企業内で、賞罰の罰の方の理由で異動があった場合、
該当者の名前がMLで社内に一斉に流れて驚いたのですが、
そういうものなのでしょうか。
私は、法律の知識もありませんし管理部門の常識もあまりよくわからないので、該当者の将来も考えて個人名を出すのはどうかと思ってしまいました。また、社内掲示とメール配信では情報の伝達の程度や保存性が違い、メール配信とう手段を使うにあたって企業側が配慮すべきことはないのかとも思いました。
企業は社内の倫理を守るためにはそういう手段が必要なのか、
有識者のご意見をお願いします。

A 回答 (1件)

就業規則にそれらが規定されていれば、規則にしたがって公表されて、然るべきであります。



此処へ質問なさる前に、あなたがお勤めになってる会社の就業規則を熟読されることです。

公表のランク付けがあるはずで。微細なものについては訓告程度で済むでしょうが、退職勧告・諭旨退職・懲戒解雇など、罰についても段階がありますから、あなたのご意見は、表面だけしか見ておりません。

会社が公表に踏み切ったのは、それなりの事由があってのことで、全社員に対して啓蒙啓発を試みてると、解釈すべきでしょう。

砕けた言い方をすれば、最近君たちはたるんでる。もっと、腰を据えて頑張らないと、居場所はなくなるぞ。です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私は、懲戒処分自体は問題ないと思うのですが、それをメールで伝えることに疑問を感じたのです。
張り紙であれば取ってしまえば見えなくなりますが、メールの場合は何度でも見返すことができ消さなければ永久に残るのです。
罪は憎むべきものですが、その人に対しては時とともに水に流す、そういった配慮を持つことが人としての優しさではないかと思っています。

お礼日時:2010/11/16 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング