@ITの記事に
「CPUの処理能力は3GHzくらいで一度停滞したが、マルチコア化することで『18カ月間で2倍の性能になる』というムーアの法則を維持した。」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/14/sap.html

とあるのですが、
いま、CPUには、Core i7, Core 2 Quad, Core 2 Duoなどがあると思います。
これらはマルチコアCPUのようですが、シングルコアCPUに換算すると、どの程度のGHzに相当するのでしょうか?


「18ヶ月で二倍の性能」を維持しているとしたら、たぶん今から18ヶ月前くらいがCore 2 Duoが出てきた頃のような気がするので、
最新のCore i7などは、単純に3Ghzの二倍でシングルコア換算で6Ghz相当になるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

sapとは」に関するQ&A: OracleとSAPの違いは?

A 回答 (2件)

 

http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku1/hdben … このサイトのCPUのベンチの性能比較をされるとよくわかると思います・・・
 このサイト内に記載されている Corei7(クアッド)とCore2(デュアル)は性能はおよそ倍(演算部門)になっています。
 Core2duo と COore2(クアッド)どは約性能が2倍になっております。
 
>ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?
約1.5倍~2倍程度ですね(デュアル)
 そう 必ずしも性能が倍 数倍 とはならず、 CPUの基本的な設計なども関係しています。

 Pen4の2.66 と Corei7 の2.66 では大きく異なります。 
 異なる点、  CPUの中核ともいえる アーキテクチャの違い (アーキテクチャが変わったり改良が加えられたりするとCPUの性能に大きく変動が起きます)
 単純に言うと、 Pen4の1クロックあたりの性能が5 だと仮定します。 Corei7の1クロックあたりの性能を8です。 これが、アーキテクチャの改良による性能の向上だといえます。
_________________________________
 Corei7を例に挙げると、 Corei7 2.6(クアッド)のCPUを完全にシングルコア化すると、 約195000(整数演算の数値) Pnetium4 2.6 は約80000(整数演算) と Corei7をシングルコアと仮定しても Pentium4の倍近くの性能があります。(1つのCPUあたりの性能)
_________________________________
>クアッドなので、四倍程度の処理能力の差が生じるのか…ということが知りたいです。
 Corei7はPen4の4倍以上の性能があります。 Core2と比較すると、倍近くの性能がありますね。

 なぜかと言うと、 Pentium4は 1クロックあたりの性能が悪い いわばPen4は高クロックでこそ他の会社のCPUに性能面で対抗できるのです。
 Corei7では、Penitum4と比べても1Mhzあたりの性能が大きく違うため対照できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お返事が遅れまして申し訳ありません。

大変みやすいベンチマークのサイトを教えていただきありがとうございます。
大変わかりやすく勉強になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2009/05/19 02:50

 性能は、クロック周波数だけではありません。

 1クロックあたり どれだけのデータを処理できるかも重要です。

 Core2duoをシングル化しても、コアクロックはデュアルの状態と同じです。
 マイコンピュータには、私の場合 {Core2duoE6700@2.66
                 Core2duoE6700@2.66} と表示されています。
 Core2duoは、マルチコア(2個)のコアが同じクロックで稼動しています。 

 ムーアの法則は、ある程度まで維持されていますね。 しかしながら、法則は法則に過ぎず 上手に性能が2倍 3倍とはいきません。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC% …

最新のCorei7は、現在のラインナップでは 4コア クアッドコアしか出していません。
 しかし、 Corei7はHTTテクノロジにより、4コアのCPUを8コアで動いているように見せかけています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Intel_Core_i7 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すみません。質問タイトルがよくありませんでした。
「デュアルコア・クアッドコアCPUの処理能力は、シングルコアの処理能力の二倍・四倍になっているのでしょうか?」
とすべき(これでもよくない・・・?)でした。


たとえば、シングルコアの2GHzのCPUと、マルチコア2GHzのCPUとだと、マルチコアのほうが一般的に早いと思うのですが、前者と後者のCPUとでは、ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?

私のCPUは、Pentium4の2.60GHzなのですが、これをたとえば、Core i7-920 (Quad Core/2.66GHz)と処理能力を比較すると、他のハードなどの条件は同じでボトルネックとなるものもないと仮定すると、どの程度の差が生じるのか、クアッドなので、四倍程度の処理能力の差が生じるのか…ということが知りたいです。

お手数をおかけしますが、よろしければご回答をお願いいたします。

お礼日時:2009/05/16 02:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地デジレコーダーssd・HDDにムーアの法則は働い

地デジレコーダーssd・HDDにムーアの法則は働いてませんか?ムーアの法則だと一月に何%安くなりますか?

Aベストアンサー

法則は効いてるけど、それが「原価が安い」でない方向に消えてる。
レコーダーも並行録画もしながら追っかけ再生が利くとか、
USBハードディスク差し替えで実質性能あたり総額が安いとか
やってるんですけど、買い替え需要で揉まれたから今は傾斜が見えない。
五輪でちょっと高いほうに買い換えてるけど、それも影響してる。

DRAMやフラッシュメモリチップ自体に需給頭打ちが時々あったり、
HDDは工場地域の水害回復、資本再編で乱れも出てるし、
何しろ為替の変動で生産途中の損益計算がめちゃくちゃでしょう。

QデュアルコアのCPU(2Ghz)とシングルコアのCPU(2Ghz)を2

デュアルコアのCPU(2Ghz)とシングルコアのCPU(2Ghz)を2つ繋いだ(擬似デュアルコア?)ではどちらが性能が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

後者は普通「デュアルプロセッサ」と言います。
デュアルプロセッサの場合、マザーボード上に別々にCPUソケットがあり、
各々のソケットにプロセッサを取り付ける事になります。
これに対してデュアルコアは1つのシリコンダイ上に2つのコアが載る事になります。

同じ2GHzのクロック周波数だからといって同じ性能とは限りませんので、
コアあたりの性能が同じであることを前提でお話ししますと、
デュアルプロセッサと比較して、デュアルコアはコア間の物理的な距離が近いため(コア間の通信が高速になるため)演算能力が高い可能性が高いです。
また、消費電力の面でも一般的にデュアルコアのほうが有利と言われています。
ここまではデュアルコアのほうに軍配があがりますが、
可用性の面を評価した場合は、デュアルプロセッサのほうが有利です。
というのはデュアルプロセッサの場合は片方のプロセッサで故障が発生した場合でも、故障したプロセッサだけを取り除けばすぐに稼働を再開できるためです。

Qムーアの法則

ムーアの法則って何ですか?具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

具体的にというより、現状での技術進歩が項であるというだけのことですが、半導体大手インテルの創業者のゴードン・ムーア氏が1965年に発表した半導体の進化論です。
(ちなみに、彼は当時インテルではなく、Fairchild社という半導体企業にいました)

「半導体の性能と集積率は18ヶ月ないし、24ヶ月で倍になる」
という法則で、現在もその法則に基づいて半導体は開発されています。

2010年から20年まではこのムーアの法則に基づいて生産できるとされますが、それ以降の近い内に現在の集積強化での性能向上などでは限界が来るであろうとされています。

Q「Core2duo」と「Core i3」

「共通」OS; Windows7 Ultimate 64bit

(1)CPU; Core 2 Duo T7100 1.8GHz
HDD; 128G SSD
  メモリ; DDR2(実装4G)
(2)CPU; Core i3 M350 2.27GHz
  HDD; Sata 500G(7200rpm)
メモリ; DDR3(実装8G)

明らかに(2)が遅く、何のソフトを立ち上げるのも時間がかかります。
スペック的には、(2)のがはるかに上を行くように思えますが、
一つ、考えられるのは、アマゾンで購入した500GのHDDが本当に7200rpmの
回転数を持っているのか?

それとも、ウイルスに犯されているのか?

(2)を、ただ今、Avastでフルスキャンをかけています。

なぜ、ここまで遅いのか原因が解る方、教えてください。

Aベストアンサー

CPUの性能と、HDDやSSDなどのストレージの性能を混同されていませんか?

#1の方もいわれていますがストレージへの読み書き性能はSSDである(1)の方がはるかに上です。HDDのキャッシュが16MBや32MBあろうがSSDが優位なのは変わりませんし、CPUの性能でどうにかできることでもありません。

QCPUはムーアの法則を維持している?

@ITの記事に
「CPUの処理能力は3GHzくらいで一度停滞したが、マルチコア化することで『18カ月間で2倍の性能になる』というムーアの法則を維持した。」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/14/sap.html

とあるのですが、
いま、CPUには、Core i7, Core 2 Quad, Core 2 Duoなどがあると思います。
これらはマルチコアCPUのようですが、シングルコアCPUに換算すると、どの程度のGHzに相当するのでしょうか?


「18ヶ月で二倍の性能」を維持しているとしたら、たぶん今から18ヶ月前くらいがCore 2 Duoが出てきた頃のような気がするので、
最新のCore i7などは、単純に3Ghzの二倍でシングルコア換算で6Ghz相当になるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku1/hdbench.html このサイトのCPUのベンチの性能比較をされるとよくわかると思います・・・
 このサイト内に記載されている Corei7(クアッド)とCore2(デュアル)は性能はおよそ倍(演算部門)になっています。
 Core2duo と COore2(クアッド)どは約性能が2倍になっております。
 
>ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?
約1.5倍~2倍程度ですね(デュアル)
 そう 必ずしも性能が倍 数倍 とはならず、 CPUの基本的な設計なども関係しています。

 Pen4の2.66 と Corei7 の2.66 では大きく異なります。 
 異なる点、  CPUの中核ともいえる アーキテクチャの違い (アーキテクチャが変わったり改良が加えられたりするとCPUの性能に大きく変動が起きます)
 単純に言うと、 Pen4の1クロックあたりの性能が5 だと仮定します。 Corei7の1クロックあたりの性能を8です。 これが、アーキテクチャの改良による性能の向上だといえます。
_________________________________
 Corei7を例に挙げると、 Corei7 2.6(クアッド)のCPUを完全にシングルコア化すると、 約195000(整数演算の数値) Pnetium4 2.6 は約80000(整数演算) と Corei7をシングルコアと仮定しても Pentium4の倍近くの性能があります。(1つのCPUあたりの性能)
_________________________________
>クアッドなので、四倍程度の処理能力の差が生じるのか…ということが知りたいです。
 Corei7はPen4の4倍以上の性能があります。 Core2と比較すると、倍近くの性能がありますね。

 なぜかと言うと、 Pentium4は 1クロックあたりの性能が悪い いわばPen4は高クロックでこそ他の会社のCPUに性能面で対抗できるのです。
 Corei7では、Penitum4と比べても1Mhzあたりの性能が大きく違うため対照できません。

 http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku1/hdbench.html このサイトのCPUのベンチの性能比較をされるとよくわかると思います・・・
 このサイト内に記載されている Corei7(クアッド)とCore2(デュアル)は性能はおよそ倍(演算部門)になっています。
 Core2duo と COore2(クアッド)どは約性能が2倍になっております。
 
>ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?
約1.5倍~2倍程度ですね(デュアル)
 そう 必ずしも性能が倍 数倍 とはならず、 CPUの基本的な...続きを読む

QCore2DuoとCore2Quadのエンコードの速度の違い

現在Core2Duo E6600@2.4Ghz(定格使用)を使用しているのですが
最近1920x1080の動画のエンコードをよく行うようになりました
エンコード以外はE6600で満足しているのですがQuadにすることによってエンコードの速度がずいぶん上がるならQ9550かQ6600換装を検討しています。

・Core2DuoからCore2Quadにするとエンコードの速度はどのくらい変わるのでしょうか?
(アプリケーションやコーデックがマルチコアに対応していると仮定して)

・L2の容量の違いでどれくらいエンコードの速度は変わるのか?


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Core2Duo E6600
Core2Quad Q6600
Core2Quad Q9450と比べてみました。

1920x1080の動画をH264エンコードですが、大体の体感です。(すべて定格動作)
Core2Duo E6600 3時間ほど
Core2Quad Q6600 1.7時間ほど
Core2Quad Q9450 1.5時間強
利用したソフトは TMPGEnc4 ですフィルタの設定とかで時間は変わるかと思いますが
上記の時間はフィルタなしです

私が交換したとき、E6600からQ6600だと「おおっ!!」と思いましたが
Q6600からQ9450に変更したときは「ん?こんなもんなのか」という感じでした。

E6600から変更するのであればQ9550のほうをお勧めします。
価格も下がってきてますからね。でもM/Bの対応は確認しましょう。

Qムーアの法則はウソ?CPUのクロック周波数3.6Gヘルツで頭うち?

ムーアの2年間で2倍という法則は結局ウソだったのでしょうか?

CPUを取り上げると、つい3年前まで順調に3Gヘルツと躍進していたように覚えています。ですが最近ショップに寄ったところ、いまだに2Gヘルツや3GヘルツのCPUが13万とか主流のもので3万円で売られています。時代が止まってしまったのか。てっきり私は5GヘルツのCPUが並んでいると期待していました。よくよく調べるとマルチコアがはやっているらしいのこと。

もうシリコンチップのナノの限界と電気信号の早さがネックでクロック数は頭打ちなんでしょうか。挙句の果てには超並列コンピュータがパソコンとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ムーアの2年間で2倍という法則は結局ウソだったのでしょうか?
この言葉にも引っかかったので、
ムーアは過去の経験則から未来を予測しただけで、法則と付いていますが数学的・物理的に証明されたものではありません。
なので嘘・本当と判定すること自体が間違いです。未来の予測範囲についても論文中には1975年ごろまでしか書かれていません。
その後、この予測が長く技術の進歩と一致していたために、多くの誤解を招いているだけです。

QCPUの性能換算ですが、pentimuMの場合約1.5倍がpentiu

CPUの性能換算ですが、pentimuMの場合約1.5倍がpentium4のクロックとほぼ同等といわれてますよね。(おおよそ pentimuM1.5GHz=pentium42.25GHz)

celeronMの場合も同じく1.5倍したものがpentium4のクロックと同等なのでしょうか?
celeronMの場合は倍数は1.5よりも低くなるのでしょうか。

ご情報よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

7-8年ほど前に、Intelの営業がそんな感じの発言をしていた記憶があります。
しかし、CeleronとPentiumは同列に語らない方がいいですよ。2次キャッシュの大きさで、
1.5倍とかでは済まない決定的な差があります。せめて、Celeron同士にしておきましょう。
比較対象を明らかにすれば、より的確な回答が得られるかと思います。

昔、Celeron-2.0GHzより、Pentium3-800MHzの方が処理は速かったとか
CAD関連の人間から聞いた事があります。CPU性能は、CPU単体だけではなく、
どんな作業をする事を前提に置くのかも非常に重要です。

Q常用対数関数のグラフを用いるわけ

経済学の本を読んでいると、その資料のグラフに10次の目盛りが100次の目盛りが1000というような常用対数のグラフが用いられていることが多々あります。

例えばイギリスの19世紀前半の銑鉄の生産量の時系列推移など掲載されているのですが、比例しないから分かりにくいのじゃないかなと思ったりします

どんな点で利点があるのでしょうか?
僕なりに思ったのは大きく数量が変化したらグラフ内に収まらなくなっちゃうから対数で表すのかなと思ったのですが
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>例えばイギリスの19世紀前半の銑鉄の生産量の時系列推移など掲載されているのですが、比例しないから分かりにくいのじゃないかなと思ったりします

経済で比例する事例がどれほどあるでしょうかね?ある産業が伸びれば規模が
大きくなり、従事する人も増えていきますから通常、前年度比で考えますよね。
規模が小さく、人、資本の少ない昔との比率をとってもあまり意味がありません。
例えば今、中国の経済は毎年10%程度の伸びですが、これはある年のGDP(0)をaと
するとn年後のGDP(n)は

GDP(n)=a*1.1^n

と表せる事になり、グラフを書くなら対数の方がいいのは明らかですね。
書かれている銑鉄の生産量の時系列推移の例もグラフを書いて傾きが大きく
なれば成長率が大きくなったことを示し、寝れば成長率が小さくなったことを
示しているのですよ。

QCPU Core i5-750とCore i5-650 どちらがオスス

CPU Core i5-750とCore i5-650 どちらがオススメですか?

Aベストアンサー

650は、
 グラフィック処理セクタの中に、メモリ管理をする領域があり
 メモリアクセスがあまり良くありません。
 用途次第ですが、事務作業OFFICEソフトやメール・ネット・
 DVD鑑賞位なら充分でしょう。
 ゲーム系には、CPUのグラフィック機能ではチカラ不足です。

750は、別にグラフィックボードが必要です。
 メモリ管理領域も650よりスムーズにアクセスされます。
 動画処理エンコードやグラフィックカード次第ですが、
 ネットゲームにも十分対応できます。

 650は、事務仕事で使うようなPC向きですね。
  (それでも、オーバースペックですけど)

 性能でどちらかを選ぶのなら、断然750を選びます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報