こんにちは。

映画館で映画を観ていると、
エンドロールが終わって客席が明るくなるまで
席に座っている人が結構います。
海外の映画館ではどうなのでしょうか?
国によって違いはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昔、ロスアンゼルスの映画館で、大ヒットした人気映画を見に行った時の事、人気映画ですので会場は超満員でした。



そして映画は無事終了しましたが、お客は帰らずそのままスクリーンを見つめていました。そしてエンドロールの最後に「カミングスーン!○○○○パート2」と出た瞬間に会場からは大歓声が沸き起こりました。

やっぱり映画の本場、ハリウッドの映画ファンは見ているところが違うなと感心しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

おお、何だかカッコイイですね。
そんな風に観客が皆心から映画を楽しんでいる雰囲気って
日本ではあまりないのかもしれないですね。

お礼日時:2009/05/16 00:20

イギリス・ロンドンとオランダ・ロッテルダムで映画を何度か観ましたが


エンドロールになると同時にほとんどの人が席を立ってしまってました。
最後まで観たいわたしは明るくなるまで座ってましたが
気がつけば最後に独りになってました(苦笑)
せっかちな人が多いんでしょーか?よく分かりませんけど・・・

この回答への補足

回答を下さった皆様、
ありがとうございました。

補足日時:2009/05/22 16:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

イギリスとオランダの人々は
エンドロールに興味がないのでしょうか?
なかなか興味深いですね。
ありがとうございました。(^ー^)

お礼日時:2009/05/19 00:59

香港旅行でときどき映画館に行きます。

前出の北京と同様です。
エンドロールが始まるとすぐに係員が出口のドア(入り口と出口が異なります)を開き、観客も立ち上がってさっさっと出て行きます。照明は一応最後まで消えていますが、ドアが開いていますから明るくなります。最後まで座っていると、係員の「早く出て行ってよー」の視線が刺さります。。。
シンガポールも同じでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本でもエンドロールが始まると出入り口のドアを
係員が開けますね。
エンドーロールを最後まで観て余韻に浸りたいという人は
中国で映画を観ない方がいいかも(笑)

中国では、かの大作「タイタニック」のクライマックスシーン
(船体が真っ二つに割れて乗客が海に落ちるシーン)で
大爆笑が起こったという噂を聞いたのですが、
ご存知ないでしょうか?
質問とは関係のない話ですけど・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 20:16

こんにちは。



フランスに在住経験があり、年間20~50本くらい映画を見ました。
その後も訪れる際には映画館に足を運びますが、私の漠然とした印象では最後まで座っている観客は日本よりやや少ないような気がいたします。
アジアの映画などではクレジットが読める人がほとんどいないこともあってか、早々と出てゆく人が多数派です。

私自身は他の観客の動向は(前の座席の人が立ち上がってそこで話でもし始めない限り)まず気にならないのですが、エンドロールが始まった途端にドアが開いて、私の家族を除く全員が出て行ってしまい、薄明るくなったかと思うと劇場係員が入って来て忘れ物(危険物?)の点検をさっさと済ませ、次の回の観客が何人も入ってきたときはちょっと居心地悪く感じました(上映されていたのはアメリカ映画だったと思います)。

もしかしたら映画館によっても、また上映時刻によっても、傾向に違いがあるのかもしれませんが、そのあたりの事情はわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>もしかしたら映画館によっても、また上映時刻によっても、傾向に違いがあるのかもしれません

日本では所謂「芸術性が高い映画」ほど、
エンドロールを最後まで観る人が多い感じがします。

お礼日時:2009/05/15 17:14

同じ米国でも地域によって事情が違うようです。


私が以前住んでいたシリコンバレーあたりだと、広い敷地のショッピングモール内の映画館がほとんどなので、車の渋滞を気にする必要がないためか、多くの人がエンドロールの後半まで席に座っていた印象があります。
現在は北京に住んでいますが、こちらではエンドロールが始まったとたんに場内の照明がつきますし、エンドロールの最後まで座っている人はほとんどいません。全般的にみんなかなりせっかちですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>エンドロールが始まったとたんに場内の照明がつきますし、エンドロールの最後まで座っている人はほとんどいません。全般的にみんなかなりせっかちですね。

