ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

In summer there isn't the least rain in that part of the country. 夏になるとその地方にはちっとも雨が降らない.

と、訳が載っているのですが、isn'tなので、その地方は雨が最も降らない地域ではないという感じの意味になると思うのですが、何故そうはならないのでしょうか?

後、
Least said, soonest mended.
《諺》 言葉少なければ災い少なし, 「口は災いのもと」.

という文があるのですが、これは、言葉は最小に、速やかに改めよって感じの意味な気がするのですが、何故口は災いのもとのような意味に訳されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直訳してみてもわかります。


「夏には(in summer)、存在しない(there isn't)、最低量の雨も(the least rain)、には(in)、その国のその部分(that part of the country)」
転じて
「夏になるとその地方には、ほんの少しの雨ですら、存在しなくなる」
これを自然な日本語にすると
「夏になるとその地方にはちっとも雨が降らない」
です。

「there isn't~」は「~はそこに無い/~は存在しない」という意味です。「~」にあたるのが「the least rain」です。ちなみに、「その地方は雨が最も降らない地域ではないという」と言いたい場合は、「That part of the country isn't the area that has the least rain.」となります。

諺についても#1欄のご回答にあるとおりで、直訳すると「最小の言葉が言われ(れば)、速やかに改められる」です。「言葉は最小に(言え)、速やかに改めよ」という命令文を言いたい場合は「Say least, mend soonest.」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました、皆さん有り難うございました。

お礼日時:2009/05/16 01:20

> In summer there isn't the least rain in that part of the country.



http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=least …

上の "not the least" の解説にあります。
"least" に強勢を置くと、"少しも ... ない" という意味になります。

> Least said, soonest mended.

"If the least is said, it will be mended the soonest."
"said" も "mended" も過去分詞形です。
"速やかに改めよ" ではなく "事態は速やかに改められる" という意味です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthere is goingとはどういう意味?

There is going to be a new employee orientation next week, isnt it?
とあるんですが、there is a bookというような形しか知らないんですが,このthere is going とはどういう状態なんでしょうか?
他にもこれをつかった表現などはありますか?

Aベストアンサー

There is の未来形と言えば分かりますか。there is going で切るから分からなくなるのです。

未来形には will を使うのと be going to を使うのがあります。will と be going to ではニュアンスの差があることもありますが、細かいことを抜きにすれば there will be「~があるだろう」と there is going to be は同じです。

>there is a bookというような形しか知らないんですが

これを未来形にすれば there is going to be a book となります。

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

QI must go now. とI must be going now

I must go now. とI must be going now. との違い。

Agatha Christie の推理小説(Murder is easy)の一節で、街角で立ち話をしている男女のうちの女性が、別れる時に、

I must be going now.

と言う場面がありました。私なら、I must go now. と言ってしまうような気がします。

女性は「若くて魅力的」で、男性は年金をもらっている元警察官です。

I must be going now. と I must go now. との違いを教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

# feel someone must be going mad
(人)は気が変になっていると思う[感じる]
# I must be going now. ; I've got to go.
もう行かなくては。/これで失礼します。
# I think I must be going now.
このへんでそろそろ電話を切らなければ。
# I'm afraid I must be going now.
残念ですが私はもうおいとましなくては。
# I'm afraid I must be going.
申し訳ないのですが、もう行かなければ。/悪いけど、もう行きます。
# I've just remembered something important I have to do. I must be going.
大切な用事を思い出しました。帰らなくっちゃ。
# Please excuse me. I really must be going now.
楽しかったのですが、もう失礼しなければなりません。


# I must go now otherwise I'll be late.
もう行かなきゃ。そうでないと、遅刻する。
# I must go study now but I will ring you soon.
今から勉強をしなくちゃ。でもすぐに電話するよ。 全文表示
# I must go to the bank and get some money this afternoon.
今日の午後、銀行へ行ってお金を少しおろさないと。
# I must go to the ladies' room.
女性用トイレに行かなきゃ。
# I must get dressed and go.
服を着て行かなければならない。
# I must be going now. ; I've got to go.
もう行かなくては。/これで失礼します。

英じ郎でしらべてみると、会話を打ち切ったりして去る時に
可也使われてますね。I must goも使われていますが、
訳やシチュエーションてきにはmust be goingが、丁寧そうな
感じをうけます。I must goはそれに比べてカジュアルな
かんじがします。
must be goingのほうが控えめというか丁寧なんではないでしょうか。

参考URL:http://eow.alc.co.jp/must+be+going/UTF-8/,http://eow.alc.co.jp/I+must+go/UTF-8/

# feel someone must be going mad
(人)は気が変になっていると思う[感じる]
# I must be going now. ; I've got to go.
もう行かなくては。/これで失礼します。
# I think I must be going now.
このへんでそろそろ電話を切らなければ。
# I'm afraid I must be going now.
残念ですが私はもうおいとましなくては。
# I'm afraid I must be going.
申し訳ないのですが、もう行かなければ。/悪いけど、もう行きます。
# I've just remembered something important I have to do. I must be going.
大切な用...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q“Even Homer sometimes nods.” とは?

