長年営業を続けてきた店を閉店し、建屋・設備込みで知人に貸す事になりました。
当然家賃をいただくことになっているのですが、知人とはいえ法的な手続きは行って起きたいと思います。
どのような物がありますでしょうか、またどのようなことに気をつければよろしいでしょうか。

家賃に関しては、固定資産税(土地・建屋)ぐらいが回収できればと思っております。
固定資産税は、貸し出した場合変わりますでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



貸し出しをした場合でも固定資産税は変わりません。
土地と建物にだけ課される税金です。

>どのような物がありますでしょうか、またどのようなことに気をつければよろしいでしょうか。

物件も見ていないので何ともいえませんが、設備込みで貸し出すようですので、その設備が故障、破損した時の取り決め等、知人ご自身が設備投資した部分の買取請求権の有無等、内装をやりかえた時の取り決め等、いろいろ現状を変更するのであれば、それについて取り決めはしておいたほうがいいでしょう。

知人でありながらも連帯保証人のことや、解約条項、家賃滞納のことなどは、話にくいものだと思いますが、決めておかないと後で問題となりますので決めておく必要があります。

水道、電気、ガス等、浄化槽があれば浄化槽のこともですが、使用者を変更し、知人が請求を受けて支払う方法にしておくことをお勧めします。

他に考えられることでは、営業による近隣とのトラブル、お客さんとのトラブルに全く関与しない条項もいれておくことも大切です。

現場の状況が把握できない為、他にも考えられる点もあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gotcha1203さん、アドバイスありがとうございます。

やはり、連帯保証人なども決めておく必要があるのですね。
教えていただいたことを考慮して、契約書を作成したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 12:41

不動産屋にまかせましょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報