こんにちは。
母がC型肝炎の治療でインターフェロンを投与していました。
期間は半年間の予定で特に副作用もなく順調に進んでウイルス
が検出されなくなって来ていたのですが、残りあと4回と言う
ところでKL-6の数値が上昇して治療の継続を断念しました。

900台だった数値が1ヶ月後の前回の検査では1000を超えていた
ようです。

最初は少し動くだけで息が上がるとか呼吸が苦しいとか言って
いたのですが、インターフェロンを中止してから治まったよう
です。CTでも影はなくベルクロラ音もなく、呼吸器科の医師
には「100%喘息でしょう」と言われたようですが、呼吸も楽に
なったのにKL-6数値だけが下がらず不安に思っています。
他の数値は正常範囲内だそうです。

確かに前から喘息は持っているのですが、今は症状はほとんど
ないようです。

こんな状態で間質性肺炎の可能性はあるのでしょうか?
今は念のためステロイドを服用しているようですが、数値が
下がっていません。CTにも写らないベルクロラ音もなくKL-6
だけが上がっている状態で他に何の病気が考えられますか?

とても不安です。
どなたかアドバイスを頂ければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

KL-6の感度、特異度については、アミオダロンという薬による薬剤性肺炎についてはよく調べられており、感度100%、特異度92%(遠藤康弘ら:呼吸器科4:40-44,2003)というデータがあります。


これから、類推すると間質性肺炎である確率はきわめて高いのですが、実はこれをこのままインターフェロンによる薬剤性肺炎について応用していいかというと問題があります。
なぜなら、C型肝炎だけでもKL-6が増加し、肝硬変が進行すると特にあがるからです(Intern Med. 2003 Aug;42(8):650-4.)。人によってはC型肝炎自体が間質性肺炎を惹起するからKL-6が増加するという人もいますが、肝臓自体の線維化を反映している可能性もあるらしいです。
他の肺の検査、例えばDLCOなどを測定すればはっきりするかと思います。

この回答への補足

アドバイスありがとうございました。

その後、大学病院へ行き鮮明なCTやその他検査で
間質性肺炎と診断されました。

が、適切な治療により今はほぼ完治と宣言して頂く
少し手前まで来ました。

不安な時に詳しいお話を聞かせて頂いてありがとうございました。

補足日時:2009/08/11 16:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても専門的なお話しを聞かせて頂いてありがとうございます。

やっぱり数値は正直に状態を表しているんですね。
病気の治療でC型肝炎になり、その治療の為のインターフェロン
で病気になってしまったとしたら本当にショックです。

安易にインターフェロンを勧めてしまった自分も浅はかだった
と後悔しています。

今まで数年間、血液検査などで様子を診て来ましたが数値が
激変したことはありませんでした。C型肝炎自体がKL-6の
数値上げているとは、なかなか思えません。素人なので心情
的に....なのですが。

肺一酸化炭素拡散能(DLCO)をインターネットで調べてみました。
ちゃんとした検査が出来る大きな病院に行って現状を知るように
します。

間質性肺炎というと生存率が低く予後の悪い病気と出てきます。
薬剤性肺炎だったとしても、命が短いことに変わりはないのか
と恐怖でいっぱいです。

早く今の病状を知りたいです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 薬剤性肺炎<呼吸器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    薬剤性肺炎とはどんな病気か  薬剤性肺炎は大きく分けて、抗がん薬などで発症する細胞傷害性のものと免疫学的機序(アレルギー)で発症する場合とがあります。2003年現在に市販されている176品目の抗菌薬の添付文書を調べると、薬剤性肺炎に関連すると思われる薬剤肺傷害の記載が85品目(48%)に、また抗腫瘍薬では約54%にあります。 原因は何か  免疫学的機序(きじょ)による薬剤性肺炎は、抗原抗体反応による過敏性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間質性肺炎と診断されました。

母(50代女性)が間質性肺炎と診断されました。
昨年末より咳がでるようになり、今年5月に病院でレントゲン・血液検査の結果、間質性肺炎と診断されました。
 血液検査
  KL-6 1900H
  SP-D  334H
  LDH    261H
  抗核抗体  80H

その結果、他の病院を紹介され6月に紹介先の病院で再度レントゲン・血液検査
7月に結果を伺いにいった所、膠原病の疑いもありましたが膠原病ではなく間質性肺炎とのことで「このまま経過をみましょう。突然、死に至る事もあるので、苦しくなったらすぐ来て下さい。」と言われております。現在は、突発性間質性肺炎と診断されたわけでもないのですが、原因特定の検査はしておらず、ただただ経過をみているだけで、母の咳がでる頻度が高くなり苦しそうにしているので大変心配です。

このような場合、このまま経過をみているしかないのでしょうか?
原因特定する検査をお願いすべきなのでしょうか?
少しでも、よくなる検査・治療等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
間質性肺炎は特発性であれば原則として自然寛快の可能性は少ないと思います。症状は線維化している程度にもよるのですが、わずかな範囲であればまったく症状がないまま数年経過する方もいます。
原因特定は非常に難しく、明らかな薬剤性(ある薬剤を服用したらなったなど)や膠原病と診断されている患者さんが間質性肺炎になった場合くらいでしう判明されません。また先に間質性肺炎が発症して、その後に膠原病の症状がでてくることもあります。
治療はNo.1の方が書いてみえるように、ステロイド、免疫抑制剤です。併用することもあります。高容量で長期使用になるので、副作用が起こってくるため対策が必要になります。そのため入院で治療を開始することが多いです。
50代とお若いので、副作用には耐えられるように思います。ただ治療反応がいい病気ではないので現時点で治療するかどうかは非常に判断に迷うところです。
呼吸器内科医でもこの病気については得手不得手があります。主治医の先生とよく相談されて、セカンドオピニオンをされてはいかがでしょうか。

Q間質性肺炎の診断についてお伺いします

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両肺の背中側に見られるが、血液検査(KL-6が基準値0~500U/mlに対し290、SPーDが0~110g/mlに基準値に対し17)に異常は認められないというものでした。次回は6ヶ月後に血液検査とCTを受けることになっています。

<お伺いしたいこと>
真の病状は何だろうかと困惑しています。妻の兄を間質性肺炎で亡くしたばかりで気掛かりです。
1)画像診断上、肺気腫と間質性肺炎は混同されやすいのでしょうか?
2)KL-6の値が基準中心値より高めですが、どのように受け止めるべきでしょうか?

以上、宜しくお願いします。

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺炎は認識していたが喫煙に伴うもので程度も軽かったので、問題となる肺気腫のみ指摘した。
後の医者は、画像上間質陰影があり、間質性肺炎があるのは間違いないのでただその指摘をした。

何れも、肺気腫に関しては労作時呼吸困難を聞かれて、もしくは呼吸機能検査をした上で、中止して経過観察と言われたでしょうが、間質性肺炎に関してはただ経過観察と言われたと思います。

禁煙を成功させたのであれば、ほかによい方法があるわけでなく、ただ経過観察するしかないでしょう。唯一あるとすれば、過去の喫煙を後悔し二度と喫煙しないと誓うことぐらいでしょうか。

KL-6の値は高ければ臨床的に意味がありますが、低い中では意味がありません。正常範囲なら気にしなくてよいです。

義兄が何歳で亡くなられたかわかりませんが、あなたの間質性肺炎とは意味も重症度も違ったはずです。
気にされず、禁煙を続けてください。

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報