1.聴覚系における周波数分析とはどのような働きか。またそれは聴覚経験においてどのような役割を果たしているか。

2.音楽的な音の高さ(ピッチ)の2つの側面を説明しなさい。

3.音の流れの分離(音の系列的体制化)について説明し、それが音楽でどのように応用されているかを述べなさい。

問題やっててわかんないとこお願いします
音の認識に詳しい人マジでボスケテ・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

工学関係の出身なもので、音楽心理学は詳しくは無いのですが、


薄れかけた講義の記憶をたどると以下のようでした。

1,鼓膜の振動を脳がフーリエ変換して、過去の経験値(スキーマ)
  と比較して再構築する、
   (雑踏の騒音の中で母親の声が聞き分けられたり、オーケストラ
    の各パートを聞き分けられたりします)

2,絶対音感と相対音感

3,帯域幅のことだと思います、音楽理論のなかに和声学というのが
  あります、和声学の根幹をなすのが音の系列的体制化です、長く
  なりますので、帯域幅で調べてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもです!

お礼日時:2009/07/28 21:27

この辺にヒントがあるかもしれません。



http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2900927.html
他人褌の回答+回答としては遠いと思いますのでポイント不要です。

また教科書かノート見たり、あるいは素直に先生に聞いた方が早いと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

スキーマ とは」に関するQ&A: スキーマ

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング