先日、自転車盗難にあった為、家財保険から補填を受けようと手続きしております。某少額短期保険業者のものです。以下質問ですので、専門家の方お願いします。

こちらからの事故連絡の一報後、保険会社からは、以下ように説明されております。
・支払保険金額は、所定の計算方法によって計算した時価算定になること。
・自転車の場合、他の物件と比較しても耐用年数が短いことを了承願いたいこと(おそらく「所定の計算方法」に耐用年数が関連しているという趣旨でしょう)。
・申請書類の受理後は、算出した保険金額を事前連絡の上支払うとのこと

ここで約款には次のとおり記載があります。
(損害保険金の算定)
当会社が前項の損害保険金として支払うべき損害の額は、その損害が生じた地および時におけるその保険の目的の再調達価額によって定めます。
--

ここからが本題ですが、私としては、「損害が生じた地および時におけるその保険の目的の再調達価額によって定めます」ということは、損害発生時期に同等程度の金額の自転車を国内で購入出来るくらいの補償は、あるものと思っておりました。保険会社の説明と約款に書かれている内容が矛盾していないでしょうか。あまり考えたくないことですが、保険会社は、本当は支払うべき金額を少なくさせようとを企んでいるのではないかとさえ疑っております。もしそうだとすれば、保険の知識には疎いため理論武装が出来ていません。私のほうが、何か捉え違えをしているのでしょうか?

(なお、相応に経年していた自転車であったため、時価算定ともなればゼロ円程度にしかならないと想像します)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ここに書かれている内容からですと、保険会社の説明は間違っていると思います。


家財保険における自転車の盗難は、再調達価格ベースで算定されるものだと思われます。

ただ保険会社の説明する「時価」というのがどのような意味合いなのかですね。
減価償却という話が出てこれば明らかに間違いですが、時価算定時に同等中古品の流通価格を参考にするのであれば、再調達価格と意味はそれほど違わないと思います。
あくまで「再調達価格ベース」ですからね。
ベース・・・なんとも曖昧な言葉です。

どちらにしても、価格提示があってから、これは約款に書かれている通りの再調達価格での算定ですか?と聞いてみることでしょう。

この回答への補足

非常にわかりやすいご回答、ありがとうございます。

>時価算定時に同等中古品の流通価格を参考にするのであれば、再調達価格と意味はそれほど違わないと思います。

たとえば、10年程度経過したママチャリの場合、どうでしょうか?
私の考えだと
 時価算定) 時価ゼロ円⇒保険金額「0円」
 再調達価格)「0円」では再調達不能であるから、どれだけ、古くても「0円」には出来ない。

補足日時:2009/05/16 13:58
    • good
    • 0

>私のほうが、何か捉え違えをしているのでしょうか?


某少額短期保険業者のものというのが何のことだか分かりませんが、
通常一般損保会社の火災保険ですと、家財の盗難については時価払いと
なることが多いです。(と言うより盗難被害への新価払いがあるとは
知りません)
約款やパンフレットに、火災による被害と盗難による被害に対する
補償内容は区別して書かれてないでしょうか。
また加入時にパンフレットを見たり担当者からの説明は受けて
いないのでしょうか?
補償内容は、文字通り重要事項に当たると思いますが。
質問に書かれている(損害保険金の算定)について、
この損害保険金は盗難についての損害保険金の算定でしょうか。
火災・落雷・破裂爆発などの損害と盗難による損害についての
損害保険金の算定は別途分かれて書かれている約款しか
見たことがないのですが。
捉え間違いされているとすれば、新価で補償するのか時価で
補償するのかという根本的なところだと思います。
仮に質問者さんの言われる盗難でも再調達価格での補償が
正しいのであれば、盗難時点での、盗難された自転車と同等程度の
自転車の新品購入価格が補償されなければおかしいので、
質問者さんの考え方であっていると思います。
時価評価でも査定金額はゼロではありませんよ。
10年経とうが1割以上は実際に使用しているのであれば必ず出ます。

この回答への補足

ご丁寧な回答、ありがとうございます。
ご回答内で、当方にご確認いただいた件について以下のとおりです。

>某少額短期保険業者のものというのが何のことだか分かりませんが、
⇒以下のURLに列挙されている業者です。(私の理解では昔よく「無認可共済」と呼ばれていたものに関して、近年根拠法制定の上、国による許認可権が整備されたものと思っています。賃貸借契約で、大家が契約の条件としてくる火災保険等に多いのではないかと思っています。)
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/shougaku.html

>約款やパンフレットに、火災による被害と盗難による被害に対する
>補償内容は区別して書かれてないでしょうか。
⇒区別して書かれていませんでした。

>また加入時にパンフレットを見たり担当者からの説明は受けて
>いないのでしょうか?
⇒説明は受けていません。

>火災・落雷・破裂爆発などの損害と盗難による損害についての
>損害保険金の算定は別途分かれて書かれている約款しか
>見たことがないのですが。
⇒ほかの方の回答からも察するに、どうも一般の損保会社の場合は、
そういう約款にすることが常識のようですね。(火災と盗難の発生頻度を考えれば、そうしなければ、保険会社もオイシイ商売として成り立たないのでしょうね。)

>仮に質問者さんの言われる盗難でも再調達価格での補償が
>正しいのであれば、盗難時点での、盗難された自転車と同等程度の
>自転車の新品購入価格が補償されなければおかしいので、
>質問者さんの考え方であっていると思います。
⇒やはりそうですか。ああいう文書(約款など)の言葉遣いって、私には難しいため、特にこの部分の文言解釈について、専門家のセカンドオピニオンを得たいという主旨でした。ありがとうございます。

>10年経とうが1割以上は実際に使用しているのであれば必ず出ます。
⇒そうですか、ここの保険もそれなら、まあ納得なのですが。。

※だんだん見えてきました。10年近くも使用してきたママチャリですし、今回どうしても保険金を手に入れないと気が済まないかといえばそうでもないのですが、万一、(保険会社にとって)約款に不備があるにもかかわらず、適当なことを言って、それと違う(消費者に不利な)運用を行っているのであるとすれば、今後大きな損害を被った場合などのことを考えても、大変な問題だと思いますので、以下のようにしようと思います。

いずれにしても、まずは、今回保険会社から連絡のあった点について、具体的に約款のどの条項に基づいて時価などと説明しているのか確認(留守電のため直接話していないのです)した上で、なおも先方が筋のとおらないことをいうようでしたら、とりあえず届けの書類だけは出しておいて、ここの質問と並行して、財務局等のほうにも相談していこうと思っています。(少額短期保険業者だと、損保の業界団体の受付窓口は関係なさそうですね。)

補足日時:2009/05/17 23:01
    • good
    • 0

一般の損保では「再調達価格」とは新規購入または


新築費用(火災保険の場合)を意味します。

また一般の損保では火災・落雷などの基本的な事故は
新価での補償でも、盗難事故は時価での補償となります。

ご加入の保険約款をよく読んでください。
盗難の項目のか所は「時価払」となっていませんか?
事故の種類により、再調達価格(新価)になったり、時価に
なったりするのが普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>盗難の項目のか所は「時価払」となっていませんか?
約款上、そのような項目が存在しません。
「時価」という文言については、一切記載がありませんでした。

お礼日時:2009/05/16 13:56

 約款の一部だけを捉えて判断することはできません。

保険の契約方法にもよるでしょう。またそれぞれの文言の定義もあるので…

 約款を見て説明と違うと思われるのであれば、「約款の○○にはこう書いてあるが、あなたの言われることとは違います。それは約款のどこに書かれていますか?」と質問してみましょう。

この回答への補足

ありがとうございます。

1)「あなたの言われることとは違います。」ですが、それがいまいち確信できないのです、書いた一部に限定して判断する限りどう思いますでしょうか?

2)「保険の契約方法」ですが、契約に際し、何か約款以外で念書等で約束をしたことはないです。約款や証書以外に私が知りえない、私と相手の約束事だとしたらどこにあるのでしょうか?

