住宅のコストを下げるために外部に面する内部のボード張りを内胴ブチなしで柱にボード直張りにしたいのですが大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そこでコストがどの位下がるか、まずそこですよね。

最低間柱は立てないと成立しないけど、まあ住宅以外であれば安さ追求の手段として成り立つのかな。単位あたりの差額はよく分かりませんが面積次第、ほとんど差は無いかもしれません。倉庫なんか内壁張りませんよね、延焼22条準防火性能にでも絡まなければ。何を求めるかで変わるでしょうか。                一般人自信なし、しかし一般人自信ありって多いけど形容矛盾では?、自信あり、ちょい不安ってところなのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/16 11:19

乾燥&集成材で胴ブチ使った建物見ません、特にプレハブ的な2X4等あり得ない、又胴ブチ使った場合最近の断熱材の空気溜まりで問題が発生します、


最近は生材使用しないので無垢材でも、胴ブチは使わないと思います
又高級和風住宅で直貼りは無いので問題ないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/16 11:19

室内側でしょう。


それで建物は何ですか。
鉄筋や鉄骨系で軽量間仕切りの場合は、柱に直貼りですね。

木造在来工法なら、柱や間柱の精度次第です。
柱や間柱が完全に乾燥した材料を使ってあればよいですが、そのようなことはほとんど期待できず、半乾きの材料しか使いません。
製材後に曲がったり反ったりしますので、胴淵で平面度を調整してやらないと壁が凸凹になってしまいます。

壁の仕上げが左官工事なら下地の凸凹は吸収できますが、クロスや塗装のみなら下地の凸凹はそのまま残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/16 11:19

柱の間隔が910mmなら間に最低一本必要だと思います。


胴ブチを入れたほうがいいと思います。
私は見たことがありません。
真ん中を押すと簡単にたわみますよ。
上下の継ぎ目で段差も出来、クロスにも支障が出ると思います。
そのうち割ってしまうかもしれません。
そんな施工をしてくれる大工さんがいるのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/16 11:18

よくわからないのですが、


木造住宅の外周部に面する部分を、胴縁を使わずに、
直接柱に石膏ボードを貼りたいという言う意味でしょうか?

でしたら、一般的にそのように貼っている場合が
ほとんどですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/16 11:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★緊急★ 大工さん、設計士さん、教えてください!!

現在建築中です。
現場を見に行ってビックリ☆
図面上で910モジュールに4寸柱は確認していましたが、
オール胴縁施工をするというではありませんか!
部屋はともかく、入り口や廊下幅の狭いこと!!
今かなり焦っています!!!

これから中の工事に取り掛かるようですが、
部分的に…せめて廊下の壁だけでも胴縁なしの施工は可能なのでしょうか?
詳しくはわかりませんが、建具枠のチリとやらを削れば見た目問題ありませんか?
構造計算とか確認申請とかに支障はありますか?
それ以外にどんな問題が生じるのでしょうか?

ちなみに柱は杉です。
最近はPB直張りが多いと聞きますが、杉には胴縁必須ですか?
大体にして、胴縁施工で何かいいことはあるのでしょうか?
プランは完璧と思いきや、施工が進むとすでに失敗点だらけで…

Aベストアンサー

補足について
>4寸柱で16mmの胴縁なので733mmの幅ということですね。
はい!有効巾は733mmとなります。

>設計者はどうしてそんな施工方法を選んだのでしょうか?
壁線の出入りジクザクの凹凸をきらった為でしょう。
一般的な管柱角の製材精度は、完全な90度ではないので壁線が人の目には判らないジクザクになります。
壁クロスを張ると光の光線加減で凹凸が目につくようになります。
それを嫌ったのでしょうね。

>ちなみに内胴縁施工というのは、PBのジョイントのこととはまた違うのですか?300ピッチで入れるのですか?
違います。
内胴縁施工というのは、柱角の面に合わせて胴縁を納める施工方法です。
デメリットとしては、上の説明のとおりです。
胴縁間隔は、胴縁の断面寸法により変わります。
住宅金融公庫特記仕様書によると厚さ18mm以下は、通常使いません。
厚さ21mm以上なら胴縁間隔は450mmです。
厚さ21mm未満は、胴縁間隔は300mmです。

補足によるとふかし胴縁の厚さが16mmとのことで、胴縁間隔は300mmでは、耐力的にギリギリのところでしょう。
胴縁間隔が300mm以上あったならクレームをつけた方が良いでしょうね。
ふかし胴縁仕様は、ボードのジョイント位置と窓や開口部の周囲に縦胴縁が必要となります。
また、窓枠や出入口の額縁も大きな材料となり思った以上に材料がいきます。
胴縁厚さを16mmを使っているのは、材料を軽減する為でしょうね。

将来、親が同居するから廊下等の有効巾をバリアフリー基準の750mm以上確保してくれと施工者に言ってみては如何ですか?
ご参考まで

補足について
>4寸柱で16mmの胴縁なので733mmの幅ということですね。
はい!有効巾は733mmとなります。

>設計者はどうしてそんな施工方法を選んだのでしょうか?
壁線の出入りジクザクの凹凸をきらった為でしょう。
一般的な管柱角の製材精度は、完全な90度ではないので壁線が人の目には判らないジクザクになります。
壁クロスを張ると光の光線加減で凹凸が目につくようになります。
それを嫌ったのでしょうね。

>ちなみに内胴縁施工というのは、PBのジョイントのこととはまた...続きを読む

Q網戸の張替え料金の相場について

先日車でまわってきた業者に網戸の張替えを頼みました。幅60センチ位の掃出し窓2枚で8000円、幅80センチ位の出窓1枚2000円取られました。あとで良く考えたらかなり高かったような気がするのですがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にリフォームなどで単価として見積りに入れる価格としては網戸1枚あたりで材料+手間共で3,000円~4,000円程度が相場かと思います。
うちでは網戸張替だけであまり走らないのですが、網戸だけの場合だと同じ3,000円でも2~3枚だけで走るなら、日当にもならないし、逆に10枚とか数が増えると利益率がよくなってしまうのですが、全体工事がある程度大きな物件ならサービスで貼ってあげるときもあります。
見積りにはお客さんのイメージもあるので一応サイズによって値段は分けていますが、実際は少々大きくても小さくてもかまわないんですけどね。数か大量にあると別ですが、網戸の材料代なんてしれているので実はほとんど手間賃です。意外と網戸って張られた網戸自体の値段のように思ってしまい高いな~と思いがちですよね。
今回の場合は、出向いて張り替えた場合だと網戸だけでは商売としては言い方は悪いですが面白くない価格で、何かのついでやそれだけで廻っている仕事ならおいしい価格と言う感じではないでしょうか。
なのでどちらにとっても良かったんじゃないでしょうか。

Qサイディングの施工の相場価格について

家の新築にあたって外壁サイディングについて知りたい事があります。

外壁はクボタ松下のエクセレージ12mmが標準となっているのですが
メンテナンス費用の事を考えて
同じくクボタ松下のネオロック光セラ16mmに変更しようと差額の見積りを取りました。

カタログでの定価が
12mmが2590円/m2
16mmが6010円/m2

なので多くとも4000円/m2くらいのUPだろうと考えていたのですが
工務店の見積りは15000円/m2と出てきました。
定価の倍以上の見積りで面食らっています。

施工方法が12mmと16mmでは違うから。という話なのですが
そんなに施工に手間がかかるものなのでしょうか?
そして、この価格が相場なのでしょうか?

家を建てるのは初めてです。
サイディングの施工方法については全く知識がありません。
この値段をがんばって工面するか、光セラをあきらめるか、とても悩んでいます。

ご存知の方がいましたら是非教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです)計算してみるとロス端材が大量発生して処理費の大幅増加(ただし12mm板と割付が同じであれば容積分つまり16/12=1.33倍にしかなりませんが…)

いろいろ考えましたが、どう考えても15,000円アップには繋がりませんでした。

ただ、私の会社で過去にこんな事がありました。

当社の標準サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
施主様の希望サイディング=T社の16mm×3,030mm×455mm
ちなみに定価は似たような価格帯です。
住宅規模も普通に40坪くらいの大きさです。
同じメーカーのサイディングにも関わらず、いろいろな理由がありまして納入元建材店兼施工業者が普段は取引のない会社になりました。
その会社は普段サイディング施工を本職としていなかった為、メーカーの紹介で2つ離れた県から職人がこちらの県まで出張して来てホテルに泊まりこみで施工して行きました。当然施工費は跳ね上がりました。
施主様には見積もりの際、差額が200万円くらい上がってしまいまして、「ヤメた方が良いですよ」と説得したんですが、それでも良いとの事でしたので不本意ではありましたが工事をさせていただきました。