余韻も何もない感じですね(笑)
大雑把というか大陸的というか。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 17:05

こんにちは。

アメリカ在住16年になる者です。

アメリカでは二通りに別れ、映画が終わった瞬間(エンディングテーマが始まるか始まらないか位の時)にさっさと映画館を出てしまう人もいれば、最後の最後まで残ってる人もいます。

映画館をとっとと出て行きたい人と言うのは、車の渋滞を避けるためが殆どです。アメリカはニューヨーク以外は略車社会なので、他の人と一緒に映画館を出ると、映画館の敷地から出るまでもかなり時間がかかってしまうのです。

映画館に最後まで残っている人と言うのは、たまに(特にコメディに多い)エンドクレジットが終わった後に、すこしだけおまけのシーンを付ける事があり、それを見逃したく無いから残っている、と言うのが大半ですね。続きがある映画だったりすると、最後の最後で次の映画に繋がる様な予告っぽい感じのシーンも足されたりする場合があるので、それを逃したくないのでしょう。

参考にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
車の渋滞を避けるためというのは
アメリカならではの理由ですね。
日本では「おまけ映像」があるかも・・という理由のほかに
「最後まで観るのは映画(と製作者)に対する礼儀である」
「エンドロールを含めてひとつの作品だから最後まで観る」という人や
「まだ観ている人がいるのに席を立つのはマナー違反」という
考え方もあるようです。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 07:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の原発の危険度って、海外の100万倍ですか!

日本の原発の危険度って、海外の100万倍ですか!

手抜き管理と、地震分で。

Aベストアンサー

世界でただ一つ、自然災害を契機として原発大事故を起こした日本ですからね。
それに加わってる、手抜き調査、手抜き建設、手抜き点検、手抜き報告、手抜き誤魔化し運転。無責任体質。
自然災害と人災の複合災害です。世界でただ一つ。100万倍どころか海外に比して「無限倍」の危険度ですね。ゼロ対1の比率は無限大だし。これからも巨大事故は起こりますんで。
だがあの中国でさえも、あの韓国でさえも、大事故は起こってません。

世界最大の地殻変動大国。それが日本です。地震と火山。地震にはツナミも、火山には巨大カルデラ噴火も。
無責任体質でも世界のトップを独走中。あの原発大事故の責任をだれも取りません。ということは、また起こりますよね?

今の規制基準は、「日本の原発は巨大事故が起こる」という前提の下で組み立てられてます。巨大事故が起こる原発なんて、怖くてそばには住めませんよ。
やむを得ずそばに住む人は、事故が起こった時の復讐方法や補償の受け方を検討しておくのが良いと思います。

Q映画館で映画を観ると、途中で気分が悪くなり吐いてしまいます。

映画館で映画を観ると、途中で気分が悪くなり吐いてしまいます。
小学生の頃、近くに映画館がなかったので、年に1度くらい、
暗幕を張った家庭科室で映画鑑賞の時間がありました。
私は必ず途中で気分が悪くなるため、4年生頃からは先生の配慮で、
廊下に椅子を置き、ドアを10cmほど開けてもらい外から映画を観るか、
もしくは教室で一人だけ読書をしていました。

中学になり始めて映画館へ行った時も、その後数回映画館へ行った時も、
やっぱり途中で気分が悪くなりました。

映画館へ行く時には、自分のその症状のことはすっかり忘れていて、
気分が悪くなってから思い出します。
また、特に暗い場所が怖いとか、閉鎖された空間が苦手とか、
そういう自覚は全くありません。
映画館以外で気分が悪くなることもありません。
テレビで映画を観るのは全然平気です。

誰に話しても信じてもらえないのですが、
同じような方はいらっしゃいませんでしょうか。

また、原因や対処法などご存知であれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
知り合いにそういう人がいました。
映画館に行くと、気分が悪くなり一度は必ず席をはずすそうです。
「映画酔い」や「映画 頭痛」で検索すると
結構出てきますよ。

Q海外旅行 空港のトイレでの危険度

海外旅行はたまに行く程度だし、比較的に治安のいい国にしかいったことがないのですが、先日友人と話していたら、
「海外の空港のトイレってゲイの発展場」だとか「(男女問わず)レイプされる可能性が高い」と言われました。どこの国かと聞いたのですが、治安の悪い国に多いと言うのです。
本当にそんなことがあるのでしょうか?日本人でそういう危険な目にあった方って周りにいますか?友人にからかわれてるのでしょうか?

Aベストアンサー

>「海外の空港のトイレってゲイの発展場」だとか「(男女問わず)レイプされる可能性が高い」と言われました。どこの国かと聞いたのですが、治安の悪い国に多いと言うのです。

どこの国の話しですか?治安の悪い国こそ、表玄関である空港には、警備、セキュリティーが、徹底してます。たとえば、比較的治安が良くないとされている某アジアの国の国際空港では、空港ビルに入る時、パスポートと航空券を見せないと入れなかったです。世界数十ヵ国の空港を利用しましたが、トイレでレイプ?ナンセンスです。そのお友達にバカなことを言いふらすのは、やめるように言って下さい。空港のトイレの話し、その根拠はなんですか?

もちろん、海外の空港のトイレと限定しなくても、世界のあらゆるところ(どこでも)強盗、レイプは、発生するでしょう。日本でもしかりです。そんなこと心配せずに旅行を楽しんでください。

Q映画館についての質問。 映画館のドリンクは氷なしをお願いしたらしてくれますか? ひざ掛けは何月まで用

映画館についての質問。

映画館のドリンクは氷なしをお願いしたらしてくれますか?

ひざ掛けは何月まで用意されていますか?
誰に言ったら貸してくれますか?

Aベストアンサー

氷なしでといえばしてくれます。
今月はまだひざ掛けありましたよ。貸してくれると。
シアターに入る前に係員がいますから、その人に言えば貸してくれますよ。

Q地域危険度が高い(東京)

こんにちは。
私が引っ越そうと思っている場所が東京の災害の地域危険度が高い所でした。
「建物倒壊危険度 火災危険度 避難危険度 」がどれも4とか5で、総合危険度が5でした。
建物倒壊や火災危険度は古い木造家屋が主だと聞いたのですが、それなら建って間もないマンションなら大丈夫なのでしょうか?
火災旋風が起きそうな木造家屋に囲まれていなければ大丈夫なのでしょうか?あまりよくわからないのですが、火災旋風が起きると、そんなに広範囲に渡って周りの酸素を取ってしまうのでしょうか?

避難危険度が高くても、そのマンションが大通りに面していたりすればそのマンション自体の避難危険度は下がるのかなと思ったのですが。

あと、関東大震災の時に火災旋風が避難場所を襲って犠牲者がたくさん出たとテレビで言っていたのですが、地域危険度のリストは火災旋風の事も踏まえて作ってあるのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

地域危険度、気になりますよねー! 以前、防災関係の仕事しました。

建物倒壊危険度は地盤の良し悪しで決まります。なので、耐震性の高い建物なら大丈夫です。建って間もないマンションなら(よほど施工が悪くない限り)大丈夫でしょう。
火災危険度は木造密集地域であるかどうかです。なので、これも耐火性の高い建物なら大丈夫そうですけど、周りが燃え盛ってしまったらちょっとコワいですよね…
避難危険度は、避難所までの距離と、そこに住んでいる人口によります。
これらの危険度が高くても、新しいマンションで、避難所に通ずる大きな通りに面していれば万が一大地震が起こっても逃げることはできます。危険度は丁目単位で出してますから、木造密集地域が大半の一角に建ったマンションなどでは、危険度が高くても実際はさほどでない、というところも出てきてしまいます。