3)「文言の定義」ですが、「再調達価額によって定めます」の解釈は法的に固定していますか?知っていれば判例等を教えてください。

補足日時:2009/05/16 01:18
    • good
    • 0

専門家では無いのですが、友人が遭った悲惨な結末を参考までに。


友人の自転車は、レースにも使うロードスポーツ車で120万円相当でした。友人の場合、盗難では無く100%被害者の交通事故でした。
保険会社から提示された金額は7万円でした。
言い分が「たかが自転車が120万もする訳が無い」というもので、「所定の算出基準に則って、これ以上は出せないし、出す気も無い」と散々でした。

結局、損害賠償請求の裁判にしましたからね。
準備書面に証拠として提出する為、10数店舗で部品の見積もりを出してもらったりする際に、自転車仲間一同で手伝い、走り回りました。

保険会社は、確実に少なく見積もって来ますよ。

あ、もちろん裁判では損害額の90%を勝ち取りました。一応、経年分は10%減額として。

この回答への補足

質問に全体補足したいのですが、方法がわからないため、
ここに書かせてください。(kernel_kazzzさんごめんなさい)

専門家と書きましたが、特に保険契約の専門家(一般に保険業の実務者と想定します)に限定して、という意味ではありません。
出来ればどの方面の知識がある方か書いてくれるとありがたいです。契約ごとに関する法律関係に詳しい方特にお願いします。

補足日時:2009/05/16 01:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご友人は大変な労力でしたでしょうね。

お礼日時:2009/05/16 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険金の入金はいつころ?

台風の影響でエアコンが壊れ、家財保険から保険金がおりる…ということで、申請中です。
保険金が入金されたらエアコンを購入するつもりなんですが、大体いつころ入金されるものなのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えてください。
朝晩寒くなってきたので、早めに買い替えたいのですが…。
ちなみに保険会社は、合併した東京○動火災です。

Aベストアンサー

基本的には見積書と損害を受けた場所の写真とで判定するのが一般的です。ただその判断を下す人が、今は慢性的に不足状態ですので、その支払いが遅れることも考えられます。

また写真等では判断のしにくいものや大きな損害の場合、鑑定人が直接現場へ見に行く場合もあります。火事などの場合はそういったケースがほとんどです。

今回は前者の判断になるとは思われますが、諸事情より支払いが遅れることも考えられます。

Q自転車の盗難って見つかるの?

 自転車が盗難されました。
 大切な自転車だったので、一応届けを出すつもりですが、盗難された自転車って見つかりますか?。
 私の住んでいる地域はとても自転車盗難が多い事で有名な地域なんです。だから捜索する方も手が足りなくて大変なんじゃないかなって思うほどです。
 まず、盗難届を提出されたら警察はどうやって捜索するんですか?。その方法で見つかる確立ってどのくらいなんえしょうか?。そして、見つかっても登録番号や車体番号を剥がされたり削られたりしたら、見つかっても戻ってくるんでしょうか?

Aベストアンサー

私も、何回か自転車盗られました、うち1回は同じ学校の1つ年上の悪ガキでした。
1回は、2、3日後にゴミ捨て場に捨ててあったのを発見して、もって帰りました。
ひどかったのは、盗んだ人の家までわかっていて、警察に届けたにも関わらず、帰ってきませんでした。
当時は小学生だったので、詳しい経緯は覚えていませんが、覚えているのは。
他人の家に私の自転車があったので警察に届けた事と、結局自転車が帰ってこなかった事。さらに、盗んだ人からは、なにの謝罪もなかった事です。
子ども同士の問題だから、警察も相手にしたくなかったんでしょうか。

近所では、深夜に警邏中の警官が、自転車を止めては車体番号を調べて確認をとってますよ。
かつて、もらい物の自転車に乗ってたら、それにひっかかり、防犯登録の名前と違ったので派出所まで任意同行を求められました。その日は、自転車を警察へ預けて歩いて帰りました。
後日、警官が自転車をくれた人の元に電話をして確認が取れたといって、家まで自転車をもってきました。

あと、知り合いが盗まれた上に撤去された事があるといってました。
自転車を置いた場所と別の場所から撤去されてきた自分の自転車を発見したから、そうとしか考えられないと言ってました。

とりあえず、盗難届を出していれば、乗り捨てられていなければ見つかる可能性があります。おそらく、車体番号まで削って自転車を捨てることは稀だと思うので、届だけでもだした方がいいと思います。
ゴミ捨て場、駅の駐輪場、不法投棄されたゴミなどに混じって捨てられている事もあるので、探してみてはどうでしょう。

私も、何回か自転車盗られました、うち1回は同じ学校の1つ年上の悪ガキでした。
1回は、2、3日後にゴミ捨て場に捨ててあったのを発見して、もって帰りました。
ひどかったのは、盗んだ人の家までわかっていて、警察に届けたにも関わらず、帰ってきませんでした。
当時は小学生だったので、詳しい経緯は覚えていませんが、覚えているのは。
他人の家に私の自転車があったので警察に届けた事と、結局自転車が帰ってこなかった事。さらに、盗んだ人からは、なにの謝罪もなかった事です。
子ども同士の問題...続きを読む

Q損害保険の適用や家財損害品の鑑定について

数多い質問で大変恐れ入りますが、
お答えいただけるだけのものでも結構ですので、
何卒よろしくお願いいたします。

浴室より汚水が逆流してきたため家財が被害を受けました。
保険会社と示談が合わず、債務不存在訴訟を起こされました。


1、被害者となった際の弁護士費用や、通院、医療費、建物内のカーペットの交換は、
自身の加入する保険会社からは支払われないのでしょうか。
保険会社にたずねても「物保険では支払われない」と答えるのですが、
契約、約款にて変わるものと思いますが、
商法や一般的な損害保険に関する規定ではどうなのでしょうか。

家財品の損害は加害者被害者の保険会社同士で過失割合にて請求するものと聞いておりますが、
医療費、カーペット交換も同じことのように感じますがいかがでしょうか。
約款にも物保険の範囲として「たたみ、または建具類」と記されておりますので、
カーペットはこれに当たると思いますがどうでしょうか。

または修理不要がこれに適用されることと思いますが。


医療費としては、「傷害保険」の「建物の構内における偶然かつ急激な外来の事故によって~
身体外部から有毒ガス、もしくは有毒物質を吸引した急激に生ずる中毒症状」という項目があるので
すが、
こちらが該当するように思えるのですが、いかがでしょうか。

「ただし次の事由によって生じた構内障害については支払いません」
「被保険者の脳疾患、疾病、心神喪失。ただし保険金を支払わないのはその被保険者の被った障害に
限ります」
となっており、原因が汚水逆流によってのストレスと、
悪臭、細菌が原因であれば認められるかと思いますが、いかがでしょうか。


弁護士費用については、
「被保険者が他人に対して損害賠償の請求権を有する場合で、
その権利の保全・行使に必要な手続きを取るために要した必要・有益な費用をお支払いします。」
となっており、この点にて今回訴訟を受けたことについても受け取れると思いますが、
いかがでしょうか。


2、保険金が受け取れずに1年3ヶ月が経過しますが、
遅延損害金を請求することは可能でしょうか。


3、加害者側から裁判を提訴されたわけですが、
私の保険会社にもこの事実を伝えなければなりませんでしょうか。


4、部屋の約2分の1にあたる汚損されたカーペットが全損扱いであるのに、
私の同様の損害品が全損扱いにならないのはなぜかということを、
さらに深く突っ込みたいのですが、何か良いアイデアはございませんでしょうか。

私の部屋は分譲マンションをオーナーから借りているもので、
オーナーには完全な配慮をしてクレームを出させないようにし、
私だけを孤立させ差別をし損害額を抑えているとしか思えませんが、いかがでしょうか。

私の損害品が減価償却されるのであれば、カーペットも同様に減価償却され、
時価額での支払いが当然ですが、全損扱いです。
納得ができません。


5、損害品の時価は現在の中古商品でしょうか。
新品のものから使用年数を減価償却したものでしょうか。

鑑定人の鑑定を見ると、私の購入金額として記した金額から、
耐用年数、減価率、残価率を出して、残価率と購入金額をかけたものを時価額として出し、
さらにそれに損害率の%を割ったものを損害額として出しているため、
本当に微々たる額面となっているのですが、これは妥当なことなのでしょうか。
損害率の%も信頼できませんが、鑑定のこのような出し方は妥当なのでしょうか。

また、私は衣服を転売目的で新品を購入しそちらも被害を受けたのですが、
クリーニング代とされており、
「新品」として売ることができず大損を被るのですが、
これも妥当なことでしょうか。

新価が請求できるのは「全損」の物だけといわれまして、
鑑定人が全損としているものは本当に安いものばかりで、
どう見ても公平な鑑定をしていると思えません。

書籍や衣服が汚水につかったものを再度手にできるわけも無く、
クリーニングしても一度汚水がついたものを身に着けようなどとは思えません。
これもクリーニング代か、時価から損害率を引いたものとなるのでしょうか。


昔7万円で買ったものを「今は別のもので3万円である」として、
7万ではなく3万で計算しているというような物が数点あるのですが、
(しかも、高額なものばかりです)これは妥当なことなのでしょうか。

そのほかのものは、私の購入金額で計算し、
高価なものは現在の似たようなもので計算、しかも使用年数はそのままと、
あちらに都合のいい方法だけを使っています。

壊れているか壊れていないかわからないため損害率50%とするなど疑念があり、
このようなムラのある鑑定ゆえ納得ができませんでした。

この鑑定は総じて妥当なのでしょうか。

数多い質問で大変恐れ入りますが、
お答えいただけるだけのものでも結構ですので、
何卒よろしくお願いいたします。

浴室より汚水が逆流してきたため家財が被害を受けました。
保険会社と示談が合わず、債務不存在訴訟を起こされました。


1、被害者となった際の弁護士費用や、通院、医療費、建物内のカーペットの交換は、
自身の加入する保険会社からは支払われないのでしょうか。
保険会社にたずねても「物保険では支払われない」と答えるのですが、
契約、約款にて変わるものと思いますが、
商法...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなり申し訳ありません。

(1)
備え付けの家財の場合、所有者は大家となりますので、賃借人の家財の保険では目的外となります。

(2)
費用保険金での修理費用は、申し訳ありませんが知りませんでした。
残取費用や臨時費用は、損害保険金に付帯する費用保険金で、費用保険金が単独で支払われることは、めったにありません(費用保険金の規定にもよりますので、約款もしくは加入されている保険会社に確認してくださいね)。
なので、物保険の目的となっていない大家所有のカーペットの損害が、費用保険でまかなわれるかどうかは、わかりません。
ちなみに、修理費用特約とは特約保険の一種。賃借人に責任の無い事故で大家の所有物が破損毀損した場合、それを担保する特約です(他にどんな事故が担保されるかは、約款もしくは加入保険会社にご確認されればと思います)。

(3)
慰謝料については、保険会社経由で加害者に請求するのは無理と思います。
保険会社側から加害者側への請求とは、その前提として保険会社が支払っていなければいけません。例えば、「Aさんの漏水事故により、開化のBさんの家財が濡れたので、Bさんの加入する保険会社CがBさんに損害保険金1万円を支払った」という場合、保険会社CがAさんに請求する額は、支払った損害保険金1万円でしかありません。
だから、保険会社CからBさんに支払われない慰謝料を、保険会社CはAさんに請求することはあり得ません。

(4)
慰謝料の請求は非常に困難ですね。
裁判をやったとしても、それに伴う時間的、経済的、精神的な損失に見合う額の賠償はないと思われますが・・・
たまに地方自治体で弁護士の無料相談会などが開かれているようですので、相談されてみるのもいいかと思います。

(5)
『壊れているかいないか解らないから損害率50%』という見解ですが、これに納得できない場合、ご自身で修理見積書を専門店から取り付ける必要があるかと思います(被害者である、あなた様には負担がかかることとなりますが、それが『損害の立証』です)。
その結果、「損害率50%で5000円の鑑定だが、専門店で見てもらったら全損と判断された(修理不能証明書があれば完璧)。よって損害率100%を主張します」もしくは「修理費用が8000円と見積が出た。損害率50%では納得できない」と具体的な主張が出来るので、より交渉しやするなると思います。

(6)
相手に判断根拠の説明を求めるのは当然です。
ただし、そこで相手の根拠に対して反論や疑問を交えてしまうと全体像がぼやける可能性がありますので、まずは相手の根拠のみを確認し、回答もしくは質問は後日として、落ち着いて検討する姿勢で臨まれると良いかと思います。

(7)
再調達価額については、現在における同等品の購入金額と理解されて間違いないと思います。
時価額は再調達価額から減価償却をして求めるものです。なので、再調達価額が購入金額より下回ってしまった場合であっても、ここから減価償却することになってしまいます。

(8)
商品とは、転売もしくは販売することで利益を得る目的で購入したものであると思います。
例えば、ヤフオクに出品する為に購入した古着なども、商品になるかと思います。なので家財の保険では目的外となります。

(9)
加害者側への請求よりも、ご自身の家財保険の保険会社に請求されてはいかがでしょうか。その方が話がスムーズかと思います。
通常、賠償であれば時価ベースですが、火災保険では加入されている保険約款に従います。お話では新価契約とのことですから、賠償よりはお得になるのではないでしょうか(※)。
※ただし、加入されている保険会社と加害者から二重取りは出来ませんので、その点はお気をつけ下さい。



(10)
汚水による損害であっても、クリーニングで大丈夫という判断をされてしまえば、全損にはなりにくいかと・・・
ただし、これは明確な基準もなく、主観的な話となるので、後は交渉力次第というところでしょうか。


被害を受けられているのに、厳しいお話ばかりして申し訳ありません。
保険の交渉は、ダメと自分勝手に判断するよりも、言うだけタダと思ってご自身の主張を述べられれば良いかと思います。
また、請求内容に優先順位を付けられることもお勧めします。それによって自分なりの交渉の目的が明確になり、相手の言い分などに振り回されることなく交渉していけるかと思います。

回答が遅くなり申し訳ありません。

(1)
備え付けの家財の場合、所有者は大家となりますので、賃借人の家財の保険では目的外となります。

(2)
費用保険金での修理費用は、申し訳ありませんが知りませんでした。
残取費用や臨時費用は、損害保険金に付帯する費用保険金で、費用保険金が単独で支払われることは、めったにありません(費用保険金の規定にもよりますので、約款もしくは加入されている保険会社に確認してくださいね)。
なので、物保険の目的となっていない大家所有のカーペットの損害が、費用...続きを読む

Qアパートの保険で、バイクが盗まれた場合

アパートを借りた時に入る火災保険?住宅総合保険?に入っている場合、アパートの敷地内の駐輪場内で、原付が盗まれた場合、保険金がもらえるとおもうのですが、
もらえた保険金で新しい原付を買った後で、
警察のほうから、盗まれた原付が見つかったということで、
古い原付が戻ってきた場合、
保険金を返さないといけないのでしょうか?

自分には知識がないので、よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

>持ち出し家財である自転車または原動機付自転車(注1)の盗難

解釈は、持ち出し家財である「自転車または原動機付自転車」が正しいです。

原付が家財に含まれるかどうかは、家財を定義している条文に明記してあります。質問者様がご契約の保険は原付を家財と認めているはずです。
持ち出し家財とは、目的の建物から一時的に持ち出した家財のことで、別の建物内で火災や盗難等があった場合も保障の対象となります。
しかし、持ち出し家財である「自転車・原付」が盗難にあった場合は保険金を支払いません(火災にあった場合は保険金が支払われます)と規定している項目です。
よって、「持ち出し家財」は「自転車」「原付」の両方にかかっています。

>アパートの敷地内の駐輪場内で、原付が盗まれた場合、保険金がもらえるとおもうのですが

建物内に収納された家財が対象です。多くの保険会社では、軒下も建物内とするという規定がありますが、一部には盗難に限り軒下が対象外というところもあるようです。
また、保険の目的を収納する建物に駐輪場が含まれていないと対象にはなりません。保険契約の際、駐輪場も含めて契約しているか確認が必要です。

>古い原付が戻ってきた場合、保険金を返さないといけないのでしょうか?

保険会社が保険金を支払った場合、盗まれた原付の所有権は保険会社に移転します。
したがって、その原付が発見された場合は、保険会社が所有権を持つことになります。
ただし、質問者様は受け取った保険金を保険会社に返還することで、原付の所有権を取得することができます。
つまり、盗まれたものが見つかった場合、保険金をとるか、現物をとるかの選択権は被保険者にあり、保険金を選べば現物は保険会社のものとなりますし、現物を選べば受け取った保険金を返さなければなりません。
思い入れの深いものなどが無事発見された場合には、保険金を返還して現物を受け取るケースもありますが、ご質問のようにすでに新しいものを購入されているのであれば、発見された原付を保険会社に渡せばよいだけです。

余談ですが、原付が発見された場合、発見地を管轄する警察署まで質問者様が引き取りに行かなければなりません。
ほとんどの保険では引き取り費用も保険金で払われますが、もし受取った保険金を返還して現物を取得するとした場合でも、引き取り費用は返還する必要がありません。

>持ち出し家財である自転車または原動機付自転車(注1)の盗難

解釈は、持ち出し家財である「自転車または原動機付自転車」が正しいです。

原付が家財に含まれるかどうかは、家財を定義している条文に明記してあります。質問者様がご契約の保険は原付を家財と認めているはずです。
持ち出し家財とは、目的の建物から一時的に持ち出した家財のことで、別の建物内で火災や盗難等があった場合も保障の対象となります。
しかし、持ち出し家財である「自転車・原付」が盗難にあった場合は保険金を支払いません(火災...続きを読む

Q自転車を盗まれました

3月27日、自宅の前に止めていた自転車を盗まれました。
朝の9:00ごろから出かけていて、12:30ごろに帰ってきて盗まれていることに気が付きました。
完全にこちらのミスなのですが、鍵をかけ忘れていました。
約15年前に購入したもので、かなり古いものでした。
ママチャリで、メーカーはブリジストンです。
ロードバイクのような高価そうなものではないし、実際古いので近所の若者の乗り捨てだとは思いますが...
盗まれたのに気づいてからすぐ駅やその周辺は探しましたが見つかりませんでした。
交番にも言いましたが販売証明書?というものがないと、もし見つかっても返してもらえないそうです。

どうしたら戻ってくるのでしょうか?
自力で近くの乗り捨てされそうな場所を探すしかないのでしょうか?
過去にこのような経験をされた方や、盗難に詳しい方、なんでもいいので教えてください。
また、乗り捨てだとしたらどのような場所を探すのが良いのでしょうか?

長い間乗っていて愛着がわいていたし、盗られたなんて自分のミスのせいでもあるとはいえ、本当に腹立たしいです。

自転車の盗難についての知識、なんでもかまいません。
教えてください!
宜しくお願いします。

3月27日、自宅の前に止めていた自転車を盗まれました。
朝の9:00ごろから出かけていて、12:30ごろに帰ってきて盗まれていることに気が付きました。
完全にこちらのミスなのですが、鍵をかけ忘れていました。
約15年前に購入したもので、かなり古いものでした。
ママチャリで、メーカーはブリジストンです。
ロードバイクのような高価そうなものではないし、実際古いので近所の若者の乗り捨てだとは思いますが...
盗まれたのに気づいてからすぐ駅やその周辺は探しましたが見つかりませんでした。
交番にも言いま...続きを読む

Aベストアンサー

自転車泥棒、めっちゃくやしいですよね。
防犯登録の書類はありますか?それがあると放置自転車があった場合、見つかりやすくなります。
また書類には車体番号と言って、自転車本体に削り込まれている番号も書いてあるので、防犯登録シールをはがされても自分の自転車だと言う証明になります。

私は盗まれた時にこれで盗難届をまず出しました。
その上でナンバー(防犯登録と車体番号)を二つともメモしておいて、駅近くとかパチンコ、ゲーセン、ショッピングビルなど自転車を盗むようなヤツらの放置しそうな所を通る時はチェックしました。
ヤツらは撤去されたり盗まれたらまた別の自転車を盗めばいいや~的な考えなので、お金のかかる駐輪場にはとめません。不法駐輪スペースなど要チェックです。

そしたら1カ月くらいで見つけました。執念です。(笑)
警察にも来てもらいましたが、残念ながら犯人は捕まえられず。
自転車が戻ってきたからまぁヨシとしましたが。
見つかるといいですね。

Q100キロワットってどれぐらい?(今日の夜10時ぐらいまでに回答おねがいします。)

題名のとうりなんですが、
100キロワットというのは、
消費電力1000Wのエアコン(暖房)を何時間何分ぐらい使えるの電力なんでしょうか?

また1000キロワットの場合も教えてください。

勝手で申し訳ないんですが、
明日それについての発表をしなければならないので、
今日の夜10時ぐらいまでに回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 消費電力の1,000Wというのは1時間当たり1,000Wh(ワットアワー)のエネルギーを使うという意味です。
 100kWどらぐらいと聞いていらっしゃいますが、これは100kWhと言う意味であると思います。これは、100kWの電力で1時間使ったときのエネルギー量に相当するわけです。

 すなわち100kWh=100,000Whであるわけですから100,000Wh/1,000W=100h
 よって、100時間分ということになります。

 同様に1,000kWh=1,000,000Whなので1,000,000Wh/1,000W=1,000h
 よって、1,000時間分ということになります。

多分、これであっているんではないかと思います。高校で物理をとっていたので家に帰れば確実なんですが・・・。

Q携行品損害を補償してくれる保険に2件加入していたのですが・・・

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入していたことをお話しました。

B社は、A社に連絡を取り、写真も修理の見積もりもA社に出して頂いた物でOKです、新たに出していただく必要はありません、とのことでした。

結果、A社より私に5,500円振り込まれ、B社よりA社へ約1,700円支払われました。二社で合計5,500円の保険金が私へ支払われた、ということです。

二社へ保険金を払っていた私としては、何となく納得できません。今回は仕方ないとして、今後、それぞれの会社へ単独で加入していました、と言って(もちろんそれぞれへ書類は提出して)二社から保険金を貰うのは違法なことなのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入して...続きを読む

Aベストアンサー

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は出ません(一部、再調達価額特約を除く)。
なぜなら、損害以上のお金が出るなら、みんな自宅が燃えたら儲かるので、みんな自分の家にわざと火をつけるようになってしまいます・・。

仮に、上のケースで、こっそり複数の保険会社に、2000万円ずつ、火災保険に入っていたとしても、損保会社はお互いデータ照会するはずなので(不備も多いですが)、普通ばれて、保険金は、やはり合計で1000万円しかもらえません。万一ばれなくても、後でわかれば保険金詐欺で捕まってしまいます(だから、損保会社の手続きに重過失がない限り、基本的には違法です)。

ちなみに、これに対して、生命保険は命に明確な値段がつけられないので、保険金は、基本的に満額出ます。
つまり生命保険の方が、損害保険より、保険として満額もらえやすいのです。
これが損害保険よりも、生命保険の方が、保険金詐欺が目立つ理由ですね。

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は...続きを読む

Q盗難届?

自転車が盗まれました。
盗難届をだそうと思うのですが、
盗難届をだすときにどこに出せばいいのでしょうか?
電話でもいいのでしょうか?
それとどんなことを聞かれるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、自転車は防犯登録されていたんでしょうか?
していれば、防犯登録カードお客様控を持参して、お近くの警察署または交番に被害届を出してください。
盗難にあった自転車が発見されると、登録番号もしくは車体番号から持ち主を特定して所有者に連絡が行きます。
それまでは、連絡を待たないといけません。

自転車を利用するためには、法律により「自転車防犯登録」が義務づけられています。
「自転車防犯登録」を行わない場合の罰則はありません。
しかし、「自転車防犯登録」をしていれば盗難などの被害に遭った場合、自転車がもどりやすくなります。

私も過去3回も自転車を取られましたが、連絡は未だありません。

参考URL:http://www.bouhan-net.com/p5.html

Q火災保険は何回まで使える?

連続質問ご容赦ください。
タイトルそのままなのですが、火災保険(総合保険でも)は何回まで使えるのでしょうか?

A社は保険期間内であれば何度でも保険金を払えると言いましたが、B社は1回だけで終了する言いました。心配なら1年ごとの契約が良いですよと言っていました。

全焼・全壊の場合と半焼・半壊以下の場合でも異なると思いますが(代理店には全焼or半焼の場合とは念押ししていません)、これは単に保険会社によって違うだけなのでしょうか。
その場合、どちらが得なのでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険の場合には何処の保険会社の場合でも「自動復元」と云って
保険金額の80%を超える支払いがあったとき以外は保険金額は減額
されません。
従ってB社の云うのは誤りです。
どうも前の質問でもそうですが、B社の代理店は頼りないようですね。

Q携行品保険の減価償却って年率何%なのでしょうか?

旅行中にスーツケースごと落してしまい、中に入っていたビデオカメラとデジカメが壊れたので、旅行保険の携行品補償で修理したいのですが、保険の説明には購入時の価格から減価償却した価格が上限と書いてあります。

この場合、減価償却は年率何%ずつ償却されるのでしょうか?

Aベストアンサー

1年間に10パーセントの償却で5年以上は50パーセントが限度です。
すなわち、5年以上は半分が時価(残価)となります。
時価より修理代が安ければ修理代で、修理不能であれば時価で支払われます。
修理代が時価を超えれば時価での支払いとなります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報