クライスラーが破綻した時は連邦破産法の保護下で運営させる事が好感が持たれ円安に少し円安になりました。
GMが破綻した場合はどうなるのでしょうか?リーマンの時と同じように株が急落し円高の傾向に進むのでしょうか?
ちなみに政府はクライスラーと同様にGMが破綻した場合は連邦破産法の保護下で設立する新会社に資産を売却し、早期再建を目指す方針を明らかにした

A 回答 (1件)

http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=DI20 …
「GM倒産の推定損失額は、約338億〜458億ドル。むしろ試算できない実体経済への影響のほうが心配」
誰もが言っていますが、クライスラー社の破綻はGMの予行練習でした。
今度は、ずっと製造業の頂点だったGMであり、債務はクライスラーの4倍と巨額であり、心理的な面を含め予測ができないのが実体です。
当面は円高に振れると思いますが、アメリカ経済が悪くなれば再び日本を含めた世界経済が悪化する危険性をはらんでいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円高 海外投資マネー の関係

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/stock_market/?1327804330


このニュースはこれからのユーロに対する円の相場に関係するのでしょうか?

為替の上がり下がりの原因は何かということを考えたことがないのでよくわかりません。

わかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

こういうことはあまり下手なことを言えないのですが、

まず、
ECBが大量の資金供給=> ユーロ安につながっているのが1つ(※1)。

それでユーロ不安が緩和されたので、
世界的な金融危機不安が少し和らぎ、世界中の投資家さんは少し安心して
市場に投資ができるようになりました(私は不安ですが、リスク許容度の高い金持ち投資家達の話です。)。

で、世界の市場に目を向けてみると、日本の株が割安だよねと。
(12月の下落傾向には、びっくりさせられました。。。)

じゃぁ、ちょっと不安なくなったし、日本株に投資するか。
となると、海外通貨で日本円を買うので、円高圧力になります。

しかし、
記事にあるように海外の投資家は短期的に利確をしたがる傾向にあるので、
海外マネー流入(日本株が割安だ!!)

株価上昇+円高圧力(※2)

海外マネー逃げる(十分儲けたし、帰るか)

株価下落+円安圧力

って流れになると思います。

※1のユーロ安圧力 > ※2の円高圧力 という関係があるから
2012月1月期はユーロ安傾向なのでしょうか?そこらへんは推測でしかありません。


以上です、
個人的には、2012年1月期の株価の上昇は怖くてできる限り早く、株式市場から撤退しようと思ってます。(あくまで個人の考えです。)

こういうことはあまり下手なことを言えないのですが、

まず、
ECBが大量の資金供給=> ユーロ安につながっているのが1つ(※1)。

それでユーロ不安が緩和されたので、
世界的な金融危機不安が少し和らぎ、世界中の投資家さんは少し安心して
市場に投資ができるようになりました(私は不安ですが、リスク許容度の高い金持ち投資家達の話です。)。

で、世界の市場に目を向けてみると、日本の株が割安だよねと。
(12月の下落傾向には、びっくりさせられました。。。)

じゃぁ、ちょっと不安なくなったし...続きを読む

QGM・クライスラーが破綻しましたが、フォードは?

フォードの経営状態はどうなのでしょうか?

BIG3は突出した労務費が問題となっていたとお思いますが、GMクライスラーが破綻して労務費引き下げが起こるとなると、フォードの労務費が一社でますます突出すると思います。

Aベストアンサー

>フォードの労務費が一社でますます突出すると思います。
そんなことないと思いますが….フォードもUAW(全米自動車労組)とで労務費の引き下げで合意しています.

米フォード、UAWとの合意で年間5億ドル節減を見込む
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-36932620090311
>変更合意により、フォードが今年4万2000人の労働者に支払う平均時間給は約55ドルに減少する。海外競合メーカーが米国で支払う平均時間給は48―49ドル。

ちなみにGMは…
米GM:UAWとの合意、フォードの倍以上の経費節減を予想
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=agQmwxR2S2wo
よくわからんけど,おそらくフォードの給料と同水準って感じだと思いますよ.


>フォードの経営状態はどうなのでしょうか?
GMやクライスラーと違って自力で社債を発行するだけの信用があります.比べるのも悪いくらいにGM・クライスラーよりマシです.
米フォード:社債11億ドル発行-GM、クライスラー尻目に
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aywEVPuoAt0c

まあ赤字の傾向は続いていてまずい状況にいるのは間違いないですが.
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200904250065a.nwc
ただ破産はないと予想しています.

>フォードの労務費が一社でますます突出すると思います。
そんなことないと思いますが….フォードもUAW(全米自動車労組)とで労務費の引き下げで合意しています.

米フォード、UAWとの合意で年間5億ドル節減を見込む
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-36932620090311
>変更合意により、フォードが今年4万2000人の労働者に支払う平均時間給は約55ドルに減少する。海外競合メーカーが米国で支払う平均時間給は48―49ドル。

ちなみにGMは…
米GM:UAWとの合意、...続きを読む

Q普通預金感覚の海外投資信託

海外投資信託に興味を持っていますが、まったく知識がありません。
FXなどはハイリスク・ハイリターンですが、海外投資信託はそんなに
リスクが高くないのかなと思っています。

1.FXならすぐに現金化できるのですが、海外投資信託は何年間か預けっぱなしになるのでしょうか。

2.普通預金感覚で入出金できる海外投資信託というのはないでしょうか。

3.最低いくらぐらいの資金から始めることができるのでしょうか。

4.FX同様、証券会社に資金を預けるのでしょうか。
  市中銀行に海外投資信託のパンフレットが置いてありますが、
  銀行は証券会社との仲立ちをしているだけでしょうか。

以上4点について回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

>一応、現物株、FX、日経先物、ワラントの経験はありますので。

疲れてしまったなら、無意味なアドバイスになりますが、少しだけ。

単純にお金を増やそうというのであれば、現物株、FX、日経先物のほうがコストが安くて結果もでるでしょう。
投資信託は他人任せなので、その分のコストがかかります。チャートでハラハラの代りに、「これだけ手数料を取って、何と言う成績なのだろう。」と思うようになるかもしれません。ハラハラからイライラです。
とくに「市中銀行に海外投資信託のパンフレットが置いてありますが、」こういうものは、その傾向があるかもしれません。

オフショアファンドというのは、「市中銀行に海外投資信託のパンフレットが置いてありますが、」と違うと思うのですが、また、普通預金感覚とは無縁のものでしょう。

一番普通預金感覚に近いのは外貨MMFですが、低レバレッジのFXロングポジション保有の方がコスト面ですぐれていると思います。

Qクライスラー破綻

アメリカのクライスラーが破綻することになりましたが、
もしも、再帰なく破綻していた場合、
経済的にどのような影響が出ていましたか。
詳しい方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

もしも再起なく破綻した場合とあるので、今回の米連邦破産法11章の適用を質問者さんは指していないと思います。
その場合は、約5万4000人の社員が一気に失業し、全米の工場が閉鎖されます。部品を納品する企業は売掛金を回収できません。
下記サイトでは、
「失業者は100万人規模に上るとのエコノミストの試算」など、
連鎖倒産が起これば、リーマンショックと同等の爆弾になり、株価下落をはじめ世界経済は再び失速します。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/249427/

Q海外投資の利益

最近、海外投資で得た利益が国内生産の輸出で得られる利益を超えたと報じられています。
海外投資とは具体的にどのような種類の投資を言っているのでしょうか?
海外で生産する。不動産投資、円キャリートレードぐらいしか思い浮かばないのですが
色々な種類の海外投資があるとしたらその割合はどのくらいのなのでしょうか?
又、海外で生産することにより現地人に雇用をもたらしていますが反対に
日本国内ではリストラされたり派遣労働のような低賃金の人が増えています。
海外投資で得た利益はどのような形で日本経済に貢献し還流しているのかよく分かりません。
利益は一部の会社に滞留しているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本経済不振の要因は、国際競争とは関係なく、
日銀や政府のマクロ経済政策の失敗と言われる事が多いです。
しかし経済が不振に陥ると、相手がアメリカであれ中国であれ、
外国を脅威とする見方が必ず登場します。
こういったものがただナショナリズムと敵意を煽るだけで、
何も解決策に結びつかないのではないかという心配もあります。

>最近、海外投資で得た利益が国内生産の
>輸出で得られる利益を超えたと報じられています。
まず、国際収支の黒字と企業の黒字(利益)は、
ペンの黒字と企業の黒字くらい(?)異なる言葉です。
貿易や投資収益等の国際収支が黒字の国(経常黒字国)というのは、
資本がそれだけ海外に流出している意味であり、
海外から資本流入が国内からの資本流出を上回れば、
アメリカのように経常赤字になります。

で、最近になって黒字幅が大きくなったのは、
海外の投資収益(と雇用者報酬)を計上した所得収支です。
所得収支が大きくなった要因は、第一にはこれまでの
経常黒字の蓄積で対外純資産が世界一の規模になっていること、
第二には石油価格の上昇で貿易黒字が一部相殺されたこと、
第三には短期的な円安によって海外資産の円換算の
価値が上がったため、というのが考えられます。
所得収支の受取分が商品の輸出額を上回っているわけではないので、
投資立国時代が到来したというのはまだどうかなとも思いますが。

・日本の国際収支
経常収支 +25.0兆円
---貿易収支 +12.4兆円(輸出80兆円 輸入67兆円)
---サービス収支 -2.3兆円
---所得収支 +16.3兆円
---経常移転収支 -1.3兆円
資本収支 -21.9兆円
---投資収支 -21.4兆円
------直接投資 -5.7兆円
------証券投資 +12.7兆円
------その他投資 -17.5兆円
---その資本収支 -0.5兆円
外貨準備増減 -4.3兆円
誤差脱漏 +1.2兆円
(2007年暦年速報値、財務省より)
(国際収支の関係式は
経常収支 = 貿易収支 + サービス収支 + 所得収支 + 経常移転収支
経常収支 + 資本収支 + 外貨準備増減 + 誤差脱漏 = 0
経常収支 = 貯蓄 - 国内投資 = 対外純投資
経常収支 = 輸出 - 輸入 = 純輸出 = 対外純投資)

>海外で生産する。不動産投資、
>円キャリートレードぐらいしか思い浮かばないのですが
>色々な種類の海外投資があるとしたら
>その割合はどのくらいのなのでしょうか?
対外投資には、企業の海外進出やM&Aの(1)直接投資と、
株式や国債(公債)・社債など経営権に関わらない(2)証券投資、
銀行融資などの(3)その他投資があります。

金融の細かい取引内容については私は全く知りませんが一応言っておくと、
日本の場合は直接投資よりも証券投資が大きく、
証券投資の中では、株式の割合は意外と低く、債権の割合が大きいようです。

地域でみると、証券投資では経常赤字体質のアメリカ、EU、
中南米への資本輸出が中心になっています。
直接投資では、アメリカ、EU、中南米に加えて、
簡易な加工作業の生産拠点を求めた
東南アジアや中国への進出も見られます。
世界最大の対外純資産と所得黒字を誇っている日本ですが、
資産当たりの収益率が低いという批判もあります。

所有者で見ると、一般企業や家計ではなく金融機関が大きく、
投資信託、保険・年金基金、銀行などが大きい対外資産を抱えています。
通商白書によると、「我が国の対外債権の最大の保有者は金融機関であり、
家計が直接保有している対外資産は少ない。
ただし、金融機関預金の約3分の2は家計が保有しており、
海外投資を行っている企業への家計からの株式投資なども考慮すれば、
対外資産の最終的な最大保有者は家計であると言える」
とのことです。
・通商白書2006「少子高齢化と所得収支の拡大」
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2006/2006honbun/html/i3413000.html

・日本の所得収支
所得収支 +16.3兆円
---投資収益 +16.3兆円
------直接投資収益 +3.5兆円
------証券投資収益 +12.1兆円
---------配当金 +1.2兆円
---------債券利子 +10.9兆円
------その他投資収益 +0.7兆円
---雇用者報酬 0.0兆円
(2007年暦年速報値、財務省より)

・日本の対外資産残高
総額 558兆円
--直接投資 53兆円(アメリカ35% EU26% 豪州3% 中南米9% ASEAN11% 中国7%)
--証券投資 279兆円
-----株式 61兆円(アメリカ44% EU30% 豪州3% 中南米8% ASEAN1% 中国2%)
-----債権 218兆円(アメリカ31% EU39% 豪州2% 中南米17% ASEAN0% 中国0%)
--その他投資 117兆円
--------貸付 83兆円
--------現・預金 12兆円
--外貨準備高 106兆円
(2006年末、主要な項目のみ、日本銀行より)

>又、海外で生産することにより現地人に雇用をもたらしていますが反対に
企業投資の海外移転は、騒がれているほど
大きい規模なのかどうかは一考の余地があります。
一方では、製造業の東南アジアや中国への移転によって
2~300万人の雇用が失われたと言う人がいます。
ただ、東南アジアや中国の2~300万人の人件費というのは、
日本の数万人~10万人の人件費に相当しており、
たとえ東南アジアや中国の労働者の人件費を圧縮したとしても、
日本の総労働者の0.1~0.2%位の規模にしかならないかもしれません。
(それに製造業の雇用は生産性が上がったために減少したというのもある)

ニュースの時事性というのもあります。
例えば松下、中国に新工場とかいうのはニュースになり、
対してファナック、○○県に新工場というのは時事性に劣りますが、
記事の多さは量的な投資規模を表しているわけではありません。
投資立国と言われる割には、日本企業の海外への直接投資の規模は、
先進国中最低レベルにあります。
逆に、日本で外資系企業が担っている雇用の割合も
先進国中最低レベルにあります。

・対外直接投資ストックのGDPに対する比率
日本 10.3%(うち2/3は先進国)
アメリカ 18.0%
イギリス 62.6%
フランス 48.3%
ドイツ 34.7%
オーストラリア 30.0%
(2006年、UNCTADより)

また、例えばある企業が東南アジアに
簡易な加工作業を移転しなかったとしても、
別の企業が東南アジアで生産を行って価格競争力を得ることで
その企業が淘汰されるか、または労働者が東南アジア並の
賃金(50~100円/時とか)で働く必要が生じたりして、
結局のところ格差の防止には繋がりません。

逆に、東南アジアや中国に簡易な組立工程を移動させることで、
川上にある国内工場の高度な部品・機械の生産高が上がり、
日本の産業が活気付く場合もあります。
新興市場の需要も一部の企業にとっては欠かせない存在になっています。
特に日本の場合は、アメリカやEUと比べ
高度な生産を自国、廉価な加工を東アジアと
国際分業を行う地の利があります。
分業の必要性の乏しい産業でも、規模のメリットを活かすためには
海外事業を拡大する必要があります。
日本の貿易は従来の単なる加工貿易ではなく、
産業内貿易、企業内貿易への転換が進んできています。

>日本国内ではリストラされたり派遣労働のような低賃金の人が増えています。
トータルの雇用水準は総需要で決まり、
日本の失業は国内の需要不足で説明されます。
海外への資本移動は国内の失業者を増やすかというと、
証券投資等に関してはそういうわけではありません。
不況期には、金利を引き下げることで
内需を刺激すると共に、低金利を取ることによって
海外に資本を移動させて為替レートを減価させ、
輸出を拡大して総需要を回復させるのも1つの処方箋です。
なお、一定水準以上に雇用がもたらされた国では、
インフレを懸念して中央銀行が金融を引き締めるため、
結局同じくらいの失業者がはき出されます。
トータルの「雇用創出」には日銀の責任が大きいです。

グローバル化と格差の関係には、意見に隔たりがあります。
各国が比較優位にある産業に特化した方が、
各国の「平均的」な所得水準は改善されますが、
一部の労働者がその変化の過程で一時的または
長期的な不利益を被る可能性はあります。
しかし、格差問題にはグローバル化以外の要因も
大きい事も指摘できます。アメリカでは、技術変化に伴って、
熟練労働者と非熟練労働者の需要がアンバランスになって
所得格差が拡大していると言われます。
日本のワークプアは、90年代からデフレ(通貨収縮)によって
経済機能が混乱した影響が大きいように思えます。
サービス産業の効率の悪さと、未熟な社会保障システム、
非正規労働者の職業訓練機会、女性の育児期間の失職も、
低賃金の重要な要因となっています。

