養神館合気道の故・塩田剛三氏について質問なのですが、
どうして塩田氏は合気会から独立してしまったのですか?

また、開祖・植芝盛平氏に対して批判的な意見を述べていたそうですが、
具体的に何で(著書やビデオなど)述べていたのかわかりますか?
著書・合気道人生では批判的な意見は全く述べられておらず、
むしろ植芝氏の神業を絶賛していたのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>塩田氏が開祖と不仲になったために独立したのかと思っていたのですが、


>独立は二代目になってからだったのですね。

いいえ、独立は昭和30年ですから開祖逝去前です。(開祖逝去は昭和44年) 言葉足らずのところがあり申し訳ありませんでした。戦後、合気会本部の中心的指導は藤平先生でしたが、吉祥丸氏は度々そうした発言をしていたようです。一部指導することはやっていたそうですが、もともとは会社勤めをしていて合気道とは距離を置いていたそうです。「定時に会社に行き、定時に帰ってくる生活が理想」と述べていた方です。しかし、やはり時には植芝家として発言することもありました。そして二代目を継承した時に態度が一変してしまった。それは表向きの顔とはまた異なっています。

また塩田先生が開祖と不仲になったというのも少し違うと思います。独立後に合気会で催しがあった際に塩田先生は出席されていますが、遠慮して端のほうにいたところ、開祖から「こっちにいらっしゃい」と言われ、集合写真も開祖のすぐ近くに座っています。開祖は塩田先生の力量を認めていたのだと思いますし、塩田先生があちこちで植芝道場の宣伝をしていたことも知っていたと思います。塩田先生も道場の中心に植芝先生の写真を掲げていました。

塩田先生より早く、既に昭和6年に戦前の弟子の望月稔先生が静岡に道場を開いていますが、この時は植芝先生自ら道場開きに出席されています。ですから必ずしも弟子が道場を開くことに反対というわけではなかったようです。(望月先生は植芝先生より大東流の巻物を贈られ、養子縁組の話ももちかけられた)

合気道史について詳しくお知りになりたいのなら、「合気ニュース」のバックナンバーを読まれることをおすすめします。合気ニュースは合気道と大東流の専門の季刊誌で、合気道史研究家のスタンレー・プラニン氏が編集していました。合気道、大東流各派の名だたる先生方のインタヴューから構成された雑誌でしたが、単に発言をそのまま載せるだけでなく、事情通のプラニン氏の編集、解説が生きていて、非常に分かりやすい誌面になっています。現在、合気ニュースは、季刊誌「道(どう)」という名称に変わり合気道以外の武道、武術の記事も含まれた内容になっていますが、今でも合気ニュースのバックナンバーは大書店に置いてあるところがありますし、またネットでの購入、国会図書館での閲覧も可能です。

私がNO.3において述べたことも合気ニュースに掲載されてきた記事内容と矛盾していないと思います。特にNO.3の冒頭部分は、合気ニュースのインタヴューにおいて塩田先生が発言したものです。合気道諸先生方のインタヴューは「植芝盛平と合気道」(合気ニュース)に収められていますが、旧版では詳しいところが割愛されています。「決定版 植芝盛平と合気道」(I、IIとも)のほうが核心部分に触れた内容になっています。

特に、合気ニュースにおいて藤平光一先生のインタヴューを載せることは最大のタブーであったようです。合気会の主たる先生方の取材インタヴューの掲載があらかた終わった後に記事にされていました。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

塩田氏の独立の経緯だけでなく、望月氏や藤平氏のことまで
詳しく説明してくれてありがとうございます。

塩田氏を始め、藤平氏、望月氏など、名だたる高弟たちはほとんどが独立してしまっているので
どうしてそうなってしまったのか疑問だったのでとても参考になりました。

>また塩田先生が開祖と不仲になったというのも少し違うと思います。独立後に合気会で催しがあった際に塩田先生は出席されていますが、遠慮して端のほうにいたところ、開祖から「こっちにいらっしゃい」と言われ、集合写真も開祖のすぐ近くに座っています。開祖は塩田先生の力量を認めていたのだと思いますし、塩田先生があちこちで植芝道場の宣伝をしていたことも知っていたと思います。塩田先生も道場の中心に植芝先生の写真を掲げていました。
そういえば養神館には開祖の写真が飾られていますね。
独立した後に書かれた著書でも開祖を褒め称えていますし、
不仲というわけではなかったのですね。

