ゼミ旅行で金沢の野田山(墓地)にある前田家の墓に行くことになりました。そして、私は野田山の前田家の墓について調べることになったのですが、調べているとわからないことだらけで困っています。

わからないこと
・前田家は菅原道真の子孫ということでお墓は神道形式だということが書かれているのを見ました。しかし、辞典だったと思うのですが、前田家の先祖は誰かわからない、というようなことが書かれていたような気もします。本当に菅原家の子孫なんでしょうか?

・前田家の墓は東京などにもありますが、本物の墓と言ったらいいのでしょうか?野田山にある墓に直接葬られたのは誰と誰なのでしょうか?

・野田山にあるお墓の写真を見ていると鳥居があるのですが、そこから前田家は神道だろうということは分かります。しかし、利家や他の人たちも法名があったと思うのですが、前田家は本当に神道でいいのでしょうか?それとも仏教なのでしょうか?もし、前田家が本当に神道だったら何故法名があるのですか?

こんな文で意味が通じるかわかりませんが、どうか回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

金沢検定の問題集とか見れば簡単なことは出てきますよ。



1.前田利家は先祖を菅原道真として剣梅鉢の家紋を用いた、と
  なっていますが、もちろん菅原道真の子孫ではないでしょう。
  劉備玄徳が中山靖王の子孫と称したのと同じなのではないで
  しょうか?

2.たぶん本物でしょうね。
  利家が亡くなった後、宝円寺で葬儀が行われ、野田山に葬られた
  となっています。
  葬られたのはたくさんいますね。
  利家が野田山に最初に葬った前田家の人は利家の兄、利政です。
  そして利家、妻の芳春院(まつ)、2代目利長の妻である玉泉院 
  (織田信長の娘)、3代目利常、その妻珠姫(徳川秀忠の娘)、
  その後代々の殿が葬られています。
  たしか2代目利長のみ高岡のはず。
  利常の母(利家の2号)名前忘れたも葬られているはずです。
  この中でもっとも大きい墓は玉泉院のものです。

3.普段念じていたのは禅宗だと思います。
  鳥居があるのは亡くなった殿を神とあがめるためと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。おかげで助かりました。
金沢検定の問題集を見るなんて思いつきませんでした。
これからは、検定の問題集も見てみることにします。
これで皆の前で発表できます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前田利家の名前

前田利家は、犬千代とか又佐衛門(←漢字違うかも)とか呼ばれてますが、
どういうときにこの名前で呼ぶとか決まってるんでしょうか?

あと、利家は前田(又佐衛門)利家で、前田利家ですよね?
なぜ前田慶次は、前田(慶次郎)利ます?(なんですよね?)なのに、
一般的に前田慶次って呼ばれてるんでしょうか・・・。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

今では名前というと「姓=苗字」+「名」と2つの組み合わせだけなのですが
昔は「姓」も「苗字」も別のもので「名」も幼名・字・諱等多くの種類がありました。
それらを全部繋げて述べるのではなく一定の決まりによって呼び名やつなげ方が変るのです。
事細かに述べると長くなりますが前田利家の例であげれば
姓は菅原朝臣・苗字は前田・幼名が犬千代・字が又佐衛門・諱が利家となります。
幼名は字の如く幼い時の名です。
大人になると大人としての名が付くのですがそれまではこの幼名で呼ばれます。
一般的に名を呼んだり書いたりする場合は又佐衛門と呼びます。
正式な文書として名を署名する時は利家が用いられます。

信長は前田利家を随分可愛がっていたようで長じても幼名の犬千代から犬と呼ぶ
こともあった様に話が残されておりますが、信長は家臣をあだ名で呼ぶことも
多く残されておりますので、そんなつもりで呼んでいたのでしょう。
同輩で長じても犬と呼ぶものがいたら余程仲の良い者達であったかもしれません。

今日、前田又佐衛門ではなく前田利家が一般的なのは教科書によるものだと思います。
諱の方が正式な場で用いられますので教科書もそのようにしているのでしょう。

前田利益(利大)よりも前田慶次郎で通っているのはやはり「花の慶次」の影響が強かったのだと思います。
このコミック連載前にもいくつかの書籍等で登場することもありましたが
利大であったり利益であったり、慶次郎だったり慶次だったり、まちまちです。

一般的には「苗字+諱」で書くことが多いのですが。学校で習うような大名・武将
以外の場合は、「何で知名度があがったか」に左右されるかと思います。
人気の出た小説やコミックで用いられていた呼び方がそのまま定着するのでしょう。
水戸光圀がTVの影響で水戸黄門と呼ばれるほうが一般的になってしまった様なものだと思います。

今では名前というと「姓=苗字」+「名」と2つの組み合わせだけなのですが
昔は「姓」も「苗字」も別のもので「名」も幼名・字・諱等多くの種類がありました。
それらを全部繋げて述べるのではなく一定の決まりによって呼び名やつなげ方が変るのです。
事細かに述べると長くなりますが前田利家の例であげれば
姓は菅原朝臣・苗字は前田・幼名が犬千代・字が又佐衛門・諱が利家となります。
幼名は字の如く幼い時の名です。
大人になると大人としての名が付くのですがそれまではこの幼名で呼ばれます。
一...続きを読む

Q金沢駅~野々市までと金沢駅~野田山まで

電車で夕方行きます。どの方面に乗ればいいですか?
また、金沢駅から野田山までの交通手段を教えてください。

Aベストアンサー

もう遅いかもしれませんが・・・。
109の反対側の香林坊バス停から、つつじヶ丘/北陸学院大学方面行きに乗るのが良いと思います。路線番号が21、22,25などです。野田バス停で降りればそこから6,7分で墓地の入り口に着きます。

だけど、もしホテルにお泊まりならフロントで聞く方法もありますね。駅にはバスの案内所もありますし・・・。

Q戦国武将 加賀00万石 前田利家のすごさを教えてください。

戦国武将 加賀00万石 前田利家のすごさを教えてください。

Aベストアンサー

前田利家が参戦した戦は37です。
その中でも、近江箕作城の戦い及び越前金ヶ崎城の戦いでは槍をふるって敵の首を取っている。また、摂津・春日井堤の戦いは「堤の上の槍で」と信長に讃えられている。武勇に優れていた事は間違いありません。

慶長4年(1599年)2月、病躯をおして、利家は和解の実を示す為に伏見に家康を訪ねている。
また、同年3月、家康は病気見舞いと答礼をかねて、大阪城に利家を訪ねている。その際、利家は病状が悪化し、やっと床を這い出て中の間で家康と対面している。この二つの状況からも利家の「律儀さ」が窺えると同時に、家康が一目置いてた大大名利家の存在感を現しています。

石田三成は病中の利家を訪ね、看病と称して前田邸に詰めた。加藤清正、黒田長政、浅野幸長、池田輝政、福島正則、細川忠興、加藤嘉昭の七大名から逃れるためであった。七大名も利家の顔を立てて、三成に手だしをしなかった。ここでも、利家のすごさが窺えます。

意見の分かれるところですが、もし利家があと10数年生きていたならば、徳川幕府は生まれていなかったかもしれません。

Qこの週末の金沢&野田山墓地について。

この週末金沢方面に向かいます。
3月11日土曜日小松周辺(那谷寺中心に)金沢泊
  12日七尾&和倉温泉泊
  13日金沢市内に戻り夜行で帰宅。
というスケジュールなのですが天候がどうにも悪いとのことでした(webの天気予報は見ました)。小松も七尾方面も金沢市内と天候はあまり差はなさそうですが、気温はいかがなものでしょうか?そして13日は雪の予報が出ていますがこの時期の雪は積もるのでしょうか。往復夜行利用のため身軽にしたくてダウンジャケットは出来れば避けたいのですが気温が気になります。

また前田家の墓のある野田山墓地は少々の雨くらいなら足元は大丈夫なものでしょうか。(路が舗装されているかどうか)お墓そのものの写真は見たことあるのですがたどり着くまでの道の状態が気になります。中でも行きたいのは前田利常の墓です。
詳しい方のアドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

体感は個人差がありますから、ダウンジャケット必須かは何とも言えません。
ただ、北陸の雪はいわゆる「ベタ雪」で、厳寒期でもしっとりしていて重いです。
この時期だと、溶けたカキ氷のようなのが降ってきます。ですので、積もったりは
しないのですが、顔とか手とかに触れると一気に寒さ倍増です。手袋ぐらいは
あったほうが良いでしょう。

金沢在住の頃、野田山は時々夜景を見に行きましたが、前田家墓所はすぐ近くまで
車で行けます。そこから墓所までは砂利敷あり石畳ありですが、距離も長くなく、
雨の場合でもぬかるんでどうしようもないと言う事はなかったかと思います。
それなりに手入れはされています。

Qもし前田利家があと10年健在だったら徳川の天下になっていたか?

前田利家があと10年、1609年まで寿命があったら徳川家康は天下人になれたでしょうか?
利家がいても、やはり翌年の関ヶ原の戦いは起きたでしょうか?

Aベストアンサー

家康は天下を取れなかったのでは。
単純に両者の領国の規模を比較すれば断然家康の方が上です。

領国の規模は兵力に直結します。
利家の最大動員兵数を2万5千とすると家康は8万余りで勝負にならないように見えます。
でもそれは単独ならの話で、合戦になればそれぞれに味方が付きます。

利家は諸大名との姻戚関係が豊富で、利家派は毛利(一枚岩ではないが輝元の本音はアンチ家康)、宇喜多、上杉の大老、三成、浅野らの奉行、加藤清正らの一部武断派、と引けを取らぬものであること、利家に万の軍勢を指揮する器量と人望があること、北政所の信任が厚いこと、家康の本領が畿内から遠いこと、さらには傅役として秀頼を擁する「公儀」の正当性を有することから、いかに家康といえども兵力の少ない伏見城にいては大坂城の利家に合戦を仕掛けるのは難しいでしょう。

ただ、利家には野心がなく大博打もしないので、自分から合戦を仕掛けるとは思えない。
秀頼を擁しないという意味で、いざとなれば公儀になれないから、上杉征伐などの無茶振りもできない。
そのため両者にらみ合いの異常な緊張感が続く中、伏見にいては不利な家康が江戸に帰国する。
そのままにらみ合いが数年続いた後、利家が下手に出る外交を行い家康が形の上で帰順する…
そんな展開を想像します。

実際には緊張が最高に高まったところで利家が家康に会いに行くのですが、すでに余命幾ばくもなく、自分がいるうちに何とかしなければ、という使命感だったのではと思います。

利家健在中に合戦にならなければ、利家死去のとき秀頼は15歳前後に成長している。
それから「関ヶ原」になるかどうか…

家康は天下を取れなかったのでは。
単純に両者の領国の規模を比較すれば断然家康の方が上です。

領国の規模は兵力に直結します。
利家の最大動員兵数を2万5千とすると家康は8万余りで勝負にならないように見えます。
でもそれは単独ならの話で、合戦になればそれぞれに味方が付きます。

利家は諸大名との姻戚関係が豊富で、利家派は毛利(一枚岩ではないが輝元の本音はアンチ家康)、宇喜多、上杉の大老、三成、浅野らの奉行、加藤清正らの一部武断派、と引けを取らぬものであること、利家に万の軍勢を指...続きを読む

Qどうやって調べたらいのかさっぱり解りません…。

どうやって調べたらいのかさっぱり解りません…。
宮城県から石川県へ行きたいのですが、深夜バスはヒットしたどの会社もこの間は走っていない様です。

では列車で、と思ったのですが乗り継ぎ有りなのかとか料金はいくらかとか、
どうやったらネットで解りますでしょうか?

