新聞を申し込んだときに、勧誘の人から
洗剤や野球観戦のチケットなど特典がもらえる場合がありますが、
日本経済新聞でも、特典はもらえるのでしょうか?

すこしでもお得に日本経済新聞を購読したいな、と思うのですが・・・
(今、1週間無料お試しとかはやっているみたいですが、
それ以外に、なにかお得なことはありませんか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原理的には期待できない。



他の新聞社が勧誘に熱心なのは、「チラシ折り込み収入」を見込んでいるからです。
チラシ折り込み収入は、配布数で決まります。
日経のチラシ折り込み件数は、読売や朝日と比較して非常に少ないので(スーパーなんて入ってないですよ)販売店として一生懸命勧誘しても、実入りが少ない。
※ ちなみに私は「チラシだけでも入れてくださいよ」と日経の販売店に頼んだら、普通の新聞まで入るようになった。これは、チラシのおまけに新聞が付いてくるようなものであります。
    • good
    • 0

http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=1759&com_so …

上のサイトにビール券などの情報があります。
売り負けている地域で拡張に乗り出す時期であれば可能性は
あるということです。
なお、最近は毎日新聞がビール券かお米券など景品で釣ろうと
電話攻勢が凄いです。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外為ニュース、日経新聞より

以下の意味を分かりやすく教えてください。。。

’米国債の利払いと大量償還を15日に控えて、米国債への投資が多い日本の機関投資家による本国送金の思惑から、午前中には円が対ドルで上昇する場面も目立った。’

’円はオーストラリア(豪)ドルに対し下落。17時時点では1豪ドル=95円13~16銭近辺と前日17時に比べ42銭の円安・豪ドル高水準で推移している。’

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問の意図をきちんと汲み取れているか自信はないのですが、参考にしていただけましたら幸いです。

----------
【質問1】
「米国債の利払いと大量償還を15日に控えて、米国債への投資が多い日本の機関投資家による本国送金の思惑から、午前中には円が対ドルで上昇する場面も目立った。」という記事の意味について。

【回答1】
「米国債の利払いと大量償還を15日に控えて…」というのは、15日に米国債(アメリカ合衆国政府の国債)の満期日を迎え、米国債の保有者に現金が返済されるということです(このとき米国債は、発行したアメリカ合衆国政府に戻されます)。

ご質問のケースでは、米国債の償還ですから、米国債への投資が多い債券購入者はお金を「米ドル」で受け取ることになります。このとき、「米国債への投資が多い日本の機関投資家」(銀行や生命保険会社など)は、債券と交換に受け取った米ドルの全部ないし一部を「本国送金」(日本に送金)する可能性があるということです。

もし、償還された手許の「米ドル」を日本に送金するとしたら、日本では米ドルは使用していないので「円」に交換すると予想されます。
その場合、外国為替市場(外為市場)では「米ドル→日本円」へと交換されます。つまり、「米ドルを売って、日本円を買う」ということです。その結果、外為市場では米ドルの供給増加(=ドル安)、日本円の需要増加(=円高)となります。
そういう「思惑から」、先回りしてドル売り・円買いをする人が多かったために、「午前中には円が対ドルで上昇する場面」が生じたというのが、記事が伝えていることです。

(補足説明1)
国、自治体、企業が、主として長期資金(5年、10年など)の借り入れをする場合に発行する借金証書のことを「債券」といいます。発行された債券を売る(買ってもらう)ことで資金の調達(借入れ)ができます。
債券を発行したのが国(政府)であれば「国債」、地方自治体であれば「地方債」、企業の場合は「社債」というように、債券の発行主体によって呼び名が異なります。
「米国債」は米国政府の債券、つまりアメリカ合衆国政府の債券のことです。
債券は「借金証書」ですから、債券購入者にお金を返済しなければなりません。これを「(債券の)償還」といいます。
返済の金額(元金+借入利息)および期日は、債券発行時に予め決まっています。5年後とか10年後といった定められた期日に、国や企業などの債券発行者は債券購入者(=保有者)にお金を返済し、代りに借金証書である債券を返してもらいます。

債券の償還
債券発行主体(国、自治体、企業)→[現金]→債券購入者(保有者)
債券発行主体(国、自治体、企業)←[債券]←債券購入者(保有者)


----------
【質問2】
「円はオーストラリア(豪)ドルに対し下落。17時時点では1豪ドル=95円13~16銭近辺と前日17時に比べ42銭の円安・豪ドル高水準で推移している。」という記事について。


【回答2】
「午前中」のドル円の動きとの関連の有無については、記事が短すぎてよくわかりません。
午前中の米国債要因の動きとは、まったっく関係なく日本円と豪ドルのレートの変化を伝えているだけかもしれません。
もし午前中の話題と関連があるとしたら、午前中に「思惑から」円買いにより円高が進んだ反動で、夕方には買われた円を売り、米ドルと連動性の高い豪ドルを買う動きが出てきた…ということではないかと推察します。

----------
以上です。

こんにちは。
ご質問の意図をきちんと汲み取れているか自信はないのですが、参考にしていただけましたら幸いです。

----------
【質問1】
「米国債の利払いと大量償還を15日に控えて、米国債への投資が多い日本の機関投資家による本国送金の思惑から、午前中には円が対ドルで上昇する場面も目立った。」という記事の意味について。

【回答1】
「米国債の利払いと大量償還を15日に控えて…」というのは、15日に米国債(アメリカ合衆国政府の国債)の満期日を迎え、米国債の保有者に現金が返済されるということで...続きを読む

Q新聞販売店の経済(日本経済新聞の試読について)

■質問
 日経新聞の1週間試読を申し込みました。日経新聞は、委託する販売店に、1週間分の新聞を送ります。この時、日経新聞は販売店から
新聞代を徴収するのでしょうか。徴収するとしたら、どれくらい徴収するのでしょうか。

---+ 以下はすべて補足です。煩雑と思われた方は、回答に影響が少ないため、読まなくても結構です。

■前提(当方の行為)
 当方の家には、年に数回、日経新聞試読の申込書が配達(所謂ポスティング)されます。そこで、当方では料金節約のため、3ヶ月購読し1ヶ月中断する(以下中断期間と呼ぶ)ことを繰り返しています。申込書を保管しておき、中断期間の初旬に投函し、中断期間のうちの一定期間(1週間)、試読として無料で配達してもらい、中断期間の残りは朝刊のみを駅で購入します。

■前提(販売店対応)
 当地域では、読売新聞販売店が日経の配達を受託しているようです。そして、日経の購読経験がある家庭には、試読の申し込みが(日経新聞社経由で)来ても配達しないという運用をしているようです。しかし、その運用は公表していないため、初めてのときは面食らいました。販売店の言い分は、近々に購読していたのだから試読の必要はないはずとのことで、理屈としては納得がいきます。

■前提(日経新聞社対応)
 初めての時に、日経に電話して対応をお願いしました。具体的には、販売店の対応に新聞社が同意するなら、このままでかまわないが、そうでないなら、配達するよう通告するよう依頼しました。結果として、翌日から一定期間(当初の予定日末日まで、つまり、1週間より配達されなかった日数だけ少ない。)配達されました。

■当方の方針
 新聞社の対応が前期である以上、当方の利益を鑑みて、今後も上記の運用を継続する予定です。しかし、販売店に経済的負担がある程度あるなら、多少検討の余地があると考えています。具体的には、販売店が試読を配達する場合の収支(=A; 販売店が収益を上げる場合を正数とする。)と、しない場合の収支(=B)を比較し、A-B>-E(E=正数)であれば、試読をやめることも考えようと思います。A-Bは、常識的には、販売店が試読分に関して日経に追加で払う額(あれば)に相当します。

■販売店新聞社間取引の具体例
T1: 販売店が新聞代1週間分を追加で支払う。それは、3ヶ月配達する営業利益を相当程度(利益の20%超)損なう。
T2: 販売店が新聞代1週間分を追加で支払う。それは、3ヶ月配達する営業利益を損なうが、T1ほどではない。例えば、普段の販売店仕入れ値より安いとか、3ヶ月配達する営業利益はそれなりに大きい場合が考えられます。
T3: 販売店は新聞代1週間分を支払わない。または、普段から余分に新聞を取引しているので、試読希望者がいても出費は変わらない。
T4: 販売店は新聞代1週間分を支払わない上に、販促の為の奨励金等を貰う。この場合に販売店が上記の運用をすることは想定しがたいですが、一応書きました。

 T1だったら、販売店に申し訳ないので、試読を避ける方向で考えようと思います。T3, T4だったら、A-Bは0か正数なので、試読の配達をしてもらおうと思います。T2が一番迷うケースです。

■質問
 日経新聞の1週間試読を申し込みました。日経新聞は、委託する販売店に、1週間分の新聞を送ります。この時、日経新聞は販売店から
新聞代を徴収するのでしょうか。徴収するとしたら、どれくらい徴収するのでしょうか。

---+ 以下はすべて補足です。煩雑と思われた方は、回答に影響が少ないため、読まなくても結構です。

■前提(当方の行為)
 当方の家には、年に数回、日経新聞試読の申込書が配達(所謂ポスティング)されます。そこで、当方では料金節約のため、3ヶ月購読し1ヶ月中断する(以下中断...続きを読む

Aベストアンサー

新聞は販売店は新聞社より委託されているだけで買い取りはありません。
販売店の仕事は
  新聞配達
  新聞代の回収(最近は自動引き落としでこの仕事も少ない
         販売店としては集金の方が手数料の収入がある
         のでありがたいのですが)
  新聞の拡張
 これらはすべて新聞社との委託契約
 販売店の一番の収入源は折り込みチラシです、この配布手数料は
 一枚当たり約5円です、販売店はいかに折り込みを獲得するかです。

Q日経新聞社と三井物産はもう関係がない企業になっているのでしょうか?それとも日経新聞社は三井物産の

日経新聞社と三井物産はもう関係がない企業になっているのでしょうか?

それとも日経新聞社は三井物産の子会社という位置付けになるのでしょうか?

Aベストアンサー

三井財閥が解体される前に、日経新聞の株はすべて日経新聞に譲渡されています。
旧三井財閥と今の三井とは何の関係も無く、三井物産の子会社を調べても日経新聞は含まれていませんので、もう関係はなくなったようです。
子会社ではなく、関連会社を調べても見つかりませんので、子会社でもなく、関連会社でもないようです。

Q新聞定期購読解除について

新聞を年間購読しています
9月30日で期限が切れます「1年分前払いで既に支払済みです」
本日新聞勧誘員が次の年間購読のお願いに来ました
新聞の更新はしない、10月から新聞を取らないと言いました
これで定期購読解除は連絡済になりますか?
あるいは販売店まで連絡しないといけませんか?
朝刊・夕刊の配達している人に伝えても有効ですか?

Aベストアンサー

販売店に連絡するのが確実、配達員でも良いが
勧誘員は信用すべきではない。

Q日経新聞は折込広告が少ないですか?

現在は朝日新聞を定期購読していますが、日経新聞に代えたいと思っています。
ただ、日経新聞は折込広告が少ない、という話も聞きます。
買い物の予定を立てるためにも、折込広告が減少するのはちょっと辛いです…。

日経新聞定期購読者の方、折込広告が少ないというのは事実でしょうか?

Aベストアンサー

日経取っている人は大概他の新聞は取ってます

もちろん我が家もそうです

となると

日経に広告入れても広告主にはあまりメリット無いので少ない(我が家は見たこと無い)になるのです

Q大学生でも、こども新聞を購読できますか?

皆様こんばんは。

日経新聞を購読しているのですが、紙面の内容がなかなか理解できません。
自分が思う代表的な全国紙(朝日、讀賣、毎日)を読んで日経の前提となる知識をつけようと思ったものの、記事によってはそれらの新聞でさえ辞書を片手にしなければ内容が分かりません。

この年齢にもなってこども新聞程度の内容からやり直さなければならない頭脳レベルの低さに反吐が出ますが、なんとか日経・上記の全国紙が理解できるところまでもっていきたいです。

大学生でも、こども新聞を購読することはできますか?


カテゴリーを間違えておりましたら、申し訳ありませんがご指摘下さい。

Aベストアンサー

購読できます\(^^;)...

私は、昔、週刊少年少女新聞という
赤旗日曜版の配達員が配りに来るという、アブナイこども専業紙読んでましたが
廃刊。現在は大新聞社系のみです。

http://www.asagaku.com/

週刊の朝日中学生ウイークリー(月970円、週刊誌毎週買うより安い)
日刊の朝日小学生新聞(毎朝、きて、月1720円とはリーズナブル)

朝日系列の朝日学生新聞社発行なので、朝日の新聞配達さんが入れてくれます。

日刊毎日小学生新聞は月1430円ですが、朝日小学生がブランケット判(普通の新聞サイズ)に対し
タブロイド判なんです。

週刊読売KODOMO新聞は、昨年創刊された小学生高学年主対象で月500円と、読売新聞と一緒にと勧めやすい
価格設定で、「乱たま忍太郎」の朝日小学生に対抗してコナン君をイメージキャラに採用と
いかにも読売らしい展開です\(^^;)...

 駅スタンド売りでは、あまり見られないので、新聞店に月極め購読申し込むか、
郵送料かかりますが、新聞社に直接どうぞ。


がんばれ(@^^)/~~~

Q日経新聞にチラシ広告は入らない?

つい最近、朝日新聞から日経新聞に変更しました。
いままでたくさん入ってきた朝日新聞のチラシ広告がほとんど入らなくなりました。
チラシ広告も地域の情報を知る有効な手段のひとつと考えていますが、そこで質問です。

(1)日経新聞にチラシが入らないのはなぜでしょうか?
(2)日経新聞にチラシを入れてもらうことはできないのでしょうか?何らかの方法はありませんか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約しているのが、専売所か販売所で違ってきてしまいます。

都心の場合はたいてい専売所、つまり日経系の新聞のみを販売する支店みたいな感じです。
その場合は専売所に依頼されたチラシしか入りませんので、ご希望のようにはなりえません。チラシそのものが専売所に来ないからです。

販売所の場合は各社の新聞を扱っていますから、朝日に入れるよう依頼されたチラシをリクエストに応じて日経に入れることはやぶさかではありません。

Qどんな新聞を購読してますか?

今、家では日経新聞をとっています。
これといって悪いわけではないんですが、記事の内容ほとんどすべて「経済」という観点から捉えられているので、すこし違った感じの新聞を読みたいなぁと思い、どの新聞にするか検討中です。そこでみなさん、どの新聞を購読してるかとその感想をお聞かせください。
横浜市在住なので、あまり地方の新聞はとれません。
いま検討中なのが以下の新聞社です。

×読売新聞→個人的に巨人が嫌いなので、毎朝カラーで巨人の情報は耐えられない
△産経新聞→朝刊のみで2950円と安いがフジ系列なので偏ってないか?
△朝日新聞→同じくアサヒ系列なので偏りを懸念
△神奈川新聞→地元の新聞だし中央のニュースも豊富。最有力。
?東京新聞→東京中日スポーツも同系列?悪いけどレベル低い感じがする
×日刊スポーツ→スポーツ新聞の最大手。でも職場で見せてもらってるので購読はしない

Aベストアンサー

6年前まで東京にいたので、いろいろな新聞を読み比べる機会がありました。
この中で取るとしたらやはり読売か朝日だと思いますが、どちらかといえば
読売でしょうか。巨人もナベツネも大嫌いなのですが、偏り方が妙な朝日よりは面白い。
今の朝日の「天声人語」は本当につまらないですね。

こちらでは地元紙2紙と読売を取っています。
日曜版の「あたしンち」を楽しみにしているというミーハーな私。

東京新聞は名古屋の中日新聞の東京版ですね。それなりにクオリティペーパーですよ。
文化欄は一番充実している気がしますし…。

ところで、「毎日新聞」が候補に上っていませんが?警察発表には強いという
イメージがあります。たまにスクープもありますし。社説や連載記事などにも
見るべきものがありますよ。

