人気雑誌が読み放題♪

静岡県御殿場市にある二岡神社が、「七人の侍」のロケで使用されているとの記事を読みました。何度か映画を見ているのですが、どの場面かがわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

二岡神社近くの林の小道は、久蔵と五郎兵衛が勘兵衛の指示にしたがい、野武士を一騎ずつ通すところで使われているそうです。

村で唯一柵を作らなかったところ。久蔵が種子島をぶんどりに闇夜に消えていくシーンと朝に帰ってくるシーンも印象的です。
    • good
    • 1

共同通信社 出版本部編集部1999年12月13日発行


 MOOK21「黒澤明~夢のあしあと~」
黒澤明研究会編黒沢プロダクション編集協力によると
御殿場の二の岡神社は椿三十郎のトップシーンの社殿で使われたと有り、
七人の侍ではないようです。
七人の侍のロケ地は、
水車小屋・ラストの田植えなどが 静岡県堀切
村の全景は          静岡県田方郡函南町
村の西側の柵が        静岡県御殿場市用沢
村にたどり着く前の滝が    静岡県駿東郡長泉町
村の中は 東京都世田谷区大蔵 旧東宝ビルト敷地
裏山の水神様は現在 世田谷区の都営大蔵団地内公園
ほかに伊豆長岡あたりとの表記もあり
いろいろな場所でロケーションをしているようです。
http://www.amazon.co.jp/%E9%BB%92%E6%BE%A4-%E6%9 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒澤明の『七人の侍』初公開時に朝日新聞が「自衛隊賛美だ!」と批判したのは本当ですか?

会社の先輩と映画の話をしていると、
「黒澤明の名作の『七人の侍』が初公開された時、朝日新聞は「自衛隊賛美だ!戦争賛美につながる!」と言って批判したんだ。
だから、『七人の侍』が初公開時は評価が低かったんだ。」
と言ってました。

私は黒澤映画が好きで、何度も『七人の侍』を観ていますが、どこが自衛隊賛美で、どこが戦争賛美なのかサッパリ分かりません。
朝日新聞は本当にそんなトンチンカンなことを言ったのでしょうか?

また『七人の侍』が初公開時は評価が低かったというのは本当ですか?

Aベストアンサー

朝日新聞がそのような批評を掲載したのかはわかりませんが、”戦争賛美的”な批判があったのは事実です。
というのも、公開は1954年のゴールデンウィークで、54年というと戦争から10年経ってませんし、52-53年には米ソが水爆実験を行うなど、新たな戦争が始まるのではないか、といった風潮がありました。
そんな世相だったので「一見、その内容は再軍備問題にからんだ感もある(読売新聞)」といったこの映画の本質をはき違えた見方をすることも多かったようです。

まあ、農民が一般の市民、責めてくる野武士軍が仮想敵国、で、守る7人の侍たちが自衛隊、って”驚くような想像力”で見てしまったんでしょうねぇ。いま思うと不思議ですが、戦争の臭いがしていた、当時の世相と照らし合わせると、何に付けても批判的に見たがる評論家や新聞各紙は、仕方がなかったのかも??

またこういった娯楽性に富んだ作品は軽く見られがちで、キネマ旬報誌のベスト10では3位でした。
ちなみにイタリアのベネチア映画祭では銀獅子賞を獲得してます。

余談ですが、知人がアメリカの映画館で「七人の侍」をたまたま見たところ、映画終了後、観客たちが「おお、ここに日本人が居るぞ!」と握手を求めてきて、何だがわからず握手に応じたと言っていました。
感激したアメリカの観客たちが、「七人の侍」=日本人が作った傑作と興奮して握手して欲しかったんでしょうね。
それくらい世界の観客を魅了してやまない大傑作だと思います。
また世界の映画学校の教材としても、この作品を揃えてない学校はほとんど無いのだそうです。
TVでイギリスの映画学校で教材として授業をしている様子を見たことがあります。

朝日新聞がそのような批評を掲載したのかはわかりませんが、”戦争賛美的”な批判があったのは事実です。
というのも、公開は1954年のゴールデンウィークで、54年というと戦争から10年経ってませんし、52-53年には米ソが水爆実験を行うなど、新たな戦争が始まるのではないか、といった風潮がありました。
そんな世相だったので「一見、その内容は再軍備問題にからんだ感もある(読売新聞)」といったこの映画の本質をはき違えた見方をすることも多かったようです。

