先月、診療所で市補助の健康診断を受けました。その時に一緒に血液検査と尿検査もしてもらい、今月、5月13日に検査結果を聞きに診療所を訪れました。
尿検査の結果、白血球数が高いとの指摘を受けました。医師より、この値だけから判断すると抗生物質を処方しなければならない。しかし、採尿の仕方によっても高く出る可能性があるので、再度検査をしましょうと言われました。
あいにく、トイレに行ったばかりで、医師より、採尿管を渡すので、いつでもいいので受付に尿を持って来て欲しいと言われ、採尿管をもらってその日は帰りました。
翌日5月14日、尿を受付に持参したところ尿の検査料を請求されました。明細を良く見ると、検査料85点のほかに再診料71点も記載されておりました。
一応、その場では料金を支払って帰りましたが、もし、5月13日に採尿出来ていれば、5月14日に支払った再診料は発生していなかったのでは?との疑問がわいてきました。5月14日もただ、尿を受付に渡しただけで医師と会話もしておりません。ましてや、日を変えて尿を持ってくると、再診料をいただきますよ、との説明もありませんでした。
診察を受けずに薬だけを処方してもらう時には再診料が必要なことは理解出来ますが、尿を届けるだけでも再診料は発生するのでしょうか?なんとなく腑に落ちない気がします。
5月14日の再診料は正当なものなのでしょうか?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めまして。

 昨年まで医療事務していた者です。

この場合の再診料は算定できます。もちろん、5/13に採尿できていれば、5/14の再診料はかかりません。 検便、精液などを届けても、同じように再診料はかかります(精液は大抵奥様が持ってきますので、ご主人に通院歴がなければ、初診料になります)。整形外科等で診察なしでリハビリもしくは処置のみでも、再診料はかかります。外科で傷の消毒・処置のみでも再診料はかかります。

通常何か症状があって診察する場合には、初めての時には初診料、次からは再診料がかかります。質問者さんのように、健康診断の結果、要再検査(再精査)の場合には、初診料でなく再診料がかかります。

確かに5/14は、受付もしくは看護師とだけしか会っておらず、医師と
は話していないでしょうが、検体(尿のこと)を見て、判断して指示を出すのは医師です。看護師も受付も、医師の指示なしに検査を進めることはできません。その都度、医師に確認しています。薬のみを受け取りに行くときと同様です。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございました。
日を改めず、その日の内に採尿すれば良かったのですね。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/15 18:28

正当でしょうね 実際その尿で検査をしてるわけですし。


極端な話風邪で診察し薬をもらい 後日見せてくださいって言うときに
再診料いりますよ!とかって言われないでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 17:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Q初再診料について!

●月に数度の通院をしている30代男性です。

●最近、病院によって、初再診料(請求領収書に記載されている項目名)が異なることに気が付きました。また、同じ病院でも日によって、初再診料が異なります。診断の内容は、まったく同じように感じます。

●この初再診料はどのように算出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

深夜や休日などの時間外診療では割り増しになるのは一般にも理解されている
ところだとは思いますが、現在は診療機関の受付時間中でも、午後18時以降
(土曜には12時以降)に受付をした場合には50点加算されるようになって
います。(3割負担で150円)。
通常のサラリーマンが勤務時間以外に診療を受けると、まず、加算される
事になります。

また、外来管理加算の5分ルールの関係もあります。

また、病気によっては、月1回は指導料が加算できる事もありますが、
その場合にも、診療期間のコンピュータシステムによっては、初再診料の
欄に表示されるものあるようです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/02/dl/s0213-4d.pdf

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q医師の処方箋で調剤薬局で薬を買いました。 領収証に調剤技術料116点、薬学管理料50点、薬剤料4点と

医師の処方箋で調剤薬局で薬を買いました。
領収証に調剤技術料116点、薬学管理料50点、薬剤料4点と書いてあります。
この調剤技術料とは、一体何なんですか?
買ったのは錠剤です。
粉薬を調合して出されたのならともかく、製薬会社から仕入れたまんまの薬に調剤技術料って意味不明なんですが… (怒り)

Aベストアンサー

国が そういう仕組みを定めたんですからねぇ 仕方ありません。
どうして定めたか? 薬剤師政治連盟?とかからの政治献金と圧力によって 調剤薬局(薬剤師)が儲かるようにしたんです

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q医療費の疑問●採血だけなのに再診料も請求されているのですが…

今、不妊治療で産婦人科の個人病院にかかっています。
採血だけで全く医師の診察は受けない日があったのですが、
領収書の内訳を見ると「再診料125」「検査料622」(保険点数)となっており、
請求額は2,240円でした。
採血だけでこの額は高いような気がするし、診察を受けていないのに再診料を
とられるのは納得がいかないように思えるのですが、この請求は問題無いのでしょうか?

実は、今の病院は、医師や技術面では気に入っていています。
料金のことでクレームをつけて、うるさい患者だとうとまれるのは避けたいのですが
こういう場合だまって料金を受け入れるしかないのでしょうか?
もし、公的な機関に匿名で話して改善するよう指導してもらえるなら相談したいとも思っているのですが…。

Aベストアンサー

血液検査料はどんな検査だったかでなんともいえませんが
診察を受けずにいつもの薬をもらうだけでも再診料がいります。検査も同じです。
それが保険の仕組みですので仕方ありません。

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q薬をもらいに行ったのですが、再診料はかかるものなのでしょうか?