望月氏が養子縁組の話まで持ちかけられていたというのは知りませんでした。
元々望月氏は講道館出身ですし(もっとも、高弟は全員講道館出身ですが…)、
独立して当然なのかなと思っていたのですが、
道場開きにも開祖は出席されて、しかも養子縁組まで持ちかけられていたのですね。

>合気ニュースにおいて藤平光一先生のインタヴューを載せることは最大のタブーであったようです。合気会の主たる先生方の取材インタヴューの掲載があらかた終わった後に記事にされていました。
藤平氏が二代目だけでなく、開祖からも冷遇されていたのは知っていましたが、
インタビューすらタブーだったとは知りませんでした。
藤平氏の説明する合気道はとてもわかりやすく、
呼吸法や鍛錬の間違いまで実体験を交えて惜しみなく説明してくれていたので
とても参考になりましたし、尊敬していただけに残念でなりません。

何度も詳しく説明してくれてありがとうございます。
とても参考になりました。
合気ニュースは購読しようかどうか迷っていたのですが、
これを機に買って読んでみようと思います。

お礼日時:2009/05/20 09:54

養神館設立の経緯については、「決定版 植芝盛平と合気道 I 」(合気ニュース)の塩田先生のインタヴュー部分や、「合気道修行」(竹内書店新社)に詳しく書いてあります。



合気会側の著した合気道史には書いてありませんが、敢えて書くことにします。終戦後、植芝盛平先生は戦犯G号に引っかかり(原文ママ、G級戦犯のこと)、合気会の財団法人は取り消されました。これは植芝先生が京都の武徳会の顧問を務めていたからです。合気会本部は進駐軍のダンスホールになり、塩田先生の言葉を借りれば、植芝道場は一度潰れました。(「決定版 植芝盛平と合気道 I 」より)

植芝先生はGHQの追及を逃れるために茨城県岩間町に隠棲します。この間、植芝先生は弟子の赤沢善三郎先生に習わせた鹿島新当流を基に合気剣を完成させます。弟子たちは少しずつ岩間に集まり、塩田先生も家族を連れてしばらく滞在し合気道修行に打ち込みました。

昭和26年、塩田先生は岩間の合気神社で九段を印可されます。(一部のネットの情報では36年とされているが、26年が正しい)

しかし、塩田先生は生活のために合気道を離れ会社勤めを余儀なくされました。これは合気会の植芝吉祥丸氏も同じです。吉祥丸氏は後に合気会二代目道主を継ぎますが、開祖逝去まで証券会社に勤務していました。

その後、塩田先生は日本鋼管で合気道指導を依頼され、更には83箇所もの警察署での巡回指導を開始します。合気道の何たるかを知らない者達を納得させるために指導の際に演武を必ず行ったが受けを取ってくれる弟子もおらず、自由に攻撃してくる当地の柔道家、空手家たちを実際に倒して見せるしかなかったそうです。

昭和29年、ライフ・エクステンション(長寿会)が主催した「日本総合古武道大会」での演武が最優秀賞を受賞したことで政財界から注目され、昭和30年、支援を受け養神館を設立します。

「反逆児のように言われるが、警察、防衛庁を開拓して回ったのは自分だ」「常に植芝道場の宣伝をした」そうです。知名度が低く、戦後活動も停滞していた合気会本部に代わって、塩田先生は合気道普及のために体を張って邁進していました。

独立の要因としては無論先生本人の意思はあったと思いますが、当時弟子の中では最高段位の九段を印可されたこと、戦前、塩田先生の実父は植芝道場の有力な支援者であったため特別待遇を受けていたこと、戦前、戦後の植芝先生の技が変わってしまったこと、自身の指導理念が生まれたこと、そして合気会は植芝家が継ぐものという考えがあったからだと思います。

塩田先生の合気道が戦後の合気会で受け入れられたか、逆に疑問です。指導はやはり植芝先生、植芝家が中心です。戦前とは違い植芝先生の動きはより柔らかい円の動きになりましたが、大変失礼ながら植芝先生の年齢的なものもあったと思います。塩田先生は「戦前と戦後の植芝先生の動きは全然違う。私は先生が一番すごかった50代の時の弟子だ。」と述べています。

また指導法についても以下のように発言しています。
「植芝先生の教え方は現在の指導方法とずいぶん違っていました。その日稽古する技を、まず先生がやってみせるのですが、ただ手本の動きを見せてくれるだけで、言葉による説明はまったくないのです。なにをどうやれというふうには、けっして教えてくれません。」「これでは本当に素質のある人しか、先生の武道の本質を身につけることができません。植芝道場においては、できる人はできるのですが、できない人はまったくできないという状態でした。」

「昔の武道はそれでよかったのです。しかし、今は時代も変わって、多くの人たちにもっとわかりやすい形で合気道を学んでいただかなくてはなりません。」「集団を相手に教える以上、誰もがきちんと正しい理合を覚えられるような指導をしなくてはならないと感じたのです。」(「合気道修行」より)

これは批判とは少し違うと思います。また塩田先生は合理的な集団指導をする柔道出身であったことや、他に戦時中、戦地で合気道を指導した経験も影響していたと思います。そして、こういった考えを持った塩田先生が合気会本部で自由に指導することができたのか、自身の指導理念を実現できたのかというと、できなかったと思います。

合気会本部も藤平光一先生がハワイ、アメリカでの指導を開始し、合気道は逆輸入の形で認知されていきます。「合気道を通じて心を教えたいと願い稽古に励んだ。ところがあの時代は、食べるだけで精いっぱいで、気だの、心だのと言ったところでなかなか耳を貸してくれない。」

「当時の日本人は、私がいくら気について語っても、決して言うことを聞こうとしてくれなかった。それは国民の意識がすっかり海外へと向かってしまっていたからである。国産品は見向きもされず外国製品であれば、どんなものでもありがたがる時代だった。」「ならば、私がアメリカに行き、そこで合気道の心や気を広めてしまったらどうなるだろう?アメリカで認められたものならと、日本人ももう一度目を向けてくれるようになるに違いない。」(「中村天風と植芝盛平 気の確立」東洋経済新報社) 当時は藤平先生の海外からの送金で本部道場の修復をやっと行っていた状態でした。

塩田先生、藤平先生の活躍で国内外の合気道人口は増えたと言っていいと思います。また合気会内の指導体系を作り上げ、技を公開したのも藤平先生が最初でした。ハワイでの技の公開に対して、植芝先生が教え過ぎだと立腹した程です。批判の矢面に立ったのは藤平先生です。(「中村天風と植芝盛平 気の確立」)

精神的な教えについても、植芝先生は難解な宗教的、神道的なことを述べるばかりで一般の者たちにはなかなか理解できなかったそうですが、代わって自身が修行した禅や禊を基にわかりやすく述べたり「気」について解説したのも藤平先生でした。実は合気会内では今でも藤平先生の精神的な教えが生きています。吉祥丸氏は繰り返しますがサラリーマン生活を主として送っていて後継者の意識も希薄でした。

二代目道主は藤平先生にという声がある中で、藤平先生自らニ代目に吉祥丸氏を推挙し実現させました。しかし吉祥丸氏は変わってしまったといいます。

吉祥丸氏は塩田先生、藤平先生を批判していました。塩田先生の独立については「話が違う」と言って憤ったと伝えられ、藤平先生は冷遇され結果的に組織から出る形になりました。しかし独立は、両先生の能力、独創性が傑出していたため仕方がないことだったのかもしれません。

最後に塩田先生の言葉をもう一度記しておきます。
「私が修行中に考えていたことはただひとつ、いつか植芝先生をブン投げてやる、ということでした。不遜な考えだと皆さんにお叱りを受けるかもしれません。しかし、私が先生に恨みなどなかったことはもちろんですし、何度も言うようですが、今でも先生を尊敬しています。」

「しかし、先生が偉大だからこそ、あえてその高い山に全身全霊をかけて挑み、乗り越える価値があると思うのです。」

「武道における師弟関係は、ただ弟子が師匠を敬うだけではいけないと思います。実際に師匠と闘うかどうかという問題ではないにしろ、師匠を乗り越えること、つまり師匠に勝てるように修行を積むことが弟子の務めだと言っていいでしょう。逆にそういう気持ちがないと武道は極められないのです。」(「合気道修行」)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

塩田氏が開祖と不仲になったために独立したのかと思っていたのですが、
独立は二代目になってからだったのですね。

また、九段の印可を受けたのは26年と、かなり早かったのですね。

塩田氏だけでなく、藤平氏のことまで説明してくれてありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2009/05/19 11:15

合気会は一般への公開に伴い危険技を禁止するようになってきました。


そのため、開祖の技が伝授されないことを危惧して何人かの弟子が開祖の教えを
継承したいと思っていたようです。
その時、開祖から唯一独立の許可がでたのは塩田先生だったようです。
そこで、継承を考えていた人と養神館を立ち上げたと聞いています。
それに、元々開祖は弟子に対して言葉での教えをしたことがないと言われています。
道場に来てめぼしい人を見つけるとひたすら技を掛けるだけだったと、かつての弟子の一人が自伝で紹介していました。
その中で、ある弟子があまりにも何の教えがないので開祖に尋ねたら、
「合気道技は手取り足取り教えてしまうと凝り固まった物になり個性がなくなってしまうので、
自分なりの技を試行錯誤しながら磨く物で私があなた達の発想を阻害したくないからだ。」と言われたそうです。
それを聞いた人は感動し自ら率先して稽古をすようになったと自伝の中に書いてありました。
その証拠に、同じ合気会系道場でも師範によって同じ技が全く異なる事もあります。
その他で聞いて所では、教えるのが面倒だとも言ったとか言わないとか。不確かですので悪しからず。
私見ですが、明治の男子は頑固であまり口に出さないのが美徳とした時代背景もあるのかなと思います。
塩田先生はその中で一人毎日金魚の動きを観察し開祖とは異なった合気道を築き上げ、
認めざるおえないことも事実だったようです。
晩年の開祖は、「塩田以上の人物にはもう会えないだろう。」と言っていたそうです。
批判については恐らく開祖ではなく二代目道主に対してではないかと思われます。
二代目道主は一般に公開するに当たり、様々な改革をしたのでかなりの弟子から批判を受けたようです。
でも、そのお陰で私も合気道を習うことが出来ていることは事実です。
そのため一時的に養神館との交流がなくなったようですが、現在は盛んに交流をしています。
裏話は何かの雑誌か本やTVの特集で見ましたので、どこまで事実かは私も分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>批判については恐らく開祖ではなく二代目道主に対してではないかと思われます。
>二代目道主は一般に公開するに当たり、様々な改革をしたのでかなりの弟子から批判を受けたようです。

なるほど。
そういえば藤平氏ら他の高弟達も二代目になってから独立してしまいましたね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 13:33

私は合気道協会ですが、富木先生もやはり植芝先生に対しては賛美しかありませんし、実際直接指導を受けた人に聞いてもそれ以外出てきません。


確かに自分なりの武道精神が出来上がれば、弟子は師匠のコピーじゃないのですから意見も持つでしょうし、様々ないきさつで独立したのでしょうが、だからと言って師を尊敬しないと言う事はないでしょう。

非難したり卑下するのは、精神的に未熟な後世の者だけだと考えた方がいいです。様々ないきさつを誠しやかに述べるのも同じです。
ご本人、或いは近い者が直接記したものを信じるほかないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨガの呼吸法の火の呼吸は有酸素運動にも有効ですか?

ヨガの呼吸法の火の呼吸は有酸素運動にも有効ですか?

Aベストアンサー

目的が異なります。

有酸素運動のうち、火の呼吸法が有効であるような種類の有酸素運動に関しては有効でしょうし、有効でないような種類の有酸素運動に対しては有効ではないでしょう。さらに、火の呼吸法が有害であるような種類の有酸素運動に対して火の呼吸法を行うと有害でしょう。詳しくはグルにお尋ねください。

Q大山倍達、力道山、塩田剛三が戦ったら誰が勝つ?

ケンカ空手の大山倍達、相撲とプロレスと空手を極めた力道山、YouTubeの映像で凄い合気道の塩田剛三。
三人が現役ばりばりのとき戦ったら、誰が一番強いでしょうか?
ルールはK1の立ち技ルールで。
お互いが5回づつ戦ったとして最多勝は誰になるでしょうか?
私は力道山が体力にものをいわせて9勝ぐらいするのではと想像します。
もし寝技、関節技ありなら合気道が善戦するかもしれませんが、合気道の格闘家は
観たことがないのでわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩田さんは合気道の達人でしょうが、
ルールがK-1ならK-1ルールに近い選手が勝ちます。

どんなにバレーボールで超がつく位一流な選手であっても、
バスケの試合に出させて結果が出せるはずがありません。
それと同じことです。

結論としてマス大山が勝つでしょう。
力道山も強いですが、
K-1はグローブ空手なので空手チョップやドロップキック等は通用しません。
上段回し蹴りに特化したマス大山の勝ちです。

Q火の呼吸法について

今日の朝 ある番組で火の呼吸法なるものを
紹介していたんですが
火の呼吸法とはどのような呼吸の事を言うのでしょう?
紹介が終わる寸前に見たのでwやり方が今一
分からないんです
ご存知の方教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
私もその番組見てました!

(1)片足(どちらでもいいそうです)を前に出し、前に出した足に体重を7 0%かけ、後ろの足に30%ぐらいかけ、こしを落とします。

(2)両手を真上に上げて、人差し指だけは組まず、両手を組みます(ちょうど上に向かって「かんちょう」みたいなポーズです…)。

(3)最後に、息を吐くときお腹をへこませ、吸うときにお腹をゆるめます。これを1分間に60回ぐらい(1秒間に吐いて吸う)をします。
 
はじめは難しいですが、そのうちなれると思います。
私の説明が、わかりにくてごめんなさい!

Q合気道 養神館と合気会

合気道の塩田剛三氏は、なぜ師匠である植芝盛平の合気会から離れ、養神館として独立したのでしょうか。

また、養神館の方がより武道的との評価が一般的には多いようですが、合気会と異なる点とはどんなことでしょうか。

一般論で結構ですので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

sekimae様こんばんは

 私自身は素人なので自身が無いのですが、随分昔に養神館の友人に同じ質問をしたことがあります。

 友人は多少、養神館寄りの発言であることを前置きしてから以下の事を話してくれました。
 塩田剛三氏は植芝盛平氏がまだ若くイケイケで技・速さ共に全盛期の頃に弟子入りし、その当時を受け継いでいる。(動きが激しい=より武道的?)対して合気会で植芝氏の血縁にあたる方々は植芝氏の晩年のそれを受け継いでいる。(動きがおとなしい=洗練されている?)
 結局そのあたりのイデオロギーの違いで塩田氏は合気会を離れたと語っていました。「激しい」「おとなしい」は専門的かつ精神的な部分を含めていると思うので素人(私)には解りません。

 ただ演舞の際、養新館は構えがありますが(杉良太郎)、合気会は構えが無いみたいです(S・セガール)。確か合気会のそれを「無の構え」とか言っていたような、、?すみません自身ないです。

 一般論=素人意見OKと勝手に解釈し恐る恐る回答してみました。
 専門家の皆様も含めて間違っていたらごめんなさい。失礼しました。

sekimae様こんばんは

 私自身は素人なので自身が無いのですが、随分昔に養神館の友人に同じ質問をしたことがあります。

 友人は多少、養神館寄りの発言であることを前置きしてから以下の事を話してくれました。
 塩田剛三氏は植芝盛平氏がまだ若くイケイケで技・速さ共に全盛期の頃に弟子入りし、その当時を受け継いでいる。(動きが激しい=より武道的?)対して合気会で植芝氏の血縁にあたる方々は植芝氏の晩年のそれを受け継いでいる。(動きがおとなしい=洗練されている?)
 結局そのあたりのイ...続きを読む

Q集中しているときの呼吸法

呼吸法によって集中力が高められると聞き、調べています。どのサイト・本も【鼻から吸って口から吐く】【複式でなるべく薄く長く呼吸する】と書いてあるのですが、なんか逆に眠くなってしまいます。とある本に【自分が何かに集中しているときの呼吸法を見つけることが大事】とありまして、しかし意識してしまっている今では、この呼吸法が自分の集中しているものなのか自信が持てません。 集中しているときの呼吸法を知っているから、教えて下さい!