海外の低賃金が脅威という場合には、
賃金や為替レートも動くことを考慮する必要があります。
賃金が不当に抑えられているから低賃金なのではなく、
それだけの生産能力しかないから低賃金になっています。
1日2ドル未満で暮らす絶対的貧困人口が20億人も存在し、
電気も水道も冷蔵庫も洗濯機もない生活を送っているのを考慮すれば、
「格差のない社会」に戻ろうと言う人の
「格差」の範囲は限定的な地域でしかありません。
しかし、途上国でも日本と同じくらいの生産性になれば、
日本と同じくらいの賃金水準になることは可能です。
逆に、日本の平均的な競争力が衰えたと仮定しても、
為替レートが下がってコストが安くなるため、
延々と失業者が排出され続けることにはなりません。

>海外投資で得た利益はどのような形で
>日本経済に貢献し還流しているのかよく分かりません。
国際収支上の海外投資収益が増えれば、商品輸出の増加と同様に、
外貨獲得によってより多くの輸入品を得るか、
海外の資本を日本に呼び込む余剰ができます。
ただ、GDPの2%位の投資収益黒字が経済に果たす役割は、
それほど根幹的とはいえないかもしれませんが。

個々の主体が海外の投資で得る利潤は、国内と変わりません。
個人の資産が豊かになるか、政府や年金の資金振りが良くなるか、
金融機関や企業の資金振りが良くなって、
投資が拡大するか、実質賃金が上がります。

所得も高まるのですが、海外からの所得の純受取は、
GDP(国内総生産)には含まれておらず、
GNI(国民総所得)(昔のGNP(国民総生産))には含まれます。
GDPよりもGNIを重視するべきだと政府は言っています。

配分はどうなっているか、私は全く分りませんが、
05年には金融機関が9.4兆円、家計が2.8兆円、政府が0.9兆円、
非金融法人が0.2兆円といった試算がありました。
・第一生命経済研究所:所得収支の黒字拡大が国民所得を押し上げ
http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr07_21.pdf

>利益は一部の会社に滞留しているのでしょうか?
金融資産についてはいつでも国内に有り余っており、
金融機関にはとてつもない金額が滞留していますが、
それでも国内への投資の機会を見いだせないため、
余剰分の一部を海外に投資している状況です。

日本経済不振の要因は、国際競争とは関係なく、
日銀や政府のマクロ経済政策の失敗と言われる事が多いです。
しかし経済が不振に陥ると、相手がアメリカであれ中国であれ、
外国を脅威とする見方が必ず登場します。
こういったものがただナショナリズムと敵意を煽るだけで、
何も解決策に結びつかないのではないかという心配もあります。

>最近、海外投資で得た利益が国内生産の
>輸出で得られる利益を超えたと報じられています。
まず、国際収支の黒字と企業の黒字(利益)は、
ペンの黒字と企業の黒...続きを読む

Qクライスラーの破綻

クライスラーが「連邦破産法11条の適用を申請した。」とニュースで流れました。破綻しましたが、再建を目指すと言うのがよくわかりません。

・倒産とはどう違うのでしょうか?
・この破綻でクライスラーはなにを得たのでしょうか?(借金帳消し?)
・この破綻でクライスラーはなにを失ったのでしょうか?

Aベストアンサー

破綻した原因は、
・売れる車作りを怠った事と
・債務が過大になりすぎた事
によるのでしょう。

破綻しました、じゃ工場閉鎖するから従業員全員解雇!なんてことになったら、より一層の経済情勢悪化に繋がるとの判断がある。

その為、債権者が持つ債権の内のかなりの部分を帳消しにしたり、労働組合との協約の縛りから逃れる手段として、破産法11条を申請した。
コレにより債権者も譲歩をしなければ、再建の望めない破綻となりそうすれば債権は紙くずになる。
紙くずに成るぐらいなら、何割かで妥協した方が得策と判断する。

そうすればクライスラーの抱える債務が少なくなり、フィアット?との提携も促進が見込める。
フィアットと提携して、小型車(今売れる車)作りの技術を取り入れてクライスラーの売れる車を市場に送り出す。
クライスラーの車が売れるように成れば、再建成功

となるわけですが・・・・・
フィアットとの提携が成果を現すまでに、クライスラーの効率化や意識改革、車作りの改善が可能かどうかは微妙だと思う。

一気に破綻させるのは影響が大きいので、徐々に規模縮小して行きどこかの自動車メーカーの一部門になりやがては、歴史に成るのではないか?と勝手に推測

あ、質問の本旨ね
・得たモノ
 債務の削減と政府からの資金援助の見込み
・失ったモノ
 ステータスとか信頼とかはとっくに失っているので、改めて失ったモノは無いんじゃないのかな?
 債権者側は、借金のボー引きさせられたのだから失ったモノは大きいだろうけど

破綻した原因は、
・売れる車作りを怠った事と
・債務が過大になりすぎた事
によるのでしょう。

破綻しました、じゃ工場閉鎖するから従業員全員解雇!なんてことになったら、より一層の経済情勢悪化に繋がるとの判断がある。

その為、債権者が持つ債権の内のかなりの部分を帳消しにしたり、労働組合との協約の縛りから逃れる手段として、破産法11条を申請した。
コレにより債権者も譲歩をしなければ、再建の望めない破綻となりそうすれば債権は紙くずになる。
紙くずに成るぐらいなら、何割かで妥協し...続きを読む

Q海外投資のいい方法は?

国内株はしばらくあまり上がりそうな気がしません。
外貨預金や外貨MMFにはおもしろみを感じないのですが、
何か海外投資をするのにいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

一つの手段としては、ヘッジファンドを利用する方法があります。

それはつまり「レバレッジを効かす」「他人のお金を利用する(取引量を増やす)」投資手法を、プロの手を借りて実践しながら海外分散投資する方法です。

私は投資歴5年ですが、パフォーマンスは非常に良いです。投資に関しては元来が人任せで(時間がない)、投資信託を中心に運用していましたが、運用成績は日本のサラリーマン・ファンドマネジャーとは雲泥の差があります。何しろあの金融危機ですら乗り切ったのですから……。

超富裕層だけを相手にする印象が強いですが(昔はそうだったかもしれませんが)、意外と手ごろな金額から始めることが可能です(特に積立投資は)。私は約200本の中から10本を選べるファンドに投資中です。よいヘッジファンドや、よい投資助言会社の選び方は下記のサイトが詳しいです。「みんなの海外投資」(海外ファンド・ヘッジファンド購入で失敗しないためのノウハウ集http://www.minkaigai.com/archives/533

ミソはやはり上げ相場でも下げ相場でもリターンを上げるところで、私は比較的ミドルリスク・ミドルリターンのファンドを選んでいます(マネージドフューチャーズなど、ボラティリティの高いのは面白いけど怖い)。この世界では「ベンチマークさえ上回れば成績はマイナスでもいい」(相場が下がったのだから仕方がないと開き直る)という理屈は通用しません。

私はもうヘッジファンドに絞って(それだけで十分に国際分散、時間分散効果がある)、気長~~に、もち続けてお金持ちになるつもりですよ((*^∇^*)〃

参考URL:http://www.minkaigai.com/

一つの手段としては、ヘッジファンドを利用する方法があります。

それはつまり「レバレッジを効かす」「他人のお金を利用する(取引量を増やす)」投資手法を、プロの手を借りて実践しながら海外分散投資する方法です。

私は投資歴5年ですが、パフォーマンスは非常に良いです。投資に関しては元来が人任せで(時間がない)、投資信託を中心に運用していましたが、運用成績は日本のサラリーマン・ファンドマネジャーとは雲泥の差があります。何しろあの金融危機ですら乗り切ったのですから……。

超富裕層だけを相...続きを読む

QGM破綻???

GMが破綻と、今新聞を読みました。
しかし、内容を見ると「60~90日ほどで復活する」といった内容が書かれていました。
復活するなら破綻しなくていいのでは?と疑問に思いました。
「国有化」などということも書いてありましたが、正直意味がわかりません。
どなたかわかりやすく説明していただけませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

GMを普通の企業が倒産するように放っておくと、関連企業の連鎖倒産、不良債権の連鎖、失業者の増大、などが起こり市場に任せておいては米国の経済システムを破壊してしまいかねないような存在で、いわゆる「大きすぎて潰せない」企業なのです。
またGMの利益の多くが金融で儲けを出しており、車会社の皮を被った金融企業のような事まで言われているところでした。その為、米国の金融バブルがはじけたこの状況下でGMも他の金融系企業と同様にバブル崩壊によって、多大な損出を出しているのです。
そんなこんなで米国は国有化によってこの問題に対処しているという事です。

また、国有化されたからといって、その後民間企業として利益を出し大企業としてやっていけるかというと「打ち出の小づちでもなければ無理なのではないのか」というのが多くの人の見解です。

ただ米国は、これまで機密としていた軍事技術で、転用可能なものをGMへ流しているそうです。またGMは90年代電気自動車の開発も行っています。米国の新興企業にはプリウスの10倍とも言われる燃費性能を持った電気自動車が販売されています(まぁ燃費が10倍なら価格も10倍という高級自動車ですが)。
米国は国家を挙げてGMを復活させようとしているという事で、さあどうなるのかと言ったところですね。

GMを普通の企業が倒産するように放っておくと、関連企業の連鎖倒産、不良債権の連鎖、失業者の増大、などが起こり市場に任せておいては米国の経済システムを破壊してしまいかねないような存在で、いわゆる「大きすぎて潰せない」企業なのです。
またGMの利益の多くが金融で儲けを出しており、車会社の皮を被った金融企業のような事まで言われているところでした。その為、米国の金融バブルがはじけたこの状況下でGMも他の金融系企業と同様にバブル崩壊によって、多大な損出を出しているのです。
そんなこんな...続きを読む

Q新生銀行の海外投資

新生銀行は、海外投資で失敗。
多くが焦げ付いた・・・という話を聞きました。

具体的に、どういうところ(金融商品?)に投資したのか知りたいと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ詳しくは新生銀行のIRをごらんになってご自分でお調べになるのがいいと思いますが….
http://company.nikkei.co.jp/disclose/disclose.aspx?scode=8303

まあ,自分で見た限りの印象を今から書いていきます.

主に新生銀行が出した損失の中で主なものが3つ
(1)CLOに関する損失
(2)アセットバック関連の損失(サブプライム関連証券の損失はここに含まれます)
(3)リーマン関連の損失
以上3つとなっております.上から順に損失がでかいです.

(1)の補足
ここでいうCLOというのはハイリスクの貸付債権を担保にした証券商品のようです.(たとえば,ベンチャー企業に貸したローンみたいな)このCLOの出した損失が800億円程度のようです.主にアメリカ・欧州にぶっこんでいたみたいです.付け加えると格付け会社に高評価をいただいた証券しか買っていなかった模様です.なのに大損益をだしてしまった.

(2)の補足
ここでいうアセットバックはRMBS債(サブプライム関連)とCMBS(商業不動産ローンを担保にした証券)の2つのようです.
意外かもしれませんが新生銀行はこの分野に関しては外国よりも日本に投資している模様です.まあ,それはともかく新生銀行は格付け会社にAAAおよびAAを付けられたRMBSしか買っていなかった模様ですが150億円のRMBSがほぼ無価値になってしまっているのが印象的です.

RMBSの時価価値(2008年→2009年)
アメリカ
150億円→1億円弱
欧州
7億円→1億円
以下に格付け会社がでたらめなのかよくわかりますね….

CMBSはRMBSほど悲惨ではないので省略します.(それでもかなりひどい状況ですがね)


まあリーマン関連については何も補足することないんで省略.
結局新生銀行の海外投資は格付け会社に高評価をもらっているものに金をぶっこんで(なぜか)大損害をだしたというのが結末みたいで….

まあ詳しくは新生銀行のIRをごらんになってご自分でお調べになるのがいいと思いますが….
http://company.nikkei.co.jp/disclose/disclose.aspx?scode=8303

まあ,自分で見た限りの印象を今から書いていきます.

主に新生銀行が出した損失の中で主なものが3つ
(1)CLOに関する損失
(2)アセットバック関連の損失(サブプライム関連証券の損失はここに含まれます)
(3)リーマン関連の損失
以上3つとなっております.上から順に損失がでかいです.

(1)の補足
ここでいうCLOというのはハイリスクの貸...続きを読む

Q【財政再建】財政再建案に効率化って胸を張って言っている経済ジャーナリストがいますが、財政再建に効率化

【財政再建】財政再建案に効率化って胸を張って言っている経済ジャーナリストがいますが、財政再建に効率化ってあるんですか?

なにを効率化するんでしょう?

Aベストアンサー

財政再建の効率化は、金貸しを喰わせろと言っている仕組みの事を指しているように思います。詰まり効率化する事は、金貸しの抹殺になってしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報