これらの危険度の算出に火災旋風は踏まえていないとおもいます(少なくとも前回までの危険度では)。

危険度はあくまで目安ですから、実際住もうかな、と思っているところを目で見て、避難所とそこへ通ずる避難路を確認して、ご自分で「逃げられる」と納得できれば、数字をそこまで気に病む必要はないかな、と思いますが。

参考URL:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_5/home.htm

地域危険度、気になりますよねー! 以前、防災関係の仕事しました。

建物倒壊危険度は地盤の良し悪しで決まります。なので、耐震性の高い建物なら大丈夫です。建って間もないマンションなら(よほど施工が悪くない限り)大丈夫でしょう。
火災危険度は木造密集地域であるかどうかです。なので、これも耐火性の高い建物なら大丈夫そうですけど、周りが燃え盛ってしまったらちょっとコワいですよね…
避難危険度は、避難所までの距離と、そこに住んでいる人口によります。
これらの危険度が高くても、新しいマ...続きを読む

Q何年か前に、映画館で映画を見終わって、次の上映時間までいると何度も映画を見れるというのを聞いたことが

何年か前に、映画館で映画を見終わって、次の上映時間までいると何度も映画を見れるというのを聞いたことがあるのですけど、それって本当ですか?

Aベストアンサー

他の方の回答にある通り、入れ替え制でない映画館ですね。

今は映画館の大半がシネコンです。シネコンでは上映が終わるたびに場内にいる観客全員を外に出させます。そして場内清掃などをした後に、次の上映の観客を呼び込みます。これを「入れ替え制」と呼びます。

シネコン普及前の時代に、全席指定席ではない映画館では、次の回も上映作品が同じならば入れ替えは行われない映画館が殆どでした(都内中心部などなら2000年代半ば頃までですね)。

今でも都市部にある名画座(ちょっと前の映画を二本立てで上映する映画館など)は入れ替えなし、全席自由席の映画館が殆どですね。一度足を運んでみてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E7%94%BB%E5%BA%A7
http://blog.goo.ne.jp/situationnormal/e/5e763dfdb3862a6681ca9d8e37f7618d

Qウィルス、危険度とダメージの違いは?

あるウィルス(Mytob)は、危険度が低、ダメージが高、感染力が高と書いてありました。
感染力の意味はよくわかりますが、ダメージが高いのに、危険度が低いという意味がよくわかりません。ダメージが高ければ、危険だと思うのですが……。

危険度とダメージのちがいを教えてください。

Aベストアンサー

ウィルスMytobについては、判らないので調べてみました。

調べてみると、

>大量のウイルスメールを送信して感染を拡大するワーム型ウイルス。
>マイクロソフトが「MS04-011」として公開したLSASSの脆弱性を利用し、
>ネットワーク経由で他の感染も試みる。

つまり感染経路が、
OSの脆弱性であるセキュリティーホールである部分と
メール経由であるという事が伺えます。

Mytobが発見できたと言うことはウィルス駆除ソフトが入っているという事になるので
ウィルス駆除ソフトがあり、ルーターなしのセキュリティソフトが無しと考えれば

例えば、ルーターやセキュリティソフトが無ければ
守ってくれるのはOSだけになるので、これが今回、脆弱性をつく訳ですから

ウィルスソフトが入っていたとしても
OSの脆弱性から感染する可能性が高いといえます。

つまり『感染力が高』ですね。

次に、このウィルスの活動は、メールによるウィルス拡散を狙いますから
感染したマシンから、それらを試みます。

この程度であれば、『危険度が低』でしょう。

しかし、『ダメージが高』とあるのは、恐らくこの部分でしょう

>Symantecによれば「W32.Spybot.Worm」と呼ばれるボット型ウイルスの機能を持ち、
>特定のIRCサーバーに接続して外部からの命令を待ち、
>命令を受けると他のプログラムをダウンロードして実行するといった動作が特徴だ。