まあ、農民が一般の市民、責めてくる野武士軍...続きを読む

Q七人の侍、長老の台詞について

こんにちは、最近七人の侍を見る機会があったのですが、上手く理解できない台詞があったので質問致します。
ご意見ありましたらお聞かせ下さい。

物語の前半、勘兵衛を味方に引き入れ、一旦村へ戻った万造達が儀作に会うシーンで儀作が、
「おら、10人は仕方ねえと思っただよ。でも10人って言ったら15人になるだ」
と言います。

これは、必要だと感じたら際限なく人数が増えるという意味なのでしょうか。
わかりましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

侍を探し始めれば、あれこれ迷って、予定以上の人数になってしまう。

10人分雇う経費は「想定の範囲内」だけど、最初から10人は雇っていいよ、と言うと、15人ほど雇いたくなるものだ。だから、少なめに人員予算を渡したのだ。
・・・ということですね。

会社でも役所でも政府でも、例えば予算を与えると、だいたい枠を超えた経費要求があるのと同じことでしょう。

Q韓国ドラマのロケ地ツアーについて

韓国の旅行会社などで、現在撮影中のドラマのロケ地に連れて行ってくれる会社ってあるのでしょうか?。

韓国好きの方が「韓国の旅行会社に頼めば、旅行会社がロケ地を調べてくれて、連れて行ってくれるよ」と言っていたんですが、放送終了後のロケ地ツアーはたくさんあるのですが、撮影中のロケ地を調べて連れて行ってくれるなんて会社は見つかりません。そんな旅行会社あるのでしょうか?。

そういった事をしてくれる旅行会社を知っている方がみえましたら、教えて下さい!!。

Aベストアンサー

こんばんは。さっそくですが・・・、
>ロケ地に連れて行ってくれる会社ってあるのでしょうか?
ありますよ。
コリアタビHP⇒ http://www.koreatabi.com/front/main/index.jsp

当方は、2年前に上記のコリアタビで大長今ツアー(定番ツアーでしたが)に参加しました。
その時にガイド兼ドライバーからのお話では、質問者さんと同様にドラマ・映画ロケ地めぐりをしたいお客さんがいるので、定番コースとは別に「専用車チャーター・ツアー」を設けてお客さんの行きたいところへ連れて行ってますと言ってました。
その時に聞いた話を思い出すと・・・(2年前なのでかなりうる覚え)
(例)イ・ビョンホンのオリジナルツアー
出演作品のロケ地巡り/イ・ビョンホンの所属事務所⇒ファンレターを事務所スタッフに渡す/イ・ビョンホンの行きつけの店でお食事・・・。
ツアー参加者の要望に応えるため色々と調べているとも話していましたっけ・・・。
ただし、ソウルを基点にした旅行会社なので、質問者さんが、例えば釜山や済州島でのロケ地巡りをお考えならば、他の旅行会社を探された方が良いですね。

まずは「なんでも掲示板」でご相談されてみてはいかがでしょうか。

こんばんは。さっそくですが・・・、
>ロケ地に連れて行ってくれる会社ってあるのでしょうか?
ありますよ。
コリアタビHP⇒ http://www.koreatabi.com/front/main/index.jsp

当方は、2年前に上記のコリアタビで大長今ツアー(定番ツアーでしたが)に参加しました。
その時にガイド兼ドライバーからのお話では、質問者さんと同様にドラマ・映画ロケ地めぐりをしたいお客さんがいるので、定番コースとは別に「専用車チャーター・ツアー」を設けてお客さんの行きたいところへ連れて行ってますと言ってま...続きを読む

Q映画『七人の侍』の七郎次について

七郎次・・・どう読むのか教えてください。

つまらない質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

故志村喬さん演じる嶋田勘兵衛の部下である故加東大介さんの役ですよね。DVDでも「しちろうじ」と言っていたと思います。
お手元にDVDなどあれば、ぜひご覧ください。^^

Q「七人の侍」のDVD

海外では売られているDVDソフト「七人の侍」を
国内で購入したいのですが、どこに行けばよい
でしょうか?

Aベストアンサー

ネット通販ですが、日本語OKのサイトがあります。

DVD Fantasium
http://www.fantasium.com/

いかがでしょうか?

Q「七人の侍」オープニングテーマの謎

 「七人の侍」オープニングの太鼓の連打、これは「野武士のテーマ」と呼ばれているらしいのですが、いろいろと日本の古典芸能に詳しい黒澤さんのこと、果たしてそういった方面からヒントを得たのかな、などとも考えられるのですが、どなたかご存知の方おられませんか。いったいあの不気味な演出をどうやって編み出されたのか、何かしら黒澤さんのかつての記憶とか、ヒントがあるに違いない。まったくのゼロから生まれてきたのでしょうか。といっても故人のために資料も限られるのだけれど、どなたかほんのカスリ程度でもいいからこの「創造の秘密」教えてください。

Aベストアンサー

都築政昭さんという方の「黒澤明「一作一生」全三十作品」という本に、1、2ページほど黒澤映画音楽誕生についてのエピソードがありました。
「侍のテーマ」が生まれたときについて
「私はそれを聞いて思わず『これだッ!』と叫んで……(略)」
という表記がありましたが、野武士のテーマについてはありませんでした。
ちなみにこの本は、amazon では在庫切れでしたが、紀伊国屋では「取り寄せ」とありました。
でも図書館などにもあるんじゃないかと思います。

私は読んでませんが、この本に「東宝レコード・黒澤明の世界」より抜粋、と解説の参考にしたところがあるので、探してみるといいかもしれません。

それから出所を良く覚えていませんが、この「七人の侍」のあと、作曲家の早坂さんは、作曲の依頼で『七人の侍』のようなのをお願いしますとよく言われて困る、あれはあの映画のためだけにある曲だ、と言っていたそうです。

Qフジテレビドラマ「アットホームダット」のロケ地はどこでしょう?

 フジテレビドラマ「アットホームダット」のロケ地はどこでしょうか?。
 
 

Aベストアンサー

参考URLに、ロケ地の情報が載っています。

http://joe.ash.jp/travel/loca/info/2004/d200404_dad.htm

http://homepage1.nifty.com/BH/

参考URL:http://joe.ash.jp/travel/loca/info/2004/d200404_dad.htm

Q「七人の侍」のハイライトを一分間だけ流すとしたら、どの場面がいいですか?

たった今、黒澤 明監督の「七人の侍」を見終わりました。
5,6回泣きました(;_;)。
このビデオをクラスのみんなに紹介するつもりです。
クラスの中で一分間(ぎりぎり二分間流せるかも?)だけ流すつもりなのですが、
どのシーンにすればいいのか迷っています。
「どうしても見たいなぁ」と思わせる場面はないでしょうか?
菊千代が馬から落ちたところを流して冗談にしようかとも思っていますが
それよりはもっとこの映画の良さを示す場面があるような気がします。
映画の予告編みたいなダイジェスト版があればよかったんですけどね…。
生徒はみんなアメリカ人なので日本の文化が垣間見れる場面でもいいです。
僕だったら、とか私だったら、という意見でよろしいので
黒澤ファンを豪語されている方がいらっしゃいましたら是非ご意見を下さい。

かなりマニアックな質問で本当にすみません。
明日の今頃には回答がつかずに消えているかもしれません(._.)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外国の方相手でしたら、迷わずチャンバラシーンでしょう。
特に乱戦、バッサバッサ切ってるところ。

また「浪人」自体が、(時代劇の)侍に比べてあまり目にしないものだと思われますので、
人物中心でいくのもいいかと思います。
(小屋の中で談義しているところとか)

良さは全編を通じて観た人自身が確認するはずですから
まず食いつきを重視した方が、、、と思います。

Q金八先生のロケ地

金八先生の桜中学のロケ地は足立区立第二中ですよね。そこから、やはりロケ地の荒川の土手へは
歩ける距離ですか?

Aベストアンサー

東武線の掘切の駅の近くに学校があります。その駅前に線路をまたいでいる階段があり、そこから荒川の土手に歩いていけます。

金八の撮影の行われている土手は足立区柳原2丁目なので川に向って左の方向に歩いていったところが撮影場所です。(隅田川にかかる堀切橋をくぐったあたりです。)学校のある場所からだと徒歩10分~15分です。

Qロケ地について

随分昔の映画「スローなブギにしてくれ」の雰囲気にとても興味があります。ロケ現場はどの辺りなのでしょうか、一度行ってみたいと思っています。例えば米軍ハウスやかき氷のシーンの場所など。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米軍ハウスは横田基地周辺(福生市)になります


人気Q&Aランキング