2ヶ月前から会社が生命保険会社を幹事にして確定拠出年金を始めました。
昨年暮れに、説明会が行われました。
時はリーマンショック後、定期預金以外はほとんどマイナスのようです。
自己責任の名の下で、リスクの「わな」にかかるようなことをさせるのでしょう。
堅実な日本人には向かない仕組みの気がします。

私は、過去に、株式や、ファンドで損をしており(めちゃくちゃな投資はしていません。)このようなものは、二度と手を出したくありません。
遺産相続した土地建物の一部に、市の区画整理事業が入り、まとまった現金が手元に入りました。
1割相当だけ、リスクが強いものとして外貨預金とインフレに強いであろう純金を持っているだけで、あとは、ペイオフを恐れ、8つの銀行に、分散して定期預金を預けています。各行900万弱
信用力がありそうな所だけ、1000万超えさせています。
(銀行から金融商品のお誘いが来ますが今は怖いとすべて断っています。)

確定拠出年金は100%、定期預金を選びました。
(60歳まで15年強。)
同僚には、「なんでそんなことするの?」と言われます。
同僚は、確定拠出年金サイトにログインし「増えた、減った」と一喜一憂しています。
「一喜一憂がいやだし、こまごま指図を変えるのはこわいし仕事に身が入らない」と答えています。
【質問】
1.こんな私は馬鹿なのでしょうか?
2.自己責任の名の下で、リスクの「わな」にかかる恐れがあることをなぜさせるのでしょう。(堅実性を重んじる日本人向き制度ではないような気がします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.こんな私は馬鹿なのでしょうか?



馬鹿ではありません。周囲に流されず自分に合った商品を自分自身で決めて選択されていると言う点で、極めて賢明な行動をされていると思います。

2.自己責任の名の下で、リスクの「わな」にかかる恐れがあることをなぜさせるのでしょう。(堅実性を重んじる日本人向き制度ではないような気がします。)

 「日本人向けではない」と決めつけられることには違和感がありますが、お気持ちは理解できます。

私自身は株式、FX等の投資を行っていますし、401Kも一部外国株式型投信で運用しています。昨年12月以降は外国株の比率を高めました。しかしまだ中国株等のアジア系の株式では運用できる商品が無く、不満があります。誰でも自分の意志で自由に投資先を選択できるようにするべきであると思っています。

 とは言いながら、会社の401Kの説明会に参加すると、積極的運用を強く推奨される場合が殆どであることも事実で、それは極めて問題であると思っています。今まで郵便局以外に付き合いのなかったような高齢の人が説明員の言葉に「はあなるほど」とうなづいているのを見ると、「あの説明員は運用会社から派遣されてきているので、自社の商品を売りたいがためにしきりに宣伝しているんです。悪いことは言いません。少なくとも最初の数年は様子を見るくらいにしておきなさい。」と助言するようにしています。

リスクを引き受ける覚悟の無い人に対して、「みんなやってますから・・」と言う言葉に弱い日本人の特性につけこんで、だまして商品を売りつけるような行為は絶対に許せないと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

FXは怖すぎて手が出せません。のめりこむのも怖いですね。
定期預金金利が5%以上あった時代がなつかしい。
公社債投信7.45%?
一時払い養老保険とか。

プロでも失敗する投資を素人に自己責任で!というのは、
開けてはならないパンドラの箱を開けた感じがしませんか?

破たん者が多数でそうな予感がします。

お礼日時:2009/05/16 15:08

>1.こんな私は馬鹿なのでしょうか?


馬鹿ではないです。百人いれば百通りの投資方法があります。
あなたが信じる道を進めば良いだけです。

>2.自己責任の名の下で、リスクの「わな」にかかる恐れがあることをなぜさせるのでしょう。(堅実性を重んじる日本人向き制度ではないような気がします。)
あなたが確定拠出年金をどう思われようとそれは自由です。
堅実性があるかのように謳われていた日本の年金制度は破綻してきています。国民が拠出した年金原資を旧厚生省がどのように運用していたかは周知の通りです。
あんな余計な箱物を作ったりされるより、自己責任の名の下にリスクがあろうと、自分で投資先を選べることは十分有意義ではないでしょうか?(現にあなたは定期預金を選べるというメリットを享受しているのではないでしょうか?)
また、確定拠出年金にはポータビリティがあります。
雇用の流動性が高まっている時代において、強制的に企業年金の保険料を払わされる方にしてみれば、加入月数によっては返金にも応じてくれない企業年金よりもポータビリティのある確定拠出年金の方がよっぽど魅力があることでしょう。
    • good
    • 6

1について。


馬鹿です。
2について。
これは、今までの厚生年金基金や退職給付年金など、「受給額を保障した」年金を企業が出せなくなってきてるからです。現に財政状況が悪くて支給額を引き下げようとしても厳格な縛りがあって、裁判で認められない限りは引き下げもまま成らぬという現状があります。
 そこで、払い込み額を固定して、あとは自己責任でというのが確定醵出年金やいわゆる401Kなのです。
 投信やFXなどのアクティブ系の商品を勧めるのは、これは金融機関の
都合に過ぎません。彼らには申し込み手数料や信託報酬が必ず入りますから、よい上客、言葉を悪く言えばカモなんですよ。「専門家が運用するから安心」とは言っても、実際は株価の変動で価格が落ちることもありますし、専門家でも利益を上げられる人はごくわずかです。
 それに、この手の投信の問題点は、「儲かったときの利益は少なく、
損したときの損益は大きい」ことです。リスク分散をすると、儲かったときは思ったほど儲からず、損するときはえらく損する感じを受けます。

 長々書きましたが、自分がFXや株が性に合わないと思うなら、それは
それで結構です。ただ、投信やFXをやる他人のことをどうこうというのはお門違いのことかと思われます。財産運用の基本は人は人、自分は自分です。自分が一番よいと思うものにお金をつぎ込めばよいのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

バブル期、亡き父が妹(叔母)5000万円の損失(商品取引等)を補てんしました。これがなければ自己破産。
※再三やめろと注意していたのに取引をしていました。
父は親族で自己破産は恥と考えたよう。
私も含め、なぜそんな救済するのか?と思いました。
やはり私は怖いです。
馬鹿と言われるのはちょっと不本意。
この怖さを軽減して頂けるものでしょうか?

いやなのは、素人に簡単な教育で、ハイリスクなものへの入口を作っていることです。

お礼日時:2009/05/16 16:31


本当は絶対儲かるから自由化なんですがそこまで行っていないことに問題がある。

それに日本型401Kは問題が多すぎる。保険がかけられず ばくち)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当、「博打推奨」運動の気がします。
日頃からファンド等扱っていると目が肥える人もいるでしょうが、
一方で、大失敗や詐欺にあう人が増える気がします。
これは国を壊す制度だと思います。

お礼日時:2009/05/16 09:30

>1.こんな私は馬鹿なのでしょうか?



いいえ。同じ立場ならば私も質問者さんと同じことをするでしょう。


>2.自己責任の名の下で、リスクの「わな」にかかる恐れがあることをなぜさせるのでしょう。

郵便局で投資信託を売る時代です。
タンス預金じゃ不安という無知なじいさんばあさんに
絶対安心ですからと嘘をついてそういう危ない商品を
売りつけるのですから世も末ではないですか。

アメリカが日本人の持つ資産を奪うために
日本の政府を動かしたとしか思えません。

アメリカがインディアンから合法的に新大陸の土地を
奪ったように、合法的に金を巻き上げるつもり。
というと論理が飛躍し過ぎているでしょうか。

株式やファンドなどは低金利時代には確かに有効な一つの
資産運用の手段ですが、老後の生活をかけてまでやるものでは
ないですね。こんなものを合法化したやつは国賊者としか思えません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
金融商品のリスク・怖さを教える必要があると思いますね。
日本人はもともと貯蓄志向。
積極的に元本割れの恐れがあるものには投資したくないです。
このようなことを奨励しているような気がするのです。
確定拠出年金で味をしめて、今後、金融商品で痛い目に会うものが増えないか心配です。

競馬に気軽に行くというのもいかがなものか?
ましてや、親子連れで・・・。世も末だと思います。
あれは、鉄火場ですよ! 信じられないです。
私にはできません。おけら電車が怖いです。

マネーゲームに走らず、こつこつ働いてこつこつ貯金するのが日本の美徳のはずです。

お礼日時:2009/05/16 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定給付年金から確定拠出年金への移行と今後

確定拠出年金についての質問です。

確定拠出年金は、確定しているのは、毎月給料から拠出する掛け金だけで
将来受け取れる年金額は不確定です。

運用の上手下手にかかってくるようですが、これは、会社の運用次第になり
契約時に受取額が決定している確定給付年金と比べリスクが高いと思うのですが
今後、もらえる金額は、賭金より低くなる可能性の方が高いのでしょうか?

最近、パナソニック、シャープの赤字のニュースを見ていると会社の倒産を含め
いろいろ心配することが多くなりました。

確定拠出年金で検索していると次のような説明が書かれていました。

退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化とあります。

このような制度なら会社の確定拠出年金に入るのではなく銀行など他の確定拠出年金に
入った方が得なのでしょうか?

確定給付年金から確定拠出年金への移行の時に脱退しておけば良かったのか?

アドバイス、回答をお手柔らかに願います。

コンピュータ関係の仕事をしています。
会社は、まあまあ大きいほうです。


確定拠出年金制度というのは、退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化するということで、
この制度は、年金の受給年齢が60歳→65歳→まだ伸びそう、60歳になり会社を定年退職した時に年金の支給がない5年間に、この年金を充当することですが、確定拠出年金は、株に転化するか、貯蓄するか、他色々な選択肢があります。

つまり、年金が途絶える私達の足元をみた金融会社の為の制度です!

確定拠出年金についての質問です。

確定拠出年金は、確定しているのは、毎月給料から拠出する掛け金だけで
将来受け取れる年金額は不確定です。

運用の上手下手にかかってくるようですが、これは、会社の運用次第になり
契約時に受取額が決定している確定給付年金と比べリスクが高いと思うのですが
今後、もらえる金額は、賭金より低くなる可能性の方が高いのでしょうか?

最近、パナソニック、シャープの赤字のニュースを見ていると会社の倒産を含め
いろいろ心配することが多くなりました。

確定拠出年金で...続きを読む

Aベストアンサー

>このような制度なら会社の確定拠出年金に入るのではなく銀行など他の確定拠出年金に
入った方が得なのでしょうか?
会社の企業型確定拠出年金は手数料は会社負担ですが、個人で加入する個人型確定拠出年金は手数料は個人負担です。
運用などはほとんど同じですから、企業型は投資などの危険を冒さない場合は元本と掛金が減る危険のない定期預金の商品にでもしておけばいいのですが、個人型は手数料分を上回る運用益を上げないと元本は減っていきます。

>退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化とあります。
おそらくその場合は会社が拠出する掛金の総額は従来の退職金の総額の20%減という事かと思いますが(つまりその20%分は自分で運用して確保しろということ)、その割合も会社により様々です。

Qねんきん定期・特別便、確定拠出年金にすると?

サラリーマンです。
扶養家族は1名(妻)です。

個人型確定拠出年金に切り替わりました。
切替前に、ねんきん定期便、特別便は送付されてきました。

妻のねんきん定期便、特別便が来なかったので会社に
聞いてみると、「年金に関する妻の登録住所のみが引っ越し前の
以前の住所だ」ということで、登録を現在の住所にしました。

それからですが、妻の誕生月になっても定期便は送られて来ていません。
私が拠出年金に切り替えたからねんきん定期便は終了とかってなってるんでしょうか。
社会保険庁などに問い合わせれば送ってもらえるのでしょうか?

確定拠出年金に切り替えてからそんなに経ってませんが
不安なのでどなたか情報をお聞かせ願いませんでしょうか。

Aベストアンサー

> 個人型確定拠出年金に切り替わりました。
確定拠出年金は「ねんきん定期便」や「ねんきん特別便」に記載される公的年金(「国民年金」「厚生年金」「共済年金」)とは別の扱いですので、切り替わる前には厚生年金基金か税制適格年金に加入していたのでしょうか?

> 妻のねんきん定期便、特別便が来なかったので会社に
> 聞いてみると、「年金に関する妻の登録住所のみが引っ越し前の
> 以前の住所だ」ということで、登録を現在の住所にしました。
> それからですが、妻の誕生月になっても定期便は送られて来ていません。
住所変更手続きの法定用紙は↓の用紙ですが、この用紙で出していますか?
http://www.nenkin.go.jp/main/system/form-pdf/20.pdf
通常は「会社⇒健康保険⇒年金事務所』又は『会社⇒年金事務所』となりますが、会社は書類を何時頃提出しているのでしょうか?且つ、受取った年金事務所の処理のタイミングによっては住所不明(宛先に該当者無し)のままになっています。
又、「ねんきん定期便」は日本年金機構(年金事務所の上部組織)が作成・発送しておりますが、何度にも亙って発送ミスが生じております
 【事務処理誤り等】http://www.nenkin.go.jp/new/press_release/jimusyori.html

> 私が拠出年金に切り替えたからねんきん定期便は終了とかってなってるんでしょうか。
まるっきり見当違い。杞憂です。関係ありません。
最初に書いたことと一部重複いたしますが、「ねんきん定期便」や「ねんきん特別便」は、「国民年金」・「厚生年金」・「共済年金」の3つの公的年金制度における加入履歴を報告してくる物であり、
少なくとも20歳から60歳未満で日本に住んでいる者であれば、これらの公的年金のいずれかに強制加入です[会社が違法に厚生年金の資格喪失届けを行なったとしても、国民年金の第1号被保険者]。
一方、『厚生年金基金』・『国民年金基金』・『確定拠出年金』・『(昔の)企業年金』・『税制適格年金』というものは、上記3つの公的年金に多少関係する物もありますが、「ねんきん定期便」や「ねんきん特別便」には加入履歴(保険料や掛金の納付履歴)は載りません。それは別物だからです。

> 社会保険庁などに問い合わせれば送ってもらえるのでしょうか?
社会保険庁は一連の不祥事により消滅し、現在は『日本年金機構』が年金記録や給付を管理しています。
先ずは年金手帳[基礎年金番号が必要だから]を持って、下部組織(窓口)である「年金事務所」へ出向き、未着である旨を申し出で再発行手続きをして下さい。(気持ちに余裕が有るのであれば専用ダイヤルでも良いです)
それと同時に『年金相談』ブースで加入履歴を印刷してもらった方がいいです。様式は違う形になりますが、参照しているデータベースは同一ですから、後々の証拠となります。

「ねんきん定期便」
 http://www.nenkin.go.jp/pension/teiki/index.html
「年金に関する電話でのお問い合わせ先」
 http://www.nenkin.go.jp/calender/tel.html#net

> 個人型確定拠出年金に切り替わりました。
確定拠出年金は「ねんきん定期便」や「ねんきん特別便」に記載される公的年金(「国民年金」「厚生年金」「共済年金」)とは別の扱いですので、切り替わる前には厚生年金基金か税制適格年金に加入していたのでしょうか?

> 妻のねんきん定期便、特別便が来なかったので会社に
> 聞いてみると、「年金に関する妻の登録住所のみが引っ越し前の
> 以前の住所だ」ということで、登録を現在の住所にしました。
> それからですが、妻の誕生月になっても定期便は送られて来て...続きを読む

Q投資信託と個人型確定拠出年金での資産運用に関して

資産運用について相談させて下さい。

私は40代前半の会社員です。
今、所属している会社には
企業型の確定拠出年金制度はありません。

SBI証券で口座を開設したのですが
投資信託と、個人型確定拠出年金を
それぞれ毎月積み立て、老後資金の確保に
繋げたいと思っています。

ただ個人型確定拠出年金の本を読んでいたら
60歳まで積み立てたお金は下せませんが
投資信託と個人型確定拠出年金を
両方、並行して行うのではなく、個人型確定拠出年金
のみで資産運用して行く方が、節税効果も高く
また老後の資産運用に適切だと思う様になりました。

ちなみに当初の予定としては、投資信託2本を毎月7,000円。
確定拠出年金を毎月7,000円を予定していたのですが
それよりも、毎月23,000円の上限一杯まで個人型確定拠出年金のみで
運用して行こうかと思っています。

この件に関して如何でしょうか?

一番お聞きしたい点は
・一般の投資信託と個人型確定拠出年金を並行して
資産運用するか?
・それとも個人型確定拠出年金だけにして
資産運用する方が良いのか?
という点です。
宜しくお願い致します。

資産運用について相談させて下さい。

私は40代前半の会社員です。
今、所属している会社には
企業型の確定拠出年金制度はありません。

SBI証券で口座を開設したのですが
投資信託と、個人型確定拠出年金を
それぞれ毎月積み立て、老後資金の確保に
繋げたいと思っています。

ただ個人型確定拠出年金の本を読んでいたら
60歳まで積み立てたお金は下せませんが
投資信託と個人型確定拠出年金を
両方、並行して行うのではなく、個人型確定拠出年金
のみで資産運用して行く方が、節税効果も高く
ま...続きを読む

Aベストアンサー

>毎月23,000円の上限一杯まで
>個人型確定拠出年金のみで運用
よろしいのではないですか?
但し、60歳まで(最大15年)運用しても、
2.3万×12ヶ月×15年?≒約400万
運用益がうまいぐらいに出ても500万
です。

そういう意味でいけば、投信の積立も
さらに併用されて老後資金をもっと
残された方がよいと思います。

留意点として、確定拠出年金は、原則
途中解約で現金を受け取ることができ
ません。
その点はご注意ください。

Q確定拠出年金(個人型)の毎月の拠出額の変更方法?

現在、確定拠出年金の個人型で、毎月拠出しています。

運用割合の変更方法は見つかりましたが、毎月の拠出額を変更する方法がわかりません。

ご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受付金融機関・運営管理機関に下記書類の提出。(積立上限額は1号は月額68000円/2号は月額18000円)

参考URL:http://www.npfa.or.jp/admin/uploadfile/rulestyle/20081003rulestyle48e57962f3367.PDF

Q個人年金控除と確定拠出年金

個人年金と確定拠出年金は違うものなのでしょうか?

又、個人年金控除と確定拠出年金の所得控除を両方利用することは出来るのでしょうか?

例えば
個人年金控除の5万円
確定拠出年金の216,000円(月18000円)
計266000円の控除を受ける事が出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>個人年金と確定拠出年金は違うものなのでしょうか?
異なる。

>個人年金控除と確定拠出年金の所得控除を両方利用することは出来るのでしょうか?
可能。

>個人年金控除の5万円
社会保険料控除
>確定拠出年金の216,000円(月18000円)
小規模企業共済等掛金控除

Q確定拠出年金の「総拠出額」とは?

私の会社では「総拠出額は月給×1.3×8%」であり、拠出年金の月ごとの限度額との差は、賞与時に支払いとなってます。
現在だと、前者が2万円台、後者が5万1000円です。
これは結局どういう意味なんでしょうか?

会社では全く拠出年金についての説明がなく困ってます。

回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

もしかすると・・・

「総拠出額」なるものが、退職金から引かれることになっていませんか?

つまり、会社は毎月「月給×1.3%」を拠出し、累計と称して「月給×1.3%×8%年利複利換算」x拠出月数を
退職金から控除するようなことは、ありませんか?

結構、大損します。

私も先週ある質問を見つけて、気づきました。
よかったら、ご参考ください。
http://okwave.jp/qa/q8029205.html
世の中には、あるのですね、隠れブラックが。

質問者さんの会社が、ブラックで無いことを願っています。

参考URL:http://okwave.jp/qa/q8029205.html

Q確定拠出年金について教えてください。 先日転職した先が、確定拠出年金に加入でした。 詳しい説明を受け

確定拠出年金について教えてください。

先日転職した先が、確定拠出年金に加入でした。

詳しい説明を受けていない為、よくわからないことがあります。

・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?(厚生年金は会社員ならば必ず加入するものだと思うのですが、厚生年金に加入していてさらに確定拠出年金に加入したことになるのでしょうか?)

・前職まで厚生年金に加入していたのですが今までの年金はどうなっているのでしょうか?

・確定拠出年金は退職金ってことですか?

恐らく会社の規定によって様々異なると思うのですが…。

どなたか詳しい方教えていただけると助かります!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?
制度の経緯からすれば「上乗せ」とも言えますが、実際には別物です。
 ・「厚生年金基金」は厚生年金の上乗せでしたが、基金が破たんをきたした。
 ・そこで上手く基金を解散できたところなどは、基金の代わりに確定拠出型年金[401k]と言うモノを労働者にあてがった。
 ・確定拠出年金は労働者の自己責任で投資額(掛け金)の運用指示を行う。その為、年金として受け取る際に、個人の年金財源が10億円[冗談だけど]の人もいれば、拠出金総額を下回る[事務手数料が控除される関係で]人も出る。どっちに転ぼうが自己責任。

☆プチ情報☆
厚生年金や国民年金は「確定給付型年金」と呼び、掛け金は変動するけれど年金額が決まっている(計算により推測できる)
一方、毎月決まった掛け金を拠出して、年金額は運用次第(才覚と運任せ)となっているのが「確定拠出型年金」


> ・前職まで厚生年金に加入していたのですが今までの年金は
> どうなっているのでしょうか?
脱退一時金等を受領していないのであれば、企業年金連合会預かりになっているモノと思われます。
判断する上での情報が無いので、この点はあいまいな答えでお許しください。


> ・確定拠出年金は退職金ってことですか?
そういう目的で導入している企業もあります。
 ⇒そういう目的で導入している企業には大変失礼ですが、退職金がゼロになるか10億円になるのかバクチを労働者に打たせるのはどうなんですかね?

一方で、最初に書きましたように厚生年金基金を解散した代替えとして、各人の自己責任で個人年金を作らせる目的で導入している企業もあります。
 ⇒私が勤めている会社は20年ほど前に基金解散を行いましたが、その代替えとして導入を検討いたしました[自己責任だと知らんぷりしてリスクを労働者に丸投げすることが倫理的に問題と言う考えで見送り]。


> 恐らく会社の規定によって様々異なると思うのですが…。
その通りですね。
公的年金である厚生年金保険は、会社の規定に関係なく強制加入[一部例外はあるけれど]。
一方、適切な言い回しではありませんが・・・厚生年金基金や確定拠出型年金を用意するかどうかは各企業の自由。

>・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?
制度の経緯からすれば「上乗せ」とも言えますが、実際には別物です。
 ・「厚生年金基金」は厚生年金の上乗せでしたが、基金が破たんをきたした。
 ・そこで上手く基金を解散できたところなどは、基金の代わりに確定拠出型年金[401k]と言うモノを労働者にあてがった。
 ・確定拠出年金は労働者の自己責任で投資額(掛け金)の運用指示を行う。その為、年金として受け取る際に、個人の年金財源が10億円[冗談だけど]の人もいれば、拠出金...続きを読む

Q確定拠出年金について質問です。 2年前に企業型の確定拠出年金に加入していましたが、退社後にそのまま

確定拠出年金について質問です。

2年前に企業型の確定拠出年金に加入していましたが、退社後にそのまま放置していました。(現在確定拠出年金脱退してから2年以上経っています)移管通知が届くのですが現在専業主婦の場合は脱退一時金が受取れると書かれていますが何処に連絡をすれば良いのか記載が無いため分かりません。
ご存知の方が居ましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

https://www.shiruporuto.jp/life/nenkin/kigyo/kigyo502.html

Q確定拠出年金

確定拠出年金に加入したいと思っています。
現在勤めている会社では厚生年金に加えて厚生年金基金に加入しています。
このような場合は個人型確定拠出年金には加入できないことは調べて分かりました。
会社が企業型確定拠出年金を行っていない場合は、結局確定拠出年金に加入することはできないのでしょうか。

会社の話では厚生年金基金の運用がうまくいっていないので、そのうちなくなるかも、ということだったのですが、それまで待つしかないのでしょうか。

詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

企業型確定拠出年金は、勤務先が制度を導入していなければ加入できません。
また、厚生年金基金に加入しているということですと、残念ながら個人型確定拠出年金にも加入できません。

しかしながら、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」が国会(衆議院)で審議中です。
改正案の通りに成立しますと、厚生年金基金の加入者でも個人型確定拠出年金に加入できるようになります。
改正案では、2017年1月1日施行で、掛金額は月額1.2万円(年額14.4万円)が上限となっています。
私は今国会での成立を期待しておりますが、まだどうなるかは分かりません。

議案の行方にご注目いただき、上記の通りに改正されましたら、個人型確定拠出年金への加入をご検討いただくのが良いと思います。
掛金の全額が所得控除の対象となりますが、これは勤務先の年末調整で手続きが可能です。
また、厚生年金基金は解散する可能性もあります。勤務先が企業型確定拠出年金を導入した際には、個人型確定拠出年金で積み立てていた資産を企業型確定拠出年金に移換することが可能です。

以上、お役立ていただければ幸いです。

企業型確定拠出年金は、勤務先が制度を導入していなければ加入できません。
また、厚生年金基金に加入しているということですと、残念ながら個人型確定拠出年金にも加入できません。

しかしながら、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」が国会(衆議院)で審議中です。
改正案の通りに成立しますと、厚生年金基金の加入者でも個人型確定拠出年金に加入できるようになります。
改正案では、2017年1月1日施行で、掛金額は月額1.2万円(年額14.4万円)が上限となっています。
私は今国会での成立を期待しております...続きを読む

Q確定拠出年金について

他の方々の質問でも探していたのですけれども良い答えがなく質問しました。
去年の夏に私の会社が確定拠出年金にかわり、説明があったのですが概要しかなくどう運用していくのかが理解できませんでした。
分散投資を行なうことはわかっているのですが、運用はどうすればいいのかわかりません。
以前、HPにて確認すると利益が出ていたので利益分だけ元本確保商品にスイッチングしたのですが、本日再度確認すると以前より利益は出ていたのですが、今後も同じようにして良いものでしょうか?
行なったスイッチングは下記のようにしました。
↓以前↓
A商品(国内債権) 掛金10000円→9800円  利益 -200円

B商品(国内株式) 掛金13000円→17300円 利益 +4300円 4300円相当口数を元本確保へ
                                       スイッチング

C商品(外国債券) 掛金14000円→19000円 利益 +5000円 5000円相当口数を元本確保へ
                                       スイッチング

D商品(外国株式) 掛金12000円→15000円 利益 +3000円 3000円相当口数を元本確保へ
                                       スイッチング

E商品(元本確保) 掛金8000円→8000円


今回確認したら下記のようになっていました。
A商品(国内債権) 掛金10000円→9500円  利益 -500円

B商品(国内株式) 掛金13000円→15200円 利益 +2200円 

C商品(外国債券) 掛金14000円→18200円 利益 +4200円 

D商品(外国株式) 掛金12000円→17000円 利益 +5000円 

E商品(元本確保) 掛金20500円→20500円

金額は計算は合わなかったのですけれども利益は増えているように感じました。
今回初めてスイッチングを行なったのですが、運用とは上記のようなことをいうのでしょう?
間違っていれば本来の運用方法を教えて頂けますでしょうか。

他の方々の質問でも探していたのですけれども良い答えがなく質問しました。
去年の夏に私の会社が確定拠出年金にかわり、説明があったのですが概要しかなくどう運用していくのかが理解できませんでした。
分散投資を行なうことはわかっているのですが、運用はどうすればいいのかわかりません。
以前、HPにて確認すると利益が出ていたので利益分だけ元本確保商品にスイッチングしたのですが、本日再度確認すると以前より利益は出ていたのですが、今後も同じようにして良いものでしょうか?
行なったスイッチング...続きを読む

Aベストアンサー

間違いということはありませんが、一度決めた各資産の積立額はしばらく(数年間)は変更しないのが一般的です。
ご相談者さんが20代30代と若く、年金受け取りまで時間があるなら、収益・リスクの大きい外国株式、日本株式の比率を高めにして、債券の比率を低めにします。仕事からの引退の時期が近づく50代になったら債券の比率を高めます。
収益性の低い資産へスイッチングしていくと、最終的な受け取り金額を多くすることが期待できなくなります。ただ、相談者さんが長期的な相場観があり、各資産の比率を変更していくことには私は反対はしません。
アメリカの確定拠出年金は年齢でデフォルトのプランが決まっており、それに自分が特段同意できない限り、デフォルトのプランになり、若い世代はある程度のリスクをとったものになっています。
いきなり確定拠出年金のプランを自分で決めろといわれてもとまどうのが普通だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング