私は昔から本を読むことが好きで、社会人になった今でも文庫本で月に5~10冊程度、読んでいます。
が、ケータイ小説にはどうしても食指が動きません。
題材に興味を持てない、文体に嫌悪感をおぼえる、そもそも横書きというのが苦手…など、理由を挙げだしたら限りがないのですが、私の意見はこの際置いておきます。

類は友を呼ぶとでもいうのか、友人も本好きな人が多く、彼女らが口をそろえて言うのが「ケータイ小説は読めない(読みたいと思わない)」ということなのです。
巷では話題沸騰の作品も多いこのジャンルですが私の仲間内ではどちらかというと不人気で、親しい友人の中にはアンチ・ケータイ小説派という人もいます。
逆に、普段は本を全く読まず、漫画さえあまり開かないという幾人かは、ケーター小説崇拝(?)の節があります。

そこでふと疑問に思ったのですが、ケータイ小説を好きか嫌いかということと、日ごろの読書習慣(読書量など)に、何か関係性はあるのでしょうか?
自分の周りのことだけ見てみると、あまり(紙の)本を読まない人ほど、ケータイ小説にのめり込んでいる様に思えるのです。
これが、私の周りではそう見えるだけで一般的には何のつながりもないのか、それとも、広く窺える傾向なのかを知りたいと思いました。
できるだけ多くの方のご回答を頂きたく、アンケートさせていただきます。



1.ケータイ小説、好きですか?嫌いですか?
2.その理由は?
3.ケータイ小説に没頭する人、または過熱するケータイ小説ビジネスについて何か思うところがあれば、教えてください。
4.普段は、どんな本を(時代小説とかビジネス書とか、おおまかな分類で構いません)どのくらい読みますか?
5.年齢(年代)、性別を教えてください。



うまくまとめられず、長々とした質問文になってしまい申し訳ございません。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

ご回答を宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

1. 嫌いです


2. 友人(大学時代の後輩で数年会っていなかった)がよく読むというので、パソコンのサイトですが、携帯小説がまとめられているところで「一番人気」というのを読んでみたところ、くだらないというか稚拙というか、受けつけませんでした。
3. たぶん携帯小説にはまる人は、普通の小説を読んだことがないのだと思います。起伏がない、文章が砕けすぎていて読む層を限定しすぎる。描写がほとんどなく、同じ状況(高校生であるとか)にいる人にしか通じない。浮かんでこない。
4. 中間小説を主に読んで、少しサスペンスよりのもの読みます。あとは実用書。昨年は100冊ぐらい読みましたので、月に5~10冊。
5. 30代半ば、男性です。

携帯小説は、まだ未発達なのだと思います。
書いている裾野が広いから、玉石混淆になりがちではあると思います。
これから、良いものも出てくる可能性は十分あると思いますが、携帯の小さい画面故に、複雑なものは出にくい土壌もあると思います。

結局は、あきたらなくなって、紙で読むようになるんじゃないかなとも。
短編でもいいから、まともな小説を読んでみたら、携帯小説には戻れないと思います。

それにしても書籍化したらもはや携帯小説とは言えないですね。
小説と同じ土俵で闘うことになりますから。
内容が良いとか、新しい表現がすごいとかあれば、古くからある賞(芥川賞、直木賞)などにも評価されるはずなので、携帯小説が元でもそういう賞が取れるようになったなら、それはそれでいいと思いますが、現状はまだまだかなあ。と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「一番人気」というのを読んでみたところ、くだらないというか稚拙というか、受けつけませんでした。

人気があっても、自分が気に入るかどうかとなると別問題ですよね。
私も、なんとなく「受けつけない」感じがして読めないのです。


>起伏がない、文章が砕けすぎていて読む層を限定しすぎる。描写がほとんどなく、同じ状況(高校生であるとか)にいる人にしか通じない。浮かんでこない。

なるほど!大変に的を射ている意見のように思えます。
だから私には通じなかったのか!(田舎暮らしの会社員だから、トウキョウの高校生の状況なんて、ねぇ)

>書いている裾野が広いから、玉石混淆になりがちではあると思います。(中略)芥川賞、直木賞)などにも評価されるはず

言われてみればそうですよね。思わず、唸ってしまいました。
仰るとおりだと思います。


それにしてもさすがは年間100冊の読書量。大変熟れた文章をお書きになります。
分かりやすく、非常に考えさせられました。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/15 17:11