Aベストアンサー

鼻から吸って口から吐く。腹式呼吸で細く長く吐く。
これらは、ヨガの時などに言われていることですね。
リラックスするようです。
あと、何かに取りかかる前に精神統一したりする時にも
役立つと思います。目を閉じて深く腹式呼吸する。
でもあまり長くやると、眠くなるかもしれませんね。
10回とか、1分間とか、
自分の感触で適当にやってみればいいと思います。
そのような呼吸法で精神統一し、集中力を高めてから、
集中して取り組みたい課題を始めればよろしいのではないでしょうか。

私はかなり集中力があると思いますが、
集中して仕事や読書などをしている時には、
もしかしたら呼吸はほとんどしていないかも・・・、と思うほど
呼吸のことなど忘れています。
集中力を高めるために呼吸にばかり意識が集中してしまっては、
やるべきことがはかどらないのでは・・・。

私の回答は、私の場合ですが・・・、
ひとつの本に書かれていたことなど、その著者だけの話だったりするので
あまり信じすぎるのも考えものです。すべて個人差があるものですよ。
誤植ということもあり得るわけですし。
呼吸法について、多くの書籍で研究してみるのもいいでしょうし、
いちど呼吸のことなど忘れて過ごしてみるのも
何か発見があるかもしれませんよ。

鼻から吸って口から吐く。腹式呼吸で細く長く吐く。
これらは、ヨガの時などに言われていることですね。
リラックスするようです。
あと、何かに取りかかる前に精神統一したりする時にも
役立つと思います。目を閉じて深く腹式呼吸する。
でもあまり長くやると、眠くなるかもしれませんね。
10回とか、1分間とか、
自分の感触で適当にやってみればいいと思います。
そのような呼吸法で精神統一し、集中力を高めてから、
集中して取り組みたい課題を始めればよろしいのではないでしょうか。

私はかなり...続きを読む

Q合気道養神館の現状

ある流派の合気道をやっているのですが、引越しでその同情を離れなければいけないので、養神館系の合気道をやってみたいと思っています。
しかし、他流派の私でも知っている桜井文夫先生、井上強一先生、千田務先生はじめどんどん師範がいなくなり、安藤先生と塩田(泰)館長だけで支えているので『未来はない』という、かなりの酷評も聞きました。

実際問題、養神館の現状はどのようなものでしょう。独立していった先生の元で稽古したほうがいいのでしょうか。
Googleでの検索では『2ちゃんねる』などのスレッドが出てきたので読んでみましたが、実情をよく知りもしないでけなしている、というのがきになったので、あまり失礼にならないご回答をいただけたらと思います。質問者の癖に要求してすみません。

Aベストアンサー

巨大掲示板の匿名という特性上、みな自由に発言できます。
ですからウソ、不確かな情報、野次馬的な揶揄も多いですが、
逆もまた真なりで、匿名だからこそ、その組織、団体の裏事情を
大胆に暴露できることもあります。
今回のことは残念ながら大筋で本当です。
現館長の技量やその人柄には首を傾げる人が多いです。

桜井先生は己の信念から早くに独立しています。
しかし、塩田剛三先生亡き後に養神館を支えてきた井上先生、千田先生が
なぜ辞めることになったのか?
お二人とも養神館を辞めるお気持ちなど本来持っていなかったと
思います。独立するなら塩田先生亡き後にすぐにそうしていたことでしょう。
また養神館を私欲の元に私物化するつもりも無かったはずです。
故塩田先生の恩、自身の修行、先輩、後輩、弟子たち、
いろんな想いが詰まった大切な場所であったはずです。

本当なら現館長は真摯に井上先生、千田先生から学ばなければいけない
まだそうした修行の時期です。ですがその過程を省いて
館長、宗家になりたかったとしか思えません。
現館長が後を継ぐのが悪いのではなく、高い役職に就きたいのなら
それ相応の修行が必要であるのにと言いたいのです。
はっきり言って自己の技量を見誤っているとしか思えません。

合気道はその微妙な技のコツ、そして精神的な教えまで
指導者によって大きく左右される武道です。
学ぶのなら心技ともに信頼できる先生に学ばれたほうがいいでしょう。

巨大掲示板の匿名という特性上、みな自由に発言できます。
ですからウソ、不確かな情報、野次馬的な揶揄も多いですが、
逆もまた真なりで、匿名だからこそ、その組織、団体の裏事情を
大胆に暴露できることもあります。
今回のことは残念ながら大筋で本当です。
現館長の技量やその人柄には首を傾げる人が多いです。

桜井先生は己の信念から早くに独立しています。
しかし、塩田剛三先生亡き後に養神館を支えてきた井上先生、千田先生が
なぜ辞めることになったのか?
お二人とも養神館を辞めるお気持...続きを読む

Q合気道の呼吸法

合気道の呼吸法が上手に出来ません。(座って両腕をつかんでもらうやつです。)どうすれば上手になりますか。

Aベストアンサー

呼吸は難しいですね。
合気道で使う腕の使い方や、腰の動きの基本をおこなっているわけですから、重要なのですが、最初はなかなか感覚がつかめませんね。でも、呼吸がある程度理解できれば、立ち技もかなり理解が深まる筈です。

腕で押そうとしても押せませんね。腰で動かすことが必要です。腰を前に出すために臍の下から前に出る感覚を養うことです。
その際に、お尻が上がらないようにしないといけません。重心を挙げてしまうと自分が不安定になります。私は、お尻を上げずにへその下を前に出す感覚で、ほんの少しですが腰を前に出しています。
次に、腕はどうしても力んで肩に力が入ってしまいますが、これをやっている間はうまくなりません。腕を伸ばしきろうとしても力が入りますし、ひじを曲げすぎても力が入ります。ちょうど小さなタルを抱え込むようなポーズをとると軽くひじが曲がることが分かるでしょう。この時、腕の筋肉が、延ばすほうと縮める方向でちょうどつりあっている位置になっています。そのまま脇を閉めた形が取れるでしょうか?これが、力を入れなくても腕を強固に保持できる姿勢です。この腕を相手に取らせることが重要です。腕に力みが無くなれば、受けもこちらの動きが読み取りにくくなります。また、反対に受けの力の出す方向が感じやすくなります。
この姿勢で、臍の下から前に出る感覚で腰を前に動かすことができれば、呼吸の基本動作はかなりうまくできるはずですが。

呼吸は難しいですね。
合気道で使う腕の使い方や、腰の動きの基本をおこなっているわけですから、重要なのですが、最初はなかなか感覚がつかめませんね。でも、呼吸がある程度理解できれば、立ち技もかなり理解が深まる筈です。

腕で押そうとしても押せませんね。腰で動かすことが必要です。腰を前に出すために臍の下から前に出る感覚を養うことです。
その際に、お尻が上がらないようにしないといけません。重心を挙げてしまうと自分が不安定になります。私は、お尻を上げずにへその下を前に出す感覚で、ほ...続きを読む

Q養神館と合気道SAの特徴

 養神館系の合気道を始めたいと思っているのですが、合気道SAも候補に入っています。よく言われる実戦性、護身術としての有用性といった観点から本家養神館とSAの特徴を教えてください。
 どちらかに属している人の意見を特に希望します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分は合気道SAを習ってるんですが普段の練習は型練習が
中心でそれを元に組手稽古を行っています。
よく、殴るの禁止とか担ぎ技禁止だから実践性が疑わしい
といわれてますが、顔面OKとか柔道的な投げ有りになると合気道である必要がなくなってしまいますからね。
あくまで合気道の延長線での組手稽古ですから。
まあ、妥当な線じゃないかと思ってます。
組手稽古をすることによって技の入り方、変化の仕方
といった練習は実践的だと思いますが、型稽古をサボると
正しい動きが出来なくなって変な癖がついてしまうという
可能性もあるかもしれません。

Q武道が由来の呼吸法(ウォーキングのとき)について

今日ラジオで、ウォーキングのときの呼吸法で、最初の右足左足と歩くときに息をはっはと吐き、その次の右足左足と歩くときに、息を吸う、という呼吸法をすると、体の中に何とかという成分が出て、その呼吸法でのウォーキングを持続することで、その成分が蓄積され(もしくは出やすい体質になり)、疲れにくくなる体になると聞きました。

この『吸って吸って吐いて吐いて』の呼吸は何やら、武道に関係しているものとか。でも、吐く・吸うが鼻からか口からかよくわかりません。

この呼吸法によって出る成分とは一体どういうものか、正しい呼吸の仕方など、詳しいことをご存知の方、教えてください。

疲れにくい体にするために日々努力している女性でした。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 呼吸とは、息を『吐いて吸う』ことをいいます。
まず体内に残っている息を吐ききります。吐ききった後息を吸います。
 皆さんは呼吸を「吸って吐く」と思っていらっしゃいますが、実は違うんです。

 試しにやっていただきたいことがあります。
それは少し運動をしたり走ったりして、息が荒くなる状態にします。その荒くなった息を元の状態にするのですが、『吸って吐く』のと『吐いて吸う』のとどちらが早く元の状態に戻るかです。
 これをやっていただければ、一目瞭然でお分かりになると思います。
 
 私もメキシコで武道の演武をした時はどれだけこの呼吸法で助かったかしれません。
 メキシコはご存知の通り、高度2,000m以上のところにあります。そのため酸素が少なくチョット激しい動きをすると、息が上がってしまうほどです。
しかしこの呼吸法を2~3回行う事で、すぐに元に戻し演武を続ける事が出来ました。
 
 ちなみに武道では息を吐く時には口から大きくゆっくりと吐きます。吸う時には鼻から大きく一気に吸います。肺呼吸ではなく、あくまでも腹式呼吸で行いますので間違えないようにしてください。肺呼吸でこれをやりますと、かえって肺をやられ体を壊してしまいます。正しい呼吸とは簡単そうに見えて実は難しいんですよ。
 
 武道ではこの呼吸法がしっかりとしていないと、自分の体勢を保つ事が出来ず、体勢を保てないという事は相手の攻撃を捌くことも出来ないし、技も掛けられないということに繋がっていきます。従って致命傷になります。
 よって武道の道場に入門するとまず最初にこの呼吸法を稽古し、身に付けるといっても過言ではありません。

 私は科学者ではありませんので、呼吸で出る成分が一体何なのかは申し訳ありませんがわかりません。

 しかしながらこの呼吸法を正しく身に付けることによって、体を健康に保ち、疲れにくい体にしてくれる事は間違いと言えます。

 こんばんは。

 呼吸とは、息を『吐いて吸う』ことをいいます。
まず体内に残っている息を吐ききります。吐ききった後息を吸います。
 皆さんは呼吸を「吸って吐く」と思っていらっしゃいますが、実は違うんです。

 試しにやっていただきたいことがあります。
それは少し運動をしたり走ったりして、息が荒くなる状態にします。その荒くなった息を元の状態にするのですが、『吸って吐く』のと『吐いて吸う』のとどちらが早く元の状態に戻るかです。
 これをやっていただければ、一目瞭然でお分かり...続きを読む

Q合気道、養神館で習うか、合気会で習うか。

AGと申します。
合気道を始めたいのですが、養神館か合気会で迷っています。
調べてみていろいろと双方の特徴はわかったのですが、
結局どっちがいいのかよくわかりません…。

ちなみに住んでいるところは新宿近辺なので、
どちらの道場にも近いです。

Aベストアンサー

私は合気会に所属しています。
道場の稽古や雰囲気、指導者の感じなど、貴方が良いと思ったほうを習えばと思います。
合気会でも道場や指導者によって、稽古方法はかなり違います。
新しい道場では、今までの稽古方法を直される事もあります。
私が今でも合気道を続けている理由は、最初に指導してくださった合気会本部のO師範を尊敬しているからです。
素晴らしい指導者に会えたら、続けられると思います。


人気Q&Aランキング