中に仕事のことで連絡はまず来ないですよ。
ていうか、こないように手配してくれます。
心配だったらその旨を伝えるべき。
今の質問者様の気持ちは、同じような状況だったから痛いほど解るけど、私は「今」辞める事は絶対に勧めない。
病気な状況で転職活動しても絶対に良い結果は生まないから。
通っている病院でも、とっとと辞めちゃって、後でもの凄く後悔している人を嫌ってほど見てきてるから。

Q質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答について

質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答についてですが、

回答番号No.1に、

 >2.「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるとき
 >○ 質問者さんの場合、もしそうならば、「傷病手当金の日額 - 障害
 >厚生年金の日額」を返済する必要があります。

と、ございます。
これがどうも理解力が足りず、理解できません。
これをそのまま計算式にすると、
(例)
   傷病手当金日額(13,000円)-厚生年金3級(約1,700円)=11,300円
を、健康保険組合に変換することになります。
つまり、年金を受け取ると、大損する、ことになりそうです。

一方、傷病手当金を出している健康保険組合は、
 ■「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるときは、
   障害厚生年金を傷病手当金から差し引いた金額を支給する。」
と言っています。
つまり、傷病手当金(13,000円)から年金金額(1700円)を差し引くだけですよ、と言っています。
もし年金が遡及して支給された場合、1700円×傷病手当金支払い日数を健保に
返金すれば良いと思っていたのですが、まちがいでしょうか。

理解力が足りず大変申し訳ありませんが、
よろしければご回答お願いいたします。

質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答についてですが、

回答番号No.1に、

 >2.「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるとき
 >○ 質問者さんの場合、もしそうならば、「傷病手当金の日額 - 障害
 >厚生年金の日額」を返済する必要があります。

と、ございます。
これがどうも理解力が足りず、理解できません。
これをそのまま計算式にすると、
(例)
   傷病手当金日額(13,000円)-厚生年金3級(約1,700円)=11,300円
を、健康保険組合に変...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘のとおりです。
肝心なところをミスしておりました。
たいへん申し訳ありません。正しくは以下のとおりとなります。

――――――

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

例:(協会健保[東京]で21年9月分以降と仮定した計算)
 傷病手当金の日額が13000円となるのは、
 標準報酬日額(= 標準報酬月額 ÷ 30)が19500円のときで
 このときの標準報酬月額は、少なくとも560000円以上になる

――――――

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷360

例:(3級障害厚生年金の最低保障額のみの受給と仮定した計算)
 594200円/年 が最低保障額なので、
 障害厚生年金の日額は1650円になる

――――――

傷病手当金と障害厚生年金を同期間重複して受け取れるときは、
以下のような調整が行なわれる。

1)障害厚生年金の日額 > 傷病手当金の日額
 傷病手当金は出ない。
 したがって、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 いままでに受け取っていた傷病手当金は、重複期間分を全額返却。

2)障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額
 重複期間分の傷病手当金については、
 実際には「元の傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」
 しかもらえない。
 言い替えれば、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 障害厚生年金の日額の分だけ多くもらい過ぎているわけだから、
 いままでに受け取っていた傷病手当金から
 障害厚生年金の日額の分は返却。
 

ご指摘のとおりです。
肝心なところをミスしておりました。
たいへん申し訳ありません。正しくは以下のとおりとなります。

――――――

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

例:(協会健保[東京]で21年9月分以降と仮定した計算)
 傷病手当金の日額が13000円となるのは、
 標準報酬日額(= 標準報酬月額 ÷ 30)が19500円のときで
 このときの標準報酬月額は、少なくとも560000円以上になる

――――――

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年...続きを読む

Q今、傷病手当金を受給しているのですが来月で退職予定です。退職後の手続きは、どのようにして申請していけ

今、傷病手当金を受給しているのですが来月で退職予定です。退職後の手続きは、どのようにして申請していけば良いのでしょうか?
退職時に会社から聞こうとは思っていますが早めに知りたいので詳しい方教えて頂けますか?

Aベストアンサー

退職後も傷病手当金を受給するには、資格喪失日の前日(退職日)までに1年以上の被保険者期間が必要ですが、それは満たしているということでよろしいですか?

退職後の傷病手当金申請は本人と保険者(健康保険組合か協会けんぽ)とで直接行います。
1ヶ月ごとなどの期間を区切って申請書を記入し、医師に「労務不能」の意見書を書いてもらって保険者に提出するだけです。
今までの手続きから会社がかかわる部分だけがなくなります。

1日でも在職中の期間が含まれていたら、会社の証明が必要なので退職日で一旦区切って申請する方がいいですよ。

Q育休直後の病欠、傷病手当金の算定方法は?

初めて質問させていただきます。

全くの無知で申し訳無いのですが…
私は看護師をしています。約1年間の産休・育休を経て昨年10月に職場復帰したのですが、普通に働いていただけにも関わらず、復帰初日から師長のパワハラともいえる不当な扱いを受け、復帰1ヶ月後には『うつ状態』で休職・自宅療養の身になりました。今も復帰の目処は立っていません(休職後も散々私を目の敵にしているような言動が目立つ、と同僚から言われました)。

そこで看護部長の勧めもあり、このたび『傷病手当金』の給付を受けることになりました。
ですが、標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり育児休業給付金の受給のみで、全くの無給です。このままでは傷病手当金を申請しても『0円』になってしまうのではないか?と旦那に言われ、2人で悩んでいます。
保育園代をはじめとする支出額も多く、貯金も底をつきそうです。

こういった場合の傷病手当金は、どういった計算方法で算出されるのでしょうか。やはり、私には傷病手当金を受給する資格は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

標準報酬月額の算定とありますので、医師国保等ではないと仮定して回答させて頂きますね。

育児休業から復帰した後の一月分を元に「育児休業等終了時改定」をされるのではないかと思います。その一月分の出勤日数が17日に満たなければ、保険者算定がされるか改定自体がされないのではないかと思います。
>標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり
これは4.5.6月を指しているのでしょうか?育児休業者には定時決定はされません。更にどんなに低い級になっても0円になるという事はありません。
「育児休業等終了時改定」に関して社会保険庁のwebページURLを参考までに貼っておきますね。

現在でも社会保険料(健保・厚生年金)に関しては自己負担金を徴収されている事と思います。その金額から等級を逆引きされると良いかも知れません。
万が一、社会保険料の育児休業時免除を受けたままだと傷病手当金の申請は無理なので、そこだけは確認してみて下さい(社会保険料の自己負担分に関する記載がないので、そこが少し引っ掛かっています)

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm

標準報酬月額の算定とありますので、医師国保等ではないと仮定して回答させて頂きますね。

育児休業から復帰した後の一月分を元に「育児休業等終了時改定」をされるのではないかと思います。その一月分の出勤日数が17日に満たなければ、保険者算定がされるか改定自体がされないのではないかと思います。
>標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり
これは4.5.6月を指しているのでしょうか?育児休業者には定時決定はされません。更にどんなに低い級になっても0円になるという事は...続きを読む

Q昨年脳出血で休職した際、4ヶ月に渡り傷病手当金を申請し、受給しました。その際用紙にある第 回と欄があ

昨年脳出血で休職した際、4ヶ月に渡り傷病手当金を申請し、受給しました。その際用紙にある第 回と欄があります。今回は気管支炎で有給休暇を超えた10日分を申請しようと考えています。
この場合前回からの通算ではなく気管支炎では初めてである為第1回と記載していいのでしょうか?
それとも前回の脳出血分を通算して5回目となるのでしょうか。
ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

傷病手当金は継続している同一傷病について支給期間が1年6ヶ月間と決まっていますので、別の傷病では扱いが変わります。
ですから、今回は1回目の申請となります。


人気Q&Aランキング