先日、野生のメダカを川からすくって帰り、
睡蓮鉢で飼っているのですが、
今までは川の中で、餌を自分で食べていたせいか、
市販のめだかの餌をあげても、食べようとしません。
どうしたら食べてくれる様になるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

野生であろうが市販だろうが、環境が変わって落ち着くまでは餌は食べ


ないですね。餌を与えて食べない時は、環境に慣れるまでは絶食させた
方がいいですよ。餌を与えても食べないなら、水質を悪くさせるだけで
すから、暫くは様子を見られるのが良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 15:05

焦らなくても大丈夫です。


落ち着いてきたら必ず食べるようになります。

メダカを落ち着かせるために、ホテイアオイなどの水草を入れておくといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水草は隠れ場所になるので最初から入れています。
餌はもう少し様子を見てみる事にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 15:06

私の出身地岡山県には、めだかの学校があります。


http://www.city.okayama.okayama.jp/takebe/kankou …

ここに、お問い合わせされてはいかがでしょうか。
土日の様子は分かりませんが、めだかは土日もいきているので、誰かいるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鹿などの野生動物捕獲を規制する法律は何?

鹿や猿などの野生動物に野菜や果実を荒らされて対応策に
困っている農家の方のビデオなどがテレビに出ていますが、
銃で撃ち殺したり、罠で捕獲したりするということは出来ないのでしょうか?
そういった野生動物の捕獲を禁止したり、規制したりする
法律は何と言う名前の法律でしょうか?

Aベストアンサー

 通称で「鳥獣保護法」と呼ばれる法律だと思います。(URL参照してください。
 ただし野生動物だからと言って何でも保護しなければいけない訳ではなく、「有害鳥獣駆除」と言って、行政(多分)の委託を受けた狩猟者が鹿や猿などを駆除(つまりは殺すということですね)するのは良く行われていることですよ。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO088.html

Qめだかのいる睡蓮鉢の水に浮く白いもの

暖かくなりはじめてから、朝みると、水面がうっすらと白くにごっています。

1年前から室内の睡蓮鉢でめだかを5匹飼っています。
睡蓮鉢は直径30センチほど、水草を2種類。砂利などはなく、エアーポンプもありません。水は少なくなったら追加する程度で、ほとんど交換していません。
えさは市販のものを与えています。
冬を越し、暖かくなりはじめてから、朝、水面がうっすらと白くにごっています。かき集めて取り除くのですが、翌朝も同じようです。
とりあえずめだかは元気そうですが、カビでしょうか。

ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

水を換えていないとなれば、見た目として上澄みのその白い膜を取り去ったところで、相当にフンやエサの残りなどが腐敗し、亜硝酸・硝酸・アンモニア等不純物が飼育水中に多く存在した状態で、水は酸性に傾きいわゆる雑菌が繁殖しています。

その膜も雑菌が繁殖し浮いているもので、いわば雑菌の膜です。
取り去っても環境が整っているわけですのですぐに増殖しているわけです。

あなたはメダカ以上に雑菌に適した環境を整え、雑菌の繁殖に成功しています。
最低限、水は一週間に一度は半分の量くらいずつ替えてあげましょうよ?

Qなぜパンダは中国語名で呼ばないの?

野生のジャイアントパンダとレッサーパンダは中国にしかいないそうです。
なのになぜパンダと呼ぶのですか?
ウィキペディアではネパール語由来だと書かれています。
なぜ中国の方は熊猫を推さなかったのでしょうか。
パンダの方がメジャーになってしまって悔しくはないのでしょうか。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

> 中国の方がパンダを見逃していたとはね。

当然、古くから知られてはいたのですが、学術的に珍重される以前の昔の中国人は、単に「熊が出た~!」くらいの感じだった様で・・。

「熊」と余り区別されていなかったか、「白熊」などと呼ぶなど、いずれにせよ「熊猫(パンダ)」と言う認識は無かったみたいです。

更に、今みたいに「可愛い」とか「珍獣」言う感覚よりは、正体不明で不気味な「怪獣」とか、下手すりゃ「妖怪・妖獣」の類いで、どちらかと言うと「恐れられていた」みたいな記述も見たことがあります。