Aベストアンサー

Googleトランジット
http://www.google.co.jp/intl/ja/landing/transit/#ymd

JRのえきねっと
http://www.calc.eki-net.com/Asp/CalcWEB_Main.asp

Q前田利家が後15年生きていたら?

NHKドラマで利家が諸大名より大きな人望があるように描かれていますが、秀吉末期の家康との位置づけはどうだったのでしょうか?又、仮に後15年前田利家が生きていたら、関が原、夏の陣など世の中が  どう変わっていたと思いますか?ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

 私も皆さんの意見に賛同しますが、ひとつ提案させていただきたいと思います。
 回答ではありませんが、この論議の中には、前田利家=豊臣擁護派、徳川家康=反豊臣派とすることが前提条件となっているような気がします。
 そもそもその前提条件を疑って係ることもお勧めします。
 前田利家が自分の行動の中でことさらに「律儀」を強調しはじめたのは、「余呉湖の敵前逃亡=裏切り」以後であること。徳川家康は、秀吉存命時までは、「律儀」をその「売り」としていたことを考えてみてはどうでしょう。
 前田利家が擁護派とならざるを得なかったのは、領地力差が大きく開いていたからと考えることもできます。
 もしも、家康と利家の領地をひっくり返していたら、利家は豊臣を擁護したのか、などなど。
 当時としては、力を失った主家に取って代わるのはあたりまえの考え方があり、私としては、もしも、家康より長生きしたとしても、徳川との実力差から保身に走ったと思います。また、擁護派を貫き、徳川を滅亡に追いやったとしたら、最大の実力者として豊臣の滅亡か無力化に奔走するということとなったと考えます。

 私も皆さんの意見に賛同しますが、ひとつ提案させていただきたいと思います。
 回答ではありませんが、この論議の中には、前田利家=豊臣擁護派、徳川家康=反豊臣派とすることが前提条件となっているような気がします。
 そもそもその前提条件を疑って係ることもお勧めします。
 前田利家が自分の行動の中でことさらに「律儀」を強調しはじめたのは、「余呉湖の敵前逃亡=裏切り」以後であること。徳川家康は、秀吉存命時までは、「律儀」をその「売り」としていたことを考えてみてはどうでしょう。
 ...続きを読む

Qソースかつ丼の小川家

福井市内中心に何店舗かありました、ソースかつ丼の小川家。
Webサイトが無くなり、東京のお店は閉店したのですが、福井では元気にやっているのでしょうか。
福井駅のすぐ近くにもあったと思うので、今度行く時に、ランチに立ち寄れるのかな、と心配です。
地元の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いまだに健在です。
「小川家 福井駅前店」
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0007211784/review/detail/7/?sort=00

Q自民党=前田利家説

自民党=前田利家
特捜部=石田三成
小沢民主党=徳川家康

以上のように設定すると

豊臣政権の五大老次席の前田利家が亡くなることにより、それまでのパワーバランスが崩れ、その空白を埋めるために石田三成を筆頭とする奉行衆が表に出て五大老筆頭の徳川家康と均衡しようとした状況と現在の政治状況が重なって見えます。

この見立てが正しいならば、現在の政治的混乱を収束するには自民党の再建が必須ということになります。

こういう妄想はOKでしょうか?

Aベストアンサー

歴史の事実に習うなら家康は三成を倒し天下太平の時代を作りました。現在の価値観でみれば徳川独裁政権とも言えるかも知れませんけどね。
三成が勝って戦国乱世に逆戻りもいいかも知れません。歴史を繰り返す必要は無いのですから。

その発想はとても面白いと思います

Q新潟の柏崎の海の家はいつオープンします?

7月に新潟の柏崎に海水浴に行く予定です。柏崎の海の家はいつオープンしますか?近くにお住まいの方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

海開きは7月12日なので、そのときにはオープンしてますよ。

参考URL:http://www.uwatt.com/index.html


人気Q&Aランキング