少し古い鉄筋コンクリートの建物に興味があります。
RC壁式構造はいつ頃から一般住宅に使われたのでしょうか。
また、構造基準はいつ頃に制定されたのでしょうか。
どうぞ、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ここに設計基準があります。


http://news-sv.aij.or.jp/da1/shiyoukijyun/kouzou …
壁式構造は、「特殊コンクリート構造設計規準・同解説,組積造設計規準・同解説」の中にあります。

この回答への補足

ありがとうございます。
当時の文献を直接見ることができて、感激です!
これによると壁式構造設計基準『案』となっています。
実際に正式な基準になったかおわかりでしたら
ぜひとも教えてください。

補足日時:2009/05/16 14:21
    • good
    • 0

↓すみません、1911年だから100周年は来年じゃなくて再来年ですね。


訂正ついでに画像を貼っておきます。
「RC壁式構造はいつ頃からあるのでしょうか」の回答画像6
    • good
    • 0

1911(明治44年)竣工


横浜市中区日本大通14番地 三井物産ビル

↑住宅ではないですがオフィスビルとしてはこれが最古です。
来年100周年で、しかもまだ現役。
    • good
    • 0

質問とずれますが、日本で最初にできたRCの橋だそうです。


自宅から自転車で15分くらいの所にあるのですが、歴史はあるが見た目はしょぼい感じです。
    • good
    • 0

長崎県の軍艦島を見てください。

大正5年にはRC造りの中層の団地が存在しました。
    • good
    • 0

日本建築学会の


『鉄筋コンクリート壁式構造設計規準』は 1952年(昭和27年)となっています。

この回答への補足

ありがとうございます。
60年近くも前からある工法だったんですね。
その頃から、一般の低層住宅に使われたのでしょうか。

補足日時:2009/05/15 14:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造壁の補修工事工法について

マンションの戸境壁(構造壁)にクラック(ひび割れ)が発生しました。 管理組合として専門業者に調査を依頼したところ、補修が必要なレベルの深さ(0.7mm超)がありました。
そしてエポキシ系樹脂を注入する補修工事をすべしとのアドバイスがありました。

この構造壁の補修方法として、ウレタン系樹脂を注入した場合問題がありますでしょうか? (実際は問題になっているのですが・・・)

構造壁をウレタン系樹脂で補修した場合とエポキシ系樹脂で補修した場合の違いは大きいモノでしょうか?

Aベストアンサー

>修が必要なレベルの深さ(0.7mm超)がありました

幅のまちがいでしょ。

>この構造壁の補修方法として、ウレタン系樹脂を注入した場合問題がありますでしょうか? 

ウレタンは注入しません。エポキシを注入します。ウレタン使うとしたら、Vカットして表面的な塞ぎだけウレタン樹脂を使います。

>(実際は問題になっているのですが・・・)

質問するのに条件の小出しは良くないですよ。何が問題かをかかないと。

>構造壁をウレタン系樹脂で補修した場合とエポキシ系樹脂で補修した場合の違いは大きいモノでしょうか?

質問さんが補修方法を適切に把握されていないので、状況がはっきりしません。

ウレタンとエポキシを両方使った場合は、ウレタンは表面的な補修で、エポキシは構造的な補修です。意味合いが違うので比較対象にはなりません。目的があってその方法を選ぶのであって並列で比べるものではありません。

Q鉄筋コンクリートの箱型の家に車が突っ込んで破損した場合, 中の鉄筋がグニャグニャに曲がったり、建物が

鉄筋コンクリートの箱型の家に車が突っ込んで破損した場合, 中の鉄筋がグニャグニャに曲がったり、建物が微妙に傾いたりした場合、現状回復といっても、どのような修繕方法があるのでしょうか。1部分を補修しようとしても、中の鉄筋をつぎはぎにして、またコンクリートで固めるのでしょうか。微妙に曲がっていたりすると元の状態には戻らないんじゃないかと思うのですが。かといって1部分の損傷のために全体を取り壊して立て直すと言うのも無理があるような気もします。

Aベストアンサー

ここで言う鉄筋コンクリートの家とはビルと同じく重量鉄骨の骨格に鉄筋コンクリートの柱、梁、壁とした一般住宅家ということでしょうか?
でしたら重い荷物を積んだ大型トラックが突っ込むなどしない限りそのような壊れ方はしません。
運悪くそのようなことになってしまった場合は骨格である鉄骨の柱と柱の間を一体で修復します。柱の中心、梁の中心にある鉄骨は周囲の鉄筋コンクリートに守られ簡単にダメージを受ける事は無いです。
受けて鉄骨が曲がってしまった場合は建て直し。その柱を入れ替えることで修復可能ならその部分から上の部分(←傷んでいない隣の柱までの間)をそっくり壊してそこだけ作り直すこともやろうと思えば可能ですが。。。 そこは建築士さんなどが破損状況を見、費用も含めて検討するところでしょう。

なお、旭化成のヘーベルハウスのような家でも基本は同じです。

Q壁のへこみ

賃貸しているマンションで、部屋の冷蔵庫を置いている後ろの壁の下部に一部へこみを確認しました。

特に何かぶつけた覚えはございませんが、下階の部屋の住人が、障害者の方で、壁を叩くことがあり、それが原因で、上階の私の部屋の壁がへこむという可能性もあるのでしょうか。
1ヶ月前にはなかったと思います。

また、修繕費はどのくらいになりますでしょうか。
へこみは横が10cm、縦10cmほどの大きさです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下の階の人が壁を叩いて上の階の壁に影響を与えるというのは考えにくいかな。
それだけの打撃を加えたら、まずその壁に穴が開くから。

写真だと少し分かりにくけれど、例えば冷蔵庫を設置する際にぶつけた場合には、クロスが破れたり巾木(壁の立ち上がりのところの白いベルトのような建材)にキズやつぶれ変形が出るんじゃないかな。
冷蔵庫設置の際は考えにくいかな。
元々へこんでいた可能性もあるかもね、入居当時は隅っこだから気付かなかったとか。

棒のようなものでへこみをつついて見ては?
下地ボードが砕けていればぶかぶかして白い破片や粉が出てくる。
漏水などで湿気を含んでいる場合にはぐにゃぐにゃした感触。
すかすかだったらボードがなくなっている、大工か内装屋がミスってボードの端を割ってしまってクロスをかぶせてバレないように偽装しているとかね。

入居1ヶ月だから、原因が入居者のせいではなければ修繕負担はない可能性が高い。
年数が経ってしまうと最初からかどうかも分からないので、負担せざるを得ない可能性が高まる。
負担する費用は、最大ということなら、ボード1枚を張り替える材料費と大工代で1.5~3万円とか?

下の階の人が壁を叩いて上の階の壁に影響を与えるというのは考えにくいかな。
それだけの打撃を加えたら、まずその壁に穴が開くから。

写真だと少し分かりにくけれど、例えば冷蔵庫を設置する際にぶつけた場合には、クロスが破れたり巾木(壁の立ち上がりのところの白いベルトのような建材)にキズやつぶれ変形が出るんじゃないかな。
冷蔵庫設置の際は考えにくいかな。
元々へこんでいた可能性もあるかもね、入居当時は隅っこだから気付かなかったとか。

棒のようなものでへこみをつついて見ては?
下地ボード...続きを読む

QRCと鉄筋コンクリートの違いとは?

賃貸の不動産を探しているのですが、鉄筋コンクリートとRCが同じなのか少し違うのか疑問に思っています。ある不動産屋さんには、RCは壁の仕切りが鉄筋でできていない場合があって、鉄筋コンクリートは壁の仕切りも鉄筋で出来ていると言われました。また、RC=鉄筋コンクリートと言う不動産屋さんもいました。
さきほどインターネットで検索してみたところ、RC=鉄筋コンクリートというページが多く見つかりました。
果たしてどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

RCとは、Reinforced-Concreteの略で、直訳すると「補強されたコンクリート」です。
つまり、RC構造とは、その名の通り、コンクリートを鉄筋で補強した構造、つまり鉄筋コンクリートのことです。
元々はヨーロッパの植木職人が植木鉢を作るときに、針金で補強したのが最初だと言われています。

さて、鉄筋コンクリート造(RC)と一口に言っても様々なバリエーションがあります。
ラーメン構造と壁式構造など、工法の違いもあります。
ラーメン構造は、RC構造の中で最も多用されており、基礎・柱・はり・壁・スラブ(床)などを一体としてつくる形式。壁式構造は、スラブ(床)と構造壁体を組み合わせて箱形に構成したものです。