こんばんは、いつも活用させていただいています。

先月、花粉症の薬をもらいに病院へ行き、診察を受けました。
14日分の薬をもらったのですが、なくなってしまったので、今月、同じ薬をもらいに同じ病院へ行ったのですが、診察はありませんでした。
診療費明細を見ると、「初・再診料」が71点、「医学管理等」が10点、「投薬」が247点と書かれてありました。

診察を受けなくても、薬をもらうには再診料がかかるのですか?71点というのは、最低かかる点数なのでしょうか?
本当は、30日分くらいまとめてもらいたかったのですが、その旨を受付の方に話すと、「その場合は、診察が必要になります」とのこと。時間がなかったので、今回も14日分もらいましたが、その時もし診察を受けていれば、71点以上だったのでしょうか?

薬だけもらうだけのためなのに、その度に再診料を払うのは、納得がいかないような気がするのですが・・・それならまとめて初回に30日分とかもらっておいた方がよかったのかとか考えたりします。

長くなってしまいましたが、どなたか詳しい方ご回答をお願いします。

こんばんは、いつも活用させていただいています。

先月、花粉症の薬をもらいに病院へ行き、診察を受けました。
14日分の薬をもらったのですが、なくなってしまったので、今月、同じ薬をもらいに同じ病院へ行ったのですが、診察はありませんでした。
診療費明細を見ると、「初・再診料」が71点、「医学管理等」が10点、「投薬」が247点と書かれてありました。

診察を受けなくても、薬をもらうには再診料がかかるのですか?71点というのは、最低かかる点数なのでしょうか?
本当は、30日分くらいまとめても...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。薬剤師の端くれです。

>30日分くらいまとめてもらいたかったのですが、その旨を受付の方に話すと、「その場合は、診察が必要になります」とのこと。

厳密には「その場合」でなくても診察は必要なんですけどね。ただ慢性疾患で症状も殆ど固定してしまっている場合には、窓口の方が「お加減は?」と訊ね、患者さんが「変わりないです」と答えると、また窓口の方が「先生、○○さんお加減変わりないそうです」と伝え、医師が「はい。分かりました。じゃお薬前と同じで出します」となるわけです。この一連の流れが診察の代わりになっているという解釈をしていただけると分かり易いかと思います(あくまで例えですけどね^^;)。

それと蛇足ですが、これの前のご質問で、薬の値段はどこの病院でも同じでしょうかというのが合ったかと思いますが、価格自体はどこでも同じです。ただ後発医薬品と先発品では差があります。

後発医薬品の名誉のために申し上げますと、後発医薬品は安全性や効果のデータが無いのではなく、免除されているのです。即ち後発医薬品の安全性・効果は先発品と全く同じなので安全性や効果の試験をする必要がない医薬品だと理解してください。
また、新しい処方箋では、医師は後発医薬品に変更を希望しない場合にのみ処方箋に印を入れることになっています。この印が無い場合には、薬局の判断で同じ成分の後発医薬品を処方してよいことになりました。ですので後発医薬品を使用したくないときは、その旨を医師に申し出てください。

お役に立てば幸いです。

こんにちは。薬剤師の端くれです。

>30日分くらいまとめてもらいたかったのですが、その旨を受付の方に話すと、「その場合は、診察が必要になります」とのこと。

厳密には「その場合」でなくても診察は必要なんですけどね。ただ慢性疾患で症状も殆ど固定してしまっている場合には、窓口の方が「お加減は?」と訊ね、患者さんが「変わりないです」と答えると、また窓口の方が「先生、○○さんお加減変わりないそうです」と伝え、医師が「はい。分かりました。じゃお薬前と同じで出します」となるわけです。こ...続きを読む

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Q再診料について教えてください

産婦人科に不妊治療のため通院しています。排卵誘発のために1日おきに注射してますが、診察は全くなく注射のみでも再診料を毎回とられます。
今月5回目通院日の今日は注射しかせず、先生の顔すら全く見ていないのに再診料を369円とられ、なぜか一昨日(今月4回目の通院)は診察や検査・注射などいろいろあったのに再診料は213円でした。
これって普通のことなんでしょうか?
不妊治療にはとにかくお金がかかるので、そこにつけこみ悪意のあるような病院なら転院したいと思っています。
もし、不正な請求だったとしたらどこに訴えればきいてもらえるものでしょう?

Aベストアンサー

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213円です。

前回の改訂で診療所では外来管理加算がとることができるようになりました。
外来管理加算は52点ですので
52+71=123点の3割で369円という計算になります。

外来管理加算とは「外来患者が再診で処置などをしない場合に加算されるもの」とされています。
診療報酬請求上は診療所側には問題ないのですが、この加算要件として、通称「5分間ルール」というのがあって、医師は患者に処置などないかわりに病状など時間をかけて聞いたり説明しなければならないというもので、その時間の目安が「5分間」とされているものです。
医師会などは1時間に12人しか患者がみられないのでは、長時間患者を待たせることになるなど反発しているのですが、厚生労働省は「ろくに診てくれないという患者側の意見」として反論しています。
このあたりの背景は検索サイトで「外来管理加算」で調べていただければわかります。

ここが、まさに質問者さんの事例というわけです。

というわけで、不正な請求ではないのですが、厚生労働省が医療機関に求めている要件からは明かにはずれていますので、診療所の事務に「顔すら見ていないのに外来管理加算をとられるのはおかしい」と言えば、おそらく返金ということになると思います。

事務側は算定できる報酬要件はできるだけ採用するのが原則ですので、決して悪意はないと思います。
が、患者視点が少しばかりかけた制度と診療所の対応の隙間に質問者さんがはまってしまった・・・とお考えいただければ納得できますでしょうか?

不妊治療は時間と根気(と費用)が必要なものです。不妊治療にかかわらず医療といのは、かかったコストが必ずしも反映されるとは限らないものですので、根気よく先生と、どこにいるかわからないですがお産の神様とコミュニケーションをとってがんばっていただきたいと思います。

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報