「粗利をあげるためにどのように解りやすく説明する方法(例など)を教えて下さい。

1.1年間で4,250,000の粗利をあげるための例え話など
2.1時間で2,300円の粗利をあげるための例え話など

以上の2点について初心者に解りやすく説明したいのです。
どうか、ご教授をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>製造業の売上原価は、単純に「材料費+人件費(加工・組立費)+設備投資+原価償却費+広告宣伝費+営業費用」と考えればよろしいのでしょうか?


製造業の場合は直接と間接に分けなければなりません。
労務費でもネジを締めた場合は直接労務費として製造原価に、販売やその他の業務に携わった場合は間接労務費として販売費及び一般管理費に仕訳しなければなりません。
減価償却費も同じく直接と間接に仕訳します。
余談ですが減価償却費は経費として計上し税金の控除対象となりますが、資産の償却と言う観点では実質上税金の繰り延べに過ぎません。即ち税金の分割後払いです。詳しくは減価償却費の本を一冊お読み下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

間接費や原価償却費等、色々難しそうな言葉が出てきましたが、大変参考になりました。ますます、会計処理についての知識不足を痛感しました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 18:30

maki0315さんの職場が製造業ならば工業簿記の参考書を。


小売業であれば商業簿記3級程度で十分です。
その中の貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を憶えて下さい。
損益に関してはP/Lは公式と同じなので常にイメージとして憶えておくと仕事以外でも役に立ちますので便利です。
業種や景気により大きく異なりますが、一般的に売上総利益は30~60%、営業利益20~30%、経常利益10%、税引後純利益2~5%程度です。目安として憶えておくと便利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

大変参考になりました。とういった参考書を購入すれば良いのかまでご指導していただき本当に助かりました。

お礼日時:2009/05/18 18:25

No.6です。



>「売上原価」はその物を作るために掛かった費用のみを指す。
そのとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

「売上原価」の言葉の意味が解ったことは本当に自分の大変な進歩です。

皆様のお陰です。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 07:41

こんばんは。

NO.3で回答した者です。

>「利益率10%」と説明した場合、逆に「原価率90%」です。という説明で間違いはないのでしょうか?

それで大丈夫です。
質問者さんの理解がNO.5さんあたりからだいぶ進んでいるように思えますが、出てくる言葉をもう少し理解しないと相手に説明するのに無理が出てくると思います。

業種にもよりますが、売上高や売上原価、製造原価、販売管理費などの言葉に含まれる勘定科目をもう少し覚えるととみなさんが回答してくれたことがもっと理解出来ると思いますよ。

自分も理解してないけれど、相手に説明しなければならない立場になった、ということなのかもしれませんが、いい加減に教えると相手のためにもなりませんからね。

最初はちんぷんかんぷんでしょうけれど、がんばってくださいね。
厳しいことを言いまして、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

皆様の暖かいご教授で何とか少し説明する準備が出来てまいりました。
自分自身でも十分に勉強してから、誤解を与えないような説明が出来るように頑張ります!!

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 07:34

No.6です。



 仰せの項目のうち、広告宣伝費と営業費用は売上原価の中に含めてはなりません。これらは「販売費及び一般管理費」に属するもので、社長の役員報酬等々と同類項のものです。
 「粗利」から「販売費及び一般管理費」を差し引いた残りのことを「営業利益」といいます。

 ちなみに、さらにこの後、営業外損益と特別損益を加減して純利益を算出することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ。

ありがとうございます。
だんだん理解できて来ました。「売上原価」はその物を作るために掛かった費用のみを指す。

上記のとおりの解釈でよろしいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/17 19:40

 すでに先達が回答され、繰り返しになりますが・・。



 粗利とは、「売上高」から「売上原価」を差し引いたものです。
 売上原価とは、「売上高」の基となる商品や製品を得るのに要した経費です。単に文房具を仕入れてそれを売るだけなら仕入値のみが売上原価でしょうし、材料は仕入れるが、自前でそれを用いて加工・組立などをして商品・製品に仕立て上げた場合には、材料の仕入値のほかに、商品・製品の製作に直接かかわった従業員の人件費や動力費や製造設備の減価償却費などが売上原価に加わります。

 で、粗利の金額が会社の設けとして残りませんよねぇ。まだ何か払わねばならないものを忘れていませんか。そうです、社長に役員報酬を払わねばなりません。総務部・経理部の社員にも給与・賞与を払わねばなりません。さらに、こういうホワイトカラー族が使う電話料金や電気代なども、社長の交際費も支出として出ていきますね。その挙句に残った金額を「純利益」といいます。
 この「純利益」の大きさに応じて税金をもっていかれます。喜んで払いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変参考になりました。一つだけ教えて下さい。
製造業の売上原価は、単純に「材料費+人件費(加工・組立費)+設備投資+原価償却費+広告宣伝費+営業費用」と考えればよろしいのでしょうか?
間違いを教えて下さい。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/17 17:29

『企業が5,000,000の売上を出す為には原価となる商品を仕入れなければなりません。


仕入れに伴う原価はざっと見積もって50%かかります。
差し引き粗利は2,500,000となります。
この粗利から、あなた達の給料、その他諸経費を差し引きますと最終利益率は約5%です。
250,000が皆さんの努力の結果企業に貢献したお金なのです。
僅か250,000のお金を稼ぐ為には5,000,000の売上が必要なのです。利益を出す為には、経費と言う犠牲が必要である認識を持って下さい』
・・・超簡単ですがこんな程度で如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

単純考えると売上から原価を引いて「粗利」
そのあらりから「費用」を引いて「利益」
と考えても誤りはないのでしょうか。

また、製造業でいう原価とは、例えばソフトウェアを製造し販売する場合ですが、
原価 = 開発設備投資費用+開発費用(人件費)+宣伝広告費+販売費
こうゆう具合になると単純に考えても間違いないのでしょうか?

お礼日時:2009/05/17 17:06

売上高-仕入原価=売上総利益(粗利)です。



仕入原価=期首商品棚卸高+仕入高-期末商品棚卸高です。
売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益です。

営業利益-営業外損益=経常利益です。
経常利益-特別損益=税引前当期純利益です。

これから税金を差し引いて当期純利益です。


製造業の場合は原価計算の必要があるので少し異なります。

超簡単な損益計算書ですが・・・概略はこんなものです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

製造業の場合は、仕入原価のところが異なってくるのでしょうか?
例えば、車を製造する場合だと、仕入れた部品代金+製造代金等(労務費や下請け企業への支払金)を単純に仕入原価に置換えて考えれば間違いないのでしょうか?
以上です。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/17 16:56

こんにちは。



本当に初心者向けの説明です。
(経理の人間が新人営業の人間に説明する場合と思ってください)

「何をいくら売れば利益が出るのか」ということを説明するということを前提で・・・。

質問者さんの会社が利益率10%だとすると1年間で42,500,000円の商品を売上げないといけません。
そうするとおのずと1カ月で、1日でいくら売れば、ということは解ってもらえると思います。(利益率は計算しやすいように10%に設定しただけです)

あとは売る商品の売れ筋や商品単価によって、営業戦略も変わってくるでしょう。

1時間単位の説明は・・・うまく例が見つからないので。。。
中途半端で申し訳ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ。

確かに解りやすい説明でありがとうございます。
ご回答の内容からすると「利益率10%」と説明した場合、逆に「原価率90%」です。という説明で間違いはないのでしょうか?

良く解っていないのですが、ご教授をよろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/17 16:44

 粗利益とは売上高から売上原価を引いたものです。



すなわち100円で仕入れて120円で売ったら20円が粗利益ですね。
粗利益を上げるためには安く仕入れて高く売ることです。

No1さんに逆らうようで申し訳ないんですが、No1さんの求めて射るものは純利益だと思います。営業費用、営業外費用は粗利益には関係ありません。

 たとえば1のたとえ話だと

年間に1575万円仕入れて2000万円売り上げたら年間425万円の粗利益ですね。その425万から人件費、減価償却、交通費・・・・すべて引いてプラスなら黒字、マイナスなら赤字ということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に理解しやすいです。下記のとおりと考えれば良いのでしょうか?
・1食、500円の牛丼を1年間で40,000食販売しました。 → 2,000万円の売り上げがありました。
・その牛丼を1食、約394円で40,000食販売しました。 → 1,576万円
の費用がかかり支払ました。

その結果、粗利は424万円となりました。
ゆえに、売り上げ高に対する粗利率は69.8%です。
上記のような説明で間違いないのでしょうか?
以上です。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/17 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q粗利とはなんですか

例えば私が中古車を仕入れて販売しているとします。
その場合100万円の車を仕入れて 150万円でうるどどれが粗利なのですか?

また一般的に粗利が高いビジネスはなんですか?

Aベストアンサー

単なる商品売買であれば売価と仕入原価の差額が粗利です。
お書きの内容だと50万円がそれにあたります。

又、製造業になると、材料の買い入れ価格に「製造にかかった費用」も含めたものが売上原価になります。

粗利は要するに、商品として販売可能な状態のものに、いくら上乗せして実際に販売したか・・・を知る材料となります。

ただし、一般管理費や販売費等は算入されていないため、これだけで「儲け」を即判断することは出来ません。
原価率が低くても販売費がかかる商品も有りますし、その反対もあります。

今急いで検索してみましたが、5年程前の中小企業のデータがヒットしましたので宜しければご覧ください。

参考URL:http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2c5kaaj.htm

Q粗利の話。みなさん色々な業種で働かれていると思いますが、粗利の利率はどの商品も同じにしていますか

粗利の話。

みなさん色々な業種で働かれていると思いますが、粗利の利率はどの商品も同じにしていますか?

安い商品と高い商品があるとします。

安い商品の粗利率が10%だとします。高い商品の粗利率も10%ですか?

それとも高額商品の粗利率は高く設定して売っていますか?

それとももともと高い商品は儲けが多いので粗利率を下げて売っていますか?

金持ちからお金を多くとっても良いという心理で高額商品には高い粗利率。安い商品は貧しい人が買うかもしれないので安い粗利率にしている?

どういう粗利率設定にしているのか教えてください。


私のところは安い商品、高い商品の粗利率は同じで、オプションを高粗利率にして商売をしています。

みなさんのとこはどうですか?

業種も教えて貰えると嬉しいです

Aベストアンサー

決めて決まるものなら企業はありがたいですが、
すべて結果で決まります。
一応実績からそれなりの目標値を決めますけどね。

Q低価法採用のメリットとは?

原価の評価において低価法を採用するメリットとはなんでしょうか。自分でも調べてみたのですが、原価法と低価法どちらを採用する方が良いのか理解出来ませんでした。分かり易く解説してもらえませんでしょうか。
またhttp://www.rakucyaku.com/Koujien/M/D03/D300100には、「この方法を採用すると、期末棚卸高が少なくなり、売上原価が多くなるため、いわゆる粗利が少なくなり、 その期の法人税の負担を軽くすることができます。」とありますが、逆ではないでしょうか。原価が低くなると粗利は高くなる筈ですが・・・。この部分がどうも納得出来ないので、解説お願い致します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

●低価法を採用するメリットとしては
・B/S上では適正な財政状態が反映できる
・P/L上では継続企業を前提とする保守主義の観点からは評価損計上が望ましい
・税務上は損金を計上することによって、法人税の負担を圧縮できる(資金の早期回収)
等があると思います。

●原価が低くなると粗利は高くなる筈ですが・
売上原価は「期首商品+当期仕入-期末商品」で計算します。低価法は期末商品が対象なので期末商品が低価法により圧縮されれば、必然的に売上原価が大きくなり、粗利が圧縮されることになります。

Q粗利率の計算方法

教えてください。

基本的な算数で恥ずかしいのですが、

粗利率を何%で計算してください。
など言われると・・・
計算の仕方がわからなくて困っています。

例えば、
30000円で仕入れたものを、粗利率22.7%で、
計算する際はどのような計算なのでしょうか?

30000÷?=?

Aベストアンサー

粗利益率が22.7%と言うことは、原価率が77.3%ということなので(1-0.227)、
原価である30000円を77.3%で割り戻せば、38809円という数字が出てきます。
電卓でやれば、30000÷0.773=38809となります。


38809円に粗利益率22.7%を掛ければ、粗利益8809円が出てきますし、
38809円に原価率77.3%を掛ければ、原価である30000円と確認できます。

Q棚卸未実現利益がマイナスとは?

簿記の初歩も殆ど理解せずに、連結会社の財務諸表を読んでいます。

その中で、棚卸未実現利益という費目があるのですが、色々サイトを見ながら考え、以下のように理解しています。

例えば、親会社から子会社に、売上原価100円の商品を120円で販売。
しかし、その商品は社外に売れず、社内に残っている。
そこで、売上原価に20円プラスすることで、グループ間の取引で生まれた未実現利益20円分を消去している。

この場合、売上原価に未実現損益+20円と載っているのは理解できます。



一方で、未実現利益(未実現損益)がマイナスになっている場合もみかけました。
これは、一体どういう状態なのでしょうか?

割賦販売とかそのあたりが絡んでいるのでしょうか??


具体例を交えてご教授いただけると幸いです。

Aベストアンサー

これは締めてみたら関係会社に赤字で売っていたということでしょう。

関係会社同士の取引価格は、多分年度始めや原価変動時に取り決めてその後一定期間は同一価格でしょう。その当初価格が赤字販売ということは普通は少ないでしょうね。
でも決算で締め切った後で、結果的に赤字販売になったということは理論上はあることです。

その場合は内部利益ではなくて内部損失と言うことになります。従って未実現損失がそこに生じるということになります。

あまり望ましい事情ではありませんが。

Q青色申告?解りやすく教えてください。

来年度から個人事業主になります。
「事業経費」はその事業を営み利益を売るために掛かってしまう経費だという意味解ります。「青色申告特別控除」解りやすくいうとどのようなものでしょうか?
出来るだけ専門用語使わないで解りやすく教えていただけないでしょうか?
解りやすい具体的な例などあると助かります。

Aベストアンサー

NO1です。質問の意味が十分のみ込めてなかったようですね。
具体的な事業主の事例として、食料品小売店で説明します。小売品目の食料品等は仕入で経費になります。仕入れするための自動車の燃料代とか店舗、冷蔵庫等の電気代とか、商品の包装紙とか電話代とか従業員の給料とかその他諸々の事業に必要なものが経費になります。売上から仕入を引いてそれから諸々の経費を差し引いて、青色申告特別控除を引いて所得となります。この所得から基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除等の控除を引いて課税所得となり、課税所得に税率を掛けて声楽となります。税率は課税所得の金額により違います。累進課税といって課税所得が高くなるほど、税率も高くなります。
青色で申告できる項目は事業所得、不動産所得です。事業所得は商売とかほとんどの事業が該当します。不動産所得とは貸家、アパート等です。
以上簡単な説明ですが、如何でしょうか?また、分からなければ言って下さい。

Q棚卸しとは

会社などに、棚卸。という言葉
がありますが、棚卸しっていったいなんでしょうか。
在庫があってりるかの確認ですか?
どの職業にもあるのでしょうか?
なぜ、四半期にあるんですか?

Aベストアンサー

棚卸は帳簿での在庫と実際に現実にある在庫の差を見つけ、帳簿と実際の在庫をあわせることをいいます。
ものを扱っている企業には必ずあります。会社で使用する文房具ではなくて、会社が売っている商品です。文房具などは消耗品なので必ずしも棚卸するとはかぎりません。売り物のことです。

目的は
・物流の面からは帳簿と実際の在庫をあわせること、また不一致の原因の追究。
・経理的には期首棚卸在庫高+仕入-期末棚卸在庫高を売上のために減った分とみなし、売上に対しての原価とすること
・半期、四半期単位で決算を行う場合には利益を算出しなければならないため、結局売上高から上の原価を引いて粗利を算出する。
・会計報告上棚卸が必要だから。
・不正、たとえば万引きや横領があった場合に棚卸を行わないと帳簿だけで動かしている場合は不正が発見できない。だから実地で棚卸を行う。


大体こんな理由があります。

Q固定資産税や減価償却や償却資産について解りやすく知りたい。

固定資産税や減価償却や償却資産について解りやすく知りたい。
管理職で標題の言葉をよく耳にします。
しかし営業一筋ですので詳しくは解りません。今更ながら聞けません。
ネットで調べても文字ばからで、その中にはまた知らない言葉ばかり…
解りやすいサイトや本がありましたら教えて下さい。
知りたい内容は、言葉の意味その物ではなく、この処理をする事で会社にとって何がいいのか、何の義務があるのか等です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

※固定資産税とは。
固定資産と名がつけば会社の資産(財産)なのです。「例えば,あなたの家の固定資産税を毎年納付しているのと同じことです。」
ですから会社も固定資産税を納付しなければならないのです。

※固定資産には。
(1)有形固定資産「土地・建物・構築物・機械及装置・車両・工具器具備品」土地・建設仮勘定は減価償却しません。他は減価償却します。と

(2)無形固定資産「営業権・特許権・借地権・商標権・施設利用権・長期前払費用「未経過保険料・前払賃借料・ネオン権利金・看板権利金・不動産権利金」減価償却しない,があります。

(3)(1)の固定資産には土地・建設仮勘定以外は耐用年数があります。この耐用年数に見合った減価償却率があります。これをそれぞれの固定資産に乗じて(例)建物×減価償却費=残存価額(残存価格でもOK)を出します。

※例えば5,000万円で事務所を建てました。固定資産税が50万円だとすればこれを納付し続けることになります。
取得価格     償却率   償却額      残存価額
50,000千円×(0,063=3,150千円)=46,850千円・・・・このように毎年計算をすれば残存価額に税額を乗じて少ない固定資産税を納付する。つまり会社は無駄な費用が使わないで済むわけです。
固定資産税は国が定めた税であるので,必ず納付しなければならないのです。
P/L・B/Sを作成するとき,費用(経費)・資産・負債・資本の科目が出てきますが,これらの勘定科目を理解していなければ作成できません。
教本等の内容を見ても,例として事務用消耗品としか掲載されていません。私たちは例えば事業主貸・事業主借とは何か?を知りたいがぜんぜん掲載されていない。そう言いながら事業主貸・事業主借の勘定科目を使用して例題にしています。私は思います。事業主貸←この科目は資産か負債かを説明して例題に掲載されたらいいと思います。
事業主貸=資産勘定。事業主借=負債勘定
例えば,小さい会社で従業員の給与が200,000円でした。しかし会社は現金では150,000円しか支払えない,後の50,000円は事業主が出します。つまり事業主貸になります。事業主は債権を得たのです。参考まで。

※固定資産税とは。
固定資産と名がつけば会社の資産(財産)なのです。「例えば,あなたの家の固定資産税を毎年納付しているのと同じことです。」
ですから会社も固定資産税を納付しなければならないのです。

※固定資産には。
(1)有形固定資産「土地・建物・構築物・機械及装置・車両・工具器具備品」土地・建設仮勘定は減価償却しません。他は減価償却します。と

(2)無形固定資産「営業権・特許権・借地権・商標権・施設利用権・長期前払費用「未経過保険料・前払賃借料・ネオン権利金・看板権利金・不動産権利金...続きを読む

Qプレッジ、ディスバースとは?(グロス、ネットとの関連で)

 グロスとネットについては、
質問QNo.383661 「グロス」「ネット」って?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=383661
のNo.2及びNo.4で理解できました。

 そのほかに、
プレッジやディスバースという概念がありますが、正確には理解しれきていないところです。グロスとネットとの関係も含めて、ご教示くだされば幸いです。

Aベストアンサー

英語で言うグロスとは、大体まとめてこのぐらい!とか、まとめてこれぐらいっという意味です。
例えば、利益計算で粗利がありますが、これを英語でグロスプロフィットといいます。一方、ネットは、日本語で言うところの「正味の」という意味です。何かの概念が入ってきて、その概念を勘案すると、ネットでいくら?ということになります。例えば、税金分をネットして考えなさい!ときたら、税金のことを勘案してください!っと言う意味です。ネットアセットは、いくらですか?っときたら、資産から負債額をひいた正味の資産という意味ですから、負債分を勘案して資産を出しなさいという意味です。プレッジとは、通常、担保のことを言います。何かを担保物件として差し出したのかもしれません。ディスバースは、支出ということですが、私が良く見る英語では、キャッシュ ディスバースメント(現金払い)で出てきます。何か良くわかりませんが、金融を受けたか、または、金融して現金を貸し付けたのか、プレッジという言葉が出ていますので、担保金融したか、されたかどちらかではないでしょうか?この2つの言葉は、あまり深い意味はないと思いますが、ネットとグロスは、会計では良く使う言葉ですから、理解した方が良いでしょう。

英語で言うグロスとは、大体まとめてこのぐらい!とか、まとめてこれぐらいっという意味です。
例えば、利益計算で粗利がありますが、これを英語でグロスプロフィットといいます。一方、ネットは、日本語で言うところの「正味の」という意味です。何かの概念が入ってきて、その概念を勘案すると、ネットでいくら?ということになります。例えば、税金分をネットして考えなさい!ときたら、税金のことを勘案してください!っと言う意味です。ネットアセットは、いくらですか?っときたら、資産から負債額をひいた...続きを読む

Qコンビニの粗利って?

コンビニで売られている商品の粗利ってどれくらいですか?
勿論商品によって違うのは分かりますが・・・。

30%くらいというような話を聞いたことがあるのですが(15%だったかな)。。

Aベストアンサー

>参考URLのロイヤリティーをご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2


人気Q&Aランキング