知人が30ソアラ(平成3年のターボ車でAT⇒MT載せ替え)に乗っていてエンジンストールで悩んでいます。

車両仕様はエンジンノーマル、トラストエアクリ、マフラー、LSD、OSダブルクラッチ、コンピュータノーマル程度です。

現象としてはエンジンが暖まりエンジンブレーキ後に一時停止等でクラッチを切るとそのままストールしたりと、クラッチを切るとストールしてしまうようです。今まではそのような現象は無かったですが突然発生し困っているようです。
またエアクリは掃除しISCVは新品の状態です。

他に心あたりある方アドバイスください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうなるとちょっと簡単には直らないかも…。


と言うのも、一口にエンストと言っても色々な原因があり
一つ一つ潰していくしかないんですよね。

私が思いついたところでは、
・O2センサー
・アイドルセンサー
・ブローオフ(2次エア)
あたりが症状に合致する個所かなと。

あ、オーディオ、メーターの時計やTRIPがリセットされてしまいますが
一度ダメ元でバッテリーのマイナスを外してしばらく放置し
ECUのリセットをかけてみては?これならタダですし気軽に試せますよ。

この回答への補足

問題解決したようです^^
原因はECUの入力側車速センサーの配線の断線が原因でした。

有難う御座いました。

補足日時:2009/05/24 01:45
    • good
    • 0

エンジンストールが発生するようになったのは


ミッション乗せ換え直後という理解でよいのでしょうか?
それとも乗せ換えは随分前にやっていて、急に調子が悪くなったのでしょうか?

JZX100系はECUがATのままミッションだけ乗せ換えるとストールするようになるので
乗せ換え直後であればECUがATのままとか?と思ったので
(JZX100は配線加工で対策できるようですが)

この回答への補足

回答有難う御座います。
ミッション乗せ換え直後ではなく乗せ買えから4年経過していて、それまでは問題無かったようです。

補足日時:2009/05/16 16:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJZX100 AT→MT ミッション載せ変え後について

先日某車ショップでミッション載せ変えしたのですが
普通に60kmぐらいで走行してて信号で止まろうとするとエンジンストールします。それも数回それを車ショップに伝えると運転のしかたが悪いようなこと言われました。
アクセルで煽ってシフトダウンしてくださいといわれました。
教習所ではそんなエンジンブレーキは習ってませんw
結局自分で解決しなければならないのですが
そこで同じく載せ変えた方でこのように解決しましたなどアドバイスありましたらお教えください。また、解決策をお分かりの方居ましたらご教授いただければ幸いです。
違う某ショップではATからMTに変えた事によって流れなくなった信号を流せば解決しますって言われたのですが僕にはどの信号かわかりませんでした

Aベストアンサー

#7ですが・・・
まず、私の様に飯を喰ってるモノは、とりあえずCPUも交換し変化の度合いを診ます。多分ですが他の方が仰るように、カムやインジェクターの管理も、細かくセットが違ってると思いますから・・・CPUも換えた!それだけで完全に「MT車に成れる」とは思いませんね。ユーザーが貴方の様に「ノーマルMT車そのまま?」でないと、いけないと言うなら、予算までも変わってしまいますヨ。構造変更などとは別にEgコントロールに+aで
CPUはとりあえず、MTを抜いた車両の物か、同年式の物を交換して見ないと分かりませんが、少しの部分を残して良くなると思います。
ショップとしても、「運転でカバーしないとNGな部分が出るよ」と云うべきだったとは思いますが、フルコンで制御となると予算が14~8万円加算(勿論、現車セッティング)でしょうから、出来る限り低予算を提示したのでは?

Q30ソアラのエンジン 1JZと2JZの丈夫さ

おはようございます。
今回30ソアラを購入検討中でして疑問が出てきたので皆様の知恵をお借りしたく書き込みさせていただきました。

どこかの掲示板に「2.5L Tターボの1JZは丈夫ですよ」と書き込みがされていたのですが3.0Lの『2JZ』は1JZと比べると耐久度・丈夫さは低いのでしょうか?
自分は3.0Lを狙っているので気になりまして。。
ご存知の方いらっしゃったら今後の参考にさせて頂きたいので教えてください。
それともうひとつなんですが、前期型だと走行距離が10万k近くになるとデジタルパネルなどが突然消えるとの情報をよく見るのですがこちらの対処としての方法はディーラーに持っていくしかないのでしょうか?
自分で直せる範囲なら直したいのですが(・・
ディーラーだとやっぱりウン十万いくのでしょうか・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらもエンジン本体は 頑丈ですね!
下の方も言うように 水と油と~
燃料ラインですね あとバッテリーをケチらないことが大事ー!
これのターボは "3000キロまでに確実に交換してください" と
書いてありますので 一度でもサボると
タービンが焼ける可能性が出てきます。。。
どんなに頑丈なエンジンでも壊すかどうかは 乗ってる人次第ですよ
車の修理は 外装が板金塗装屋で エンジン機構が整備屋ですよっ
ディーラーは新車販売が専従ですからー。。。
メーターは解体屋で同じものを見つけると安いですねっ

雑学↓↓(笑)

トヨタエンジン型式 1JZ-GE と1G-FE等の * -G# と -F# * について

「G」:パフォーマンス ワイドアングルツインカム
プレミアム(ハイオク)ガソリンを使用するような高圧縮比・本格的な高回転のツインカム(DOHC)エンジンである場合は、型式に「G」の記号が付与される。給・排気バルブの挟み角は50°以上あり熱損失が大きいため、将来的には淘汰される方向である。

「F」:フューエルエコノミー ナローアングルツインカムまたは高効率エンジン
ハイメカツインカムをはじめとした高効率ガソリンエンジン、またはディーゼルエンジンで4バルブ方式のものが該当する。
ハイメカツインカムとは、トヨタの狭角4バルブDOHCの商標であり、スポーツツインカムに比べ、快活なイメージに乏しかった高効率エンジンのイメージを払拭するために名付けられた。
熱効率向上のためには燃焼室の表面積を少なく(燃焼室を浅く)する必要があることから、狭角4バルブ方式を採用した。接近した2本のカムシャフトの駆動に低騒音化に有利なシザースギアを用いたことから名づけられた(#A-FE型、#S-FE型等)。
コスト低減のためシザースギアの採用をやめた(現時点ではガソリンエンジンのみ)、非ハイメカツインカムの高効率型DOHC(例:#NZ-FE型、#ZZ-FE型、#AZ-FE型、#GR-FE型等)の場合に「F」の記号が付与される。
ディーゼルエンジンの場合は元来バルブ配置は並行であるため、カムシャフトの数や位置の如何にかかわらず、単に4バルブ化の区別となっている。そのためSOHCとOHVのものも含まれる(例:SOHC 1HD-FTE、OHV 15B-FTE)。
もともと2バルブでも十分高効率であったディーゼルエンジンが4バルブ化した理由は、低エミッション化の推進のため。
1VZ-FE等の場合フォーカムエンジン(4カムOHC)という呼び方もある。

どちらもエンジン本体は 頑丈ですね!
下の方も言うように 水と油と~
燃料ラインですね あとバッテリーをケチらないことが大事ー!
これのターボは "3000キロまでに確実に交換してください" と
書いてありますので 一度でもサボると
タービンが焼ける可能性が出てきます。。。
どんなに頑丈なエンジンでも壊すかどうかは 乗ってる人次第ですよ
車の修理は 外装が板金塗装屋で エンジン機構が整備屋ですよっ
ディーラーは新車販売が専従ですからー。。。
メーターは解体屋で同じものを見つけると安いですね...続きを読む

Q1JZエンジン不調

JZZ30ソアラのエンジン(1JZ)が不調です。症状はエンジンをかけると白煙が出ます。アイドリングが不安定で止まってしまうこともあります。で、掛け直そうとすると、なかなか掛からなくなくなり、かかると、ぼわって白煙が出ます。
エンジンが温まってくると白煙もとまり、調子が良くなる感じなのですが、どういうことなのでしょうか?
このような内容で申し訳ないのですが、これで何かわかる方がいれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

多分トヨタ特有のバルブシートからのオイル下がりをこしているようですね。

燃焼室にオイルが落ちてきていて始動時にそれが燃焼し白煙を出しているのでしょう。

エンスト後の始動不良はオイル消費によりプラグが汚れている為にかかりにくくなっていると思います。
調子が良くなるのは燃焼室たまったオイルが無くなり(白煙が止まる)燃焼によりある程度プラグが暖められるからです。

オイル下がりの初期症状ですので今後も乗り続けると考えられているのでしたら修理に出した方が良いかと思います。

QJZZ30 (2.5GT-T ) のホイールについて。。。

JZZ30 ソアラツインターボ の 17インチのホイールの適正サイズ
(7JJ 等 と オフセット) を教えてください

Aベストアンサー

当方、エンケイのデータブック2003{(http://www.enkei.co.jp/p_catalog.html)の2003}を所有しております。

Soarer JZZ30 が載っていました。

標準タイヤは、225/55R16 (直径654mm総幅233mmリム幅7インチ時)、標準ホイールは、7-16 オフセットは+50です。

この、標準の状態で、フェンダークリアランスはフロントで-12mm(12mm引っ込んでいる)、リアが-31mm ということです。

7-17 にする場合、オフセット+45 で、タイヤは 225/50R17 (直径658mm総幅233mmリム幅7インチ時)で、フェンダークリアランスはフロントで-7mm、リアが-26mm ということです。

8-17 にする場合、オフセット+45 で、タイヤは 235/45R17 (直径644mm総幅236mmリム幅8インチ時)で、フェンダークリアランスはフロントで-5.5mm、リアが-24.5mm ということです。

以上のデータから、全てのホイールとタイヤの組み合わせでのフェンダークリアランスの計算は出来ますね?
タイヤ幅は、リム幅によって違ってきますので、ブリヂストンのA4サイズのカタログを入手されますと良く分かるのですが、それでも JATMA / ETRTO と一致しているかどうかは分かりません。

リアにつきましては、リアのみ可のサイズで、
9-17 オフセット+45 で、タイヤは 265/40R17 (直径644mm総幅266mmリム幅9インチ時)リアフェンダークリアランス-9.5mmのマッチングが出ていますので、これより外に出すものであれば付くようです。

つまり、リアは、9-17 タイヤは 265/40R17 のオフセットは、+45~+36 です。(+36のリアフェンダークリアランス-0.5mm)

フロントインナークリアランスのための情報としては、
8.5-17 オフセット+45 で、タイヤは 235/45R17 (直径644mm総幅241mmリム幅8.5インチ時)が載っています。(フロントフェンダークリアランスは-3mm)
フロントインナーに関しては、最もすごくて、
8.5-19 オフセット+45、245/35R19 (直径655mm総幅248mmリム幅8.5インチ時)まで載っています。(ただし、フロントフェンダークリアランスは私の計算では+0.5mmフェンダーより外に出ています。)


以上の情報で、あとは自由自在に計算ができるはずですので、紙に断面図を書いてみて、あれこれ計算してみて下さい。


☆インナークリアランスのための情報とは、サスペンションや車両タイヤハウス内側に当たらないかどうかの判断材料になります。しかし、例えば19インチでマッチングが取れていましても、同じリム幅、同じオフセットの17インチでは、リム内側とサスペンションアームなどが干渉する場合もありますので、このあたりは、実際のお車を定規で測ってみるしかありません。(紙に断面図を書いてみますと、理屈が良く分かると思います。)

☆車高をローダウンしたりしますと、この手のお車の場合、大きくタイヤが引っ込みます。よって、上記は全て、ノーマル車高時のお話ですので、ローダウン時は、そのローダウンの程度とともに、専門ショップでのご相談となります。

☆リム幅とオフセットの計算で、分からなくなったら、
エンケイ(http://www.enkei.co.jp/t_know.html)
ブリヂストン(http://www.bs-awh.ne.jp/wheel_tips/size.html)


☆ためしに計算してみました。

7-17、タイヤは 225/50R17 のオフセット範囲は、フロント+49~+39、 リアは、フロントと同じ~+20

7.5-17、タイヤは 225/50R17 のオフセット範囲は、フロント+46~+42、 リアは、フロントと同じ~+23

8-17、タイヤは 235/45R17 のオフセット範囲は、フロント+47~+41、 リアは、フロントと同じ~+22

8.5-17、タイヤは 235/45R17 のオフセット範囲は、フロント+45~+43、 リアは、フロントと同じ~+24

9-17、タイヤは 265/40R17 のオフセット範囲は、フロント不可、 リアは +45~+36

 ☆オフセットの数字が小さいほど、タイヤは外に出てきます。


☆タイヤは、設計段階から、幅の寸法はモデルによって多少違います。ハイグリップスポーツモデルタイヤの場合、普通より幅が太い場合が多いです。よって、実際に付けたいタイヤのカタログを取り寄せたり、それでもカタログにリム幅ごとのタイヤ幅が載っていない場合は、メーカーに問い合わせることなども重要です。


☆ホイールリム幅の寸法の計算方法は、[25.4×ホイール幅+26]です。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2030051)の No.5


☆タイヤ直径が変わることによる車検適応の範囲の計算方法と、スピードメーター正誤表の作り方。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2185079)の No.3


☆ 5穴-114.3 という H-P.C.D. サイズです。現在、純正ホイールが付いています場合は、それに付いていますナットは使えません。M12×1.5 のナット20個が必要です。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2156470)の No.3
.

当方、エンケイのデータブック2003{(http://www.enkei.co.jp/p_catalog.html)の2003}を所有しております。

Soarer JZZ30 が載っていました。

標準タイヤは、225/55R16 (直径654mm総幅233mmリム幅7インチ時)、標準ホイールは、7-16 オフセットは+50です。

この、標準の状態で、フェンダークリアランスはフロントで-12mm(12mm引っ込んでいる)、リアが-31mm ということです。

7-17 にする場合、オフセット+45 で、タイヤは 225/50R17 (直径658mm総幅233mmリム幅7インチ時)で、フェンダー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報