再度 res を。


純粋に文字数の表現力だけ考えてみます。
横書きでもいいです。最近の自然科学の新書は横書きですので。
文学にならない、小説にならない物語でも何でもいいのですが、
今、手元にある文庫本を見てみますと、
34行で1行当り41文字あります。
で、そのサイズは見開きで A5判のようですね。
私のパソコンでは表示可能です。
但し 17インチのディスプレーです。
人の能力は、そのページを数秒で読み取る能力があります。
あとは、私の様な老人は複雑な文字が判らない場合、眼を近づけば判る分解能の問題があります。(実はこれは読むという行為には問題ないかも。)
北方の水滸伝や宮城谷の小説などでは、難しい漢字(特に人名)のふりがなは初出ページの最初にしかふってなくて、確認するのにぱらぱらとページを元にめくります。
その時に働く私の目は、一ページの雰囲気です。
また、小説の中に挿入された写真や、絵画(イラストと云うには抵抗がある絵)を探す時も、それをみる人の普通な力量でしょう。
まだまだ、そうした私達の普通の力量にこうした電子ソフトは追いついていないと云うのが私の意見です。
がんばって欲しいのと、将来は電子書物も普通に近づくのでしょうが。
現時点では、少数のジャンルとして、ぽつぽつとでてきたまぁおもろいんではないかというはなしでおわってますのでたぶんじゅうねんごにはおわってしまうはやりのはなしでしょう。
がんばらなければならないのはあなたたちですね。

この回答への補足

himiko_1947様への補足欄を使い、アンケート結果のまとめと皆様へのお礼をさせていただきます。

日常的に本(小説など、日本語で縦に書かれたもの)を読んでいる人にとっては、「横書き」ということが最初の障害になるようです。
明確な根拠は今回は挙がらず、おそらく感覚的なものなのでしょうが、かなり根強いと思われます。
また、日々プロ作家の多彩な表現に触れている人にとっては、ケータイ小説の平易で親しみやす過ぎる書き口がむしろ仇【あだ】となり、「稚拙・薄っぺらい」という印象を与えるため、これを嫌悪する人が多いようです。
しかも、語彙寡少で状況を把握しにくいという傾向がありますので、主人公と世代や生活環境が違う人には非常に分かりにくく、厭わしく思えることの一因となるのでしょう。
さらに、おそらくは読者層が限定的であるため題材に偏りが生じ、これこそが「ケータイ小説」というジャンル全体に対する好悪がはっきりと分かれる理由だと思います。
読書家の中にはこういったケータイ小説を『小説』とは認めたくないと感じる人も少なくなく、デジタルデータであるうちは言わずもがなですが、紙媒体となっても変わらないと言えます。

では、日ごろ本を読まない人ほどケータイ小説にのめり込むかと言うと、必ずしもそうではありません。
確かに、簡潔な単語と言い回し、身近なツール(携帯電話またはパソコン)は、読むことへの誘【いざな】いになるかも知れませんが(そしてそれが本格的な読書への「入り口」となれば言うことはないのですが)、文字を読むこと自体に苦痛を感じる人にとっては、効果はないと言えます。人それぞれですので、それはそれでいいと思います。

最終的な結論として、

〔ある程度、本を読んでいる(そのように自身で認識している)人は、総じてケータイ小説を好まない。程度の違いこそあるが、多くは「やや苦手」~「読めたものじゃない」といった印象をもつよう。重厚な活字への抵抗がある人の中には、簡単な言葉と身近なツール、デジタル表示(文字色、改行など)の視覚効果が手助けとなりケータイ小説を愛読する人もいる。しかしながら、文字を読むこと自体に苦痛を感じる人にはこの効果は期待できない〕

と言えそうです。

アンケートにご回答いただきました皆様には、心より御礼申し上げます。
ご協力くださいまして、ありがとうございました。

himiko_1947様:
補足欄をお借りし、申し訳ございません。
皆様のご回答を自分なりに解釈した結果を、質問者の義務としてお伝え申したく、書き込みました。
himiko_1947様に対しては失礼になるとは存じますが、何卒、ご無礼をお許しください。
あらためまして、ご協力ありがとうございました。

補足日時:2009/06/01 10:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、ありがとうございます。

>複雑な文字が判らない場合、眼を近づけば判る分解能の問題があります。
>確認するのにぱらぱらとページを元にめくります。
ページを戻るというのは、わたしもよくやります。
アナログの便利さというのも、まだまだありそうですね。
電子書籍で、いわゆる純文学を読んだこともありますが、内容を確認しようと遡るのが大変大変。
紙だったら、himiko_1947様がおっしゃるようにページをぱらぱらと捲って、比較的簡単に見つけられるのですが。
デジタル画面をスクロールさせていくよりも、紙の本を繰っていく方が人間の能力(知覚的なもの)にフィットしているような気がします。
ケータイ小説ないし電子書籍への違和感は、人間の能力との微妙な差(性能の良し悪しではなく、単に性質のズレのようなもの)によるのかもしれません。

お礼日時:2009/05/19 19:28

私の周りにもそういう人が大半です。




1.あまり好きじゃないけど話題作の2作は読みました。
  ケータイでは読めるけど、それを本にしたものは読めない。

2.何故かは分かりませんが、横文字というのが嫌。縦に慣れているせいか安っぽく見えるし、読みづらい。
  内容に陳腐なものが多い。恋人の死やレイプなどの題材が多すぎ。

3.ケータイ小説は主に女子中高生が中心だと思います。
  多分小説をあまり読まない年頃でしょうし、横文字が一番読みやすいんだと思います。メール感覚で読めるからはないでしょうか。
  没頭するのは個人の自由ですが、そんなものを読書と思って欲しくないなぁと思います。失礼ですが…

4.私は推理小説を読みます。東野圭吾などを読みます。

5.21歳女です。縦書きの普通の小説にはまると横文字小説はなかなか読めません・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>縦に慣れているせいか安っぽく見えるし、読みづらい。
そうですね。
たしかに、安っぽいというか軽いというか、内容に厚みを感じないような気はします。
たらたら~と、流れていってしまう感じ。
何より、読みづらいですね。
他の方へのお礼でも書きましたが、なんとなく「しっくりこない」という感じで、読んでいて疲れます。

>恋人の死やレイプなどの題材が多すぎ。
題材が偏っているというのは、読者層が偏っているということのように思えます。
やはり、女子中高生のみに狙いを絞っているのでしょうか。
私だったら、高校生の頃でも絶対に読みたいと思わなかっただろう題材ですが(笑)

>没頭するのは個人の自由ですが、そんなものを読書と思って欲しくないなぁと思います。
同感です!
ちゃんと、縦書きの、絵のない小説をページ捲って読んで、初めて「趣味・読書」と言ってくれよ、と思いますね。
純文じゃなくてもいいからさ、と。

ご回答ありがとうございます。
余談ですが、東野作品は私も好きです。文庫化を待てず、ハードカバー買いしてしまいます。

お礼日時:2009/05/17 14:53

1.分からない。


2.読書自体昔から嫌いで読もうと思ったこと1度もないので。
3.別に没頭するのは手軽に読めていいと思うけど、携帯で読むのに意味がると思うからいくら大人気になったからといって書籍化することはいいと思えない。
4.2の通りなので基本雑誌しか読みません。読んだとしても芸能人の自伝です。
5.20代男
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>読書自体昔から嫌いで読もうと思ったこと1度もないので。
世間では、「若者の活字離れに新たな風!」という見方でケータイ小説を取り上げていたりもしますが、本嫌いの人にとっては何処吹く風、といったところなのでしょうか(ちょっと違うか)

>いくら大人気になったからといって書籍化することはいいと思えない。
これは、確かにその通りだと思います。
私には魅力がよく分かりませんが、何かそのようなものがケータイ小説にあるとして、それはやはり「ケータイで読む」からこそのものではないのか?と。
もともと個人のインターネットサイトから火のついたものも多いようですし、何でもかんでも商業利用しようとしている人たちがいると思うと、そのこともケータイ小説に対する嫌悪感を煽ります。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 14:38

1.好き嫌いより、興味がない。


2.必要性を感じない。
3.それ自体が主流になれば折れるかも。
4.文学、漫画、読物、科学を問わず全般。文学からエロ本迄を週に一冊から3冊。
5.団塊の世代、男

ケータイ小説って携帯電話で読むのですか?
あの狭い表示窓に何文字まで出るのやら?
私の読むスピードに合わせるには、指が攣ってしまう!!
数百ページの読物を読む様には作られてないです。
まさかパソコン!!
文庫本の大きさで、ポケットに曲げて突っ込める様になったら考えてあげてもいい。
まさか、ジャンルの話?
で、おおかたの小説の流れである、単行本から文庫本への流れがあるのなら、
文庫本に出るまで待つかな。

ピント、多分、おおはづれですよね。
左欄の“あなたはどんな人”の所のチェック。専門家にしてやろう。
私は好きな本を読む専門家。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>好き嫌いより、興味がない。
あ、こういう意見もあるのか!という感じです。

>数百ページの読物を読む様には作られてないです。
そうですよね。
私、一番長いもので上下巻合計1,400ページくらいの小説を読んだのですが(すごく気に入っていて、今でも愛読書)、あれをケータイないしパソコンで読むことを考えると、いくら好きでもゲンナリしてしまいます。

>私は好きな本を読む専門家。
素敵な考えだ…!

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 14:28

1.あまり好きではありません。



2.以前「恋空」をちょっと読んでみましたが、「読めなくも無いけど落ち着かない」という印象を受けました。
「文章を読んでいる」という感じがしないのかもしれません。

3.流行の、日本語の文章としておかしいようなケータイ小説に没頭する人はちょっと……と思います。
そんな中に埋もれてしまった良い作品を発見し、そこから没頭したというタイプの人は(いるのかどうかは知りませんが)いいのではないでしょうか。

4.時代小説が多いですが、ファンタジーやミステリーなど何でも読みます。最近は読書スピードが落ちてしまっているのですが、多いときは月に2,3冊といったところでしょうか。
今は停滞期なのか、三ヶ月くらい同じ本を読んでいます(笑)

5.20歳の女です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「読めなくも無いけど落ち着かない」
やはり、そういう方もいらっしゃるんですね。
アンチというほどではないけれど、何となくしっくりこない、という感じなのでしょうか。

>今は停滞期なのか、三ヶ月くらい同じ本を読んでいます(笑)
やっぱりありますよね、停滞期(笑)
私は精神状態によって読書量がガラっとかわるので、1週間で10冊近く読んだと思えば、1冊の本を1ヶ月以上かけても読めなかったりします。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/17 14:18

1.ケータイ小説、好きですか?嫌いですか?


…微妙です。
2.その理由は?
…いい作品もあるんですけど…ただの文の羅列とかも結構あるし。
ぐたぐたしてて読みにくい。
3.ケータイ小説に没頭する人、または過熱するケータイ小説ビジネスについて何か思うところがあれば、教えてください。
…よくわかんないですけど、没頭したり過熱したり、私はそんなことする気ありません。
どうしたらそこまでハマれるのか…。
4.普段は、どんな本を(時代小説とかビジネス書とか、おおまかな分類で構いません)どのくらい読みますか?
…恋愛ものとか、ファンタジーとか、ホラーとか…
漫画もライトノベルもそれなりに読みますし…。
基本なんでもOKです。
5.年齢(年代)、性別を教えてください。
10代の女です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>どうしたらそこまでハマれるのか…。
同感です。
一種の「流行物」みたいなものなのか何なのか私になよくわかりませんが、ネコも杓子も熱をあげる(みたいに報道&広報している)のには、辟易させられます。

>基本なんでもOKです。
基本なんでもOKという方にとっても、『微妙』なんですね。
そういえば、私もそういうタイプかもしれません。

ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/17 14:12

1.ケータイ小説、好きですか?嫌いですか?


嫌いです。
2.その理由は?
小学生の作文みたいで、イライラするからです。文章が簡単すぎて逆に読みにくいです。英語の苦手な私でさえも英訳できそう…(いや実際は出来ないとは思いますけど、そういう感じです、イメージ伝わりますか?)
3.ケータイ小説に没頭する人、または過熱するケータイ小説ビジネスについて何か思うところがあれば、教えてください。
書店で働いているのですが、読者層はやはり圧倒的に女子中高生が多いと思います。そして、お察しの通り普段はあまり本を読まなさそうなタイプの方が多いですね(文庫本を小さい本と言うような方々)。そういう、普段本を買ったり読んだりしない層に買ってもらう為の装丁であり内容だと思います。とても綺麗で可愛らしく作ってあります。(ケータイ小説をケータイで読んだことがないので、書籍化されたケータイ小説のついての感想ですみません)
書店の立場からは、ケータイ小説は乱立しすぎで共倒れ傾向。目新しさももうないので「恋空」のような売れ方はもう無いと思います。

4.普段は、どんな本を(時代小説とかビジネス書とか、おおまかな分類で構いません)どのくらい読みますか?
主に小説を年間50~100冊です。海外のものは、翻訳に左右されるので、あまり読みません。上手い下手ではなく、私の好みの問題です。
あ、でも今は映画化されて話題の「天使と悪魔」を読んでいます。三度目なんですが、やっぱりおもしろいです。
コミックは読みます。ラノベは一部の作品を除きちょっと苦手です。でも嫌いとまでは思いません。
本は殆ど、図書館で借りています。それでもケータイ小説は借りようとは思いません。携帯で読むための文章だから、携帯で読もうと思った事もあるのですが、なんだかダメでした。

5.年齢(年代)、性別を教えてください。
40代女性。

以前若い女性のお客様が、お友達に何か本をプレゼントしたいという事で、本を探しに来店されました。お相手も若い女性という事だったので、ケータイ小説の場所にもご案内したのですが「本をよく読む人で、ケータイ小説は好きじゃないんです」との事でした。
やっぱりね、そうだよね…、本読みの人は読まないよねと思いました。
また、友人のお嬢さんは、高校生ながら大変な読書量です。彼女もケータイ小説は苦手みたいです。
うちの子は本は殆ど読みませんが、それでもやはりケータイ小説は読みません。内容が全くおもしろくないみたいです。

自分自身は、あまりにも年齢がケータイ小説の対象から外れていると言うのも、大きな理由だとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>英語の苦手な私でさえも英訳できそう…(いや実際は出来ないとは思いますけど、そういう感じです、イメージ伝わりますか?)
伝わります、伝わります!
平易な文の羅列という印象を拭い去れないというか…

>普段本を買ったり読んだりしない層に買ってもらう為の装丁であり内容だと思います。とても綺麗で可愛らしく作ってあります。
あ、成程!という感じですね。確かに、装丁は物凄く可愛いと感じます。
ただ、(アンチ・ケータイ小説派には)マイナスの副作用というのもあるようで、私は可愛らしすぎる装丁を警戒してしまうようになりました。
プロ作家の方の本で、かつ右開きであることを確認して初めて手に取ります。

>ケータイ小説は乱立しすぎで共倒れ傾向。目新しさももうないので「恋空」のような売れ方はもう無いと思います
冷静な分析ですね。乱立しすぎで共倒れ…なるほど、そうなのですか。
書店員さんのご意見、大変参考になります。

>やっぱりね、そうだよね…、本読みの人は読まないよねと思いました。
やっぱりね、そうだよね…(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 14:01

1.嫌いです。



2.横文字というのが気持ち悪くて…といってもTVでやっていた特集みたいなものに出てきたのを見ただけなのですが凄く気持ち悪くて…横文字の本は数学関連の本位しか読んだことないのでとてもじゃないけれど無理です。それにケータイ小説は素人が書いたものなので文章が酷く読みにくいだとか、内容もみなれたものじゃないだとかいう凄い噂を聞きまくっているので読む気も起こりません。chitoroさんの話によるとら抜き言葉もあるそうですし。読まないと思いますがもし読んだら気持ち悪くて途中でやめると思います。題名や外見などで読む本を決めることはほとんど無い私ですが、ケータイ小説だけは読みたくないです。

3.別に読むことが悪いとは思いません。本を読んでいるのは同じですから。〈でも小学6年が皆で廻し読み(誰かが姉が友達にかりたものをまたがししていたらしい。きいて呆れます。)していたのを見たときはさすがに顔をしかめました。しかも泣いたなんて言ってました。ネットで感想を見ていたら酷かったという意見のほうが多いというのに…。〉只、ケータイ小説ばかり読んでいる人はどうかと思います。そのうち縦書き気持ち悪いとか言い出すんじゃないだろうかと思います。読んだ事の無い私が言えることじゃありませんが、内容もいいのは少ないみたいだし、文章も基本ができていないみたいだし、読む意味は全く無いように思うのですが。