上記の様なケースは極めて稀でしょうし、そういう事があれば非常識なコストアップですので黙っていても工務店から納得のいく説明があるハズなんですけどね…。

できれば、一技術者として今後の経過を伺いたいと思いますので締め切らずに結果報告していただけると喜びます。

No.3です。
他回答者様のコメントを読ませていただき、改めて考え直しました。

私もHM務めですので、過去の回答をご覧になって頂ければ分かりますが、かなり工務店側の味方になって回答していると思います。

ですので、極めて工務店側を贔屓目にコストアップに繋がる理由を考えてみました。

・標準で使用する予定だった12mmサイディングは大量在庫品等で限りなく原価ゼロ(有り得ませんが…)

・光セラの原価掛け率が90%以上でほぼ定価(有り得ませんが…)

・サイディングの割付(配置のことです...続きを読む

Qガルバリウムの屋根勾配

ガルバリウムの屋根勾配を建築屋さんに1寸勾配で行きましょうと
言われたのですが大丈夫でしょうか?
勾配が無さ過ぎて心配です。
家の形はシンプルな箱型の四角い家です。
ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

再々の補足にお答えします。
1)木造に折板屋根は一般的か?
  一般的ではありません。
  折板屋根は、主に鉄骨造の建物に用いられます。
  木造の車庫等に使われているのは、見たことがあります。

2)折板屋根の利点?
  板厚が厚いほど普通の鉄板屋根に比べるなら丈夫です。
  工期がかからず早く出来ます。
  屋根垂木が必要としないので木材費を安くできる。
  屋根下地の合板t12mmが要らなくなり工事費を安く出来る。

  折板屋根の要注意点
  面戸の防水性と耐要年数に疑問があります。

3)木造屋根の標準工法で一般的なものは?
  鉄板葺きの場合
  屋根の形は、切妻、寄せ棟、片流れです。
  葺き方は、横長尺葺き、瓦棒葺きが一般的ですね。

折板屋根にする場合、天井裏の断熱の厚さや方法、また横殴りの風雨によって雨漏れの危険があると思いますので、よく業者さんに雨押えの納まりの確認を取りましょう。
工事費は、折板屋根の方が格段に安くすることが出来るでしょう。

Q垂れ壁は取り付けないといけないのでしょうか?

新築中自宅には垂れ壁がありません。でも、確認申請の複本には垂れ壁があります。二階の床はすでに出来上がっています。垂れ壁は、建築基準法により、必ず取り付けるものとなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

垂れ壁は必ず必要とは限りません。しかし、消防法が関わってきます。
簡単にご説明すると垂れ壁があれば、キッチンルームだけが消防法に適応する範囲ですが、垂れ壁がないとキッチン・ダイニングと大きい一つの部屋として消防法の適応する部屋でないといけません。

Q型ガラスとすりガラスとの違いは何でしょうか?

レベルの低い質問で恐縮ですが、型ガラス(漢字あってますか?)とすりガラスとの違いは何でしょうか?

最初、どちらも同じものを指していると思っていたのですが、住宅関係のカテゴリーを読んでいると、
・すりガラス:一枚のガラス板で一面のみを荒らしてあるもの
・型ガラス:二枚のガラス板から成りもっとも外側の面のみがすりガラス状になっているもの
ように思えて来ました。

無知な私にどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの回答のリンク先にある通りですが、ちょっと補足して。

すりガラスは普通の透明なガラス板として作ったものを加工(薬品や機械で)して、表面をざらざらにし光を乱反射させて白っぽい色を出しています。

型ガラスはその名の通り、表面がデコボコの型に流し入れて固めたガラス板です。

ですので型ガラスの方が乱反射は大きく、すりガラスが人の目には凹凸として見えないのに対し、型ガラスは凹凸があるのが分かります。触ってもわかりますね。

両方とも、ガラスを通したとき向こう側の物を見にくくするためのものですが、型ガラスの方が乱反射が大きい分、より見にくくなっています。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q新築の防湿層の設置について

現在、新築を計画中なのですが、
断熱を現場発泡ウレタンフォーム(フォームライトSL)で施工した場合の
防湿層の設置について教えてください。

当方の計画は、IV地域・木造軸組で、
フォームライトSLというのは、断熱気密性は高いが、透湿性も高い
(一般硬質ウレタンフォームに比べ吸水性が高くなる)という物で

室内側から順に、
エコクロス、石膏ボード(壁12.5mm天井9.5mm)、フォームライト、防水透湿シート、同縁18mm(通気層)、サイディング
という内容で次世代省エネをクリアできるように依頼しています。

そして施工して貰う工務店が、今まで一般型省エネルギー基準での施工しかしたことがなく、
いままで防湿シートも施工していなかったようです。

外注で防湿シートの施工を専門業者にお願いすることも可能だと思うのですが、
コンセントの設置等、その他の工事で防湿シートに破れ等起こる可能性もあるのかと思い
それならば、いっそのこと施工しない方が良いのかと悩んでいます。