ラーメン構造は地震力・風圧力など水平外力を柱と梁のみで受け止める構造で、間口方向、桁行方向ともに筋交いや耐力壁を必要としない構造で、開口部や間仕切りの位置や大きさが、自由に設定できるというメリットがあります。
中高層のビルやマンションの建築によく採用されている構造となります。

一方の壁式構造は、壁面や床板などの平面的な構造材を組み合わせた、柱を持たない箱状の骨組のことを指し、板状の薄い壁梁は付きますが、柱や梁型が室内に出っ張らないので、すっきりした空間ができます。
ただし、壁で構造を支えるために、室内空間に耐力壁(構造壁)を設ける必要があり、ラーメン構造に比べると空間構成の自由度は低く、大空間はできません。
通常は、鉄筋コンクリート造で5階建て以下の中低層マンションに多く採用されます。

上記の解釈から言えば、鉄筋コンクリート造=RC造の物件で、部屋間の間仕切壁に鉄筋を入れる場合は、壁式構造の物件となります。

が、全ての室内壁に鉄筋が入るかと言えばそうはなりません。
構造上、耐震性能が求められない部分、例えば出入り口などの大きな開口が設けられた壁や、柱・はりからはずれた壁は「非構造壁」といい鉄筋は入れる必要が無いからです。
ちなみに、柱やはりにつながっている非構造壁はその位置に応じて、「そで壁」、「たれ壁」、「腰壁」ともいわれます。

RCとは、Reinforced-Concreteの略で、直訳すると「補強されたコンクリート」です。
つまり、RC構造とは、その名の通り、コンクリートを鉄筋で補強した構造、つまり鉄筋コンクリートのことです。
元々はヨーロッパの植木職人が植木鉢を作るときに、針金で補強したのが最初だと言われています。

さて、鉄筋コンクリート造(RC)と一口に言っても様々なバリエーションがあります。
ラーメン構造と壁式構造など、工法の違いもあります。
ラーメン構造は、RC構造の中で最も多用されており、基礎・柱・はり・壁・...続きを読む

Qタンクのへこみ補修

いつもお世話になります。バイクのタンクのへこみの補修をしよう
と思っています。
微妙に曲面の場所が軽くへこんでしまっているのですが、自分で
調べたところ、まずへこんでる部分の塗装を荒めの耐水ペーパー
で水砥ぎする→水が乾燥したら、そこにエポキシパテを大めに盛る→
完全硬化後、荒めの耐水ペーパーから細めの耐水ペーパーで水砥ぎ
する→コンパウンドで磨く→サーフェサーを数回に分けて、へこみ
の部分より少し広めに塗る→乾燥後、耐水ペーパーの細めで軽く
水砥ぎ→付着した水が乾燥後、純正色の塗料(バイク用品メーカー
からでているもの)を数回かに分けてぬり、完全乾燥後耐ガソリン
ペイント(クリアー)を吹きつけ、完全乾燥後にコンパウンドで磨く
。という手順でやればあまり目立たないくらいまで補修可能でしょ
うか?手順が間違っていましたら指摘お願いします。また、補修
したことがある方がいましたら、アドバイス等お願いします。
一番はじめに純正塗料を落とす際に(パテが剥がれないように
盛りやすくするために)タンクを荒めで水砥ぎすると錆びると
聞いたことがありますが、水砥ぎ後、しっかり布で拭き、乾燥させ
パテを塗れば、錆びることはないのでしょうか?教えてください。
よろしくお願いします。

いつもお世話になります。バイクのタンクのへこみの補修をしよう
と思っています。
微妙に曲面の場所が軽くへこんでしまっているのですが、自分で
調べたところ、まずへこんでる部分の塗装を荒めの耐水ペーパー
で水砥ぎする→水が乾燥したら、そこにエポキシパテを大めに盛る→
完全硬化後、荒めの耐水ペーパーから細めの耐水ペーパーで水砥ぎ
する→コンパウンドで磨く→サーフェサーを数回に分けて、へこみ
の部分より少し広めに塗る→乾燥後、耐水ペーパーの細めで軽く
水砥ぎ→付着した水が乾燥後、純正色...続きを読む

