100Vの回路で、20Aの配線用遮断器には1.6mmの配線で定格電流15Aのコンセントを接続出来ると思いますが、例えばトータル1900VAの電気機器を接続した場合だとブレーカーもおちないで、コンセントの定格電流15Aを超えてしまうと思うのですが、コンセントや配線は大丈夫なのでしょうか。良くないのであればなぜ、こういう規定をOKにしているのでしょうか?

A 回答 (3件)

ブレーカーから先の配線は2系統以上に分岐されており、1系統の負荷は1.5KVに


制限されますが2系統以上の合計で2KVのブレーカー許容容量となっています。
 通常1ブレーカに2・3系統の配線と2個以上のコンセントが接続されますが、
1台で1.5KV以上の機器は存在せず複数の機器を同時利用する可能性はあります
が、定格電流が大きい機器はブレーカーから別系統にして分散されます。

100V系の機器では最大1.5KVを超過する機器は無く、定格電流12A程度に制限され
最大電流15Aに許容されます。
定格1.5KVを超過する機器は、200V系の機器になり100V系で1.9KVの機器は存在
しませんので、200V系で定格電流が低減された機器になります。

100Vのブレーカー1系統に定格(最大)電流15Aの機器を複数接続されないように
考慮されていれば問題ありません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただいて助かります。有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/18 22:31

規定では分電盤から第一分岐点までは2mm以上の電線を使用するとなっています


ブレーカーから第一分岐点まで2mmそこから5アンペアの回路と15アンペアの回路に分岐する
どうです
これのどこが悪いのですか
これで問題はありません
15アンペアのコンセントから15アンペアを超える電流を取り出す行為がいけないだけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/18 22:36

「安全率」が乗じられているので「普通」は問題無い。


でも「長時間」フル稼働させられると「発熱」して危険。
1つのコンセントに複数の大電流使用器具は挿さない事が必要。
分散しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早い回答有難う御座います。

お礼日時:2009/05/18 22:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三口延長ケーブルコンセントのアースについて

壁の二口コンセントに三口用の延長ケーブルコンセント(この延長ケーブルの先は二口コンセントです)を付けパソコンなどの三口コンセントをつないだ場合、アースは取れているのでしょうか?
壁にアース付きコンセントが付いていないと、結局アースはできていないのですよね?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当はアースした方が良いのですが日本の現状では止む終えません。
PCのアースピンには通常の人体保護用アースと内部のノイズフィルターのコンデンサー接地線が接続されているのですがアース無しで問題無く使用出来ます。
事実多くのユーザーがアース無しで使用しています。
海外勢アンプ等も3Pが多く2P変換アダプターを使ったり、実情を良く知っている人はアースピンを切断して使っています。

薄板中空なので簡単に切れダイレクトでスマートでむしろ確実な接続が出来ます。

アース付コンセントが設けられていたり、取り付け工事を依頼すれば当然ながらアース配線が行われます。

形状方式は異なりますが洗濯機のコンセントはネジ式ですが必ずアース配線が来ています。

便座コンセント等もそうですが全ては住宅会社や設計者の安全に対するレベルおよび注文主の指示の有無に関わる事で法令等で規定され安全先進国並になるのはまだ先のことです。

なお壁コンセントまでは電気工事士の資格が必要です。
プラグ以降は無資格で出来ます。

Q電子(電気)部品には、定格電圧が表記されていて、定格電流が表記されてい

電子(電気)部品には、定格電圧が表記されていて、定格電流が表記されていないものがあるのはなぜでしょうか?例えば、手元にある電気部品の電線(AWG24)の仕様には、定格電圧に300Vと表記されていますが、定格電流はありません。しかし、重要なのは、この電線がどれぐらいの電流に耐えられるかで、電圧は全く重要ではないと思うのですが。電圧がいくら高くても(たとえ500Vでも)、実際にこの電線の電流が少なければ(例えばμAオーダ)、問題ないのでは?

じつは、この疑問は、電気を勉強し始めてから、長い間もっていました。どなたかこの疑問にこたえていただけますか?

Aベストアンサー

電線については、導線の太さ(断面積)で電流値が決まります。
しかし、耐圧については被覆の厚みや材質によって変わりますから「定格電圧」の表示が必要です。
高圧用電線は、芯線(導線)が細くても被覆が厚い特徴があります。

Qアース付きコンセント

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変換できるアダプターを購入した話しを聞いたので、念のためにアース付きコンセントにしていたほうが良いのではと思い始めました。
3穴から2穴に変換するアダプターはありますが、その逆で2穴から3穴に変換するアダプターってないのでしょうか? 
海外旅行グッズで2穴を3穴にできるものがあったのですが、アースの所がプラスチックになっているようなのでそれでは肝心なアースの機能がないですよね。 でもそういったグッズがあるってことは3穴のコンセントに2穴のものを差すってことは良くないのでしょうか?

また、アース付きコンセントにするメリットとして、
落雷時の故障が防げる、 パソコン等からでる電磁波が軽減される ってくらいが思い当たるのですがいかがでしょうか?
もしアース付きコンセントを設置するなら水回りとパソコンを置く部屋にと思ってるのですが、他にお勧めの箇所はありますか? モデム等はウォークインクローゼットにまとめて置く予定ですがこちらも設置したほうが良いのでしょうか?
アース付きコンセントに変更すると一箇所4000円かかります。そもそも必要ないでしょうか?
まったくの素人です。 何かひとつでもアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。 

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変...続きを読む

Aベストアンサー

最初の質問は、機器本体にアース端子があればそれを繋げた方が安全ですが、アースなしでも使えます。ただし、感電の恐れはある事を承知する必要があります。

後の質問は、@ウラグだけ変換しても無意味です。アースしたいなら、本体とアース線を繋ぐ必要があります。本体にアース端子がない場合は本体を解像する必要がありますが、普通そこまでしないと思います。

Qポンプの定格電流について

5.5kwのモータの負荷と電流量の関係のグラフを見ていたら、
無負荷電流は定格量の1/4程度となっていますが、
その理由がわかりません。
ご教授ください。

Aベストアンサー

連続最大負荷電流を焼損電流の6分の一(安全率)にとっています
これがたまたま無負荷電流の約4倍

Q至急お願いします。アース端子付コンセント。

今日、パソコンを買ったのですが、
アース端子付のコンセントが必要であることが
わかりました。
自宅にアース端子付のコンセントがないのですが
市販のアース端子付のタップを使えば、
普通のコンセントでも、アース端子がつかえるように
なるのですか?

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

>パソコンにはアース線のみが付属していて
パソコン側の端子とコンセント側の

>電源ケーブル(コンセントに差込むほうは、
通常の2本で、パソコンに差すほうに三つ穴
があいています)とアース線になります。

今までの回答を拝見させて貰いましたが、

私の解釈ですが、電源を取るのと、電源以外にアースを取るのが、別と言う事ですか?

もし、別でしたら、その電源ケーブルで普通に電源を取れば良いだけです。

私は、自作ばかりですが、アース線は、取ったこと有りませんし、メーカー製を使っている人でも、私は、見た事ありませんよ。
よって、気にしない事ですね。

もし別でしたら、参考に、メーカーだけ、教えて欲しい位です。

Q電流試験装置の定格容量

当社製品の試験装置の仕様を検討しています。およそ10kA(20V)の交流電流をワークに流し,反応するまでの時間を測定するものですが,時間としては0.3秒以下と短いのでトランスや電線の許容容量でまともに設計すると装置が大きくなってしまうので,短時間定格(?)として考えたいのですが,どの程度を考えればよいのでしょうか?能力の10倍程度くらいは大丈夫との助言も聞くのですが,ホントに大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

#1です 補足します

銅損(内部抵抗)についても充分配慮が必要です

10KA流すには 線路抵抗が1mΩでも10Vの電圧降下を起こします、またその損失は100KWになります

また 0.3秒は15サイクル分です 定常状態になるのに何サイクル要するかも検証しておかないと、信頼できる測定はできません
1次巻線の抵抗も大きく影響します
また、定常状態ではなく過渡状態としての解析が必要かも知れません

電流に対して、抵抗が大きければ(インピーダンスが高ければ)定常状態になるまでの時間が長くなります

できるだけ実際の使用状況に近い条件で測定しないと、単に測定結果を提示するだけになってしまいます(製品の試験になりません)

Q台所のコンセントにアースは要らないのが最近の常識?

先日新築の家屋が完成し、引越ししましたが、台所のコンセントに電子レンジのアースをつなごうとしたらアースのない普通のコンセントでした。
建築の管理をした設計事務所に電話をしたら、最近の台所はアースのついていないコンセントが普通ですと言われました。本当にそうなんでしょうか。
ちなみに洗面のコンセントはアース付です。
たんに電気工事屋のミスではないかと思うのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
建築関係の人に聞いてみましたが、そんなことはありえないそうです。
水周りはアースしなければならない製品が多いですし。
洗面のアースは何故つけて、台所は何故つけないかを突っ込んでみましょう。
あと、家電店等でも情報を得て見てはいかがでしょう?
電子レンジの取扱説明書には必ずアースしてくださいと記入されているはずです。

Qコンパレータ(オペアンプ)の定格電流

コンパレータのメーカ仕様書を読んでいると、電圧に対する制限は記載されているのですが、電流制限は記載されていません。コンパレータ(オペアンプ)では、入力・出力の電流制限が無いのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと着眼点が違うような気がするのですが、本題に入る前にANo.1お礼欄への書き込みについてご回答しておきましょう。

>Max.Input bias currentが入力電流制限、OutPut currentが出力電流制限と考えるという事ですね。

後者はそう考えてもよいですが、前者は違います。
これは、入力に信号が入らないときに、入力段トランジスタに流れる電流(これをバイアス電流と言い、できるだけ少ないことが望ましい)のことで、「これ以上は流れない(最悪でもこれ以下である)」ことをメーカーが保証するものです。
(ただし温度のパラメータ。温度が上がれば増加する)

例えば、バイアス電流が25nAあるコンパレータの入力に1MΩの入力抵抗をつなぐと、利得1でも25mVのオフセットを生じます。
利得10なら250mVのオフセットを生じます。
オフセットを小さくするためには、入力抵抗を小さくすればよいのですが、小さい入力抵抗で使われることは、オペアンプの沽券に関わります。(^_^;)

このように、バイアス電流はコンパレータ(=オペアンプ)にとって重要な項目なので、メーカーは「これ以上にはなりませんよ」という値を保証するのです。
(スペックにはいろんなものがあって理解するのが大変ですね。(^_^;))

ところで、「後者はそう考えてもよい」と言いましたが、この「電流制限」には2通りの解釈があります。
ひとつは、質問者さんが心配している、「熱破壊の問題」です。
もう一つは、破壊にまでは至らないが、「十分な出力電圧が維持できなくなる限界値」です。
この後者の方を簡単に説明しましょう。

393のデータシートの中の「出力吸い込み電流」グラフ(5ページ)を見てください。
10mAくらいから急激に出力電圧が上昇しているでしょう?
これは、アンプが電流を吸い込む能力が限界に来たために、「必要なLレベル電圧値」を維持できなくなる現象を示しています。

逆に、吐き出し能力については、負荷抵抗が低くなり過ぎた場合など、能力が付いて行けなくなるため、「必要なHレベル電圧値」を維持できなくなって、目標よりも下がってしまうのです。
これらのスペックは、いずれも「最大電流」に関わるスペックですが、アンプの破壊とは一応無関係です。
(393には吐き出し能力がないことは、ANo.4に書いたとおりです。トーテムポール構成の出力段において、上側のトランジスタが吐き出し電流を受け持ちます)

さて、質問者さんが心配しておられる本題に入りましょう。
(質問者さんは、本当はコンパレータと抵抗の焼損の原因を調べたいのですね?最初からそのことを書いてほしかったと思います。わたしは単純に「コンパレータには電流制限が記載されていない」という質問かと思ったので、反例を挙げましたが、これは質問者さんが本当に知りたかったこととは違っていたのですね。(^_^;))

電圧が定格を越えたときに起きるデバイスの破壊は”絶縁破壊”の一種ですが、電流が定格を越えたときに起きる破壊は、電流そのものによる破壊ではなく、”電力損=ジュール熱”によるものです。
 P=EI=I^2 R
ですから、熱破壊の原因を調べるときは、データシートにある電流定格関係よりも、「最大電力(全損失):Pt」に注目する必要があります。
(393のデータシートには、Pt=350mW/440mW と記載されています)

質問者さんが、どのような条件下でコンパレータを使っておられるのかわかりませんが、もし本当に焼損の原因究明をしたいのなら、オシロを使って、各部の電圧・電流を観測することをお勧めします。
測定結果からコンパレータや抵抗の熱損失が計算できるでしょう。

配置も重要です。
近接配置した場合、お互いが暖め合って、設計上十分余裕があるはずのW数なのに焼損する、という事態が置き得るかもしれません。(^_^;)
                  以上ご回答終わり


inara1さん お久しぶりです。
IDが変ったので別の方かと思っていたのですが、相変わらずの見事な作図、そして懇切丁寧なご回答から、やはりあの方なのだな、と思いました。

コッククロフト回路では、お声掛け有難うございました。
ずっと関心を持って見ていたのですが、質問者さんの意図が見えないので、とうとうパスしました。
コンデンサのスペックを決めるのに、所望電流値を言ってくれなければ手の付けようがありません。
しかし的確な質問文を組み立てるのも結構大変なことでしょうね。

ちょっと着眼点が違うような気がするのですが、本題に入る前にANo.1お礼欄への書き込みについてご回答しておきましょう。

>Max.Input bias currentが入力電流制限、OutPut currentが出力電流制限と考えるという事ですね。

後者はそう考えてもよいですが、前者は違います。
これは、入力に信号が入らないときに、入力段トランジスタに流れる電流(これをバイアス電流と言い、できるだけ少ないことが望ましい)のことで、「これ以上は流れない(最悪でもこれ以下である)」ことをメーカーが保証するものです...続きを読む

Qコンセントにアース線がない場合は?

 先日、オーブン・電子レンジを購入いたしました。本体にアース線が付いており、アース線をコンセントに接続するように書いてありますが、コンセントにアース線を接続する所がありません。それに、延長コードを使用していますので、仮にコンセントまでアース線を引いて来れても接続できません。どうすればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジの接地は当初電波の漏れは箱を大地と同電位で輻射防ぐの意味と感電の意味が有りました、輻射は簡易接地は?です、「「これは難しい理論でシールドルームと同じです、」ですがパソコン等デジタル機器にノイズ止める可能性は有ります、これは地デジ等デジタル機器に影響も有るかも知れません
最近の住宅で感電は無いでしょう
接地工事は資格要りますが、レンジに昔同封のアース棒地面に刺す行為は資格要りません
あくまで資格とは接地極お工事です、これには法に見合った接地抵抗測定が有るからです。
洗濯機は水を使いますので、水道の接地とで感電が有るのでアースは必要ですが、レンジは乾燥した床材で触るので感電は有りません、メーカーはPL法で責任区分してますが、「故に自己責任範囲」
女性の場合、妊娠の場合はレンジの近くに寄らないことが良いですね。

Qヒューズホルダーの定格電流

ヒューズホルダーの定格電流について質問です。
定格AC250V/15A のヒューズホルダーを、
DC24Vで使用する時の(定格)電流値はどのくらいになるのでしょうか?
初歩的な質問かもしれませんが、計算方法等教えていただきたいです。

Aベストアンサー

すみませんが、意味が良く分かりません。
ヒューズホルダーで良いんですか?
ホルダーって、ヒューズの入れ物の事です。
単純に言えば、このホルダーに3Aのヒューズを装着すれば3Aまで、
10Aのヒューズを装着すれば10Aまで、というようなことになります。(厳密にはヒューズの溶断特性がありますが。)
電圧はDC24Vなので、問題ないですが、電流は、どのくらい流れるのか、回路によりますので分かりません。
電流容量が大きすぎると、ヒューズが溶断する前に回路を損傷してしまうことになり、意味がないですし、小さくしてしまうと、すぐにヒュ-ズが切れてしまって、これも意味がないものになってしまいます。
したがって、適切な値にしなければなりません。
まぁ、DC24Vで15Aを超えるような回路(機器)は、滅多にないと思うので、ホルダー事態は問題ないと思います。
回路が分からないと、ヒューズ自体の値もわかりません。
突入電流なども考慮しなければならないため。
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa131936.html


人気Q&Aランキング