昨年、伯父が亡くなり、父と伯父の県外の甥、姪にあたるいとこが相続人となったようです。

電話で遺産の話し合いを進めていたにも関わらず、甥、姪にあたる人と連絡が取れなくなったとのこと。
遺産の分割に何か不満があるようなのですが、口下手なため父との話し合いを嫌がっていた節もあるようです。
いくら連絡しても電話に出なくなり、遺産の件で話をしたいので折り返し連絡をくれるよう
双方の留守電にいれても返事が来ないらしく遺産分割協議ができていません。
いろいろ事情があってあちこち動き回っているようでどこにいるのかもよくわからないとのことです。
父が伯父の葬儀を行ったこともあり、早く遺産分割を終えたいのですが
何ヶ月もたつのにそれができずに困っています。
たまに電話に出るのは耳の遠い要介護の人間のみとのことで、伝言を頼んでもやはりなしのつぶてらしいです。

こういう場合、裁判所から相手に直接呼び出しをしてもらうなど
何か話し合いに応じてもらう方法は何かありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

遺産」に関するQ&A: 遺産の相続権について

A 回答 (4件)

調停の場合は結局のところ相手との最終的な合意がなければ意味がありませんので、欠席された場合は意味がありません。


その場合には遺産分割の審判申し立てをしなくてはならないかと思います。
裁判の場合は欠席されれば出席者の言い分が通ってしまい、最終的に強制執行が可能になりますので、事実上相手に出席を強制する効力があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
調停の呼び出しなどは裁判所が行ってくれるのでしょうか?
また、調停、審判を行うときに費用などはかかるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/21 15:30

調停申し立て費用は財産がどの程度あるかにもよって違ってきますが、だいたい裁判所の申し立ての印紙代と、戸籍やら書類集めたりするので一人当たり5000円くらいですむのではないかと思います。


呼び出しは裁判所がしてくれますが、無視されればそれまでです。

不動産などが遺産に含まれていて、鑑定なんかになると数十万単位で費用が発生する可能性もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度も、ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/24 03:44

普段付き合いのない人達で協議する場合、中心となる人が、三通りくらいの分割案を書いた書面を郵送する。


意見や感想を書いて返送してもらう。
その後、だめな場合には、「調停」。
不成立なら、「審判」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
連絡しても応答がないようなので、
「調停」も視野にいれて考えてみようと思います。

お礼日時:2009/05/17 22:56

まあ、こんなところでしょうか。



http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。

リンク先を読んでみましたが、
そちらで書かれてる「遺産分割調停」申し立てをして、
裁判所が相手に連絡しても、連絡がつかない場合や
呼び出しに応じない場合は、どうなるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/15 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産分割と被相続人の預金引き落とし、そしてその期限

父親が亡くなりました。

幾つか質問があります。

質問1
遺産分割に期限はあるのでしょうか?
「被相続人死亡後、何ヶ月以内」など、、。

質問2
被相続人には預金がありますが、
その引き出しに期限はあるのでしょうか?

質問3
遺産分割および預金引き出しには
書類や子らの実印等が必要だと思いますが、
遺産分割と預金の引き出しは別の作業となるのでしょうか?
例えば、
遺産分割の方法が決まっていないが、
預金の引き落としは可能かと言うことです。

質問4
遺産分割は公共機関への手続きは必ず必要でしょうか?
例えば相続人の間での口約束だけで親の遺産分割を
決定し、
役所に無断で分割することは可能でしょうか?
口約束で分割した場合、後々になって相続人の1人が
遺産分割を正式に行うことを要求することも可能でしょうか?


以上、長くなりましたが、
質問のうち幾つかでもよいので
教えてください。
なるべく専門で詳しい方の回答を歓迎します。

Aベストアンサー

 人が死亡すると、「相続」が開始されます。これは自動的に、法定相続人に財産が帰属するという意味です。

 不動産登記は、相続人が登記手続を申請しない限り、死亡者のままです。「共同相続登記」の申請は、全員の名前で申請します。手続は、司法書士さんにお願いしましょう。その場合の「持分(何分のいくつという権利)」は、法定相続分(民法第900条)になります。

 遺産分割協議をしなくとも、相続は開始していますので、相続人全員の財産です。ただ、相続登記がしていない場合は、不動産にかかる固定資産税の納税義務者は、死亡者のままで納付書が出されてしまい、これでは不自然ですから、「資産管理人届け」という制度があります。これで、誰が固定資産税を納めるかを一応決めるわけですが、死亡者のままでその遺族が支払っていても良いのです。

 前述の共同相続登記をしますと、持分は異なりますが、全員の共有となりますので、全員の名前で納税通知書が出されます。

Q父が亡くなり遺産相続の分割の話し合いになったのですが、父の総財産を明か

父が亡くなり遺産相続の分割の話し合いになったのですが、父の総財産を明かさないまま、
私には○○○万円という金額程度をされ、実印、実印証明その他の書類の提出を要求されました。

私からインターネットで法律のことを調べ、相続人が相続権分相続する権利があるという
ことを話して、詐欺未遂行為のようなことをされた…という話をしたところ、
相続分で分けるということを知らなかったと言われました。

父が亡くなっていたことを私が知る前に、すでに向こうは遺産相続の申告を提出すませています。

詐欺未遂として裁判で訴えることは十分に可能でしょうか。

Aベストアンサー

詐欺未遂で訴えることは難しいと思いますよ。
確かに相続分で分けるのを知らなかった割には、実印や実印証明等の法定手続きに必要な書類を欲しがるって、法律のこと知ってるじゃんとツッコミ入れたくなりますが…。

ただ遺産分割は相続人全員の同意がないと無効なので、たとえすでに申請していたとしても、
無効を家庭裁判所に主張し、分割協議のやり直しを請求できます。

こんな不誠実な人とは、もはや話し合いで分割協議するのは無理なので、ついでに遺産分割の調停を申し込んではどうでしょうか?

Q遺産分割のやり直し

相続の遺産分割について教えて下さい。遺産分割協議書を作成し銀行へ提出して預金の名義変更を行ったのですが、いろいろあって(離婚とか)遺産分割をやりなおしたいのですが、そもそも遺産分割のやり直しってできるんでしょうか?

Aベストアンサー

民法上は遺産分割のやり直しは、共同相続人の全員が合意すれば可能です。
ですが、税金上の再分割は贈与の取扱となり相続税のやり直しは通常出来ません。

 相続税法基本通達19の2-8(分割の意義)
   
 「分割」とは、相続開始後において相続より取得した財産を現実に共同相続人に分属させることをいい・・・
 ただし、当初の分割により共同相続人に分属した財産を分割のやり直しとして再配分した場合には、その再配分により取得した財産は、同項に規定する分割により取得したものとはならないのであるから留意する。

Q遺産分割協議証明書の提出はいつがよいか、話し合いで分割支払いを断れるか

遺産分割協議証明書の提出はいつがよいか、話し合いで分割支払いを断れるか を教えてください。

遺産分割協議証明書が司法書士事務所から送付されてきました。
幼少に別れた父が他界し、土地と家屋が父名義で連れ合いの人が取得との事です。
他界して既に10ヶ月近くになります。
送付先の司法書士にメールで尋ねると私の権利は計算上200万円で、
協議書を提出し放棄する代わりに、連れ合いの人が放棄分の金額の埋め合わせをする
意向なので話し合いをしたい と返信がありました。
手元にまとまったお金が無く分割も検討して欲しいと付加されています。
上記の場合、権利分の金額を受け取ってから協議書提出で構わないのか、
また、分割支払いについては拒否出来るのか
を教えて戴ければと思います。
私がリストラ~求職中である事は先方に伝えてくれると回答がありました。
連絡先を知らせて欲しいとのメール後にまだ返事はしていません。
連絡先を教える前に熟考したいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

返信いただきました。

弁護士の無料相談を受けても、現在のあなたの状況では難しいと思われます。
また、無料相談は実際申し込めば分かりますが、順番待ちで相談時間も短くあてにはなりません。

必要なのは、あなたが相手と話し合う時にあなたの味方をしてくれる人です。
相手があなたの依頼する司法書士事務所で話し合うだけで、立場は強くなります。
弁護士は着手金で数十万円必要となりますが、司法書士ならまずお話だけなら無料の人がほとんどです。

まずは、あなたのお住まいの司法書士会に電話をして、あなたの近くの司法書士の支部長を紹介してもらい、お金のことを含めて、ざっくばらんに受けてくれる司法書士を紹介してもらってください。
最近独立した司法書士なら、仕事も少ないため、お金が入った時という条件でも可能と思われます。

支部長が駄目なら、司法書士会で最近独立した人を何人か紹介してもらってください。
司法書士会の連絡先は下記です。

http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/shiho_shoshi_list.php

Q遺産分割と遺留分のことについてです。

遺産分割と遺留分のことについてです。
どうも混同して曖昧になります。
1)遺留分と遺産分割は、同じ金品を算定対象にするのでしたか。
2)遺留分の侵害がなければ、遺産分割の協議の必要はないのですか。
3)遺留分減殺と遺産分割は、別々の対象テーマですか。
4)遺留分の侵害の対象となる「生前贈与」は生涯遺産に加えるのですね。
5)相続3年以内の「生前贈与」が対象になるのは遺留分侵害のないときの遺産分割の場合ですか。
6)遺産相続にあたり、遺留分侵害がなければ申立てテーマは全くないことになりましか。
ーー 箇条書きに問題をあげての混沌としてしまいます。
具体事例を挙げますと・・・
20年前に5000万円の生前贈与を受けた
4年前に2000万円を亡父から借りた
死没2年前に亡父の通帳を残額ゼロにして3000万円を別の別人口座へ移行した。
30年前に亡父の宅地に新築してそこを自宅に20年間ほど生活を営んだ
その他が想定されて、上記の箇条書きにしました。
質問者が混とんとして質問しているので理解に苦しむところが多々と思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 遺産分割は、被相続人が死亡して相続が開始された場合に行われます。
 相続が開始されるのは、遺言がある場合とない場合がありますね。

 遺言がある場合に、その遺言によっても、侵害できない最低限のラインが「遺留分」です。

 たとえば、父親が、晩年若い女性に入れあげて、財産すべてをその女性に遺贈するなどという場合や、後妻さんには一円も残さずに、子供たちだけに相続させるというような遺言があると、法定相続人は、法定相続分の2分の1までは、遺留分減殺請求ができて、全額遺贈とかすべて一人に相続させるというような遺言等の効力を「一部認めない(厳密な法律的意味合いではないです)」というわけです。

 つまり、遺留分とは、「法定相続分」を前提とした上で、その半分は、いくら被相続人が自らの財産の自由処分の最後の機会として遺言をしたとしても、相続人の遺留分として侵害できないよーというのが法律の規定になっています。
 ですので、遺産分割とは次元が異なるのです。
 遺言による分割指定が遺留分を侵害しているようであれば、当然、遺産分割(協議)の過程において、遺留分減殺請求が可能になるので、時間的な流れでは、「一緒に検討されるべき」モノではありますけれども。

 遺留分の考えが「法定相続分の半分」ということですから、当然遺産分割の対象となる「相続財産」すべてを対象として、その割合によって具体的な相続分が算出できます。
 「同じ金品」の意図するところが分かりませんが、相続財産は一緒ですよね。具体的な遺贈のどの部分を減殺請求するか?ということをおっしゃりたいのでしょうか?

 次に、遺留分侵害がなかったとしても、遺産分割(協議)は必要な場合はあります。
 
 遺言がない場合に行われる遺産分割(協議)の際には遺留分の問題は表出しないのが通常です。
 つまり相続人がどう分割するかを話し合うということですから、自分の主張をする場面ですからね。

 誰が何を相続するか?ということに集約された協議の中で、「家と会社は兄貴がもらうのはいいんだけど、遺留分程度の現金で俺はほしいなー」という事実上の話題にはなるかもしれないですけれども。

 あとは、特別受益の問題と減殺対象の遺贈などを混乱されているようですし、借金は債権として財産が残るのでこの話題とは次元が違うと思うので、答えられません。

 

 遺産分割は、被相続人が死亡して相続が開始された場合に行われます。
 相続が開始されるのは、遺言がある場合とない場合がありますね。

 遺言がある場合に、その遺言によっても、侵害できない最低限のラインが「遺留分」です。

 たとえば、父親が、晩年若い女性に入れあげて、財産すべてをその女性に遺贈するなどという場合や、後妻さんには一円も残さずに、子供たちだけに相続させるというような遺言があると、法定相続人は、法定相続分の2分の1までは、遺留分減殺請求ができて、全額遺贈とかすべて一人...続きを読む

Q遺産相続に関し、伯父(父の兄)に何らかの法的措置をとりたい

この度、父が遺産相続をしたのですが、その結果、伯父(父の兄)が知らない間にした借金の負債が大きく自己破産に追い込まれました。

これまでの経緯を簡単に書きますと、


1.曾祖母の死亡により、遺産を祖父と祖母が継承。
    ↓
2.伯父(父の兄)は、取引先の連帯保証人になったが、その取引先が夜逃げ。
  結果、多額の謝金を負う。
    ↓
3.父は知らない間に伯父(父の兄)によって共同経営者から外れ、父の家も抵当に。
  この頃から、商店を担保に更に複数の銀行から伯父(父の兄)が多額の借金。
  父名義の株も知らない間に売却される。
    ↓
4.祖父が昨年死亡し、父に遺産相続が発生。その際に、共同経営者の件と抵当の件、父名義の株の売却が発覚。
  親戚を集め、説明を迫るが一切答えず。
    ↓
5.その後、裁判所から呼び出し。
  弁護士による調停の結果、単純相続が良いとの事で、単純相続をしました。
    ↓
6.数年後の今、他に隠れて借金していた事が銀行からの督促で発覚。
  同時に伯父(父の兄)は自己破産をして逃亡。
  残余の負債の請求が父に来て、負債が大きく、自宅が差し押さえられました。
  また複数の親戚が連帯保証人になっていた様で、それら親戚も自己破産などに追い込まれました。


と以上の様になっております。


そこで伺いたいのですが、どうも伯父(父の兄)のやりようが許せません。
養子縁組によって、伯父(父の兄)の息子に現金資産は移動するなど、徹底して父を馬鹿にした状態が納得できないのです。

そこで以下3点について教えて下さい。


○この伯父(父の兄)に、何らかの法的措置はとれませんか?
 できれば持ち家を失った事もあり、金銭を少しでも取りたいです。

○遺産相続時の弁護士に、隠れた負債を発見できなかった責任とかないんでしょうか?
 また、その責任があるのなら、何らかの措置はとれませんでしょうか?

○父の自己破産の手続きはまもなく開始しますが、少しでも財産を残す方法はありませんでしょうか?
 裁判費用などで蓄えを使い切ってしまい、資産も差し押さえられると、生計の維持が困難になってしまいます。


以上長くなりましたが、どなたか、お知恵をお貸し下さい。

この度、父が遺産相続をしたのですが、その結果、伯父(父の兄)が知らない間にした借金の負債が大きく自己破産に追い込まれました。

これまでの経緯を簡単に書きますと、


1.曾祖母の死亡により、遺産を祖父と祖母が継承。
    ↓
2.伯父(父の兄)は、取引先の連帯保証人になったが、その取引先が夜逃げ。
  結果、多額の謝金を負う。
    ↓
3.父は知らない間に伯父(父の兄)によって共同経営者から外れ、父の家も抵当に。
  この頃から、商店を担保に更に複数の銀行から伯父(...続きを読む

Aベストアンサー

死亡後3ヶ月経過後でも、相続放棄できる場合がありますので、(判例)

相続放棄すれば良かった事案。 (放棄が認められる可能性が強い)
親族まで、自己破産しなくてすんだ。

Q遺産分割、高裁の判決後の流れについて教えてください

遺産分割、高裁の判決後の流れについて教えてください

遺産分割で相手方が不服の申し立てをしました。高裁からの判決文が届いた後どのような流れになるのでしょうか?判決文を受け取ったあと5日間待って、確定したのかどうか、確定書のもらい方などを知りたいです。

Aベストアンサー

遺産分割の裁判と云っても、求める請求の趣旨が幾つもあります。
現物を分割する場合、他の持分権者に対価を支払い1人の所有とする場合、丸ごと競売する場合等あります。
いずれも、第1審が地方裁判所でしたら不服は高裁で控訴します。
その判決に不服ならば、最高裁判所に上告しますが、高裁の判決を受理した日から2週間以内です。
その期日が経過すれば判決は確定しますが「確定書」と云うような書類はないです。
確定すれば原審に記録が戻されますので、原審で聞けばいいです。
その後の手続き(執行)は、上記の3つのなかのどれかによって変わってきます。

Q父が節税対策で姪を養女にした後の遺産相続について

私は父、母、兄の4人家族です。数年前に父が他界した後に、実は節税対策で兄の娘(私の姪)を養女にしていた事が発覚しました。この結果、父の遺産の半分は母、残りの半分を兄、私、姪の3人で等分するということになりました。それから数年が経ち、今年の一月に母も他界致しました。実はこの母親は私が幼い頃に父が再婚した相手で、私の実の母親ではありません。兄が申しますには「亡くなった母親は僕達の実の母親ではないから、母親の遺産が相続できるのは養女に入った僕の娘(私の姪)だけだ。養女は戸籍上実子になるから僕等には遺産相続の権利はないんだ。」とのことでした。私の知らないところで養女になっていた姪に、母親の遺産全てを渡さなければならないんでしょうか??恐らく亡くなった父もこんなことになるとは思わず、節税のためだけに養女にしたと思います。私としても納得はいかないのですが、兄弟で争う事もしたくありません。兄は「弁護士に聞いた」と言っていましたが、法律は全くわからないのでどなたか教えて頂けませんでしょうか・・よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 民法の法定相続人の規定では、義母の遺産を相続するのは、義母の養子である姪ひとりだけになります(義母に他の子がいないとき)。
 だから、お兄さんが聞かれた弁護士の回答は、法律的には正しいと思います。

 しかし、質問者さんや兄は、民法では義母の遺産を相続する権利はなくても、現実問題としてその遺産を相続してはいけないという決まりはないのです。

 遺産を相続するのは、何も血縁者だけではありません。遺言があれば、あるいは相続人(=この場合、姪ひとり)が承諾すれば、血縁者以外が故人の遺産を相続することは可能です。

 質問者さんと兄、そして姪の3人で遺産相続をご相談されたらいかがですか。「僕たちには義母の遺産を相続する権利はない。でも、元は父の遺産だ。今回も仲良く3等分しよう」と提案されてはどうでしょうか。
 もし、姪が義母の遺産を独り占めするのなら、あきらめざるをえないと思いますが…。

 なお、義母の遺産について、相続税が課税されるほどの高額であれば、血縁者以外の者が相続した場合には相続税額は2割相当加算されます(質問者さんと兄の分です。姪は変更なし)。
 また、姪が既に義母の遺産を相続していたら、その遺産を質問者さんや兄に移転することは、高額な贈与税などの課税対象となりますから注意が必要です。

 民法の法定相続人の規定では、義母の遺産を相続するのは、義母の養子である姪ひとりだけになります(義母に他の子がいないとき)。
 だから、お兄さんが聞かれた弁護士の回答は、法律的には正しいと思います。

 しかし、質問者さんや兄は、民法では義母の遺産を相続する権利はなくても、現実問題としてその遺産を相続してはいけないという決まりはないのです。

 遺産を相続するのは、何も血縁者だけではありません。遺言があれば、あるいは相続人(=この場合、姪ひとり)が承諾すれば、血縁者以外が...続きを読む

Q遺産分割のやりなおし

遺産分割のやりなおし

受験生から遺産分割のやり直しの質問がありましたので下記のように答えました。
現在の相続による所有権登記を抹消して、新たな遺産分割協議で相続する。
それに対して受験生は私の回答は誤りであり、それは教科書に下記のとうり説明されているということです。

ブリッジ実戦第2版 P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。

登記原因として、合意解除と遺産分割の二つの法律行為を併せて、遺産分割で移転は出来ないと思うのでこの教科書の説明が分かりません。
著者は早稲田セミナー竹下貴浩氏のようですが、検索しますとかなり本を出版しいます。
竹下貴浩氏の説明が誤りなのか引用にミスがあるのか、どなたか現物の本を持っている方いませんかね。
私としては引用された教科書が間違いだったと思っております。

Aベストアンサー

普通に、本屋に売っているので自分で見ること。

Q遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

私たちは3人姉妹です。(姉一人、妹一人、私は真ん中)先日、一番上の姉(子供なし)が亡くなり、姉の成年後見人をしていた妹がすべての遺産(負債含む)を受け継ぐという遺産分割協議書を司法書士に作成してもらい、遺産分割協議を開きましたが、具体的な負債内容を開示しようとせず(分割協議書にはその他一切の債務というように曖昧な記載をしている)、自分が姉の面倒を見たのだからすべての遺産(負債含む)を受け継ぐと主張し譲りません。

妹は、自分が姉の成年後見人をしていたので、姉の負債もすべて知っているのに、それを私に一切開示しないことで、法定相続を私が主張したらいいかの判断をさせないつもりのようです。

妹は姉の成年後見人をしたときに、姉の財産目録(負債を含む)を裁判所に提出していると思うのですが、この財産目録は私が閲覧可能なのでしょうか?

もし可能であるなら、どのような手続をすればいいのでしょうか?

もし、不可能な時は何か別の負債を知る方法をおしえてください。ちなみに妹は姉の成年後見人をしていたので、私には調べるすべがありません。

遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

私たちは3人姉妹です。(姉一人、妹一人、私は真ん中)先日、一番上の姉(子供なし)が亡くなり、姉の成年後見人をしていた妹がすべての遺産(負債含む)を受け継ぐという遺産分割協議書を司法書士に作成してもらい、遺産分割協議を開きましたが、具体的な負債内容を開示しようとせず(分割協議書にはその他一切の債務というように曖昧な記載をしている)、自分が姉の面倒を見たのだからすべての遺産(負債含む)を受け継ぐと主張し譲りません。

妹は、自分が姉の...続きを読む

Aベストアンサー

遺産分割は相続人全員の合意が必要です。
合意が無ければ分割(名義変更など)できません。
あなたが財産目録の提示が無いことで協議に応じない(はんこを押さない)という態度を明確にすることで財産目録の開示ぐらいの主導権は握れると思います。

妹さんも負債超過の財産を相続したがるとは考えにくいです。
ですから早期の解決を望むなら財産目録の開示にこだわらず

財産を管理していた相続人である妹さんから財産目録の提示が無い、
妹さんが相続財産の全てを自分のものにしようとしている、
分割協議をするにおいて妹さんに誠意がないなど
分割協議がととのう見込がないことを理由に
家裁に遺産分割の調停を申し立てた方が良いような気がします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング