プロペラ飛行機の周囲が空気ではなく、メタンガスのみだった場合
飛翔には問題なく飛ぶことができますか。

A 回答 (3件)

現在、地球上で飛んでいるプロペラ機をメタンだけの環境に


持って行っても飛ばないと思います。理由は下記2つです。

・プロペラを駆動するのがピストンエンジンにしろ、ガスタービン
 にしろ、内燃機関である以上、酸素が無いと運転不能です。
 このため大半の飛行機はこの理由で無理です。

・特殊な用途で電気モーターで飛ぶ飛行機もありますが、これも
 地球上の空気の中で飛ぶためのもので、メタンは空気の半分程度
 の密度しかありませんので、揚力を得るためには翼型、翼面積、
 飛行速度が同じ状態では飛べないと思います。また当然、プロペラ
 も同じ大きさ・回転速度では推進出来なくなります。

運航全てや動力に酸素を必要としない機体を作り、メタンに合わせた
(メタンの密度、マッハ数、レイノルズ数...)空力設計を行えば
飛べる可能性はあります。多分、現状のものより軽い構造、大きな主翼
でより高速で飛ぶ必要がある気はしますが。(重力が同じなら)

火星で飛ぶ飛行機・グライダーとかは計画されたりした様です。
http://wiredvision.jp/archives/199809/1998090206 …

同様に宇宙探査目的だと、メタンだけの惑星用に将来作られるかも
しれません。いつの話やら解りませんが...。
    • good
    • 0

電力でプロペラを回転させれば飛べる


ただし翼面積を1.8倍以上にしなければならない
翼面積を大きくしたことで期待の質量が増加するのでその分も考慮しなければならない
当然プロペラの翼面積も大きくしないと十分な推力が得られない

酸素が無ければならないという意見があるが逆に考えれば不可能ではない
酸素を積んでおきメタンを取り入れて燃焼室内で酸素とメタンを反応させればプロペラを回転させることが出来る

以上の理由から可能である
ただし人間のことは考慮していない

いかがでしたか(⌒▽⌒)
    • good
    • 0

酸素は無いので、まず飛行機のエンジンが動かないと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内燃機関について。(燃焼温度)

今内燃機関の勉強をしているのですが、
燃焼速度などの説明はよくかかれているのですが、
ふつうに燃焼温度という言葉が出てくるためよくわかりません。
学校の図書館で、燃焼温度について調べたのですがそれでもなかなかでてきません。
どなたか、燃焼温度について知っている人や、燃焼温度について詳しく載っているホームページを知っている人は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

物質が燃えている、または物質を燃やしているときの温度のことじゃないんですか?それでは意味が通じないですか?
同じ物質を燃やすときでも大気下と酸素を供給した場合とでは燃焼温度に差がでますね。

Qプロペラ式飛行機。A400Mと言うプロペラ式の軍用飛行機ですが、民間の

プロペラ式飛行機。A400Mと言うプロペラ式の軍用飛行機ですが、民間の旅客機がほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

プロペラ式飛行機にはどういう利点があるのですか?
A400Mのプロペラの形状は潜水艦のスクリューのような形ですが、どういった長所があるプロペラなのですか?

Aベストアンサー

こんにちは

> ほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

理由は他の方が回答してる通りですが、それに加えて"燃費"。
今のご時世、やれチリだハイチだ、って世界中にモノ運ぶのが現代軍隊
の宿命になってしいまいましたんで、燃費は重要なファクターっす。
でも、こいつ(A400M)に限らず、現在の輸送機ってほとんどが"ターボ
プロップ"エンジンです。で、このターボプロップって実は中身(主要部)
はジェットとたいして差はありません。(^_^;)

> A400Mのプロペラの形状は潜水艦のスクリューのような形ですが、どう
> いった長所があるプロペラなのですか?

少しでも速くなるようにって"祈り"を込めて、じゃなかった(^^ゞ 推進
効率がいい(高速域でも落ちにくい)形状みたいですね。

あと隣同士のペラで回転逆なんですよん!(参考 URLをご覧下さい)
Down-Between-Engines (DBE)とかいうもので、トルク偏向が無くなるのと
ペラ同士の後流が干渉して強い流れとなって、揚力が増すってメリット
があるみたいですね。へぇ~~ですよね。

参考URL:http://www.a400m-countdown.com/index.php?v=2&spage=7

こんにちは

> ほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

理由は他の方が回答してる通りですが、それに加えて"燃費"。
今のご時世、やれチリだハイチだ、って世界中にモノ運ぶのが現代軍隊
の宿命になってしいまいましたんで、燃費は重要なファクターっす。
でも、こいつ(A400M)に限らず、現在の輸送機ってほとんどが"ターボ
プロップ"エンジンです。で、このターボプロップって実は中身(主要部)
はジェットとたいして差はありません。(^_^;)

> A400Mのプロペラの形状は潜水...続きを読む

Q断熱燃焼温度について

断熱燃焼温度の求め方が分かりません。分かる方教えてください。

Aベストアンサー

具体例でお示しできれば分かりやすいのですが、大筋のみ書きます。

1) 燃焼前の物質のエンタルピーを求める。生成エンタルピーを事前に知っておく必要があります。
2) 燃焼時の圧力、温度を仮定して、その状態における平衡状態を求め、そのエンタルピーが1)で求めたエンタルピーと等しくなるように温度を変える。(断熱下の燃焼ですので燃焼前後のエンタルピーに変化はありません。)
3) 満足できる精度まで 2)を繰り返す。

ある温度と圧力における平衡状態を求めるには、燃焼時の素反応式を立て、反応前後で各物質数は変化しないことによる保存式と素反応の平衡定数から立てた式を連立して解くことになります。多くの場合非線形な連立方程式となるので数値的に求めることとなります。

Qストローに輪ゴムを通してプロペラで飛ぶ模型飛行機

ストローを適当な長さに切って、その中に輪ゴムを通し適当なプロペラで実際に空中を飛ぶ飛行機はありますか。

Aベストアンサー

いろいろありますよ
http://www.osaka-c.ed.jp/sog/kankoubutu21/kankoubutu2105/PT2009/102.pdf
http://zamcopter.web.fc2.com/rubber_band_helicopter.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ue6s-kzk/sub26.htm#sutorohikouki

Q薪ストーブ(触媒機)二次燃焼温度について

 イントレピッド2を使用しています。

 ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?(もちろん空気取り入れ調整弁は全開の状態です) それとも、温度が下がったら、いったんダンパーを開けて、再度触媒が働く温度(230度以上)に上げた方が良いのでしょうか?

 薪ストーブ導入してから1週間ちょっとの初心者です。先輩方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私はバーモンドキャスティング社のリゾリュートを使用しています。かれこれ20年近く経ちます。年に1度の煙突掃除やこまめの灰取りぐらいのメンテでも燃焼状態はほどほど良好です。信州の山間部なので6~8月以外は薪ストーブを使用しています。

>ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?
 まず問題はありません。私の場合にもこのような現象が見られます。状態がよい薪材(伐採後1年のほどよく乾燥したもの)を十分に燃焼している状態でダンパーを閉めると比較的高温のままの状態で燃やすことができます。二次燃焼とは温まった空気を間接的に取り込んで薪の燃焼状態を維持させる状態かと思います。直接取り込んだ空気で燃やすのに比べると薪を効率よく燃やし中低温で薪ストーブを長時間燃やせます。状態がよいと青白い炎で燃えているのが分かります。

>それとも、温度が下がったら、いったんダンパーを開けて、再度触媒が働く温度(230度以上)に上げた方が良いのでしょうか?
 それでもよいのですが、薪材や燃やし方によっては230度にもならない場合があります。まずは2~3本の薪が炎を上げて十分に燃えている状態で上から燃焼室が一杯になるまで薪を横の状態で足して入れます。そして2~3分後にダンパーを閉めて背面の空気調節弁(板)を下ろして閉めます。私は横面の空気取り入れ口(コイン大の丸穴)は開けたままにしておきます。

 私は、真冬に夜通し焚き続ける際にダンパーを閉めて薪ストーブを焚きます。夜中にトイレで起きる時など、ダンパーを戻して薪の状態を確かめると同時に次の薪を足してまたダンパーを閉めています。

 薪材にはドングリの仲間(クリ・コナラ・クヌギ・ミズナラ・カシなど)やカエデ・サクラ・ハンノキなどの広葉樹が適しています。マツ類(カラマツ・アカマツ・クロマツなど)は脂が出るので不適です。また、キリやシラカバなどは材が柔らかくて火持ちがしません。でも、理想的な薪材ばかりを調達することはできません。私は日中には松類を他の薪材と混ぜて燃やしていますが、ダンパーを閉めて燃やす際には松類は入れません。

 薪ストーブのある空間&生活をエンジョイしてください。

 私はバーモンドキャスティング社のリゾリュートを使用しています。かれこれ20年近く経ちます。年に1度の煙突掃除やこまめの灰取りぐらいのメンテでも燃焼状態はほどほど良好です。信州の山間部なので6~8月以外は薪ストーブを使用しています。

>ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?
 まず問題はありません。私の場合にもこのような現象が見られます。状態がよい薪材(伐採後1年のほ...続きを読む

Q液体空気で飛行機は飛びますか

液体になった空気をタンクに詰めて
それを一気に沸騰(気化?)させたとき
飛行機を飛ばすくらいの力は出せますか
どんな形の飛行機でもいいのですが 人が乗れるものです

また、それをミサイルなどに搭載し、飛行させることは可能ですか
それも、車を大破させるくらいの攻撃力で です

Aベストアンサー

圧縮した空気を気化するには、外気の温度を使います。
すでに実用化されている自動車用の圧縮空気エンジンでは、気化させた空気でレシプロエンジンを回し、ピストンの圧縮行程で外気を圧縮、高温化させ、圧縮タンク内の空気と熱交換しさらに気化を促すという仕組みのようです。これを飛行機に応用しようとすれば以下のようなことが課題になると思います。
・圧縮タンク、エンジンを出来るだけコンパクトにする。
・ソーラー飛行機のように主翼を十分大きくし、滑空性能の良い機体を設計する。
・プロペラを効率良い形状にする。
・エンジンは上昇時のみに使う(場合によっては滑走路からの離陸能力は考えない)

Qグラファイトの燃焼温度

市販グラファイトを大気中で昇温すると何度くらいで燃焼が始まりますか?

グラファイトの耐熱性が2000℃であるという記述も見かけたのですが、それは不活性なガス中で昇温した場合でしょうか?

詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

これ、↓によるとグラファイトは3750℃付近で「昇華」するそうです。
http://msds.chem.ox.ac.uk/GR/graphite.html
(オックスフォード大学のサイト)

Q飛行機の飛ぶ理由

飛行機の飛ぶ理由が翼上面の速さが速くなり、圧力が下がり、上向きの揚力が発生するからというベルヌーイの定理の説明が誤りだということがわかりました
それは、翼の上下に分かれた流れは後縁において同着しないので、ベルヌーイの定理が使えないから誤っているのか、
同着しないので翼上面の空気の速度が早いといえないから誤っていると言われているのか分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

"翼の上下に分かれた流れは後縁において同着しない"
まず、ここまでは正しいです。ですが、"翼上面の速さが速い"というのも事実です。とすれば、ベルヌーイの定理で揚力の説明ができます。

"同着しないので翼上面の空気の速度が早いといえない"、これは正しいとは言えませんね。

Qメタンガスによる発電、、

私は以前、あるテレビ番組で一般の方が家庭で、メタンガスによる
発電システムを作っているのを見た事が有ります!
さて、
メタンガスによる発電とは、どのような物なのでしょうか?
環境には、優しい物なのでしょうか?
コストや技術と云った面から見るとどうなのでしょうか?

宜しく、お願いします!

Aベストアンサー

 まず、メタンガス(CH4)は天然ガスの主成分です。その他、家庭では、生ゴミの処理で発生させることが出来ます。ので、装置などを買えば、安価に得られる原材料です。燃焼効率は、炭素に対して水素の含有量が多いので、特に低温燃焼のエネルギー効率が大きい。(炭素は燃焼の発熱は大きいのですが、燃焼温度が高いのです。ph:ろうそくを燃やすとき炎の上部に紙を当てると煤がつく。つまり、炭素の燃焼温度が高いため、ろうそくの燃焼温度では、炭素は燃焼できず炭素単体の析出=煤となります。)
 発電は普通の火力発電と同じで、メタンの燃焼→ボイラーの水から水蒸気への変化→体積の急激な増加→発電用蒸気タービンを回転→発電となります。
 上記のように炭素成分が少ないため、ほぼ完全燃焼(煤:Cの単体やCO「一酸化炭素」をださない)で速やかに水と二酸化炭素になる。ただ欠点は、体積当たりの発熱量が少ないのです。
 天然ガス(LNG)専用の燃焼発電器が必要となります。
 運転経費は安く、環境にやさしいシステムですが、設備がハイコストなのです。

Q飛行機が飛ぶ訳

「飛行機はなぜ飛ぶか」という質問に対して
翼の断面と空気の流れ(ベルヌーイの法則)を示した解説をよく見かけますが、
適切な説明ではないと思うのですが…
あの断面の形は飛行機の性能を高めるものだと思いますが、四角い板を切っただけの翼でも飛行機は飛びますよね?
昔、「ラジコン技術」で整形してない板の切れっぱしやテーブル等なんでも飛ばしてる記事を見た記憶があります。
(たとえば中学生ぐらいの子に)もっと簡単な説明の仕方がありそうな気がしますが?

Aベストアンサー

#5.8です。

ベルヌーイの法則では、上部が丸くなっている必要はありません。翼の断面のあの形は、理論的に最もロスの少ない形であるというだけのことです。

結局必要なのは、前方を上げる「仰角」です。この仰角により風の流れに変化が起こる。簡単に言えば「風をはらむ」ということです。
単に上は距離が長いので速度が遅い、下は速度が速いという説明は適切ではないと思われます。

こちらが詳しいかと思いますので、ご覧ください。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/a-cubed/lift/chapter2.html#sec2.2.1

参考URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/a-cubed/lift/chapter2.html#sec2.2.1


人気Q&Aランキング

おすすめ情報