ちなみにメーカーに問い合わせた所、透湿層は設置した方がよいが、
「住宅の省エネルギー基準の解説」によると防湿層を省略できる条件として
透湿抵抗比が一定値以上あれば良く、当方は計算上クリアできているので省略できます
という回答を貰いました。

当方素人の為、見当違い、またその他必要な情報が抜けているかもしれませんが、回答よろしくお願いいたします。

現在、新築を計画中なのですが、
断熱を現場発泡ウレタンフォーム(フォームライトSL)で施工した場合の
防湿層の設置について教えてください。

当方の計画は、IV地域・木造軸組で、
フォームライトSLというのは、断熱気密性は高いが、透湿性も高い
(一般硬質ウレタンフォームに比べ吸水性が高くなる)という物で

室内側から順に、
エコクロス、石膏ボード(壁12.5mm天井9.5mm)、フォームライト、防水透湿シート、同縁18mm(通気層)、サイディング
という内容で次世代省エネをクリアできるように依頼していま...続きを読む

Aベストアンサー

 この質問に対して理論的にきちんと説明できる人は少ないと思います。

 ご理解されているように、これらの商品は気密はとれますが、透湿抵抗は若干低くなっています。発泡剤メーカーは売りたいので防湿層は省略できると回答します。防湿層を設ける(防湿シートを貼る)とその分余分な材料・手間がかかるので費用に反映してしまいますから。

 メーカーが省略できるという根拠のひとつが、一般社団法人住宅性能評価・表示協会の温熱環境に対するガイドラインです。このガイドラインでの定常計算(室内と室外が一定の温度・湿度の状態で結露が生じるかどうか)の条件が、室内15度・湿度50%、室外が建設地の平均最低気温・湿度70%となっています。この条件で計算したときに結露が生じなければ’防湿層は必要ない’といいます。

 ところで、冬の寒いときに室内15度で過ごしますか?多分、室内の設定温度は20度前半ではないでしょうか。絶対湿度、あるいは飽和水蒸気量というのを調べればわかりますが、20度で湿度40%の方が結露が生じやすくなっています。現実的な温度・湿度で定常計算を依頼すれば、発泡剤メーカーも計算結果を出してくれます。

 ここで問題は、
1:協会はなぜ室内15度という条件を設定しているのか。電話をして確認しようと思いましたが、結局、そこまではしていないので、実際に生活する温度・湿度と違った基準を設定している根拠が私には理解できていません。

2:計算上、結露が生じるとしても、実際にカビが生えたりするとはかぎらない。最近の在来工法はほとんどが外壁通風構造だと思います。一日のうち、一時期だけ結露の条件になっても、日中の条件によってはすぐに乾燥してしまうこともあり、結露=カビとなるわけではありません。これらを数字で計算するのが’非定常計算’と言われるものです。通風層の換気回数や、日中の温度・湿度変化などを動的に計算して問題が生じるかどうかを計算するようですが、実際にどのように行うのかは知りません。非常に複雑だということです。

 気密についてがんばっている建築士の方でも、上記の内容を理解している人は少ないと思います。

 私の個人的なおすすめは、
1:協会に電話をして15度の根拠を確認する。この計算で結露しないことで、通常の生活でも結露しないことが保障されるのであれば安心して防湿層を省略することができます。

2:上記の内容を、設計担当者あるいは発泡剤メーカーに質問する。

3:費用・施行に問題が無いのなら防湿層を設置する。たとえ部分的な防湿シートの破れがあったとしても、壁体内を通過する水蒸気量は減らすことができる=結露の可能性が減る と考えます。

 私自身、結論に至っていない内容ですが、参考になればと思い長文ですが書かせていただきました。

 蛇足ですが、建設にあたって、第三者の建築士に入ってもらうことをお勧めします。第三者の建築士の目があると、工事そのものが丁寧になる+ダブルチェックにより施行ミスが減らせます。

 この質問に対して理論的にきちんと説明できる人は少ないと思います。

 ご理解されているように、これらの商品は気密はとれますが、透湿抵抗は若干低くなっています。発泡剤メーカーは売りたいので防湿層は省略できると回答します。防湿層を設ける(防湿シートを貼る)とその分余分な材料・手間がかかるので費用に反映してしまいますから。

 メーカーが省略できるという根拠のひとつが、一般社団法人住宅性能評価・表示協会の温熱環境に対するガイドラインです。このガイドラインでの定常計算(室内と室外が一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報