Q日経新聞を読む人と読まない人

日経新聞を読む人と読まない人
社会人2年目の男性です。
先日、何気なく会社に配達される日経新聞を読んでいたら
別の課の上司に褒められました。
その方は「日経新聞を読む人と読まない人では差が出てきて、
毎日ちゃんと読んでいれば必ず君のためになると思うよ。」
と仰っていたのですが、本当でしょうか?
皆様のご意見をお聞かせ下さい、お願いします。
日経新聞を読み続ける事が自分の為になるなら定期購読も考えています。

Aベストアンサー

 日経新聞でも経済週刊誌でも、自腹で購読をお勧めします。
 又、経済本や、自己啓発本等も自腹購入をお勧めします。
 なぜなら、この手の書物は面白くないからです。モチベーションは「読まないと勿体ない」です。
 自腹で無ければ、そのうちに読まなくなります。
 会社から疲れて帰って来て、眠たいのに、自腹で購入でなければ読めません。
 会社から配給された本は皆、読まないのはモチベーションが無いからです。

 10万円程度でも構いませんから株式購入もお勧めします。これもモチベーションの為です。
 小額でも株式に注意を払うようになります。
 自分で自分を騙す方法を考えて何とかモチベーションを継続して下さい。

 最初は面白くありませんが、有る時に、用語に慣れて時代の流れが読める様な気になります。
 そうすると、先回りの攻撃と防御、リスクの取り方(ハイリスクロ-リターンとローリスク
 ノーリターン等)が分かり、勝負時に打つ手の選択肢が広がります。
 上手なリスクハンドラになれます。目標はここです。これになると仕事が面白くなります。

 中小企業でも、大企業でも、優良な会社の社長は概して麻雀等のギャンブルが強いものです。
 企業運営でも永く運営するにはギャンブル的な勝負時が何回か出てきます。孫さんしかりです。
 勝負時に流れが読めるように、打って出る為のデータを多く持つ方が有利になります。
 又、勝負に負けても切替が早く、善後策も次から次へと打てるようになります。
 将来、優秀なリスクハンドラになる事をお祈り致します。  

 日経新聞でも経済週刊誌でも、自腹で購読をお勧めします。
 又、経済本や、自己啓発本等も自腹購入をお勧めします。
 なぜなら、この手の書物は面白くないからです。モチベーションは「読まないと勿体ない」です。
 自腹で無ければ、そのうちに読まなくなります。
 会社から疲れて帰って来て、眠たいのに、自腹で購入でなければ読めません。
 会社から配給された本は皆、読まないのはモチベーションが無いからです。

 10万円程度でも構いませんから株式購入もお勧めします。これもモチベーションの為です...続きを読む

Q新聞の定期購読やめた人のご意見を聞かせて下さい

最近新聞記事が面白くなく感じられて(書く記者が私よりずっと年下になったからでしょうか、、、)、あまり読む気がしません。それに古新聞やチラシの始末が面倒。娘はネットで見るから新聞はいらないと言うし、実際、ろくに読まないのに捨てていてもったいないです。
思いきって定期購読をやめようかと思うのですが、子供のころからの習慣を急に断ち切るのも寂しいかなあとも思います。コンビニに行けば読みたい時には買えるわけだし、図書館なんかではタダで読めますが。
ずっと続けていた定期購読をやめた、という方がいらっしゃたら、体験談を聞かせていただけないでしょうか。体験者以外の方も、ご意見いただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

新聞とネットを比べた場合、
確かにネットの方が紙の新聞と比べて情報が速く、タダ同然(ネットの接続にかかる料金だけ)で各紙読み比べできます。しかし、欠点としてはある一定期間経ってしまうと記事が消える、という点があるのと、それを見るための機器(パソコン等)が無いと見ることが出来ない、というところがあります。
一方、紙の新聞は確かに処分が大変だったり、ネットに比べると情報が遅い、ということがありますが、紙面に載っている全ての記事がネット上にアップされているとは限らず、また「紙として残る」ため、必要と思った記事は切り取るなどして残しておけば、後々から何かの役に立つかもしれません。
 新聞というのは、140年近い歴史を経て現在に至るメディアです。新聞を読む習慣が身についていらっしゃるのでしたら、そのまま継続されることをお勧めします。 
 
 


人気Q&Aランキング