遠隔操作ぽいことができてしまっているので、
削除されるとかなると、その被害を考えるとダメージとしては高い部類になります。

しかしながら、遠隔操作をされればという前提だと思うので
されなかったらの場合もありえるだろうから、
『ダメージが高』とするものの『危険度が低』なのでしょう。

また、あるタイミングで遠隔操作をされるときに、
セキュリティソフトを入れたとか、ルーターを入れたとか、WindowsUpdateを行ったとかで
状況が変わった場合、遠隔操作を外部から試みようとしても
脆弱性を狙えなくなった場合、その操作は無効になります。

そうなると、メールのみの拡散だけになってしまうので
『危険度が低』になり、しかし対策をせずに遠隔操作をされると『ダメージが高』となるのでしょう。


まぁーだからこそ、対策をせよという教訓あるいはウィルス駆除ソフトを買いましょうという
雰囲気を漂わせつつ、しかしながら新種ウィルスが出たことを警告する
こういう記事なんかもあるんじゃないでしょうか??

それらを知らない・知っているにも関わらず、なんの対策も行わず放置しているようであると
一般的には『危険度が低』ても『ダメージが高』と『感染力が高』なのでちゃんとすべきですね。


例えば、子供が風邪にかかるのは、抵抗力が弱いので
相対的に考えるとこれは『感染力が高』ですよね?
でも単なる風邪だからちゃんと病院に行って薬をもらえば問題ないわけで
それに誰しもかかる風邪だから『危険度が低』

しかし、そのことを軽く見たり、忙しいといって子供を放置し
何の抜本的対策もしないとすればどうでしょうか??
最悪、肺炎になったりして大変なことになりませんか?
とすればこれらは『ダメージが高』でしょう。
(絶対に肺炎にならないのであれば『ダメージが低・中』だとおもいますけどね)


ダメージとは、実際に被害をこうむったら、どの程度かをしめしている筈で
感染力は、感染力のまぁー能力の高さですよね。危険度は危険度(うーん説明になってないかも)

多分、そんな感じで評価づけされていると思いますよ。

参考URL:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/03/28/7018.html

ウィルスMytobについては、判らないので調べてみました。

調べてみると、

>大量のウイルスメールを送信して感染を拡大するワーム型ウイルス。
>マイクロソフトが「MS04-011」として公開したLSASSの脆弱性を利用し、
>ネットワーク経由で他の感染も試みる。

つまり感染経路が、
OSの脆弱性であるセキュリティーホールである部分と
メール経由であるという事が伺えます。

Mytobが発見できたと言うことはウィルス駆除ソフトが入っているという事になるので
ウィルス駆除ソフトがあり、ルーターな...続きを読む

Q「パッチギ ラブ&ピース」で映画館133館がロングラン契約を中止する理由は?

映画関係ニュースで「パッチギ」をチェックすると
「大反響!どの映画館も満杯、売り上げ前作の2倍に!」
という絶賛するニュースばかりだったので、
休日に「パッチギ ラブ&ピース」を見に行こうと思い、
どこの映画館で上映しているのかと調べてみると、なんと、すでに133館がロングラン契約を中止して、上映中止になっていた。

「パッチギ」は以前から黒い噂のある映画だったけど、何があったのですか?
どの映画館も満杯で、売り上げが前作の2倍だったら、133館がロングラン契約を中止するのは、おかしいですよね?
朝鮮総連関係ですかね?

Aベストアンサー

この映画が、前作にも増してどちらかというと在日の人の視点にたった、あるいは在日寄りの描き方だ(という見方の)声があちこちで挙がっていることが要因でしょうか。過激な言い方をされる人は「国辱映画だ」などとも発言しています。
質問者さんが言われているとおり、朝鮮総連関係というのもあながちあてはまるかもしれません。「在日」というと、韓国系よりどちらかというと「北」関係を指す場合が多いようですし。
また、先日のカンヌ映画祭帰りの北野武監督の発言http://entertainmentjapan.blog98.fc2.com/blog-entry-121.html
の影響もあるかもしれません。

Q『たけしのこんなはずでは』地震危険度・火災危険度(東京)

先程テレビの『たけしのこんなはずでは』でやっていたのですが、東京の地震危険度や火災危険度のランキング(ランキングではなくて危険度だけでも)は、どこで見れるのでしょうか。
5年位前にも雑誌のサピオか何かで特集していたのを見た覚えがあるのですが、その頃住んでいた地域の部分しか見なかったし、これから引越をする予定なのでもう一度見たいと思っています。
本でもサイトでも良いので教えて下さい。

Aベストアンサー

番組でも紹介されていた、地盤等を含めた建物倒壊危険度を町丁目ごとに表示したパンフレット「あなたのまちの地域危険度」は都民情報ルーム(都庁第一庁舎3階)で販売しているようです。
http://www.koho.metro.tokyo.jp/koho/2003/01/kiji/hinan.htm

東京都のサイトに「東京都地域防災計画 震災編」があります。
資料編第2部の「第30 地震に関する地域危険度(都都市計画局)に地図があります。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/04saigaitaisaku/tiikibou015/betsu_index.htm

洪水ハザードマップ
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/oshi/infn0126.htm

参考URL:http://www.koho.metro.tokyo.jp/koho/2003/01/kiji/hinan.htm

Q映画館で上映される映画

全国ロードショーと言っていても都市部の映画館でしか上映していなかったりする場合が多いんですが、映画館で上映される映画はどのようにして決まっているんですか?

Aベストアンサー

映画が映画館で上映されるまでの興行システムには大きく分けて三つの段階があります。
1.まず製作会社が映画を製作します。
2.配給会社がその映画を配給します。
3.映画館を経営する興行会社が配給会社を通して自社や系列各社の映画館で上映する。

ということで一部の興行会社は製作や配給も手がけているところもあるのですが、映画館の大半は配給会社と協力して上映する映画を決めます。
ですので大手の配給会社は地方の映画館へ「うちの映画を上映してよ」と”営業”することも多々あり、まあゴルフ接待とか、食事会とか、いわゆるごく一般的な企業とその関係会社との取り持つ間柄に似ているところもあります。

またブロックブッキングといって東宝や東映などの直営館は、親会社が製作した映画を必ず上映することになります。どう見てもヒットしそうもなくっても上映することになります。
これに対してフリーブロッキングというのがあり、映画館の持ち主が配給会社と交渉したり、あるいは配給会社の方から持ちかけられたりして、どんな映画を上映するか決めるという興行システムもあります。

ミニシアター系の映画ですと配給会社が「この映画は渋谷のあの映画館で上映するのが一番ヒットしそうだ」ということでその映画館を所有している興行会社と交渉して上映を決めることが多いです。
大ざっぱな考えですけど、若い人に受けそうな内容ならば渋谷のシネマライズとか、ちょっと芸術嗜好のある映画でOLや年配層の客を狙うならば、日比谷のシャンテシネとか渋谷の文化村のル・シネマとか、どの映画館もこれまでの上映作品や雰囲気から生ずるカラー(特色っていった方がいいのかも?)を持っているんです。
映画館側も過去にどんな作品を上映したのかは、その映画館の”歴史”にもなりますんで。

大手配給会社が配給するメジャーな映画以外は、全国ロードショーとっても主要都市のみでの上映が多いです。
ただ最近はシネコンが増えているので、地方のシネコンでも単館系作品を
一日に一回だけ上映している、ということもあるようです。

映画が映画館で上映されるまでの興行システムには大きく分けて三つの段階があります。
1.まず製作会社が映画を製作します。
2.配給会社がその映画を配給します。
3.映画館を経営する興行会社が配給会社を通して自社や系列各社の映画館で上映する。

ということで一部の興行会社は製作や配給も手がけているところもあるのですが、映画館の大半は配給会社と協力して上映する映画を決めます。
ですので大手の配給会社は地方の映画館へ「うちの映画を上映してよ」と”営業”することも多々あり、まあゴルフ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報