Aベストアンサー

手順の間違いがあります。

>エポキシパテを大めに盛る→完全硬化後、荒めの耐水ペーパーから細めの耐水ペーパーで水砥ぎ→コンパウンドで磨く

パテはコンパウンドで仕上げません、水研ぎで終わりです。

>→サーフェサーを数回に分けて、へこみの部分より少し広めに塗る→乾燥後、耐水ペーパーの細めで軽く水砥ぎ→

この手順の前に、薄塗りパテで最初のパテの穴、細かい部分を修正する必要があります。
さらに、サーフェサーの水研ぎでパテの地が出て来たりしたら、再度サーフェサーを塗るからを繰り返して綺麗な下地ができるまで続ける必要があります。

実際はサーフェサーを塗る段階でチヂミ(塗料のシンナー分が既存の塗装に侵食して膨れたり縮みんだりすること)がでたりしますので(腕が良ければ出ないまたは最小限にできます)この辺も時間がかるし、補修の範囲が段々広がります。

私も何度かしましたが、大体凹んだ直径の2倍がパテの範囲、パテの2倍の範囲がサーフェサーの範囲、サーフェサーの1.5~3倍?位を塗装の範囲としないと綺麗に直った様に見えません。

小さな変形ならパテ埋めだけしてステッカーなどで隠す位にしないと思った以上に時間と費用が掛かることも頭においておいた方が良いかと思います。

手順の間違いがあります。

>エポキシパテを大めに盛る→完全硬化後、荒めの耐水ペーパーから細めの耐水ペーパーで水砥ぎ→コンパウンドで磨く

パテはコンパウンドで仕上げません、水研ぎで終わりです。

>→サーフェサーを数回に分けて、へこみの部分より少し広めに塗る→乾燥後、耐水ペーパーの細めで軽く水砥ぎ→

この手順の前に、薄塗りパテで最初のパテの穴、細かい部分を修正する必要があります。
さらに、サーフェサーの水研ぎでパテの地が出て来たりしたら、再度サーフェサーを塗るからを繰り返して...続きを読む

QRC鉄筋コンクリートマンションで声の反響

不動産屋さんと一所にRC鉄筋コンクリートマンションを内見した時、室内で自分達の声がかなり響きました。隣と接する壁を叩くとコンクリっぽいところとコンコンと鳴るところとがありました。これは太鼓現象というものでしょうか?それとも普通ある程度は響くものなのでしょうか?隣まで聞こえたり、逆に隣の声が聞こえてくることがあるのか心配になりました。不動産屋さんは大丈夫だと言われていましたが、ご意見伺いたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>壁は同じ側です。しかし中にはコンクリが入っていて、そこに壁板を貼っているのだそうです。

一昔まえ安く早く精度よく壁が作れるというので、GL工法というのがはやりました。コンクリートにボンドでボードを貼る方法です。
しかし、この工法では、コンクリートとボードの間の空間が太鼓のようになり、隣戸間の遮音性能が低下するということで、最近の居住用マンションではほとんど採用されなくなっています。

最近はコンクリートに直接クロスをはるか、コンクリートとの間の空間を大きくとってボードを張りその間に吸音材を入れるなどの使用をするのが普通です。

古いマンションや事務所などと混在しているようなマンションだとまだこのGL工法のものがありますので、遮音性能上注意が必要です。

質問にあるようなのは、上記の太鼓現象とは違い吸音率の問題です。
鉄筋コンクリート自体は遮音性能がいい代わり、吸音性能は悪いです。そのため、反射がよく起こり、特定の周波数が増幅されます。
家具などを入れると吸音は大きくなりますので、空の部屋ではより大きく感じられます。
でも、大きく反響するならその部屋自体の吸音力が低いと考えられます。天井に吸音板を使用するなどの対策をしていないような気がします。

反響がひどい場合、外部の大型車のエンジン音がちょうどこの増幅しやすい周波数帯域にあるため、気になることもあります。

>壁は同じ側です。しかし中にはコンクリが入っていて、そこに壁板を貼っているのだそうです。

一昔まえ安く早く精度よく壁が作れるというので、GL工法というのがはやりました。コンクリートにボンドでボードを貼る方法です。
しかし、この工法では、コンクリートとボードの間の空間が太鼓のようになり、隣戸間の遮音性能が低下するということで、最近の居住用マンションではほとんど採用されなくなっています。

最近はコンクリートに直接クロスをはるか、コンクリートとの間の空間を大きくとってボードを...続きを読む

Q壁の大穴補修を業者さんに頼もうと考えています。

50cm x 60cmの穴が空いており、業者さんに頼んで補修をしようかと考えています。穴はこの他にも、同じ壁で小さいのがいくつか空いており、リペアプレートで補修をしてありもったいないので、補修の際に壁全部を張り替えることがなければよいと考えているのですが、実際の補修では、この大きな穴だけの補修をしていただく、ということは可能でしょうか?どなたか詳しい方、いましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうです。

壁の裏には一定の間隔で木材が配置されています(下地)
その下地(木材)に接着なり打ち付けなりしなければ、キッチリとした補修は出来ません。

その穴の部分を、そう言った下地に合わせて壁材を切り取って新しい壁材で覆います
全面貼り替えに比べると強度は落ちますが、まあ充分でしょう

Q鉄筋コンクリート構造の建築費

2階建て、8室のアパートを、鉄筋コンクリートで建てたいと考えています。当初、3階建て9室で、延べ130坪ぐらいの建物で9000万円はかかる、と建築士さんから聞きました。2階建てを鉄筋コンクリートで建てても、坪70万円ぐらいはするのでしょうか?
また、鉄筋コンクリートとは、壁式構造のことですか? 

Aベストアンサー

>2階建てを鉄筋コンクリートで建てても、坪70万円ぐらいはするのでしょうか?
ごく一般的な相場として鉄筋コンクリート造で坪70万円は妥当な線です。2階建てでも3階建てでもあまり変わりはないでしょう。
>、鉄筋コンクリートとは、壁式構造のことですか? 
「壁式構造」についてはご理解いただけているのでしょうか。確かに壁式構造もありますが、もっと一般的な構造として「ラーメン構造(柱梁構造)」があります。ただ、4階建て以下程度で、アパートのように同じタイプの部屋割りが重なるような建物には「壁式構造」が適していますし、ラーメン構造より割安です。

Q壁穴の補修方法についてお伺いします。クロスが貼ってある壁の補修方法はネットで検索すると出て来ますが、

壁穴の補修方法についてお伺いします。クロスが貼ってある壁の補修方法はネットで検索すると出て来ますが、塗装された?外壁のような壁に開いた穴についての補修方法は見つけられませんでした。材質は石膏ボードのようで、外は塗装され外壁のようなボゴボコした手触りです。自分で直すことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

木ねじのようなものを慎重にねじこんでみて、中の塊が自分の方へ出てこないか引っ張ってみる。=かなりの線まで取り出せれば成功だが、可能性は低い。

まずは接着剤で穴の回りをかためる、(これ以上奥に行かないように)

乾燥後、固まるタイプのシリコン系以外の塗装できるコーキング剤で盛り付ける。=小模様まで似せて仕上げるには2度工程となります。

十分に乾燥したところで、今度は塗装。 デコボコ塗料少しの量は入手困難。
=スプレーが理想だが合う色はない。 よってホビー用くらいの油性もので色合わせをすること。塗りつける時と乾燥後では少し色合いが違うので微妙と言えば難しいね。

Q鉄筋コンクリート構造配筋標準図のスリーブについて

こんにちは2点質問です。
1:鉄筋コンクリート構造配筋標準図の、梁貫通孔補強の項目にて、80φ以上の梁貫通から
鉄筋の補強要領が描いてあるのですが、外径80以上の塩ビ管を先行配管している場合も、当然80以上の梁の断面欠損と考えて、補強するものだと思っていたのですが、違いますでしょうか?
施工屋はボイド管の場合は必要だけど、塩ビ管の場合は必要ないと言っているのですが?!

2:スリーブの定義が一部わかりません、配管用に梁に穴が開いている状態をスリーブのみをスリーブというのでしょうか?先行配管で塩ビ管が梁貫通している場所はスリーブとは言いませんか?

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
構造学上、塩ビ管であろうがボイド管であろうが梁貫通となります。
開口補強を必ず行うように。
穴が開く事で、梁内部の応力伝達分布が、変わりますから補強が必要です。
補強しないと言うのならその施工屋に、大丈夫だと言う根拠を提出させなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報