相続税法には債務控除という規定があって、財産から債務を控除したものが相続税の課税価格となることとされている。⇒「借金をすると相続税が安くなる」とありますが本当ですか?
借金の例としては・・・
・借金でマンションをたて、家賃収入を得る
・子供や孫に家を建ててあげる
・自分の家をリフォームする

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

被相続人が生前に借金をして、財産の総額を減らすことにより相続税が安くなる場合もあります。


なお、当然借金も相続しなければならなくなるので、借金の返済をしなければいけなくなるということをお忘れなきよう。

また、kapa10さんは相続人の立場ですよね?
あなたがいくら借金をしたところで相続税対策にはならないのでご注意下さい。

ちなみに、相続税を納めることになるケースは全体の1%程度です。
kapa10さんが想定されているケースが、相続税対策が必要かご確認下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もっと勉強したいと思います。

お礼日時:2009/08/29 16:54

>「借金をすると相続税が安くなる」とありますが本当ですか?


ほんとうです。
被相続人に借金があれば安くなります。

土地をたくさんもっている場合は、アパートを借金で建て相続税対策している人はいっぱいいます。
でも、借金を返し終われば、建物の固定資産税評価分がそのまま相続財産に加算されますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/29 16:55

[1]借金の額と資産価値のバランスで得にも損にもなります。


[2]贈与になります
[3]現金が減って不動産価値が上がりますので、これもバランスだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/29 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング