高圧モーター(3.3KV)で短絡事故が起きたとき、高圧モーター遮断器の過電流リレーが働らき、遮断されたにもかかわらず、上位の遮断器が働いたのか、同じ系統(別の需要家)が瞬停になるのはなぜですか。保護協調は取れていると聞いていたのですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

保護協調は取れているのは、過電流協調(限時要素)と思います。


短絡協調(瞬時要素)は、非常に難しい(ほぼ不可能)です。
瞬時要素は50ms以下(0.05秒)で反応します。ほぼ40ms程度、それから遮断器の開放時間3サイクル50~60msで遮断が終わります。(短絡電流が無くなる)短絡協調をするにはそれ以上の時間上位遮断器が遮断せずに待たなければなりません。事故点が上位遮断器直下でありそれから遮断すると、約150ms~250ms短絡電流を流し続けることになります。普通の変電所なら、中身がなくなっているでしょう。
また、短絡事故時は事故点に多大な電流が流れて、電圧のほとんどが上位の変圧器に掛かります。よって変圧器出力電圧が下がります。別の需要家では、瞬停と感じるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさま ご回答ありがとうございます
大変わかりやすく、理解できました。

お礼日時:2009/05/16 21:05

瞬停ではなく瞬低(瞬時電圧低下)ではありませんか?



参考URL:http://www.tepco.co.jp/kanagawa/setsubi/gijyutsu …
    • good
    • 0

過電流リレーには、2つの保護目的があります。


 1.過電流  2.短絡電流 です。

dennki様は、おそらく過電流の保護協調を思っているのでしょう?
 過電流は、動作電流と動作時間で上位の継電器と協調がとれますので、単なる過電流の場合は、正常動作します。

 短絡電流は、動作電流だけで動作時間は一定です。 0.05s以内(遮断機連動0.1s以内)設定です。
 短絡電流は、何千アンペア(電源インピーダンスによる) も流れますから、瞬時遮断が必要です。末端で短絡した場合、上位継電器も同時に短絡電流を検出し遮断します。 時限協調がとれません。

短絡は、大変危険なものですから、遮断器による遮断では、短絡電流が大きくなります(正確には、電力会社で受電点の短絡電流値を聞いて、受電設備のインピーダンスを加算する)ので、限流型バワーヒューズを入れ、短絡電流を制限する方法を検討する余地がある様に思います。
    • good
    • 1

少しご質問が理解できていないのですが・・・



3KVのTRの下に色々な負荷があると思います。このひとつ(今回は高圧モーター)が完全短絡すればTRは瞬時過電流です。よって完全短絡が解消されるまで(今回はモーターのCB OFF)はTRはしんどいと言いながら電圧降下を起こします。

このTRが電力会社のものでぎりぎりの容量(KVAなど)なら別の需要家まで電圧降下の影響がでます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧遮断器と高圧開閉器の違い

高圧遮断器は短絡電流が切れますが、高圧開閉器は遮断容量の問題で短絡電流が切れないと思いますが、詳しくわかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

補足内容を見ていると、高圧受電設備の幹線(受電母線)の受電側に遮断器、もしくは開閉器+PFを設置しなくて良いかという意図に取れますが、違うのでしょうか?

真空接触器は、確かに遮断容量としては4kA程度のモノが存在しますが、これを持って受電遮断器の代用にすることはできません。

一応、電力会社の配電線送りだし点での、短絡容量は10kA程度に設計されております。
確かに、配電線の距離に寄っては、4kA以下になる条件が有るかも知れませんが、電力設備の設計では、当該電路に発生しうる、最大の短絡電流を遮断できる様に設計および設備の設置を行っておかないと、

万が一の電路に異常事態が生じた時、短絡電流の遮断失敗>開閉器の破損>事故点除去が不可能>配電線への事故波及・・・・と、事故が拡大してしまいます。

つまりどのような状況になっても、当該電路を確実に遮断できる事を狙って受電設備は設計されております。

また、受電にPF+開閉器を用いて配電線の送り出し遮断器トリップまでにPFの遮断が遅れ、配電線が停電した場合でも、60秒後に自動再閉路により送電されてきます。

このときに、PFの内一相でも切れていれば、開閉器をトリップさせて、配電線と切り離しておくと、配電線はそのまま復旧します。

このことから考えても、高圧受電母線の受電側に開閉器で代用させるには無理があります。
参考に6.6kV遮断器の遮断容量は12.5kA。25kAが、標準とされております。

補足内容を見ていると、高圧受電設備の幹線(受電母線)の受電側に遮断器、もしくは開閉器+PFを設置しなくて良いかという意図に取れますが、違うのでしょうか?

真空接触器は、確かに遮断容量としては4kA程度のモノが存在しますが、これを持って受電遮断器の代用にすることはできません。

一応、電力会社の配電線送りだし点での、短絡容量は10kA程度に設計されております。
確かに、配電線の距離に寄っては、4kA以下になる条件が有るかも知れませんが、電力設備の設計では、当該電路に発生し...続きを読む

Q過電流遮断器をなくすと短絡電流が流れた場合?

電験の法規で、過電流遮断器の施設を省略できる場合の勉強をしております。

ここで、『低圧屋内幹線の許容電流が当該低圧屋内幹線の電源側に接続する他の低圧屋内幹線を保護する過電流遮断器の55%以上である場合』とあります。

この時、もし、他の低圧屋内幹線に短絡電流が流れれば、そちらは過電流遮断器で保護できると思います。

しかし、他の低圧屋内幹線にではなく、当該低圧屋内幹線(過電流遮断器が付いてない幹線)が短絡し、短絡電流が流れた場合、保護できないのではないでしょうか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

電技・解釈 170条四号イ ですね。
#1さまの回答の通りと思います。

以下は参考に
>『低圧屋内幹線の許容電流が当該低圧屋内幹線の電源側に接続する他の低圧屋内幹線を保護する過電流遮断器の55%以上である場合』

ここで言うところの「当該低圧屋内幹線の電源側に接続する他の低圧屋内幹線を保護する過電流遮断器」が動作することになります。

要は より電源側の過電流遮断器での事故遮断を期待するのですが、短絡電流によって幹線が故障しないように事故電流に耐えるように定格電流の55%以上流せる太い線にしておいてね。 となっていると思います。

幹線は末端にいくと細い線を使用する場合があり、電線サイズの異なる場合の事を書いていると思います。

老婆心ながら質問に条文の番号を添えていただけると回答が書きやすくなると思います。
また、電気設備技術基準・解釈 早わかり などの解説本を一冊手元に置いておかれると勉強もはかどると思います。

http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-274-50221-7
ネットでは中古本などもあり、やすく手に入ると思いますよ。

暑いですが、電験の勉強頑張ってください。

電技・解釈 170条四号イ ですね。
#1さまの回答の通りと思います。

以下は参考に
>『低圧屋内幹線の許容電流が当該低圧屋内幹線の電源側に接続する他の低圧屋内幹線を保護する過電流遮断器の55%以上である場合』

ここで言うところの「当該低圧屋内幹線の電源側に接続する他の低圧屋内幹線を保護する過電流遮断器」が動作することになります。

要は より電源側の過電流遮断器での事故遮断を期待するのですが、短絡電流によって幹線が故障しないように事故電流に耐えるように定格電流の55%以上流せ...続きを読む

Q絶縁抵抗の測定について

ケーブルや機器の絶縁抵抗を測定する場合、ケーブルや機器を浮かした状態で、
低圧or高圧のメガーで測定するものと理解しています。

別の方法として、たとえば、通常使用している回路に電流計/電圧計をつなげて、ケーブルと
機器に流れる電流、電圧の時間変化の統計を取ることで、電流、電圧値の時間変化がわかるので、
絶縁抵抗の変化が確認できると考えていますが、この考え方で絶縁抵抗を測定しているといえる
のでしょうか。
恐れ入りますが、ご回答賜りたくよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

端子を浮かさず、稼働状態で連続的に絶縁抵抗の変化を監視したい、ということでしょうか?
理論上できなくもないのでは、とは思いますが

まず機器の負荷が高い精度で一定であることが求められます。
これが厄介で、モータなど発熱などによって負荷が全然変わります。

また、ネズミに被覆をかじられ、絶縁抵抗200MΩ→100MΩに下がったとしても、電流値の変化は極めて微小だと思います。
さらに、絶縁抵抗は材質によっては温度、湿度など環境に影響され一時的に変化する場合があります。
環境要因として、電源電圧も監視する必要があるように思います。

なので、

(1)極めて小さな電流値の変化を計測できる、超高精度の電流計を使用する
(2)負荷の変化(負荷の抵抗値が測れれば理想)も監視する
(3)環境の変化(気温、湿度、電源電圧等)も監視する

これらのデータを加味して、解析してやっとこさ理論値が導き出せると思います。
ただ、信頼に足る測定精度を出せないように思います。

以上のことから、あまり現実的ではないのかな、と思います。
ざっくりとしか解説できず申し訳ない。

#2です。

端子を浮かさず、稼働状態で連続的に絶縁抵抗の変化を監視したい、ということでしょうか?
理論上できなくもないのでは、とは思いますが

まず機器の負荷が高い精度で一定であることが求められます。
これが厄介で、モータなど発熱などによって負荷が全然変わります。

また、ネズミに被覆をかじられ、絶縁抵抗200MΩ→100MΩに下がったとしても、電流値の変化は極めて微小だと思います。
さらに、絶縁抵抗は材質によっては温度、湿度など環境に影響され一時的に変化する場合があります。
環境要因として...続きを読む

Q地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?
(オーム社さんのP29ページ25番には漏電遮断器(過電流保護付)
と書いてあります。しかしながら、別のテキストには過電流素子
付漏電遮断器」とも書いてありました。どちらが正しいのでしょ
うか?

以上3つの質問ですが、電気に詳しい方、回答よろしくお願いし
ます。

Aベストアンサー

>漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

従来はその色でしたが、1999年からは国際規格に沿って灰色に推奨されているみたいです。  

>また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

別にどちらでもかまわないが、過電流素子付はアンペアフレームも書くみたいです。

>最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?

同じですよ。

Q高圧受電設備のPAS取り付け

現状はかなり古い設備で高圧引込なのですがPASが無く管理会社からPASの取り付けケーブルの取り替え等が指摘されております電力会社への申し込みはかんたんに出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

高圧の引込状況により、工事費がかかります。
電力会社の高圧担当に相談してみましょう。
親切に教えてくれるはずです。

Q「過電流遮断器と配線用遮断器の違いについて」

「過電流遮断器と配線用遮断器の違いについて」
電気工事士の参考書の引込開閉器の兼用についての記述において ブレーカの有無が関連する所があり
その内容が 過電流遮断器の定格電流が15[A] (配線用遮断器にあっては、20[A])と
なっているのですが 過電流遮断器と配線用遮断器の違いとは何なのでしょうか?
電気要量の値が違うので何か動作が違うのではと思うのですが
教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

過電流遮断器とは、ヒューズの事を言います。
現在では、家庭では殆ど使用されないでしょう。
配線用遮断器とは、いわゆるNFB(ノーヒューズブレカー)と言われるものです。
家庭などで見る事ができますね。

詳しい話は省略しますが、ヒューズの15Aと、NFBの20Aでは、同じ程度の電流が流れた時に切れます。
つまり、ヒューズは15Aの電流では切れない・・と言う事です。

Q高圧限流ヒューズと高圧交流負荷開閉器の違いについて

高圧交流負荷開閉器(LBS)には高圧限流ヒューズがついていますが、LBSが動作しても高圧限流ヒューズは動作しないのでしょうか?

電験3種の法規の問題では別々に動作すると書いてありますが?

Aベストアンサー

運用されているLBSのほとんどにヒューズは付いていますが、それはヒューズ付きのLBSであり
LBSにはヒューズが付いているという認識は間違っています。

LBSの基本は手動による負荷の開閉であり、それにヒューズ・ストライカ・トリップコイル等を用途により組み合わせて使用します。

ヒューズが動作してLBSが動作する事はありますが(ストライカ付きの場合)、LBSが動作してヒューズが動作する事は有りません。

Q「 過電流遮断機の電流値について」

「 過電流遮断機の電流値について」

添付データを見ていただきたいのですが 幹線の許容電流の算出式で
電動機がある場合 たとえばIM<=50Aの場合 I0<=1.25IM+IHとあります。

幹線にブレーカを考える場合の定格電流の書式が IB<=3IM+IHとなっています。

幹線に入れるブレーカは 幹線の許容電流より低い設定(乗数が3ですが<=1.25)でなければ安全性で
意味がない様にしか思えないのです。 理解できません。
教えて頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は規則なので丸覚えしています。
私なりの考えを示しますので参考までに
ばっくりですが、

今取り上げられているのは電技解釈170条だと思います。
169条に電動機の過負荷保護がうたわれています。

170条で取り上げられている過電流保護は屋内幹線の保護、つまり配線の保護が目的だと思います。
今回の質問の内容は次の理由でこのようになっていると推測します。
1.電動機負荷の場合、始動電流に対して過電流遮断器が動作しないように余裕を必要とする。(始動電流の流れる時間は短い)
2.配線が短絡した場合はもっと大きな電流が流れるため、事故遮断までの時間が短く、幹線への影響がない。
3.前条の169条で過負荷は保護されている。
というように理解しています。

繰り返しになりますが、
常時流れるような過負荷電流に対しては過負荷保護。
配線事故については過電流遮断器で保護する。しかし、電動機の始動電流では過電流遮断器が動作しないようにする。

Q絶縁抵抗測定について

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した抵抗値は
5kΩで絶縁抵抗値は5kΩ-1kΩで4kΩになると思います。
ただこの場合、電流制限抵抗1kΩでの電圧降下が100Vになるため、
実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていな
いという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?

それとも、電圧を印加した時点では絶縁抵抗が高く、500Vに近い
電圧が測定箇所に加わり、その結果絶縁抵抗値が下がって電流が
流れてるので、500Vを印加した時の絶縁抵抗値と考えていいので
しょうか?

初歩的な質問ですが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いている
のかについても、お教え下さい。

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した...続きを読む

Aベストアンサー

>実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていないという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?
●はい、400Vです。

>また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いているのかについても、お教え下さい。
●実際の絶縁抵抗計は、制限抵抗ではなく、定電圧装置とお考えください。
もちろん、この装置の中には制限抵抗に相当する部分もありますが、あくまでも被測定対象の電圧を一定にするものということです。
被測定対象が内部短絡(あるいは導体)であった場合は、内部抵抗にて電流は抑制されます。
等価的には、可変抵抗と電圧計の組合せということになりましょうか。

また、電流計は非常に精密なモノとなります。被測定対象は絶縁物ですから、流れる電流も非常に小さいです。

Q過負荷保護装置と短絡保護専用遮断器を組み合わせた装置とは

内線規定を読んでいて
1360-4
「過負荷保護装置と短絡保護専用遮断器又は短絡保護専用ヒューズとを組み合わせた装置」
とは具体的にどの様な装置なのでしょうか?
モータ保護兼用サーキットブレーカなどの
事かなと思ったのですが、違う様なので
御存知の方いましたら教えて頂けませんでしょうか。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

多分、サーキット プロテクターと称される製品ではないかと思いますよ。

ネットで検索すれば、色々なタイプがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報