それも当然と言えば当然で、中国でパンダが発見された時代は、西洋文化や西洋学術的な考え方が存在せず、日本で言えば江戸時代か、もっと以前の学術体系です。

おまけに都市部ならまだしも、パンダの生息域はド田舎ですから・・・。
日本で言えば、首都にも鬼や妖怪,魑魅魍魎の類いが跋扈した平安時代とか、せいぜい鎌倉,室町時代くらいのイメージかも知れません。

そう言う時代に、鬱蒼とした竹林の中でパンダに遭遇したら、「可愛い!」などとはとても思えなかったことも、あながち不思議では無いと思いますよ。

お礼ありがとうございます。

> 中国の方がパンダを見逃していたとはね。

当然、古くから知られてはいたのですが、学術的に珍重される以前の昔の中国人は、単に「熊が出た~!」くらいの感じだった様で・・。

「熊」と余り区別されていなかったか、「白熊」などと呼ぶなど、いずれにせよ「熊猫(パンダ)」と言う認識は無かったみたいです。

更に、今みたいに「可愛い」とか「珍獣」言う感覚よりは、正体不明で不気味な「怪獣」とか、下手すりゃ「妖怪・妖獣」の類いで、どちらかと言うと「恐れられていた」み...続きを読む

Qメダカなどの生体を入れている睡蓮鉢ですが、皆さんどの程度の周期と量で水

メダカなどの生体を入れている睡蓮鉢ですが、皆さんどの程度の周期と量で水換えをされていますか?
寒い時期は餌もあげませんし、水換えも必要ないと思うのですが、これからの時期の参考にお聞かせください。

Aベストアンサー

観賞魚を色々飼育していますので、書かせていただきます。

 外での睡蓮鉢で姫睡蓮や熱帯睡蓮を栽培し、カラーメダカを飼育している者の例ですので参考になれば幸いです。水は交換えをし過ぎると上記の系統の睡蓮は枯れる要因になりますので、睡蓮を中心に栽培するのならば、水の交換は2月位が限度で、蒸発した分の補充と上澄みの処分以外での追加はできません。日本産の睡蓮の場合は半月に一度の交換でも大丈夫です。

 冬季の場合ですがメダカを別の水槽やケースに移動させ、睡蓮は温室に移動させて春季を待ちます。これはホテイアオイ等の浮き草でも同じですし、カキツバタ等の限られた種類以外は移動が必要です。

 春季はメダカを睡蓮鉢に移動させますが、この時に睡蓮に追肥をすると他の川魚にも死刑執行をする事になりますので、行わない事を頭に置いてください。メダカ中心の場合の水換えは6日に1度のペースで半分程の交換が良いのですが、繁殖させるならば、青水にして育てると大きくなります。

 夏季はメダカの水槽に天敵のヤゴ等の水生昆虫が発生しますので、小まめに水を換えると同時にこれらを駆除します。オニヤンマのヤゴはイモリや産まれたばかりの甲羅の固まる前のカメ等も食害しますし、タガメはヘビやトカゲまで食い殺しますので、見つけ次第死刑執行をします。

 秋季は春季に産まれたメダカが産卵を始め、年越しをしたメダカの一部は死亡します。水の交換は春季と同じペースで構いませんので、冷え込みには注意してください。

 以上が私の年間を通じての睡蓮鉢や火鉢での飼育パターンですが、エサは冬季は与えなくても大丈夫ですし、春季と秋季は控えめに与え、夏季は食いの状態を視てから与えます。青水は春季に作りますと秋季まで飼育できますし、後は種水として残せます。

観賞魚を色々飼育していますので、書かせていただきます。

 外での睡蓮鉢で姫睡蓮や熱帯睡蓮を栽培し、カラーメダカを飼育している者の例ですので参考になれば幸いです。水は交換えをし過ぎると上記の系統の睡蓮は枯れる要因になりますので、睡蓮を中心に栽培するのならば、水の交換は2月位が限度で、蒸発した分の補充と上澄みの処分以外での追加はできません。日本産の睡蓮の場合は半月に一度の交換でも大丈夫です。

 冬季の場合ですがメダカを別の水槽やケースに移動させ、睡蓮は温室に移動させて春季を待ち...続きを読む

Q確率変数の独立性とV(X+Y+Z)=V(X)+V(Y)+V(Z)について

いつもありがとうございます。高校数学の勉強をしています。数学Bの「確率分布」の章です。

教科書では次のように言っています。

「二つの確率変数XとYが互いに独立であるとき、分散Vについて V(X+Y)=V(X)+V(Y)が成り立つ。」これは証明があり理解できました。

続いて、「3つ以上の確率変数の独立性についても2つの場合と同様に定義される」と言います。

その後、次のような説明があります。

「確率変数X,Y,Zが任意の値a,b,cについてP(X=a,Y=b,Z=c)=P(X=a)P(Y=b)P(Z=c)を満たすとき、X,Y,Zは独立であるという。

このとき、X+YとZは互いに独立となり、 V(X+Y)=V(X)+V(Y)を繰り返し用いると、次のことが成り立つ。

確率変数X,Y,Zが独立ならば、
V(X+Y+Z)=V(X)+V(Y)+V(Z)」

上の「このとき、X+YとZは互いに独立となり」という部分がどうしても証明できません。

(1) あまりに自明なことなのに私がドつぼにはまってしまい苦しんでいるのか、
(2) もう少しレベルの高い勉強をしないと理解できないことなのか、

どちらかと思うのですが、なぜX+YとZは互いに独立となるのか教えてください。よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。高校数学の勉強をしています。数学Bの「確率分布」の章です。

教科書では次のように言っています。

「二つの確率変数XとYが互いに独立であるとき、分散Vについて V(X+Y)=V(X)+V(Y)が成り立つ。」これは証明があり理解できました。

続いて、「3つ以上の確率変数の独立性についても2つの場合と同様に定義される」と言います。

その後、次のような説明があります。

「確率変数X,Y,Zが任意の値a,b,cについてP(X=a,Y=b,Z=c)=P(X=a)P(Y=b)P(Z=c)を満たすとき、X,Y,Zは...続きを読む

Aベストアンサー

Xがとり得る値を e_1, e_2, …, e_n とします。これは、Xがこれらの値をとる確率をすべて合計すると、1になることを意味します。

  Σ[k=1 to n] P(X = e_k) = 1 (ア)

つぎに、任意の値dについて、X+Y が d になる確率を求めます。このとき、X は e_1, e_2, …, e_n のどれかなので、Yは d - e_1, d - e_2, …, d - e_n になります。そこで、X+Yがdになる確率は、次のように表わせます。

  P(X+Y=d) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k, Y = d - e_k)  (イ)

XとYは独立なので、(イ)は次のように書き換えられます。

  P(X+Y=d) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k)  (ウ)


つぎに、X+Y が d で、 Z が 任意の値 c になる確率を求めます。

  P(X+Y=d, Z=c) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k, Y = d - e_k, Z=c) (エ)

X,Y,Zは独立なので、(エ)は次の式に書き換えられます。

  P(X+Y=d, Z=c) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k) P(Z=c) (オ)

P(Z=c)は定数(kに無関係)なので、Σの外に出せます。

  P(X+Y=d, Z=c) = {Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k)} P(Z=c) (カ)

(カ)に(ウ)を代入すると、

  P(X+Y=d, Z=c) = P(X+Y=d) P(Z=c) (キ)

したがって、X+Y と Z は独立です。(証明終)

Xがとり得る値を e_1, e_2, …, e_n とします。これは、Xがこれらの値をとる確率をすべて合計すると、1になることを意味します。

  Σ[k=1 to n] P(X = e_k) = 1 (ア)

つぎに、任意の値dについて、X+Y が d になる確率を求めます。このとき、X は e_1, e_2, …, e_n のどれかなので、Yは d - e_1, d - e_2, …, d - e_n になります。そこで、X+Yがdになる確率は、次のように表わせます。

  P(X+Y=d) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k, Y = d - e_k)  (イ)

XとYは独立なので、(イ)は次のように書き換...続きを読む

Q屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳

屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。

昼夜を問わず泳いでおり、このまま死んでしまうのではないかと心配しております。

睡蓮鉢でメダカを飼い始めてから半年、今までに見たことのない
光景で心配しております。

最近変わったことといえば、グリーンウォーターがいいとのことを聞き
クロレラの粒を10日間までに入れたのとその際
カルキを抜いた水をいれたぐらいです。

空気が足りないのかもと思い、酸素石を10粒ほど入れました。
コードがないので、ポンプ類はつけられません。

どうしたらいいかお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。
・ここ数日の高気温による高水温で、メダカが活性化したための行動ならば心配いりません。
ですが、酸素を出す石を10個も投入されたとのこと。
私は、酸素を出す石が気になります。
酸素を出す石は、水質をアルカリ性の硬水に変化させる副作用があるため、使用には注意が必要です。

酸素が出る石の仕組みをご説明いたします。
酸素が出る石の主成分は「過酸化カルシウム」です。

「過酸化カルシウムCaO2」と「水H2O」を反応させて、「水酸化カルシウムCa(OH)2」と「酸素1/2 O2」を発生させます。
コレが、酸素を水中に発生させる工程です。

CaO2 + H2O → Ca(OH)2 + 1/2 O2↑

過酸化カルシウムと水の反応により、飼育水中に酸素を供給する仕組みになります。
元来、過酸化カルシウムは、水に溶けにくい性質があります。
水に溶けにくいから、長期間にわたり飼育水に酸素を供給できます。

【副作用】酸素が出る石の危険性について
酸素を出す過程で発生する「水酸化カルシウムCa(OH)2」は飼育水中の「二酸化炭素CO2」と反応し「炭酸カルシウムCaCO3」が発生してしまいます。

Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O

酸素が出る石の主成分である水酸化カルシウムとは、実はpHをアルカリ性に換えます。
水酸化カルシウムとは、pHアルカリ調整剤に使用されている消石灰のことなのです。
・消石灰は強いアルカリ性物質で、飼育水をアルカリ性物質です。
・また、炭酸カルシウムは飼育水を硬水に変えてしまいます。

メダカはアルカリ耐性のある魚ですから、他の熱帯魚や温帯魚よりはアルカリ性に強い魚です。
ですが、飼育水のpHや硬度の変化には思いの外、敏感で脆弱です。

水替えが楽なので、マメに、水替えする小型水槽ならば、酸素を出す石を使用しても、あまり問題にはなりません。
マメに水替えを行えない睡蓮蜂に、酸素を出す石を10個も投入したら、結構、水質は変化していると思います。

とりあえず、酸素を出す石の撤去と1/2量の水替えを行うことをオススメします。

屋外の睡蓮鉢(60×60)ならば、十分な水量があるので極端に多くのメダカを飼育していない限り、エアポンプによるエアリングは必要ありません。
少量の浮草と水草を育成すれば、メダカには十分な飼育環境を維持できると思います。

> 屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。
・ここ数日の高気温による高水温で、メダカが活性化したための行動ならば心配いりません。
ですが、酸素を出す石を10個も投入されたとのこと。
私は、酸素を出す石が気になります。
酸素を出す石は、水質をアルカリ性の硬水に変化させる副作用があるため、使用には注意が必要です。

酸素が出る石の仕組みをご説明いたします。
酸素が出る石の主成分は「過酸化カルシウム」です。

「過酸化カルシウムCaO2...続きを読む

Qアライグマとオオカミは交尾する?

タイトルのとおりです。
別にアライグマとオオカミでなくても良いです。
ネコとネコ、オオカミとオオカミみたいに同じ種類じゃなく
ネコとオオカミみたいな異なる場合です。
なお、ペットとして飼われている動物ではなく野生と考えます。

アライグマとオオカミが交尾することってあるのでしょうか?

また、交尾とまではいかなくても、野生のアライグマとオオカミが軽くじゃれあう程度のようなことをする可能性はあるでしょうか?

Aベストアンサー

 アライグマの生息地域がオオカミほど広くないことを考えると、ほぼ北米に限定される話題ですが、交尾はともかくとして繁殖するということはありえないと思います。
 オオカミはイヌ科、アライグマはアライグマ科。ここで繁殖に至るあらゆる面が違うでしょうから、お互いが繁殖相手と認識するにも野生の状態ではかなり無理があります。飼育下で幼い頃から同族であると刷り込まないとだめでしょう。

 繁殖以前に北米に生息する数種類のオオカミ亜種に特に限らなくても、オオカミはアライグマを獲物とみなすはでです。ウサギよりは獲りづらい獲物でしょうが。
 ですからアライグマを仲間とみなしじゃれるオオカミよりも、捕食対象と思うオオカミのほうが圧倒的に多いでしょう。
 オオカミは科の違うアライグマどころか、同じイヌ科のコヨーテやキツネすら可能であれば捕らえて食べます。

 アライグマとオオカミに限らないとのことですが、動物はなんらかの方法で同族を同族と認識しており、それ以外の動物は敵か獲物か関係ない存在かのどれかです。そこから外れる存在は確かにいますが、なかなか例が難しいですね。
 でもたとえ同じ巣穴で育っても、成長すると無視するようになったりする生き物もいます。まして遊び相手と考えるのはかなり難しいのではないでしょうか。
 繁殖にまで至った例があるのは、イヌ科ではコヨーテとイヌ、イヌとオオカミというように、野生の生き物と家畜・・・という組み合わせが多いように思います。家畜は長い間人間に飼育されているせいか、性に関するなにかが野生の生き物に比べて緩いようです。(「家畜化されると生き物は性的に堕落する」とかなんとか言った人がいましたが)
 上記のように、繁殖が可能ということはそもそも種がたいへん近いということです。ほとんど同種か、亜種程度でないと無理です。
 冒頭でちらっと述べたとおり、繁殖例がないからといって交尾を試みた個体がいたかいないかというのは証明が難しいのでわかりませんが・・・。

 言い忘れましたが、「オオカミが一方的にアライグマにじゃれかかる」ということはありうると思います。アライグマは弄ばれて防戦一方ということですね。
 ネコがネズミをなぶるような関係はないわけではありません。お互い楽しく遊ぶ、ということはないと思います。

 ただ、たいへんまれですが偶然いっしょに行動するようになる、という例があることはあります。このなかには捕食者が捕食する相手を保護していた例もあります。
 たとえば、授乳時期の母親が子供を失い、たまたま同じように母親を失った他種の子供を見つけて保護していた・・・という話はあります。

 なぜこのようなご質問をたてられたのか、少し興味があります。

 アライグマの生息地域がオオカミほど広くないことを考えると、ほぼ北米に限定される話題ですが、交尾はともかくとして繁殖するということはありえないと思います。
 オオカミはイヌ科、アライグマはアライグマ科。ここで繁殖に至るあらゆる面が違うでしょうから、お互いが繁殖相手と認識するにも野生の状態ではかなり無理があります。飼育下で幼い頃から同族であると刷り込まないとだめでしょう。

 繁殖以前に北米に生息する数種類のオオカミ亜種に特に限らなくても、オオカミはアライグマを獲物とみなす...続きを読む

Q睡蓮鉢のメダカ全滅について

マンションのベランダ(東南向き)で睡蓮鉢を利用して小規模なビオトー
プをめざしています。

鉢を流木で半分に仕切り、底の方にビオソイルを少し入れて、その上から
川砂、そこには、プラ鉢に入れたシラサギカヤツリ、ナガバオモダカ、
ウォータークローバーを植え込み、もう半分は、素焼きの鉢に睡蓮を植え
て沈め、フロッグビットを少し浮かべています。

水は、川砂の上1~2cm位上までの水位です。水草についてきた小さい浮き
草(約直径5mm)が増殖して、時々間引いています。

以前から飼っていたミナミヌマエビが大繁殖しているところに、スジシマ
ドジョウ1匹とヒメダカを初めは3匹。1週間くらいでヒメダカは全滅
し、続いてまた3匹。1ヶ月ほどで一昨日ヒメダカのみ全滅しました。

ビオトープをめざしているので、餌は与えていませんでしたが、水も数日
汲み置いてから入れるようにしたりしていました。

水も澄んでいて、植物もエビ・ドジョウはとても元気なので、メダカだけ
が死んでしまうのを防ぐ方法がわかりません。様子を見る限り、前日まで
元気に泳いでいること、体に変化が見られないことから病気の可能性は低
いように思われます。

これから秋冬で追加購入して投入するのがよいのか、原因を突き止めて環
境を整備したらよいのか悩んでいます。

経験のある方、ぜひアドバイス頂ければと思います。

マンションのベランダ(東南向き)で睡蓮鉢を利用して小規模なビオトー
プをめざしています。

鉢を流木で半分に仕切り、底の方にビオソイルを少し入れて、その上から
川砂、そこには、プラ鉢に入れたシラサギカヤツリ、ナガバオモダカ、
ウォータークローバーを植え込み、もう半分は、素焼きの鉢に睡蓮を植え
て沈め、フロッグビットを少し浮かべています。

水は、川砂の上1~2cm位上までの水位です。水草についてきた小さい浮き
草(約直径5mm)が増殖して、時々間引いています。

以前から飼ってい...続きを読む

Aベストアンサー

メダカの食性から想像すると、恐らく餓死。
ミナミヌマエビが繁殖する環境ならば、温度を含む飼育環境に問題は無いと思います。

ミナミヌマエビやドジョウは、ビオトープならば初期の段階から餌を得られます。
・ミナミヌマエビ(水草、コケ、植物性プランクトンなど)
・ドジョウ(コケや枯れ草などの有機物をソイルと一緒に飲み込み栄養吸収できます)

メダカの餌はビオトープならば、主に動物性プランクトンになると思います。
ヒメダカを飼育する30~60日ほど前に、近くの小川や池、沼などから、少量の泥や枯れ葉を採取し、ビオトープの中へ入れていますか?
フログピットの影などに、ケンミジンコなどの発生を確認してからメダカを投入しましたか?
・メダカ(ミジンコ類、ワムシ、ツリガネムシなどの動物性プランクトンなど)

*ドジョウやエビの排泄物が動物性プランクトンの餌になります。
*ミズミミズがソイルの中で繁殖すれば、メダカ、ドジョウ、エビの排泄物から、水草類の肥料を作ります。

> 1週間くらいでヒメダカは全滅し、続いてまた3匹。1ヶ月ほどで一昨日ヒメダカのみ全滅しました。
・始めは1週間、次は1ヶ月メダカは生存。
少しずつメダカが棲める環境になりつつあるように思います。
動物性プランクトンの発生が確認できるまでは、少量のメダカの餌が必要だと思います。

メダカの食性から想像すると、恐らく餓死。
ミナミヌマエビが繁殖する環境ならば、温度を含む飼育環境に問題は無いと思います。

ミナミヌマエビやドジョウは、ビオトープならば初期の段階から餌を得られます。
・ミナミヌマエビ(水草、コケ、植物性プランクトンなど)
・ドジョウ(コケや枯れ草などの有機物をソイルと一緒に飲み込み栄養吸収できます)

メダカの餌はビオトープならば、主に動物性プランクトンになると思います。
ヒメダカを飼育する30~60日ほど前に、近くの小川や池、沼などから...続きを読む

Q日本に野生動物が少ない理由は何ですか?

なぜか、日本には野生動物が少ない。
(生息している動物の種類が少ない)
でも、縄文や弥生時代までにかけてはいろんな種類の野生動物がいたそうです。
(貝塚や遺跡からいろんな動物の骨が出土してるようです)
なのに、なぜか今はいろんな種類の野生動物があまりいないし、少ない。

少ない理由、または原因を教えて下さい。

Aベストアンサー

自然淘汰されたことや、人間社会の拡大による自然の変化、人間による乱獲などいろいろ理由は考えられますが、やはり島国だということが一番大きな理由ではないでしょうか?
それでも現在130種類の哺乳類がいるそうですよ。

Qカネヒラを屋外の睡蓮鉢で飼いたいのですが?

タナゴの飼育初心者です。カネヒラを屋外の睡蓮鉢で飼いたいのですが?
大きさは陶器 生子22号、規格:直径:約66cm 高さ約38cmです。
ネットでも睡蓮鉢の例はでていません10匹ほど飼育予定してます。
飼うことが可能?無理?注意点・えさなど教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
>大きさは陶器 生子22号、規格:直径:約66cm高さ約38cm
>10匹ほど飼育予定してます。
かつてカネヒラの魅力に取り付かれ長い間飼育していました。
カネヒラは秋に産卵と言うことですが、8月前後には婚姻色も出て綺麗なピンク色で、正にタナゴの王様でした。
当時60センチの規格水槽でオス1、メス1の1ペアでも狭く感じていましたので、10匹を飼育するなら最低でも90×45×45の150リットルでも狭く120×45×45欲しい所です。

もちろんまだ幼魚で小さい固体であれば、60センチ規格の55リットルであればしばらくの間大丈夫でしょう。

但し飼育環境としては高効率の生物濾過は必要ですから、睡蓮鉢にどのような濾過器をど、のように設置するか書かれていないのでコメントをしようが無いのですが、私にはカネヒラを10匹、長期に亘り飼育出来る濾過装置の設置方法は思い浮かばず、相当に難しいと推測されます。参考まで。


人気Q&Aランキング