私はぷららのフレッツISDNコース→BIGLOBEの光サービスに
変更しました

変更した日付は正確な数字は不明ですが、BIGLOBEを
5年4ヶ月契約しているため、その前月と思われます。

ぷららには解約を申請するため電話したのですが
「メールアドレスを残せるコースがあるからそちらにしないか?」
という提案があったため、そちらにするようお願いしていました。

しかし最近になって親に初めて請求書を見せられ
ぷららが課金されていることに気づきました
びっくりして電話したところ、履歴が無いため調査する
として調査が開始されたのですが

本日電話があった内容は
「履歴が確認できないため、返金などお受けできかねる」
というものでした。※親が出たため詳細は不明

納得がいく話ではありません

コース変更を承る話になった履歴が無いということ
ならまだ納得の余地はありますが、通話履歴すら
残っていないと言うのです。

私はWEBで無料のコースがあるなんて見たことも
聞いたこともありません

電話で話して初めて知ったのです
信用してコース変更をお願いしたのに、これはあんまりだと
思いませんか

私もこれまで親宛としても、請求書をみてこなかったこと
確実にコース変更されてるか見なかったなどの
不備があるにしても、これ以外に契約がないのに
確実に話した履歴が残っておらず、コース変更を
承ったにもかかわらず変更されていないというのは
先方の不備もおおいにあると思えてなりません

先方としては、当時の担当者の名前を教えてほしい
とのことなのですが
覚えているわけがありません・・・
メモしていたとしてもそんなものとうに捨てています

↑のような場合、どう戦っていけばいいのでしょう?
裁判を起こすしかないのでしょうか?
そうしても裁判を起こすだけの証拠なんてありません。

消費者生活センターに連絡すべきでしょうか?

どちらにしても、証拠がなさ過ぎて負けるのが目に見えているように思えます

デモなき寝入る気はありません。

私宛に明日連絡が着そうなので、そうなったら
下記について話そうと思ってます

 ・確実に電話したこと
 ・無料のコース変更を承る旨説明を受けたこと
 ・これ以外に契約がないのにその旨一切
  履歴が無いのはそちらの対応不備であること
 ・無料のコースがあることは電話して初めて知ったこと
 ・普通に考えて、ISPの接続コースは接続を利用しないのに
  使うことは無いことは理解できるであろう?
 ・接続実績がその間そちらのISPの利用暦が1回でもあるのか?

無茶な話であることは分かっていますが、これ以外に手が無いのです
何かいい方法などありましたら、アドバイスいただければありがたいです。。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ぷららはNTTグループですので、契約種類によっては


NTTから請求が来ます。
5年以上もの間、何故気づかなかったのかが疑問です。
ぷららIDを残したのであれば、それも利用していると
思いますので、そこからでも利用確認が出来たはずですし、
本当に変更になっているかを確認出来たはずです。

物事の契約は書類が原則です。
WEBで申し込んでも、あとから書類で申し込んで
正式申込と言う事もあります。
電話の場合は、誕生日等での本人確認がされます。

通話開示の請求は、裁判所で情報開示請求手続きを行なわなければ
ならなかったと思います。
NTTの通話記録を聞けるのは、警察等の捜査機関だけです。
現在のサポートセンターは、通話録音を行なっていますが、
5年前に通話録音を常時行なっていたのか疑問です。
たとえ録音していたとしても、今のように高度な情報圧縮技術が
発達段階でしたので、年が経つにつれて削除されている可能性が
高いです。

あと、メールが残せるプラン(ぷららライト)に変更した場合、
今まで無料で使えていた一部のサービスが有料になりますので、
それを使えば料金が請求されます。

自宅利用の場合、光に変更した後は、必ずBIGLOBEを経由しての
接続になりますので、IP履歴が残っていれば、自社直接の
IP履歴と総合して予測可能だと思います。

5年の間、何故気づかなかったのか?
(1年くらいであれば、相手も納得出来るかもしれませんが、
5年以上経って、いきなり言われても『企業詐欺』に疑われても
仕方がありません。)

電話解約が済んだあとの、ぷららからの書類を中身を確認
しないまま、家族を含めて処分していないか?
(中身を確認していれば、その案内について再確認が出来ますし、
それが、解約書類だったら尚更です。)

どのプロバイダでも契約が変更や解約になっていなければ、
変更・解約前の契約が生きたままになります。
これは、回線自体を撤去しても継続されます。

NTTぷららとの話し合いが進まないのであれば、消費者センターに
対処方法を聞かれてみれば如何ですか?
    • good
    • 0

解約は口頭でもできます。

というか、自動的に解約になった経験があります。

以前、DION(現au one net)でADSLをしていたのですが、NTT東+BIGLOBEの光通信に変えたときのことです。NTT東にWeb上で申し込み、しばらくして確認の電話が来ました。そのとき、「DIONの解約はお客様がやってください」と言われました。

当然だろうと思い、光開通後にDIONに解約申し込みの電話を入れました。ところがどうでしょう。もうすでに解約したとのこと。NTTからDIONに連絡があり、その時に解約手続きをしたらしいのです。

つまり、私自身が全く関与しないで解約手続きがなされたわけです。数日前から自分で作ったWebページ(DIONサーバの)にアクセスできないので不思議に思っていたのですが、こういうわけだったのです。

ですので、zai1985さんが電話で契約変更が済んだと思ったとしても、あながち間違いとは言えないでしょう。

しかし、それは私が上記のような経験をしているからであって、「契約はきちんとした手続きを踏む」、という心構えは必要です。

たとえば、
>ぷららには解約を申請するため電話したのですが
>「メールアドレスを残せるコースがあるからそちらにしないか?」
>という提案があったため、そちらにするようお願いしていました。

このとき、相手は自分が(ぷらら側で)手続きをするとはっきり言ったのでしょうか。単にこういうコースがあるから変更したらどうか、という意味合いだったのではないでしょうか。

もし、「自分がやる」といったのでしたら、その時「私の名前は○○です」と相手が言ったはずです。何かの依頼を受けたときには、必ず自分の名前を相手に伝えます。これは業務上の常識です。それをメモしなかったのは、あなたの落ち度です。

裁判をしても、取り返せる金額はわずかです。判決が出るまで時間もかかります。その間、不愉快な思いをするより、さっさと正規の解約手続きをとり、縁を切った方が精神衛生上いいかもしれません。

ぷららがこういういい加減な対応をすることを教えてくれたことに感謝します。私も折に触れてこのことをほかの人に教えます。また、この質問を見た人もたくさんいると思います。そういうことを通して、ぷららには反省してもらいましょう。
    • good
    • 0

先方の担当者は覚えてない⇔でも履歴がない先方を問う。



残念ながらご自身の不備を差し置いて相手を問うのは難しいでしょうね。
ご自身の不備を解決せずに勝つ(って言葉が適切かどうか判りませんが)には相手が折れる事だけでしょう。
でも相手の不備をご自身も記憶のみで証明出来きないにも拘らず、
先方が『折れてくれる』という事は、
先方がご自身に何の証拠の無いまま譲ると言う形になります。
それは結果クレーマーに近くなっちゃいますよ。

それで良ければ消費者センターでしょうね。
裁判やったって時間と労力使うだけです。
それに勝てないでしょうしね。
    • good
    • 0

>ぷららには解約を申請するため電話したのですが


「メールアドレスを残せるコースがあるからそちらにしないか?」
という提案があったため、そちらにするようお願いしていました。

契約と解約は「口頭」ではできないと言うことに尽きますね。
社会的な常識を身につけましょう。

契約変更したならば必ず「申込書」若しくは「契約書」などが存在します。

契約は一方だけではできませんね。
    • good
    • 0

気持ちはわからんでもないですが



そもそもコース変更含め全ての手続き変更は
電話の口頭だけで出来ません
(書類提出かWEB経由で申請が必要です)
そんなんやったら今回のような言った言わない
の水掛け論の話が続出します

それにNTTじゃないのですから電話の履歴なんて
取ってないのが普通じゃないですかね
(質問者さんだって無いですよね)

泣き寝入りというか基本的な解約手続きを
把握してないあなたに責任があると思いますよ

幾つかを個別に書けば
・普通に考えて、ISPの接続コースは接続を利用しないのに
 使うことは無いことは理解できるであろう?
それはあなた個人の話
接続して無くても契約残してる人はいます(私も残してます

・接続実績がその間そちらのISPの利用暦が1回でもあるのか?
利用があろうが無かろうがISP側は知った話ではありません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報