4.普段はどんな本をどのくらい読みますか?
ミステリーもSFも物語もとにかく面白そうな本は何でも読みます。作家では、桜庭一樹さんや森見登美彦さんetc...が好きです。最近は部活が始まったりして時間が無くなったのでほとんど読めていませんが、前までは1週間に2冊は絶対読んでいました。

5.年齢、性別を教えてください。
12歳の女子です。

中学生の意見ですが参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>横文字というのが気持ち悪くて
この気持ち、すごくよく分かります。
どこがどう気持ち悪い、とははっきり言えないのですが、なんとなく眼の動きが「しっくりこない」んですよね。

>そのうち縦書き気持ち悪いとか言い出すんじゃないだろうかと思います
すでに、言っていました。
夕方のニュースか何かでケータイ小説の特集を組んでいたときに、街頭インタビューを受けた高校生が、一般的な小説を見せられ「こういうのは読まないの?」と訊かれて、「えぇ~、だって縦書きって気持ち悪い」「だよねだよね~」と。
おいおい、日本大丈夫かよ!と思いましたね。

ご回答ありがとうございました!
中学生ということですが、いろいろな年代の方の意見を知りたいと思っていましたので、ご回答いただけて嬉しいです。
余談ですが、森見さんはわたしも大好きです。

お礼日時:2009/05/17 11:38

1.ケータイ小説、好きですか?嫌いですか?


嫌いかな。

2.その理由は?
書籍になったものを何度か書店で立ち読みしたことがあるのですが、文章があまりにも稚拙すぎます。展開もすっ飛んでるし、個人的には金の無駄、時間の無駄ってところですね。

3.ケータイ小説に没頭する人、または過熱するケータイ小説ビジネスについて何か思うところがあれば、教えてください。
それはそれで構わない。これをきっかけに本格的な小説を読むきっかけになってくれればと思います。

4.普段は、どんな本を(時代小説とかビジネス書とか、おおまかな分類で構いません)どのくらい読みますか?
ジャンルはSFから時代小説までいろいろ読みますが、最近は短編のミステリーを読むことが比較的多いです。

5.年齢(年代)、性別を教えてください。
40歳代、男。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>書籍になったものを何度か書店で立ち読みしたことがあるのですが、文章があまりにも稚拙すぎます
私も、立ち読みで挫けた一人です(笑)
パラパラと捲ってみて「あ、だめだ」と。

>これをきっかけに本格的な小説を読むきっかけになってくれればと思います
そうですね。
読書の入り口としては、児童小説と並んで一役かってくれるのかもしれません。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/17 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の心理は?

大学に通うようになって気づいたのですが、スカートを履いている女性よりズボンを履いている女性の方が多い感じがします。そして、一人お洒落な子がいるのですがその子はよくスカートを履いています。
そこで興味を持ったのですが、スカートをよく履く女性とズボンをよく履く女性の違いや性格また心理等教えてください。

Aベストアンサー

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため、親から見離されるということは命に関わる問題として、脳の奥深くにインプットされるのです。
「近寄る」→「怒られた(嫌われた)」→「見捨てられる」→「生きていけない」
このような禁止令の中で「あなたの性であるな」というのがあります。
例えば、「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われ続けるとその禁止令が入る場合があります。
すると、女性的な格好をするのが苦手になったりするのです。

スカートを好む女性とパンツを好む女性の心理が全てそうとは言えませんが、そういう場合もあると言われています。

心理に全く関係ないともいえないかもしれません。
交流分析という心理学では、幾つかの禁止令というものがあります。
それは幼い頃に自分の命を守る為に自分で決めたことです。
例えば、お母さんが天ぷらを揚げている時、小さい子供が近寄ってきたので「来ちゃダメッ!」と思わず強い口調で言ってしまった。
そういう時、小さい子供は事情が分らないので「近づいてはいけない」という禁止令が入ったりするのです。全ての人がそうではありません。例えばです。
乳児や幼児は一人で生きていく事ができないため...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報