任期途中で解任した監査役の後任監査役の任期ですが、平成18年11月に就任した監査役ですが平成20年1月に任期途中で解任しました。後任の監査役は、平成20年1月に就任しましたがこの場合、後任監査役の任期はいつまででしょうか?定款には、任期満了前に退任した監査役の補欠として選任された監査役の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とすることの条文が入っています。前任者の任期4年?を引き継いで22年11月という事で宜しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補欠監査役であれば任期を引き継ぎますが、補欠監査役でなければ引き継ぐことはありません。


これは補欠監査役でない場合に任期を引き継ぐと、監査役の任期短縮となり会社法違反になってしまうからです。
補欠監査役に該当するかは、過去の総会議事録をご確認ください。

なお、任期は選任後約4年でありますので、詳しくは会社法336条を参照いていただきたいと思います。
    • good
    • 0

役員の補欠の概念を、会社法と商法とで解釈を変更しました。


1人監査役の場合
この件は、議論があるところです。
法務省が正式見解を出していません。(通達など)
会社関係の団体は、 補欠に該当し、残存任期にすべきと言っています。

法務局の考えは
会社法成立直後は、 補欠に該当しない
現在は、 補欠に該当する
と思われます。(最近有力者が補欠に該当するとの節を唱えていますので)

補欠の要件と選任時補欠として選任する必要があるかなど、
具体的内容を 法務局に相談をしてください。
なお、会社法を読んでも解りません。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任期途中で解任した監査役の後任の任期

任期途中で解任した監査役の後任監査役の任期ですが、平成18年11月に就任した監査役ですが平成20年1月に任期途中で解任しました。後任の監査役は、平成20年1月に就任しましたがこの場合、後任監査役の任期はいつまででしょうか?定款には、任期満了前に退任した監査役の補欠として選任された監査役の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とすることの条文が入っています。前任者の任期4年?を引き継いで22年11月という事で宜しいのでしょうか?

Aベストアンサー

補欠監査役であれば任期を引き継ぎますが、補欠監査役でなければ引き継ぐことはありません。
これは補欠監査役でない場合に任期を引き継ぐと、監査役の任期短縮となり会社法違反になってしまうからです。
補欠監査役に該当するかは、過去の総会議事録をご確認ください。

なお、任期は選任後約4年でありますので、詳しくは会社法336条を参照いていただきたいと思います。

Q340条 監査役会の会計監査人解任権と426条

340条は監査役全員の同意で解任できるということです。監査役会がある場合も別の項をわざわざ立てて手続きが定められています。
426条参照425の三項で定款変更等の議案を提出する際、監査役設置会社における監査役全員の同意を手続きとして求めていますがこれは監査役会設置会社でも監査役全員が同意すればよいということなのでしょうか。

ここで疑問ですがなぜ同じ全員の同意を要するという条件なのに340条は監査役設置会社と~役会設置会社を分けているのでしょう。425条三項のように~役設置会社が~役会設置会社を包含するのだから~役設置会社だけの記述でよいと思うのですが。

Aベストアンサー

>会計監査人は外部との関係なのである程度形式的にしっかりとした手続きを踏まないといけないのですね。

 そうだと思います。株主総会で選任された会計監査人の地位を剥奪するという重大な事柄について、監査役会設置会社では、監査役会で十分に討議せよと言うことなのだと思います。

>ということは会計監査人を監査役会が独断で解任する場合は議事録もきちんと作っておかないとだめなのに対し423条責任免除の場合はある程度ラフな感じでもokということでしょうか。

 責任免除の場合は、通常、取締役会において、当該議案について監査役は同意するか否かの意見を述べるでしょうから、同意した場合は、その旨を取締役会議事録に記載することになると思います。

Q監査役を会計監査限定にした場合、監査役の任期は終了しますか?

監査役の監査権を会計監査権のみに限定する定款変更をした場合、
監査役は任期満了で退任しますが、会計監査人がいた場合には
会計監査人の任期も満了して退任することになるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>監査役の監査権を会計監査権のみに限定する定款変更をした場合、監査役は任期満了で退任しますが

→会計限定の定めを設けても監査役は退任しません。会計限定との絡みで問題となるのは、ご質問とは逆の場合です。今まで会計限定の定めがあったのに、これを廃止した場合に監査役は退任します(336条4項3号)。

>会計監査人がいた場合には会計監査人の任期も満了して退任することになるのでしょうか?

→会計監査人のいる会社においては、そもそも監査役の権限を会計に関するものに限定することはできません(389条1項括弧書)。

Q監査役の任期、定款で「2年」。次回の登記は?

株式会社の監査役についてです。監査役は常に1人しか置いていません。

Aさん  平成17年就任
     平成19年辞任
                  
     平成19年就任  
     平成20年辞任  
               
Bさん  平成20年就任

定款に監査役の任期は「2年」とあり、前任者の残任期間を引き継ぐともあります。
平成18年会社法施行により「4年」となったかと思いますが、今回の場合、会社法はどこから効力を発するのでしょうか??

自分の勝手な推測では、「平成17年就任は任期2年とされ、平成19年で任期満了退任。
平成19年からは、会社法の任期4年が適用され、平成23年で任期満了退任。」このような推測をしましたが間違いでしょうか?

平成19年の辞任・就任で何らかの足並みを揃えてくれているように思うのですが、分かるものが居らず。。。
前にも似た質問をしたのですが、上記のような疑問が新たに出てきて困っております。回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

監査役に任期の変更は、定款の変更の有無にかかわらず、強制的に変更されました。
監査役の任期が4年になったのは、 平成14年からです。
会社法施行後は、
19年 20年の選任したとき、補欠として選任したか、ただ単に選任したかにより異なる。

Q会社法 監査役 会計監査人 会計参与

会社法の知識のご質問です。

監査役という機関がありますが、
監査役の中でも、監査の範囲を会計に限定されている監査役のことを、
会計監査人というのでしょうか?

もしくは、監査人のうち監査の範囲を会計に限定されている監査役と、会計監査人は別の機関なのでしょうか?

会計参与という機関もあり、会社法の中で会計に携わる機関が理解出来ません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 監査役という機関がありますが、
> 監査役の中でも、監査の範囲を会計に限定されている監査役のことを、
> 会計監査人というのでしょうか?
 違います。監査の範囲を会計に限定されていても,「監査役」という名称に変化はありません。

> もしくは、監査人のうち監査の範囲を会計に限定されている監査役と、会計監査人は別の機関なのでしょうか?
> 会計参与という機関もあり、会社法の中で会計に携わる機関が理解出来ません。
 以下のように理解すればよいと思います。
・監査役   会社の業務執行が適正に行われているかどうかを監査する役員。資格制限はない。
・会計監査人 会社の計算書類が適正に作成されているかどうかを監査する機関(役員ではない)。
       公認会計士又はその法人である監査法人しかなれない。
・会計参与  会計の専門家として,取締役とともに会社の計算書類を作成する役員。
       会計参与を置くかどうかは会社の任意である。
       税理士,税理士法人,公認会計士又は監査法人しかなれない。

Q監査役会設置会社の監査役新任について

監査役会設置会社です。このたび監査役を新任することになりました。

基本的なことで恐縮ですが、監査役は監査役会で選任されるという理解でよいでしょうか。
また、その後は、株主総会招集についての決議を取締役会が行い、株主総会にて承認を得るという順序でよいでしょうか。
この場合、取締役会では、当該監査役の選任の決議は不要という理解でよいでしょうか。

教えていただけますようお願いします。(監査役会規程も読まないといけないですね。)

Aベストアンサー

1) 監査役会において、提案する候補者について決議
2) 続いて、取締役会において、監査役会が提案する候補者について選任の可否を諮る株主総会招集の決議
3) 続いて、株主総会において決議

 今回の監査役の増員は、監査役会からの要望なのでしょうか。そうであれば、上記の流れになりますが、通常は、取締役選任と同じように、監査役選任の議案の内容も代表取締役等が作成し、それを取締役会に諮り、会社提案の議案として、取締役会の決議で決定するという流れになると思います。そうであれば、監査役会が候補者を提案するのではなく、監査役選任の議案の内容に同意するということになります。もちろん、これは会社の実情によりますので、どちらが正しいとか間違っているという問題ではありません。

Q常勤監査役の扱い

いつもお世話になっております。
社員数5名程度の会社です。
さて、常勤監査役の労働保険についてどなたか教えてください。

役員報酬毎月5万、従業員部分給与毎月15万

役員賞与40万(支給は総会後の利益処分後に支給)

労働保険の年度更新を行う場合
この方の場合、確定保険料算定基礎賃金集計表の
役員で労働者扱いの者の金額は毎月5万、雇用保険の同項目もも毎月5万で良いのでしょうか。

賞与40万は役員部分だけなので、記載しないで
よろしいでしょうか。(商法上は監査役の使用人兼務
は認められていないので)


素朴な疑問ですが、そもそも監査役は労災保険や雇用保険に加入できるのでしょうか?兼務役員(取締役作業部長etc,,)なら全く問題はないのでしょうが。監査役にかんしては絶対ダメという方もいれば、逆に常に従業員として事業主との間に明確な雇用関係があればオッケーだという意見もあるようです。労働保険はオッケーで雇用保険はダメという方もおられます。一体どれが正しいのでしょうか?

ちなみに監査役はオーナーと血縁関係のない方で長年会社に勤務された後、常勤監査役に任じられた方で、70近い高齢者ですので会社個人とも雇用保険は徴収されませんが、以前雇用保険加入のままです。資格を喪失する必要はありませんよね?


よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。
社員数5名程度の会社です。
さて、常勤監査役の労働保険についてどなたか教えてください。

役員報酬毎月5万、従業員部分給与毎月15万

役員賞与40万(支給は総会後の利益処分後に支給)

労働保険の年度更新を行う場合
この方の場合、確定保険料算定基礎賃金集計表の
役員で労働者扱いの者の金額は毎月5万、雇用保険の同項目もも毎月5万で良いのでしょうか。

賞与40万は役員部分だけなので、記載しないで
よろしいでしょうか。(商法上は監査役の使用人...続きを読む

Aベストアンサー

原則としては、監査役は雇用保険の被保険者となりません。しかしながら、従業員としての職務を有するときは、その部分では被保険者になることができます。
さて、ご質問の件ですが、兼務役員の場合は、実務的には兼務役員の届出(URL参照)をしてハローワークに認定してもらう必要があるのですが、その手続は済んでいますか。
もし、とられていないようであれば、離職の際に遡って資格喪失されるかもしれません。
また、監査役様は高齢の方ですが、実態として本当に従業員としての職務があるのでしょうか。失業保険を受給するときに、そのような証拠書類を求められる可能性もあります。

実態として、兼務役員にそぐわない場合は、早めに資格喪失することをお勧めします。

参考URL:http://www.iidabashi.hello-work.jp/riyou/koho/youshi5.html

Q監査役設置会社と監査役会設置会社

この二つの違いを教えてくださいm(_ _)m

【会】があるかないかで、何か違いがあるのでしょうか?

会社法です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的な機能は差がないと言えますが、「会」があるかないかで必要な監査役の人数や社外監査役が必要かどうかという違いが生じますから、結果として会社のガバナンス強化の違いとして現れることになります。
監査役設置会社は監査役が一人、しかも非常勤でもいればよいので、取締役のチェックも勢い弱くなるというか十分ではない可能性があります。
監査役会設置会社は3人以上の監査役が必要で、かつ半数以上は社外監査役、また常勤監査役が必要です。会社に常駐する監査役が一人はいることになります。
あと監査役の監査報告書は、各監査役が作成し、それをもとに監査役会としての報告書が出されますし、普段の監査役が決めるべきことも会として審議、決議しますから偏りは少なくなるでしょう。
以上から法的な役割は差がなく、機能の強弱の違いとして現れると考えればよいでしょう。
ですから、公開会社のような世の中に影響のある会社はガバナンス強化のために監査役会の設置が義務付けられているわけです。

Q監査役の任期、辞任2回の補欠について。

株式会社の監査役について。監査役現在1人です。

Aさん 平成17年 就任
     平成19年 辞任

平成19年 就任
平成20年 辞任

Bさん 平成20年 就任

Bさんが監査役を続けていくのですが、この場合、次回の登記はいつになりますか?

もし残任期間を引き継ぐのが、17年から数えるとすると、Bさんは平成21年に一度任期満了退任の登記をしてからまた重任となるのでしょうか?平成19年から残任期間を引き継ぐなんてことはないでしょうか?;;
監査役の任期は4年以外にあるのでしょうか。

疑問が多くて申し訳ないですが、回答宜しくお願い致します

Aベストアンサー

監査役の任期は、定款にどのように記載しているかで変わりますが、通常は4年間(監査役は定款に記載する事で最長10年まで可能)であり、最もよく記載されているのが、任期途中で辞任した役員の残存期間と同一とする内容(会社法第336条3項)です。(このようにしている事が多い理由としては、このようにしなければ、株主総会を開いて監査役の選任決議をしなければならない回数が増え、煩わしくなるためです。)

監査役の任期が4年だとして、ご質問の内容から推測するに、Aさんの監査役就任が平成17年であり、そこから起算して4年目は平成21年になるので、平成20年に就任したBさんの任期も平成21年までとなります。

もし、貴方が第3者であり、このBさんの監査役としての任期を調査したいのなら、最寄の法務局へ行き謄本をとれば、直ぐわかります。
また、貴方の会社の事で不明なのであれば、まずは定款の記載内容を確認してみてください。

Q非大会社の監査役を社外監査役にするメリット・デメリット

今勤めている会社(会社法上の大会社ではありません)には監査役が3人いて(監査役会はありません)、うち二人が会社法2条における社外監査役の条件である、

十六  社外監査役 株式会社の監査役であって、過去に当該株式会社又はその子会社の取締役、会計参与(会計参与が法人であるときは、その職務を行うべき社員)若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったことがないものをいう。

を満たしています。しかし、社外監査役としての登記をしていないため、法的にその二人はただの監査役となっています。

これでは外部に説明するときややこしいということで、「この二人を社外監査役として登記してはどうか?」という議論が沸きあがっています。

もしこの二人を社外監査役として登記した場合、ただの監査役として勤めていたときと比べてどのような違いが生じてくるものなのでしょうか?
それぞれのメリットデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

>もしこの二人を社外監査役として登記した場合、ただの監査役として勤めていたときと比べてどのような違いが生じてくるものなのでしょうか?

 例え会社法上の社外監査役の要件を満たすとしても、監査役会設置会社あるいは、社外取締役(会計参与、社外監査役、会計監査人)が負う責任の限度に関する契約(以下、責任限定契約といいます。)の締結についての定款の定めがある場合ではないと、社外監査役である旨の登記をすることはできません。
 単に社外監査役として登記するために、監査役会設置会社の定め、あるいは、責任限定契約の定めを設ける定款変更をするのでは本末転倒だと思います。もちろん、例えば、コンプライアンスの観点から、監査役会を設置するというのでしたらそれは構わないでしょう。しかし、監査役会設置は、監査役は最低3名必要ですし、しかも監査役の半数は社外監査役でなければなりませんから、今いる社外監査役がいなくなった場合、あらたに社外監査役を確保しなければなりませんから、そのことも念頭に入れて十分に検討されることをお勧めします。

会社法

(監査役の資格等)
第三百三十五条
省略
3  監査役会設置会社においては、監査役は、三人以上で、そのうち半数以上は、社外監査役でなければならない。

(責任限定契約)
第四百二十七条  第四百二十四条の規定にかかわらず、株式会社は、社外取締役、会計参与、社外監査役又は会計監査人(以下この条において「社外取締役等」という。)の第四百二十三条第一項の責任について、当該社外取締役等が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、定款で定めた額の範囲内であらかじめ株式会社が定めた額と最低責任限度額とのいずれか高い額を限度とする旨の契約を社外取締役等と締結することができる旨を定款で定めることができる。
2  前項の契約を締結した社外取締役等が当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人に就任したときは、当該契約は、将来に向かってその効力を失う。
3  第四百二十五条第三項の規定は、定款を変更して第一項の規定による定款の定め(社外取締役(監査委員であるものを除く。)と契約を締結することができる旨の定めに限る。)を設ける議案を株主総会に提出する場合について準用する。
4  第一項の契約を締結した株式会社が、当該契約の相手方である社外取締役等が任務を怠ったことにより損害を受けたことを知ったときは、その後最初に招集される株主総会において次に掲げる事項を開示しなければならない。
一  第四百二十五条第二項第一号及び第二号に掲げる事項
二  当該契約の内容及び当該契約を締結した理由
三  第四百二十三条第一項の損害のうち、当該社外取締役等が賠償する責任を負わないとされた額
5  第四百二十五条第四項及び第五項の規定は、社外取締役等が第一項の契約によって同項に規定する限度を超える部分について損害を賠償する責任を負わないとされた場合について準用する。

(株式会社の設立の登記)
第九百十一条
省略
3  第一項の登記においては、次に掲げる事項を登記しなければならない。
省略
十八  監査役会設置会社であるときは、その旨及び監査役のうち社外監査役であるものについて社外監査役である旨
省略
二十四  第四百二十七条第一項の規定による社外取締役、会計参与、社外監査役又は会計監査人が負う責任の限度に関する契約の締結についての定款の定めがあるときは、その定め
省略
二十六  第二十四号の定款の定めが社外監査役に関するものであるときは、監査役のうち社外監査役であるものについて、社外監査役である旨
以下省略

>もしこの二人を社外監査役として登記した場合、ただの監査役として勤めていたときと比べてどのような違いが生じてくるものなのでしょうか?

 例え会社法上の社外監査役の要件を満たすとしても、監査役会設置会社あるいは、社外取締役(会計参与、社外監査役、会計監査人)が負う責任の限度に関する契約(以下、責任限定契約といいます。)の締結についての定款の定めがある場合ではないと、社外監査役である旨の登記をすることはできません。
 単に社外監査役として登記するために、監査役会設置会社の定め、あ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報