“Even Homer sometimes nods.” は、「弘法も筆の誤り」との事ですが、

1.“Homer” とは誰ですか?
2.“nod” は「うなずく」の意味だと思うのですが、なぜHomerがうなずくと失敗なのでしょう?

Aベストアンサー

Homer はホメロスです。
nod は「うなずく」ですが、ここでは「居眠りをする、こっくりこっくりする」といった意味。ホメロスの作品にさえ、居眠りしながら書いたような部分がある、ということだそうな。aliquando bonus dormitat Homerus の英訳ですね。大きめの英和辞典を引けば出ていますよ。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Qtake care of とlook after ?

 NHKラジオ英会話講座より
いつもお世話になります。「take care of」 と「look after」 はどちらも「~の世話をする」と辞書にはあります。
(質問)全く同じように使ってかまいませんか?
She takes care of her kids./She looks after her kids.
(彼女は子供の世話をする)
Take care of yourself./Look after yourself.
(お体をお大事に)
 「言葉が違えば意味も違う」と言います。使い分け、使い方の違い、フィーリングの違い、があれば教えて下さい。 以上

Aベストアンサー

なかなか難問ですね。
(1) 親身に家族や病人の面倒を見る時は look after を使います。
(2) take care of はビジネスライクに(客観的に距離をおいた感じで)課題や仕事を処理するときに使います。あるいは犬の世話、自分自身の世話など。敢えて言えば「処理する」という感じに近いでしょうか。(この意味に look after も使えますが)

病気になった老人の面倒を見ると言う時に(差を強調して言えば)
I'll look after her. = 私が病人のめんどうをみますよ。
I'll take care of her. = どこか彼女を入れる施設を探してあげるよ。
といったほどの違いがあります。

最近殺人事件のニュースが多いですね。「この死体をどうしよう」と言われて I'll take care of it. と言ったら、死体遺棄を請け負うことになります。

Qsome と some of the の違いは?

タイトルどおりです。
some と some of the の違いは何なんでしょうか?

some children と some of the children は意味が違うとネットで言われたのですが、
説明を受けても良く分かりませんでした。

分かりやすく教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

some children は、特定の対象に限定しない 「幾人かの子どもたち」 です。一般的な子どもをイメージしています。

それに対して some of the children は、the children というふうに the (定冠詞) を用いていることからも分かるように、対象を 「その子どもたち」 に限定しています。まずある限定された 「子どもたち」 を定義する文があり、「その子どもたちの中の何人かは」 と文が続いていく場合に用いられるものと考えればいいと思います。

Qhardly と hardly ever

I've hardly worn it とI've hardly ever worn it は違いはありますか?

いまいちhardly とrarely(もしくはhardly ever)などの違いが判りません、前者は程度で後者は頻度なんでしょうか??

I hardly watch TV とはいいませんか?

Aベストアンサー

>I've hardly worn it とI've hardly ever worn it は違いはありますか?

はい(ほんの少しだけ)
I've hardly worn it. だと単に「それあまり着てない」という事実を表す感じ
I've hardly ever worn it. だと、「(ずっと長い間)着てない」という少し"気持ち"が入る感じ
ever というのは"強調"と一括りで覚えていいと思いますが、質問の例文で考えれば、I've hardlyという部分の完了形で表される「ある一定期間」を強調してます
ただ、この"強調"がどの程度かについては、文脈や受け取る人の感覚によって違うと思います

hardlyとrarelyの違いは、この質問の例文においては、結果として、意味としてはあまり違いはないと思います
ただ、rarelyは"not very often"という意味であり、頻度がほとんどないことを表す単語ですが

hardlyは "almost (no, none, not)"という意味なので、いろんな場面で使えます
この単語の意味の覚え方は、他に、"very (unlikely, unreasonable)"「そういうことは(あり得、考えられ)ない」と考えていいです
そうすると、日本語で理解したとしても、英語の使い方にうまく合わせた理解ができます
There's hardly any tea left.
I could hardly believe it.
(Oxfordより)

>I've hardly worn it とI've hardly ever worn it は違いはありますか?

はい(ほんの少しだけ)
I've hardly worn it. だと単に「それあまり着てない」という事実を表す感じ
I've hardly ever worn it. だと、「(ずっと長い間)着てない」という少し"気持ち"が入る感じ
ever というのは"強調"と一括りで覚えていいと思いますが、質問の例文で考えれば、I've hardlyという部分の完了形で表される「ある一定期間」を強調してます
ただ、この"強調"がどの程度かについては、文脈や受け取る人の感覚によって違うと...続きを読む


人気Q&Aランキング